JPH0525878A - ユニツト住宅における屋根構造 - Google Patents

ユニツト住宅における屋根構造

Info

Publication number
JPH0525878A
JPH0525878A JP3203852A JP20385291A JPH0525878A JP H0525878 A JPH0525878 A JP H0525878A JP 3203852 A JP3203852 A JP 3203852A JP 20385291 A JP20385291 A JP 20385291A JP H0525878 A JPH0525878 A JP H0525878A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
floor
housing
unit
roof
units
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP3203852A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2977332B2 (ja
Inventor
Hideaki Terahara
英昭 寺原
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Misawa Homes Co Ltd
Original Assignee
Misawa Homes Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Misawa Homes Co Ltd filed Critical Misawa Homes Co Ltd
Priority to JP3203852A priority Critical patent/JP2977332B2/ja
Publication of JPH0525878A publication Critical patent/JPH0525878A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2977332B2 publication Critical patent/JP2977332B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 水平力に対する耐力を高めることができ、し
かも、組み立て作業も能率的にできる上、輸送コストも
低減できるユニット住宅の屋根構造を提供する。 【構成】 複数の住宅ユニット4を縦列配置した住宅ユ
ニット列11,12,13を上下方向へ階段状に積み重
ねたユニット住宅1の屋根構造において、上階住宅ユニ
ット列と下階住宅ユニット列との間に、ブレース26を
対角状に配置した桁側屋根パネル23を各階で縦列配置
された隣接する2つの住宅ユニットに跨がって取り付け
る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、ユニット住宅における
屋根構造に関する。詳しくは、複数のボックス状住宅ユ
ニットを縦列配置した住宅ユニット列を上下方向へ階段
状に積み重ねたユニット住宅の屋根構造に関する。
【0002】
【背景技術】ユニット住宅は、予め工場で製造されたボ
ックス状住宅ユニットや屋根ユニットをトラックなどで
建築現場まで輸送し、そこで、これらを順次上方に積み
重ねて建てられる。つまり、基礎上に複数のボックス状
住宅ユニットを据え付けて居室部を構成した後、これら
の上に屋根ユニットを据え付けて建てられる。
【0003】従って、ユニット住宅の組み立てでは、住
宅ユニットを上方へ積み重ねて建てるものであるから、
例えば、2階建てユニット住宅を組み立てる場合には、
1階居室部の住宅ユニットを基礎上に据え付けた後、こ
れらの住宅ユニットの隣接する柱の上端にそれぞれ設け
られたガイドピンに上下接合プレートを差し込んでこれ
らの住宅ユニット相互を位置決めし、続いて、これらの
ガイドピンに合わせて2階居室部の住宅ユニットを据え
付けた後、上下に対応する住宅ユニット相互を連結して
いる。
【0004】また、屋根ユニットの据え付けに当たって
は、2階居室部の住宅ユニットの隣接する柱の上端にそ
れぞれ設けられたガイドピンに上下接合プレートを差し
込んでこれらの住宅ユニット相互を位置決めし、続い
て、これらのガイドピンに合わせて屋根ユニットを据え
付けた後、上下に対応する2階用住宅ユニットと屋根ユ
ニットとを相互に連結している。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】従来のユニット住宅で
は、上述したように、上下に対応する住宅ユニット相互
を連結した構造であるため、鉛直荷重に対する耐力に比
べ水平力に対する耐力が低い。
【0006】また、各屋根ユニットは、その底部(床
側)のみが階下の住宅ユニット(つまり、2階用住宅ユ
ニット)に連結された構造であるから、隣接する屋根ユ
ニット相互間を位置決め連結するための連結プレートを
設ける必要がある。このことは、その連結プレートを隣
接する屋根ユニット間に取り付けるための手間がかかる
ので、組み立て作業に時間がかかる。
【0007】しかも、各屋根ユニットをボックス状住宅
ユニットとともに建築現場まで輸送するにしても、各屋
根ユニットはユニット化された形態、つまり、嵩張る形
態であるため、輸送効率が悪く、輸送コストがかかると
いう欠点もある。
【0008】ここに、本発明の目的は、このような従来
技術に鑑みなされたもので、水平力に対する耐力を向上
させることができ、しかも、組み立て作業も能率的にで
きる上、輸送コストも低減できるユニット住宅の屋根構
造を提供することにある。
【0009】
【課題を解決するための手段】そのため、本発明のユニ
ット住宅の屋根構造は、複数のボックス状住宅ユニット
を縦列配置した住宅ユニット列を上下方向へ階段状に積
み重ねたユニット住宅の屋根構造において、前記上下方
向へ階段状に積み重ねられた上階住宅ユニット列と下階
住宅ユニット列との間に、ブレースを対角状に配置した
屋根パネルを各階で縦列配置された隣接する2つのボッ
クス状住宅ユニット間に跨がって取り付けたことを特徴
とする。
【0010】
【作用】まず、複数のボックス状住宅ユニットを縦列配
置した住宅ユニット列を上下方向へ階段状に積み重ねて
ユニット住宅を形成する。最後に、上下方向へ階段状に
積み重ねられた上階住宅ユニット列と下階住宅ユニット
列との間に、ブレースを対角状に配置した屋根パネルを
各階で縦列配置された隣接する2つのボックス状住宅ユ
ニット間に跨がって取り付ける。
【0011】従って、屋根パネルは、上階住宅ユニット
列と下階住宅ユニット列との間に、各階で縦列配置され
た隣接する2つのボックス状住宅ユニット間に跨がって
取り付けられているから、上階住宅ユニット列の隣接す
る2つのボックス状住宅ユニットおよび下階住宅ユニッ
ト列の隣接する2つのボックス状住宅ユニット相互を連
結することができるとともに、従来のように隣接する屋
根ユニット相互を連結する連結プレートなどを不要にで
きる。
【0012】また、屋根パネルは、対角状にブレースを
有し、かつ、上階住宅ユニット列の側面および下階住宅
ユニット列の上面とでトラスを構成しているから、水平
力に対する耐力を向上させることができる。しかも、屋
根パネルは平板状であるから、輸送効率が高く、輸送コ
ストの低減が期待できる。
【0013】
【実施例】以下、本発明の一実施例を図1〜図3に基づ
いて説明する。図1は本実施例のユニット住宅の正面図
である。同図に示す如く、本実施例のユニット住宅1
は、1階用住宅ユニット列11、2階用住宅ユニット列
12および3階用住宅ユニット列13を順次上方へ積み
重ねて構築された居室部2と、この居室部2の斜面に山
形に取り付けられた屋根パネル3とから構成されてい
る。
【0014】ここで、各階用住宅ユニット列11,1
2,13は、図2に示す如く、複数個(本実施例では3
個)のボックス状住宅ユニット4が長手方向へ縦列配置
されて構成されている。なお、各ボックス状住宅ユニッ
ト4の詳細構造については、図示していないが、四隅に
配置される4本の柱の上端間および下端間をそれぞれ各
4本の上梁および下梁で連結してボックス状の骨組みを
形成し、この骨組みの適所に内外壁、天井材、床材など
を取りつけて製造される。
【0015】前記居室部2は、5個の1階用住宅ユニッ
ト列11、3個の2階用住宅ユニット列12および1個
の3階用住宅ユニット列13を順次上方に積み重ね、正
面から見て三角形状の形態に構築されている。従って、
各階を構成する住宅ユニット列11,12,13が階段
状に積み重ねられている。
【0016】前記屋根パネル3は、図2に示す如く、3
階用住宅ユニット列13の上面に取り付けられるL字形
状の棟側屋根パネル21と、2階用住宅ユニット列12
および1階用住宅ユニット列11の階段面側の妻側に取
り付けられる計4枚の妻側屋根パネル22と、この前後
の妻側屋根パネル22の間に取り付けられる計4枚の桁
側屋根パネル23とから構成されている。
【0017】前記桁側屋根パネル23は、図3に示す如
く、矩形枠状に形成された屋根フレーム24と、この屋
根フレーム24の外面側に取り付けられた屋根材25
と、前記屋根フレーム24の対角位置に交差して設けら
れたブレース26とから構成されている。
【0018】このような構成であるから、ユニット住宅
1を構築するには、まず、図示しない基礎上に計5個の
1階用住宅ユニット列11を隣接した状態で据え付け、
続いて、これらの両側の1階用住宅ユニット列11を除
く各1階用住宅ユニット列11の上に計3個の2階用住
宅ユニット列12を据え付けた後、中央の2階用住宅ユ
ニット列12の上に3階用住宅ユニット列13を据え付
け、最後に、屋根パネル3を取り付ける。なお、これら
の住宅ユニット11,12,13の据え付けは、従来と
同様に、上下接合プレートを用いて行う。
【0019】屋根パネル3を取り付けに当たっては、ま
ず、3階用住宅ユニット列13の上面側に棟側屋根パネ
ル21を取り付けた後、階段面側の各階用住宅ユニット
列11,12,13の間に桁側屋根パネル23を各階で
縦列配置された2つのボックス状住宅ユニット4に跨が
って取り付ける。最後に、これらの両側に妻側屋根ユニ
ット22を取り付ける。
【0020】従って、本実施例によれば、複数のボック
ス状住宅ユニット4を縦列配置した住宅ユニット列1
1,12,13を上下方向へ階段状に積み重ねたユニッ
ト住宅1において、前記上下方向へ階段状に積み重ねら
れた1階用住宅ユニット列11と2階用住宅ユニット列
12との間および2階用住宅ユニット列12と3階用住
宅ユニット列13との間に、それぞれ桁側屋根パネル2
3を各階で縦列配置された隣接する2つのボックス状住
宅ユニット4間に跨がって取り付けるようにしたので、
これらの桁側屋根パネル23によって上階住宅ユニット
列の隣接する2つのボックス状住宅ユニット4および下
階住宅ユニット列の隣接する2つの住宅ユニット4を相
互に連結することができる。
【0021】このことは、逆に、上階住宅ユニット列の
隣接する2つのボックス状住宅ユニット4および下階住
宅ユニット列の隣接する2つの住宅ユニット4によって
桁側屋根パネル22の上下端が連結されていることにな
るから、従来のように隣接する屋根ユニット間を相互に
連結する連結プレートを必要としないから、組み立て作
業も能率的に行うことができる。
【0022】また、桁側屋根パネル23は、対角位置に
ブレース26を有し、かつ、上階住宅ユニット列の側面
および下階住宅ユニット列の上面とでトラスを構成して
いるから、水平力に対する耐力を向上させることができ
る。
【0023】また、妻側屋根パネル22および桁側屋根
パネル23は平板状であるから、トラックなどで建築現
場まで輸送するにも、一度に多く積載することができる
から、輸送効率が高く、輸送コストを低減することがで
きる。
【0024】なお、本発明は、上記実施例で述べた構成
のユニット住宅に限られるものではない。例えば、図4
に示すように、居室部2の屋上に、その居室部2を構成
するボックス状住宅ユニット4と対応する位置に2つの
ボックス状住宅ユニット4を縦列配置した住宅ユニット
列13を積み重ねてペントハウスを構成したユニット住
宅の場合には、住宅ユニット列13と居室部2を構成す
る2階用住宅ユニット列12との間に、桁側屋根パネル
23を各階で縦列配置された隣接する2つのボックス状
住宅ユニット4間に跨がって取り付けるようにしても、
同様な効果が期待できる。
【0025】
【発明の効果】以上の通り、本発明のユニット住宅にお
ける屋根構造によれば、水平力に対する耐力を向上させ
ることができ、しかも、組み立て作業も能率的にできる
上、輸送コストも低減できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例を示す正面図である。
【図2】本発明の一実施例を示す斜視図である。
【図3】図1および図2における屋根パネルの斜視図で
ある。
【図4】本発明の他の実施例を示すユニット住宅の斜視
図である。
【符号の説明】
1 ユニット住宅 3 屋根パネル 4 ボックス状住宅ユニット 11,12,13 住宅ユニット列 23 桁側屋根パネル 26 ブレース

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 複数のボックス状住宅ユニットを縦列配
    置した住宅ユニット列を上下方向へ階段状に積み重ねた
    ユニット住宅の屋根構造において、前記上下方向へ階段
    状に積み重ねられた上階住宅ユニット列と下階住宅ユニ
    ット列との間に、ブレースを対角状に配置した屋根パネ
    ルを各階で縦列配置された隣接する2つのボックス状住
    宅ユニット間に跨がって取り付けたことを特徴とするユ
    ニット住宅における屋根構造。
JP3203852A 1991-07-17 1991-07-17 ユニット住宅における屋根構造 Expired - Lifetime JP2977332B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3203852A JP2977332B2 (ja) 1991-07-17 1991-07-17 ユニット住宅における屋根構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3203852A JP2977332B2 (ja) 1991-07-17 1991-07-17 ユニット住宅における屋根構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0525878A true JPH0525878A (ja) 1993-02-02
JP2977332B2 JP2977332B2 (ja) 1999-11-15

Family

ID=16480766

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3203852A Expired - Lifetime JP2977332B2 (ja) 1991-07-17 1991-07-17 ユニット住宅における屋根構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2977332B2 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002070269A (ja) * 2000-08-25 2002-03-08 Misawa Homes Co Ltd 太陽電池支持体
JP2002309678A (ja) * 2001-04-13 2002-10-23 Misawa Homes Co Ltd ユニット式建物
US6711869B2 (en) * 2000-06-30 2004-03-30 Kronotec Ag Process of laying floorboards
JP2011256648A (ja) * 2010-06-11 2011-12-22 Misawa Homes Co Ltd ユニット式建物
JP2020002620A (ja) * 2018-06-28 2020-01-09 旭化成ホームズ株式会社 断熱構造及び建物
JP2020007716A (ja) * 2018-07-03 2020-01-16 旭化成ホームズ株式会社 断熱構造及び建物

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6711869B2 (en) * 2000-06-30 2004-03-30 Kronotec Ag Process of laying floorboards
JP2002070269A (ja) * 2000-08-25 2002-03-08 Misawa Homes Co Ltd 太陽電池支持体
JP2002309678A (ja) * 2001-04-13 2002-10-23 Misawa Homes Co Ltd ユニット式建物
JP2011256648A (ja) * 2010-06-11 2011-12-22 Misawa Homes Co Ltd ユニット式建物
JP2020002620A (ja) * 2018-06-28 2020-01-09 旭化成ホームズ株式会社 断熱構造及び建物
JP2020007716A (ja) * 2018-07-03 2020-01-16 旭化成ホームズ株式会社 断熱構造及び建物

Also Published As

Publication number Publication date
JP2977332B2 (ja) 1999-11-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3430398A (en) Modular building construction
JP4648736B2 (ja) ユニット式建物
JPH0525878A (ja) ユニツト住宅における屋根構造
JP5474721B2 (ja) 建物の屋根構造
JP4595880B2 (ja) 建物ユニット及びこれを用いたユニット建物
JP3571914B2 (ja) 建物ユニット構造体及びその製造方法
JP3278229B2 (ja) 建物ユニットおよびユニット式建物
JP2634741B2 (ja) バルコニ付きユニット建物
JP4411142B2 (ja) ユニット式建物およびそのユニット式建物の施工方法
JP2656390B2 (ja) ユニット住宅
JP2888736B2 (ja) 屋根の構造
JP2690828B2 (ja) 住戸ユニット
JP2741733B2 (ja) ユニット式建物
JP2713524B2 (ja) ユニット建物
JP2622220B2 (ja) 住戸ユニットおよび住戸ユニットの連結構造
JPH0735675B2 (ja) 2階建木質ユニット建物
KR20020028611A (ko) 유니트 건물의 구축방법
JP2018104953A (ja) ユニット式建築物
JP3871780B2 (ja) 屋根
JP2618111B2 (ja) 住戸ユニット
JP3076373U (ja) 木造建築物用壁パネル
JPH0633509A (ja) 組立て式ハウス
JPH10317500A (ja) L字形建物ユニットおよびそのl字形建物ユニットを使用したユニット式建物
JPH09151536A (ja) 建築物
JPH05179710A (ja) 中高層建築物の構造

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19990810

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20070910

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080910

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080910

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090910

Year of fee payment: 10

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090910

Year of fee payment: 10

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100910

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100910

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110910

Year of fee payment: 12

EXPY Cancellation because of completion of term