JPH0829478B2 - 工作機械 - Google Patents

工作機械

Info

Publication number
JPH0829478B2
JPH0829478B2 JP62272571A JP27257187A JPH0829478B2 JP H0829478 B2 JPH0829478 B2 JP H0829478B2 JP 62272571 A JP62272571 A JP 62272571A JP 27257187 A JP27257187 A JP 27257187A JP H0829478 B2 JPH0829478 B2 JP H0829478B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
turntable
dog teeth
machine body
fixed
gear
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP62272571A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH01115547A (ja
Inventor
洋 北川
厳 乙丸
孝次 大丸
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Komatsu Ltd
Original Assignee
Komatsu Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Komatsu Ltd filed Critical Komatsu Ltd
Priority to JP62272571A priority Critical patent/JPH0829478B2/ja
Publication of JPH01115547A publication Critical patent/JPH01115547A/ja
Publication of JPH0829478B2 publication Critical patent/JPH0829478B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23QDETAILS, COMPONENTS, OR ACCESSORIES FOR MACHINE TOOLS, e.g. ARRANGEMENTS FOR COPYING OR CONTROLLING; MACHINE TOOLS IN GENERAL CHARACTERISED BY THE CONSTRUCTION OF PARTICULAR DETAILS OR COMPONENTS; COMBINATIONS OR ASSOCIATIONS OF METAL-WORKING MACHINES, NOT DIRECTED TO A PARTICULAR RESULT
    • B23Q16/00Equipment for precise positioning of tool or work into particular locations not otherwise provided for
    • B23Q16/02Indexing equipment
    • B23Q16/08Indexing equipment having means for clamping the relatively movable parts together in the indexed position

Landscapes

  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • Mechanical Engineering (AREA)
  • Machine Tool Positioning Apparatuses (AREA)

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明は工作機械に関するものであり、詳しくは、機
械本体に回動自在に支持されたターンテーブルを備えた
工作機械に関する。
(従来技術) 第4図および第5図に示す工作機械Aでは、ベッドB
上に矢印Y方向あるいはX方向へ摺動自在なスライドテ
ーブルSが設置されており、このスライドテーブルS上
にはターンテーブルCが配設されている。このターンテ
ーブルCは第6図に示す如く、ギャD1,D2,D3,D4から成
るギャ列Eを介してモータFにより矢印G(第4,5図)
で示すように駆動回転される。また、上記ターンテーブ
ルCは、自身が連続して回動することにより該ターンテ
ーブルC上に載置固定された加工材を回転させ、この加
工材をヘッドHに設けた工具Iによって旋削する旋削モ
ードと、上記ターンテーブルCを所定角度ずつ回動させ
る毎に上記工具Iを作動させて加工材を加工する割出し
モードとの2つの態様(モード)において動作される。
(発明が解決しようとする問題点) ところで、上記構成の工作機械Aでは、割出しモード
すなわちターンテーブルCを静止させ、該ターンテーブ
ルC上の加工材をヘッドHに取付けた工具Iによって加
工する際、加工材に工具Iの負荷が加わると、上述した
ギャ列Eのバックラッシュ等に起因して僅かではあるが
ターンテーブルCがずれ動いてしまうことがあり、この
結果、加工材の工作精度を低下させてしまう不都合があ
った。
本発明は上記実状に鑑みて、旋削モードにおいてター
ンテーブルを高トルク、かつ高速で回転させ得ることと
併せて、割り出しモードにおける加工精度の低下を可及
的に抑制するべく、ターンテーブルを確実にロックし得
る工作機械の提供を目的とするものである。
(問題点を解決するための手段および作用) 上記目的を達成するため本発明では、機械本体に固定
側ドグ歯を設ける一方、ターンテーブルに回転側ドグ歯
を設け、さらに連結ドグ歯を有しかつ固定側ドグ歯と回
転側ドグ歯とに対して連結ドグ歯を歯合離反させるアク
チュエータを有して成る連結手段を設け、連結ドグ歯を
固定側ドグ歯と回転側ドグ歯とに歯合させることによっ
て機械本体にターンテーブルをロックしている。
また本発明では、駆動源に連係されたギヤと歯合する
平行軸歯車である大径のリングギヤをターンテーブルの
外周に固設し、このリングギヤを介してターンテーブル
を回転させるとともに、ターンテーブルの周縁と機械本
体との間に大径のスラスト転がり軸受けを介装し、旋削
加工時においてターンテーブルの回転軸方向に加わる荷
重を受け止めるよう構成している。
(実施例) 以下、本発明の具体的な構成を、一実施例を示す図面
に基づいて詳細に説明する。
第1図ないし第3図は本発明に関わる工作機械の要部
を示すものであり、図中符号1は機械本体としてのスラ
イドテーブル(第4,5図)を構成するフレームであり、
符号2はターンテーブルである。上記フレーム1とター
ンテーブル2との間には、このターンテーブル2を回転
自在に支承し、かつ旋削加工時(旋削モード)にターン
テーブル2の回転軸方向に加わる荷重を受け止める大径
のスラスト転がり軸受け3が設けられており、このスラ
スト転がり軸受け3は、第1図から明らかなようにフレ
ーム1とターンテーブル2の周縁との間に介装されてい
る。
また、ターンテーブル2における底部の外周には、大
径のリングギャ4が固設されており、このリングギャ4
にはモータ(図示せず)によって駆動回転されるギャ5
が噛合している。これらリングギャ4とギャ5とは、回
転軸が互いに平行を成す平行軸歯車の対であり、リング
ギャ4はギャ5の回転に基づいて駆動回転される。ま
た、上記フレーム1の上端部には、ターンテーブル2と
同芯にリング状大ブロック6が固設されており、該大ブ
ロック6の下面には、全周に亘って固定側ドグ歯6aが形
成されている。一方、上記ターンテーブル1には、上記
リング状大ブロック6の内周域に嵌まるようにして、リ
ング状小ブロック7が固設されている。この小ブロック
7の下面には全周に亘って上記固定側ドグ歯6aと同ピッ
チの回動側ドグ歯7aが形成されており、この回転側ドグ
歯7aと上記固定側ドグ歯6aとは、ターンテーブル2の回
転中心軸と直交する平面上に位置している。
固定側ドグ歯6aおよび回動側ドグ歯7aの下方領域に
は、上下方向に沿って移動自在にスライドブロック8が
収容設置されており、このブロック8の上面に固設され
たスライドリングブロック9には、その上面全周に亘っ
て連結ドグ歯9aが形成されている。さらに上記スライド
ブロック8の下方領域には、該スライドブロック8に当
接するピストンブロック10と、油室11,12と、これら油
室11,12に連通するオイル通路13,14とを備えたアクチュ
エータ20が配設されており、このアクチュエータ20およ
びスライドブロック8と、連結ドグ歯9aを有するスライ
ドリングブロック9とによって連結手段30が構成されて
いる。
この連結手段30において、アクチュエータ20の動作に
よってスライドブロック8を上下動させることにより、
スライドリングブロック9に形成された連結ドグ歯9a
が、固定側ドグ歯6aおよび回動側ドグ歯7aに対して噛合
・離隔することとなる。
第2図に示す如く、ピストンブロック10が下降位置に
在る時、連結ドグ歯9aは、固定側ドグ歯6aおよび回動側
ドグ歯7aと離隔しており、ギャ5からリングギャ4にモ
ータ(図示せず)からの動力を伝達することにより、タ
ーンテーブル2は、フレーム1に対して自由に駆動回転
する。この状態において旋削モードにおけるターンテー
ブル2の旋回や、割出しモードにおけるターンテーブル
2の所定角度の回動が行なわれる。
一方、第3図に示すように、油室12の圧を高めてスラ
イドブロック8を上昇させると、連結ドグ歯9aが固定側
ドグ歯6aと回動側ドグ歯7aとに噛合する。この結果、上
記固定側ドグ歯6aと回動側ドグ歯7a、言い換えればフレ
ーム1とターンテーブル2とが、連結ドグ歯9aを介して
一体的かつ不動に連結される。この状態において、ター
ンテーブル2上に載置固定された加工材を工具によって
加工しても、加工時の負荷によりターンテーブル2がず
れ動くことはない。
なお、本例では、連結手段におけるアクチュエータを
油圧機構によって構成しているが、上記アクチュエータ
としては空圧機構でも、またモータ等によって直接動作
させるようにしてもよいことは言うまでもない。
(発明の効果) 以上、詳述した如く、本発明に関わる工作機械におい
ては、機械本体に設けた固定側ドグ歯と、ターンテーブ
ルに設けた回転側ドグ歯とに、連結手段における連結ド
グ歯を噛合させることにより、機械本体にターンテーブ
ルを不動にロックしているので、割り出しモードにおい
てターンテーブルが不用意にずれ動くことがなく、もっ
て加工精度の低下を可及的に抑えることが可能となっ
た。
また、駆動源に連係されたギヤから、ターンテーブル
の外周に固設した平行軸歯車である大径のリングギヤを
介してターンテーブルを駆動させたことにより、ターン
テーブルに大きなトルクを付与し得るとともに、ターン
テーブルを高速で回転させることができ、さらに大径の
スラスト転がり軸受けによってターンテーブルの周縁を
支持したことにより、高速回転時におけるガタ振動が抑
えられてターンテーブルを高速で回転させることがで
き、かつターンテーブルのスラスト剛性を高めることが
できる。
かくして、本発明に関わる工作機械では、旋削モード
においてターンテーブルを高トルクかつ高速で回転させ
ることができ、高速・高負荷の旋削加工を実施すること
が可能となった。又連結ドグ歯の噛み合せをはずす際に
ターンテーブルをリフトすることなく行なえるために、
旋削加工時と回転工具による切削加工時のテーブル高さ
が一定になりプログラム作成も容易に行なえる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明に関わる工作機械の要部を示す断面図で
あり、第2図および第3図は連結ドグ歯を有するブロッ
クの動作態様を示す要部断面図、第4図はターンテーブ
ルを備えた一般的な工作機械を示す全体斜視図であり、
第5図はベッドBに対し摺動自在に組込まれたスライド
テーブルSにターンテーブルCを備えた工作機械の全体
図、第6図はターンテーブルの駆動態様を示す斜視図で
ある。 1……フレーム(機械本体)、2……ターンテーブル、
3……スラスト転がり軸受け、4……リングギヤ、5…
…ギャ、6a……固定側ドグ歯、7a……回転側ドグ歯、8
……スライドブロック、9a……連結ドグ歯、20……アク
チュエータ、30……連結手段。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】機械本体と、上記機械本体に回転自在に支
    持されたターンテーブルとを備えた工作機械において、 上記機械本体に設けられた固定側ドグ歯と、 上記ターンテーブルに設けられた回転側ドグ歯と、 連結ドグ歯と、該連結ドグ歯を上記固定側ドグ歯および
    上記回転側ドグ歯に対して噛合離反させるアクチュエー
    タとを有して成る連結手段と、 上記ターンテーブルの外周に固設され、駆動源に連係さ
    れたギヤと噛合して上記ターンテーブルを回転させる平
    行軸歯車である大径のリングギヤと、 上記ターンテーブルの周縁と上記機械本体との間に介装
    され、旋削加工時において上記ターンテーブルの回転軸
    方向に加わる荷重を受け止める大径のスラスト転がり軸
    受けと、 を備え、上記ターンテーブルを上記機械本体に対して高
    トルクかつ高速で回転させる一方、上記連結ドグ歯を上
    記固定側ドグ歯と上記回転側ドグ歯とに噛合させること
    により上記ターンテーブルを上記機械本体にロックする
    ことを特徴とする工作機械。
JP62272571A 1987-10-28 1987-10-28 工作機械 Expired - Lifetime JPH0829478B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62272571A JPH0829478B2 (ja) 1987-10-28 1987-10-28 工作機械

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62272571A JPH0829478B2 (ja) 1987-10-28 1987-10-28 工作機械

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH01115547A JPH01115547A (ja) 1989-05-08
JPH0829478B2 true JPH0829478B2 (ja) 1996-03-27

Family

ID=17515766

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP62272571A Expired - Lifetime JPH0829478B2 (ja) 1987-10-28 1987-10-28 工作機械

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0829478B2 (ja)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0810506Y2 (ja) * 1990-03-23 1996-03-29 株式会社小松製作所 工作機械のターンテーブル固定装置
JP2019520223A (ja) * 2016-05-12 2019-07-18 エコー テック カンパニー リミテッドEcho Teck Co., Ltd. ワーク加工用回転テーブル
CN113894562A (zh) * 2021-09-30 2022-01-07 齐重数控装备股份有限公司 一种座环加工用的设备回转机构

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CA1199050A (en) * 1981-10-26 1986-01-07 Daniel J. Pieczulewski Rotary index table with fluid pressure preloaded bearings
JPS61164724A (ja) * 1985-01-14 1986-07-25 Tamagawa Kikai Kinzoku Kk 放電加工用ワイヤ電極

Also Published As

Publication number Publication date
JPH01115547A (ja) 1989-05-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4823097B2 (ja) 工作機械のアタッチメント
US5440952A (en) Rotary table with index apparatus
CN101454120A (zh) 刀具机床
JPH0329524B2 (ja)
JPS5918165B2 (ja) フライス盤
JP4278480B2 (ja) 主軸頭駆動装置及び加工装置
US5007314A (en) Lathe
JPS58171229A (ja) マシニングセンタのテ−ブル構造
JP2019520223A (ja) ワーク加工用回転テーブル
US20080105072A1 (en) Rotary holding device for a machining apparatus
US3657963A (en) Rotary tilting table
JPH0829478B2 (ja) 工作機械
JPH0810506Y2 (ja) 工作機械のターンテーブル固定装置
JP4256098B2 (ja) 2主軸対向旋盤
JPH0513775B2 (ja)
CN219724712U (zh) 一种任意角度龙门铣头
TWI730892B (zh) 砂光機頭組旋轉驅動之多軸整合機構及砂光機之多軸整合機構連動組
JP3174911B2 (ja) 工作機のクイル支持装置
JP3682899B2 (ja) 5面加工ヘッド装置
CN114055193B (zh) 一种数控机床双驱调速转台
JP2004338007A (ja) 回転駆動機構及びテーブル装置及び工具主軸装置及び工作機械
JPH042365B2 (ja)
JP2545291B2 (ja) 傘歯車加工機の割出装置
JPH0641786Y2 (ja) 研磨用治具
EP0393260B1 (en) Indexable turntable for a machine tool