JP6809536B2 - 強制空冷装置 - Google Patents

強制空冷装置 Download PDF

Info

Publication number
JP6809536B2
JP6809536B2 JP2018555341A JP2018555341A JP6809536B2 JP 6809536 B2 JP6809536 B2 JP 6809536B2 JP 2018555341 A JP2018555341 A JP 2018555341A JP 2018555341 A JP2018555341 A JP 2018555341A JP 6809536 B2 JP6809536 B2 JP 6809536B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cooling device
air cooling
air passage
forced air
vertical plate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2018555341A
Other languages
English (en)
Other versions
JPWO2018105010A1 (ja
Inventor
敦宜 岩下
敦宜 岩下
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Toshiba Mitsubishi Electric Industrial Systems Corp
Original Assignee
Toshiba Mitsubishi Electric Industrial Systems Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toshiba Mitsubishi Electric Industrial Systems Corp filed Critical Toshiba Mitsubishi Electric Industrial Systems Corp
Publication of JPWO2018105010A1 publication Critical patent/JPWO2018105010A1/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6809536B2 publication Critical patent/JP6809536B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H05ELECTRIC TECHNIQUES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H05KPRINTED CIRCUITS; CASINGS OR CONSTRUCTIONAL DETAILS OF ELECTRIC APPARATUS; MANUFACTURE OF ASSEMBLAGES OF ELECTRICAL COMPONENTS
    • H05K7/00Constructional details common to different types of electric apparatus
    • H05K7/20Modifications to facilitate cooling, ventilating, or heating

Description

この発明は、強制空冷装置に係り、特に、屋外設置型のシステムに適用される強制空冷装置に関する。
太陽光発電システムは、昨今のエネルギー問題あるいは環境問題に対する意識の高まりをうけて広く導入されつつある。太陽光発電システムは、太陽電池モジュールや太陽光発電用のインバータ装置(パワーコンディショニングシステム:PCS)を備える。太陽電池モジュールで発生した直流電力はPCSにより交流電力に変換される。PCSは、コンテナなどの筐体に格納されて屋外に設置される場合がある。このようなコンテナパッケージには、コンテナ内部の電気機器に冷却用空気を供給するための強制空冷装置が適用されている。
例えば、特許文献1には、屋外設置パワーコンディショナ装置の冷却構造が開示されている。この冷却構造では、ファンによって吸気口から冷却用空気を吸入する強制空冷方式が採用されている。また、特許文献2に開示されるように、ファンの上流に防塵フィルターを備える構成が知られている。
日本特開2004−55681号公報 日本特開2009−187979号公報
ところで、上述したような屋外設置型のコンテナパッケージは、砂漠地帯など砂塵の多い地域に設置される場合がある。強制空冷装置による筐体内への砂塵の進入を防ぐために、特許文献2のように単に防塵フィルターを設けても、短期間での防塵フィルターの目詰まりが懸念される。防塵フィルターの目詰まりが生じれば、換気(排熱)能力低下により筐体内の電気機器に悪影響を与える(例えばインバータの運転効率の低下)。そのため、砂塵の多い地域では、短期間でのフィルター交換が必要となり、メンテナンス性、ランニングコストが悪化する。
本発明は、上述のような課題を解決するためになされたもので、防塵フィルターの交換周期の短期化を抑制し、メンテナンス性の向上、ランニングコストの低減を図ることのできる強制空冷装置を提供することを目的とする。
上記の目的を達成するため、本発明に係る強制空冷装置は以下のように構成される。
強制空冷装置は、電気機器を収納する外箱である筐体内に取り付けられる。強制空冷装置は、外気を筐体内に吸い込む送風機と、送風機の上流に設置された防塵フィルターと、防塵フィルターの上流に吸気路が形成された吸気部とを備える。本発明の一態様によれば、筐体は、例えば太陽光発電用のインバータ装置が収納されるコンテナである。
吸気路は、入口を上かつ出口を下に有する第1風路部と、入口を下かつ出口を上に有する第2風路部とが接続されて形成される。
本発明の一態様によれば、吸気路は、第1風路部と前記第2通路部とが交互に接続されて形成される。
本発明の一態様によれば、吸気路は、筒状体と、筒状体の内部上面から下向きに立てられた上縦板と、筒状体の内部下面から上向きに立てられた下縦板とを備える。そして、上記第1風路部および第2風路部は、筒状体に上縦板と下縦板が交互に設置されて形成される。
本発明の一態様によれば、下縦板は、筒状体の内部下面から鉛直に立てられる。好ましくは、下縦板は、筒状体の内部下面から、鉛直に対して吸気路の上流側に傾いて立てられる。
本発明の一態様によれば、第2風路部は、上記防塵フィルターよりも目の粗い粗フィルターを備える。
本発明の一態様によれば、吸気部は、その底面を開閉可能な開閉装置を備える。開閉装置は手動により開閉する扉を備えてもよいし、開閉装置上に堆積した塵の重さが所定値以上となった場合に自動的に開く扉を備えてもよい。
本発明の一態様によれば、吸気部は、前記筐体の外部に取り付けられる。
本発明に係る強制空冷装置によれば、砂塵の多い地域であっても、外気が吸気路を通過する過程で、重力により塵を吸気部の底部へ貯めることができる。そのため、防塵フィルターの目詰まりを抑制できる。その結果、防塵フィルターの交換周期の短期化を抑制し、メンテナンス性の向上、ランニングコストの低減を図ることができる。
本発明の実施の形態1に係るシステムの全体構成を説明するための図である。 実施の形態1に係る強制空冷装置2の構成を説明するための模式図である。 吸気部5に設けられた清掃用の開閉装置を説明するための図である。 吸気部5に設けられた清掃用の開閉装置を説明するための図である。 吸気部5の取り付け位置の変形例を示す図である。 吸気部5の取り付け位置の変形例を示す図である。 吸気部5の取り付け位置の変形例を示す図である。 実施の形態2に係る強制空冷装置2の構成を説明するための模式図である。
以下、図面を参照して本発明の実施の形態について詳細に説明する。尚、各図において共通する要素には、同一の符号を付して重複する説明を省略する。
実施の形態1.
<システムの全体構成>
図1は、本発明の実施の形態1に係るシステムの全体構成を説明するための図である。図1に示すシステムは、筐体1と、強制空冷装置2を備えるコンテナパッケージである。
筐体1は、電気機器を収納する外箱である。一例として、電気機器は、太陽光発電用のインバータ装置である。筐体1は、太陽光発電用のインバータ装置が収納されるコンテナである。
強制空冷装置2は、送風機3、防塵フィルター4、吸気部5を備える。送風機3は、外気を筐体1内へ吸い込むファンまたはブロワである。防塵フィルター4は、送風機3の上流に設置される。吸気部5は、防塵フィルター4の上流に設けられる。図1では、吸気部5は、筐体1の下部に内蔵されている。
<吸気部5の風路構成>
図2は、実施の形態1に係る強制空冷装置2の構成を説明するための模式図である。吸気部5には、吸気路6が形成されている。
吸気路6は、少なくとも1つの第1風路部10と少なくとも1つの第2風路部11とが接続されて形成される。第1風路部10は、入口を上かつ出口を下に有する。第2風路部11は、入口を下かつ出口を上に有する。図2に示す例では、第1風路部10は、上部左側面に入口部を、下部右側面に出口部を有する。第2風路部11は、下部左側面に入口部を、上部右側面に出口部を有する。そして、第1風路部10の出口部と第2風路部11の入口部は互いに向き合って接続している。
好ましくは、図2に示すように、吸気路6は、第1風路部10と第2風路部11とが交互に接続されて形成される。図2では、吸気部5の上流から順に、第1風路部10a、第2風路部11a、第1風路部10b,第2風路部11b、第1風路部10c、第2風路部11cが接続されている。第1風路部10aの入口は吸気口として機能する。
本明細書の説明において第1風路部10a〜10cを特段区別しない場合には単に第1風路部10と記す。同様に、第2風路部11a〜11cを特段区別しない場合には単に第2風路部11と記す。
吸気路6は、筒状体20と、筒状体20の内部上面から下向きに立てられた上縦板21と、筒状体20の内部下面から上向きに立てられた下縦板22とを備える。第1風路部10a〜10cおよび第2風路部11a〜11cは、上縦板21と下縦板22が交互に設置されて形成される。図2に示す筒状体20の縦断面は多角形であってもよいし円形であってもよい。
また、実施の形態1に係る下縦板22は、筒状体20の内部下面から鉛直に立てられる。図2では、上縦板21も、筒状体20の内部上面から鉛直に立てられているが、これに限定されるものではない。
図2に示す吸気路6は、第1風路部10と第2風路部11からなる風路が3段連なることで形成されている。この段数は1段又は2段であってもよいし、4段以上であってもよい。
上述したような吸気路6の風路構成によれば、外気が第2風路部11を通過する際に、重力により砂塵を吸気部5の底部に貯めることができる。そのため防塵フィルター4の目詰まりを抑制できる。また、上縦板21と下縦板22を交互に設置することで、吸気路6はコンパクトに形成される。
<粗フィルター>
第2風路部11は、粗フィルター7を備える。粗フィルター7は、防塵フィルター4よりも目が粗いフィルター(メッシュ)である。粗フィルター7は、第2風路部11a〜11cのすべてに取り付けられることが望ましいが、一部の風路にのみ取り付けられても良い。
上述したように第2風路部11に粗フィルター7が取り付けられることで、粗フィルター7は、第2風路部11を上向きに流れる空気に含まれる砂塵に作用して、砂塵を吸気部5の底部へ落とすことができる。そのため防塵フィルター4の目詰まりを抑制できる。
<清掃用の開閉装置>
図3、図4は、吸気部5に設けられた清掃用の開閉装置を説明するための図である。吸気部5は、その底面を開閉可能な開閉装置30を備える。図3は開閉装置30が閉じた状態を、図4は開閉装置30が開いた状態を表している。図に示すように、開閉装置30を下方向に開くことで、吸気部5の底部に堆積した砂塵を外部へ排出することができる。
一例として、開閉装置30は、手動により開閉する扉を備える。他の例として、開閉装置30は、装置上に堆積した塵の重さが所定値以上となった場合に自動的に開く扉を備える。例えば、扉をバネで閉方向に付勢する構造において、付勢力に抗する重さの塵が堆積した場合に扉が開くように構成される。
開閉装置30は、図2に示す複数の下縦板22の間にそれぞれに設けられることが望ましいが、一部にのみ取り付けられても良い。
上述したように清掃用の開閉装置30を備えることで、吸気部5の底部に蓄積した砂塵を容易に外部へ排出することができ、メンテナンス性を向上させることができる。
以上説明したように、本実施形態に係る強制空冷装置によれば、防塵フィルター4の手前に、連続して上下する風路が形成される。外気が第2風路部11を通過する際に、重力により砂塵を吸気部の底部へ落とすことができる。さらに、風路途中に設けられた粗フィルター7によって効果的に砂塵を吸気部5の底部へ落とすことができる。そのため、防塵フィルター4へ到達する前に、砂塵の多くが振り落され、防塵フィルター4の目詰まりの頻度は大幅に低下する。その結果、防塵フィルターの交換周期の長期化が期待でき、メンテナンス性の向上、ランニングコストの低減を図ることができる。また、清掃用の開閉装置30を備えることで、メンテナンス性を向上させることができる。
<変形例>
ところで、上述した実施の形態1のシステムにおいては、強制空冷装置2は、粗フィルター7を備えているが、強制空冷装置2の構成はこれに限定されるものではない。強制空冷装置2は、粗フィルター7を備えない構成であってもよい。なお、この点は以下の実施の形態でも同様である。
また、上述した実施の形態1のシステムにおいては、強制空冷装置2は、清掃用の開閉装置30を備えているが、強制空冷装置2の構成はこれに限定されるものではない。強制空冷装置2は、開閉装置30を備えない構成であってもよい。なお、この点は以下の実施の形態でも同様である。
また、上述した実施の形態1のシステムにおいては、第1風路部10および第2風路部11は、上縦板21と下縦板22が交互に設置されて形成されているが、これらの風路部の構成はこれに限定されるものではない。第1風路部10および第2風路部11はそれぞれパイプで構成されてもよい。なお、この点は以下の実施の形態でも同様である。
また、上述した実施の形態1のシステムにおいては、吸気部5は、筐体1の下部に内蔵されているが、吸気部5の配置はこれに限定されるものではない。図5〜図7は、吸気部5の取り付け位置の変形例を示す図である。図5および図6に示すように、吸気部5は、筐体1の外部に取り付けられてもよい。これにより筐体1の内部スペースを拡大できる。また、図6および図7に示すように、吸気部5は、筐体1の上部に取り付けられてもよい。なお、この点は以下の実施の形態でも同様である。
実施の形態2.
<システムの全体構成>
次に、図8を参照して本発明の実施の形態2について説明する。本実施形態のシステムは、吸気部5の風路形状が、実施の形態1と異なる点を除いて同様である。以下、実施の形態2に係る吸気部5の風路形状について説明する。
<吸気部5の風路形状>
図8は、実施の形態2に係る強制空冷装置2の構成を説明するための模式図である。実施の形態2に係る吸気路6は、上縦板21および下縦板22の形状が異なる点を除いて実施の形態1と同様である。
実施の形態2に係る下縦板22は、筒状体20の内部下面から、鉛直に対して吸気部5の上流側に傾いて立てられる。図8では、上縦板21は、筒状体20の内部上面から鉛直に対して吸気部5の下流側に傾いて立てられているが、これに限定されるものではない。
実施の形態2に係る下縦板22によれば、実施の形態1に比して、外気が第2風路部11を通過する際に、より多くの砂塵を吸気部5の底部に貯めることができる。そのため防塵フィルター4の目詰まりを抑制できる。
1 筐体
2 強制空冷装置
3 送風機
4 防塵フィルター
5 吸気部
6 吸気路
7 粗フィルター
10、10a、10b、10c 第1風路部
11、11a、11b、11c 第2風路部
20 筒状体
21 上縦板
22 下縦板
30 開閉装置

Claims (7)

  1. 電気機器を収納する筐体内に取り付けられ、外気を該筐体内へ吸い込む送風機と、
    前記送風機の上流に設置された防塵フィルターと、
    前記防塵フィルターの上流に吸気路が形成された吸気部と、を備え、
    前記吸気路は、
    筒状体と、
    前記筒状体の内部上面から下向きに立てられた上縦板と、
    前記筒状体の内部下面から上向きに立てられた下縦板と、
    第1入口を上かつ第1出口を下に有する第1風路部と、
    前記第1風路部の下流に形成され、前記第1出口に接続する第2入口を下かつ第2出口を上に有する第2風路部と、を備え
    前記第1風路部および前記第2風路部は、前記筒状体内に前記上縦板と前記下縦板が交互に設置されて形成され、
    前記第2風路部は、前記第2風路部を形成する前記上縦板と前記下縦板との間に配置された、前記防塵フィルターよりも目の粗い粗フィルターを備えること、
    を特徴とする強制空冷装置。
  2. 前記下縦板は、前記筒状体の内部下面から鉛直に立てられること、
    を特徴とする請求項に記載の強制空冷装置。
  3. 前記下縦板は、前記筒状体の内部下面から、鉛直に対して前記吸気路の上流側に傾いて立てられること、
    を特徴とする請求項に記載の強制空冷装置。
  4. 前記吸気路は、前記第1風路部と前記第2風路部とが交互に接続されて形成されること、
    を特徴とする請求項1乃至のいずれか1項に記載の強制空冷装置。
  5. 前記吸気部の底面を開閉可能な開閉装置を備えること、
    を特徴とする請求項1乃至のいずれか1項に記載の強制空冷装置。
  6. 前記開閉装置は、該開閉装置上に堆積した塵の重さが所定値以上となった場合に自動的に開くこと、
    を特徴とする請求項に記載の強制空冷装置。
  7. 前記筐体は、太陽光発電用のインバータ装置が収納されるコンテナであること、
    を特徴とする請求項1乃至のいずれか1項に記載の強制空冷装置。
JP2018555341A 2016-12-05 2016-12-05 強制空冷装置 Active JP6809536B2 (ja)

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/JP2016/086077 WO2018105010A1 (ja) 2016-12-05 2016-12-05 強制空冷装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPWO2018105010A1 JPWO2018105010A1 (ja) 2019-08-08
JP6809536B2 true JP6809536B2 (ja) 2021-01-06

Family

ID=62492269

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2018555341A Active JP6809536B2 (ja) 2016-12-05 2016-12-05 強制空冷装置

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP6809536B2 (ja)
WO (1) WO2018105010A1 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP7105978B1 (ja) * 2021-08-24 2022-07-25 浜松ホトニクス株式会社 活性エネルギ照射装置及びインクジェットプリンタ

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS416131Y1 (ja) * 1964-01-25 1966-03-30
JPS51121132A (en) * 1975-04-16 1976-10-22 Hitachi Ltd Ventilating means
JPH07214296A (ja) * 1994-02-10 1995-08-15 Tamura Seisakusho Co Ltd 気相式はんだ付け装置における蒸気回収用分離装置
US6643130B1 (en) * 2002-07-08 2003-11-04 Demarchis John A. Wash down filtered fan apparatus
JP4556579B2 (ja) * 2004-09-14 2010-10-06 パナソニック電工株式会社 生ごみ処理装置
WO2011027424A1 (ja) * 2009-09-02 2011-03-10 Necディスプレイソリューションズ株式会社 集塵装置及びこれを備える電子機器、投写型表示装置、集塵方法
JP6345579B2 (ja) * 2014-11-27 2018-06-20 株式会社ダイヘン パワーコンディショナ

Also Published As

Publication number Publication date
JPWO2018105010A1 (ja) 2019-08-08
WO2018105010A1 (ja) 2018-06-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5432184B2 (ja) 空気フィルタ
CN108278756A (zh) 净化模组及空调器
JP5774500B2 (ja) パワーコンディショナ装置および太陽光発電システム
CN210694584U (zh) 一种户外电气柜
JP5430515B2 (ja) パワーコンディショナ
CN111912040A (zh) 室外机及空调
JP6809536B2 (ja) 強制空冷装置
CN102696284B (zh) 空气过滤器
CN209133945U (zh) 一种便于散热的配电柜
CN206753832U (zh) 塔筒通风装置、风力发电机组塔筒及风力发电机组
CN207200088U (zh) 具有通风防尘功能的开关柜
CN206755481U (zh) 用于励磁小间的通风系统
CN106050408A (zh) 防风沙型全天候柴油发电机组
CN205508557U (zh) 一种变压设备散热保护结构
CN109515233A (zh) 一种防尘型电动车充电器
CN211126718U (zh) 一种配电箱
CN205509327U (zh) 低压抽出式开关柜
CN110678017A (zh) 一种电力通信设备箱
CN208208471U (zh) 一种能除尘的箱式变压器
CN109217129A (zh) 一种基于防风沙技术的户外型电力站配电柜
WO2012070145A1 (ja) エレベータの冷却装置
CN215276281U (zh) 一种发电机组空气过滤装置
CN107919614A (zh) 一种防尘高散热配电柜
CN215453792U (zh) 车辆电器舱和车辆
CN210326601U (zh) 一种防尘的动力配电箱

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20190412

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20190412

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20200616

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20200721

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20201110

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20201123

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6809536

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150