JPH09310512A - 仮設屋根の解体工法 - Google Patents

仮設屋根の解体工法

Info

Publication number
JPH09310512A
JPH09310512A JP15047796A JP15047796A JPH09310512A JP H09310512 A JPH09310512 A JP H09310512A JP 15047796 A JP15047796 A JP 15047796A JP 15047796 A JP15047796 A JP 15047796A JP H09310512 A JPH09310512 A JP H09310512A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
crane
traveling
temporary roof
tower crane
mast
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP15047796A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3108734B2 (ja
Inventor
Yasuhiro Oda
康弘 小田
Ryuei Mitsuda
隆栄 満田
Masakazu Takasugi
正和 高杉
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Penta Ocean Construction Co Ltd
Original Assignee
Penta Ocean Construction Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Penta Ocean Construction Co Ltd filed Critical Penta Ocean Construction Co Ltd
Priority to JP08150477A priority Critical patent/JP3108734B2/ja
Publication of JPH09310512A publication Critical patent/JPH09310512A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3108734B2 publication Critical patent/JP3108734B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 従来、全天候型構築工法における仮設屋根の
解体には、仮設屋根上にある走行式クレーンの他に他の
クレーンを別途設置する必要があるので、手間と時間が
かかるという欠点があった。 【解決手段】 本発明の仮設屋根の解体工法において
は、走行式クレーンをタワー式クレーンに変換し、この
タワー式クレーンによって仮設屋根を解体し、このタワ
ー式クレーンを他のクレーンによって解体する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は仮設屋根の解体工
法、特に全天候型建築工法による建造物建築完了後に仮
設屋根を解体する解体工法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、全天候型建築工法において構造物
の最上階上部に位置する自昇式の全天候型仮設屋根を構
造物上部より撤去する場合には、図6に示すように解体
作業性から仮設屋根1上に走行式クレーン2を上架し、
この走行式クレーンにより仮設屋根の大部分の解体作業
を行ない、最終的に走行式クレーン2自体を支えている
仮設屋根の残りの部分を図7に示すように構造物3の屋
上に別のクレーン4を新規に設置して撤去するか、図8
に示すように構造物3にタワー式クレーン5を新規に設
置して行なっていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】然しながら、上記の工
法では構造物3の屋上に再び別のクレーンを組む手間が
生じ、また解体用クレーン全体の使用料が大きくなると
いう欠点があった。
【0004】なお、6は走行レール(図示せず)上を走
行する走行架台、7はこの走行架台6上にボルト接合等
により固定された旋回架台、8はこの旋回架台7上に固
定されたクレーン本体を示す。
【0005】本発明は上記の欠点を除くようにしたもの
である。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明の仮設屋根の解体
工法は、構造物の最上階上部に位置する仮設屋根の一部
を走行式クレーンにより解体する工程と、上記走行式ク
レーンをタワー式クレーンとする工程と、上記タワー式
クレーンによって仮設屋根の残りの部分を解体する工程
と、上記タワー式クレーンを解体する工程とより成る。
【0007】また、本発明の仮設屋根の解体工法は、構
造物の最上階上部に位置する仮設屋根上に走行レール
と、この走行レール上を走行する走行架台と、この走行
架台に設けたクレーン本体とより成る走行式クレーンを
設置する工程と、上記走行式クレーンによって仮設屋根
の所定部分を解体する工程と、上記走行式クレーンによ
ってタワー式クレーンのマストを上記構造物上に組立て
る工程と、上記マストに上記走行式クレーンを結合し、
走行式クレーンとして必要とされた走行レール及び走行
架台を除去し、タワー式クレーンとして必要とされるク
ライミング機構を取り付ける工程と、上記タワー式クレ
ーンによって上記仮設屋根の残りの部分を解体する工程
と、上記タワー式クレーンを他のクレーンによって解体
する工程とより成る。
【0008】
【発明の実施の形態】以下図面によって本発明の実施例
を説明する。
【0009】本発明の仮設屋根の解体工法においては、
図1に示すように走行式クレーン2によって仮設屋根1
をその一端側から順次解体撤去していき、所定の範囲を
解体撤去した後に、図2に示すように上記走行式クレー
ン2によって構造物3の上部の階層にタワー式クレーン
5の基部部分9及びこの基部部分9より上方に伸びるマ
スト10の下方部分を構築する。
【0010】次に、図3に示すように上記走行式クレー
ン2を上記マスト10の上部まで移動せしめ、上記走行
式クレーン2により上記マスト10に沿って上下方向に
移動自在なクライミング機構11及び上記走行式クレー
ン2の旋回架台7と走行架台6の貫通穴(図示せず)を
貫通するマスト10の上方部分を構築せしめる。
【0011】次いで、図4に示すように、上記クライミ
ング機構11を上記マスト10に沿って上昇せしめ、上
記走行架台6の貫通穴を貫通して上記旋回架台7の下端
に達した時点で、上記クライミング機構11と上記旋回
架台7とをボルト等により接合し、これにより上記クレ
ーン本体8を上記旋回架台7及び上記クライミング機構
11を介してマスト10によって支持せしめる。
【0012】次いで、上記旋回架台7から上記走行架台
6を切り離しタワー式クレーン5とし、このタワー式ク
レーン5により上記走行架台6、走行レール及び残りの
仮設屋根部分を解体せしめる。
【0013】上記解体後、図5に示すように上記クレー
ン本体8を上記クライミング機構11によりマスト10
に沿って下降せしめ、このタワー式クレーン5を小型揚
重機により順次解体撤去するか、地上大型クレーンによ
り撤去せしめる。
【0014】
【発明の効果】上記のように本発明の仮設屋根の解体工
法においては、同一のクレーンを走行式からタワー式に
変更することで、仮設屋根フレームの撤去作業が簡略化
でき、また仮設屋根の撤去のために、別途新規の屋上走
行クレーンを設置する必要がないので、工程的にも経済
性にも優れるという大きな利益がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の仮設屋根の解体工法の説明図である。
【図2】本発明の仮設屋根の解体工法の説明図である。
【図3】本発明の仮設屋根の解体工法の説明図である。
【図4】本発明の仮設屋根の解体工法の説明図である。
【図5】本発明の仮設屋根の解体工法の説明図である。
【図6】従来の仮設屋根の解体工法の説明図である。
【図7】従来の仮設屋根の解体工法の説明図である。
【図8】従来の他の仮設屋根の解体工法の説明図であ
る。
【符号の説明】
1 仮設屋根 2 走行式クレーン 3 構造物 4 クレーン 5 タワー式クレーン 6 走行架台 7 旋回架台 8 クレーン本体 9 基部部分 10 マスト 11 クライミング機構

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 構造物の最上階上部に位置する仮設屋根
    の一部を走行式クレーンにより解体する工程と、 上記走行式クレーンをタワー式クレーンとする工程と、 上記タワー式クレーンによって仮設屋根の残りの部分を
    解体する工程と、 上記タワー式クレーンを解体する工程とより成ることを
    特徴とする仮設屋根の解体工法。
  2. 【請求項2】 構造物の最上階上部に位置する仮設屋根
    上に走行レールと、この走行レール上を走行する走行架
    台と、この走行架台に設けたクレーン本体とより成る走
    行式クレーンを設置する工程と、 上記走行式クレーンによって仮設屋根の所定部分を解体
    する工程と、 上記走行式クレーンによってタワー式クレーンのマスト
    を上記構造物上に組立てる工程と、 上記マストに上記走行式クレーンを結合し、走行式クレ
    ーンとして必要とされた走行レール及び走行架台を除去
    し、タワー式クレーンとして必要とされるクライミング
    機構を取り付ける工程と、 上記タワー式クレーンによって上記仮設屋根の残りの部
    分を解体する工程と、 上記タワー式クレーンを他のクレーンによって解体する
    工程とより成ることを特徴とする仮設屋根の解体工法。
JP08150477A 1996-05-23 1996-05-23 仮設屋根の解体工法 Expired - Fee Related JP3108734B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP08150477A JP3108734B2 (ja) 1996-05-23 1996-05-23 仮設屋根の解体工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP08150477A JP3108734B2 (ja) 1996-05-23 1996-05-23 仮設屋根の解体工法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09310512A true JPH09310512A (ja) 1997-12-02
JP3108734B2 JP3108734B2 (ja) 2000-11-13

Family

ID=15497757

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP08150477A Expired - Fee Related JP3108734B2 (ja) 1996-05-23 1996-05-23 仮設屋根の解体工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3108734B2 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002371711A (ja) * 2001-06-15 2002-12-26 Penta Ocean Constr Co Ltd 建物の構築方法
CN103243932A (zh) * 2012-02-03 2013-08-14 上海庞源机械租赁股份有限公司 一种屋面吊拆卸内爬塔式起重机结构及其施工方法

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5518964A (en) 1994-07-07 1996-05-21 Tessera, Inc. Microelectronic mounting with multiple lead deformation and bonding
JP3420917B2 (ja) 1997-09-08 2003-06-30 富士通株式会社 半導体装置
CN102486051B (zh) * 2010-12-06 2013-12-11 中冶天工集团有限公司 大面积球形网架人工拆除方法

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002371711A (ja) * 2001-06-15 2002-12-26 Penta Ocean Constr Co Ltd 建物の構築方法
JP4571760B2 (ja) * 2001-06-15 2010-10-27 五洋建設株式会社 建物の構築方法
CN103243932A (zh) * 2012-02-03 2013-08-14 上海庞源机械租赁股份有限公司 一种屋面吊拆卸内爬塔式起重机结构及其施工方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP3108734B2 (ja) 2000-11-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3218519B2 (ja) 建物の解体工法
JPH1130038A (ja) 建物の解体・構築方法およびそれに用いる養生体
JPH09310512A (ja) 仮設屋根の解体工法
CN208845309U (zh) 塔筒的支撑平台及风力发电机组
JPH06200625A (ja) アーチトラス式構造物の架構方法
CN211229458U (zh) 一种用于圆柱墩混凝土浇筑施工的作业平台
JP3000061B2 (ja) クレーンの解体工法
JP3798367B2 (ja) アーチ構造物の構築方法、ドーム構造物およびその構築方法
JP2579715B2 (ja) 外部式鉄塔組立クレーン
JP3811846B2 (ja) 鉄塔の解体方法および装置
JP2004250144A (ja) クライミングタワークレーンの支持方法
JPH11303421A (ja) 鉄塔型高層煙突の解体工法
JPH06156982A (ja) クレーン装置
JP2000248632A (ja) タワークレーンのフロアクライミング方法
JPH0718743A (ja) 大スパンドーム屋根の架設方法
CN209778099U (zh) 弧形屋面节间钢桁架吊、装一体化装置
JP3192543B2 (ja) 建物の解体工法
CN215926656U (zh) 一种钢斜塔施工平台结构体系
JP3219934U (ja) 屋根中間構造物及び屋根構造物
KR100198702B1 (ko) 급유소의 캐노피의 제조방법
JP3328790B2 (ja) 高層ビルの組立工法
JP2994205B2 (ja) 構造体の組立工法
JP2590671B2 (ja) 天井クレーン架構を用いた鉄骨架構の構築方法
JPH1037527A (ja) 煙突の内外筒併行架設工法
JP2003213958A (ja) タンク屋根骨組施工法

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20070914

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 8

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080914

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080914

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 9

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090914

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees