JP6876214B2 - フィルター清掃装置及び乾燥機 - Google Patents

フィルター清掃装置及び乾燥機 Download PDF

Info

Publication number
JP6876214B2
JP6876214B2 JP2017081366A JP2017081366A JP6876214B2 JP 6876214 B2 JP6876214 B2 JP 6876214B2 JP 2017081366 A JP2017081366 A JP 2017081366A JP 2017081366 A JP2017081366 A JP 2017081366A JP 6876214 B2 JP6876214 B2 JP 6876214B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
filter
cleaning
dust
cleaning device
discharge port
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2017081366A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2018176092A (ja
Inventor
徳智 木野
徳智 木野
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kowa Co Ltd
Original Assignee
Kowa Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kowa Co Ltd filed Critical Kowa Co Ltd
Priority to JP2017081366A priority Critical patent/JP6876214B2/ja
Publication of JP2018176092A publication Critical patent/JP2018176092A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6876214B2 publication Critical patent/JP6876214B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、フィルターに付着した塵埃を除去するためのフィルター清掃装置と、このフィルター清掃装置を備えた乾燥機に関するものである。
従来から、洗濯乾燥機において塵埃を捕集するフィルターが設置され、このフィルターに付着した塵埃を除去するためのフィルター清掃装置が知られている(特許文献1)。
特許文献1のフィルター清掃装置は、乾燥運転時に洗濯物から発生する糸くず等を捕獲する防塵フィルターと、この防塵フィルターに摺接して捕獲された糸くず等を除去する除塵体とを有するものであって、除塵体は、駆動源によって回転するシャフトに取り付けられ、シャフトに沿って移動することによって防塵フィルター上を摺接移動する構成としている(特許文献1の図5参照)。
特開2008−142267号公報
しかしながら、上記特許文献1に記載のフィルター清掃装置の除塵体は、正面視が略長方形状の所定の厚みを有する板状体であって、防塵フィルターのフィルター面に対して垂直方向が高さ方向となっていることから、掻き集められた塵埃の量が多い場合には除塵体を乗り越えて清掃済みのフィルター面に再付着するという課題を有していた。
本発明は、前記従来の課題を解決するものであり、除去した塵埃が清掃体を乗り越えてフィルターに再付着することを防ぐことによって、塵埃を確実に除去して清掃装置本体外へ排出することができるフィルター清掃装置と、このフィルター清掃装置を備えた乾燥機を提供することを目的とする。
前記従来の課題を解決するために、請求項1のフィルター清掃装置の発明は、清掃装置本体と、通風から塵埃を捕集可能なフィルター体と、該フィルター体に沿って往復摺動し、往路において前記フィルター体に付着した塵埃を除去する清掃体と、該清掃体の往路の終端に塵埃排出口と、を有し、前記清掃体は、清掃部材と、該清掃部材を支持する基台と、除去した塵埃を前記フィルター体側へ押圧するための防壁体とを備えていることを特徴としている。
請求項1の発明では、防壁体を備えているのでフィルター体から除去した塵埃が清掃体を乗り越えてフィルター体に再付着することを防ぐことができる。また、防壁体は、除去した塵埃をフィルター体側に押圧するので、除去した塵埃でフィルター体に付着した塵埃を除去することができ、清掃体で塵埃を除去するよりも高い塵埃除去効果を奏することができる。
請求項2のフィルター清掃装置の発明は、請求項1の発明において、清掃装置本体は、清掃体の塵埃排出口への摺動をガイドするレール体を備え、該レール体の通風上流側に整流面が形成されていることを特徴としている。したがって、整流面によってフィルター体への塵埃の付着に偏りを無くし、除去した塵埃の高さを均等にすることができる。
請求項3のフィルター清掃装置の発明は、請求項1又は2の発明において、清掃装置本体は、塵埃排出口に開閉自在な蓋体を備え、清掃体の往路終端時に防壁体が前記蓋体に当接することで前記蓋体を開放することを特徴としている。したがって、清掃動作と同時に蓋体を開放して塵埃を除去することができる。
請求項4のフィルター清掃装置の発明は、請求項1〜3のいずれかの発明において、清掃体の往路終端時に、清掃部材の一部が塵埃排出口から突出していることを特徴としている。したがって、塵埃を確実に清掃装置本体外に排出することができる。
請求項5のフィルター清掃装置の発明は、請求項1〜4のいずれかの発明において、清掃体のフィルター体側に、往路の進行方向へ向かって傾斜する傾斜面が形成され、該傾斜面によって前記フィルター体側へ圧力を加えることを特徴としている。したがって、傾斜面によって更にフィルター体への押圧を高めることができる。
請求項6のフィルター清掃装置の発明は、請求項1〜5のいずれかの発明において、防壁体がフィルター体から離れる方向に可動することを特徴としている。したがって、フィルター体に付着した塵埃の量が多い場合でも、塵埃が清掃体を乗り越えてフィルター体に再付着することを確実に防ぐことができる。
請求項7のフィルター清掃装置の発明は、請求項1〜6のいずれかの発明において、塵埃排出口の開放部において、前記塵埃排出口のフィルター体側に傾斜部を有することを特徴としている。したがって、除去した塵埃を塵埃排出口から容易に排出することができる。
請求項8の乾燥機の発明は、槽体内に回転自在に配置され衣類等を収容する回転ドラム内に、送風手段及び加熱手段により発生した温風を、循環ダクトを経て循環供給して衣類等を乾燥可能とするとともに、前記循環ダクトの前記槽体からの排気側に請求項1〜7のいずれかのフィルター清掃装置を備えたことを特徴としている。したがって、フィルター体から除去した塵埃が清掃体を乗り越えてフィルター体に再付着することを防ぐことができると共に、除去した塵埃でフィルター体に付着した塵埃を除去することができ、高い塵埃除去効果を奏することができるフィルター清掃装置を備えた乾燥機を提供することができる。
請求項1のフィルター清掃装置の発明は、フィルター体から除去した塵埃が清掃体を乗り越えてフィルター体に再付着することを防ぐことができると共に、押圧することにより除去した塵埃でフィルター体に付着した塵埃を除去することができ、清掃体で塵埃を除去するよりも高い塵埃除去効果を奏することができる。したがって、塵埃を確実に除去し、清掃装置本体外へ排出することができる。
請求項2のフィルター清掃装置の発明は、整流面によってフィルター体への塵埃の付着に偏りを無くすことができる。また、請求項3のフィルター清掃装置の発明は、清掃動作と同時に蓋体を開放して塵埃を除去することができる。また、請求項4の発明は、塵埃を確実に清掃装置本体外に排出することができる。
請求項5のフィルター清掃装置の発明は、傾斜面によって清掃時におけるフィルター体への押圧を更に高めることができる。また、請求項6のフィルター清掃装置の発明は、フィルター体に付着した塵埃の量が多い場合でも、塵埃が清掃体を乗り越えてフィルター体に再付着することを確実に防ぐことができる。また、請求項7のフィルター清掃装置の発明は、除去した塵埃を塵埃排出口から容易に排出することができる。
請求項8の乾燥機の発明は、フィルター体から除去した塵埃が清掃体を乗り越えてフィルター体に再付着することを防ぐことができると共に、除去した塵埃でフィルター体に付着した塵埃を除去することができ、高い塵埃除去効果を奏することができるフィルター清掃装置を備えた乾燥機を提供することができる。
本発明に係る衣類乾燥機を示す斜視図 本発明に係る衣類乾燥機の内部構成を示す断面図 本発明に係る第1実施形態のフィルター清掃装置の外観を示す斜視図 (a)本発明に係る第1実施形態のフィルター清掃装置の内部構造を示す斜視図(b)同正面図 本発明に係る第1実施形態のフィルター清掃装置を示す正面図 (a)図5のA−A断面図(b)図5のB−B断面図 (a)、(b)清掃時の本発明に係る第1実施形態のフィルター清掃装置を示す断面図 (a)塵埃排出後の本発明に係る第1実施形態のフィルター清掃装置を示す断面図(b)同斜視図 本発明に係る第2実施形態のフィルター清掃装置を示す断面図
以下、本発明の実施形態について、図面を参照しながら説明する。尚、この実施の形態によって本発明が限定されるものではない。
図1は、本発明に係る衣類乾燥機を示す斜視図であり、図2は、同衣類乾燥機の内部構造を示す断面図である。これらの図を用いて本発明に係る衣類乾燥機について説明する。本発明に係る衣類乾燥機20は、前面にドア20aを備え、槽体20d内に回転自在に配置され衣類などを収容する回転ドラム20b内に、送風手段(ファン)23及び加熱手段22により発生した温風を、循環ダクト21a、21b、21cを経て循環供給して衣類を乾燥可能とするとともに、循環ダクト21a、21b、21cの槽体20dからの排気側にフィルター清掃装置10が設置されている。ここで、フィルター清掃装置10は、清掃装置本体上面2cが、衣類乾燥機上面20eと平行になるように設置されている。
符号20cは、回転ドラム20bを回転させるモータであり、このモータ20cは、乾燥処理、洗濯処理、すすぎ処理や脱水処理といった様々な処理の間、回転ドラム20bを回転させる。また、加熱手段22には、一例として、熱交換器を使用することができる。尚、熱交換器の方式として、ヒートポンプ式やヒーター式等、様々な方式を採用することができる。また、衣類乾燥機20は、ドラム式としているが、これに限定するものではなく、例えば縦型など様々の方式を採用することができる。
図3は、本発明に係る第1実施形態のフィルター清掃装置の外観を示す斜視図あり、図4(a)は、本発明に係る第1実施形態のフィルター清掃装置の内部構造を示す斜視図、図4(b)は、同正面図である。図5は、本発明に係る第1実施形態のフィルター清掃装置を示す正面図、図6(a)は、図5のA−A断面図、図6(b)は、図5のB−B断面図である。これらの図を用いて本発明に係る第1実施形態のフィルター清掃装置について説明する。
第1実施形態のフィルター清掃装置10は、清掃装置本体2と、通風から塵埃7を捕集可能なフィルター体1と、フィルター体1に沿って往復摺動し、往路においてフィルター体1に付着した塵埃7を除去する清掃体3と、清掃体3の往路の終端に塵埃排出口4とを有している。尚、清掃体3は、レバー8を往復動させることによって、フィルター体1に沿って往復摺動する構成としている。また、清掃装置本体2の1つの壁体2aには通風口2bが形成されており、通風口2bからフィルター体1方向に通風される構成としている(図6(b)の矢印で示す)。
清掃体3は、可撓性を備えた清掃部材3aと、清掃部材3aを支持する基台3bと、除去した塵埃7をフィルター体1側へ押圧するための防壁体3cとを備えている。上記構成による防壁体3cは、フィルター体1から除去した塵埃7が清掃体3を乗り越えてフィルター体1に再付着することを防ぐことができる。また、防壁体3cは、除去した塵埃7をフィルター体1側に押圧するので、除去した塵埃7でフィルター体1に付着した塵埃7を除去することができ、清掃体3で塵埃7を除去するよりも高い塵埃除去効果を奏することができる。また、清掃体3のフィルター体1側に、往路の進行方向へ向かって傾斜する傾斜面3dが形成されており、この傾斜面3dによってフィルター体1側へ更に圧力を加えるようにしている。これにより、フィルター体1と除去した塵埃7がより密着するため、更に塵埃除去効果を高めることができる。
清掃装置本体2は、清掃体3の塵埃排出口4への摺動をガイドするレール体5a、5bを備え、通風上流側のレール体5aを傾斜させて整流面5cが形成されている。この整流面5cによってフィルター体1への塵埃7の付着に偏りを無くすことができる。もし、塵埃7の付着が偏ると、塵埃7の付着が多い部分では、付着が少ない部分に比べて塵埃7が大きく盛り上がりながら清掃されるため、清掃体3を乗り越えやすくなる。そのため、整流面5cを形成して塵埃7の付着を均等にすることで、除去した塵埃7の清掃時の盛り上がりに偏りを無くして、フィルター体1への再付着を確実に防ぐことができる。また、清掃装置本体2は、塵埃排出口4に、回動軸6bを軸心として開閉自在な蓋体6を備え、清掃体3の往路終端時に防壁体3cが蓋体6に当接することで蓋体6を開放する構成としている。したがって、清掃動作と同時に蓋体6を開放して塵埃7を除去することができる。尚、蓋体6には曲面を有する凸部6aが形成されており、この凸部6aの曲面に防壁体3cが当接することで滑らかに蓋体6の開閉が行われるようにしている。
塵埃排出口4の開放部4aにおいて、塵埃排出口4のフィルター体1側に傾斜部4bを有している。この傾斜部4bによって、塵埃7を外部に排出し易くすると共に、湾曲した状態の清掃部材3aが復元することにより、塵埃7を外部へ飛ばし易くしている。尚、図6(a)に示す清掃前の状態では、清掃部材3aは、フィルター体1に形成されている凹部1aに位置している。この凹部1aに位置している清掃部材3aは湾曲しておらず、凹部1aからフィルター面1bへ移動することによって、清掃部材3aは湾曲した状態となる。
図7(a)、図7(b)は、清掃時の本発明に係る第1実施形態のフィルター清掃装置を示す断面図である。また、図8(a)は、塵埃排出後の本発明に係る第1実施形態のフィルター清掃装置を示す断面図であり、図8(b)は、同斜視図である。これらの図を用いて第1実施形態のフィルター清掃装置の使用時の動作について説明する。
図7(a)に示すように、清掃部材3aによるフィルター面1bの清掃中には、清掃初期の段階で清掃部材3aに除去された塵埃7が、清掃部材3aより先行してフィルター面に付着した塵埃7に当接し、フィルター面1bに付着した塵埃7を除去している。清掃部材3aは湾曲した状態でフィルター面1bに当接しているが、前述の除去された塵埃7で除去できなかった塵埃7を清掃部材3aで除去している。この時、塵埃7は連続した帯状になると共に、折り畳まれた状態で、防壁体3cおよび傾斜面3dによってフィルター体1側へ圧力が加えられている。
次に、図7(b)に示すように、防壁体3cが蓋体6の凸部6aに当接した状態では、塵埃7は折り畳まれた状態で更に圧縮されており、清掃部材3aは湾曲した状態でフィルター面1bに当接している。
そして、図8(a)に示すように、清掃体3が往路終端時に位置する状態では、清掃部材3aの一部が塵埃排出口4から突出するようにしている。したがって、塵埃7を圧縮しコンパクトにすると共に、確実に清掃装置本体2の外に排出することができる。そして、この状態では、清掃部材3aは傾斜部4bを通過することにより、湾曲した状態の清掃部材3aが復元することとなり、復元する勢いにより、塵埃7を外部へ飛ばすことができる。
また、蓋体6は、図8(b)に示すように、防壁体3cが蓋体6の凸部6aに当接した状態を維持しつつ、回動軸6bを軸心として回動して塵埃排出口4が開口した状態となる。
図9は、本発明に係る第2実施形態のフィルター清掃装置を示す断面図である。第2実施形態のフィルター清掃装置10aは、除去される塵埃7の量が多い場合には、回転軸32を軸心として、防壁体33cがフィルター体31から離れる方向に可動する構成としている。また、防壁体33cはバネ(図示せず)によってフィルター体31側へ付勢されており、清掃前は防壁体33cとフィルター体31が平行になるよう構成されている。そして、塵埃7が防壁体33cの先端(図面上、右側端部)付近まで溜まった時に、除去した塵埃7によって防壁体33cが押し上げられて一定角度まで可動するようバネ(図示せず)の強度が設定されている。したがって、フィルター体31に付着した塵埃7の量が多い場合でも、塵埃7が清掃体33を乗り越えてフィルター体31に再付着することを確実に防ぐことができる。
また、第2実施形態のフィルター清掃装置10aは、清掃部材33aに傾斜面33bが形成されており、この傾斜面33bおよび防壁体33cによって、フィルター体1側へ圧力を加えるようにしている。尚、傾斜面33bは、第1実施形態のフィルター清掃装置10ように基台3bに形成してもよく、第2実施形態のフィルター清掃装置10aのように清掃部材33aに形成してもよく、さらには、防壁体3c、33cに形成するようにしてもよく、何れの形態も本発明に含まれる。
本発明に係るフィルター清掃装置は、フィルターに付着した塵埃を除去するために利用されるものである。また、本発明に係る乾燥機は、フィルター清掃装置を備えた乾燥機として利用される。
1 フィルター体
1a 凹部
1b フィルター面
2 清掃装置本体
2a 壁体
2b 通風口
2c 上面
3 清掃体
3a 清掃部材
3b 基台
3c 防壁体
3d 傾斜面
4 塵埃排出口
4a 開放部
4b 傾斜部
5a、5b レール体
5c 整流面
6 蓋体
6a 凸部
7 塵埃
8 レバー
10、10a フィルター清掃装置
20 衣類乾燥機
20a ドア
20b 回転ドラム
20c モータ
20d 槽体
20e 衣類乾燥機上面
21a、21b、21c 循環ダクト
22 加熱手段
23 送風手段(ファン)

Claims (8)

  1. フィルター清掃装置は、
    清掃装置本体と、
    通風から塵埃を捕集可能なフィルター体と、
    該フィルター体に沿って往復摺動し、往路において前記フィルター体に付着した塵埃を除去する清掃体と、
    該清掃体の往路の終端に塵埃排出口と、を有し、
    前記清掃体は、清掃部材と、該清掃部材を支持する基台と、除去した塵埃を前記フィルター体側へ押圧するための防壁体とを備えていることを特徴とするフィルター清掃装置。
  2. 清掃装置本体は、清掃体の塵埃排出口への摺動をガイドするレール体を備え、該レール体の通風上流側に整流面が形成されていることを特徴とする請求項1に記載のフィルター清掃装置。
  3. 清掃装置本体は、塵埃排出口に開閉自在な蓋体を備え、清掃体の往路終端時に防壁体が前記蓋体に当接することで前記蓋体を開放することを特徴とする請求項1又は2に記載のフィルター清掃装置。
  4. 清掃体の往路終端時に、清掃部材の一部が塵埃排出口から突出していることを特徴とする請求項1〜3のいずれか1項に記載のフィルター清掃装置。
  5. 清掃体のフィルター体側に、往路の進行方向へ向かって傾斜する傾斜面が形成され、該傾斜面によって前記フィルター体側へ圧力を加えることを特徴とする請求項1〜4のいずれか1項に記載のフィルター清掃装置。
  6. 防壁体がフィルター体から離れる方向に可動することを特徴とする請求項1〜5のいずれか1項に記載のフィルター清掃装置。
  7. 塵埃排出口の開放部において、前記塵埃排出口のフィルター体側に傾斜部を有することを特徴とする請求項1〜6のいずれか1項に記載のフィルター清掃装置。
  8. 槽体内に回転自在に配置され衣類等を収容する回転ドラム内に、送風手段及び加熱手段により発生した温風を、循環ダクトを経て循環供給して衣類等を乾燥可能とするとともに、前記循環ダクトの前記槽体からの排気側に請求項1〜7のいずれか1項に記載のフィルター清掃装置を備えたことを特徴とする乾燥機。
JP2017081366A 2017-04-17 2017-04-17 フィルター清掃装置及び乾燥機 Active JP6876214B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2017081366A JP6876214B2 (ja) 2017-04-17 2017-04-17 フィルター清掃装置及び乾燥機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2017081366A JP6876214B2 (ja) 2017-04-17 2017-04-17 フィルター清掃装置及び乾燥機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2018176092A JP2018176092A (ja) 2018-11-15
JP6876214B2 true JP6876214B2 (ja) 2021-05-26

Family

ID=64282147

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017081366A Active JP6876214B2 (ja) 2017-04-17 2017-04-17 フィルター清掃装置及び乾燥機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6876214B2 (ja)

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008142267A (ja) * 2006-12-08 2008-06-26 Kowa Co Ltd 洗濯乾燥機
JP5424185B2 (ja) * 2007-10-31 2014-02-26 株式会社コーワ 空気調和機
RU2438758C1 (ru) * 2007-11-19 2012-01-10 ЭлДжи ЭЛЕКТРОНИКС ИНК. Воздухоочиститель и способ управления воздухоочистителем
KR102373165B1 (ko) * 2015-02-09 2022-03-11 삼성전자주식회사 필터 청소 장치
CN106149328B (zh) * 2015-04-14 2019-10-01 青岛海尔洗衣机有限公司 带自清理功能的过滤系统及干衣机

Also Published As

Publication number Publication date
JP2018176092A (ja) 2018-11-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101070536B1 (ko) 건조기 및 건조기의 이물질 제거 장치 및 건조기의 제어 방법
JP4706571B2 (ja) 洗濯乾燥機
US9657431B2 (en) Laundry treating apparatus having cleaning device
KR100619728B1 (ko) 의류 건조기용 드럼의 실링장치
JP6876214B2 (ja) フィルター清掃装置及び乾燥機
JP6809677B2 (ja) フィルター清掃装置及び衣類乾燥機
JP6635514B2 (ja) フィルター清掃装置及び衣類乾燥機
JP2010022677A (ja) 洗濯乾燥機
CN102031682B (zh) 烘干机
JP6781429B2 (ja) フィルター清掃装置及び衣類乾燥機
JP4143321B2 (ja) 吸着剤吹付方法
KR101153661B1 (ko) 건조기 및 건조기의 이물질 제거 장치
SE518860C2 (sv) Presenningtvättmaskin med flera valsar
JP7044251B2 (ja) 乾燥機
KR101191210B1 (ko) 건조기
JP6204139B2 (ja) 乾式マット清掃装置
KR101191208B1 (ko) 건조기
JP2018069023A (ja) フィルター清掃装置及び乾燥機
JP6807694B2 (ja) フィルター清掃装置及び衣類乾燥機
JP7072182B2 (ja) フィルター清掃装置及び乾燥機
JP2008264190A5 (ja)
KR101177479B1 (ko) 건조기
KR101685977B1 (ko) 건조기
CN211464017U (zh) 一种薄膜熟化烘箱中的残渣清除机构
KR101191207B1 (ko) 건조기

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20200311

TRDD Decision of grant or rejection written
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20210127

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20210212

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20210302

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6876214

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150