JPH0744306A - 携帯型コンピュータ - Google Patents

携帯型コンピュータ

Info

Publication number
JPH0744306A
JPH0744306A JP5186504A JP18650493A JPH0744306A JP H0744306 A JPH0744306 A JP H0744306A JP 5186504 A JP5186504 A JP 5186504A JP 18650493 A JP18650493 A JP 18650493A JP H0744306 A JPH0744306 A JP H0744306A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
display
key
keys
mode
portable computer
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP5186504A
Other languages
English (en)
Inventor
Kenichi Hanabe
賢一 花辺
Shuichi Kato
秀一 加藤
Katsuhiko Ogawa
克彦 小川
Sadami Kurihara
定見 栗原
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Nippon Telegraph and Telephone Corp
Original Assignee
Nippon Telegraph and Telephone Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Telegraph and Telephone Corp filed Critical Nippon Telegraph and Telephone Corp
Priority to JP5186504A priority Critical patent/JPH0744306A/ja
Publication of JPH0744306A publication Critical patent/JPH0744306A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 情報の表示を主な用途とする携帯型コンピュ
ータの、一層の小型化と操作性の向上を図る。 【構成】 ディスプレイ101の回りを取り囲むように
キー102を配置する。ディスプレイ101の画面の下
辺にはナビゲーションボタン111を表示し、これらと
ディスプレイ101の下のキーを対応させる。画面の左
辺と右辺にはタグ112,113を表示し、これらとデ
ィスプレイ101の左右のキーを対応させる。さらに画
面の上辺には付箋紙114を表示し、これらとディスプ
レイ101の上のキーを対応させる。利用者がナビゲー
ションボタン111、タグ112,113あるいは付箋
紙114の最寄りのキーを押下すると、該コンピュータ
は利用者からの要求に対応する動作を実行する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、情報の表示を主な用途
とする携帯型コンピュータに係り、詳しくは、その一層
の小型化と操作性の向上のための入力操作手段に関する
ものである。
【0002】
【従来の技術】従来の汎用的な携帯型コンピュータとし
ては、例えば図4のように全体の形状をノートブック型
とし、開いた一方にディスプレイ410、他方にキーボ
ード420を配置するものが有る。更に、図5のよう
に、ディスプレイ510とキーボード520の配置は図
3と同じであるが、キーボード420にボール型のポイ
ンティングツール530を組み込んだものも有る。ま
た、別のタイプとして、キーの数を小数の機能キーに限
定するかもしくは全く用いない代りに、ペン入力をでき
るようにしたものが有る。ペン入力の方法としては、感
圧型、電磁型、ライトペン等の種類が有る。図6はキー
を全く用いない例であり、ディスプレイ610と機能ボ
タン620を表示し、ペン630で指示するタイプのも
のである。なお、640はペンケースである。
【0003】一方、用途を限定したものでは、電子手帳
のように表示能力を限定する代りに図7のようにディス
プレイ710を小型化しキー720も小型化し、わずか
の機能ボタン730を設けて、全体をポケットサイズに
したものが有る。また、図8のゲーム用コンピュータの
ように、ディスプレイ810の他は小数の機能キー82
0に限定し、文字や数字などのデータ入力機能を持たな
いものが有る。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】コンピュータのディス
プレイ表示において、例えば図9に示すように、本のイ
メージで行う所謂ブックメタファがある。これは、目次
からのジャンプやタグや付箋紙によるジャンプや頁めく
り等の本の機能を疑似する方式で、ソフトウェアは所定
のルールで作られた書籍情報とそれを表示し本の記述を
実現するプログラムからなる。
【0005】上記のような従来の携帯型コンピュータ
は、それぞれに利害得失が有るが、データ入力を必要と
しないブックメタファによる書籍情報表示のような用途
にするには何れも問題が多い。
【0006】例えば、図4のようなタイプでは、必要以
上にキーの数が多く、また、開いたときの形状はディス
プレイ側とキーボード側を同じにするのが普通なので、
実際の使用状態の大きさはディスプレイの2倍より小さ
くならない。更に、ナビゲーションボタン等には最寄り
のキーを機能キーとして割り付けることも可能だが、ポ
インティング手段がないため、目次やタグの指示などは
方向キーを使って、カーソルを移動し、その上で了解を
表すYキーで指示を行う必要が有り、操作が煩わしい。
【0007】図5のようなタイプでは開いたときのサイ
ズの面で図4のタイプと同様な問題が有るほか、ポイン
ティング手段が有する代りにボール(ポインティングボ
ール)の分の厚みを削減することができず、薄型化に限
界がある。
【0008】図6のようなタイプでは、ペン入力のため
にコストがかかることと、表示のみのためにペンを持た
なければならない煩わしさが有る。
【0009】図7のようなタイプでは表示能力を犠牲に
しているため、表示主体のコンピュータとして目的に反
する。
【0010】図8のようなタイプは、小型化、低コスト
化と言う点で最も望ましい方式ではあるが、入力操作で
きる機能の種類があまりに限定されるため、書籍情報表
示の場合では目次やタグの指示だけでなく、ナビゲーシ
ョンボタンの指示にも、方向キーを使って、カーソルを
移動し、その上でYキー等で指示を行う必要が有り、図
4のタイプより更に不便である。
【0011】本発明の目的は、これら従来の携帯型コン
ピュータを表示主体に用いる場合の問題点を解決し、小
型で操作性の良い携帯型コンピュータを実現するもので
ある。
【0012】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、請求項1の発明は、コンピュータの構成要素とし
て、少なくともCPUと主記憶とディスプレイと入力操
作手段を有し、これらの構成要素を1つの筺体に組み込
んだ携帯型コンピュータにおいて、入力操作手段とし
て、複数個のキーをディスプレイの周囲に配置するとと
もに、利用者に入力操作を許す状態において、利用者が
要求できる1つ以上の動作に対応するマークを前記キー
と対応付けてディスプレイ上に表示することを特徴とす
る。
【0013】また、請求項2の発明は、請求項1記載の
携帯型コンピュータにおいて、入力操作モードとして、
ポインティングモードとキャラクタ入力モードを設け、
キーのうちの一つをモード切替キーとするかまたは画面
内にモード切替ボタンを表示して最寄りのキーを該モー
ド切替ボタンと対応させ、ポインティングモードではマ
ークの指示に対応し、キャラクター入力モードでは各キ
ーにキャラクターコードを割り付けてキャラクター入力
を行うことを特徴とする。
【0014】
【作用】本携帯型コンピュータで走行するプログラムに
は、ディスプレイ上に利用者からの動作要求に対応する
マーク(形状は問わない。文字列であってもよい。)を
表示する機能と、このマークとディスプレイの周囲のキ
ーを対応させる機能を付与する。このマークとキーの対
応付け機能をOSの中に組み込み、応用プログラムには
指示されたマークに対応する動作機能を持たせるように
すれば、他のポインティング手段、例えばマウス等を用
いる場合と応用プログラムに互換性を持たせることも可
能になる。マークの配置はキーの配置を考慮して、画面
の上下左右の辺に近く配置する。即ち、マークの最寄り
のキーを押下すると、そのマークに対応する動作を行う
ようにする。このようにすることにより、ポインティン
グ用のボールや各種ペンに比べ、任意の座標点を指示す
ることはできないが、目的のマークを画面の周辺部に、
かつ離散的に配置する場合には、遥かに操作性が良くな
る。また、全体の形状もディスプレイよりやや大きい程
度で済み、余分な厚みやペンなどの煩わしい付属物が不
要になる。
【0015】また、どうしてもデータ入力が必要な場合
は、モード切替キーを設け、ポインティングモードでは
各キーの押下で最寄りのマークを指示し、キャラクター
入力モードでは各キーをキャラクター入力に用いること
ができるようにする。あるいは、キャラクタを割り付け
ないキーを設けておけば、その内の1つまたは複数をモ
ード切替ボタンに対応させたり、かな漢字変換ボタンに
対応させたりすることもできる。
【0016】
【実施例】以下、本願発明の一実施例について図面によ
り説明する。
【0017】図1は本発明の第1の実施例の携帯型コン
ピュータで、書籍情報を表示した場合を示している。図
において、101はディスプレイ、102は該ディスプ
レイ101の周囲に配置したキー群である。本実施例で
は、画面の下辺にはナビゲーションボタン111を表示
し、これらとディスプレイ101の下のキーを対応させ
ている。なお、便宜上、各ナビゲーションボタンの上に
その意味を示したが、実際の画面にはこれらは表示され
ない。画面の左辺と右辺にはタグ112,113を表示
し、これらとディスプレイ101の左右のキーを対応さ
せている。また、画面の上辺には付箋紙114を表示
し、これとディスプレイ101の上のキーを対応させて
いる。例えば、下側の左から4番目のキーを押下する
と、該コンピュータで走行するプログラムは本の頁を1
頁進める動作を行う。また、左側の上から6番目または
7番目のキーを押下すると「爛柯」の章を表示する。
【0018】図2は、図1の実施例において、書籍情報
の目次を表示した場合を示す。ここで、左側の上から1
5番目のキーを押下すると、「手談」の章の「第○○期
本因坊戦第1局」を表示する。本図は横書きの場合を示
しているが、縦書きの場合は目次の指示キーはディスプ
レイの上になる。
【0019】図3は本発明の第2の実施例の携帯型コン
ピュータで、図1と同じく書籍情報を表示した場合を示
している。図1の第1の実施例との相違は、モード切替
ボタン115をディスプレイ101の右下部に表示し、
このボタンの最寄りのキーの押下により、ディスプレイ
101の周囲に配置したキー群102のうち、下部のキ
ー以外のキーのモード切替を行うようにしたことであ
る。下部のキーはナビゲーションボタンに対応したまま
である。モード切替ボタン115の表示はポインティン
グモードとキャラクタ入力モードを、最寄りのキー押下
毎に交互に繰り返す。図3は、モード切替ボタン115
がキャラクタ入力を表示している場合であり、この場
合、上及び左右のキーはキャラクタ・キーとして用い
る。また、本実施例では、画面の本にはメモ欄120を
設けてあり、キャラクタ入力モードにすると、メモ欄に
文字列を入力できる。その際のかな漢字変換の指示はか
な漢字変換のナビゲーションボタン116を用い、その
最寄りのキーを押下することで実行される。
【0020】
【発明の効果】以上、説明したように本発明の携帯型コ
ンピュータを用いれば、書籍情報表示のような表示専用
のコンピュータを既存の携帯型コンピュータに比べ、小
型で操作性の良いものにできる。また、簡単な機能追加
(モード切替)で、本来の表示操作機能の簡便性を失わ
ずに、メモ程度の記入には十分なキャラクター入力機能
も備えることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の携帯型コンピュータの第1の実施例の
構成図である。
【図2】図1において書籍情報の目次の表示例を示す図
である。
【図3】本発明の携帯型コンピュータの第2の実施例の
構成図である。
【図4】従来のブック型コンピュータの構成例を示す図
である。
【図5】従来のポインティングボール付きブック型コン
ピュータの構成例を示す図である。
【図6】従来のペン入力型コンピュータの構成例を示す
図である。
【図7】従来の簡易ディスプレイ型コンピュータの構成
例を示す図である。
【図8】従来の簡易入力型コンピュータの構成例を示す
図である。
【図9】ブックメタファの表示イメージを示す図であ
る。
【符号の説明】
101 ディスプレイ 102 キー 111 ナビゲーションボタン 112,113 タグ 114 付箋紙 115 モード切替ボタン
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 栗原 定見 東京都千代田区内幸町1丁目1番6号 日 本電信電話株式会社内

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 コンピュータの構成要素として、少なく
    ともCPUと主記憶とディスプレイと入力操作手段を有
    し、これらの構成要素を1つの筺体に組み込んだ携帯型
    コンピュータにおいて、 入力操作手段として、複数個のキーをディスプレイの周
    囲に配置するとともに、利用者に入力操作を許す状態に
    おいて、利用者が要求できる1つ以上の動作に対応する
    マークを前記キーと対応付けてディスプレイ上に表示す
    ることを特徴とする携帯型コンピュータ。
  2. 【請求項2】 請求項1記載の携帯型コンピュータにお
    いて、入力操作モードとして、ポインティングモードと
    キャラクタ入力モードを設け、キーのうちの一つをモー
    ド切替キーとするかまたは画面内にモード切替ボタンを
    表示して最寄りのキーを該モード切替ボタンと対応さ
    せ、ポインティングモードではマークの指示に対応し、
    キャラクター入力モードでは各キーにキャラクターコー
    ドを割り付けてキャラクター入力を行うことを特徴とす
    る携帯型コンピュータ。
JP5186504A 1993-07-28 1993-07-28 携帯型コンピュータ Pending JPH0744306A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5186504A JPH0744306A (ja) 1993-07-28 1993-07-28 携帯型コンピュータ

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5186504A JPH0744306A (ja) 1993-07-28 1993-07-28 携帯型コンピュータ

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0744306A true JPH0744306A (ja) 1995-02-14

Family

ID=16189658

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5186504A Pending JPH0744306A (ja) 1993-07-28 1993-07-28 携帯型コンピュータ

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0744306A (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0981103A (ja) * 1995-09-12 1997-03-28 Canon Inc 表示制御装置および表示制御方法
JPH09265477A (ja) * 1996-03-29 1997-10-07 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> 構造化情報表示システム
KR20030004164A (ko) * 2002-10-22 2003-01-14 류동기 문자 또는 숫자를 입력하고 표시하는 장치 및 이를 이용한통신 단말 장치
JP2007525741A (ja) * 2003-11-18 2007-09-06 パナソニック コーポレイション オブ ノース アメリカ マルチモードマルチゾーンインタフェース
JP2009301269A (ja) * 2008-06-12 2009-12-24 Nec Infrontia Corp ソフトウェア入力キー表示方法、プログラム及び情報処理端末
US7796124B2 (en) 2005-10-27 2010-09-14 Alps Electric Co., Ltd. Input device and electronic apparatus
US7821506B2 (en) 2005-09-21 2010-10-26 Alps Electric Co., Ltd. Input device

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0981103A (ja) * 1995-09-12 1997-03-28 Canon Inc 表示制御装置および表示制御方法
JPH09265477A (ja) * 1996-03-29 1997-10-07 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> 構造化情報表示システム
KR20030004164A (ko) * 2002-10-22 2003-01-14 류동기 문자 또는 숫자를 입력하고 표시하는 장치 및 이를 이용한통신 단말 장치
JP2007525741A (ja) * 2003-11-18 2007-09-06 パナソニック コーポレイション オブ ノース アメリカ マルチモードマルチゾーンインタフェース
US7821506B2 (en) 2005-09-21 2010-10-26 Alps Electric Co., Ltd. Input device
US7796124B2 (en) 2005-10-27 2010-09-14 Alps Electric Co., Ltd. Input device and electronic apparatus
JP2009301269A (ja) * 2008-06-12 2009-12-24 Nec Infrontia Corp ソフトウェア入力キー表示方法、プログラム及び情報処理端末

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7592998B2 (en) System and method for inputting characters using a directional pad
US6295372B1 (en) Method and apparatus for handwriting input on a pen based palmtop computing device
US8766825B2 (en) Multifunction display-based user interface for devices
US8384671B2 (en) Split QWERTY keyboard with reduced number of keys
US20090087095A1 (en) Method and system for handwriting recognition with scrolling input history and in-place editing
US20060101354A1 (en) Gesture inputs for a portable display device
WO1999050737A1 (en) Touch screen handling
US20080163116A1 (en) System and method for pannning and zooming an image on a display of a handheld electronic device
US7479943B1 (en) Variable template input area for a data input device of a handheld electronic system
JP2004213269A (ja) 文字入力装置
WO2004010276A1 (ja) 情報表示入力装置及び情報表示入力方法、並びに情報処理装置
US5361310A (en) Handwriting entry processing system using keyboard and mouse interfaces requiring no modification of an application program
JP4502990B2 (ja) 計算装置用のマン/マシンインタフェース
JP2000056877A (ja) タッチパネル式レイアウトフリーキーボード
US20080163132A1 (en) Streamlined navigation of a handheld elecronic device
US20080211698A1 (en) Keyboard with Variable Markings and Layouts
JPH0744306A (ja) 携帯型コンピュータ
JPH08234909A (ja) 入力装置
JP2003076478A (ja) 文字入力手段
JP2002207754A (ja) 電子辞書システム及びその電子辞書システムプログラム
US20080158159A1 (en) On-screen cursor navigation on a handheld communication device displaying a modifed webpage
JP2000056927A (ja) キーボード表示装置及びその表示方法
WO2005041014A1 (en) Device having a joystick keypad
JPH07146754A (ja) リモート情報処理装置
JP2000250711A (ja) 情報入力装置