JPH03156186A - スクロール圧縮機 - Google Patents

スクロール圧縮機

Info

Publication number
JPH03156186A
JPH03156186A JP10095890A JP10095890A JPH03156186A JP H03156186 A JPH03156186 A JP H03156186A JP 10095890 A JP10095890 A JP 10095890A JP 10095890 A JP10095890 A JP 10095890A JP H03156186 A JPH03156186 A JP H03156186A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
scroll
line
spiral
refrigerant injection
spiral wall
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10095890A
Other languages
English (en)
Inventor
Hiroshi Nakajima
浩史 中島
Masayoshi Hara
原 正良
Toshiyuki Nakamura
利之 中村
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsubishi Electric Corp
Original Assignee
Mitsubishi Electric Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Electric Corp filed Critical Mitsubishi Electric Corp
Priority to JP10095890A priority Critical patent/JPH03156186A/ja
Publication of JPH03156186A publication Critical patent/JPH03156186A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F04POSITIVE - DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; PUMPS FOR LIQUIDS OR ELASTIC FLUIDS
    • F04CROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; ROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT PUMPS
    • F04C29/00Component parts, details or accessories of pumps or pumping installations, not provided for in groups F04C18/00 - F04C28/00
    • F04C29/0007Injection of a fluid in the working chamber for sealing, cooling and lubricating

Landscapes

  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • Mechanical Engineering (AREA)
  • General Engineering & Computer Science (AREA)
  • Rotary Pumps (AREA)
  • Applications Or Details Of Rotary Compressors (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本発明は、例えば全密閉形の冷媒圧縮機に使用して好適
なスクロール圧縮機に関するものである。
〔従来の技術〕
一般に、スクロール圧縮機は冷凍装置や空気調和装置に
使用され、冷媒あるいは空気を圧縮するものとして知ら
れている。
従来、この種のスクロール圧縮機は、例えば特開昭60
−166778号公報等に開示され、第3図に示すよう
に構成されている。これを同図に基づいて説明すると、
同図において、符号1で示すものはシェルとしての密閉
容器で、有底筒体1aおよび蓋体1bからなり、周壁に
は内外に開口する吸入管2が取り付けられている。この
密閉容器1内の底部には、潤滑油3が貯溜する油溜4が
設けられている。5は返油孔5aおよびガス通路5bを
有する上方ブラケットで、前記密閉容器1内に固定され
ており、中央部には上方に開口する凹孔6およびこの凹
孔6の内外に開口する挿通孔7が設けられている。8は
返油孔8aおよびガス通路8b、 8cを有する下方ブ
ラケットで、前記密閉容器1内に固定されており、中央
部には前記挿通孔7と同一の方向に開口する挿通孔9が
設けられている。 10は軸線方向に開口する2個の冷
媒噴射孔11と1個の吐出口12を有する固定スクロー
ルで、台板10aおよび渦巻突起10bからなり、前記
上方ブラケット5の上端面に固定されている。この固定
スクロール10には、前記吐出口12に連通しかつ前記
密閉容器1を挿通する吐出管13が固着されている。1
4は下方に突出する揺動軸15を有する揺動スクロール
で、前記台板10aに対向する台板14aおよび前記渦
巻突起10bに偏心して組み合わされた渦巻突起14b
からなり、前記上方ブラケット5にスラスト軸受16を
介して支承されている。この揺動スクロール14と前記
固定スクロール10との間には、偏心方向に開口する吸
入口17および運転時に外周部から内周部に向かって移
動する複数対(点対称)の圧縮室18が設けられている
。これら圧縮室18のうち各対の圧縮室18内には前記
冷媒噴射孔11が開口されている。19は前記油溜4の
潤滑油3中に9pむオイルキャンプ20を先端部に有す
る主軸で、前記揺動軸15が揺動軸受21を介して嵌合
する偏心孔22aおよびこの偏心孔22aに連通ずる偏
心給油通路22bを有する大径部22と、この大径部2
2の偏心給油通路22bと先端面に開口する偏心給油路
23bを有する小径部23とからなり、前記再挿通孔7
,9に軸受24、25を介して回転自在に支承されてい
る。26は前記凹孔6内に臨むオルダム継手で、前記上
方ブラケット5と前記揺動スクロール14との間に設け
られている。このオルダム継手26によって、前記揺動
スクロール14が公転運動(自転せず)するように構成
されている。27は前記主軸19を回転する駆動装置で
、モータロータ27aおよびモータステータ27bから
なり、前記密閉容器1内に設けられている。28は先端
部にフランジ28aを有する冷媒噴射用配管で、前記密
閉容器1に例えばろう付けによって挿通固定され、かつ
凝縮器(図示せず)の出口および前記固定スクロール1
0の冷媒噴射孔11に接続されており、差圧利用によっ
て前記圧縮室18に液冷媒を供給するように構成されて
いる。
なお、29および30は前記密閉容器1と前記フランジ
28aに設けられた通孔である。
このように構成されたスクロール圧縮機においては、駆
動装置27のモータロータ27aによって主軸19が回
転すると、揺動スクロール14がオルダム継手26によ
って自転を阻止されながら公転する。
このとき、吸入管2から密閉容器1内に吸入された冷媒
ガスは、ガス通路8b、 8c、 5bを経て吸入口1
7から圧縮室18に取り込まれ、漸次圧縮されて吐出口
12から吐出管13を介して密閉容器1外に吐き出され
る。また、圧縮室18には、差圧を利用して凝縮器出口
(図示せず)の液ラインから絞り(図示せず)、冷媒噴
射用配管28を通して冷媒ガスが供給される。
〔発明が解決しようとする課題〕
ところで、この種のスクロール圧縮機においては、固定
スクロール10に2つの冷媒噴射孔11が設けられてお
り、このため冷媒噴射用配管28が2個必要となり、冷
媒噴射用配管28の取り付けに多大の時間を費やし、組
立作業効率が低下するという問題があった。また、2個
の冷媒噴射用配管28が必要であることは、部品点数が
嵩み、コスト高になるという問題もあった。
本発明はこのような事情に鑑みてなされたもので、圧縮
機全体の組立作業効率を高めることができると共に、コ
ストの低廉化を図ることができるスクロール圧縮機を提
供するものである。
〔課題を解決するための手段〕
本発明に係るスクロール圧縮機は、冷媒噴射孔を、固定
スクロールの基礎円に引く巻出線とこの巻出線に平行な
基礎円中心線間の平行線上であって、固定スクロールの
最内周渦巻壁とこの渦巻壁に同一側で隣接する渦巻壁間
の中央付近に開口させたものである。
〔作 用〕 本発明においては、組立時に冷媒噴射孔および凝縮器に
接続する冷媒噴射用配管を1個で済ませることができる
〔実施例〕
以下、本考案の構成等を図に示す実施例によって詳細に
説明する。
第1図は本考案に係るスクロール圧縮機の要部を示す断
面図で、同図以下において第2図と同一の部材について
は同一の符号を付し、詳細な説明は省略する。同図にお
いて、符号31で示すものはその中央部に前記吐出口1
2(第1図に図示せず)を有する固定スクロールで、合
板(図示せず)および渦巻突起31bからなり、前記上
方ブラケット5の上端面に固定されている。この固定ス
クロール31の合板(図示せず)には、前記各対の圧縮
室18a、18b内に連通ずる1個の冷媒噴射孔32が
設けられている。この冷媒噴射孔32は、前記固定スク
ロール31の基礎円Pに引く巻出線すに平行な基礎円中
心線a (渦巻中心Oを通る直線)上であって、前記固
定スクロール31の最内周渦巻壁とこの最内周渦巻壁に
同一側で隣接する渦巻壁との間の中央付近に開口されて
いる。すなわち、冷媒噴射孔32は、1回転中に路間−
の時間開口するような位置に設定されているのである。
これにより、前記固定スクロール31と前記揺動スクロ
ール14との間に形成される前記圧縮室18a、 18
b内は略均圧となる。
このように構成されたスクロール圧縮機においては、組
立時に冷媒噴射孔32および凝縮器(図示せず)に接続
する冷媒噴射用配管28を1個で済ませることができる
したがって、本実施例においては、冷媒噴射用配管28
の取付作業時間を短縮することができると共に、部品点
数を削減することができる。
なお、本実施例においては、固定スクロール31の基礎
円中心線a上に冷媒噴射孔32を開口させる例を示した
が、本発明はこれに限定されるものではなく、固定スク
ロール310基礎円Pに引く巻出線す上に開口させても
実施例と同様の効果を奏する。すなわち、冷媒噴射孔3
2は、固定スクロール31の基礎円に引く巻出線すとこ
の巻出線すに平行な基礎円中心線3間の平行線上であっ
て、固定スクロールの最内周渦巻壁とこの最内周渦巻壁
に同一側で隣接する渦巻壁間の中央付近に開口されるも
のならよい。
また、本発明においては、第2図に示すように冷媒噴射
孔32aが一対の点対象な圧縮室18a、18bに対し
て1回転中に路間−の時間だけ開口する位置にあればよ
いことから、成る渦巻壁(最内周渦巻壁以外の渦巻壁で
差し支えない)とこの渦巻壁に同一側で隣接する渦巻壁
との間の中央付近に開口するものであればよい。このと
き、圧縮室18a。
18bは略均圧となり、実施例と同様の効果が得られる
〔発明の効果〕
以上説明したように本発明によれば、固定スクロールの
基礎円に引く巻出線とこの巻出線に平行な基礎円中心線
間の平行線上であって、固定スクロールの渦巻壁とこの
渦巻壁に同一側で隣接する渦巻壁との間の中央付近に冷
媒噴射孔を開口させたので、圧縮機の組立時に冷媒噴射
孔および凝縮器に接続する冷媒噴射用配管を1個で済ま
せることができるから、冷媒噴射用配管の取付作業時間
を短縮することができ、圧縮機全体の組立作業効率を高
めることができる。また、1個の冷媒噴射用配管で済む
ことは、部品点数を削減することができるから、コスト
の低廉化を図ることもできる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明に係るスクロール圧縮機の要部を示す断
面図、第2図は他の実施例を示す断面図、第3図は従来
のスクロール圧縮機の全体を示す断面図である。 14・・・・揺動スクロール、18a、18b  ・・
・・圧縮室、31・・・・固定スクロール、32・・・
・冷媒噴射孔、a・・・・中心線、b・・・・巻出線、
P・・・・基礎円、0・・・・中心。 代 理 人 大岩増雄 第2図 第3図

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 凝縮器の出口に接続する冷媒噴射孔を有する固定スクロ
    ールと、この固定スクロールと共に前記冷媒噴射孔に連
    通する複数対の圧縮室を形成する揺動スクロールとを備
    えたスクロール圧縮機において、前記冷媒噴射孔を、前
    記固定スクロールの基礎円に引く巻出線とこの巻出線に
    平行な基礎円中心線間の平行線上であって、前記固定ス
    クロールの渦巻壁とこの渦巻壁に同一側で隣接する渦巻
    壁との間の中央付近に開口させたことを特徴とするスク
    ロール圧縮機。
JP10095890A 1989-08-04 1990-04-16 スクロール圧縮機 Pending JPH03156186A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10095890A JPH03156186A (ja) 1989-08-04 1990-04-16 スクロール圧縮機

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP20315189 1989-08-04
JP1-203151 1989-08-04
JP10095890A JPH03156186A (ja) 1989-08-04 1990-04-16 スクロール圧縮機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH03156186A true JPH03156186A (ja) 1991-07-04

Family

ID=26441892

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10095890A Pending JPH03156186A (ja) 1989-08-04 1990-04-16 スクロール圧縮機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH03156186A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5329788A (en) * 1992-07-13 1994-07-19 Copeland Corporation Scroll compressor with liquid injection
US5469716A (en) * 1994-05-03 1995-11-28 Copeland Corporation Scroll compressor with liquid injection
US5640854A (en) * 1995-06-07 1997-06-24 Copeland Corporation Scroll machine having liquid injection controlled by internal valve

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS61126396A (ja) * 1984-11-22 1986-06-13 Hitachi Ltd スクロ−ル圧縮機

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS61126396A (ja) * 1984-11-22 1986-06-13 Hitachi Ltd スクロ−ル圧縮機

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5329788A (en) * 1992-07-13 1994-07-19 Copeland Corporation Scroll compressor with liquid injection
US5469716A (en) * 1994-05-03 1995-11-28 Copeland Corporation Scroll compressor with liquid injection
US5640854A (en) * 1995-06-07 1997-06-24 Copeland Corporation Scroll machine having liquid injection controlled by internal valve

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2001214871A (ja) スクロール式機械
JP2002317775A (ja) スクロール圧縮機
JPH04295194A (ja) スクロール圧縮機の給油装置
JPS61261694A (ja) スクロ−ル流体機械
JPH03156186A (ja) スクロール圧縮機
JP3124437B2 (ja) スクロール圧縮機
JPH0343691A (ja) スクロール圧縮機
JPH0442553B2 (ja)
JPS62225793A (ja) 密閉形スクロ−ル圧縮機
JP2553044Y2 (ja) スクロール圧縮機
JP3518210B2 (ja) ロータリー圧縮機
JPH09151890A (ja) 密閉型回転圧縮機
US20230258185A1 (en) Scroll electric compressor
JPH0410397Y2 (ja)
JP3456879B2 (ja) ヘリカルコンプレッサ
JPS62113881A (ja) スクロ−ル形流体機械
JPH0636310Y2 (ja) スクロール形圧縮機
JPS6113757Y2 (ja)
JPH10122171A (ja) ロータリー圧縮機
JPS62199984A (ja) スクロ−ル型圧縮装置
JPH0347496A (ja) スクロール圧縮機
JP3723343B2 (ja) スクロール型圧縮機
JPH10122172A (ja) ロータリー圧縮機
JPS63117186A (ja) スクロ−ル圧縮機
JPS63117191A (ja) スクロ−ル圧縮機