JPH0586277U - 軽量タイルカーペット - Google Patents

軽量タイルカーペット

Info

Publication number
JPH0586277U
JPH0586277U JP3390992U JP3390992U JPH0586277U JP H0586277 U JPH0586277 U JP H0586277U JP 3390992 U JP3390992 U JP 3390992U JP 3390992 U JP3390992 U JP 3390992U JP H0586277 U JPH0586277 U JP H0586277U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
layer
tile carpet
plastisol
foam sheet
backing layer
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP3390992U
Other languages
English (en)
Inventor
洋二 松本
三郎 永田
但 室本
信一 吉田
由博 前田
Original Assignee
東ソー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 東ソー株式会社 filed Critical 東ソー株式会社
Priority to JP3390992U priority Critical patent/JPH0586277U/ja
Publication of JPH0586277U publication Critical patent/JPH0586277U/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【構成】上部織物層と下部裏打ち層とからなり、下部裏
打ち層が樹脂発泡体シートであり、上部織物層と該発泡
体シートとが、必要に応じて補強材層を介して接着剤に
より接着された軽量タイルカーペット。 【効果】タイルカーペットの強度、機能性などの特徴を
損なうことなく軽量化できる。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】
本考案は、下部裏打ち層に樹脂発泡体を使用した、軽量タイルカーペットに関 するものである。
【0002】
【従来の技術】
タイルカーペットは、オフィスビルなど主に建築物の床面に敷かれる一辺が5 0cm以下の正方形状のカーペットである。従来から使用されているフロアーカー ペットに比べ、オフィスの椅子、机等により傷んだ場合、その箇所だけ取り替え れば良い機能的な部分と、最近オフィス空間の環境のレベルアップのニーズの高 まりに伴って堅調に需要が拡大している分野である。
【0003】 タイルカーペットは通常、カーペットのパイル(以下、キバタという)が埋め 込まれている上部織物層、強度保持のために必要な下部裏打ち層からなる。上部 織物層中のキバタを埋め込み接着するための樹脂層及び下部裏打ち層は、ペース ト加工用塩化ビニル樹脂(以下、ペースト塩ビという)をベースとし、共にペー スト塩ビに可塑剤、充填剤、安定剤等を混合し塩ビプラスチゾル(以下、プラス チゾルという)にした後、該プラスチゾルを使用し、コーティングにより下部裏 打ち層及び上部織物層を形成しオーブンで加熱成形したものである。このタイル カーペット用に調製したプラスチゾルはコスト低減の目的から、例えば壁紙など 一般に用いられているプラスチゾル中の充填剤が、レジン100重量部に対し0 〜200重量部であるのに対し、タイルカーペット用プラスチゾルは、200〜 500重量部と非常に多く使用している。このため得られたタイルカーペットは 、非常に重く、製品の輸送費の増大、カーペット施工時の作業性の悪さ、持ち運 びに不便で手軽さに欠けるなどの問題点があった。
【0004】
【考案が解決しようとする課題】
本考案者らは、タイルカーペットの強度、機能性などの特徴を損なうことなく 上記問題点を解決すべく鋭意検討を重ねた結果、下部裏打ち層に樹脂発泡体シー トを使用する事により、タイルカーペットを軽量化できることを見出し本考案を 完成させたものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】
すなわち本考案は、上部織物層と下部裏打ち層からなり、下部裏打ち層が樹脂 発泡体シートであり上部織物層と該発泡体シートが必要に応じて補強材層を介し て接着剤により接着された軽量タイルカーペットに関するものである。以下、本 考案を詳細に説明する。
【0006】 上部織物層に用いられるプラスチゾルは、ペースト塩ビと可塑剤、充填剤、安 定剤、着色剤とを撹拌混合後、脱泡することにより調製される。該プラスチゾル の調製においてペースト塩ビは、塩化ビニルホモポリマーあるいは、塩化ビニル を主成分とする酢酸ビニル等の共重合体のいずれでもよく、また、ペースト塩ビ 増量用樹脂を混合してもさしつかえない。
【0007】 配合される可塑剤の具体例としては、ジ- n- オクチルフタレート、ジ- n- エチルヘキシルフタレート、ジブチルフタレート、ジイソノニルフタレート、ブ チルベンジルフタレート、ジラウリルフタレート、ジヘプチルフタレート、ジオ クチルアジペート、トリクレジルホスフェートその他ポリエステル系、テトラヒ ドロフタレート系などが挙げられる。配合量は、ペースト塩ビ100重量部に対 し50〜150重量部、好ましくは80〜120重量部である。
【0008】 充填剤の具体例としては、重質炭酸カルシウム、ケイソウ土、炭酸マグネシウ ムなどが挙げられる。配合量は、ペースト塩ビ100重量部に対し200〜50 0重量部、好ましくは250〜450重量部である。
【0009】 また、安定剤としては、例えば、ステアリン酸亜鉛、ステアリン酸バリウムま たは、複合の液状安定剤、粉末状の安定剤が挙げられる。
【0010】 プラスチゾルに配合する着色剤としては、黒色トナーなどの顔料を使用すれば よい。
【0011】 以下、図1に基づいて本考案を説明する。
【0012】 下部裏打ち層(7)に使用される樹脂発泡体シート(4)は、例えばペースト 塩ビに可塑剤、充填剤、発泡剤、顔料、安定剤を混合し得られたプラスゾルをス プレッドコーティングしたのち加熱発泡させたもの、汎用塩化ビニル樹脂あるい はポリスチレン、ポリウレタン等の樹脂のカレンダー加工などにより得られた発 泡体など、タイルカーペット加工時に、熱溶融したり、発泡体の熱によるヘタリ 等がなくシート状であればいずれのものを使用してもさしつかえないが、ポリ塩 化ビニル樹脂を基材とするもののほうが上部織物層との接着性の点から好ましい 。
【0013】 本考案のタイルカーペットの加工は例えば次のようにして行う。
【0014】 下部裏打ち層(7)の樹脂発泡体シート(4)に、キバタ(1)を接着するた めの塩ビ樹脂層(2)としてプラスチゾルをコーティングする。この時のコーテ ィング厚みは、キバタ(1)が十分に埋め込まれる程度の厚み、好ましくは2〜 5mmがよい。また、必要に応じて下部裏打ち層(7)と上部織物層(5)の間 に補強材層(6)として例えばガラスペーパー、ポリエステルメッシュなどの補 強材(3)を使用することも可能で、その枚数は加工に障害を起こさない程度で あれば何枚でも良い。コーティングをしたプラスチゾルの上にキバタ(1)をの せ、プラスチゾルに埋め込ませ上部織物層(5)を形成した後、オーブンで加熱 しタイルカーペットを得る。この時、上部織物層(5)と下部裏打ち層(7)を 接着するための接着剤としては、上記記載のようなプラスチゾル、エポキシ樹脂 系熱硬化性接着剤など上部織物層(5)と下部裏打ち層(7)を簡単に剥離する ことなく接着できるものであればいずれでもよい。加工条件としては、温度10 0〜250℃好ましくは140〜230℃でオーブン内部での滞留時間(以下、 加工時間という)は2〜10分、好ましくは2〜6分である。
【0015】 このようにして得られたタイルカーペットは、従来のものに比べ機能性、強度 は損なわず、かつ30〜45%も軽量化でき前述した問題を解決できるものであ る。
【0016】
【実施例】
以下、本考案を図2に基づいて詳細に説明するが、本考案はその要旨を越えな い限り以下の例に限定されるものではない。
【0017】 プラスチゾルの調製 ペースト塩ビ(P=1300)420kgにジオクチルフタレート378kg 、充填剤として炭酸カルシウム0400kg、Mg−Zn系複合液状安定剤6k g、黒トナー5kgを加え混練機で10分間撹拌し、真空脱泡機により脱泡しプ ラスチゾルを得た。得られたプラスチゾルはゾルコンテナ(14)に移した。
【0018】 樹脂発泡体シート(12)の作成 廃塩ビ樹脂を粉砕し、160℃で加熱溶融し混練後、カレンダー加工を行い機 械発泡により4倍発泡の樹脂発泡体シート(12)を得た。この得られた樹脂発 泡体シート(12)の厚みは、2mmであった。
【0019】 まず上記のように作成した発泡体シート(12)を連続で回転しているエンド レスベルト(11)の上にのせ、その上に補強材層としてガラスペーパー(13 )を重ね、ゾルコンテナ(14)から自然落下によりプラスチゾル(15)を流 し、コーティングナイフ(16)で2mmの厚さにコーティングした。さらに、 ナイロン製のキバタ(17)を重ね、密着させた後、オーブン(18)において 温度200℃、加工時間5分で加工を行いタイルカーペットを得た。
【0020】 このようにして得られたタイルカーペットは、従来のものに比べ35%軽量化 できた。
【0021】
【考案の効果】
タイルカーペットの強度、機能性などの特徴を損なうことなく、軽量化できる 。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案の軽量タイルカーペットの断面図を示
す。
【図2】本考案タイルカーペットの代表的な製造フロー
を示す。
【符号の説明】
1 キバタ、 2 塩ビ樹脂層、 3 ガラスペーパー、 4 樹脂発泡体シート、 5 上部織物層、 6 補強材層、 7 下部裏打ち層、 11 エンドレスベルト、 12 樹脂発泡体シート、 13 ガラスペーパー、 14 ゾルコンテナ、 15 プラスチゾル、 16 コーティングナイフ、 17 キバタ、 18 オーブン

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】上部織物層と下部裏打ち層とからなり、下
    部裏打ち層が樹脂発泡体シートであり、上部織物層と該
    発泡体シートとが、必要に応じて補強材層を介して接着
    剤により接着された軽量タイルカーペット。
JP3390992U 1992-04-24 1992-04-24 軽量タイルカーペット Pending JPH0586277U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3390992U JPH0586277U (ja) 1992-04-24 1992-04-24 軽量タイルカーペット

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3390992U JPH0586277U (ja) 1992-04-24 1992-04-24 軽量タイルカーペット

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0586277U true JPH0586277U (ja) 1993-11-22

Family

ID=12399647

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3390992U Pending JPH0586277U (ja) 1992-04-24 1992-04-24 軽量タイルカーペット

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0586277U (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016510623A (ja) * 2013-03-14 2016-04-11 シンタス・コーポレーション 湿気通路を備える耐滑性マット
JP2018048538A (ja) * 2016-09-23 2018-03-29 トンシンポリマー カンパニー、リミテッド 遮音及びノンスリップ底材とその製造方法

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6053915B2 (ja) * 1979-05-11 1985-11-27 Oki Denki Kogyo Kk

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6053915B2 (ja) * 1979-05-11 1985-11-27 Oki Denki Kogyo Kk

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016510623A (ja) * 2013-03-14 2016-04-11 シンタス・コーポレーション 湿気通路を備える耐滑性マット
JP2018048538A (ja) * 2016-09-23 2018-03-29 トンシンポリマー カンパニー、リミテッド 遮音及びノンスリップ底材とその製造方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0067418B1 (en) A polyvinyl chloride resinous composition and product thereof
US6190751B1 (en) Self-adhesive reinforced foam gasket
US4379190A (en) Filled thermoplastic compositions based on mixtures of ethylene interpolymers
US20020182404A1 (en) Dry adhesive
US3819783A (en) Process for embossing a thermoplastic layer by selective expansion
US4405674A (en) Process for making a magnetic material containing carpet tile and carpet tile
JPH0586277U (ja) 軽量タイルカーペット
JPH06217861A (ja) 織物パイルカーペット構造
US4574103A (en) Vinyl chloride polymer laminate
EP1199401A2 (en) Method of backing carpet, and carpet backed by the same
JPH0672484B2 (ja) 内装材
US4515744A (en) Vinyl chloride polymer laminate
JPH0830310B2 (ja) クッション性重歩行床材
EP0447445B1 (en) Plastic covering for floors
JPH0724972A (ja) タイルカーペットの製造方法
WO1998009807A1 (en) Vinyl-backed carpet structure
JP2792679B2 (ja) 止水シート
JP2000051055A (ja) カーペット複合体
US3476639A (en) Glass reinforced non-vulcanized flashing materials based on vinylidene chloride-acrylonitrile copolymers
JP4633968B2 (ja) アクリル系レザーの製造方法
EP0045967B1 (en) Filled thermoplastic compositions based on mixtures of ethylene interpolymers
JP2549065Y2 (ja) 耐荷重性床材
JPH0775619A (ja) 塩化ビニル樹脂裏打敷物
US4565732A (en) Vinyl chloride polymer laminate
JPH0951844A (ja) カーペット