JPS5820421Y2 - 大型車輌の左折用ミラ− - Google Patents

大型車輌の左折用ミラ−

Info

Publication number
JPS5820421Y2
JPS5820421Y2 JP1979031887U JP3188779U JPS5820421Y2 JP S5820421 Y2 JPS5820421 Y2 JP S5820421Y2 JP 1979031887 U JP1979031887 U JP 1979031887U JP 3188779 U JP3188779 U JP 3188779U JP S5820421 Y2 JPS5820421 Y2 JP S5820421Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mirror
casing
motor
cover plate
curved
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired
Application number
JP1979031887U
Other languages
English (en)
Other versions
JPS55131846U (ja
Inventor
杉田允彦
Original Assignee
杉田 允彦
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 杉田 允彦 filed Critical 杉田 允彦
Priority to JP1979031887U priority Critical patent/JPS5820421Y2/ja
Publication of JPS55131846U publication Critical patent/JPS55131846U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPS5820421Y2 publication Critical patent/JPS5820421Y2/ja
Expired legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】 本考案は、大型車輌に特有の死角を解消し得るように構
成した左折用□ラーに関するものである。
現在用いられている大型車輌、特に大型トラックの左側
の□ラーは車体のどの位置に取付けてもある角度に入る
と物体が見えなくなったり、見えにくくなる死角が生じ
る。
このため、左折時の事故は後をたたない。
また、少しでも大事故を防止するために車体の左側に取
り付ける巻き込み予防の柵や、ブザー、ランプがあるが
、これは接近する者等に知らせるにとどまり、運転者自
身に対してはあまり役に立たず、安全性が高いとは言え
ない。
運転者自身の目と耳で確認することが最も安全な方法で
ある。
このためには死角を作らないことが先決問題である。
そこで、死角解消の一方法として、凸面ミラーと平面に
近いミラーの2種類を組み合わせた左折用のミラーが提
案されたが、このようなミラーを採用すると、運転者は
2つのミラーを同時に見なげればならず、運転者にとっ
て極めて不利である。
しかも、左折時に発生する事故は、相手が飛び込んで来
る場合もあり、また、ミラーには写っていなかったが、
車が左へ進行するにつれて突然障害物が見えはじめ、お
どろきのあまり思わぬ事故になってしまう場合がある。
本考案は以上のような従来の欠点を除去するためになさ
れたもので、1つのミラーで死角の部分をなくすことが
できるように構成した大型車輌の左折用ミラーを提供す
るものである。
以下、間断に示す実施例と共に本考案の詳細を説明する
第1図は本考案になる左折用ミラーを取付けた状態の大
型車輌を説明するもので、大型トラックとして例示する
大型車輌1の運転席2の左側にはピラー3の途中から延
びたアーム4に上部を支持され、ボンネット5から延び
たアーム6によって下部を支持された左折用ミラー7体
が取付ゆられている。
符号8は後述するように夜間に使用するための左折用の
ランプである。
一方、左折用のミラ一体7は第2〜4図に示すような構
造とされている。
即ち、ミラ一体7はケーシング9を基準として組立てら
れており、ケーシング9は第4図からも明らかなように
横断面がほぼ放物線状に形成され、かつ、前面が開放さ
れた筐体状に形成され、その上端には平坦な蓋板10が
固定されて閉塞されている。
この蓋板10の前端部はやや下方に向ってわん曲したひ
さし部10aとなって突出している。
このケーシング9の前面の開口部を閉塞するようにして
ミラー11が配置されている。
このミラー11はそのほぼ中央部から上部にかげて平坦
部11aが形成されており、下部はケーシング9方向に
わん曲した曲面部11bとなって連続している。
また、平坦部11aも第4図から明らかなように中央部
分は平坦であるが、両端部分は内側に向ってわん曲され
ている。
□ジー11の裏面には裏打板11cをミラーの周縁部と
裏打板11Cの周縁部とを縁ゴムlidをもって挾持し
一体的に固定されている。
ミラー11の上端にはその裏面裏打板11cにおいてほ
ぼL字状の支軸12のプ端が固定されており、他端はベ
アリング13を介して蓋板10の下面に突設されている
円筒状の支持筒14に嵌合されている。
またミラー11の下端の裏面裏打板lieには同じくL
字状に形成された支軸15の一端が固定されており、他
端はケーシング9の下部に切欠かれた切欠部9a中に嵌
合され、ケーシング9の下端の外測面に固定された枠体
16中にベアリング17を介して軸承されている。
なお、ベアリング13と17の軸心は同一軸線上にある
他方、ケーシング9内の中央部には水平な状態で支持板
18が収容されていて支持板18の先端にはY字状に分
岐した分岐板18a、18aが設けられており、これら
分岐板18 a、 18 aの先端は前記ミラーの裏
打板11cの裏面に固定されている。
支持板18の後端にはスプリング19の一端が固定され
ており、スプリング19の他端はケーシング9の裏面に
穿設された開口部9bをまたいで横架された支軸20に
フックされている。
開口部9bの外側には盲板21がねじ止めされ、開口部
9bを閉塞している。
ところで、蓋板10の下面には正逆回転の可能なモータ
ー22が回転軸22aを垂下した状態で設けられており
、その回転軸22aにはクランク軸23の一端がカップ
リング22bを介して連結されている。
クランク軸23の下端はベアリング24を介して前記支
持板18に穿設された楕円状の透孔18b中に嵌入して
いて、透孔18bはその長軸がわの長さは回転軸22a
の軸心を中心に回動するベア9フフ240回動直径より
も長く形成すると共に短軸がわの長さはベアリング24
の回動直径よりも若干短かい陸上競技用トラック形状に
穿設されている。
なお、ミラー11の周囲とケーシング9の開口端との間
にはミラー11が回動できる空隙部25が保たれている
また、前記アーム6はパイプ状に形成され、内部にはモ
ータ22を制御するリード線26が導かれている。
このリード線26の他端は図示していないが、方向指示
器を作動させる配線に結線されている。
次に、以上のように構成された本実施例の動作につき説
明する。
まず、大型車輌1が直進を続けている場合にはモーター
22は非通電状態にありその回転軸22aは自由に回転
できる状態にある。
この状態では支持板18はスプリング19の引張力によ
り引張られるので透孔18b内に位置するクランク軸2
3のベアリング24は透孔18b中を強制的に自由な状
態となるまで回動されることとなり、したがって□ジー
11はニュートラル位置の状態が保持されて直進走行に
適した位置にある。
一方、左折時において運転者が左折信号を出して左折を
開始すると同時にモーター22が作動し、回転軸22a
を介してクランク軸23及びクランク軸に止着したベア
リング24が回動し、透孔18bの短軸がわの両側壁が
回動してくるベアリングと接触して支持板18を透孔の
短軸方向へ交互にわずかに押動される。
したがってミラーはこれを支持するベアリング13,1
7の軸心を中心に10度〜15度の角度で揺動されてよ
り一層広範囲を写し出すことができる。
即ち、平坦部11aでは後方を含む左右を、曲面部11
bでは後方の下方を含む左右を写し出し、死角を完全に
除去することができる。
左折が終了して71ンドルを戻すと共に左折信号を切れ
ば同時にモータ22に対する通電も切れる。
従って、クランク軸23は自由となり、スプリング19
の引張力によって、□シー11はニュートラル位置に自
動的に戻る。
ところで、夜間においては、ヘッドライトのスイッチと
連動してランプ8に対する第1のスイッチ(図示省略)
が入り、左折信号がONとなると同時に第2のスイッチ
(図示省略)が人って点灯し、車軸1の後方左側を照射
し、安全度をさらに高める。
以上の説明から明らかなように、本考案によれば、後方
および下方を一目で確認できる曲面を有し、かつ、左折
信号発生と同時にミラー11をわずかに揺動回動させる
ことができる構成とされているため、従来の固定的の左
折用ミラーと異なり、死角は全く生じることなく左折時
の左側、左側下方及び後方の確認を確実に行なうことが
でき、しかも、単一のミラーによって運転者自身が後方
を確認するため、目はつかれず、左折時に不意に後方障
害物を確認するという従来の欠点は全く除去され、安全
運転に大いに貢献することができる。
【図面の簡単な説明】
図は本考案の一実施例を説明するもので、第1図はミラ
一体を車に取付けた状態を説明する斜視図、第2図は左
折用ミラーの全体斜視図、第3図は第2図のA−A線断
所間、第4図は第3図のB−B線断面図である。 1・・・・・・大型車輌、7・・・・・・左折用ミラ一
体、8・・・・・・ランプ、9・・・・・・ケーシング
、10・・・・・・蓋板、11・・・・・・左折用ミラ
ー、12,15・・・・・・支軸、13゜17.24・
・・・・・ベアリング、18・・・・・・支持板、19
・・・・・・スプリング、22・・・・・・モータ。

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 自動車の旋回時、特に大型車輌が左折する場合、左側に
    発生する死角の部分が見られるようにしたミラーにおい
    て、上端を蓋板10によって閉塞すると共に、前方を開
    放した筐体状のケーシング9と、このケーシング9の開
    放端側に配置され、その上端は支軸12によって前記蓋
    板10に軸承され、下端は支軸15によってケーシング
    9の下端に軸承されたミラー11と、前記ケーシング9
    の中央部に水平に横架され、その一端は前記ミラー11
    の裏面に一体的に固定された裏打板11cに固定され、
    他端とケーシング9の背面との間にスプリング19を張
    架した支持板18と、前記蓋板10の下面にモータ軸を
    垂下した状態に固定されたモーター22と、このモータ
    ー22の回転軸22aに連結されると共に、その下端は
    前記支持板18に穿設された楕円形状の透孔18中にベ
    アリング24を介して嵌入されているクランク軸23と
    を備え、前記ミラー11は上部の平坦部11aと、下部
    のケーシング9測にわん曲した曲函部11bとよりなり
    、さらに、ピラー11の左右はケーシング9側にわん曲
    して形成され、前記モーター22を運転席2側の左折信
    号に連動して回動させるための通電手段に接続したこと
    を特徴とする大型車輌の左折用ミラー。
JP1979031887U 1979-03-13 1979-03-13 大型車輌の左折用ミラ− Expired JPS5820421Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1979031887U JPS5820421Y2 (ja) 1979-03-13 1979-03-13 大型車輌の左折用ミラ−

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1979031887U JPS5820421Y2 (ja) 1979-03-13 1979-03-13 大型車輌の左折用ミラ−

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS55131846U JPS55131846U (ja) 1980-09-18
JPS5820421Y2 true JPS5820421Y2 (ja) 1983-04-27

Family

ID=28884333

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1979031887U Expired JPS5820421Y2 (ja) 1979-03-13 1979-03-13 大型車輌の左折用ミラ−

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS5820421Y2 (ja)

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5357632A (en) * 1976-11-02 1978-05-25 Giichi Taniguchi Apparatus for eliminating dead angle caused when turning vehicle to the left

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS53138353U (ja) * 1977-04-07 1978-11-01

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5357632A (en) * 1976-11-02 1978-05-25 Giichi Taniguchi Apparatus for eliminating dead angle caused when turning vehicle to the left

Also Published As

Publication number Publication date
JPS55131846U (ja) 1980-09-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3711179A (en) Rotary rearview mirror for vehicles
JPS62218248A (ja) 自動車用後退灯
US4938577A (en) Rear-view mirror pivoting apparatus for use in a vehicle
JPS5820421Y2 (ja) 大型車輌の左折用ミラ−
US6084507A (en) Truck turning safety gate
JPH0328341B2 (ja)
US6286967B1 (en) Outside mirror system
JPS61146654A (ja) 自動車の側方死角解消装置
JP3365754B2 (ja) ボンネット型自動車用前方交差道路左右確認装置
KR0165794B1 (ko) 자동차용 보조 조명장치
JPS6130928B2 (ja)
JPH0351233Y2 (ja)
JPH0326039Y2 (ja)
JP2600285Y2 (ja) ダブルキャブ型消防自動車の後部座席の着席者用リヤサイドミラー装置
JPH0454033Y2 (ja)
CN205440167U (zh) 一种减小车辆转弯盲区的组合式后视镜
KR200284074Y1 (ko) 사각지대를 볼 수 있는 사이드미러
JPH10100793A (ja) サイドミラー装置
JPH09267690A (ja) 自動車左右安全確認ミラー
JPS601052A (ja) 自動車のフロントサイドミラ−の作動装置
KR0131429Y1 (ko) 자동차의 전, 후방사각지대 감지장치
JP3022959U (ja) 車両用ミラー
KR200277876Y1 (ko) 자동차 후사경 장치
KR930000118Y1 (ko) 자동차 백미러용 보조 조명장치
US1287326A (en) Traffic-signal for motor-vehicles.