JPH0628491U - 鋼管の変形防止装置 - Google Patents

鋼管の変形防止装置

Info

Publication number
JPH0628491U
JPH0628491U JP7137692U JP7137692U JPH0628491U JP H0628491 U JPH0628491 U JP H0628491U JP 7137692 U JP7137692 U JP 7137692U JP 7137692 U JP7137692 U JP 7137692U JP H0628491 U JPH0628491 U JP H0628491U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
steel pipe
seat plate
rod
frame
screwed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP7137692U
Other languages
English (en)
Inventor
規彦 鈴木
Original Assignee
株式会社クボタ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社クボタ filed Critical 株式会社クボタ
Priority to JP7137692U priority Critical patent/JPH0628491U/ja
Publication of JPH0628491U publication Critical patent/JPH0628491U/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 鋼管の横置きによる変形を防止する。 【構成】 枠体1の両端部に、突張杆3,3を進退自在
に螺着し、各突張杆3の先端には、ボールジョイント5
を介して、外面を円弧状に形成した座板を設けた構造の
ものである。この装置は、鋼管10内に挿入し、突張杆3
を回動して、座板6,6を鋼管10の内面に圧着して取付
ける。それにより鋼管10の自重による変形が防止され
る。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】
本考案は、鋼管、特に大径・薄肉鋼管の横置き状態における変形を防止するた めの装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術及び考案が解決しようとする課題】
近年、土木・建築構造物の大型化にともない、これらの構造物で使用される鋼 管杭・鋼管矢板も大型化が進んできた。一方、経済設計の観点からは板厚の薄肉 化が図られ、総じて大径・薄肉な鋼管の需要が増大化している。
【0003】 ところで、これらの鋼管杭・鋼管矢板は、現場での胴継ぎ溶接や施工性等の観 点から高い真円度が要求されるが、生産から出荷そして施工されるまでの間は殆 んど横置き状態とされるため、その間に自重により変形を起こしやすくなる。そ の対策として従来は、鋼管内部に直径方向にわたる角材等の突張材を挿入して対 処している。しかし、この方法はあくまで応急処置的な手段であって、高い真円 度を維持することは難しく、また、その作業は面倒であるとともに、鋼管の径に 対応した様々な長さの角材等を用意する必要がある等、種々の問題がある。
【0004】 本考案は、上記従来の問題を解決するためになされたもので、精度の高い真円 度を長期間維持できるとともに、管径の変化にも容易に対応することができ、作 業性も簡便な鋼管の変形防止装置を提供しようとするものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】
上記の目的を達成するための本考案の構成について、実施例に対応する図面を 参照して説明すると、本考案は、枠体1の両端部に、該枠体1の軸線に沿ったネ ジ孔2,2を設け、それら各ネジ孔2,2には、外面が円弧状に形成された座板 6に、ボールジョイント5を介して結合したネジ4付の突張杆3,3を進退自在 に螺着したことを特徴とするものである。
【0006】
【作用】
本考案の装置は、突張杆3,3を鋼管10の直径方向に沿わせて鋼管10内に挿入 する。そして、突張杆3,3を回動して外方に螺進させてやれば、座板6,6は 鋼管10の内面に圧接される。鋼管は装置の突張り力によってたわみ、変形が防止 されることになる。また、突張杆3,3を反対方向に回動すれば、突張杆3,3 は退行し、装置を回収することができる。
【0007】
【実施例】
以下、本考案の実施例について図面を参照して説明する。図1は一実施例を示 す正面図、図2は側面図、図3はジョイント部の拡大正断面図である。
【0008】 上記の図において、1は長方形をなす枠体で、その両端部の短辺部には、枠体 1の長手方向の軸線に沿って所要径のネジ孔2,2が螺設されている。また、3 は上記ネジ孔2に螺合する外ネジ4が螺設されている突張杆で、その先端にはボ ールジョイント5を介して、鋼管10の内面に当接される座板6が結合されてお り、突張杆3の基端部には、突張杆3の回し棒を突入させるための回し孔7が設 けられている。
【0009】 座板6は平面長方形に形成され、外面はその長手方向に沿って円弧状をなして いる。そして、内面側の中央部には、ボールジョイント5の雌部材をなすボック ス8が固着されており、その中に、突張杆3の先端に形成された、ボールジョイ ント5の雄部材をなす拡大径のボール9が係入されている。したがって、座板6 は突張杆3に対して自在に揺動できることになる。なお、突張杆3を回動させる ための手段は、上記回し孔7に限らず、従来公知の手段が採用できる。
【0010】 上記構成の装置は、図1に示すように、鋼管10内へ、突張杆3,3が鋼管10の 直径方向に延びるようにして挿入し、突張杆3の回し孔7に回し棒(図示を略 す)を入れて回動し、突張杆3を外方に螺進させて座板6を鋼管10の内面に圧接 させて使用する。それにより、鋼管10はその自重によるたわみが解消され、変形 が防止できることになる。
【0011】 図4は、座板6の他の実施例を示したものである。この実施例では、鋼管10の 長手方向に沿う座板6の外面の一側に、内方への傾斜部6aが設けられている。 このようにすれば、鋼管10内への装置の挿入がより容易に行えることになる。
【0012】 なお、本考案の装置は、一般に鋼管10の端部内に設けられるが、大径管である 場合は必要に応じて管内中間部にも適宜設けることができる。また、本考案の装 置は、図示のように単一での使用に限らず、例えば2個の装置を直交して設ける 等、複数の装置を組合せて使用することもできる。
【0013】
【考案の効果】
以上説明したように、本考案の装置によれば、突張杆を回動させるだけで装置 の長さを容易に変更できるので、鋼管内部への着脱が簡単であるとともに、径の 異なる鋼管にも広く適用できる。そして、鋼管は突張杆の先端に揺動自在に結合 された座板の圧着により、精度の高い真円度が維持できることになる。また、装 置は構造簡単で安価に製作することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案装置の一実施例を示す正面図である。
【図2】同側面図である。
【図3】ボールジョイント部分の拡大正断面図である。
【図4】座板の他の実施例を示す側断面図である。
【符号の説明】
1 枠体 2 ネジ孔 3 突張杆 4 外ネジ 5 ボールジョイント 6 座板 10 鋼管

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 枠体の両端部に、該枠体の軸線に沿ったネジ孔を設け、
    それら各ネジ孔には、外面が円弧状に形成された座板
    に、ボールジョイントを介して結合したネジ付の突張杆
    を進退自在に螺着したことを特徴とする、鋼管の変形防
    止装置。
JP7137692U 1992-09-18 1992-09-18 鋼管の変形防止装置 Granted JPH0628491U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7137692U JPH0628491U (ja) 1992-09-18 1992-09-18 鋼管の変形防止装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7137692U JPH0628491U (ja) 1992-09-18 1992-09-18 鋼管の変形防止装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0628491U true JPH0628491U (ja) 1994-04-15

Family

ID=13458727

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7137692U Granted JPH0628491U (ja) 1992-09-18 1992-09-18 鋼管の変形防止装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0628491U (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100749700B1 (ko) * 2006-04-06 2007-08-16 주식회사 에스피 관재의 수축변형방지용 지그
KR20180125712A (ko) * 2017-05-16 2018-11-26 정호근 배수관 보수형 튜브의 원형 유지장치
KR20190072505A (ko) * 2019-06-13 2019-06-25 정호근 배수관의 비굴착식 보수 방법

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100749700B1 (ko) * 2006-04-06 2007-08-16 주식회사 에스피 관재의 수축변형방지용 지그
KR20180125712A (ko) * 2017-05-16 2018-11-26 정호근 배수관 보수형 튜브의 원형 유지장치
KR20190072505A (ko) * 2019-06-13 2019-06-25 정호근 배수관의 비굴착식 보수 방법

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH0827896A (ja) 予張力を導入させるブレースのノード間取付構造
EP2000227A2 (en) Metal tube end correcting apparatus and metal tube end correcting method
JPH0628491U (ja) 鋼管の変形防止装置
CA2616939C (en) Pipe-bending machine mandrel
JP6498198B2 (ja) アンカーボルト
KR20160041968A (ko) 앵커 볼트
JP2019002200A (ja) 木造建築物用連結金具
JP2015087003A (ja) アンカーボルト
JP6412408B2 (ja) 連結治具
CN212249214U (zh) 施工用紧固件
JP6558714B2 (ja) ブレース構造
JP2000205473A (ja) 管体の伸縮継手
JP3020439U (ja) タラップ
RU185633U1 (ru) Приспособление для рихтовки заходного участка трубной части медного трубчатого кабельного наконечника
JP2989537B2 (ja) 中空タイロッドバーの成形方法
RU188347U1 (ru) Приспособление для рихтовки заходного участка трубной части медного трубчатого кабельного наконечника
CN213317365U (zh) 一种桥梁高强度大直径螺纹钢筋调直对位装置
JP3031388U (ja) コンクリートブロックの貫通孔形成用ホースの変形防止具
JP2019190554A (ja) 軸状部材用抜け止め部材
JP2578052B2 (ja) テンション構造における鋼棒の定着機構及び定着方法
JPH0524708U (ja) 応力制限要素を備えた構造部材用接合装置
JP2518688Y2 (ja) ハンガー装置
JP2005179902A (ja) プレキャスト外壁施工用足場連結金物及びその製造方法
JP2539984B2 (ja) 角形鋼管の冷間引抜による製造方法
JP4028832B2 (ja) 鋼製角筒状断面材のボルト接合構造