JPH07165356A - シート及びフィルム巻取機 - Google Patents

シート及びフィルム巻取機

Info

Publication number
JPH07165356A
JPH07165356A JP31198893A JP31198893A JPH07165356A JP H07165356 A JPH07165356 A JP H07165356A JP 31198893 A JP31198893 A JP 31198893A JP 31198893 A JP31198893 A JP 31198893A JP H07165356 A JPH07165356 A JP H07165356A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
winding
reel
sheet
winder
film
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP31198893A
Other languages
English (en)
Inventor
Hiroshi Iijima
宏史 飯島
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Individual
Original Assignee
Individual
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Individual filed Critical Individual
Priority to JP31198893A priority Critical patent/JPH07165356A/ja
Publication of JPH07165356A publication Critical patent/JPH07165356A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 シート巻取機においてターレット・ワインダ
ー使用の際の機構及びスペースの節約と、サーフェイス
・ワインダーの長所の並用。 【構成】 巻芯及び同保持駆動部を上下動可能とし、シ
ートの巻初め時は、上側位置でセンター・ワインダーと
して作動させ、巻取リールの重量増加とともにカウンタ
・ウェイトの重量を持上げて下側位置に至り、サーフェ
イス・ワインダー機構を並用する。

Description

【発明の詳細な説明】 【技術分野】
【0001】本発明はプラスチック、紙、布等の各種シ
ート及びフィルム巻取機に関する。
【0002】
【従来の技術】従来のこれらシート及びフィルムの巻取
機は大別してセンター・ワインダー(中心巻取方式)及
びサーフェイス・ワインダー(表面巻取方式)の2種類
がある。
【0003】センター・ワインダーは比較的に硬質なシ
ートの巻取りに好都合に用いられ、巻芯の中心軸に加わ
る駆動力でシート等の巻取りを行い、巻径の増加に応じ
て回転速度を減じ、シート等の巻取速度を一定とし、か
つ張力の自動調整を行っている。
【0004】しかし巻取シートの最大限、いわゆる満巻
に達したとき、リールを取外し、新たな巻芯、例えば紙
管に交換する必要があり、この交換の際なるべく主機械
の停止時間を少なくして連続作業を行うため、数多くの
ダンサー・ロールを設けて、巻取シートを遊ばせ乍ら、
2軸ターレット・ワインダーを用いて迅速に紙管の交換
を行って、主作業機械の動作を継続して作業の能率化を
図っている。しかしリールの重量と最大巻径に応じて設
備するターレット・ワインダーが大型となり、極めて大
なる動力と、ターレットの回転を許すだけの、シートの
流れ方向とこれに垂直方向のスペースを必要とする欠点
がある。
【0005】一方、サーフェイス・ワインダー方式は、
薄くて軟らかく、伸びやすいプラスチック フィムル類
や、薄くて裂けやすく張力のあまりかけられない不織布
類の巻取に適しており、上述の如くの大型のターレット
・ワインダーを必要としない利点があるが、巻取時、と
くに巻初め時にプラスチック フィルム等の表面に皺が
生ずる欠点がある。
【0006】
【発明の目的】本発明はこれら従来の両方式の欠点に鑑
み、両者何れもの欠点を有さず、かつ両者の長所を具え
たシート及びフィルム巻取機を提供することをその目的
とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明では、巻芯保持部
及び同駆動部を、支持ポストによって上下両位置間に上
下動可能に保持し、さらに巻芯のリール重量検出機構を
設け、巻取開始時にはリールを上側位置として、巻芯の
駆動により、センター・ワインダーの原理によってシー
トまたはフィルムの巻取りを行い、巻取りが進行して巻
取リールの径が増し、その重量が大となると、前記重量
検出機構が作動し、巻芯保持部及び駆動部は重量によっ
て徐々に下側位置に向かって降下し、下側位置に至る
と、巻取リールの外表面に触接するドライブ ローラに
よってサーフェイス・ワンダーの原理で巻取りを行って
この問題を解決する。
【0008】
【発明の効果】本発明によれば、大容量で大スペースを
必要とするターレット・ワインダーの使用を避けること
ができ、コスト及びスペースの節約が得られる。さらに
巻初めはセンター・ワインダーの原理で動作するので、
フィルム表面の皺発生の問題を回避できる。さらにリー
ルと、巻芯の交換が迅速に行えるのでダンサー・ロール
の段数を減じうる利点が得られる。
【0009】
【公知例の図面による説明】本発明の理解を助けるた
め、まず初めに従来技術について図面により説明を行
う。
【0010】図4は既知の2軸ターレット・ワインダー
の動作原理を示す略図である。図中30はターレット・
ワインダーのフレームであり一部を取除いて示す。32
はウェブWを巻取中の巻取リールであり、中心軸35の
駆動回転力でウェブWを巻取る。このリール32がウェ
ブによって巻太り、いわゆる満巻に達すると、ウェブを
切断し、ターレット軸31を中心として矢印方向に回転
し、予め空の紙管等を準備し装着してある準備リール3
3が32の位置に回転し運ばれる。ウェブはこの間、図
示していないダンサー・ロール機構等で余長をとって、
主機械を遊ばせないようにし乍ら新しい紙管に接着し、
巻取りを開始する。満巻となっているリールはこのとき
図で36の軸位置にあり、取外して台車等の適宜の輸送
手段で移送し、新しい紙管を装着する。
【0011】このターレット・ワインダーによると交換
時間が短く主機械の運転を止めずに紙管リールの交換が
できるという長所があるが、前述の如くリール径に見合
う回転スペースを必要とし、また数十kgにもなるリール
の回転のための駆動機構(34他)も、それに見合う強
度とするを要する欠点がある。
【0012】図5及び図6はターレット・ワインダーの
使用例を示す略図である。図5はグラビヤ印刷加工ライ
ンであり、40は用紙巻出機、41はグラビヤ印刷機で
4段の印刷ヘッドで印刷を行っている。42がターレッ
ト・ワインダーで、印刷の流れを止めずに、印刷の終了
した用紙の巻取りを行う状況を略図で示してある。
【0013】図6はプラスチック フィルムの製造ライ
ンの略図であり、50は押出機(エクストルーダー)、
51は引取機、52が2軸ターレット・ワインダーであ
る。これらのターレット・ワインダーは図示の如くかな
りのスペースを必要とする。
【0014】次に既知のサーフェイス・ワインダーの使
用例を図7に示す。図7は塩化ビニールフィルム シー
トの製造ラインの略図であり、60は押出機、61はカ
レンダー、63はダンサー ロール、62がサーフェイ
ス・ワインダーであり、巻取りを完了したリールはリフ
ター64により運ばれる。このサーフェイス・ワインダ
ーの場合、取扱品によって製品表面に皺が生ずる欠点が
あった。
【0015】
【実施例】本発明の実施例を図面を参照して詳細に説明
する。
【0016】図1は本発明によるシート及びフィルム巻
取機をシート等の流れの最終端より見た正面図である。
この巻取機の前段には前述の図5〜7に例として示した
如くの各種加工機械が設けられるが、これらは既知のも
のであるので図示を省略してある。
【0017】図1において、点線1で示すのが例えば紙
管、木管、鋼管等の巻芯である。巻取るべきシート等の
端部は例えばガムテープあるいは無貼着等の既知の手段
で巻芯に装着し、巻取りを開始する。巻芯1、巻芯保持
部3,4、トルクモータとして構成する駆動モータ5、
同制御部6、第2駆動部7等は一体となっていて、支持
ポスト10,11に設けられた摺動溝13,14,15
等を介し上下動可能に装着されている。
【0018】巻取開始時は図3aの原理図に示す如く、
上側位置にあって、巻芯1は駆動機構、すなわちトルク
モータ5及びその制御部6,8等により巻取り駆動さ
れ、センター・ワインダーとして動作する。
【0019】次いで巻取りの進行により、リールの径の
増大とともに重量が増加する。このとき前記可動部は支
持ポスト10,11の内側に設けたチェイン・スプロケ
ット機構によりカウンタ・ウェイト(図2の20)を持
上げながら下側位置に向かって降下する(図3b参
照)。
【0020】可動部が下側位置に至ると、サーフェイス
駆動ローラ24,26が前記駆動機構5,6等と協働
し、サーフェイス・ワインダーの原理をも並用して巻取
りを継続する。この間巻取リール2は巻取りを中断せず
に継続しており、この間の駆動制御はサイリスタ等によ
る制御部8等でこれを行う。
【0021】巻取完了時には既知の切断機構でシートを
切断し、排出ロール28の上昇移動で簡単にリールの排
出ができ、新しい巻取リール用巻芯を保持機構に装着し
て図1あるいは図3aの原理図に示す上側位置で引続い
て巻取りを行う。この間主機械を停止させる必要はな
く、シートの余長はダンサー・ロール等の既知の手段で
吸収する。
【0022】本発明シート等の巻取機によると、センタ
ー・ワインダー及びサーフェイス・ワインダーの両者の
長所を利用でき、かつスペース上の節約が顕著である。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明装置の巻取端より見た正面図である。
【図2】本発明装置の巻取端を側面より見た側面図であ
る。
【図3】図3a,b,cは本発明装置の動作原理説明図
である。
【図4】既知のターレット・ワインダーの動作原理図で
ある。
【図5】既知のターレット・ワインダーの使用例の説明
図である。
【図6】既知のターレット・ワインダーの他の使用例の
説明図である。
【図7】既知のサーフェイス・ワインダーの使用例の説
明図である。
【符号の説明】
1 巻芯 2 巻取リール 3,4 巻芯保持部 5 駆動モータ 6 モータ制御部 7 第2駆動部 10,11 支持ポスト 13,14,15 摺動溝 20 カウンタ ウェイト 24,26 駆動ローラ 28 排出ロール

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 シート及びフィルム巻取機において、 巻芯保持部及び同駆動部を、支持ポストによって上下両
    位置間に上下動可能に保持し、 さらに巻芯のリール重量検出機構を設け、 巻取開始時にはリールを上側位置として、巻芯の駆動に
    より、センター・ワインダーの原理によってシートまた
    はフィルムの巻取りを行い、 巻取りが進行して巻取リールの径が増し、その重量が大
    となると、前記重量検出機構が作動し、巻芯保持部及び
    駆動部は重量によって徐々に下側位置に向かって降下
    し、下側位置に至ると、巻取リールの外表面に触接する
    ドライブ ローラによってサーフェイス・ワンダーの原
    理を並用して巻取りを行うことを特徴とするシート及び
    フィルム巻取機。
  2. 【請求項2】 前記重量検出機構はチェイン、スプロケ
    ット係合によるカウンタ ウェイトである請求項1記載
    のシート及びフィルム巻取機。
  3. 【請求項3】 巻芯駆動部は、トルク モータを主要素
    とする請求項1記載のシート及びフィルム巻取機。
  4. 【請求項4】 前記下側位置における巻取完了時の巻取
    リール排出機構を設けた請求項1記載のシート及びフィ
    ルム巻取機。
JP31198893A 1993-12-13 1993-12-13 シート及びフィルム巻取機 Pending JPH07165356A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31198893A JPH07165356A (ja) 1993-12-13 1993-12-13 シート及びフィルム巻取機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31198893A JPH07165356A (ja) 1993-12-13 1993-12-13 シート及びフィルム巻取機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07165356A true JPH07165356A (ja) 1995-06-27

Family

ID=18023854

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP31198893A Pending JPH07165356A (ja) 1993-12-13 1993-12-13 シート及びフィルム巻取機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07165356A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100953135B1 (ko) * 2007-07-05 2010-04-16 스미도모쥬기가이고교 가부시키가이샤 롤 바디 반송장치
CN102616603A (zh) * 2012-03-30 2012-08-01 奉化市双盾纺织帆布实业有限公司 涂塑布料的生产设备
CN111302114A (zh) * 2020-03-04 2020-06-19 李洁洁 一种织布卷绕装置
CN114030925A (zh) * 2022-01-06 2022-02-11 江苏鼎尚电子材料股份有限公司 一种易剥离的医疗遮蔽胶带生产用加工设备

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100953135B1 (ko) * 2007-07-05 2010-04-16 스미도모쥬기가이고교 가부시키가이샤 롤 바디 반송장치
CN102616603A (zh) * 2012-03-30 2012-08-01 奉化市双盾纺织帆布实业有限公司 涂塑布料的生产设备
CN102616603B (zh) * 2012-03-30 2014-11-26 奉化市双盾纺织帆布实业有限公司 涂塑布料的生产设备
CN111302114A (zh) * 2020-03-04 2020-06-19 李洁洁 一种织布卷绕装置
CN114030925A (zh) * 2022-01-06 2022-02-11 江苏鼎尚电子材料股份有限公司 一种易剥离的医疗遮蔽胶带生产用加工设备

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN110054029B (zh) 一种四轴自动流延膜卷收机
JPS58125553A (ja) シ−ト状物質をロ−ルに巻き取るタ−レツト型巻取機および方法
JPH06312469A (ja) 帯状ゴム引き布をタイヤメーキングドラムへ装着する方法と該方法を実施する装置
US20020145072A1 (en) Winding roll presser device and long material winding method
JPH07165356A (ja) シート及びフィルム巻取機
JPH07206231A (ja) 支持ローラ付き巻取り機
JPH1035959A (ja) フィルム巻取装置
JPH0930736A (ja) 長尺部材の巻出し台車
US5653400A (en) Winding apparatus
JPH05229701A (ja) ロールスタンド
CN207061401U (zh) 全自动三工位缠绕膜机
CN113682036A (zh) 不停机收放卷卷筒软包材料胶印机
JPH06227716A (ja) ベルト式のシート移送装置及びシート移送方法
CN207671375U (zh) 轮转印刷机的收料机构
US7017852B2 (en) Multiple fixed-position film centerwinder and method for winding web material
JPS58139953A (ja) 巻取方向可変形多軸巻取機
CN218664517U (zh) 一种不停机换卷收卷装置
JP2745040B2 (ja) 紡機におけるスライバーの切断方法
CN219688862U (zh) 一种打包带自动放送换卷设备
CN211283082U (zh) 自动收卷站
US4346853A (en) Unwinding machine
CN212424777U (zh) 一种塑料袋薄膜放卷装置
CN210709848U (zh) 一种带有换卷臂的间隙式收卷机
JP4053177B2 (ja) 帯状部材の切替巻出し装置
JP3806510B2 (ja) 巻取コア供給装置