JPH01290853A - 合成床板 - Google Patents

合成床板

Info

Publication number
JPH01290853A
JPH01290853A JP12031888A JP12031888A JPH01290853A JP H01290853 A JPH01290853 A JP H01290853A JP 12031888 A JP12031888 A JP 12031888A JP 12031888 A JP12031888 A JP 12031888A JP H01290853 A JPH01290853 A JP H01290853A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
steel
side end
steel wire
unbonded
anchor
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP12031888A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2615842B2 (ja
Inventor
Hikojiro Kijima
彦次郎 木島
Etsuji Takasugi
高杉 悦治
Kikuko Yamada
山田 規矩子
Hideo Hayashi
英雄 林
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kajima Corp
Original Assignee
Kajima Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kajima Corp filed Critical Kajima Corp
Priority to JP63120318A priority Critical patent/JP2615842B2/ja
Publication of JPH01290853A publication Critical patent/JPH01290853A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2615842B2 publication Critical patent/JP2615842B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) この発明はデツキプレートを使用した合成床板に関する
ものである。
(従来の技術) 最近、鉄骨鉄筋コンクリート構造の建物の床はデツキプ
レートを使用した合成床板とする場合が多い。
床をこのような構造とすると床型枠を支持する為のパイ
プサポート等といった支保工が殆ど不用になるだけでな
く、型枠の撤去作業もなくなり、施工の大幅省略が図れ
ると言う優れたメリットがある。しかしその反面、床面
積が大きくなるに伴ってコンクリートの収縮や床荷重に
よって床スラブに亀裂が発生することがあり、その対策
が強く望まれていた。
その一つの解決策として、床スラブのコンクリート中に
アンボンドPC鋼線を通すことが行われ、効果をあげて
いる。
(発明が解決しようとする課題) しかしながら、この方法によるとスラブ中央部分の亀裂
は防止できるがアンボンドPC鋼線の定着側端部周辺部
のコンクリートの亀1裂を効果的に防止することが出来
ず、その対応策が強く望まれていた。
この発明はこのような前記従来の要望に鑑みて提案され
たもので、アンボンドPC鋼線端部の定着を確実・強固
に、然も簡単に行うことができ、且つスラブ表面、特に
アンボンドPC鋼線の定着側端部周辺部のコンクリート
の収縮等による亀裂を確実に防止することができるデツ
キプレートを使用した合成床板を提供することを目的と
するものである。
(課題を解決するための手段) 第1の請求項に係る発明は鉄骨梁間にデツキプレートを
架設し、当該デツキプレートの上にアンボンドPC鋼線
を架設すると共にコンクリートを打設することにより構
成される合成床板の前記鉄骨梁上端にスタッドボルトを
突設し、当該スタッドボルトにアンカー鉄筋を取り付け
、当該アンカー鉄筋に前記アンボンドPC鋼線の定着側
端部と定着具及び定着グリップを固定すると共に当該定
着側端部にスパイラル鉄筋を取り付けることにより前記
目的を達成するものである。
又、第2の請求項に係る発明は鉄骨梁間にデツキプレー
トを架設し、当該デツキプレー1〜の上にアンボンドP
C鋼線を架設すると共にコンクリートを打設することに
より構成される合成床板の前記鉄骨梁上端に門型状をし
た複数個のアンカー金具を突設し、当該アンカー金具に
前記アンボンドPC鋼線の定着側端部を固定すると共に
当該定着側端部にスパイラル鉄筋を取り付けることによ
って前記目的を達成するものである。
(実施例) 以下、この発明を図示する一実施例によって説明する。
第1図、第2図及び第3図は第1の請求項に係る発明を
示したもので、符号Aは合成床板、番号1は鉄骨梁、2
はデツキプレート、3はスタッドボルト、4はアンカー
鉄筋、5はアンボンドPCI線、そして番号6はスパイ
ラル鉄筋である。
デツキプレート2は隣合う鉄骨梁1.1間に架設され、
鉄骨梁1.1に溶接もしくはボルト止めすることにより
固定されている。
スタッドボルト3.3は鉄骨梁1の上端に溶接すること
により垂直に取付けられている。
又、スタッドボルト3.3はデツキプレート2の溝部2
aの左右両側に位置するように2乃至4木突設されてい
る。
アンカー鉄筋4は鉄骨梁1の上に鉄骨梁1の長手方向に
沿って延在され、スタンドボルト3.3の上端もしくは
側部に結束線によって結束するか、或いは溶接すること
により固定されている。
アンボンドPC鋼線5は隣合う鉄骨梁1.1間にデツキ
プレート2の溝部2aに沿って架設され、その中央部は
溝部2a内に懸垂曲線状に延在されている。
そして、アンボンドPC鋼線i線5の定着前の定着側端
部5a及び緊張側端部5bはアンカー鉄筋4.4の下側
に結束線によって仮止めされている。
又、アンボンドPC鋼線5の定着側端部5aにはスパイ
ラル鉄筋6とアンカープレート7が取り付けられ、更に
、その先端部の定着グリップ7aに定着している。
スパイラル鉄筋6は定着側端部5a周辺部のコンクリー
ト9の亀裂を防止する目的で配筋されるものであり、ア
ンカープレート7はアンボンドPC鋼線5の定着側端部
5aの定着力をたかめる目的で設置されるのである。
アンボンドPC鋼線5の定着前の緊張側端部5bは合成
床板Aの端部より所定長さ突出した状態におかれている
そして、デツキプレート2の上に全体にわたってコンク
リート9が打設され、当該コンクリート9が充分に硬化
することにより、アンボンドPC鋼線5の定着側端部5
aをコンクリート9中に完全に定着される。
又、緊張側端部5bを掴みアンボンドPC鋼線5を緊張
することにより合成床板Aに所定大のプレストレスが導
入されている。
尚、アンボンドPC鋼線5の緊張側端部5bは定着具8
に挿入し定着する。
第4図及び第5図は第2の請求項に係る発明を示したも
ので、鉄骨梁1の上端部に凹型をした複数本のアンカー
金具10.10が鉄骨梁1の幅方向に一定間装置きに溶
接によって取り付けられ、このアンカー鉄筋10.10
の内側にアンボンドPC鋼線5の定着側端部5aを通す
と共に当該アンカー鉄筋10.10に定着前のアンボン
ドPC鋼線5の定着側端部5aが固定され、その他の構
成は第1の請求項に係る発明と略同じである。
(発明の効果) この発明は以上の構成からなるので、以下の効果を有す
る。
第1の請求項に係る発明によれば、鉄骨梁上端部に複数
本のスタッドボルトを突設し、このスタッドボルトにア
ンカー鉄筋を取り付け、当該アンカー鉄筋にアンボンド
PC鋼線の定着側端部を固定しである為、定着側端部の
仮止めに際し、アンカー鉄筋の位置を上下方向及び左右
方向に適当にずらすことにより定着側端部の位置を自由
に調整できる。従ってアンボンドPC鋼線の定着側端部
と定着具及び定着グリップを確実に固定することができ
る。
又、アンボンドPC鋼線の定着側端部にはスパイラル鉄
筋が配筋しであるので、定着側端部周辺部のコンクリー
トの亀裂を防止することができ、然も当該スパイラル鉄
筋は極めて簡単に製作することができる。
又、鉄骨梁の上端にスタッドボルトを溶接している為、
PCi線の導入による力に対してコンクリートスラブは
ずれたり上側に剥離する心配はない。
【図面の簡単な説明】
第1図、第2図及び第3図は第1の請求項に係る発明の
実施例を示したもので、第1図はアンボンドPC鋼線の
定着側端部の構造賽示す斜視図、第2図は合成床板の断
面図、第3図は第2図に於けるa−a線断面図、第4図
及び第5図4J第2の請求項に係る発明の一実施例を示
したもので、第4図は合成床板の断面図、第5図1、よ
第4図に於けるb−b線断面図である。 A・・・合成床板、1・・・鉄骨梁、2・・・デツキプ
レート、3・・・スタッドボルト、4・・・アンカー1
失筋、5・・・アンボンドPC鋼線、6・・・スパイラ
ル鉄筋、7・・・アンカープレート、7a・・・定着具
、8・・・定着ナツト。 第1図

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1、鉄骨梁間にデッキプレートを架設し、当該デッキプ
    レートの上にアンボンドPC鋼線を架設すると共にコン
    クリートを打設することにより構成される合成床板に於
    いて、前記鉄骨梁上端にスタッドボルトを突設し、当該
    スタッドボルトにアンカー鉄筋を取り付け、当該アンカ
    ー鉄筋に前記アンボンドPC鋼線の定着側端部と定着具
    及び定着グリップを固定すると共に当該定着側端部にス
    パイラル鉄筋を取り付けたことを特徴とするデッキプレ
    ートを使用した合成床板。 2、鉄骨梁間にデッキプレートを架設し、当該デッキプ
    レートの上にアンボンドPC鋼線を架設すると共にコン
    クリートを打設することにより構成される合成床板に於
    いて、前記鉄骨梁上端に門型状をした複数個のアンカー
    金具を前記鉄骨梁の幅方向に一定間隔おきに取付け、当
    該アンカー金具に前記アンボンドPC鋼線の定着側端部
    を固定すると共に当該定着側端部にスパイラル鉄筋を取
    り付けたことを特徴とするデッキプレートを使用した合
    成床板。
JP63120318A 1988-05-17 1988-05-17 合成床板 Expired - Fee Related JP2615842B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP63120318A JP2615842B2 (ja) 1988-05-17 1988-05-17 合成床板

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP63120318A JP2615842B2 (ja) 1988-05-17 1988-05-17 合成床板

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH01290853A true JPH01290853A (ja) 1989-11-22
JP2615842B2 JP2615842B2 (ja) 1997-06-04

Family

ID=14783277

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP63120318A Expired - Fee Related JP2615842B2 (ja) 1988-05-17 1988-05-17 合成床板

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2615842B2 (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH045359A (ja) * 1990-04-20 1992-01-09 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 鋼板・コンクリート合成構造
JP2003049504A (ja) * 2001-08-03 2003-02-21 Toda Constr Co Ltd プレキャストコンクリート床板
KR20040018808A (ko) * 2002-08-27 2004-03-04 전찬진 철근콘크리트 슬래브의 데크 패널
KR101337326B1 (ko) * 2012-11-23 2013-12-06 한국건설기술연구원 와이어로프를 이용한 합성슬래브 내화공법
JP2020041348A (ja) * 2018-09-12 2020-03-19 大成建設株式会社 合成デッキスラブ

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS55114740A (en) * 1979-02-27 1980-09-04 Obayashi Gumi Kk Method of building floor board*beam or like employing unbonded pc steel
JPS57130655A (en) * 1981-02-02 1982-08-13 Kajima Corp Synthesized structure of iron skeletal member and concrete panel

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS55114740A (en) * 1979-02-27 1980-09-04 Obayashi Gumi Kk Method of building floor board*beam or like employing unbonded pc steel
JPS57130655A (en) * 1981-02-02 1982-08-13 Kajima Corp Synthesized structure of iron skeletal member and concrete panel

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH045359A (ja) * 1990-04-20 1992-01-09 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 鋼板・コンクリート合成構造
JP2003049504A (ja) * 2001-08-03 2003-02-21 Toda Constr Co Ltd プレキャストコンクリート床板
KR20040018808A (ko) * 2002-08-27 2004-03-04 전찬진 철근콘크리트 슬래브의 데크 패널
KR101337326B1 (ko) * 2012-11-23 2013-12-06 한국건설기술연구원 와이어로프를 이용한 합성슬래브 내화공법
CN103835422A (zh) * 2012-11-23 2014-06-04 韩国建设技术研究院 用于使用钢丝索对复合板层进行防火处理的方法
CN103835422B (zh) * 2012-11-23 2016-06-01 韩国建设技术研究院 用于使用钢丝索对复合板层进行防火处理的方法
JP2020041348A (ja) * 2018-09-12 2020-03-19 大成建設株式会社 合成デッキスラブ

Also Published As

Publication number Publication date
JP2615842B2 (ja) 1997-06-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6108595B2 (ja) リブ付きプレキャストコンクリート板と、それを用いた合成床スラブと梁のコンクリート打ち分け方法
US4549381A (en) Composite joist system
JPH01290853A (ja) 合成床板
KR100373783B1 (ko) 피시빔교용 가설브래킷 및 이를 이용한 피시빔교 가설방법
KR20070027431A (ko) 철근조립체와 거푸집과 천정 판넬을 스폿용접으로고정시키는 결속구
JP2754369B2 (ja) 建築構造物のボイドスラブ用鉄筋ユニット
JPH07119237A (ja) 合成床版
JP2000038797A (ja) セミプレキャスト床版
JP2582276Y2 (ja) フラットデッキ
JPH0426483Y2 (ja)
JP2536361B2 (ja) Rc構造物の柱・梁接合部構造
KR20020082966A (ko) 슬라브 거푸집의 설치기능을 가지는 피 에스 씨 교량용빔의 가설방법 및 그 장치
KR200441943Y1 (ko) 슬래브 거푸집 패널
JP2010285811A (ja) 片持梁床板用型枠及び片持梁床板用型枠からなる片持梁床板構造体
KR200397203Y1 (ko) 단부 구조가 개선된 트러스형 데크플레이트
JPH03281855A (ja) 建築物の床組工法
JP2853528B2 (ja) 合成床板の構築方法
JPH07331782A (ja) Pc版からなる床スラブ
JP2568987B2 (ja) 鉄筋組立用の支持部材並びにこれを用いた橋梁の施工方法
JPH0860777A (ja) Pc版からなる床スラブ及びその施工法
KR100601097B1 (ko) 플레이트 거더
JP3115552B2 (ja) Pc橋桁におけるpc鋼材横締め緊張用防護装置
KR910006123Y1 (ko) 슬래브구축용 철근형틀
JPS6343281Y2 (ja)
JP2004137843A (ja) 柱と梁の接合構造

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees