JPH11158820A - 地中柱の耐震補強方法 - Google Patents

地中柱の耐震補強方法

Info

Publication number
JPH11158820A
JPH11158820A JP9330015A JP33001597A JPH11158820A JP H11158820 A JPH11158820 A JP H11158820A JP 9330015 A JP9330015 A JP 9330015A JP 33001597 A JP33001597 A JP 33001597A JP H11158820 A JPH11158820 A JP H11158820A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
underground
filling
pillar
column
cylinder
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP9330015A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3445129B2 (ja
Inventor
Fumio Hakamata
文雄 袴田
Tomohisa Tagawa
朋尚 田川
Masaki Watanabe
政規 渡辺
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Okumura Corp
Hanshin Expressway Public Corp
Original Assignee
Okumura Corp
Hanshin Expressway Public Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Okumura Corp, Hanshin Expressway Public Corp filed Critical Okumura Corp
Priority to JP33001597A priority Critical patent/JP3445129B2/ja
Publication of JPH11158820A publication Critical patent/JPH11158820A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3445129B2 publication Critical patent/JP3445129B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 施工スペースの縮小、工程および施工費の削
減、工期短縮,工事安全,作業環境の改善,靭性性能の
向上を図ることができる地中柱の耐震補強方法を提供す
る 【解決手段】 鉄筋コンクリート製の地中柱54の周囲
地盤51に、安定液2を満たしながら環状溝1を掘削
し、掘削した環状溝1内に地中柱54を囲繞して鋼板3
を設置する第1工程と、環状溝1内に設置された鋼板3
の外側の安定液2を排除しながら貧配合コンクリート4
を充填して硬化させる第2工程と、地中柱54と鋼板3
の間の土砂を安定液2を満たしながら掘削して除去する
第3工程と、地中柱54と鋼板3の間に安定液2を排除
しながら高強度コンクリート5を充填する第4工程とか
らなる地中柱の耐震補強方法。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、鉄筋コンクリート
製の地中柱の耐震補強方法に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、この種の地中柱の耐震補強方法と
して、例えば図6に示すような手法が知られている。こ
の耐震補強方法は、地下構造物52の頂部にフーチング
53を介して橋桁55を支持すべく立設された橋脚柱5
4を補強する方法で、次のような手順で施工される。ま
ず、橋脚柱54の周囲地盤51に、地下構造物54の頂
部に達するように土留め用の鋼矢板56を圧入し、鋼矢
板56の底部外周の地盤に止水用の薬液57を注入した
後、鋼矢板56の内側の地盤の掘削と土留め用の支保工
58の架設を橋脚柱54の下端に達するまで繰り返し
て、橋脚柱54の地中柱54aの回りに作業空間を作
る。次に、足場59を組み立てながら、地中柱54aに
僅かな隙間をあけて鋼板60を巻き立てて継ぎ溶接し、
この作業を所定高さ単位で繰り返して橋脚柱の所定高さ
まで巻き立て、その後、上記隙間にグラウト61を充填
して、橋脚柱54を補強する。最後に、足場59を撤去
し、鋼矢板56の内側空間の埋め戻しと支保工58の撤
去を繰り返した後、鋼矢板56を引き抜き、その引き抜
き跡に薬液を注入するとともに、復旧工事を行なって施
工を終了する。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところが、上記従来の
地中柱の耐震補強方法は、地中柱54aに僅かな隙間を
あけて鋼板60を巻き立て、上記隙間にグラウト61を
充填するものであるため、これらの作業のために地中柱
54aの周囲全体に足場59を設ける必要上、鋼矢板5
6の圧入、鋼矢板の内側全体の支保工58を伴う掘削、
足場59の設置など多くの地下作業が必須となる。その
ため、支保工58や足場59の架設と撤去に多大な手間
がかかるうえ、地下作業のため、地上作業よりも危険性
が高く,施工性が劣るうえ、地中柱54aの下部に地下構
造物52があって鋼矢板56の十分な根入長がとれない
ため、底部外周地盤への止水薬液57の注入が必須にな
るうえ、地下水位が高い場合は、止水薬液の注入だけで
は止水が不十分になるという問題がある。また、鋼矢板
56の内側を深く掘り下げた狭い空間に作業者が入るた
め、環境や粉塵,溶接ヒューム対策として排水や換気の
設備を設けたり、地下空間への地上車両の飛び込み防止
策を講じる必要があって、施工に手間と費用がかかる一
方、例えば7mの鋼矢板56の打込みに、上空に9m以
上という広いのスペースを必要とし、スペースが確保で
きない場合は、鋼矢板が継ぎ打ちとなってクレーン作業
等が煩雑になるという問題がある。
【0004】そこで、本発明の目的は、地下作業を要す
る地中柱近傍への鋼板の巻き立てを無くすることによっ
て、主工事が地表部で可能であり、また、施工スペース
を縮小でき、工程および施工費を削減でき工期を短縮で
きる地中柱の耐震補強方法を提供することにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するた
め、請求項1の地中柱の耐震補強方法は、鉄筋コンクリ
ート製の地中柱に沿って、この地中柱を囲繞して地中に
筒体を設置する工程と、上記地中柱と筒体との間の土砂
を除去する工程と、上記地中柱と筒体との間に充填物を
充填する工程とからなる。
【0006】請求項1の補強方法は、地中柱近傍に鋼板
を巻き立てるのでなく、地中柱を囲繞して地中に筒体を
設置し、この地中柱と筒体との間の土砂を除去して、土
砂を除去した空間に充填物を充填するので、従来のよう
に地中柱の回りに打込んだ鋼矢板の内側を支保工で土留
めしつつ掘削して地中柱の回りに足場を作る必要がな
い。従って、支保工や足場の架設,撤去が不要なうえ、
地下作業が無くなって、安全性と施工性が向上し、作業
員のための排水や換気の設備も不要になって、工程数と
施工費を削減でき、工期を短縮できる。
【0007】請求項2の地中柱の耐震補強方法は、鉄筋
コンクリート製の地中柱の周囲地盤を、安定液を満たし
ながら所定深さまで掘削し、掘削した穴に上記地中柱を
囲繞して筒体を設置する工程と、上記地中柱と筒体との
間に、上記安定液を排除しながら充填物を充填する工程
とからなる。
【0008】請求項2の補強方法は、掘削穴に安定液を
満たすと、安定液中の成分が穴壁の土砂の隙間を詰める
ので、安定液が穴の外側地盤に浸透せず、穴が液圧の作
用により崩壊しないから、地中柱の回りを大きく掘削で
きる。次に、安定液で満たされた掘削穴に地中柱を囲繞
するように筒体を沈設した後、筒体内側に安定液を排除
しながら充填物を充填する。この補強方法も、従来のよ
うに地中柱近傍に筒体を巻き立てるのではないから、請
求項1と同じ理由で工程数と施工費を削減でき、工期を
短縮できるうえ、掘削穴を安全,確実に掘って、筒体を
容易に設置することができる。
【0009】請求項3の地中柱の耐震補強方法は、鉄筋
コンクリート製の地中柱の周囲地盤を、安定液を満たし
ながら所定深さまで掘削し、掘削した掘削穴に上記地中
柱を囲繞して筒体を設置する工程と、上記掘削穴に設置
された筒体の外側の安定液を硬化剤添加により硬化さ
せ、あるいは上記安定液を排除しながらコンクリートを
充填して硬化させる工程と、上記地中柱と筒体との間
に、上記安定液を排除しながら充填物を充填する工程と
からなる。
【0010】請求項3の補強方法は、請求項2と同様に
筒体を設置した後、外側の安定液を硬化剤添加により硬
化させ、あるいは上記安定液を排除しながらコンクリー
トを充填して硬化させる一方、筒体内側には、請求項2
と同様に安定液を排除しながら充填物を充填する。この
補強方法も、従来のように地中柱近傍に鋼板を巻き立て
るのではないから、請求項2と同じ理由で工程数と施工
費の削減および工期の短縮ができ、掘削穴の安全,確実
な掘削で筒体を容易に設置できるうえ、地中柱を、筒体
外側の硬化物によって周囲地盤に強固に固定することが
できる。
【0011】請求項4の地中柱の耐震補強方法は、鉄筋
コンクリート製の地中柱の周囲地盤に、安定液を満たし
ながら所定深さかつ所定幅で上記地中柱を取り囲む溝を
掘削し、掘削した溝内に上記地中柱を囲繞して筒体を設
置する工程と、上記地中柱と筒体との間の土砂を、安定
液を満たしながら掘削して除去する工程と、上記地中柱
と筒体との間に、上記安定液を排除しながら充填物を充
填する工程とからなる。
【0012】請求項4の補強方法は、請求項3のように
地中柱の回りを全面掘削せず、地中柱の回りに安定液を
満たしながら所定深さかつ所定幅で取り囲む溝を掘削し
た後、この溝に同様に筒体を設置し、次いで筒体内側の
土砂を安定液を満たしながら掘削して除去し、最後に請
求項3と同様、筒体内側に安定液を排除しながら充填物
を充填する。この補強方法も、従来のように地中柱近傍
に鋼板を巻き立てるのではないから、請求項2と同じ理
由で工程数と施工費の削減および工期の短縮ができ、掘
削穴の安全,確実な掘削で筒体を容易に設置できるう
え、筒体を設置するための溝が所定幅なので掘削量が少
なくて早期に筒体を設置でき、また筒体を設置した溝の
お陰で内側の地盤の掘削が容易化する。
【0013】請求項5の地中柱の耐震補強方法は、鉄筋
コンクリート製の地中柱の周囲地盤に、安定液を満たし
ながら所定深さかつ所定幅で上記地中柱を取り囲む溝を
掘削し、掘削した溝内に上記地中柱を囲繞して筒体を設
置する工程と、上記溝内に設置された筒体の外側の安定
液を硬化剤添加により硬化させ、あるいは上記安定液を
排除しながらコンクリートを充填して硬化させる工程
と、上記地中柱と筒体との間の土砂を、安定液を満たし
ながら掘削して除去する工程と、上記地中柱と筒体との
間に、上記安定液を排除しながら充填物を充填する工程
とからなる。
【0014】請求項5の補強方法は、請求項4の補強方
法と同様に所定幅の溝を掘削し、この溝に筒体を設置
し、筒体外側の安定液を硬化剤添加により硬化させ、
あるいは上記安定液を排除しながらコンクリートを充填
して硬化させ、筒体内側の土砂を安定液を満たしながら
削除した後、最後に請求項4と同じく筒体内側に安定液
を排除しながら充填物を充填する。この補強方法も、従
来のように地中柱近傍に鋼板を巻き立てるのではないか
ら、請求項4と同じ理由で工程数と施工費の削減および
工期の短縮ができ、掘削穴の安全,確実な掘削で筒体を
容易に設置でき、早期に筒体を設置できかつ内側地盤の
掘削が容易化するとともに、地中柱を、筒体外側の硬化
物によって周囲地盤に強固に固定することができる。
【0015】請求項6の地中柱の耐震補強方法は、鉄筋
コンクリート製の地中柱の周囲地盤に、安定液を満たし
ながら所定深さの溝を掘削し、掘削した溝内に上記地中
柱を囲繞して筒体を設置する工程と、上記溝内に設置さ
れた筒体の外側の安定液を硬化剤添加により硬化させ、
あるいは上記安定液を排除しながらコンクリートを充填
して硬化させる工程と、上記地中柱と筒体との間の上記
安定液および土砂を除去し、上記筒体の内面に付着した
安定液の付着物を除去する工程と、上記地中柱と筒体と
の間に、充填物を充填する工程とからなる。
【0016】請求項6の補強方法は、請求項5の補強方
法と同様に所定幅の溝を掘削し、この溝に筒体を設置し
た後、まず筒体外側の安定液を硬化剤添加により硬化さ
せ、あるいは上記安定液を排除しながらコンクリートを
充填して硬化させ、この時点で地下水の筒体内側への浸
透が止まり、次に筒体内側の上記安定液および土砂を総
て除去した後、筒体内面に付着した安定液の付着物つま
りケーキを除去してから、筒体内側にコンクリート等の
充填物を充填する。筒体内面とコンクリートの間にケー
キがあると、これがスポンジのように作用して、筒体で
巻かれた地中柱の拘束が損なわれ、地中柱の剪断強度や
靭性が十分に増加しないが、上記ケーキの除去により、
地中柱の十分な剪断強度や靭性を確保することができ
る。この補強方法も、従来のように地中柱近傍に鋼板を
巻き立てるのではないから、請求項3と同じ理由で工程
数と施工費の削減および工期の短縮ができ、掘削穴の安
全,確実な掘削で筒体を容易に設置でき、筒体外側の硬
化物で地中柱を周囲地盤に強固に固定できるとともに、
ケーキの除去により地中柱の剪断強度を向上させること
ができる。
【0017】請求項7の地中柱の耐震補強方法は、上記
地中柱の断面が矩形で、上記地中柱を囲繞する筒体の断
面が円環状である。請求項7の補強方法では、矩形断面
の地中柱を囲繞する筒体の断面が円環状であり、柱に作
用する剪断力を引張り応力のみで支持するので、少量の
筒体でもって高強度の補強ができるうえ、地中柱と筒体
の間の地盤を角柱状でなく円筒状に掘ればよいから、施
工費および工期を少なくできる。
【0018】
【発明の実施の形態】以下、本発明を図示の実施の形態
により詳細に説明する。図1,図2は、本発明の請求項
5に記載の地中柱の耐震補強方法の一例を示す縦断面
図,横断面図であり、図中で図6と同じ物には同一番号
を付している。この地中柱の耐震補強方法は、図1,図
2の(A)に示され、鉄筋コンクリート製橋脚柱54の地
中柱54aの周囲地盤51に、安定液2を満たしながら所
定深さかつ所定幅で地中柱54aを取り囲む溝1を掘削
し、掘削した溝1内に地中柱54aを囲繞して鋼板3を設
置する第1工程と、図2(B)に示され、溝1内に設置さ
れた鋼板3の外側の安定液2を排除しながら貧配合コン
クリート4を充填して硬化させる第2工程と、図2(C)
に示され、地中柱54aと鋼板3との間の土砂を、安定液
2を満たしながら掘削して除去する第3工程と、 図
1,図2の(D)に示され、地中柱54aと鋼板3との間に、
上記安定液2を排除しながら充填物としての高強度コン
クリート5を充填する第4工程とからなる。なお、この
第4工程に続いて、必要に応じて、図1(D)に示すよう
に鋼板3を橋脚柱54の地上部分全長に亘って延長し、
延長した鋼板3と橋脚柱54の間にも高強度コンクリー
ト5を充填している。なお、コンクリート5を打設する
前に柱54の下端から下のフーチング53と鋼板3とで
囲まれる断面三角形のリング状部分に剛性の小さな軟弱
なもの例えばスポンジを充填しておくと、柱54の剪断
強度と靭性を補強することができる(図4(B)参照)。ス
ポンジを充填しない場合には、柱54の曲げ強度を大き
くすることができる。
【0019】上記第1工程の安定液2は、ベントナイト
の水溶液であり、掘削溝1に図1(A)の如く満たされる
と、ベントナイトが溝壁の土砂の隙間を詰めるので、安
定液2が溝外側の地盤51に浸透せず、安定液2の水圧
が溝壁に作用して溝壁の崩壊を防ぐため、溝1を確実に
深く掘ることができる。上記第3工程の貧配合コンクリ
ート4は、単位セメント量が比較的少ないコンクリート
であり、鋼板外側に投入して溝1から溢れ出す安定液2
を排出することによって、この安定液2を置換するもの
である。なお、この第3工程は、安定液2中のベントナ
イトと反応してこれを硬化させるセメント等の硬化剤
を、鋼板外側の安定液2に投入,撹拌して安定液2自体
を硬化させる手法でもよい。上記第4工程の高強度コン
クリートは、例えば400kg/cm2の圧縮強度を有する。
【0020】図3は、図1,図2の(A)に示した第1工
程までの状態を示す詳細平面図および詳細断面図であ
り、図4は、図1,図2の(D)に示した第4工程までの
状態を示す同様の図である。図2,図3および図4を参
照しつつ、上記地中柱の耐震補強方法を順を追って詳細
に説明する。まず、橋脚柱54の回りの占用を確保し、
準備工事をした後、図3に示すように、地中柱54aを
取り囲む正12角形の環状溝の外周,内周にあたる地盤
51に鉄筋コンクリート製の外側ガイドウォール6,内
側ガイドウォール7を夫々築造する。なお、内側ガイド
ウォール7の鉄筋は、図3(B)に示すように地中柱54
aにアンカーを取っている。
【0021】次に、テレスコピックアームをもつ深掘バ
ックホウを用いて、図3(A)の正12角形の環状溝1の
実線で示す1つおきの先行辺1aを、地上から安定液2
を充填しつつ掘削し、続いて先行辺1a間の破線で示す
後続辺1bを同様に掘削して、フーチング53の近傍に
達する環状溝1を形成する。さらに、所定高さの2分割
した鋼板3を、地上で橋脚柱54を囲むように縦溶接し
て円筒状に一体化した後、環状溝1に沈め、その上にさ
らに縦溶接で円筒状に一体化した鋼板3を全周溶接で継
ぎ足して沈める作業を繰り返し、円筒状の鋼板3の下端
を環状溝1の底部に載置して、鋼板3の設置までの第1
工程を終える。この第1工程では、安定液2を充填しつ
つ環状溝1を掘削しているので、安定液2中のベントナ
イトが溝壁の土砂の隙間を詰めて、溝外への安定液2の
漏れ出しを防ぎ、安定液圧の作用で溝壁の崩壊が防がれ
るから、環状溝1を確実かつ深く掘ることができる。ま
た、地中柱54aの回りを円形に全面掘削せず、所定幅
で環状に掘削するので、掘削量が少なくて早期に鋼板3
を沈設できる。さらに、掘削に用いるバックホウは、9
m程度の地上空間を要するが、9m以上の地上空間を要
していた従来の鋼矢板打込み工法に比して、施工スペー
スを縮小できる。なお、環状溝1の崩壊を確実に防止す
るため、地盤51の土質調査を行ない、安定液2の性状
を土質に応じて適切に決定すべきである。
【0022】なお、上記実施の形態では、深掘バックホ
ウで掘削された環状溝1に鋼板3を設置する場合につい
て述べたが、請求項1に記載のように地中柱を囲繞して
地中に鋼板を設置する方法として、例えば、環状溝1を
設けることなく直接に、分割した円形または矩形の鋼板
を地中柱を囲繞するように互いに縦溶接で一体化した
後、地上から揺動または回転させながら地盤に押し付け
て地中に押し込んで設置することができる。
【0023】鋼板3の沈設が終わると、図2(B)に示す
ように、第2工程として鋼板3の外側に貧配合コンクリ
ート4を投入して環状溝1から溢れ出す安定液2を排出
することによって、この安定液2を貧配合コンクリート
4と置換して硬化させる。貧配合コンクリート4が硬化
すると、地盤51から鋼板3内への地下水の侵入が無く
なるとともに、鋼板3が地盤51側へ強固に固定され
る。その後、内側ガイドウォール7(図3(B)参照)を撤
去し、図2(C)に示すように、第3工程として地中柱5
4aと鋼板3との間の土砂を、安定液2を充填しつつ深
掘バックホウで掘削して除去する。鋼板内側の土砂の掘
削は、外側地盤の崩壊が鋼板3で防がれるので、容易化
されるのは勿論である。
【0024】なお、上記実施の形態では、鋼板外側の安
定液2を貧配合コンクリート4で置換して硬化させる場
合について述べたが、鋼板外側の施工を限定していない
請求項4のような場合は、鋼板外側の安定液を、例えば
投入した土砂で置換することができる。
【0025】最後に、図1,図2の(D)に示す第4工程
に移り、まず深掘バックホウで地中柱54aの表面の残
土を除去した後、鋼板3の内側に高強度コンクリート5
を投入して鋼板内側から溢れ出す安定液2を排出するこ
とによって、この安定液2を高強度コンクリート5と置
換して硬化させる。高強度コンクリート5が硬化する
と、図4に示す状態となる。図4(B)に示すように、鋼
板3の内側と地中柱54aの間は、破線および2点鎖線
で示す既設の内側ガイドウォール7および環状溝1の内
側壁が無くなって総て高強度コンクリート5で充填さ
れ、鋼板3の外側と環状溝1の外側壁の間は、貧配合コ
ンクリート4で充填されている。なお、図4(A)の平面
図で、鋼板3の内側の環状溝1の部分は、本来2点鎖線
で描くべきであるが、便宜上図3(A)と同じく実線また
は破線で描いている。かくて、地中柱54aの補強が終
わると、図1(D)に示すように、鋼板3を上方へ橋脚柱
54の全長に亘って延長し、延長した鋼板3と橋脚柱5
4の間にも高強度コンクリート5を充填する。最後に、
橋脚柱54の回りの復旧工事を行なって、橋脚柱54の
耐震補強を終了する。
【0026】上記実施の形態の耐震補強方法は、第1か
ら第4までの総ての工程が地上から行なわれるので、図
6で述べた従来工法のような地下作業が無くなるから、
危険も少なく施工性も優れ、排水や換気の設備および支
保工や足場の架設,撤去も不要になって、工程数と施工
費を削減することができ、工期を短縮することができ
る。試算によれば、図6の従来工法に比して、施工費が
略15%削減でき、工期が略25%短縮できる。また、
既述のように、安定液2を充填しつつ掘削を行なってい
るので、環状溝1や鋼板内側の地盤を安全かつ確実に掘
削して、鋼板3を容易に設置でき、全面掘削でなく環状
溝1を掘削するので、鋼板3を早期に沈設でき、鋼板外
側の貧配合コンクリート4によって地中柱54aを周囲
地盤により強固に固定することができる。さらに、鋼板
3の断面が矩形でなく円環状であるので、少量の鋼板で
もって高強度の補強ができるうえ、地盤の掘削も矩形で
なく円筒状で済むので、掘削量の削減で施工費および工
期を少なくできる。なお、鋼板3は、上記実施の形態で
は2分割としたが、分割数はこれに限られない。
【0027】図5は、本発明の請求項6に記載の地中柱
の耐震補強方法の一例を示す横断面図であり、図5(A)
は図1(A),図5(D)は図1(D)の縦断面図に夫々対応
しており、図2と同じ物には同一番号を付している。こ
の耐震補強方法は、図5(A)に示され、鉄筋コンクリー
ト製の地中柱54aの周囲地盤51に、安定液2を満たし
ながら地中柱54aを取り囲む環状溝1を掘削し、掘削し
た環状溝1内に地中柱54aを囲繞して鋼板3を設置す
る第1工程と、図5(B)に示され、環状溝1内に設置さ
れた鋼板3の外側の安定液2を排除しながら貧配合コン
クリート4を充填して硬化させる第2工程と、同じく図
5(B)に示され、地中柱54aと鋼板3との間の安定液2
および土砂を除去し、鋼板3の内面に付着した安定液2
の付着物を除去する第3工程と、図5(C)に示され、地
中柱54aと鋼板3との間に、充填物としての高強度コン
クリート5を充填する第4工程とからなる。この第4工
程に続いて、図1(D)に示すように鋼板3を橋脚柱54
の地上部分全長に亘って延長し、延長した鋼板3と橋脚
柱54の間にも高強度コンクリート5を充填する。な
お、橋脚柱54の地上部の補強方法として、地中部分の
鋼板の断面形状よりも小さくして、地上部の柱54の周
囲に僅かな隙間をあけて鋼板わ巻き立て、その隙間にグ
ラウトを充填するようにしてもよい。こうすることによ
って、地上部空間を広くすることができる。
【0028】上記第1工程は図2(A)の第1工程と、上
記第2工程は図2(C)の第3工程と、上記第4工程は図
2(D)の第4工程と夫々同じであるので、図5(B)の第
3工程のみを説明する。予め鋼板外側の貧配合コンクリ
ート4が硬化しているので、鋼板3内側への地下水の浸
透は防止され、鋼板内側の安定液と土砂を地上の深掘バ
ックホウで総て除去して空にすると、鋼板3の内面には
ケーキといわれる安定液中のベントナイトの残滓が2〜
5mmの厚さで付着残留する。鋼板3内面と内側の高強度
コンクリート5の間に上記ケーキがあると、これがスポ
ンジのように作用して、鋼板3で巻かれた地中柱54a
の拘束が損なわれ、地中柱54aの十分な剪断強度およ
び靭性性能が得られない。そこで、鋼板内面の上記ケー
キを除去した後に、鋼板内側に高強度コンクリート5を
充填するのである。この補強工法も、図2で述べた先の
補強工法と略同じであるので、先の補強工法と同様、工
程数と施工費の削減および工期の短縮ができ、環状溝1
の安全,確実な掘削で鋼板3を容易に設置でき、鋼板3
外側の貧配合コンクリート5により地中柱54aを周囲
地盤51により強固に固定できるとともに、鋼板内面に
付着した上記ケーキの除去により地中柱54aの剪断強
度および靭性性能を向上させることができる。
【0029】
【発明の効果】以上の説明で明らかなように、請求項1
の地中柱の耐震補強方法は、鉄筋コンクリート製の地中
柱に沿って、この地中柱を囲繞して地中に筒体を設置す
る工程と、上記地中柱と筒体との間の土砂を除去する工
程と、上記地中柱と筒体との間に充填物を充填する工程
とからなるので、従来のように地中柱近傍に鋼板を巻き
立てる方法ではないから、地中柱の回りに打込んだ鋼矢
板の内側を支保工で土留めしつつ掘削して地中柱の回り
に足場を架設、および足場や支保工の撤去が不要なう
え、地下作業が無くなって、安全性と施工性が向上し、
作業員のための排水や換気の設備も不要になって、工程
数と施工費を削減でき、工期を短縮することができる。
【0030】請求項2の地中柱の耐震補強方法は、鉄筋
コンクリート製の地中柱の周囲地盤を、安定液を満たし
ながら所定深さまで全面掘削し、掘削した穴に上記地中
柱を囲繞して筒体を設置する工程と、上記地中柱と筒体
との間に、上記安定液を排除しながら充填物を充填する
工程とからなるので、請求項1と同じく工程数と施工費
を削減でき、工期を短縮できるうえ、安定液により掘削
穴を安全,確実に掘って筒体を容易に設置することがで
きる。
【0031】請求項3の地中柱の耐震補強方法は、鉄筋
コンクリート製の地中柱の周囲地盤を、安定液を満たし
ながら所定深さまで全面掘削し、掘削した掘削穴に上記
地中柱を囲繞して筒体を設置する工程と、上記掘削穴に
設置された筒体の外側の安定液を硬化剤添加により硬化
させ、あるいは上記安定液を排除しながらコンクリート
を充填して硬化させる工程と、上記地中柱と筒体との間
に、上記安定液を排除しながら充填物を充填する工程と
からなるので、請求項2と同じく工程数と施工費を削減
でき、工期を短縮でき、安定液により掘削穴の安全,確
実な掘削で筒体を容易に設置できるうえ、筒体外側の硬
化物によって地中柱を周囲地盤に強固に固定することが
できる。
【0032】請求項4の地中柱の耐震補強方法は、鉄筋
コンクリート製の地中柱の周囲地盤に、安定液を満たし
ながら所定深さかつ所定幅で上記地中柱を取り囲む溝を
掘削し、掘削した溝内に上記地中柱を囲繞して筒体を設
置する工程と、上記地中柱と筒体との間の土砂を、安定
液を満たしながら掘削して除去する工程と、上記地中柱
と筒体との間に、上記安定液を排除しながら充填物を充
填する工程とからなるるので、請求項1と同じく従来の
ように地中柱近傍に鋼板を巻き立てる方法ではないか
ら、工程数と施工費を削減でき、工期を短縮でき、安定
液により掘削穴の安全,確実な掘削で筒体を容易に設置
できるうえ、筒体を設置するための溝が所定幅なので掘
削量が少なくて早期に筒体を沈設でき、また筒体を設置
した溝のお陰で内側の地盤の掘削が容易化する。
【0033】請求項5の地中柱の耐震補強方法は、鉄筋
コンクリート製の地中柱の周囲地盤に、安定液を満たし
ながら所定深さかつ所定幅で上記地中柱を取り囲む溝を
掘削し、掘削した溝内に上記地中柱を囲繞して筒体を設
置する工程と、上記溝内に設置された筒体の外側の安定
液を硬化剤添加により硬化させ、あるいは上記安定液を
排除しながらコンクリートを充填して硬化させる工程
と、上記地中柱と筒体との間の土砂を、安定液を満たし
ながら掘削して除去する工程と、上記地中柱と筒体との
間に、上記安定液を排除しながら充填物を充填する工程
とからなるので、請求項4と同じく工程数と施工費の削
減および工期の短縮ができ、掘削穴の安全,確実な掘削
で筒体を容易に設置でき、早期に筒体を設置できかつ内
側地盤の掘削が容易化するとともに、地中柱を、筒体外
側の硬化物によって周囲地盤に強固に固定することがで
きる。
【0034】請求項6の地中柱の耐震補強方法は、鉄筋
コンクリート製の地中柱の周囲地盤に、安定液を満たし
ながら所定深さの溝を掘削し、掘削した溝内に上記地中
柱を囲繞して筒体を設置する工程と、上記溝内に設置さ
れた筒体の外側の安定液を硬化剤添加により硬化させ、
あるいは上記安定液を排除しながらコンクリートを充填
して硬化させる工程と、上記地中柱と筒体との間の上記
安定液および土砂を除去し、上記筒体の内面に付着した
安定液の付着物を除去する工程と、上記地中柱と筒体と
の間に、充填物を充填する工程とからなるので、請求項
3と同じく工程数と施工費の削減および工期の短縮がで
き、掘削穴の安全,確実な掘削で筒体を容易に設置で
き、筒体外側の硬化物で地中柱を周囲地盤に強固に固定
できるとともに、ケーキの除去により地中柱の剪断強度
を向上させることができる。
【0035】請求項7の地中柱の耐震補強方法は、上記
地中柱の断面が矩形で、上記地中柱を囲繞する筒体の断
面が円環状であるので、少量の筒体でもって高強度の補
強ができるうえ、地中柱と筒体の間の地盤を角柱状でな
く円筒状に掘ればよいから、施工費および工期を少なく
できる。その他、拘束効果が向上して、大きな靭性性能
を発揮できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明の請求項5,6の耐震補強方法の一例
の最初と最後の工程を示す縦断面図である。
【図2】 本発明の請求項5の耐震補強方法の一例の工
程を順に示す横断面図である。
【図3】 図2(A)の第1工程までの状態を示す平面図
および(そのb−b線に沿う)縦断面図である。
【図4】 図2(D)の第4工程までの状態を示す平面図
および(そのb−b線に沿う)縦断面図である。
【図5】 本発明の請求項6の耐震補強方法の一例の工
程を順に示す横断面図である。
【図6】 従来の耐震補強方法を示す縦断面図および横
断面図である。
【符号の説明】
1…環状溝、2…安定液、3…鋼板、4…貧配合コンク
リート、5…高強度コンクリート、51…地盤、52…
地下鉄構造物、53…フーチング、54…橋脚柱、54
a…地中柱。
フロントページの続き (72)発明者 田川 朋尚 大阪府大阪市阿倍野区松崎町2丁目2番2 号 株式会社奥村組内 (72)発明者 渡辺 政規 大阪府大阪市阿倍野区松崎町2丁目2番2 号 株式会社奥村組内

Claims (7)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 鉄筋コンクリート製の地中柱に沿って、
    この地中柱を囲繞して地中に筒体を設置する工程と、 上記地中柱と筒体との間の土砂を除去する工程と、 上記地中柱と筒体との間に充填物を充填する工程とから
    なる地中柱の耐震補強方法。
  2. 【請求項2】 鉄筋コンクリート製の地中柱の周囲地盤
    を、安定液を満たしながら所定深さまで掘削し、掘削し
    た穴に上記地中柱を囲繞して筒体を設置する工程と、 上記地中柱と筒体との間に、上記安定液を排除しながら
    充填物を充填する工程とからなる地中柱の耐震補強方
    法。
  3. 【請求項3】 鉄筋コンクリート製の地中柱の周囲地盤
    を、安定液を満たしながら所定深さまで掘削し、掘削し
    た掘削穴に上記地中柱を囲繞して筒体を設置する工程
    と、 上記掘削穴に設置された筒体の外側の安定液を硬化剤添
    加により硬化させ、あるいは上記安定液を排除しながら
    コンクリートを充填して硬化させる工程と、 上記地中柱と筒体との間に、上記安定液を排除しながら
    充填物を充填する工程とからなる地中柱の耐震補強方
    法。
  4. 【請求項4】 鉄筋コンクリート製の地中柱の周囲地盤
    に、安定液を満たしながら所定深さかつ所定幅で上記地
    中柱を取り囲む溝を掘削し、掘削した溝内に上記地中柱
    を囲繞して筒体を設置する工程と、 上記地中柱と筒体との間の土砂を、安定液を満たしなが
    ら掘削して除去する工程と、 上記地中柱と筒体との間に、上記安定液を排除しながら
    充填物を充填する工程とからなる地中柱の耐震補強方
    法。
  5. 【請求項5】 鉄筋コンクリート製の地中柱の周囲地盤
    に、安定液を満たしながら所定深さかつ所定幅で上記地
    中柱を取り囲む溝を掘削し、掘削した溝内に上記地中柱
    を囲繞して筒体を設置する工程と、 上記溝内に設置された筒体の外側の安定液を硬化剤添加
    により硬化させ、あるいは上記安定液を排除しながらコ
    ンクリートを充填して硬化させる工程と、 上記地中柱と筒体との間の土砂を、安定液を満たしなが
    ら掘削して除去する工程と、 上記地中柱と筒体との間に、上記安定液を排除しながら
    充填物を充填する工程とからなる地中柱の耐震補強方
    法。
  6. 【請求項6】 鉄筋コンクリート製の地中柱の周囲地盤
    に、安定液を満たしながら所定深さの溝を掘削し、掘削
    した溝内に上記地中柱を囲繞して筒体を設置する工程
    と、 上記溝内に設置された筒体の外側の安定液を硬化剤添加
    により硬化させ、あるいは上記安定液を排除しながらコ
    ンクリートを充填して硬化させる工程と、 上記地中柱と筒体との間の上記安定液および土砂を除去
    し、上記筒体の内面に付着した安定液の付着物を除去す
    る工程と、 上記地中柱と筒体との間に、充填物を充填する工程とか
    らなる地中柱の耐震補強方法。
  7. 【請求項7】 請求項1乃至6のいずれか1つに記載の
    地中柱の耐震補強方法において、上記地中柱の断面が矩
    形で、上記地中柱を囲繞する筒体の断面が円環状である
    ことを特徴とする地中柱の耐震補強方法。
JP33001597A 1997-12-01 1997-12-01 地中柱の耐震補強方法 Expired - Lifetime JP3445129B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP33001597A JP3445129B2 (ja) 1997-12-01 1997-12-01 地中柱の耐震補強方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP33001597A JP3445129B2 (ja) 1997-12-01 1997-12-01 地中柱の耐震補強方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH11158820A true JPH11158820A (ja) 1999-06-15
JP3445129B2 JP3445129B2 (ja) 2003-09-08

Family

ID=18227828

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP33001597A Expired - Lifetime JP3445129B2 (ja) 1997-12-01 1997-12-01 地中柱の耐震補強方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3445129B2 (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006183407A (ja) * 2004-12-28 2006-07-13 Yasuko Hasegawa 柱状構造物の補強方法
JP2010070973A (ja) * 2008-09-18 2010-04-02 Central Japan Railway Co 橋梁の支持構造および施工方法
CN102493350A (zh) * 2011-12-19 2012-06-13 中国一冶集团有限公司 景观桥梁外挂式防撞护栏的施工方法
JP2013119513A (ja) * 2011-12-08 2013-06-17 Ohbayashi Corp 鉄筋コンクリート部材の耐震補強方法及び修復方法
JP2014194122A (ja) * 2013-03-28 2014-10-09 Kubota Corp 鋼管矢板基礎形成方法及び鋼管矢板基礎構造
KR101641657B1 (ko) * 2015-06-29 2016-07-21 김경욱 노후 구조물의 보수 보강 구조체 시공 방법
CN106758838A (zh) * 2016-12-26 2017-05-31 河南省交通规划设计研究院股份有限公司 一种预压用钢绞线安全控制装置
WO2023248351A1 (ja) * 2022-06-21 2023-12-28 日本電信電話株式会社 地中埋設型構造物の補強方法

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102286945B (zh) * 2011-08-24 2014-01-15 石家庄铁道大学 一种混凝土桥梁体外预应力锚固装置及快速加固方法
CN103243651B (zh) * 2013-04-24 2015-02-25 山东科技大学 桥梁护栏金属立柱底座的安装固定及调平方法
CN103452324A (zh) * 2013-09-18 2013-12-18 天津鑫坤泰预应力专业技术有限公司 一种成品钢绞线束用的穿送器

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006183407A (ja) * 2004-12-28 2006-07-13 Yasuko Hasegawa 柱状構造物の補強方法
JP4699023B2 (ja) * 2004-12-28 2011-06-08 靖子 長谷川 柱状構造物の補強方法
JP2010070973A (ja) * 2008-09-18 2010-04-02 Central Japan Railway Co 橋梁の支持構造および施工方法
JP2013119513A (ja) * 2011-12-08 2013-06-17 Ohbayashi Corp 鉄筋コンクリート部材の耐震補強方法及び修復方法
CN102493350A (zh) * 2011-12-19 2012-06-13 中国一冶集团有限公司 景观桥梁外挂式防撞护栏的施工方法
JP2014194122A (ja) * 2013-03-28 2014-10-09 Kubota Corp 鋼管矢板基礎形成方法及び鋼管矢板基礎構造
KR101641657B1 (ko) * 2015-06-29 2016-07-21 김경욱 노후 구조물의 보수 보강 구조체 시공 방법
CN106481089A (zh) * 2015-06-29 2017-03-08 金京煜 陈旧构造物的维修加固构造体施工方法
CN106481089B (zh) * 2015-06-29 2019-02-19 金京煜 陈旧构造物的维修加固构造体施工方法
CN106758838A (zh) * 2016-12-26 2017-05-31 河南省交通规划设计研究院股份有限公司 一种预压用钢绞线安全控制装置
CN106758838B (zh) * 2016-12-26 2018-07-20 河南省交通规划设计研究院股份有限公司 一种预压用钢绞线安全控制装置
WO2023248351A1 (ja) * 2022-06-21 2023-12-28 日本電信電話株式会社 地中埋設型構造物の補強方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP3445129B2 (ja) 2003-09-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100964796B1 (ko) 암반 매립 일체화 구조의 강관-콘크리트 복합 말뚝 시공 방법 및 말뚝 구조물
KR20060059833A (ko) 선지보 터널 공법 및 이에 적합한 장치
JP2009084919A (ja) 地盤の掘削方法
CN104264683B (zh) 三面环绕文保建筑凹字形超深基坑分区支护方法
JP3445129B2 (ja) 地中柱の耐震補強方法
EA031926B1 (ru) Способ формирования опоры и усиления проходящих рядом параллельных туннелей арматурными стержнями
KR100970440B1 (ko) 선단부 타설후 보강재 관입식 현장타설말뚝공법
CN108978680B (zh) 一种淤泥质土电梯基坑支护施工装置及方法
KR100914158B1 (ko) 무지보형의 차수벽 흙막이공법
CN104453915B (zh) 大断面竖井预注浆加固快速开挖方法
KR102247848B1 (ko) 가압그라우팅을 이용한 현장타설 말뚝 및 그 시공방법
KR101041264B1 (ko) 가압을 이용한 변위제어 터널의 보강구조체
JP2000352296A (ja) 地下構造物直下の通路の形成方法
CN110468873A (zh) 一种小空间下桥台桩基托换结构及使用方法
CN113356289B (zh) 一种深基坑砖烟囱加固方法
JP2001132004A (ja) 建物の嵩上、沈下修正工事における耐震打上工法
CN114411745A (zh) 钢管桩桩端后注浆装置及其施工方法
AU2019101512B4 (en) A method of constructing a column, a subterranean structure, and a structure made from the method.
KR101649210B1 (ko) 원형 강관 벽체 강가시설
KR101041262B1 (ko) 가압을 이용한 변위제어 터널 시공법
Kordahi Underpinning strategies for buildings with deep foundations
KR102502549B1 (ko) 착탈식 보조말뚝용 상부 phc말뚝 및 이를 적용한 phc 역타 기초파일의 시공 방법
KR102601694B1 (ko) 지하건축물 신속 철거방법
CN216839456U (zh) 钢管桩桩端后注浆装置
CN219710338U (zh) 一种深基坑支护结构

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120627

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120627

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150627

Year of fee payment: 12

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term