JPH102477A - 配管接続具セット - Google Patents

配管接続具セット

Info

Publication number
JPH102477A
JPH102477A JP8177491A JP17749196A JPH102477A JP H102477 A JPH102477 A JP H102477A JP 8177491 A JP8177491 A JP 8177491A JP 17749196 A JP17749196 A JP 17749196A JP H102477 A JPH102477 A JP H102477A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
fitting portion
fitting
pipe
connection
piping
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP8177491A
Other languages
English (en)
Inventor
Hiroko Miyoshi
裕子 三好
Shigeaki Haneda
滋明 羽田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Inax Corp
Original Assignee
Inax Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Inax Corp filed Critical Inax Corp
Priority to JP8177491A priority Critical patent/JPH102477A/ja
Publication of JPH102477A publication Critical patent/JPH102477A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16LPIPES; JOINTS OR FITTINGS FOR PIPES; SUPPORTS FOR PIPES, CABLES OR PROTECTIVE TUBING; MEANS FOR THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16L1/00Laying or reclaiming pipes; Repairing or joining pipes on or under water
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16LPIPES; JOINTS OR FITTINGS FOR PIPES; SUPPORTS FOR PIPES, CABLES OR PROTECTIVE TUBING; MEANS FOR THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16L41/00Branching pipes; Joining pipes to walls
    • F16L41/04Tapping pipe walls, i.e. making connections through the walls of pipes while they are carrying fluids; Fittings therefor
    • F16L41/06Tapping pipe walls, i.e. making connections through the walls of pipes while they are carrying fluids; Fittings therefor making use of attaching means embracing the pipe

Landscapes

  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • General Engineering & Computer Science (AREA)
  • Mechanical Engineering (AREA)
  • Mutual Connection Of Rods And Tubes (AREA)
  • Flanged Joints, Insulating Joints, And Other Joints (AREA)
  • Branch Pipes, Bends, And The Like (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【解決課題】一対の配管を接続金具を用いて接続するに
際し、それら配管を所望の角度で接続できるようにす
る。 【解決手段】床下配管のねじ式の接続口34と浴槽水栓
用配管38及び洗い場水栓用配管とを接続するに際し、
分岐金具から成る接続具本体42とアダプター44とば
ねクリップ62とを備えた接続金具セットを用いる。そ
の接続金具本体42には一端部にねじ接続部46を、他
端側に第一嵌合部48を設ける。またアダプター44の
一端部には第二嵌合部56を設けてこれを第一嵌合部4
8に対しOリング60を介して回転可能に嵌め合わせ、
ばねクリップ62にてそれらを連結する。そしてアダプ
ター44のねじ接続部54を接続口34の雌ねじ36に
ねじ接続する。そして接続金具本体42を回転させて分
岐部50を所望の方向に向け、分岐部50の第一嵌合部
48をアダプター44を介して洗い場水栓用配管に接続
する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は配管接続具セット
に関する。
【0002】
【従来の技術】従来より、接続金具を用いて配管と配管
とを接続することが広く行われている。これら配管と接
続金具との接続は、一方に雌ねじを、他方に雄ねじをそ
れぞれ形成し、それらをねじ合わせる方式が一般的であ
る。
【0003】ところでこの接続方式の場合、接続金具の
管軸回りの方向を正確に定めることができない問題があ
る。例えばユニットバスルームにおいては、床下の配管
に対して浴槽水栓用の配管と洗い場水栓用の配管とを分
岐金具(接続金具)を介して接続し、床下配管より浴槽
水栓用配管及び洗い場水栓用配管のそれぞれを分岐させ
るといったことが行われるが、この場合において分岐金
具を床下配管に対してねじ結合すると、分岐金具におけ
る分岐部の方向が正しく定まらない問題が生ずる。
【0004】図7に基づいて具体的に説明すると、上記
ケースの場合、床下配管の端部に雌ねじ200を形成し
て、分岐金具202の管軸方向の一端部に形成した雄ね
じ204をねじ込み、そして他方の端部の雄ねじ206
を、浴槽水栓用配管又は洗い場水栓用配管の一方の配管
の雌ねじにねじ結合するとともに、分岐部208に形成
した雄ねじ210を他方の配管端部の雌ねじにねじ結合
することで、各配管を分岐金具202を介して床下配管
に接続するようにしているが、この場合、分岐金具20
2の雄ねじ204を床下配管の雌ねじ200に対して一
杯までねじ込むと、分岐部208が予定した方向を向か
なくなり、上記配管を床下配管に対して良好に接続でき
なくなるのである。
【0005】この場合において分岐部208を所望の方
向に向けるためにねじを緩めると止水性が低下し、漏水
の恐れが生ずる。またそのようにして方向決めをする場
合、分岐金具202を締めたり,緩めたりする等の操作
が必要で施工的にも手間がかかってしまう。このような
問題は曲り形状の接続金具等、管軸回りに方向性を有す
る接続具を配管に接続するに際して共通に生ずる問題で
あるる。
【0006】
【課題を解決するための手段】本願の発明の接続具セッ
トはこのような課題を解決するために案出されたもので
ある。而して本願の発明の接続具セットは、(イ)管状
をなし、管軸方向の一端部に配管との接続部が形成さ
れ、他端部に第一嵌合部が形成された接続具本体と、
(ロ)該接続具本体と対をなす部材であって管状をな
し、管軸方向の一端側に前記配管と連結される今一方の
配管とのねじ接合部が設けられる一方、他端部に前記第
一嵌合部と相対回転可能に嵌合する第二嵌合部が設けら
れ、且つ第二嵌合部は該第一嵌合部と該第二嵌合部との
一方に装着されたOリングを介して水密に該第一嵌合部
に嵌合するものとされたアダプターと、(ハ)前記接続
具本体における第一嵌合部とアダプターにおける第二嵌
合部とを連結する連結クリップとを備えて成ることを特
徴とする(請求項1)。
【0007】本願の別の発明の接続具セットは、請求項
1において、前記第一嵌合部と第二嵌合部との外周面に
は外向きの鍔が形成されており、前記連結クリップはそ
れら鍔を挟み込むことで該第一嵌合部と第二嵌合部とを
連結するものとされていることを特徴とする(請求項
2)。
【0008】
【作用及び発明の効果】上記のように本発明の配管接続
具セットは、接続具本体とアダプターとを備え、そして
その接続具本体に第一嵌合部を、またアダプターに第二
嵌合部を設けて、それら第一及び第二嵌合部をOリング
を介して水密且つ回転可能に嵌合させた上、それら第一
嵌合部と第二嵌合部とを連結クリップにて回転可能に連
結するようになしたもので、本発明によれば、止水性を
落とすことなく接続具本体をその管軸回りの所望の方向
に向けることができ、ひいては配管と配管とを所望の角
度で互いに接続することが可能となる。
【0009】また本発明によれば、各配管を所望の角度
で接続するに際して接続具本体をただ単にアダプターに
対して回転させるだけで良いので、従来のねじ結合式の
接続具に対して配管接続の際の施工性も良好である。
尚、この接続具本体における配管接続部はねじ接続部と
することができる。
【0010】請求項2の接続具セットは、第一嵌合部と
第二嵌合部とに外向きの鍔を形成する一方、上記連結ク
リップを、それら鍔を挾み込むことで第一嵌合部と第二
嵌合部とを連結する形態と成したもので、この接続具セ
ットの場合、連結クリップによってワンタッチで極めて
簡単に第一嵌合部と第二嵌合部、即ちアダプターと接続
具本体とを連結することができる。
【0011】
【実施例】次に本発明の実施例を図面に基づいて詳しく
説明する。図1はユニットバスルームの内部を示したも
ので、同図において10は浴槽、12は洗い場、14は
壁パネル16に接して設けられたカウンターで、天板1
8上において浴槽10側に浴槽水栓20が設けられてい
る。また洗い場12側において、前板22の前面に洗い
場水栓24が設けられている。尚、これら浴槽水栓20
及び洗い場水栓24は何れも混合水栓であり、また洗い
場水栓24は埋込式水栓とされている。
【0012】壁パネル16には、ミラー26が取り付け
られており、更にミラー26の上方においてシャワーヘ
ッド28が配置されている。このシャワーヘッド28に
は、洗い場水栓24からの混合水が壁パネル16の裏側
の配管を通じて且つ壁パネル16の内側(室内側)のシ
ャワーホース30を介して導かれるようになっている。
【0013】図1に示すユニットバスルームの床下に
は、湯と水とをそれぞれ供給するための床下配管が設置
されており、図2に示しているようにそれらの接続口3
4がカウンター14内部において、床32上に突出させ
られている。これら配管の接続口34の内面には雌ねじ
36(図3参照)が形成されている。
【0014】そしてこれら配管の接続口34に対して、
浴槽水栓20用の配管38と、洗い場水栓24用の配管
40とが、分岐金具から成る接続金具本体42とアダプ
ター44と後述のばねクリップ62とから成る本例の接
続金具セットを介してそれぞれ接続されている。
【0015】図3ないし図4に示しているように分岐金
具から成る接続金具本体42は、管軸方向の一端部に配
管とのねじ接続部46を有しており、また管軸方向の他
端部に第一嵌合部48を有している。更に管軸方向の中
間部において側方に分岐する分岐部50を有しており、
その分岐部50においても第一嵌合部48が形成されて
いる。
【0016】ねじ接続部46の外周面には雄ねじが形成
されており、また第一嵌合部48には、外周面に外向き
の鍔52が形成されている。尚、第一嵌合部48の内周
面は平滑な円筒面とされている。
【0017】一方、アダプター44は全体として円筒状
を成していて管軸方向の一端側にねじ接続部54が、他
方に第二嵌合部56が形成され、更に中間部には工具係
合用の六角形状部58が形成されている。ここでねじ接
続部54の外周面には雄ねじが形成されており、また第
二嵌合部56の外周面には外向きの鍔52が形成されて
いる。更に第二嵌合部56は、鍔52より軸端側が平滑
な外周面を有する円筒形状とされており、その外周面上
にシール用のOリング60が装着されている。
【0018】ここで第二嵌合部56は、上記接続金具本
体42における第一嵌合部48の内周面に、Oリング6
0を介して水密に且つ回転可能に嵌入するものとされて
いる。
【0019】62は接続金具本体42とアダプター4
4、具体的にはそれらの第一嵌合部48と第二嵌合部5
6とを連結する連結クリップとしてのばねクリップであ
って、全体として板ばね材を略環状に回曲させた形態を
成している。その幅方向中間部には周方向に沿って、第
一嵌合部48及び第二嵌合部56における鍔52を重ね
合せ状態で係入させるための係入溝64が形成されてお
り、また周方向所定個所には鍔52との干渉回避のため
の凹陥形状の逃げ部66が、また反対側には嵌込用開口
68が形成されている。そしてこの開口68に臨む位置
に、ハの字状に開いたガイド70が一体に形成されてい
る。
【0020】このばねクリップ62は、第一嵌合部48
及び第二嵌合部56を嵌合させた状態且つそれらの鍔5
2を重ね合わせた状態で開口68を通じてそれらに嵌め
合わされる。そして一対の鍔52を係入溝64内に係入
させることによって、第一嵌合部48及び第二嵌合部5
6を互いに相対回転可能に連結する。
【0021】本例の接続金具セットを用いた配管接続に
あっては、アダプター44におけるねじ接続部54を床
下配管の接続口34の雌ねじ36にねじ込むとともに、
接続金具本体42の第一嵌合部48をアダプター44の
第二嵌合部56に嵌め合わせた上、ばねクリップ62に
て第一嵌合部48と第二嵌合部56とを互いに連結す
る。
【0022】そして接続金具本体42のねじ接続部46
を配管38に対して袋ナット72によりねじ接続する。
また軸方向中間部の分岐部50に形成した第二嵌合部4
8を、同様にしてアダプター44を介し配管40に接続
する。尚、この例では図2に示しているように配管40
の先端部に逆止弁付止水栓74が設けられており、配管
40と分岐部50との接続はこの逆止弁付止水栓74を
介して行われる。
【0023】本例によれば、止水性を落とすことなく接
続金具本体42を所望の方向に向けることができ、ひい
ては床下配管と配管38又は40とを所望の角度で互い
に接続することができる。
【0024】また本例によれば、各配管38,40を所
望の角度で接続するに際して、接続金具本体42をただ
単にアダプター44に対して回転させるだけで良いの
で、従来のねじ結合式の接続具に対して配管接続の際の
施工性も良好である。
【0025】更に本例の場合、ばねクリップ62によっ
てワンタッチで極めて簡単に第一嵌合部48と第二嵌合
部56、即ち接続金具本体42とアダプター44とを連
結することができる。
【0026】図5は本発明の他の実施例を示したもの
で、この例は、上記第一実施例では分岐金具から成る接
続金具本体42がT字状を成しているのに対し、同じく
分岐金具から成る接続金具本体76がY字状を成してい
る。本例の接続金具本体76においても、第一実施例と
同様に一端側にねじ接続部46を、他端側に第一嵌合部
48を有し、更にY字状に分岐する分岐部50において
も第一嵌合部48を有している。而して本例においても
アダプター44と接続金具本体76とを回転可能に連結
することができる。尚、その他の符号については上記実
施例と同様である。
【0027】図6は本発明の更に他の実施例を示したも
のである。この例において78はエルボ状、即ち略直角
に曲がった曲り形状の接続金具本体であって、一端部に
ねじ接続部46を、他方の端部に第一嵌合部48を備え
ている。尚80はフランジである。本例においても、こ
れら接続金具本体78及びアダプター44を用いて一対
の配管を接続するに際して、接続金具本体78の方向を
自由に所望方向に向けることができる。本例においても
その他の符号は上記実施例と同様である。
【0028】以上本発明の実施例を詳述したがこれはあ
くまで一例示であり、本発明はその主旨を逸脱しない範
囲において種々変更を加えた形態で構成可能である。
【図面の簡単な説明】
【図1】ユニットバスルーム内部を示す図である。
【図2】本発明の一実施例である接続金具セットを用い
た、図1における浴槽水栓用配管と洗い場水栓用配管と
を床下配管に接続する接続構造の図である。
【図3】図1における接続部を各部材に分解して示す図
である。
【図4】図2における接続部の要部断面図である。
【図5】本発明の他の実施例の接続金具セットを各部材
に分解して示す図である。
【図6】本発明の更に他の実施例の接続金具セットを各
部材に分解して示す図である。
【図7】本発明の背景説明のための説明図である。
【符号の説明】
42,76,78 接続金具本体 44 アダプター 46,54 ねじ接続部 48 第一嵌合部 52 鍔 56 第二嵌合部 60 Oリング 62 ばねクリップ(連結クリップ) 64 係入溝

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】(イ)管状をなし、管軸方向の一端部に配
    管との接続部が形成され、他端部に第一嵌合部が形成さ
    れた接続具本体と(ロ)該接続具本体と対をなす部材で
    あって管状をなし、管軸方向の一端側に前記配管と連結
    される今一方の配管とのねじ接合部が設けられる一方、
    他端部に前記第一嵌合部と相対回転可能に嵌合する第二
    嵌合部が設けられ、且つ第二嵌合部は該第一嵌合部と該
    第二嵌合部との一方に装着されたOリングを介して水密
    に該第一嵌合部に嵌合するものとされたアダプターと
    (ハ)前記接続具本体における第一嵌合部とアダプター
    における第二嵌合部とを連結する連結クリップとを備え
    て成る配管接続具セット。
  2. 【請求項2】 請求項1において、前記第一嵌合部と第
    二嵌合部との外周面には外向きの鍔が形成されており、
    前記連結クリップはそれら鍔を挟み込むことで該第一嵌
    合部と第二嵌合部とを連結するものとされていることを
    特徴とする配管接続具セット。
JP8177491A 1996-06-17 1996-06-17 配管接続具セット Pending JPH102477A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8177491A JPH102477A (ja) 1996-06-17 1996-06-17 配管接続具セット

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8177491A JPH102477A (ja) 1996-06-17 1996-06-17 配管接続具セット

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH102477A true JPH102477A (ja) 1998-01-06

Family

ID=16031837

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8177491A Pending JPH102477A (ja) 1996-06-17 1996-06-17 配管接続具セット

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH102477A (ja)

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5315574A (en) * 1976-07-27 1978-02-13 Danfoss As Electric snap switch
JP2001208223A (ja) * 2000-01-21 2001-08-03 Hitachi Valve Ltd 排出弁
JP2005180477A (ja) * 2003-12-16 2005-07-07 Osaka Gas Co Ltd バイパス管接続用アダプタとその使用方法
KR100641264B1 (ko) 2004-04-08 2006-11-14 (주)아산테크 방사형 관로세척장치
KR100727359B1 (ko) 2006-06-13 2007-06-13 주식회사 코닥트 플렉시블 호스용 컨넥터
WO2009058860A3 (en) * 2007-10-29 2009-08-13 Safety Pumping Systems Llc Safety lock for cam lock fitting
JP2011208718A (ja) * 2010-03-30 2011-10-20 Kvk Corp 自閉水栓用カートリッジ及び自閉水栓
JP2013540963A (ja) * 2010-09-10 2013-11-07 ファン,ユンギ 挿入型配管用連結装置
JP2017531126A (ja) * 2014-09-29 2017-10-19 ラヴァル エイ.シー.エス.リミテッドRAVAL A.C.S.Ltd. 排出装置
KR200487169Y1 (ko) * 2017-10-13 2018-08-17 (주)케이에스피 열피로에 강인한 고내구성 배관 어셈블리
JP2021055682A (ja) * 2019-09-27 2021-04-08 株式会社Fuji ホース配管構造
KR20220170107A (ko) * 2021-06-22 2022-12-29 차윤도 관붙이용 앵글밸브

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5315574A (en) * 1976-07-27 1978-02-13 Danfoss As Electric snap switch
JP2001208223A (ja) * 2000-01-21 2001-08-03 Hitachi Valve Ltd 排出弁
JP4504670B2 (ja) * 2003-12-16 2010-07-14 大阪瓦斯株式会社 バイパス管接続用アダプタとその使用方法
JP2005180477A (ja) * 2003-12-16 2005-07-07 Osaka Gas Co Ltd バイパス管接続用アダプタとその使用方法
KR100641264B1 (ko) 2004-04-08 2006-11-14 (주)아산테크 방사형 관로세척장치
KR100727359B1 (ko) 2006-06-13 2007-06-13 주식회사 코닥트 플렉시블 호스용 컨넥터
WO2009058860A3 (en) * 2007-10-29 2009-08-13 Safety Pumping Systems Llc Safety lock for cam lock fitting
JP2011208718A (ja) * 2010-03-30 2011-10-20 Kvk Corp 自閉水栓用カートリッジ及び自閉水栓
JP2013540963A (ja) * 2010-09-10 2013-11-07 ファン,ユンギ 挿入型配管用連結装置
JP2017531126A (ja) * 2014-09-29 2017-10-19 ラヴァル エイ.シー.エス.リミテッドRAVAL A.C.S.Ltd. 排出装置
KR200487169Y1 (ko) * 2017-10-13 2018-08-17 (주)케이에스피 열피로에 강인한 고내구성 배관 어셈블리
JP2021055682A (ja) * 2019-09-27 2021-04-08 株式会社Fuji ホース配管構造
KR20220170107A (ko) * 2021-06-22 2022-12-29 차윤도 관붙이용 앵글밸브

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8616229B2 (en) Water stop valve device with rough-in sleeve and method of assembling the same
JPH102477A (ja) 配管接続具セット
KR102304858B1 (ko) 꼬임방지 기능을 갖는 수도배관용 고압호스 연결구
US5246200A (en) Quick shut-off valve for in-line installation with a defective valve
US5277226A (en) Water line adapter
JP2002115283A (ja) 給水設備における壁付機器の施工構造及びこれに用いる継手管
US1000538A (en) Bath or basin fitting.
TW202126880A (zh) 衛生轉接配件之流體分流裝置
JP4603212B2 (ja) 水栓の配管接続機構
KR20200082950A (ko) 위생기구용 관 조인트
JPH051750Y2 (ja)
CN220814104U (zh) 埋墙式水龙头的出水组件
CN216895895U (zh) 一种暗装式入墙龙头
JP2542768Y2 (ja) 配管アダプタの壁への取付構造
US3583671A (en) Angle valve for plumbing fixture
JP3015359B1 (ja) 壁出しタイプの給水栓に用いる分岐ソケット
JP2002340262A (ja) 流体用継手
JP4105889B2 (ja) 分岐ソケットおよびこの分岐ソケットと共に用いるアダプタならびに湯水混合水栓の水栓本体と偏心管の接続方法
US942386A (en) Lavatory-fitting.
JPH09328790A (ja) 水栓設置構造
JPH07189305A (ja) 洗面化粧台及びその施工方法
JPH036678Y2 (ja)
JPH0623811Y2 (ja) 二重配管の接続部
JPS636281Y2 (ja)
AU2011101054A4 (en) Adaptor fitting

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20070730

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080730

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 9

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080730

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 10

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090730

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090730

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100730

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100730

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 12

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110730

EXPY Cancellation because of completion of term
FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110730

Year of fee payment: 12