JPH07242390A - 屋内用門型クレ−ンの組立方法及び装置 - Google Patents

屋内用門型クレ−ンの組立方法及び装置

Info

Publication number
JPH07242390A
JPH07242390A JP6012294A JP6012294A JPH07242390A JP H07242390 A JPH07242390 A JP H07242390A JP 6012294 A JP6012294 A JP 6012294A JP 6012294 A JP6012294 A JP 6012294A JP H07242390 A JPH07242390 A JP H07242390A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pillar
crane
lifting
supports
assembling
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP6012294A
Other languages
English (en)
Inventor
Hiroyuki Uchimura
博行 内村
Nobuhide Sato
信英 佐藤
Koji Takahashi
幸司 高橋
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Hitachi Plant Technologies Ltd
Original Assignee
Hitachi Plant Technologies Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Plant Technologies Ltd filed Critical Hitachi Plant Technologies Ltd
Priority to JP6012294A priority Critical patent/JPH07242390A/ja
Publication of JPH07242390A publication Critical patent/JPH07242390A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 天井クレ−ン及び移動式クレ−ンが使用でき
ない場所に、簡単な動工具を使用して門型クレ−ンを組
み立てる方法及び装置を提供する。 【構成】柱ブロック5を連結して支柱を形成し、その支
柱をせり上げるための複数のせり上げ櫓1と、このせり
上げ櫓を搭載する車輪付き台車2で構成する。この構成
において前記のせり上げ櫓で支柱を所定の高さまでせり
上げた後、各支柱の上部を相互に連結して揚重手段7と
10を組み上げる。そして支柱相互間で同期をとりなが
ら各支柱の下部に柱ブロックを連結して支柱をせり上げ
る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は門型クレ−ンの組立方法
及び装置に係り、特に低い天井のため天井クレ−ンの設
備が無いところや狭隘な屋内のため移動式クレ−ンが搬
入できないところに用いて好適な屋内用門型クレ−ンの
組立方法及び装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、屋内用門型クレ−ンの組立は、天
井クレ−ン及び移動式クレ−ンを用いるか、又は天井に
吊り金具を取付けて、そこへチェンブロック等の重機を
吊り下げて、門型クレ−ンを構成する各種部材を吊り上
げて組立を行っていた。しかし天井が低く前記の天井ク
レ−ンの設備が無いところや、屋内が狭隘なため移動式
クレ−ンが搬入できないところ、又は天井に強度が無い
ため吊り金具を取付けできないところは、門型クレ−ン
を組み立てることができなかった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】本発明は前記従来技術
の欠点を解消し、天井が低く前記の天井クレ−ンの設備
が無いところや、屋内が狭隘なため移動式クレ−ンが搬
入できないところ、又は天井に強度が無いため吊り金具
を取付けできないところに、門型クレ−ンを組立できる
方法及び装置を提供するにある。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明に係る屋内用門型
クレ−ンの組立方法は、門型クレ−ンの支柱毎に準備し
た複数のせり上げ櫓を所定の位置に配置する第1工程、
前記せり上げ櫓を使用して複数の柱ブロックを連結して
支柱を形成し、支柱を所定の高さまでせり上げる第2工
程、次いで前記各支柱の上部を相互に連結して揚重手段
を組み上げる第3工程、次いで支柱相互間で同期をとり
ながら各支柱の下部に柱ブロックを連結し、支柱をせり
上げる第4工程とからなるものである。
【0005】本発明に係る屋内用門型クレ−ンの組立装
置は、骨組みの構造が櫓状に形成され、側面から柱ブロ
ックを搬入し、垂直上方に吊り上げられるように空間が
設けられ、上部に前記柱ブロックを連結して形成した支
柱を吊り上げるための吊り上げ手段を備えてなる複数の
せり上げ櫓と、このせり上げ櫓を搭載する車輪付き台車
とからなり、これらのせり上げ櫓と台車が門型クレ−ン
の一部を構成するようにしたものである。
【0006】
【作用】本発明の方法によれば、門型クレ−ンの各支柱
をせり上げ櫓を用いて、柱ブロックを連結しながら支柱
をせり上げることができ、支柱が所定の高さまでせり上
げた段階で各支柱を相互に連結して揚重手段を組み上げ
るので、その組み上げ作業を比較的低い位置で安全かつ
能率的に行うことができる。次いで第4工程によって各
支柱を更にせり上げるので、前記揚重手段を天井至近の
高さまで位置させることができる。又、本発明の装置に
よれば、せり上げ櫓によって門型クレ−ンの各支柱を任
意の高さまでせり上げることができるので、門型クレ−
ンを天井クレ−ンや移動クレ−ンを用いることなく容易
に組立ることができる。また、組立完了後はせり上げ櫓
や台車は門型クレ−ンの一部として機能させることがで
きる。
【0007】
【実施例】以下本発明の実施例を図面を用いて説明す
る。図1は門型クレ−ンの全体組立完了状態を示した斜
視図である。この図に示すようにこの装置の骨格は4本
の支柱で形成されており、この支柱は柱ブロック5A〜
5Hを連結したものである。この支柱はテンションバ−
9と梁11で連結され一体構造を形成している。この上
部には揚重手段であるモノレ−ル10と電動ホイスト7
が搭載されている。支柱の下部には支柱をせり上げるた
めに使用した、せり上げ櫓1と台車2が門型クレ−ンの
一部として機能するよう構成している。
【0008】組立ての第1工程は図2の斜視図に示すよ
うに、せり上げ櫓1を車輪付き台車2に搭載しレ−ル1
2上に2台、並行する他のレ−ル上に2台乗せる。レ−
ル上の2台のせり上げ櫓1は連結バ−8で接続する。こ
のせり上げ櫓1は支柱をせり上げるために骨組みの構造
が櫓状に形成されており、後述する柱ブロック5をこの
櫓1の側面から中に搬入し、垂直上方に吊り上げられる
ように空間Sが設けられている。また、この櫓1の上部
には柱ブロック5を吊り上げるためのチェンブロック
(図示せず)を備えている。
【0009】第2工程は図3から図5に示す。最初にト
ップブロック4を人力で柱ブロック5Aの上に置きボル
トで連結した後、図3のように台車2の上の受け台13
の上に置く。次にせり上げ櫓1の上部に取り付けられた
チェンブロック6のフックをトップブロック4に掛け
る。
【0010】チェンブロック6を引上げトップブロック
4と柱ブロック5Aを図4のように吊り上げ、その下に
柱ブロック5Bを人力で持込みボルトで連結して支柱を
形成する。
【0011】連結した支柱を一旦台車上の受け台13に
仮置きし、吊り上げ支点をトップブロック4のA点から
柱ブロック5Aと5Bの接続部B点へ移し、図5のよう
に吊り上げる。図5の状態で柱ブロック5Cを連結し、
受台13の上に置く。
【0012】第3工程は図6に示す。ここで支柱トップ
の高さは4mから5mの比較的低い位置にありフォ−ク
リフトが使用できる。最初にテンションバ−9をトップ
ブロック4の側面に接続し左右の支柱を連結する。次に
梁11をトップブロック4の上面に接続し前後の支柱を
連結する。ここで4本の支柱は一体構造となる。つぎに
モノレ−ル10を梁11の所定の位置へ接続する。最後
に電動ホイスト7をモノレ−ル10にセットする。この
ように楊重手段の組み上げを比較的低い位置で安全かつ
能率的に行うことができる。
【0013】第4工程は吊り上げ支点を図7のように柱
ブロック5Bと5Cの接続部C点に移し、支柱相互間で
同期を取りながら1柱ブロック分をせり上げ、その下に
柱ブロック5Dを取り付けた後一旦台車2の上に仮置き
する。そして吊り上げ支点を1柱ブロック分下に下げ再
度吊り上げる。以下柱ブロック5Eから5Hに対して
は、前記に述べた同じ作業を繰り返すことにより、所定
の位置までせり上げ、図1に示したように組立が完了し
た後、支柱とせり上げ櫓を相互に固定して門型クレ−ン
の組立が完了する。この組立方法により前記楊重手段を
天井至近の高さまで位置させることができる。以上述べ
た柱ブロックは角柱に限らず円柱ブロックでもよい。
又、櫓の上部に備えられたチェンブロックは他の吊り具
でもよい。各支柱は4本に限らず例えば2本や6本の門
型クレ−ンにも適用できる。
【0014】
【発明の効果】本発明によれば、天井クレ−ン及び移動
式クレ−ンが使用できない場所又は天井に吊り金具が取
付けできない場所でも簡単な動工具を使用して門型クレ
−ンの支柱を組みたてることができる。また組立に用い
たせり上げ櫓や台車はそのまま門型クレ−ンの一部とし
て機能する。
【0015】
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の全体組立状態を示す斜視図
【図2】本発明の第1工程を示す斜視図
【図3】本発明の第2工程を示す正面図
【図4】本発明の第2工程を示す正面図
【図5】本発明の第2工程を示す正面図
【図6】本発明の第3工程を示す正面図
【図7】本発明の第4工程を示す正面図
【符号の説明】
1・・・せり上げ櫓 2・・・台車 3・・・車輪 4・・・トップブロック 5・・・柱ブロック 6・・・チェンブロック 7・・・電動ホイスト 8・・・連結バ− 9・・・テンションバ− 10・・・モノレ−ル 11・・・梁 12・・・レ−ル 13・・・受台

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】複数の支柱を形成し、上部に揚重手段を備
    えた屋内用門型クレ−ンの組立方法において、前記支柱
    毎に準備した複数のせり上げ櫓を所定の位置に配置する
    第1工程、前記せり上げ櫓を使用して複数の柱ブロック
    を連結して支柱を形成し、支柱を所定の高さまでせり上
    げる第2工程、次いで前記各支柱の上部を相互に連結し
    揚重手段を組み上げる第3工程、次いで支柱相互間で同
    期をとりながら各支柱の下部に柱ブロックを連結し、支
    柱をせり上げる第4工程とからなる屋内用門型クレ−ン
    の組立方法。
  2. 【請求項2】骨組みの構造が櫓状に形成され、側面から
    柱ブロックを搬入し、垂直上方に吊り上げられるるよう
    に空間が設けられ、上部に前記柱ブロックを連結して形
    成した支柱を吊り上げるための吊り上げ手段を備えてな
    る複数のせり上げ櫓と、このせり上げ櫓を搭載する車輪
    付き台車とからなり、これらのせり上げ櫓と台車が門型
    クレ−ンの一部を構成することを特徴とした屋内用門型
    クレ−ンの組立装置。
JP6012294A 1994-03-04 1994-03-04 屋内用門型クレ−ンの組立方法及び装置 Pending JPH07242390A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6012294A JPH07242390A (ja) 1994-03-04 1994-03-04 屋内用門型クレ−ンの組立方法及び装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6012294A JPH07242390A (ja) 1994-03-04 1994-03-04 屋内用門型クレ−ンの組立方法及び装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07242390A true JPH07242390A (ja) 1995-09-19

Family

ID=13133014

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6012294A Pending JPH07242390A (ja) 1994-03-04 1994-03-04 屋内用門型クレ−ンの組立方法及び装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07242390A (ja)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101107745B1 (ko) * 2007-10-11 2012-01-20 노엘 모바일 지스템스 게엠베하 두 개의 병립형 스프레더를 갖는 갠트리형 적재기
KR101385406B1 (ko) * 2013-01-07 2014-04-29 김근수 모노레일식 자립이동형 갠트리 크레인
CN103964300A (zh) * 2014-05-16 2014-08-06 上海振华重工(集团)股份有限公司 顶升式加高设备
CN106276603A (zh) * 2016-08-30 2017-01-04 上海二十冶建设有限公司 用于冷却塔钢结构施工的提升装置及其使用方法
CN106759064A (zh) * 2016-12-08 2017-05-31 浙江省三门县远峰水电建设有限公司 一种水利工程施工现场作业自动化设备
CN107021418A (zh) * 2017-04-27 2017-08-08 徐东科 一种使用稳定且安全性能高的龙门吊
CN108423565A (zh) * 2018-04-18 2018-08-21 中铁十九局集团轨道交通工程有限公司 U型双梁吊钩门式起重机的架设及拆除施工方法
CN108439266A (zh) * 2018-03-13 2018-08-24 上海振华重工(集团)股份有限公司 一种用于起重机上的顶升装置
CN108483248A (zh) * 2018-04-08 2018-09-04 佛山市和旺塑料包装有限公司 一种用于抽取pet料的自动抬升装置
KR102570942B1 (ko) * 2023-05-08 2023-08-28 주식회사 개성이앤씨 에스컬레이터 철거공법
KR102570947B1 (ko) * 2023-05-08 2023-08-28 주식회사 개성이앤씨 에스컬레이터 철거장치

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101107745B1 (ko) * 2007-10-11 2012-01-20 노엘 모바일 지스템스 게엠베하 두 개의 병립형 스프레더를 갖는 갠트리형 적재기
KR101385406B1 (ko) * 2013-01-07 2014-04-29 김근수 모노레일식 자립이동형 갠트리 크레인
CN103964300A (zh) * 2014-05-16 2014-08-06 上海振华重工(集团)股份有限公司 顶升式加高设备
CN106276603A (zh) * 2016-08-30 2017-01-04 上海二十冶建设有限公司 用于冷却塔钢结构施工的提升装置及其使用方法
CN106759064A (zh) * 2016-12-08 2017-05-31 浙江省三门县远峰水电建设有限公司 一种水利工程施工现场作业自动化设备
CN107021418A (zh) * 2017-04-27 2017-08-08 徐东科 一种使用稳定且安全性能高的龙门吊
CN108439266A (zh) * 2018-03-13 2018-08-24 上海振华重工(集团)股份有限公司 一种用于起重机上的顶升装置
CN108483248A (zh) * 2018-04-08 2018-09-04 佛山市和旺塑料包装有限公司 一种用于抽取pet料的自动抬升装置
CN108483248B (zh) * 2018-04-08 2023-11-21 佛山市和旺塑料包装有限公司 一种用于抽取pet料的自动抬升装置
CN108423565A (zh) * 2018-04-18 2018-08-21 中铁十九局集团轨道交通工程有限公司 U型双梁吊钩门式起重机的架设及拆除施工方法
KR102570942B1 (ko) * 2023-05-08 2023-08-28 주식회사 개성이앤씨 에스컬레이터 철거공법
KR102570947B1 (ko) * 2023-05-08 2023-08-28 주식회사 개성이앤씨 에스컬레이터 철거장치

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN102267664B (zh) 梁吊法安装桥式起重机的方法和该方法的用途
JPH07242390A (ja) 屋内用門型クレ−ンの組立方法及び装置
JP2010228827A (ja) 移動式搬送装置
JP2012136339A (ja) 構造物の架設方法及び撤去方法
JP3539885B2 (ja) 炉体リングブロックの移動式吊換装置及び高炉炉体解体方法並びに高炉炉体構築方法
JP2909413B2 (ja) 建物外壁材の吊込み装置
CN110562856B (zh) 重物的起重装置以及起重搬运方法
CN110723642A (zh) 一种封闭厂房内设备平移吊装就位装置及方法
JPH0812262A (ja) 天井クレーンの設置方法及びその装置
JPH11147690A (ja) 低空頭鉄筋建込装置
CN209872127U (zh) 车辆起吊装置
JP3841242B2 (ja) エレベータパーキング用昇降作業台とこれを用いた工法
JPH062434A (ja) 鉄骨屋根の建方方法
JPH0776934A (ja) 超高層構造物建設に用いる資材揚重組み立て装置
CN112623958B (zh) 一种管廊模块甲板吊装方法
CN113983822B (zh) 烧结机头部安装方法及装置
CN210029713U (zh) 一种可调节的天车吊装支架
CN211920658U (zh) 一种封闭厂房内设备平移吊装就位装置
JP2512196B2 (ja) 建設資材吊上げ装置及び吊上げ方法
CN211772895U (zh) 一种用于变截面箱梁的梁体工作台架
JPH05306802A (ja) 現地小規模ブロック化によるボイラー据付工法
JPH0624141U (ja) 柱部材等の建起装置
CN109264608B (zh) 用于吊装张拉千斤顶进行张拉作业的台车
JP2558523Y2 (ja) 移動式重量物移載設備
JPH0633604A (ja) 外壁pc版の取付方法