JPH02174755A - N―アルカノイルシステインの製造方法 - Google Patents

N―アルカノイルシステインの製造方法

Info

Publication number
JPH02174755A
JPH02174755A JP32273588A JP32273588A JPH02174755A JP H02174755 A JPH02174755 A JP H02174755A JP 32273588 A JP32273588 A JP 32273588A JP 32273588 A JP32273588 A JP 32273588A JP H02174755 A JPH02174755 A JP H02174755A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
formula
solvent
expressed
alkanoyl chloride
alkanoyl
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP32273588A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2601708B2 (ja
Inventor
Osami Inoue
長三 井上
Osamu Tsuchida
修 土田
Kazuhiko Fukuda
和彦 福田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Resonac Holdings Corp
Original Assignee
Showa Denko KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Showa Denko KK filed Critical Showa Denko KK
Priority to JP32273588A priority Critical patent/JP2601708B2/ja
Publication of JPH02174755A publication Critical patent/JPH02174755A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2601708B2 publication Critical patent/JP2601708B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 [産業上の利用分野] 本発明は、アミノ酸セッケンなどとして有用なN−アル
カノイルシスティンの製造方法に関する。
更に詳しくいえば、本発明は活性なスルフィド基とアミ
ノ基とを有づる遊離システィンのアミノ基のみをアシル
化するN−アルカノイルシスティンの製造方法に関する
[従来の技術およびその課題] システィンはアミノ基のほかに活性なスルフィド基を持
っているために、直接アルカノイル試話を反応ざL!て
アルカノイルシスティンを(qることは困月である。例
えばベンゾイルクロリドとシス゛アインとをアルカリ刊
条1′1下で反応さUると、S−ベンゾイルシスデイン
が選択的に生成する(J、 Aln、 ctlom、 
SOC,,85,1337(1963) )。
また111−水量Mとシスティンとの反応では、酸+1
条(’l (F) I−12)でアミン7i4とスルフ
ィド基の両者がアレプル化されたN、S−ジアレチルシ
ステインをど[成しくJ、 Org、 Ct+c+n、
、26.823 (1961))、−/J % rFf
媒にテトラヒト[−1フランを[[1いるとアミノ1.
tのみがアはチル化され、N−アレチルシスティンを生
成Jることが知られている(J、叶り。
Cl1en1. 、 :り(1,2839(1965)
 ) 、しかしコl/)方法は炭素数が多いカルボン酸
の無水物には工業的に適用覆ることはでさ°ない、。
従つC1アミノ/%QL?ツクンなどに用いられるアル
カ7111塁のiAmf/l 9 ’〜23程度のN−
アルカノイルシスデインの製造は、従来、例えば(1)
シスブンの2個の側鎖アミノ基をフルカッイル化して、
N、N’  −ジアルカノイルシスブンとしたのち、電
気化学的あるいは化学的に還元してN−アルカノイルシ
スティンとする方法(Biochem、 J、、 23
.614 (1931))、(2)システィンのスルフ
ィド基をS−ベンジル化したのら、アミノ基をアルカノ
イルクロリドによりアルカノイル化してN−アルカノイ
ル−S−ベンジルシスティンとし、次いで液体アンモニ
ア中で脱ベンジル化する方法(European J。
Biochem.、 5, 305(1968)等)、
等により行われている。
従って、本発明の課題はシスデインを直接アルカノイル
化してN−アルカノイルシスティン択率よ<4’lる方
法を提供することにある。
[課題を解決するための手段] 本発明者らは、希アルカリ性条件でUtilMりqリド
を用いてアルカノイル化合物を得る、いわゆるScl+
oLten − Baumann法にライて鋭意検問を
小ねた。
その結果、エーテル系溶媒を用いるとスルフィド基が選
択的にアルカノイル化されるが、驚くべきことにケトン
系の溶媒を用いるとスルフィド基は全く反応Uず、アミ
ノ基のみがアルカノイル化されることを見出し、本弁明
を完成した。
ヅなわら、本光明は次式[■] [式中、[(1は水素原子、メチル基またはエチル阜を
表わ1。] で示8れるシスティンまたはその誘導体と次式[川] R2COCI!       [III]E式中、R2
はC8乃至C22のアルキル基を表わず。] で示されるアルカノイルクロリドをケトン系溶媒を用い
てアルカリ性条件下で反応さUることを特徴とする次式
[I] [式中、R1およびR2は前記と同じ意味を表わす。] で示されるN−アルカノイルシスティンの製造方法であ
る。
本発明の方法によりスルフィド基がアルカノイル化され
ない理由の詳細は明らかではないが、ケトンを用いてア
ルカリ性条件とづることにより、アミノ基に比べてスル
フィド基の解ガ1状態が促進されアルカノイルクロリド
の攻撃が受りにくくなることによるものと考えられる。
更に効率よくN−アルカノイルシスデインを什16ため
には予めシスティンをアルカノイル[のケトン水溶液に
溶かしておいて、そこへアルカノイルクロリドを滴下し
、常にシスデイン過剰の状態で反応を行うことが一層有
効である。
本発明の製造り法を更にRT L/ <説明Jる9゜原
料のシスティンおJ、び(の誘)9体は、通常、安定な
塩(塩酸塩等)を使用し、これを水に溶解した後、アル
カリ(苗↑(1ソーダ水溶液等)で中和し、T111の
シスデイン(誘カ体)どした後、室Wiaイ・」近まで
冷)JI L、溶媒を加える。
溶媒としては、アセl〜ン、メチルニブルケトン、メチ
ルニブルケトン等のケトン系溶媒が用いられる。
溶媒の使用聞はアルカノイルクロリドおよびアルカリ水
溶液を加えた反応系が均一となる母が好J: L、いが
、り1〜ン:水=]:1〜l:0.5の範囲がin F
+1: ’(−ある。
次いで、ムfましくは室?A;’1以下の′f;A度に
冷7JIL、つつ)ノルカリ溶液と)ノルカッイルクロ
リドを加える。
このとき反応液のpl−1を7〜9に維持することが、
収挿ζ向上の上で好ましい。
滴下終了後、更に室温(=J近にて111.IJ間程瓜
維持して反応を完結さUる。
次に、冷却し4^がら酸(硫酸等)を加えて反応液のD
 I−1を′1へ・2に調整し、生成した固形物を濾過
Jることにより目的物が高収率(約95%)で17られ
る。
[実施例] 以下、実施例により本発明を説明するが、本発明は下記
の実施例によって限定されるしのではない。
実施例I DL−シスフィン塩酸塩]水和物!+2.79 <0.
3mo、ll )を水100mjに溶解し、次いで30
%苛性ソーダ40yで中和し、全RIMに冷却したのら
、アヒトン40IIdlを加えた。5〜10℃の温度に
冷却しつつ、30%苛性ソーダと塩化ラウ[1イル76
.59を同時に滴下した。この間DHを7〜9に維持し
た。3〜51t、1間で滴下終了したのら、温度A:全
温に保らつつ史に111.’1間反応を続りた。
次に反応液を冷却しなから′10%硫酸にて反応液のp
Hを1〜2に、Jul整した。
生成した白色沈澱を濾過−水洗−乾燥すると、91.7
’JのN−ラウ[1イルl]−シスデインが111られ
た。収率95%。
融点:120℃。
元素分析値: C15l−12903NSとしてCI−
10N   S 5+1”II(直(%)  59.37   9.63
  1!i、82   4.62  10.56実測伯
(%) 59.35 9.66 15.81 4.58
 10.61[発明の効果] 本発明は、美白作用を兼ね備えたアミノ酸しッケンとし
て有用’tZ N−アルカノイルシスティンを、逅臼【
のシスティンとアルカノイルり[1リドとから簡単な操
作で収率よく製造できる方法を提供したしのである。
本発明の方法により、1業的に生産されているシスティ
ンから、従来法のように保護基を導入することナク1白
1トN−アルカノイルシスティン業的に宥価に提供する
ことが可能となった。

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1)次式[II] ▲数式、化学式、表等があります▼[II] [式中、R_1は水素原子、メチル基またはエチル基を
    表わす。] で示されるシステインまたはその誘導体と次式[III] R_2COCl[III] [式中、R_2はC_8乃至C_2_2のアルキル基を
    表わす。] で示されるアルカノイルクロリドをケトン系溶媒を用い
    てアルカリ性条件下で反応させることを特徴とする次式
    [ I ] ▲数式、化学式、表等があります▼[ I ] [式中、R_1およびR_2は前記と同じ意味を表わす
    。] で示されるN−アルカノイルシステインの製造方法。
JP32273588A 1988-12-21 1988-12-21 N―アルカノイルシステインの製造方法 Expired - Lifetime JP2601708B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32273588A JP2601708B2 (ja) 1988-12-21 1988-12-21 N―アルカノイルシステインの製造方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32273588A JP2601708B2 (ja) 1988-12-21 1988-12-21 N―アルカノイルシステインの製造方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH02174755A true JPH02174755A (ja) 1990-07-06
JP2601708B2 JP2601708B2 (ja) 1997-04-16

Family

ID=18147042

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP32273588A Expired - Lifetime JP2601708B2 (ja) 1988-12-21 1988-12-21 N―アルカノイルシステインの製造方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2601708B2 (ja)

Also Published As

Publication number Publication date
JP2601708B2 (ja) 1997-04-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Iwanowicz et al. Preparation of N, N'-bis-tert-Butoxycarbonylthiourea
US5162584A (en) Fluorobenzene derivatives
JPS6030666B2 (ja) 光学活性メルカプトカルボン酸の製造法
DE2045998C3 (de) Verfahren zum Trennen von DL-Cystein in die optischen Antipoden
JPH02174755A (ja) N―アルカノイルシステインの製造方法
JPH02218657A (ja) 高濃度界面活性剤の製造方法
US3663623A (en) Preparation of iodomethylsulfones
JP3011493B2 (ja) 4−アルキル−3−チオセミカルバジドの製造方法
US2441141A (en) Optically active basic amino acid salts of a stereoisomer of cis-2-(4'-carboxy-butyl)-3:4-ureido-tetrahydrothiophene
JPH08291135A (ja) タウリン類縁体の製造方法
US5856563A (en) Process and producing taurine analogues
US2132178A (en) Manufacture of 4-aminobenzene-sulphonic acid amide
JPS62286964A (ja) オキシラセタムの製造方法
US3374269A (en) Process of producing 3, 5-diiodothyronines
US3007966A (en) Method of reducing nitro-substituted arylides of beta-hydroxy carboxylic acids
US3792091A (en) Preparation of anilino iodomethyl-sulfones
JPH01153654A (ja) 含フッ素カルボン酸アンモニウム塩の製造方法
US4173581A (en) Process for the preparation of alkylthiosemicarbazides
JPS5967277A (ja) 立体障害のある2−ベンゾチアゾ−ルスルフエンアミド類の製造方法
Huang et al. Synthesis and Diazotization of Diethyl 6‐Amino‐2‐Hydroxyazulene‐1, 3‐Dicarboxylate and Its 2‐Acetoxyl Derivative
KR960017633A (ko) 4-아미노페닐-2-아세톡시에틸설폰의 제조방법
JPH05339217A (ja) N−フェニルグリシンの精製方法
KR900006444B1 (ko) 2-아미노-3,5-디브로모벤질아민 유도체의 제조방법
KR820001160B1 (ko) 카보시스테인의 합성법
JPS58177933A (ja) Dl−マンデル酸の光学分割方法

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080129

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090129

Year of fee payment: 12

EXPY Cancellation because of completion of term