JP6905091B2 - 採便および潜血検出のための一体型デバイス背景 - Google Patents

採便および潜血検出のための一体型デバイス背景 Download PDF

Info

Publication number
JP6905091B2
JP6905091B2 JP2019564571A JP2019564571A JP6905091B2 JP 6905091 B2 JP6905091 B2 JP 6905091B2 JP 2019564571 A JP2019564571 A JP 2019564571A JP 2019564571 A JP2019564571 A JP 2019564571A JP 6905091 B2 JP6905091 B2 JP 6905091B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
test strip
stool collection
stool
tube chamber
piston
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2019564571A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2020507785A5 (ja
JP2020507785A (ja
Inventor
一友 陳
一友 陳
彬 李
彬 李
水弟 仲
水弟 仲
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Hangzhou New Horizon Health Technology Co Ltd
Original Assignee
Hangzhou New Horizon Health Technology Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hangzhou New Horizon Health Technology Co Ltd filed Critical Hangzhou New Horizon Health Technology Co Ltd
Publication of JP2020507785A publication Critical patent/JP2020507785A/ja
Publication of JP2020507785A5 publication Critical patent/JP2020507785A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6905091B2 publication Critical patent/JP6905091B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01NINVESTIGATING OR ANALYSING MATERIALS BY DETERMINING THEIR CHEMICAL OR PHYSICAL PROPERTIES
    • G01N33/00Investigating or analysing materials by specific methods not covered by groups G01N1/00 - G01N31/00
    • G01N33/48Biological material, e.g. blood, urine; Haemocytometers
    • G01N33/50Chemical analysis of biological material, e.g. blood, urine; Testing involving biospecific ligand binding methods; Immunological testing
    • G01N33/53Immunoassay; Biospecific binding assay; Materials therefor
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B10/00Other methods or instruments for diagnosis, e.g. instruments for taking a cell sample, for biopsy, for vaccination diagnosis; Sex determination; Ovulation-period determination; Throat striking implements
    • A61B10/0038Devices for taking faeces samples; Faecal examination devices
    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01NINVESTIGATING OR ANALYSING MATERIALS BY DETERMINING THEIR CHEMICAL OR PHYSICAL PROPERTIES
    • G01N33/00Investigating or analysing materials by specific methods not covered by groups G01N1/00 - G01N31/00
    • G01N33/48Biological material, e.g. blood, urine; Haemocytometers
    • G01N33/50Chemical analysis of biological material, e.g. blood, urine; Testing involving biospecific ligand binding methods; Immunological testing
    • G01N33/72Chemical analysis of biological material, e.g. blood, urine; Testing involving biospecific ligand binding methods; Immunological testing involving blood pigments, e.g. haemoglobin, bilirubin or other porphyrins; involving occult blood
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B10/00Other methods or instruments for diagnosis, e.g. instruments for taking a cell sample, for biopsy, for vaccination diagnosis; Sex determination; Ovulation-period determination; Throat striking implements
    • A61B2010/0003Other methods or instruments for diagnosis, e.g. instruments for taking a cell sample, for biopsy, for vaccination diagnosis; Sex determination; Ovulation-period determination; Throat striking implements including means for analysis by an unskilled person
    • A61B2010/0006Other methods or instruments for diagnosis, e.g. instruments for taking a cell sample, for biopsy, for vaccination diagnosis; Sex determination; Ovulation-period determination; Throat striking implements including means for analysis by an unskilled person involving a colour change
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B10/00Other methods or instruments for diagnosis, e.g. instruments for taking a cell sample, for biopsy, for vaccination diagnosis; Sex determination; Ovulation-period determination; Throat striking implements
    • A61B10/02Instruments for taking cell samples or for biopsy
    • A61B2010/0216Sampling brushes
    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01NINVESTIGATING OR ANALYSING MATERIALS BY DETERMINING THEIR CHEMICAL OR PHYSICAL PROPERTIES
    • G01N1/00Sampling; Preparing specimens for investigation
    • G01N1/02Devices for withdrawing samples
    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01NINVESTIGATING OR ANALYSING MATERIALS BY DETERMINING THEIR CHEMICAL OR PHYSICAL PROPERTIES
    • G01N33/00Investigating or analysing materials by specific methods not covered by groups G01N1/00 - G01N31/00
    • G01N33/48Biological material, e.g. blood, urine; Haemocytometers
    • G01N33/483Physical analysis of biological material
    • G01N33/487Physical analysis of biological material of liquid biological material
    • G01N33/49Blood

Description

本発明は、医療機器に属するものであり、補助的生体外診断器具に関し、特に、採便および潜血検出のための一体型デバイスに関する。
便潜血検出は、便潜血が陽性である患者で大腸内視鏡検査を実施することによる、大腸直腸癌の早期診断および集団のスクリーニングのための重要な技術の1つであり、腫瘍検出率を4〜6倍増加させることができ、大腸内視鏡検査法は、大腸直腸腫瘍を有する高リスク集団をスクリーニングするための最適な方法である。便潜血を毎年検出することによって、大腸直腸癌の罹患率および死亡率が明白に減少することは、複数の大規模な研究機関群によってすでに確認されている。便潜血検出は、集団の大腸直腸癌に対する最先端のスクリーニング技術として、アメリカ癌協会、中国衛生部の大腸直腸癌早期診断ならびに早期治療プロジェクト、中国医学協会の中国消化器病学会などを含む複数の当局によって推奨されている。
従来の便潜血検出においては、被験者は提出および検査用に便を取っておく必要があり、病院の医療従事者は、検出する必要がある。しかしながら、便の採集、ならびに提出および検査のための試料の保管および移送のための要求が比較的高いので、健康診断のために来院する人は、便の提出および検査について無視したり便意がないから提出しなかったりすることがよくある。したがって、実際の集団スクリーニングおよび健康診断では、採便提出検査率が比較的低い。杭州の下城区、上海の徐かい区、およびハルビンの南港区で実施された大腸直腸癌スクリーニング試験では、地域住民の便の提出および検査率は、40%に達していない。実際には、金コロイド試験ストリップによる便潜血を検出する操作方法は、早期妊娠試験ストリップと同様に非常に簡単であり、地域住民は、自宅において自分で検査し判断することができる。
しかしながら、便の検出は、尿の検出とは明白に異なる。第1に、便は尿よりも容易に汚染され、誰も便を直接見たり、または接触したりしたくないことである。第2に、便は固形物であり、先ず、液体中に十分に溶解させた後にだけ、免疫試験ストリップ検出にかけられ得ることである。そのうえ、便の採取量に対する制御は、尿よりも難しい。最後に、検出操作において、便液が漏れ出さないことを確実にする必要があり、または家庭用もしくは非特殊化の家庭用検出には好適ではないことである。便潜血の自己検出用の器具は、現在市場には出回っておらず、免疫金法を採用する便潜血試薬の一部の工場は、それぞれの採便器具を設計しているが、採便器具は、採取量制御デバイスを有さず、これらのいずれも検出器を含まず、全ての検出において、便液は、開放状態でなければならない。現在、便潜血は、専門医療機関に限定されて実施されており、検出において、医療従事者は、一般的に、先ず、便を緩衝液を入れた容器内に置いて溶解させ、次いで容器内の便液を小カップまたは小孔に注ぎ、次いで、液体吸収試験ストリップを検出用の小カップまたは小孔内に挿入する。検出時には、便液は開放状態であり、医療従事者は、便を何度も直接見る必要があり、操作時には、小カップおよび小孔は容易に転倒して、液体が漏れ出し、その時は、医療従事者は手袋を着用して操作する必要があり、検出器具は分散しており、完全なるセットを形成せず、したがって、検出器具は搬送および移送に不便であり、これらの欠点は、現在の便潜血が非専門家によって自主的に検査することができない状況を引き起こしている。
便潜血は、消化管の異常の早期警報であり、消化管の出血量が少ない場合、異常な変化が便の外形には生じないことがあり、これは裸眼では認識できない。したがって、便潜血検査は、消化管中に慢性出血を有すると疑われる患者において実施する必要があり、消化管の悪性腫瘍(例えば、胃癌、大腸直腸癌、ポリープおよび腺腫)の早期スクリーニングに対して重要な意味を有する。従来の免疫検出法、すなわち、ヘモグロビン検出法においては、患者は、採取用チューブまたはキットを使用することによる検査のために、専門病院または健康診断機関に出向く必要がある。患者は、医療検査用の個人試料である便試料を採取用チューブで確保し、定量の便を安定化溶液と混合し、混合した溶液を便潜血キットに滴下させ、コロイド金イムノクロマトグラフィーの原理に従って、混合した溶液がキットの試験ストリップによって吸い上げられて広がって、次いで、色ゾーンが現れ、色ゾーンの色の濃さを基準色カードの色と比較することによって。便潜血が陰性であるかまたは陽性であるかが判断される。
本発明は、採便および潜血検出のための一体型デバイスを提供することを目的とし、一体型デバイスは、蓋、主本体容器封止チューブ、停止ブロック、ピストン、試験ストリップスロット座部、封止シート、基部、および採便用スティックを含み、蓋には、内輪およびC字形外輪が設けられており、内輪の直径が、円形チューブチャンバの内径にぴったりと適合しており、滑らかなチューブ壁が、容器内のいかなるものも漏れ出さないことを確実にするように封止され得る円形チューブチャンバにぴったりと嵌合するように取り入れられており、C字形外輪の直径が、円形チューブチャンバの外径に適合しており、C字形の外輪が、円形チューブチャンバの上方にスリーブに形成されており、内輪とC字形外輪との間の隙間が、円形チューブチャンバのチューブ壁に適合しており、採便用スティックが、内輪の中央で固定されており、採便用スティックの自由端に、便の染みつけに使用されるねじ付き構造が設けられており、採便用スティックが、分離層15の内部の円形穴にぴったりと適合しており、採便用スティックが、ねじ付き面上の余分な便を擦り落とすことができるのみならず、便液の逆方向流出を防止するように、通過する際に二次封止も形成することができ、内輪のチューブ壁に、C字形外輪の開口部において、停止ブロックの隆起部に適合した小さな穴が設けられており、隆起部が小さな穴に挿入されると、固定の役割を果たすように、停止ブロックが上下に滑ることを防止することができる。
主本体容器封止チューブは、液体を保管するための円形チューブチャンバおよび試験ストリップ矩形チューブチャンバによって結合されており、矩形チューブチャンバの上面は封止されており、中央に円形穴を有する漏斗形状を有する分離層が、円形チューブチャンバ内に設けられており、穴の直径は、採便用スティックのねじ付き構造が通過して、ねじ付き面上に残留する便を擦り取るように、採便用スティックの直径に適合している。
停止ブロックのサイズおよび形状は、矩形チューブチャンバの部分に適合しており、停止ブロックの隆起部は、内壁上に設けられ、停止ブロックの取り外しおよび固定を実現するために蓋の小さな穴に適合し、停止ブロックは、採便用スティックが誤操作により前もって挿入されることを防止するために矩形チューブチャンバの上面に位置している。
試験ストリップスロット座部の一側に試験ストリップスロットが設けられており、この試験ストリップスロットは、試験ストリップの底部のガラス繊維が溶液と接触することができるように基部と連通し、試験ストリップスロット座部の他方の側に、中央に穴を有するピストンスロットが設けられており、ピストンが作動前に下に滑ることなく支持されるように、ピストンスロットの上縁部にピストン支持部が設けられており、試験ストリップスロット座部の外形は、主本体容器封止チューブに適合しており、試験ストリップスロットは、矩形チューブチャンバ内に挿入され、ピストンスロットは、円形チューブチャンバ内に位置している。
基部は、試験ストリップスロット座部の底部と共にスリーブに形成され、溶液受容スロットが、基部に設けられており、溝部は、試験ストリップスロットの下に位置し、受容スロットと溝部との間に勾配が設けられており、ピストンスロットを介して受容スロットに進入する定量の溶液は、勾配を介して誘導されて、溝部に流入し、これにより、試験ストリップの底部のガラス繊維は、溝部内の溶液とちょうど接触し、混合された溶液は、試験ストリップのガラス繊維のサイフォン作用の下で広がり、次いで色ゾーンが現れる。
封止シートは、ピストンスロットの背面に付着しており、ピストンがピストン支持部上に置かれているとき、溶液は基部には存在せず、ピストンが押し下げられた後に、鋭い先端を有するピストンロッドが封止シートを突き刺し、これにより、溶液が基部の受容スロットに定量に進入する。
採便用スティックの蓋に近い端部の直径は、分離層の内部の円形穴とより緊密に係合されるように、自由端のものよりも大きい。
ピストンスロットの容積は、定量のニーズに従って設定される。
感湿性コロイド金試験ストリップを保護する役割を果たすように、乾燥剤が矩形チューブチャンバ内に置かれている。
主本体容器封止チューブ、試験ストリップスロット座部、および基部は、一緒に組み立てられ、超音波溶接技術を取り入れることによって、これらの3つの気密溶接が達成される。
本発明のデバイスの使用方法は、以下のとおりである。
1.蓋1を取り外し、便が採便用スティックのねじ込み部分に染みをつけるように、採便用スティックの自由端を用いて便を採集する。
2.採便用スティック8を円形チューブチャンバ13内に挿入し、便が溶液中に十分に溶解されるように器具を揺らす。
3.停止ブロック3を取り外し、蓋1を底部に押圧し、この時点で、採便用スティックがピストン4を下に押し、これによりピストンロッド11の鋭い端部が封止シート6を突き刺し、ピストンスロット12内の定量の混合溶液が基部7の受容スロット21に進入する。
4.混合溶液を、勾配を介して基部7の溝部22内に流入させ、溝部22の底部が、試験ストリップの底部のガラス繊維とちょうど接触し、混合溶液が、試験ストリップのサイフォン作用下で広がり始め、次いで色ゾーンが現れる。
5.10分後に、試験ストリップの観察窓の品質管理線の色および検知線の色をチェックし、色カードとの比較を行って、結果を判定する。
本発明の原理は以下のようである。採便用スティックを有する蓋1を用いて採便を行い、採便用スティックの末端部は、ねじ山を有し、これにより定量の採取を実施する。蓋がチューブ本体に挿入され、漏斗形状を有する分離層が、チューブ本体内に設けられており、チューブ本体を上部チューブチャンバと下部チューブチャンバとに分割し、適切なサイズを有する穴が分離層の内部に設けられており、余分な便を擦り取る役目を果たすように、ねじ山を有する採便用スティックが通過することを可能にし、採便用スティックが、下部チューブチャンバに達し、下部チューブチャンバが、前もって安定化溶液で充填されており、採便用スティックのねじ切り部上の便が安定化溶液中で溶解され、試料混合溶液を形成する。停止ブロックは、蓋の上に組み立てられ、誤操作によって引き起こされる試験ストリップの広がりの早すぎることが、採便および安定化溶液揺らしならびに混合の過程において回避される。採取完了後に、停止ブロックが取り外され、蓋が完全に押し下げ可能なので、ピストンが押されて下方に移動され、ピストンが試験ストリップスロット内に取り付けられ、試験ストリップスロット座部の下部において円形チューブチャンバによって形成された封止空間のピストンスロット12内に下向きに押され、封止空間の容積が、試料混合溶液の移送された定量の容積であり、下方に押すことを続けることによって、ピストンの下部のピストンロッドが、試験ストリップスロットの下部における小さな円形穴を封止している封止シートを突き刺して、定量の容積を有する試料混合溶液が、ピストンスロット12内の小さな穴18によって基部に押圧される。基部は、押し込められた試料混合溶液を受容するための円形チューブチャンバ受容スロット21を有し、受容スロット21は、試料混合溶液を基部の溝部22内に誘導するための勾配を有する。試験ストリップスロットによって固着された試験ストリップの底部は、溝部22内で試料混合溶液と接触し、混合溶液は、試験ストリップのガラス繊維のサイフォン作用下で広がり始め、色ゾーンが現れ、その後、色カードとの比較を行うことができ、これにより、結果を判定する。感湿コロイド金試験ストリップを保護する役目を果たすように、錠剤乾燥剤が、試験ストリップの矩形チューブチャンバ14の隙間に設けられてもよく、チューブ本体、試験ストリップスロットおよび基部が一緒に組み立てられ、超音波溶接技術を取り入れることによって、この3つの気密溶接が達成される。
この器具は構造が簡単であり、生産コストが低く、かつ操作の利便性があり、便液の開放された状態で置く必要がなく、試験は採便後に一度まとめて完了することができ、この器具は、清潔かつ安全である。本発明の実施によって、一般的な人が、いかなる専門的な訓練も受ける必要がなく、簡単な使用説明に従って、正確かつ清潔に便潜血試験を完了し、検出結果を判定することができ、いかなる汚染もなく、または便液の漏れもなく、一定量の便を正確に採集することができ、潜血結果は、他のアイテムの助けを借りずに迅速に試験することができ、一般的な成人が、便潜血検出を時と場所を問わずに実施することができ、したがって、本発明は、便提出および検査の不便さに起因する低い検査率の問題を克服するのに有益であり、便潜血の検出をさらに促進するため、集団の大腸直腸癌の早期診断および受診率を改善することができる。
本発明は、先行技術の欠点を克服し、前述の問題を十分に解決し、本発明の器具は、便試料の定量の採集、溶解、濾過、免疫試験ストリップによる検出の機能を一体化し、持ち運びおよび操作が便利であり、試験は、採取後に便を直接見ることなく行うことができ、本デバイスでは、保管、移送および検出中にいかなる液体も漏れ出すことはない。一般的な成人は、便潜血自己検出を、時と場所を問わずに実施することができる。本発明によれば、採取用チューブおよび試験ストリップは、1つのキットに組み合わされ、液体保管チューブチャンバおよび試験ストリップチューブチャンバは、封止され、かつ比較的独立している。患者は自宅で検出することができ、使用説明書に従って、自宅で採取、検出および判定を完了することができる。操作は、簡便かつ迅速である。試料の保存鮮度および検出結果の精度が向上する。
本発明の構造概略図 試験ストリップスロット部品の構造概略図 チューブ本体部品の構造概略図 蓋部品の構造概略図 停止ブロック部品の構造概略図 底部部品の構造概略図 ピストン部品の構造概略図 本発明のデバイスの使用前の状態図
添付図面および実施形態と組み合わせて、本発明に対するさらなる説明がなされる。
実施形態1
図1〜図7を参照すると、採便および潜血検出のための一体型デバイスは、蓋1、主本体容器封止チューブ2、停止ブロック3、ピストン4、試験ストリップスロット座部5、封止シート6、基部7、および採便用スティック8を含む。
蓋1には、内輪16およびC字形外輪17が設けられている。内輪16の直径は、円形チューブチャンバ13の内径にぴったりと適合している。滑らかなチューブ壁が、容器内のいかなるものも漏れ出さないことを確実にするように封止され得る、円形チューブチャンバ13にぴったりと嵌合するように取り入れられている。C字形外輪17の直径は、円形チューブチャンバ13の外径に適合している。C字形の外輪17は、円形チューブチャンバの上方にスリーブに形成されている。内輪16とC字形外輪17との間の隙間が、円形チューブチャンバ13のチューブ壁に適合している。採便用スティック8は、内輪16の中央で固定されている。採便用スティック8の自由端には、便の染みつけに使用されるねじ付き構造19が設けられている。採便用スティック8は、分離層15の内部の円形穴にぴったりと適合している。採便用スティック8は、ねじ付き面上の余分な便を擦り落とすことができるのみならず、便液の逆方向流出を防止するように、通過する際に二次封止も形成することができる。内輪16は、C字形外輪17の開口部においてチューブ壁内に、停止ブロック3の隆起部20に適合した小さな穴18を有する。隆起部20が小さな穴18に挿入されると、固定の役割を果たすように、停止ブロック3が上下に滑ることを防止することができる。
主本体容器封止チューブ2は、液体を保管するための円形チューブチャンバ13および試験ストリップ矩形チューブチャンバ14によって結合されている。矩形チューブチャンバ14の上面は、封止されている。中央に円形穴を有する漏斗形状を有する分離層15が、円形チューブチャンバ13内に設けられている。この穴の直径は、採便用スティック8のねじ付き構造19が通過して、ねじ付き面上に残留する便を擦り取るように、採便用スティック8の直径に適合している。
停止ブロック3のサイズおよび形状は、矩形チューブチャンバ14の部分に適合している。隆起部20は、内壁上に設けられ、停止ブロック3の取り外しおよび固定を実現するために蓋1の小さな穴18に適合している。停止ブロック3は、採便用スティック8が誤操作により前もって挿入されることを防止するために矩形チューブチャンバ14の上面に位置している。
試験ストリップスロット9は、試験ストリップスロット座部5の一側に設けられている。試験ストリップスロット9は、試験ストリップの底部のガラス繊維が溶液と接触し得るように、基部7と連通する。試験ストリップスロット座部5の他方の側は、中央に穴を有するピストンスロット12である。2つピストン支持部10は、ピストン4が作動前に下に滑ることなく支持されるように、ピストンスロッ12トの上縁部に設けられている。試験ストリップスロット座部5の外形は、主本体容器封止チューブ2に適合している。試験ストリップスロット9は、矩形チューブチャンバ14内に挿入されている。ピストンスロット12は、円形チューブチャンバ13内に位置する。
基部7は、試験ストリップスロット座部5の底部と共にスリーブに形成される。溶液受容スロット21は、基部7の一側に設けられている。溝部22は、他方の側で試験ストリップスロット9の下に位置する。受容スロット21と溝部22との間に勾配が設けられている。ピストンスロット12を介して受容スロット21に進入する定量の溶液は、試験ストリップの底部のガラス繊維が溝部22内の溶液とちょうど接触するように、この勾配を介して誘導されて溝部22に流入する。混合された溶液は、試験ストリップのガラス繊維のサイフォン作用の下で広がり、次いで色ゾーンが現れる。
封止シート6は、ピストンスロット12の背面に付着して、ピストンスロット12内の小さな穴を封止し、ピストン4がピストン支持部10上に置かれる。この時点で溶液は基部7には存在せず、ピストン4が押し下げられた後に、鋭い先端を有するピストンロッド11が封止シート6を突き刺し、これにより、溶液が基部7の受容スロット21に定量に進入する。
採便用スティック8の蓋に近い端部の直径は、分離層15の内部の円形穴とより緊密に係合されるように、自由端(ねじ付き構造を有する端部)のものよりも大きい。
ピストンスロット12の容積は、定量のニーズに従って設定される。
主本体容器封止チューブ2、試験ストリップスロット座部5、および基部7は、一緒に組み立てられ、超音波溶接技術を取り入れることによって、これら3つの気密溶接が達成される。
取り付け順序は、以下の通りである。
1.停止ブロック3の隆起部20を蓋の小さな穴18内に挿入し、採便用スティック8を、すでに安定化溶液で充填された主本体容器封止チューブ2の円形チューブチャンバ13内に挿入し、この時点で、液体が保管および移送中に漏れ出すことはないように、停止ブロック3は、矩形チューブチャンバ14の上面に位置しており、蓋の内輪および主本体容器封止チューブ2の円形チューブチャンバの開口部が、ぴったりと封止され、かつ採便用スティック8および分離層15の内部の円形穴が封止されている。
2.ピストンをピストン支持部10上に置き、封止シート6を、ピストンスロット12の背面に固着させ、これにより、ピストンスロット12を封止する。
3.試験ストリップを試験ストリップスロット9内に挿入し、基部7を、試験ストリップスロット座部5と組み合わせ、超音波溶接によって封止し、感湿性コロイド金試験ストリップを保護する役割を果たすように乾燥剤23(図8を参照)を矩形チューブチャンバ14の隙間に置き、容器封止チューブ2の下面が試験ストリップ座部5と共にスリーブを形成して、封止されたデバイスを形成する。
実施形態2は、デバイスの使用方法である。
1.蓋1を取り外し、便が採便用スティックのねじ付き部分に染みをつけるように、採便用スティックの自由端を用いて便を採集する。
2.採便用スティック8を、円形チューブチャンバ13内に挿入し、弁が溶液中で十分に溶解されるように器具を揺らす。
3.停止ブロック3を取り外し、蓋1を底部に押圧し、この時点で、採便用スティックがピストン4を下に押し、これによりピストンロッド11の鋭い端部が封止シート6を突き刺し、ピストンスロット12内の定量の混合溶液が基部7の受容スロット21に進入する。
4.混合溶液を、勾配を介して基部7の溝部22内に流入させて、溝部22の底部が、試験ストリップの底部のガラス繊維とちょうど接触し、混合溶液が、試験ストリップのサイフォン作用下で広がり始め、次いで色ゾーンが現れる。
5.10分後に、試験ストリップの観察窓の品質管理線の色および検知線の色をチェックし、色カードとの比較を行って、結果を判定する。
実施形態3.
先行技術の構造と比較して、本発明は、以下の利点を有する。
1.製品生産効率が向上され、操作手順が低減され、基部には超音波溶接が取り入れられ、1つの基部を溶接するのにわずかの数秒のみが必要とされ、一方、以前の製品は、接着剤が塗られる必要があり、製品を完全に粘着するために、8時間以上が必要である。
2.製品品質が改善され、超音波溶接は、基部が封止され、それにより、液体漏出のリスクを低減させるか、または完全に除去する。以前の製品は、接着剤が塗られており、この接着剤は、緩衝液の機能および試験ストリップの広がりに対して影響を引き起こし、この場合、製品の感度は低下するか、または擬陽性が引き起こされる。
3.使用利便性が向上され、試験は、蓋を引き抜き、採取し、蓋を挿入して元に戻し、揺らし、停止ブロックを引き抜き、蓋を押し下げて、設定時間内に広げることによって出現する色ゾーンを判定するだけで完了する。前の製品については、試験は、蓋を引き抜き、採取し、蓋を挿入して元に戻し、揺らし、安全ペースタを引きはがし、蓋を押し下げて、蓋を定位置に引き戻し、チューブ本体を力強くつまんで、色ゾーンの現れまで待機することが必要とされる。色ゾーンの現れまでの時間は制御不能であり、異なる操作者がチューブ本体をつまむための力の強さも制御不能であるため、判定結果に大きな違いをもたらす。
4.広げるのに必要な試料液体は定量化することができ、各製品について、ピストンによって押されて移送される液体の容積は、異なる操作者によって影響されることがなく同一である。以前の製品については、異なる人々がチューブ本体をつまみ、摘まむ力が異なるので、移送される液体量は制御不能である。

Claims (9)

  1. 採便および潜血検出のための一体型デバイスであって、蓋(1)、主本体容器封止チューブ(2)、停止ブロック(3)、ピストン(4)、試験ストリップスロット座部(5)、封止シート(6)、基部(7)、および採便用スティック(8)を備え、前記蓋(1)に内輪(16)およびC字形外輪(17)が設けられており、前記内輪(16)の直径が円形チューブチャンバ(13)の内径に適合しており、前記C字形外輪(17)の直径が前記円形チューブチャンバ(13)の外径に適合しており、前記内輪(16)と前記C字形外輪(17)との間の隙間が前記円形チューブチャンバ(13)のチューブ壁に適合しており、前記採便用スティック(8)が前記内輪(16)の中央に固定されており、前記採便用スティック(8)の自由端にねじ付き構造(19)が設けられており、前記採便用スティック(8)が分離層(15)の内部の円形穴にぴったりと適合しており、前記内輪(16)の前記チューブ壁に、前記C字形外輪(17)の開口部において、前記停止ブロック(3)の隆起部(20)に適合した小さな穴(18)が設けられており、前記主本体容器封止チューブ(2)が、液体を保管するための前記円形チューブチャンバ(13)と矩形チューブチャンバ(14)との組み合わせからなり、中央に円形穴を有する漏斗形状を有する前記分離層(15)が前記円形チューブチャンバ(13)に設けられており、前記停止ブロック(3)の形状が前記矩形チューブチャンバ(14)の上部の断面に適合しており、前記隆起部(20)が、前記停止ブロック(3)の内壁上に設けられ、かつ前記蓋(1)の小さな穴(18)に適合しており、前記停止ブロック(3)が前記矩形チューブチャンバ(14)の前記上部に位置しており、試験ストリップスロット(9)が前記試験ストリップスロット座部(5)の一側に設けられており、前記試験ストリップスロット座部(5)の他側に、中央に穴を有するピストンスロット(12)が設けられており、2つのピストン支持部(10)がピストンスロット(12)の上縁部に設けられており、前記試験ストリップスロット座部(5)の外形が前記主本体容器封止チューブ(2)に適合しており、前記基部(7)が前記試験ストリップスロット座部(5)の底部の内側に嵌められており、溶液受容スロット(21)が前記基部(7)の一側に設けられており、前記基部(7)の他側に、前記試験ストリップスロット(9)の下に位置する部分において溝部(22)が設けられており、前記溶液受容スロット(21)と前記溝部(22)との間に斜面が設けられており、前記封止シート(6)が前記ピストンスロット(12)の背面に付着しており、前記ピストン(4)が前記ピストン支持部(10)上に置かれている、採便および潜血検出のための一体型デバイス。
  2. 前記漏斗形状を有する分離層(15)の内部の前記円形穴の直径が、前記採便用スティック(8)の直径に適合している、請求項1に記載の採便および潜血検出のための一体型デバイス。
  3. 前記停止ブロック(3)の取り外しおよび固定を実現するために、前記停止ブロック(3)の前記内壁上に設けられた前記隆起部(20)が、前記蓋(1)の前記小さな穴(18)に適合している、請求項1に記載の採便および潜血検出のための一体型デバイス。
  4. 前記試験ストリップスロット(9)が、前記基部(7)と連通する、請求項1に記載の採便および潜血検出のための一体型デバイス。
  5. 前記ピストンスロット(12)の容積が、定量のニーズに従って設定される、請求項1に記載の採便および潜血検出のための一体型デバイス。
  6. 前記試験ストリップスロット(9)が、前記矩形チューブチャンバ(14)内に挿入されており、前記ピストンスロット(12)が、前記円形チューブチャンバ(13)内に位置する、請求項1に記載の採便および潜血検出のための一体型デバイス。
  7. 前記採便用スティック(8)の前記蓋に近い端部の直径が、前記自由端のものよりも大きく、前記採便用スティック(8)が、前記分離層(15)の内部の前記円形穴にぴったりと適合している、請求項1に記載の採便および潜血検出のための一体型デバイス。
  8. 前記主本体容器封止チューブ(2)、前記試験ストリップスロット座部(5)、および前記基部(7)が、超音波溶接技術を使用することによって、気密溶接され、かつ一緒に組み立てられている、請求項1に記載の採便および潜血検出のための一体型デバイス。
  9. 前記矩形チューブチャンバ(14)の上部が封止されている、請求項1に記載の採便および潜血検出のための一体型デバイス。
JP2019564571A 2017-02-14 2017-09-21 採便および潜血検出のための一体型デバイス背景 Active JP6905091B2 (ja)

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN201710078782.4 2017-02-14
CN201710078782.4A CN106680477B (zh) 2017-02-14 2017-02-14 一种粪便取样及隐血检测一体化装置
PCT/CN2017/102799 WO2018149131A1 (zh) 2017-02-14 2017-09-21 一种粪便取样及隐血检测一体化装置

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2020507785A JP2020507785A (ja) 2020-03-12
JP2020507785A5 JP2020507785A5 (ja) 2020-04-23
JP6905091B2 true JP6905091B2 (ja) 2021-07-21

Family

ID=58862227

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2019564571A Active JP6905091B2 (ja) 2017-02-14 2017-09-21 採便および潜血検出のための一体型デバイス背景

Country Status (5)

Country Link
US (2) US11337680B2 (ja)
EP (1) EP3584575B1 (ja)
JP (1) JP6905091B2 (ja)
CN (2) CN106680477B (ja)
WO (1) WO2018149131A1 (ja)

Families Citing this family (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN106680477B (zh) 2017-02-14 2019-03-01 杭州诺辉健康科技有限公司 一种粪便取样及隐血检测一体化装置
CN107966582A (zh) * 2017-11-10 2018-04-27 杭州迪图科技有限公司 一种样本收集检测器
CN107807006A (zh) * 2017-10-25 2018-03-16 上海菲伽生物科技有限公司 用于大便检测的储便装置
US11293839B2 (en) * 2018-08-16 2022-04-05 Epitope Biotechnology Co., Ltd. Device for fecal sample collection and extraction
CN109187959A (zh) * 2018-08-27 2019-01-11 刘小玲 一种个人自测层析试剂检测装置
CN108680573B (zh) * 2018-08-27 2023-09-01 陈继贵 序贯粪隐血采集检测一体装置
CN109342102A (zh) * 2018-09-30 2019-02-15 厦门为正生物科技股份有限公司 一种粪便采样处理装置
CN108982191B (zh) * 2018-10-19 2023-12-29 医芯(厦门)科技有限公司 磁力检测笔、磁力笔用检测平台及检测方法
CN109342106A (zh) * 2018-11-06 2019-02-15 南京微略生物科技有限公司 一种医学检测用粪便安全取样设备
CN110018013A (zh) * 2019-03-27 2019-07-16 江苏宝卫士生物科技有限公司 一种医用取样、检测一体化装置
CN112014553B (zh) * 2019-05-31 2021-08-27 上海锐翌生物科技有限公司 粪便隐血检测装置
CN112274185A (zh) * 2019-07-22 2021-01-29 大连中孚生物工程有限公司 粪便样本采集方法及粪便样本采集辅助装置
CN110736841A (zh) * 2019-11-19 2020-01-31 江苏元丞生物科技有限公司 快速检测粪便转铁蛋白一体化装置及检测方法
CN110736842A (zh) * 2019-11-19 2020-01-31 江苏元丞生物科技有限公司 快速检测粪便乳铁蛋白一体化装置及检测方法
CN111473989A (zh) * 2020-04-22 2020-07-31 重庆沃康生物科技有限公司 粪便肠道病毒取样器
CN111879927A (zh) * 2020-07-08 2020-11-03 蔡竹 一种简易型大便隐血和幽门杆菌检测装置
CN112504722A (zh) * 2020-11-24 2021-03-16 安徽桐康医疗科技股份有限公司 一种高过滤性采便管
CN113447645B (zh) * 2021-06-11 2023-01-31 青岛大学附属医院 一种医疗检验用培养瓶样本辅助取放装置
KR102333133B1 (ko) * 2021-07-29 2021-12-02 한경준 일체형 자가검사키트
CN115267151B (zh) * 2022-06-10 2023-03-17 厦门美孝健康科技有限公司 一种智能化人体排泄物医疗辅助处理装置与系统
CN117129671B (zh) * 2023-10-26 2024-01-23 苏州星安生物科技有限公司 一种粪便样本采集及检测一体化装置

Family Cites Families (33)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
TW235237B (ja) * 1992-12-18 1994-12-01 Eiken Chemical
JP2597576Y2 (ja) 1993-12-03 1999-07-05 積水化学工業株式会社 便潜血検査装置
JPH08160040A (ja) * 1994-10-05 1996-06-21 Sekisui Chem Co Ltd 便潜血判定装置
JPH08189928A (ja) * 1995-01-10 1996-07-23 Dainippon Printing Co Ltd 便内潜血検出装置
US5882942A (en) * 1995-02-15 1999-03-16 Wako Pure Chemical Industries, Ltd. Method for sampling feces
CN1178578A (zh) * 1995-03-14 1998-04-08 霍华德·M·钱德勒 试样采集装置
US6248294B1 (en) 1998-04-15 2001-06-19 Frederic L. Nason Self contained diagnostic test unit
CN2415725Y (zh) * 2000-04-06 2001-01-24 林岗 大便常规检查盒
JPWO2002055994A1 (ja) * 2001-01-16 2004-05-20 国際試薬株式会社 採便装置および採便方法
JP4253344B2 (ja) * 2003-11-14 2009-04-08 インバーネス・メデイカル・スウイツツアーランド・ゲゼルシヤフト・ミツト・ベシユレンクテル・ハフツング 封止可能なサンプル保存リザーバを備える流体サンプル分析装置
US7780915B2 (en) 2005-02-16 2010-08-24 Epitope Diagnostcs, Inc. Fecal sample test device and methods of use
US20060210448A1 (en) * 2005-03-10 2006-09-21 Naishu Wang Fecal specimen collection, preserving and transport device and method
US20060292034A1 (en) * 2005-06-28 2006-12-28 American Bio Medica Corporation Saliva sample testing device
JP4840366B2 (ja) 2005-12-16 2011-12-21 ニプロ株式会社 便採取容器
US7871568B2 (en) 2006-01-23 2011-01-18 Quidel Corporation Rapid test apparatus
JP5616786B2 (ja) * 2008-05-12 2014-10-29 オリンパス株式会社 糞便処理容器
WO2010024042A1 (ja) * 2008-08-29 2010-03-04 オリンパス株式会社 検体用容器
CN201464223U (zh) 2009-07-01 2010-05-12 天津美德太平洋科技有限公司 一次性全封闭体液标本采集器
CN101907529B (zh) * 2010-07-07 2012-04-25 吴白平 一次性大便定量采集、预处理器
JP6191596B2 (ja) * 2012-03-21 2017-09-06 ニプロ株式会社 便検査用キット
CN102798542B (zh) * 2012-08-22 2014-06-18 浙江大学 一种大便采样和隐血自测器
CN103217313B (zh) * 2013-03-25 2015-10-14 万华普曼生物工程有限公司 一种粪便采集检测装置及基于该装置检测粪便的方法
CN203241258U (zh) * 2013-03-25 2013-10-16 万华普曼生物工程有限公司 一种粪便采集检测装置
CN203337418U (zh) * 2013-05-24 2013-12-11 深圳华大基因科技有限公司 一种粪便取样器
CN104819864B (zh) * 2015-04-23 2018-03-09 广州万孚生物技术股份有限公司 样本采集器及含有该样本采集器的样本检测器
CN104792567B (zh) * 2015-04-30 2018-03-02 珠海市银科医学工程有限公司 一种新型采便及快速免疫检测装置及其操作方法
CN104849440B (zh) 2015-05-28 2017-07-11 万华普曼生物工程有限公司 带有防误装结构的采集检测一体装置
CN204855544U (zh) * 2015-07-17 2015-12-09 杭州图瑞生物科技有限公司 大便隐血检测装置
CN106769161A (zh) * 2017-01-18 2017-05-31 杭州诺辉健康科技有限公司 定量粪便取样和预处理装置
CN106680477B (zh) * 2017-02-14 2019-03-01 杭州诺辉健康科技有限公司 一种粪便取样及隐血检测一体化装置
CN206523509U (zh) * 2017-02-14 2017-09-26 杭州诺辉健康科技有限公司 一种粪便取样及隐血检测一体化装置
US10772610B2 (en) * 2017-02-22 2020-09-15 Hangzhou D2 Technology CO., LTD. Sample collection detector
CN207074121U (zh) * 2017-07-19 2018-03-06 南通大学附属医院 一种粪便隐血检测装置

Also Published As

Publication number Publication date
US11337680B2 (en) 2022-05-24
EP3584575A1 (en) 2019-12-25
EP3584575B1 (en) 2023-01-04
EP3584575A4 (en) 2020-12-09
CN110366682A (zh) 2019-10-22
WO2018149131A1 (zh) 2018-08-23
CN106680477A (zh) 2017-05-17
CN106680477B (zh) 2019-03-01
US11839363B2 (en) 2023-12-12
US20200205788A1 (en) 2020-07-02
CN110366682B (zh) 2023-11-21
US20220240902A1 (en) 2022-08-04
JP2020507785A (ja) 2020-03-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6905091B2 (ja) 採便および潜血検出のための一体型デバイス背景
WO2020192711A1 (zh) 一种医用取样、检测一体化装置
WO2014154079A1 (zh) 一种粪便采集检测装置及基于该装置检测粪便的方法
JP2017516109A (ja) サンプリング及び分析用キット、サンプルホルダ並びに方法
DK2788755T3 (en) HEMOLYSE DETECTION DEVICE
EP3411709B1 (en) An arrangement for collection and separation of a body fluid for purposes of analysis and a method relating thereto
CN208140386U (zh) 粪便样本一体化采集装置
CN219201612U (zh) 一种可集合式体外诊断用的医疗检测装置
KR102498295B1 (ko) 밀폐식 일체형 표적검사키트
CN212255361U (zh) 一种样本检测装置
JP3120085U (ja) 体液即時検査・診断デバイス
CN212255360U (zh) 一种固态样本检测装置
CN108680573B (zh) 序贯粪隐血采集检测一体装置
CN210401430U (zh) 粪便隐血检测装置
CN100397080C (zh) 具有免疫层析检测指示功能的卫生用品
CN218067657U (zh) 便隐血检测试剂瓶
CN217878915U (zh) 便隐血检测试剂瓶
CN217543122U (zh) 一种样本收集瓶
CN206792413U (zh) 一种检验科用多功能智能采血系统
CN219015682U (zh) 一种粪便采集与检测一体化装置
JPH0552757U (ja) 検査具
CN218496476U (zh) 取样及检测一体化装置
CN217981264U (zh) 一次性便携尿液采集检测装置
CN219122048U (zh) 一种自测采样检测装置
CN217852981U (zh) 一种便携式血型检测器

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20200213

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20200213

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20201222

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20201225

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20210319

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20210608

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20210624

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6905091

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150