JPH01103419A - 誘導加熱コイルの過熱防止装置 - Google Patents

誘導加熱コイルの過熱防止装置

Info

Publication number
JPH01103419A
JPH01103419A JP26206787A JP26206787A JPH01103419A JP H01103419 A JPH01103419 A JP H01103419A JP 26206787 A JP26206787 A JP 26206787A JP 26206787 A JP26206787 A JP 26206787A JP H01103419 A JPH01103419 A JP H01103419A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
temperature
induction heating
heating coil
coil
circuit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP26206787A
Other languages
English (en)
Inventor
Yoko Yamanaka
山中 庸子
Shunsuke Matsuda
俊介 松田
Hiroshi Yamaguchi
博史 山口
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Panasonic Holdings Corp
Original Assignee
Matsushita Electric Industrial Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Electric Industrial Co Ltd filed Critical Matsushita Electric Industrial Co Ltd
Priority to JP26206787A priority Critical patent/JPH01103419A/ja
Publication of JPH01103419A publication Critical patent/JPH01103419A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C45/00Injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould; Apparatus therefor
    • B29C45/17Component parts, details or accessories; Auxiliary operations
    • B29C45/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C45/78Measuring, controlling or regulating of temperature

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 産業上の利用分野 本発明は、射出成形、射出圧縮成形に用いる、加熱手段
を具備した樹脂成形用金型の誘導加熱コイルの過熱防止
装置に関するものである。
従来の技術 従来、金型を加熱する手段として、金型の成形部表面下
に誘導加熱コイルを設けることにより加熱する方法があ
り(例えば、特開昭60−124217号公報)、第2
図はこれに係る樹脂成形用金型を示すものである。誘導
加熱コイル13は、上部キャビティブロック11の外周
、下部キャビティブロック12の内部及びコア10の内
部とに配置されており、電源装置によって交流を供給さ
れ、キャビティブロック11及び12とコア10をそれ
ぞれ誘導加熱する′という構成になっている。
一般に、強磁性体の性質を有する導体の表面近傍にコイ
ルを巻き、このコイルに交流電流を通じると電磁誘導に
よって導体表面が加熱される現象は、電11548理器
、高周波焼入れなどに床用されている。
発明が解決しようとする問題点 しかしながら、上記のような構成では、誘導加熱コイル
の絶縁被膜が、その耐熱温度を超えることにより損傷す
るという間−照点を有していた。
本発明は上記問題点に鑑み、誘導加熱コイルの絶縁被膜
の、過熱による損傷を防ぐことを可能とする誘導加熱コ
イル過熱防止装置を提供するものである。
問題点を解決するための手段 上記問題点を解決するために本発明の誘導加熱コイルの
過熱防止装置は、金型に設けられた誘導加熱コイルの表
面温度を検出する温度検出手段と、誘導加熱コイルの絶
縁被膜の耐熱温度に見合った電力をコイルに供給するよ
う供給制御手段を有する構成を備えたものである。
作用 本発明は上記した構成によって、金型に設けられた誘導
加熱コイルの温度を検出してコイルへの電力供給を制御
し、誘導加熱コイルが一定温度以上になるのを防止する
ことにより、コイルの過熱による被膜損傷を防ぐことと
なる。
実施例 以下本発明の一実施例の誘導加熱コイルの過熱防止装置
について、図面を参照しながら説明する。
第1図は本発明の実施例における誘導加熱コイルの過熱
防止装置の電気制御系の構成を示すブロック図である。
第1図において、1は目標温度設定回路、1″は目標値
信号、2は210回路、2゛はその制御信号、3は高周
波出力回路、4は誘導加熱コイル、5は被加熱物、6は
被加熱物温度検出回路、6°はその制御信号、7はコイ
ル温度検出回路、7゛はコイル温度信号、8は過熱防止
回路、9は基準信号回路、9゛はその基準信号である。
以上のように構成された誘導加熱コイルの過熱防止装置
について、以下第1図を用いてその動作を説明する。
目標温度設定回路1は、各時刻における目標温度に見合
った目標値信号1゛をPID回路2に送る。
PrD回路2はこの目標値信号1゛と後述の被加熱物温
度検出回路6の制御信号6゛とを比較して、制御信号2
′を高周波出力回路3に送る。高周波出力回路3は前記
制御信号2°に応じた高周波電力を誘導加熱コイル4に
供給する。被加熱物5は前記誘導加熱コイル4に入力さ
れた電力に応じて、誘導加熱の原理により加熱されるが
、このときの温度は被加熱物温度検出回路6によって検
出され、PID回路2に送られる。このような閉ループ
によって被加熱物の温度制御が行われる。
一方、コイル温度検出回路7は、誘導加熱コイル4の表
面温度を検出して、コイル温度信号7゛を過熱防止回路
8に送る。過熱防止回路8はこのコイル温度信号7′と
、コイルの絶縁被膜の耐熱温度に見合った基準信号9°
とを比較して、コイル温度信号7°のほうが大きいとき
、高周波出力を減らす、または停止するように高周波出
力回路3を制御する。
以上のような構成によれば、コイルの過熱による絶縁被
膜の損傷を防ぐことができる。
発明の効果 以上のように本発明は、金型に設けられた誘導加熱コイ
ルの表面温度を検出し、誘導加熱コイルの絶縁被膜の耐
熱温度に見合った電力をコイルに供給するよう制御する
ことにより、誘導加熱コイルの過熱による損傷を防ぐこ
とができる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明の実施例における誘導加熱コ1゜ルの過
熱防止装置の電気制御系の構成を示すブロック図、第2
図は従来の樹脂成形用金型の断面図である。 1・・・・・・目標温度設定回路、1゛・・・・・・目
標値信号、2・・・・・・210回路、2°・・・・・
・210回路の制御信号、3・・・・・・高周波出力回
路、4・・・・・・誘導加熱コイル、5・・・・・・被
加熱物、6・・・・・・被加熱物検出回路、6゛・・・
・・・被加熱物温度検出回路の制御信号、7・・・・・
・コイル温度検出回路、7゛・・・・・・コイル温度信
号、8・・・・・・過熱防止回路、9・・・・・・基準
信号回路、9゛・・・・・・基準信号、10・・・・・
・コア、11・・・・・・上部キャビティブロック、1
2・・・・・・下部キャビティブロック、13・・・・
・・誘導加熱コイル。 代理人の氏名 弁理士 中尾敏男 はか1名第2図 V 13審秀博μ旧拳存コイ2し

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 金型に設けられた誘導加熱コイルの表面温度を検出する
    温度検出手段と、誘導加熱コイルの絶縁被膜の耐熱温度
    に見合った電力をコイルに供給する供給制御手段とを有
    することを特徴とする誘導加熱コイルの過熱防止装置。
JP26206787A 1987-10-16 1987-10-16 誘導加熱コイルの過熱防止装置 Pending JPH01103419A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26206787A JPH01103419A (ja) 1987-10-16 1987-10-16 誘導加熱コイルの過熱防止装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26206787A JPH01103419A (ja) 1987-10-16 1987-10-16 誘導加熱コイルの過熱防止装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH01103419A true JPH01103419A (ja) 1989-04-20

Family

ID=17370568

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP26206787A Pending JPH01103419A (ja) 1987-10-16 1987-10-16 誘導加熱コイルの過熱防止装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH01103419A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7462026B2 (en) * 2005-06-10 2008-12-09 Hon Hai Precision Industry Co., Ltd. Mold core having a temperature control apparatus
CN102896713A (zh) * 2012-10-18 2013-01-30 双登集团股份有限公司 塑料热合模具加热管安装结构

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7462026B2 (en) * 2005-06-10 2008-12-09 Hon Hai Precision Industry Co., Ltd. Mold core having a temperature control apparatus
CN102896713A (zh) * 2012-10-18 2013-01-30 双登集团股份有限公司 塑料热合模具加热管安装结构

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8344298B2 (en) Process of measuring the temperature of coil end part and the stator core
JPH0550371B2 (ja)
JP2002529906A (ja) 温度分布を制御するための誘導加熱装置及び方法
JP2002529906A5 (ja)
JP2012505777A (ja) 装置の予熱を可能にする誘導加熱を用いて材料を成形する装置
JPH01103419A (ja) 誘導加熱コイルの過熱防止装置
JP3590718B2 (ja) 誘導コイルによる加熱機構を備えた成形装置
SU763150A1 (ru) Способ отделени металлической арматуры от резины
JPS62124921A (ja) 射出成形機のノズル
JPS5619720A (en) Maintaining method for interval
JPH02301984A (ja) 誘導加熱装置の待機運転方法
JPH02199807A (ja) 化合物超電導コイルの熱処理方法
JP2000023880A (ja) 暖房便座
JPH0557769A (ja) 射出成形機の金型温度調節装置
JPH0334895Y2 (ja)
JP2878906B2 (ja) 電気機器用コイル体の乾燥方法
JP2002015937A (ja) モールドコイルの製造方法および成形型
JPH01239791A (ja) 電磁調理器の誘導加熱装置
JP2006315186A (ja) 円筒金型の加熱方法およびその装置
CA2135294A1 (en) Induction Dryer and Magnetic Separator
JPS6031200Y2 (ja) 誘導加熱装置
TW255007B (en) Induction dryer and magnetic separator
JPH07249478A (ja) ビレットヒータ装置
JPS63209905A (ja) 誘導加熱成形装置
JPH07211440A (ja) ビレットヒータの制御方法