JPS59165208A - デ−タ書込み読取り制御方式 - Google Patents

デ−タ書込み読取り制御方式

Info

Publication number
JPS59165208A
JPS59165208A JP3851783A JP3851783A JPS59165208A JP S59165208 A JPS59165208 A JP S59165208A JP 3851783 A JP3851783 A JP 3851783A JP 3851783 A JP3851783 A JP 3851783A JP S59165208 A JPS59165208 A JP S59165208A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sector
period
signal
detection signal
magnetic disk
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP3851783A
Other languages
English (en)
Inventor
Yasuhiko Hanaoka
花岡 安彦
Kiyoo Moroto
諸戸 清郎
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fujitsu Ltd
Original Assignee
Fujitsu Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujitsu Ltd filed Critical Fujitsu Ltd
Priority to JP3851783A priority Critical patent/JPS59165208A/ja
Publication of JPS59165208A publication Critical patent/JPS59165208A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B20/00Signal processing not specific to the method of recording or reproducing; Circuits therefor
    • G11B20/10Digital recording or reproducing
    • G11B20/12Formatting, e.g. arrangement of data block or words on the record carriers

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 (Al  発明の技術分野 本党明はフレキシブル磁気ディスク装置等のや&気ディ
スク装置においてセクタマークの検出不能による該セク
タの曹込み読取り不能を防止するために用いるセクタデ
ータ書込み読取り制御方式に関する。
Φ)技術の背景 第1図は磁気ディスクのトラックのデータ記憶゛形式の
一例を示し、磁気ディスクの1周分のデータ記憶り域す
なわちトラックを複数の記憶鎖酸すなわちセクタに等分
割し、各セクタの先頭にはセクタマーク(Ml・M2・
・・)が設けられている。
また、第2図は前記セクタのデータ6引麗形式の−例を
示し、セクタマーク(八()と複数のフィールドと予備
領域(FAI))に分割し、各フィールドにはギャップ
(GAP)・同期パターン(s p)・データもしくは
アドレス記憶領域およびCRC符号部が設けられる。
前記セクタマークは、例えばサーボ信号およびトラック
識別符号吟から構成さitでおり、磁気ディスクの半径
方向に対する磁気ヘッドの位置決め制御に用いられるほ
か、各セクタの始まりを表わし、読取シ・曹込み射にお
ける基準信号として用いるものである。
(C)  従来技術と問題点 前述のように、セクタマークはセクタ毎のデータの畳込
みあるいは読取9のだめの制御信号を得るために極めて
重要であシ、従来の磁気ディスク装置においては、記憶
媒体の部分日りな、損傷等によってセクタマーク検出信
号が得られない場合には、該セクタのデータの首込みあ
るいは読取シに必要な制′@信号が得られず、したがっ
て該セクタのデータの誓込みめるいは読取シができなか
った。
■)発明の目的 本発明の目的は、磁気ディスクのトラック上に書込まれ
たセクタマークを、検出することができない場合であっ
ても該セクタのデータの書込みあるいは読取を可能とす
ることにある。
■ 発明の構成 本発明になるデータ書込み読取9制御方式は、磁気ディ
スクのトラックをセクタマークによって区分される所定
数のセクタに等分に分割(〜該セクタマークを検出して
得られる検出信号を基準としてデータの薔込みと読取シ
をおこなう方式の磁気ディスク装置において、予想され
るセクタ周期全設定するセクタ周期設定手段と、前記セ
クタマーク検出信号を検出したあともしくは前記セクタ
周期に達したあとの経過時間を計測する計?rl11手
段と、前記計測手段の計測値が前記セクタ周期設定手段
に設定したセクタ周期に達したのち一致1R号を発生す
る比較回路とを備え、前記セクタマーク検出信号が得ら
れないときは前記比較回路が発生する一致信号を基準と
してデータの誓込み甑取りを制御するようにしたもので
ある。
(ト)発明の実施例 以下、本発明の要旨’を実施例によって具体的に説明す
る。
第3図は本発明一実施例のブロック図を示し、1は磁気
ディスクのトラックに書込まれたセクタ与−りを検出し
たときに得られるセクタマーク検出信号SSと後記比較
回路が発生する一致信号DSとの論理和を出力するOR
回路、2は前記セクタマーク検出信号SSもしくは後記
比較回路が発生する一致信号DSを検出した後の経過時
間を計測する計測手段でありOR回路1の出力信号によ
ってカウント値をクリヤし且つ内部クロック信号C8を
カウントし該カウント1直を出力するカウンタ。
3は後記セクタ周期設定手段4が設定したセクタ周期と
カウンタ2のカウント値とを比、較し一致したとき一致
信号DSを発生する比較回路、41と42はセクタ周期
を設定するセクタ周期設定手段4を構成し、41は設定
されたセクタ周期を一時記憶するレジスタ、42は予想
されるセクタ周期すなわち磁気ディスクが正常に動作す
るときに得られる筈の標準セクタ周期もしくは磁気ディ
スク装置が正常に動作しないときは前記標準セクタ周期
と周期の異なる複数の非標準セクタ周期をレジスタ41
に設定するマイクロプロセッサ、5はカウンタ2が発生
するカウント値に応じてデータの書込みあるいは読取り
に必要な制御信号を発生するデコーダである。
第4図はセクタマークを検出してイ尋られるセクタマー
ク検出信号SSを示し、Tはセクタ周期。
tはセクタマーク検出信号SSの持続時間である。
このように、磁気ディスクのトラックに41込まれてい
るセクタマークが正しく検出されセクタマーク検出信号
SSが得られる場合−は、カウンタ2のカウント値はセ
クタマーク検出1ぎ号SSの立上が多時にクリヤされ、
を時間後すなわちセクター マーク検出信号や立下がり
時からカウントを開始し、デコーダ5はカウンタ2が発
生するカウント値に応じて書込みあるいは読取りの制御
信号を発生する。
なお、カウンタ2は時間(T−t)後にクリヤされ、レ
ジスタ41に記憶されるセクタ周期まで堰しないので一
致信号DSを発生しない。
これに対し、第5図に示すようにn番目のセクタマーク
が検出され(n+1)番目のセクタマークが検出されな
い場合には、n番目のセクタマーク検出信号SSの立下
がシ時からカウントを開始したカウンタ2のカウント値
は該カウント値がセクタ周期Tに達したとき比較回路3
が発生する一致信号DSによってクリヤされ、一致信号
DSの持続時間τを経過したのちカウンタ2はカウント
を開始し、したがってデコーダ5は書込みあるいは読取
り制御信号を発生することができる。
もし、磁気ディスクの回転むら等によってセクタ周期に
変動が生じ、該セクタ周期とレジスタ41に設定したセ
クタ周期との差が許容値を越え、カウンタ2のカウント
値に許容値を越える遅i11ルいは進みが生じ、このた
めにデコーダ5が正常な書込みあるいは読取シ制御信号
を発生できない場合には、マイクロプロセッサ42は磁
気ディスクが一周する度に標準セクタ周期と周期の異な
る非標準セクタ周期をレジスタ41に設定するので・前
記理由によるデータの書込みあるいは読取り不能を防止
することができる。
働 発明の詳細 な説明したように、本発明によればセクタマークを読取
ることができない場合であっても該セクタのデータの書
込みあるいは読取りを可能とすることができる。
【図面の簡単な説明】
第1図はトラックのデータ記憶形式、第2図はセクタの
データ記憶形式、第3図は不発間−犬泥例のブロック図
、第4図と第5図はセクタマーク検出信号と一致信号と
のタイムチャートラ示す。 第3図において2はカウンタ、3は比+?3に回路、4
1はレジスタ、42はマイクロプロセッサである〇峯 
3 図 年 4 図 華 j 図 〃S          L

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)磁気ディスクのトラックを開始位置を示すセフタ
    マークによって区分される所定数のセクタに等分分割し
    該セクタマークを検出して得られるセクタマーク検出信
    号を4準としてデータの曹込み説取りを制御する磁気デ
    ィスク装置において、予想されるセクタ周期を設定する
    セクタ周期設定手段と、前記セクタマーク検出信号を検
    出したあともしくは前記セクタ周期に達したあとの経過
    時間を計測する計測手段と、前記計測手段の計測値が前
    記セクタ周期設定手段罠設定したセクタ周期に遅したの
    ち一致1に号を発生する比較回路上を備え、前記セクタ
    マーク検出信号が得られないときは前記比較回路が発生
    する一致信号を基準として′データの書込み読取りを制
    御することをt#徴とするデータ書込み読取9制御方弐
  2. (2)  セクタ周期設定手段に設定するセクタ周期を
    変更可能とすることを特徴とする特許請求の範囲第1項
    記載のデータ1込み読取り制御方式。
  3. (3)セクタ周期設定手段はマイクロプロセツサを栴成
    要紫として備えるものであることを特徴とする%肝計J
    求の範囲第1項記載のデータ書込み貌取シ制御方式。
JP3851783A 1983-03-09 1983-03-09 デ−タ書込み読取り制御方式 Pending JPS59165208A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3851783A JPS59165208A (ja) 1983-03-09 1983-03-09 デ−タ書込み読取り制御方式

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3851783A JPS59165208A (ja) 1983-03-09 1983-03-09 デ−タ書込み読取り制御方式

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS59165208A true JPS59165208A (ja) 1984-09-18

Family

ID=12527460

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3851783A Pending JPS59165208A (ja) 1983-03-09 1983-03-09 デ−タ書込み読取り制御方式

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS59165208A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0152245A2 (en) * 1984-02-06 1985-08-21 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Optical disk control apparatus
EP0245874A2 (en) * 1986-05-16 1987-11-19 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Information recording and reproducing apparatus
JPS6366767A (ja) * 1986-09-09 1988-03-25 Fujitsu Ltd セクタマ−ク補償方式
EP0549155A2 (en) * 1991-12-24 1993-06-30 Advanced Micro Devices, Inc. Optical data disk control system

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0152245A2 (en) * 1984-02-06 1985-08-21 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Optical disk control apparatus
EP0245874A2 (en) * 1986-05-16 1987-11-19 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Information recording and reproducing apparatus
JPS6366767A (ja) * 1986-09-09 1988-03-25 Fujitsu Ltd セクタマ−ク補償方式
JPH0411945B2 (ja) * 1986-09-09 1992-03-03 Fujitsu Ltd
EP0549155A2 (en) * 1991-12-24 1993-06-30 Advanced Micro Devices, Inc. Optical data disk control system

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0093716B1 (en) Recording of transducer positioning information
US4297737A (en) Sector servo with sync marks
US4454549A (en) Slant track sector servo
US5596460A (en) System and method for encoding a servo address
US6181500B1 (en) Self servo rewrite method and apparatus
EP0447246A2 (en) A data recovery method in a magnetic disk data storage device
US3821804A (en) Servo system for positioning data transducer
US6104558A (en) System and method of encoding an index mark into a servo address
JPS59165208A (ja) デ−タ書込み読取り制御方式
KR960701444A (ko) 엠베디드-서보, 구역- 데이타기록 디스크드라이브 장치에 있어서 스플릿포맷의 신뢰할 수 있는 시간영역 구분(demarcation)회로 및 그 방법(RELIABLE TIME-DOMAIN DEMARCATION OF SPLIT FORMATS IN EMBEDDED-SERVO, ZONED-DATA RECORDING DISK DRIVES)
US11735214B2 (en) Synchronous writing of patterned media
JPS61107575A (ja) 光デイスク装置
JPH0234109B2 (ja) Deisukuseigyoniokerusekutabangokenshutsuhoho
JPH04159664A (ja) 磁気記録再生装置
US7116509B2 (en) Magnetic disk apparatus and servo signal recording method
JPH113574A (ja) 記憶装置及びその記憶媒体
JPS5922285B2 (ja) 情報記憶装置
JP2672999B2 (ja) 光ディスク装置のデータ異常検出方法
JPS5826368A (ja) デ−タトラツクフオ−マツト
JP3532639B2 (ja) 磁気情報記録装置
JP2802816B2 (ja) サーボディスクの媒体検査方式
JPH07147059A (ja) 磁気ディスク装置
JP2717577B2 (ja) セクタマーク検出装置
JPH0664859B2 (ja) 記憶装置
JPS5927006B2 (ja) 情報書き込み制御装置