JP5758353B2 - Game machine - Google Patents

Game machine Download PDF

Info

Publication number
JP5758353B2
JP5758353B2 JP2012143404A JP2012143404A JP5758353B2 JP 5758353 B2 JP5758353 B2 JP 5758353B2 JP 2012143404 A JP2012143404 A JP 2012143404A JP 2012143404 A JP2012143404 A JP 2012143404A JP 5758353 B2 JP5758353 B2 JP 5758353B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
effect
display
executed
symbol
pseudo
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2012143404A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2014004248A (en
JP2014004248A5 (en
Inventor
小倉 敏男
敏男 小倉
勇太 山本
勇太 山本
Original Assignee
株式会社三共
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社三共 filed Critical 株式会社三共
Priority to JP2012143404A priority Critical patent/JP5758353B2/en
Publication of JP2014004248A publication Critical patent/JP2014004248A/en
Publication of JP2014004248A5 publication Critical patent/JP2014004248A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5758353B2 publication Critical patent/JP5758353B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Description

本発明は、パチンコ遊技機等の遊技機に係り、詳しくは、各々を識別可能な複数種類の識別情報の可変表示を行い表示結果を導出する可変表示手段に予め定められた特定表示結果が導出されたときに、遊技者にとって有利な特定遊技状態に制御する遊技機に関する。   The present invention relates to a gaming machine such as a pachinko gaming machine, and more specifically, a predetermined specific display result is derived in variable display means for variably displaying a plurality of types of identification information that can identify each of them and deriving a display result. The present invention relates to a gaming machine that controls to a specific gaming state advantageous to a player when played.
遊技機として、遊技球などの遊技媒体を発射装置によって遊技領域に発射し、遊技領域に設けられている入賞口などの入賞領域に遊技媒体が入賞して始動条件が成立すると、複数種類の識別情報(以下、表示図柄)を可変表示装置にて可変表示し、その表示結果により所定の遊技価値を付与するか否かを決定する、いわゆる可変表示ゲームによって遊技興趣を高めたパチンコ遊技機がある。こうしたパチンコ遊技機では、可変表示ゲームにおける表示図柄の可変表示が完全に停止した際の停止図柄態様が特定表示態様となったときに、遊技者にとって有利な特定遊技状態(大当り遊技状態)となる。例えば、大当り遊技状態となったパチンコ遊技機は、大入賞口又はアタッカと呼ばれる特別電動役物を開放状態とし、遊技球の入賞を極めて容易にして所定の遊技価値を遊技者に与える遊技状態を一定時間継続的に提供する。   As a gaming machine, when a game medium such as a game ball is launched into a game area by a launching device, and the game medium wins a prize area such as a prize opening provided in the game area and a start condition is satisfied, a plurality of types of identification are made. There is a pachinko gaming machine in which information (hereinafter referred to as a display symbol) is variably displayed on a variable display device, and the game interest is enhanced by a so-called variable display game that determines whether or not to give a predetermined game value based on the display result. . In such a pachinko gaming machine, a specific game state (big hit game state) advantageous to the player is obtained when the stop symbol mode when the variable display of the display symbol in the variable display game is completely stopped becomes the specific display mode. . For example, a pachinko gaming machine that has become a big hit gaming state has a special electric combination called a big prize opening or an attacker that is in an open state, making it very easy to win a game ball and giving a predetermined gaming value to a player. Provide continuously for a certain period of time.
こうした遊技機のうち、一旦は所定表示結果(特殊表示結果)を仮停止表示させた後に可変表示を再度実行する再可変表示を実行可能なものにおいて、遊技者による操作手段の操作がなされたときに所定表示結果が仮停止表示する場合と仮停止表示しない場合とを設けることが提案されている(例えば特許文献1)。また、再可変表示が実行されることの確定を示す情報を報知するものも提案されている(例えば特許文献2)。   Among these gaming machines, once a predetermined display result (special display result) is temporarily stopped and displayed, and a variable display can be performed again, the player can operate the operation means. It has been proposed to provide a case where a predetermined display result is displayed as a temporary stop and a case where a predetermined stop result is not displayed (for example, Patent Document 1). In addition, there has been proposed a technique for informing information indicating that re-variable display is executed (for example, Patent Document 2).
特開2011−120793号公報JP 2011-120793 A 特開2008−237563号公報JP 2008-237563 A
特許文献1に記載された技術のように、遊技者による操作手段の操作といった指示入力の検出に伴い再可変表示を実行可能とした場合に、特許文献2に記載された技術のような情報を報知して再可変表示が実行されることの確定が示されると、遊技者による指示入力の有無にかかわらず再可変表示の実行が分かってしまい、指示入力に対する遊技者の意欲が低下する。   As in the technique described in Patent Document 1, when the re-variable display can be executed in accordance with the detection of the instruction input such as the operation of the operation means by the player, information like the technique described in Patent Document 2 is displayed. If the notification indicates that the re-variable display is to be executed, the execution of the re-variable display is known regardless of whether or not the player inputs an instruction, and the player's willingness to input is reduced.
この発明は、上記実状に鑑みてなされたものであり、指示入力に対する遊技者の意欲低下を防止して、遊技の興趣を向上させる遊技機の提供を目的とする。   The present invention has been made in view of the above circumstances, and an object of the present invention is to provide a gaming machine that prevents the player from lowering the motivation for the instruction input and improves the interest of the game.
(1)上記目的を達成するため、本願発明に係る遊技機は、各々を識別可能な複数種類の識別情報(例えば特別図柄や演出図柄など)の可変表示を行い表示結果を導出する可変表示手段(例えば第1および第2特別図柄表示器8a、8bや演出表示装置9など)に予め定められた特定表示結果(例えば大当り図柄となる特別図柄や大当り組合せの演出図柄など)が導出されたときに、遊技者にとって有利な特定遊技状態(例えば大当り遊技状態など)に制御する遊技機(例えばパチンコ遊技機1など)であって、前記特定遊技状態に制御するか否かを、識別情報の表示結果が導出される以前に決定する事前決定手段(例えばステップS60の処理を実行する遊技制御用マイクロコンピュータ560のCPU56など)と、識別情報の可変表示が開始されてから表示結果が導出されるまでに一旦仮停止させた後に可変表示を再度実行する再可変表示を所定回実行可能な再可変表示実行手段(例えばステップS801〜S803の処理を実行する演出制御用マイクロコンピュータ100の演出制御用CPU101など)と、前記再可変表示が実行されるときには第1態様で、前記再可変表示が実行されないときには第2態様で特定演出(例えば煽り演出など)を実行する特定演出実行手段(例えばステップS853の処理を実行する演出制御用CPU101など)と、前記特定演出が実行されるよりも前に前記再可変表示が実行されることを報知する事前報知演出(例えば擬似連確定演出など)を実行する事前報知演出実行手段(例えばステップS848の処理を実行する演出制御用CPU101など)と、遊技者による指示入力を検出する入力検出手段(例えばスティックコントローラ122、プッシュボタン120、傾斜方向センサユニット123、プッシュセンサ124など)と、前記特定演出として、前記入力検出手段による指示入力の検出にもとづき実行される入力特定演出(例えば操作演出など)と、前記入力検出手段による指示入力の検出にもとづかず実行される非入力特定演出(例えば基本演出など)とのうち、いずれを実行するかを決定する特定演出決定手段(例えばステップS680〜S687の処理を実行する演出制御用CPU120など)とを備え、前記事前報知演出実行手段は、前記非入力特定演出が実行されるよりも前には所定割合で前記事前報知演出を実行し(例えばステップS692の処理に基づいてステップS848の処理を実行する部分など)、前記入力特定演出が実行されるよりも前には前記事前報知演出の実行に制限を設ける(例えばステップS688でYのときにステップS692、S848の処理を実行しない部分など)。
このような構成によれば、入力特定演出が実行されるよりも前には事前報知演出の実行に制限を設けて、再可変表示が実行されるか否かに対して遊技者の関心を高めることで指示入力に対する遊技者の意欲低下を防止し、遊技の興趣を向上させることができる。
(1) In order to achieve the above object, the gaming machine according to the present invention provides variable display means for variably displaying a plurality of types of identification information (for example, special symbols, production symbols, etc.) that can identify each of them and deriving a display result. When a predetermined display result (for example, a special symbol that becomes a big hit symbol or a big hit combination production symbol) is derived on the first and second special symbol indicators 8a, 8b, the production display device 9, etc. In addition, it is a gaming machine (for example, pachinko gaming machine 1 or the like) that is controlled to a specific gaming state (for example, a big hit gaming state) that is advantageous for the player, and whether or not to control to the specific gaming state is displayed Predetermining means for determining before the result is derived (for example, the CPU 56 of the game control microcomputer 560 that executes the process of step S60), and variable display of identification information Initiated by predetermined times executable again variable display execution means re variable display to perform variable display again after one Dankari stopped until display result is derived from the (e.g. processing in step S801~S803 The effect control CPU 101 of the effect control microcomputer 100 to be executed, and the specific effect (for example, the effect of the turn) in the first mode when the revariable display is executed and in the second mode when the revariable display is not executed. ) For executing a specific effect (for example, the CPU 101 for effect control for executing the process of step S853) and a prior notification for informing that the re-variable display is executed before the specific effect is executed. Advance notification effect executing means for executing an effect (for example, a pseudo-continuous effect) (for example, an effect control C for executing the process of step S848) U101, etc.), input detection means for detecting an instruction input by the player (for example, stick controller 122, push button 120, tilt direction sensor unit 123, push sensor 124, etc.), and instructions by the input detection means as the specific effects Either an input specific effect (for example, an operation effect) executed based on input detection or a non-input specific effect (for example, a basic effect) executed based on detection of an instruction input by the input detection means. A specific effect determining means for determining whether to execute (for example, an effect control CPU 120 for executing the processes of steps S680 to S687), and the prior notification effect executing means is configured to execute the non-input specific effect. The prior notification effect is executed at a predetermined rate (for example, in the process of step S692). Based on the processing of step S848 based on the above, a limit is placed on the execution of the prior notification effect before the input specific effect is executed (for example, when the answer is Y in step S688, steps S692, S848). Etc.)
According to such a configuration, the execution of the prior notification effect is limited before the input specific effect is executed, and the player's interest is increased regarding whether or not the re-variable display is executed. Therefore, it is possible to prevent the player from reducing the motivation for the instruction input and to improve the interest of the game.
(2)上記(1)の遊技機において、前記特定演出決定手段は、前記入力特定演出が実行されたときに、前記非入力特定演出が実行されたときと比べて高い割合で前記再可変表示が実行されるように、前記特定演出を決定する(例えば図22参照)ように構成されてもよい。
このような構成においては、入力特定演出の実行に対する遊技者の期待感を高めて、遊技の興趣を向上させることができる。
(2) In the gaming machine of the above (1), the specific effect determining means, when the input specific effect is executed, the re-variable display at a higher rate than when the non-input specific effect is executed. May be configured to determine the specific effect (see, for example, FIG. 22).
In such a configuration, it is possible to improve the interest of the game by increasing the player's expectation for the execution of the input specific effect.
(3)上記(1)または(2)の遊技機において、前記特定遊技状態となる可能性を予告する予告演出を実行する予告演出実行手段(例えばステップS507A、S850の処理を実行する演出制御用CPU101など)と、前記事前決定手段によって前記特定遊技状態に制御すると決定されたときに、該特定遊技状態に制御しないと決定されたときと比べて高い割合で、前記再可変表示の実行回数を多い回数に決定する再可変表示決定手段(例えば図7参照、ステップS301の変動パターン設定処理を実行するCPU56など)とを備え、前記予告演出実行手段は、前記入力特定演出が実行されるよりも前には前記特定遊技状態となる可能性が高いことを予告する特定予告演出の実行に制限を設ける(例えば図30、図32、図33参照)ように構成されてもよい。
このような構成においては、入力特定演出が実行された後に再可変表示が実行されるか否かを遊技者が予め認識してしまうことによる指示入力に対する意欲低下を防止して、遊技の興趣を向上させることができる。
(3) In the gaming machine of the above (1) or (2), notice effect executing means for executing a notice effect for notifying the possibility of entering the specific gaming state (for example, for effect control for executing the processes of steps S507A and S850) CPU 101, etc.) and the number of executions of the re-variable display at a higher rate when it is determined to control to the specific gaming state by the pre-determining means than when it is determined not to control to the specific gaming state Re-variable display determining means (for example, refer to FIG. 7, the CPU 56 executing the variation pattern setting process in step S301). The notice effect executing means is configured to execute the input specific effect. Before that, there is a restriction on the execution of the specific notice effect that predicts that there is a high possibility of entering the specific game state (see, for example, FIGS. 30, 32, and 33). It may be configured to.
In such a configuration, the player's willingness to input is prevented by recognizing in advance whether or not the re-variable display is executed after the input specific effect is executed. Can be improved.
(4)上記(1)から(3)のうちいずれかの遊技機において、前記特定演出手段は、識別情報の可変表示状態がリーチ状態となる可変表示において、該リーチ状態となるより前に前記第2態様でリーチ前特定演出(例えばリーチ前操作演出など)を実行するリーチ前特定演出実行手段(例えばステップS697、S908〜S913の処理を実行する演出制御用CPU101など)を含むように構成されてもよい。
このような構成においては、再可変表示が実行されないときに遊技者の落胆を防止して遊技の興趣を向上させることができる。
(4) In any one of the gaming machines according to the above (1) to (3), the specific effect means is configured to change the identification information before the reach state in the variable display in which the variable display state of the identification information is the reach state. It is configured to include pre-reach specific effect execution means (for example, an effect control CPU 101 that executes the processes of steps S697 and S908 to S913) for executing a pre-reach specific effect (for example, pre-reach operation effect) in the second mode. May be.
In such a configuration, it is possible to prevent the player from being discouraged when the re-variable display is not executed and to improve the interest of the game.
(5)上記(1)から(4)のうちいずれかの遊技機において、前記入力特定演出の実行タイミングを、識別情報の可変表示状態がリーチ状態となるより前の第1タイミング(例えば図8(G)、(H)に示す操作演出のタイミングなど)と、識別情報の可変表示状態がリーチ状態となった後の第2タイミング(例えば図8(J)に示す操作演出のタイミングなど)とのうち、いずれかに決定する入力特定演出タイミング決定手段(例えばステップS693の処理を実行する演出制御用CPU101など)を備えるように構成されてもよい。
このような構成においては、リーチ状態となった後に実行される入力特定演出の意外性を高めて、遊技の興趣を向上させることができる。
(5) In any one of the above gaming machines (1) to (4), the execution timing of the input specific effect is set to a first timing before the variable information display state of the identification information becomes the reach state (for example, FIG. 8). (G), (H) timing of operation effects, etc.) and second timing (for example, timing of operation effects shown in FIG. 8 (J)) after the variable display state of the identification information reaches the reach state. Among them, it may be configured to include input specific effect timing determination means (for example, an effect control CPU 101 that executes the process of step S693).
In such a configuration, it is possible to enhance the unexpectedness of the input specific effect executed after reaching the reach state and improve the interest of the game.
(6)上記(1)から(5)のうちいずれかの遊技機において、識別情報の可変表示に伴う演出の演出パターン(例えば変動パターンなど)を、演出時間(例えば変動時間など)が定められた複数種類の演出パターンの中から選択する演出パターン選択手段(例えばステップS91〜S115の処理を実行するCPU56など)と、該演出パターン選択手段により選択された演出パターンに応じた演出を実行する演出実行手段(例えばステップS802の演出図柄変動中処理を実行する演出制御用CPU101など)とを備え、前記演出パターン選択手段は、第1の時間(例えば図8(A)、(C)、(E)、(G)に示す5秒間など)で前記報知演出を実行した後に前記再可変表示を実行させ得る第1の演出パターン(例えば図6、図7に示すスーパーリーチA1、B1、C1、D1など)と、前記第1の時間よりも長い第2の時間(例えば図8(B)、(D)、(F)、(H)に示す10秒間など)で前記報知演出を実行した後に前記再可変表示を実行させ得る第2の演出パターン(例えば図6、図7に示すスーパーリーチA2、B2、C2、D2など)と、を含む複数種類の中から演出パターンを選択し(例えばステップS115の処理を実行する部分など)、前記特定演出決定手段は、前記第1の演出パターンが選択されたとき(例えば図22(a)、(c)参照)に、前記第2の演出パターンが選択されたとき(例えば図22(b)、(d)参照)と比べて高い割合で、前記特定演出として前記入力特定演出を実行することに決定する(例えばステップS681、S683、S685、S687の処理を実行する部分など)ように構成されてもよい。
このような構成においては、入力特定演出が行われてから再可変表示が実行されるまでの待ち時間を短縮することにより演出の間延びを防止して、遊技の興趣を向上させることができる。
(6) In any one of the above gaming machines (1) to (5), an effect time pattern (for example, a change time) is determined for an effect pattern (for example, a change pattern) of the effect accompanying the variable display of the identification information. An effect pattern selection means (for example, the CPU 56 that executes the processes of steps S91 to S115) that is selected from a plurality of types of effect patterns, and an effect that executes an effect corresponding to the effect pattern selected by the effect pattern selection means Execution means (for example, the effect control CPU 101 for executing the effect symbol variation process in step S802), and the effect pattern selection means is configured to perform the first time (for example, FIGS. 8A, 8C, 8E). ), A first effect pattern (for example, in FIG. 6 and FIG. 7) that allows the re-variable display to be executed after the notification effect is executed in 5 seconds, etc. Superreach A1, B1, C1, D1, etc.) and a second time longer than the first time (for example, 10 seconds shown in FIGS. 8B, 8D, 8F, 8H) ) And the second effect pattern (for example, super reach A2, B2, C2, D2, etc. shown in FIGS. 6 and 7) that can execute the re-variable display after the notification effect is executed. When the first effect pattern is selected (see, for example, FIGS. 22A and 22C), the specific effect determining unit selects the effect pattern from (for example, the part that executes the process of step S115). In addition, the input specific effect is determined to be executed as the specific effect at a higher rate than when the second effect pattern is selected (see, for example, FIGS. 22B and 22D) (for example, Step S681, S68 , S685, etc. section performs the process of S687) may be configured to.
In such a configuration, it is possible to prevent the delay of the production by reducing the waiting time from when the input specific production is performed until the re-variable display is executed, thereby improving the interest of the game.
この実施の形態におけるパチンコ遊技機の正面図である。It is a front view of the pachinko gaming machine in this embodiment. 当り種別表を示す図である。It is a figure which shows a hit classification table. パチンコ遊技機に搭載された各種の制御基板などを示す構成図である。It is a block diagram which shows the various control boards etc. which were mounted in the pachinko game machine. 各乱数を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows each random number. 大当り判定テーブルおよび大当り種別判定テーブルを示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the big hit determination table and the big hit classification determination table. 変動パターンを決定するために用いる変動パターンテーブルを表形式で示す図である。It is a figure which shows the fluctuation pattern table used in order to determine a fluctuation pattern in a table format. 変動パターンを決定するために用いる変動パターンテーブルを表形式で示す図である。It is a figure which shows the fluctuation pattern table used in order to determine a fluctuation pattern in a table format. 特定演出として基本演出を実行するときと操作演出を実行するときとの演出制御パターンを対比して示すタイミングチャートである。It is a timing chart which shows the effect control pattern when performing a basic effect as a specific effect, and when performing an operation effect. 基本演出の変動パターンでの演出と操作演出の変動パターンでの演出とを対比して示す演出表示装置の表示画面図である。It is a display screen diagram of the effect display device showing the effect in the variation pattern of the basic effect and the effect in the variation pattern of the operation effect in comparison. 基本演出の変動パターンでの演出と操作演出の変動パターンでの演出とを対比して示す演出表示装置の表示画面図である。It is a display screen diagram of the effect display device showing the effect in the variation pattern of the basic effect and the effect in the variation pattern of the operation effect in comparison. 基本演出の変動パターンでの演出と操作演出の変動パターンでの演出とを対比して示す演出表示装置の表示画面図である。It is a display screen diagram of the effect display device showing the effect in the variation pattern of the basic effect and the effect in the variation pattern of the operation effect in comparison. 基本演出の変動パターンでの演出と操作演出の変動パターンでの演出とを対比して示す演出表示装置の表示画面図である。It is a display screen diagram of the effect display device showing the effect in the variation pattern of the basic effect and the effect in the variation pattern of the operation effect in comparison. 演出制御コマンドの内容の一例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows an example of the content of an effect control command. タイマ割込処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a timer interruption process. 特別図柄プロセス処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a special symbol process process. 始動口スイッチ通過処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a starting port switch passage process. 特別図柄通常処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a special symbol normal process. 変動パターン設定処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a fluctuation pattern setting process. 演出制御メイン処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows production control main processing. 演出制御プロセス処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows production control process processing. 演出図柄変動開始処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows an effect design fluctuation start process. 操作演出判定テーブルを表形式で示す図である。It is a figure which shows the operation effect determination table in a table format. 擬似連報知演出設定処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a pseudo | simulation continuous alerting | reporting effect setting process. 各種の演出設定テーブルを表形式で示す図である。It is a figure which shows various production | presentation setting tables in a table format. 操作時チャンス目決定テーブルを表形式で示す図である。It is a figure which shows the operation time chance eye determination table in a table format. 擬似連確定演出を示す演出表示装置の表示画面図である。It is a display screen figure of the effect display apparatus which shows a pseudo | simulation continuous determination effect. リーチ後操作演出を示す演出表示装置の表示画面図である。It is a display screen figure of the effect display apparatus which shows the operation effect after reach. リーチ前操作演出を示す演出表示装置の表示画面図である。It is a display screen figure of an effect display device showing a pre-reach operation effect. 変動パターンに応じた予告演出の決定内容と使用テーブルを示す図である。It is a figure which shows the determination content of a notice effect according to a fluctuation pattern, and a usage table. 特定演出に応じた予告演出の決定内容と使用テーブルを示す図である。It is a figure which shows the decision content and use table of the notice effect according to a specific effect. ステップアップ予告を示す演出表示装置の表示画面図である。It is a display screen figure of the effect display apparatus which shows step-up notice. 第1予告設定テーブルを表形式で示す図である。It is a figure which shows a 1st notice setting table in a table format. 第2予告設定テーブルを表形式で示す図である。It is a figure which shows a 2nd notice setting table in a table format. 演出制御パターンの構成例などを示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the structural example etc. of an effect control pattern. 演出図柄変動中処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the process during effect design change. 操作演出処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows operation effect processing.
以下、本発明の実施の形態を、図面を参照して説明する。なお、遊技機の一例としてパチンコ遊技機を示すが、本発明はパチンコ遊技機に限られず、コイン遊技機、スロットマシン等のその他の遊技機であってもよく、所定の遊技を行う遊技機であれば、どのような遊技機であってもよい。   Hereinafter, embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings. A pachinko gaming machine is shown as an example of a gaming machine, but the present invention is not limited to a pachinko gaming machine, and may be another gaming machine such as a coin gaming machine or a slot machine, which is a gaming machine that performs a predetermined game. Any game machine may be used.
以下、本発明の実施の形態を、図面を参照して説明する。まず、遊技機の一例であるパチンコ遊技機1の全体の構成について説明する。図1はパチンコ遊技機1を正面からみた正面図である。図2は当り種別表である。   Hereinafter, embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings. First, the overall configuration of a pachinko gaming machine 1 that is an example of a gaming machine will be described. FIG. 1 is a front view of the pachinko gaming machine 1 as seen from the front. FIG. 2 is a hit type table.
パチンコ遊技機1は、縦長の方形状に形成された外枠(図示せず)と、外枠の内側に開閉可能に取付けられた遊技枠とで構成される。また、パチンコ遊技機1は、遊技枠に開閉可能に設けられている額縁状に形成されたガラス扉枠2を有する。遊技枠は、外枠に対して開閉自在に設置される前面枠(図示せず)と、機構部品等が取付けられる機構板(図示せず)と、それらに取付けられる種々の部品(後述する遊技盤6を除く)とを含む構造体である。   The pachinko gaming machine 1 includes an outer frame (not shown) formed in a vertically long rectangular shape and a game frame attached to the inside of the outer frame so as to be openable and closable. Further, the pachinko gaming machine 1 has a glass door frame 2 formed in a frame shape that is provided in the game frame so as to be opened and closed. The game frame includes a front frame (not shown) installed to be openable and closable with respect to the outer frame, a mechanism plate (not shown) to which mechanism parts and the like are attached, and various parts (games to be described later) attached to them. A structure including the board 6).
ガラス扉枠2の下部表面には打球供給皿(上皿)3がある。打球供給皿3の下部には、打球供給皿3に収容しきれない遊技球を貯留する余剰球受皿4、および、打球を発射する打球操作ハンドル(操作ノブ)5等が設けられている。また、ガラス扉枠2の背面には、遊技盤6が着脱可能に取付けられている。遊技盤6は、それを構成する板状体と、その板状体に取付けられた種々の部品とを含む構造体である。また、遊技盤6の前面には、打込まれた遊技球が流下可能な遊技領域7が形成されている。   On the lower surface of the glass door frame 2 is a hitting ball supply tray (upper plate) 3. Under the hitting ball supply tray 3, there are provided an extra ball receiving tray 4 for storing game balls that cannot be accommodated in the hitting ball supply tray 3, a hitting operation handle (operation knob) 5 for firing the hitting ball, and the like. A game board 6 is detachably attached to the back surface of the glass door frame 2. The game board 6 is a structure including a plate-like body constituting the game board 6 and various components attached to the plate-like body. In addition, a game area 7 is formed on the front surface of the game board 6 in which a game ball that has been struck can flow down.
余剰球受皿(下皿)4を形成する部材には、例えば下皿本体の上面における手前側の所定位置(例えば下皿の中央部分)等に、スティック形状(棒形状)に構成され、遊技者が把持して複数方向(前後左右)に傾倒する操作が可能なスティックコントローラ122が取付けられている。なお、スティックコントローラ122には、遊技者がスティックコントローラ122の操作桿を操作手(例えば左手等)で把持した状態において、所定の操作指(例えば人差し指等)で押引操作すること等により所定の指示操作が可能なトリガボタン121(図3参照)が設けられ、スティックコントローラ122の操作桿の内部には、トリガボタン121に対する押引操作等による所定の指示操作を検知するトリガセンサ125(図3参照)が内蔵されている。また、スティックコントローラ122の下部における下皿の本体内部等には、操作桿に対する傾倒操作を検知する傾倒方向センサユニット123(図3参照)が設けられている。また、スティックコントローラ122には、スティックコントローラ122を振動動作させるためのバイブレータ用モータ126(図3参照)が内蔵されている。   The member that forms the extra ball tray (lower tray) 4 is configured in a stick shape (bar shape), for example, at a predetermined position on the front side of the upper surface of the lower tray main body (for example, the central portion of the lower tray). A stick controller 122 that can be held and tilted in a plurality of directions (front and rear, left and right) is attached. It should be noted that the stick controller 122 has a predetermined operation by performing a push-pull operation with a predetermined operation finger (for example, an index finger) while the player holds the operation rod of the stick controller 122 with an operation hand (for example, the left hand). A trigger button 121 (see FIG. 3) capable of performing an instruction operation is provided, and a trigger sensor 125 (see FIG. 3) that detects a predetermined instruction operation by a push-pull operation or the like on the trigger button 121 is provided inside the operation rod of the stick controller 122. Built-in). In addition, a tilt direction sensor unit 123 (see FIG. 3) for detecting a tilting operation with respect to the operating rod is provided in the lower pan body inside the stick controller 122 and the like. Further, the stick controller 122 incorporates a vibrator motor 126 (see FIG. 3) for causing the stick controller 122 to vibrate.
打球供給皿(上皿)3を形成する部材には、例えば上皿本体の上面における手前側の所定位置(例えばスティックコントローラ122の上方)等に、遊技者が押下操作等により所定の指示操作を可能なプッシュボタン120が設けられている。プッシュボタン120は、遊技者からの押下操作等による所定の指示操作を、機械的、電気的、あるいは、電磁的に、検出できるように構成されていればよい。プッシュボタン120の設置位置における上皿の本体内部等には、プッシュボタン120に対してなされた遊技者の操作行為を検知するプッシュセンサ124(図3参照)が設けられていればよい。図1に示す構成例では、プッシュボタン120とスティックコントローラ122の取付位置が、上皿及び下皿の中央部分において上下の位置関係にある。これに対して、上下の位置関係を保ったまま、プッシュボタン120及びスティックコントローラ122の取付位置を、上皿及び下皿において左右のいずれかに寄せた位置としてもよい。あるいは、プッシュボタン120とスティックコントローラ122の取付位置が上下の位置関係にはなく、例えば左右の位置関係にあるものとしてもよい。   The member that forms the hitting ball supply tray (upper tray) 3 may be operated by a player to perform a predetermined instruction operation, for example, by depressing a predetermined position on the front side of the upper plate body (for example, above the stick controller 122). A possible push button 120 is provided. The push button 120 only needs to be configured to detect a predetermined instruction operation such as a pressing operation from a player mechanically, electrically, or electromagnetically. A push sensor 124 (see FIG. 3) that detects the player's operation action performed on the push button 120 may be provided inside the upper plate body at the position where the push button 120 is installed. In the configuration example shown in FIG. 1, the mounting positions of the push button 120 and the stick controller 122 are in a vertical positional relationship in the central portion of the upper plate and the lower plate. On the other hand, it is good also considering the attachment position of the push button 120 and the stick controller 122 as the position approached to either right or left in the upper plate and the lower plate, maintaining the vertical relationship. Alternatively, the mounting position of the push button 120 and the stick controller 122 is not in the vertical relationship, but may be in the horizontal relationship, for example.
なお、本実施の形態では、遊技者が操作可能な操作手段として、スティックコントローラを設けた例を示したが、これに限らず、操作手段としては、単なるプッシュボタン、レバースイッチ、および、ジョグダイヤル等のその他の操作手段を設けてもよい。   In this embodiment, an example in which a stick controller is provided as an operation means that can be operated by the player is shown. However, the operation means is not limited to this, and examples of the operation means include a simple push button, a lever switch, and a jog dial. Other operation means may be provided.
遊技領域7の中央付近には、各々を識別可能な複数種類の識別情報としての演出図柄を変動表示(可変表示ともいう)可能な演出表示装置9が設けられている。遊技領域7における演出表示装置9の右側方には、各々を識別可能な複数種類の識別情報としての第1特別図柄を変動表示する第1特別図柄表示器8aと、各々を識別可能な複数種類の識別情報としての第2特別図柄を変動表示する第2特別図柄表示器8bとが設けられている。   In the vicinity of the center of the game area 7, there is provided an effect display device 9 capable of variably displaying (also referred to as variable display) effect symbols as a plurality of types of identification information that can be identified. On the right side of the effect display device 9 in the game area 7, a first special symbol display 8 a that variably displays a first special symbol as a plurality of types of identification information that can identify each, and a plurality of types that can identify each of them. And a second special symbol display 8b for variably displaying the second special symbol as the identification information.
第1特別図柄表示器8aおよび第2特別図柄表示器8bのそれぞれは、数字および文字を変動表示可能な簡易で小型の表示器(例えば7セグメントLED)で構成されている。演出表示装置9は、液晶表示装置(LCD)で構成されており、表示画面において、第1特別図柄または第2特別図柄の変動表示に同期した演出図柄の変動表示を行う演出図柄表示領域が設けられる。演出図柄表示領域には、例えば「左」、「中」、「右」の3つの装飾用(演出用)の演出図柄を変動表示する図柄表示エリアが形成される。   Each of the first special symbol display device 8a and the second special symbol display device 8b is configured by a simple and small display device (for example, 7 segment LED) capable of variably displaying numbers and characters. The effect display device 9 is composed of a liquid crystal display device (LCD), and an effect symbol display area is provided on the display screen for effect display variation display in synchronization with the variation display of the first special symbol or the second special symbol. It is done. In the effect symbol display area, a symbol display area for variably displaying, for example, three decorative (effect) effect symbols of “left”, “middle”, and “right” is formed.
第1特別図柄表示器8aおよび第2特別図柄表示器8bのそれぞれは、主基板(遊技制御基板)に搭載されている遊技制御用マイクロコンピュータによって制御される。演出表示装置9は、演出制御基板に搭載されている演出制御用マイクロコンピュータによって制御される。第1特別図柄表示器8aで第1特別図柄の変動表示が実行されているときに、その変動表示に伴って演出表示装置9で演出表示が実行され、第2特別図柄表示器8bで第2特別図柄の変動表示が実行されているときに、その変動表示に伴って演出表示装置9で演出表示が実行されるので、遊技の進行状況を把握しやすくすることができる。   Each of the first special symbol display 8a and the second special symbol display 8b is controlled by a game control microcomputer mounted on a main board (game control board). The effect display device 9 is controlled by an effect control microcomputer mounted on the effect control board. When the variation display of the first special symbol is executed on the first special symbol display 8a, the effect display is executed on the effect display device 9 along with the variation display, and the second special symbol display 8b performs the second display. When the special symbol variation display is being executed, the effect display is executed by the effect display device 9 along with the variation display, so that it is possible to easily grasp the progress of the game.
第1特別図柄表示器8aに特定表示結果としての大当り表示結果(大当り図柄)が導出表示されたとき、または、第2特別図柄表示器8bに特定表示結果としての大当り表示結果(大当り図柄)が導出表示されたときには、演出表示装置9においても、特定表示結果としての大当り表示結果(大当り図柄の組合せ)が導出表示される。このように変動表示の表示結果として特定表示結果が表示されたときには、遊技者にとって有利な価値(有利価値)が付与される有利状態としての特定遊技状態(大当り遊技状態)に制御される。   When the jackpot display result (bonus symbol) as the specific display result is derived and displayed on the first special symbol display 8a, or the jackpot display result (jackpot symbol) as the specific display result is displayed on the second special symbol display 8b. When the derived display is performed, the effect display device 9 also derives and displays the jackpot display result (combination of jackpot symbol) as the specific display result. When the specific display result is displayed as the display result of the variable display in this manner, the specific game state (big hit game state) is controlled as an advantageous state to which a value (advantageous value) advantageous to the player is given.
また、演出表示装置9において、最終停止図柄(例えば左右中図柄のうち中図柄)となる図柄以外の図柄が、所定時間継続して、大当り図柄(例えば左中右の図柄が同じ図柄で揃った図柄の組合せ)と一致している状態で停止、揺動、拡大縮小もしくは変形している状態、または、複数の図柄が同一図柄で同期して変動したり、表示図柄の位置が入れ替わっていたりして、最終結果が表示される前で大当り発生の可能性が継続している状態(以下、これら状態をリーチ状態という。)で行われる演出をリーチ演出という。   Further, in the effect display device 9, symbols other than the symbol that will be the final stop symbol (for example, the middle symbol of the left and right middle symbols) are continuously received for a predetermined time, and the jackpot symbol (for example, the left middle right symbol is aligned with the same symbol). It is stopped, swinging, enlarged, reduced, or deformed in a state that matches the symbol combination), or multiple symbols may fluctuate in synchronization with the same symbol, or the position of the display symbol may be switched. An effect that is performed in a state where the possibility of occurrence of a big hit is displayed before the final result is displayed (hereinafter, these states are referred to as reach states) is referred to as reach effect.
ここで、リーチ状態は、演出表示装置9の表示領域において停止表示された演出図柄が大当り組合せの一部を構成しているときに未だ停止表示されていない演出図柄の変動が継続している表示状態、または、全部もしくは一部の演出図柄が大当り組合せの全部または一部を構成しながら同期して変動している表示状態である。言い換えると、リーチとは、複数の変動表示領域において識別情報が特定表示結果を構成しているが少なくとも一部の変動領域領域が変動表示中である状態をいう。この実施形態において、リーチ状態は、例えば、左,右の図柄表示エリアで同じ図柄が停止し、中の図柄表示エリアで図柄が停止していない状態で形成される。リーチ状態が形成されるときの左,右の図柄表示エリアで停止された図柄は、リーチ形成図柄、または、リーチ図柄と呼ばれる。   Here, in the reach state, when the effect symbols that are stopped and displayed in the display area of the effect display device 9 constitute a part of the jackpot combination, the change of the effect symbols that are not yet stopped and displayed is continued. This is a display state in which all or part of the effect symbols are synchronously changing while constituting all or part of the jackpot combination. In other words, reach means a state in which identification information constitutes a specific display result in a plurality of variable display areas, but at least some of the variable area areas are in variable display. In this embodiment, the reach state is formed, for example, in a state where the same symbol is stopped in the left and right symbol display areas and the symbol is not stopped in the middle symbol display area. The symbols stopped in the left and right symbol display areas when the reach state is formed are called reach formation symbols or reach symbols.
そして、リーチ状態における表示演出が、リーチ演出表示(リーチ演出)である。また、リーチの際に、通常と異なる演出がランプや音で行われることがある。この演出をリーチ演出という。また、リーチの際に、キャラクタ(人物等を模した演出表示であり、図柄(演出図柄等)とは異なるもの)を表示させたり、演出表示装置9の背景画像の表示態様(例えば、色等)を変化させたりすることがある。このキャラクタの表示や背景の表示態様の変化をリーチ演出表示という。また、リーチの中には、それが出現すると、通常のリーチに比べて、大当りが発生しやすいように設定されたものがある。このような特別なリーチは、スーパーリーチと呼ばれる。スーパーリーチではない通常のリーチは、ノーマルリーチと呼ばれる。   The display effect in the reach state is reach effect display (reach effect). In addition, during the reach, an unusual effect may be performed with a lamp or sound. This production is called reach production. Further, in the case of reach, a character (an effect display imitating a person or the like, which is different from a design (effect design etc.)) or a display mode (for example, a color etc.) of the background image of the effect display device 9 is displayed. ) May change. This change in character display and background display mode is called reach effect display. In addition, some reach is set so that when it appears, a big hit is likely to occur compared to a normal reach. Such special reach is called super reach. Normal reach that is not super reach is called normal reach.
リーチ演出の他にも、特定表示結果としての大当り表示結果(大当り図柄)が導出表示される変動表示の実行中には、特別可変表示演出となる救済演出が実行されることがある。救済演出が実行されるときには、まず、リーチ演出に続いてはずれ表示結果(リーチはずれの図柄組合せ)が一旦は仮停止される。その後、救済演出が実行されることで仮停止された変動表示を再開して、特定表示結果としての大当り表示結果(大当り図柄の組合せ)を最終的に導出表示させる。このように、救済演出は、変動表示の最終的な表示結果が「大当り」にならないかのような印象を遊技者に一旦は与えた後に、救済措置が講じられて表示結果が「大当り」となることを報知する演出である。   In addition to the reach effect, a relief effect serving as a special variable display effect may be executed during execution of a variable display in which a jackpot display result (a jackpot symbol) as a specific display result is derived and displayed. When the relief effect is executed, first, the display result of the deviation (the symbol combination of the reach deviation) is temporarily stopped after the reach effect. Thereafter, the temporarily stopped variation display is resumed by executing the relief effect, and the jackpot display result (combination of jackpot symbol) as the specific display result is finally derived and displayed. In this way, the relief effect is such that after the player is given an impression that the final display result of the variable display is not “big hit”, the relief action is taken and the display result is “big hit”. It is an effect to notify that
演出表示装置9の右方には、各々を識別可能な識別情報としての第1特別図柄を変動表示する第1特別図柄表示器(第1変動表示部)8aが設けられている。第1特別図柄表示器8aは、0〜9の数字等の特別図柄を変動表示可能な簡易で小型の表示器(例えば7セグメントLED)で実現されている。また、演出表示装置9の右方(第1特別図柄表示器8aの右隣)には、各々を識別可能な識別情報としての第2特別図柄を変動表示する第2特別図柄表示器(第2変動表示部)8bが設けられている。第2特別図柄表示器8bは、0〜9の数字等の特別図柄を変動表示可能な簡易で小型の表示器(例えば7セグメントLED)で実現されている。   On the right side of the effect display device 9, there is provided a first special symbol display (first variation display unit) 8a for variably displaying the first special symbol as identification information for identifying each. The first special symbol display 8a is realized by a simple and small display (for example, 7 segment LED) capable of variably displaying special symbols such as numbers 0 to 9. Further, on the right side of the effect display device 9 (next to the right of the first special symbol display 8a), a second special symbol display (second display) that variably displays each second special symbol as identification information that can be identified. Fluctuation display portion) 8b is provided. The second special symbol display 8b is realized by a simple and small display (for example, 7 segment LED) capable of variably displaying special symbols such as numbers 0 to 9.
以下、第1特別図柄と第2特別図柄とを特別図柄と総称することがあり、第1特別図柄表示器8aと第2特別図柄表示器8bとを特別図柄表示器(変動表示部)と総称することがある。   Hereinafter, the first special symbol and the second special symbol may be collectively referred to as a special symbol, and the first special symbol indicator 8a and the second special symbol indicator 8b are collectively referred to as a special symbol indicator (variable display unit). There are things to do.
なお、この実施の形態では、2つの特別図柄表示器8a,8bを備える場合を示しているが、遊技機は、特別図柄表示器を1つのみ備えるものであってもよい。   Although this embodiment shows a case where two special symbol indicators 8a and 8b are provided, the gaming machine may be provided with only one special symbol indicator.
第1特別図柄または第2特別図柄の変動表示は、変動表示の実行条件である第1始動条件または第2始動条件が成立(例えば、遊技球が第1始動入賞口13または第2始動入賞口14を通過(入賞を含む)したこと)した後、変動表示の開始条件(例えば、保留記憶数が0でない場合であって、第1特別図柄および第2特別図柄の変動表示が実行されていない状態であり、かつ、大当り遊技が実行されていない状態)が成立したことに基づいて開始され、変動表示時間(変動時間)が経過すると表示結果(停止図柄)を導出表示する。なお、遊技球が通過するとは、入賞口やゲート等の予め入賞領域として定められている領域を遊技球が通過したことであり、入賞口に遊技球が入った(入賞した)ことを含む概念である。また、表示結果を導出表示するとは、図柄(識別情報の例)を最終的に停止表示させることである。   For the variation display of the first special symbol or the second special symbol, the first start condition or the second start condition, which is the execution condition of the variation display, is satisfied (for example, the game ball has the first start winning opening 13 or the second start winning opening) 14 after passing (including winning)), the variable display start condition (for example, the number of reserved memory is not 0, and the variable display of the first special symbol and the second special symbol is not executed) Is started and a big hit game is not executed), and when a variable display time (variable time) elapses, a display result (stop symbol) is derived and displayed. Note that the passing of a game ball means that the game ball has passed through a predetermined area such as a prize opening or a gate, and that includes a game ball entering (winning) a prize opening. It is. Deriving and displaying the display result is to finally stop and display a symbol (an example of identification information).
演出表示装置9の下方には、第1始動入賞口13を有する入賞装置が設けられている。第1始動入賞口13に入賞した遊技球は、遊技盤6の背面に導かれ、第1始動口スイッチ13aによって検出される。   A winning device having a first start winning port 13 is provided below the effect display device 9. The game ball won in the first start winning opening 13 is guided to the back of the game board 6 and detected by the first start opening switch 13a.
また、第1始動入賞口(第1始動口)13を有する入賞装置の下方には、遊技球が入賞可能な第2始動入賞口14を有する可変入賞球装置15が設けられている。第2始動入賞口(第2始動口)14に入賞した遊技球は、遊技盤6の背面に導かれ、第2始動口スイッチ14aによって検出される。可変入賞球装置15は、ソレノイド16によって開状態とされる。可変入賞球装置15が開状態になることによって、遊技球が第2始動入賞口14に入賞可能になり(始動入賞し易くなり)、遊技者にとって有利な状態になる。可変入賞球装置15が開状態になっている状態では、第1始動入賞口13よりも、第2始動入賞口14に遊技球が入賞しやすい。また、可変入賞球装置15が閉状態になっている状態では、遊技球は第2始動入賞口14に入賞しない。したがって、可変入賞球装置15が閉状態になっている状態では、第2始動入賞口14よりも、第1始動入賞口13に遊技球が入賞しやすい。なお、可変入賞球装置15が閉状態になっている状態において、入賞はしづらいものの、入賞することは可能である(すなわち、遊技球が入賞しにくい)ように構成されていてもよい。以下、第1始動入賞口13と第2始動入賞口14とを総称して始動入賞口または始動口ということがある。   A variable winning ball device 15 having a second starting winning port 14 through which a game ball can be won is provided below a winning device having a first starting winning port (first starting port) 13. The game ball that has won the second start winning opening (second start opening) 14 is guided to the back of the game board 6 and detected by the second start opening switch 14a. The variable winning ball device 15 is opened by a solenoid 16. When the variable winning ball device 15 is in the open state, the game ball can be awarded to the second starting winning port 14 (it is easier to start winning), which is advantageous for the player. In the state where the variable winning ball apparatus 15 is in the open state, it is easier for the game ball to win the second start winning opening 14 than the first starting winning opening 13. In addition, in a state where the variable winning ball device 15 is in the closed state, the game ball does not win the second start winning opening 14. Accordingly, in a state where the variable winning ball device 15 is in the closed state, it is easier for the game ball to win the first starting winning port 13 than the second starting winning port 14. In the state where the variable winning ball apparatus 15 is in the closed state, it may be configured that the winning is possible (that is, it is difficult for the gaming ball to win) although it is difficult to win a prize. Hereinafter, the first start winning opening 13 and the second start winning opening 14 may be collectively referred to as a start winning opening or a starting opening.
第2特別図柄表示器8bの上方には、第2始動入賞口14に入った有効入賞球数すなわち第2保留記憶数を表示する4つの表示器からなる第2特別図柄保留記憶表示器18bが設けられている。第2特別図柄保留記憶表示器18bは、有効始動入賞がある毎に、点灯する表示器の数を1増やす。そして、第2特別図柄表示器8bでの変動表示が開始される毎に、点灯する表示器の数を1減らす。   Above the second special symbol display 8b, there is a second special symbol hold memory display 18b comprising four displays for displaying the number of effective winning balls that have entered the second start winning opening 14, that is, the second reserved memory number. Is provided. The second special symbol storage memory display 18b increases the number of indicators to be lit by 1 every time there is an effective start winning. And whenever the fluctuation | variation display by the 2nd special symbol display 8b is started, the number of the indicators to light is reduced by one.
また、第2特別図柄保留記憶表示器18bのさらに上方には、第1始動入賞口13に入った有効入賞球数すなわち第1保留記憶数(保留記憶を、始動記憶または始動入賞記憶ともいう。)を表示する4つの表示器からなる第1特別図柄保留記憶表示器18aが設けられている。第1特別図柄保留記憶表示器18aは、有効始動入賞がある毎に、点灯する表示器の数を1増やす。そして、第1特別図柄表示器8aでの変動表示が開始される毎に、点灯する表示器の数を1減らす。   Further, above the second special symbol hold memory display 18b, the number of effective winning balls that have entered the first start winning opening 13, that is, the first hold memory number (the hold memory is also referred to as start memory or start prize memory). ) Is displayed, a first special symbol reservation storage display 18a is provided. The first special symbol storage memory indicator 18a increases the number of indicators to be lit by 1 each time there is an effective start winning. Then, each time the variable display on the first special symbol display 8a is started, the number of indicators to be turned on is reduced by one.
遊技機には、遊技者が打球操作ハンドル5を操作することに応じて駆動モータを駆動し、駆動モータの回転力を利用して遊技球を遊技領域7に発射する打球発射装置(図示せず)が設けられている。打球発射装置から発射された遊技球は、遊技領域7を囲むように円形状に形成された打球レールを通って遊技領域7に入り、その後、遊技領域7を下りてくる。遊技球が第1始動入賞口13に入り第1始動口スイッチ13aで検出されると、第1特別図柄の変動表示を開始できる状態であれば(例えば、特別図柄の変動表示が終了し、第1の開始条件が成立したこと)、第1特別図柄表示器8aにおいて第1特別図柄の変動表示(変動)が開始されるとともに、演出表示装置9において演出図柄の変動表示が開始される。すなわち、第1特別図柄および演出図柄の変動表示は、第1始動入賞口13への入賞に対応する。第1特別図柄の変動表示を開始できる状態でなければ、第1保留記憶数が上限値に達していないことを条件として、第1保留記憶数を1増やす。   In the gaming machine, a ball striking device (not shown) that drives a driving motor in response to a player operating the batting operation handle 5 and uses the rotational force of the driving motor to launch a gaming ball to the gaming area 7. ) Is provided. A game ball launched from the ball striking device enters the game area 7 through a ball striking rail formed in a circular shape so as to surround the game area 7, and then descends the game area 7. When the game ball enters the first start winning opening 13 and is detected by the first start opening switch 13a, if the variation display of the first special symbol can be started (for example, the variation display of the special symbol ends, 1), the first special symbol display 8a starts the variable display (variation) of the first special symbol, and the effect display device 9 starts the variable display of the effect symbol. That is, the change display of the first special symbol and the effect symbol corresponds to winning in the first start winning opening 13. If the variable display of the first special symbol cannot be started, the first reserved memory number is increased by 1 on condition that the first reserved memory number has not reached the upper limit value.
遊技球が第2始動入賞口14に入り第2始動口スイッチ14aで検出されると、第2特別図柄の変動表示を開始できる状態であれば(例えば、特別図柄の変動表示が終了し、第2の開始条件が成立したこと)、第2特別図柄表示器8bにおいて第2特別図柄の変動表示(変動)が開始されるとともに、演出表示装置9において演出図柄の変動表示が開始される。すなわち、第2特別図柄および演出図柄の変動表示は、第2始動入賞口14への入賞に対応する。第2特別図柄の変動表示を開始できる状態でなければ、第2保留記憶数が上限値に達していないことを条件として、第2保留記憶数を1増やす。   When the game ball enters the second start winning port 14 and is detected by the second start port switch 14a, if the variation display of the second special symbol can be started (for example, the variation display of the special symbol ends, 2), the second special symbol display unit 8b starts the variation display (variation) of the second special symbol, and the effect display device 9 starts the variation display of the effect symbol. That is, the change display of the second special symbol and the effect symbol corresponds to winning in the second start winning opening 14. If the variable display of the second special symbol cannot be started, the second reserved memory number is increased by 1 on condition that the second reserved memory number has not reached the upper limit value.
演出表示装置9は、第1特別図柄表示器8aによる第1特別図柄の変動表示時間中、および第2特別図柄表示器8bによる第2特別図柄の変動表示時間中に、装飾用(演出用)の図柄としての演出図柄の変動表示を行う。第1特別図柄表示器8aにおける第1特別図柄の変動表示と、演出表示装置9における演出図柄の変動表示とは同期している。また、第2特別図柄表示器8bにおける第2特別図柄の変動表示と、演出表示装置9における演出図柄の変動表示とは同期している。また、第1特別図柄表示器8aにおいて大当り図柄が停止表示されるときと、第2特別図柄表示器8bにおいて大当り図柄が停止表示されるときには、演出表示装置9において大当りを想起させるような演出図柄の組合せが停止表示される。   The effect display device 9 is for decoration (for effects) during the variable display time of the first special symbol by the first special symbol indicator 8a and during the variable display time of the second special symbol by the second special symbol indicator 8b. The effect symbol as a symbol is displayed in a variable manner. The change display of the first special symbol on the first special symbol display 8a and the change display of the effect symbol on the effect display device 9 are synchronized. Further, the variation display of the second special symbol on the second special symbol display 8b and the variation display of the effect symbol on the effect display device 9 are synchronized. Further, when the jackpot symbol is stopped and displayed on the first special symbol display 8a and when the jackpot symbol is stopped and displayed on the second special symbol display 8b, the effect display device 9 reminds the jackpot The combination of is stopped and displayed.
また、演出表示装置9の表示画面の下部には、第1保留記憶数を表示する第1保留記憶表示部18cと、第2保留記憶数を表示する第2保留記憶表示部18dとが設けられている。なお、第1保留記憶数と第2保留記憶数との合計である合計数(合算保留記憶数)を表示する領域(合算保留記憶表示部)が設けられるようにしてもよい。そのように、合計数を表示する合算保留記憶表示部が設けられているようにすれば、変動表示の開始条件が成立していない実行条件の成立数の合計を把握しやすくすることができる。   Also, at the lower part of the display screen of the effect display device 9, there are provided a first reserved memory display unit 18c for displaying the first reserved memory number and a second reserved memory display unit 18d for displaying the second reserved memory number. ing. In addition, you may make it provide the area | region (sum total pending | holding memory display part) which displays the total number (sum total pending memory count) which is the sum total of the 1st pending memory count and the 2nd pending memory count. As described above, if the summation pending storage display unit for displaying the total number is provided, it is possible to easily grasp the total number of execution conditions that have not met the variable display start condition.
また、図1に示すように、可変入賞球装置15の下方には、特別可変入賞球装置20が設けられている。特別可変入賞球装置20は開閉板を備え、第1特別図柄表示器8aに特定表示結果(大当り図柄)が導出表示されたときと、第2特別図柄表示器8bに特定表示結果(大当り図柄)が導出表示されたときに生起する特定遊技状態(大当り遊技状態)においてソレノイド21によって開閉板が開放状態に制御されることによって、入賞領域となる大入賞口が開放状態になる。大入賞口に入賞した遊技球はカウントスイッチ23で検出される。   Further, as shown in FIG. 1, a special variable winning ball device 20 is provided below the variable winning ball device 15. The special variable winning ball apparatus 20 includes an opening / closing plate, and when the specific display result (big hit symbol) is derived and displayed on the first special symbol display 8a, and the specific display result (big hit symbol) on the second special symbol display 8b. When the open / close plate is controlled to be open by the solenoid 21 in the specific game state (big hit game state) that occurs when the symbol is derived and displayed, the big winning opening serving as the winning area is opened. The game ball that has won the big winning opening is detected by the count switch 23.
大当り遊技状態においては、特別可変入賞球装置20が開放状態と閉鎖状態とを繰返す繰返し継続制御が行われる。繰返し継続制御において、特別可変入賞球装置20が開放されている状態が、ラウンドと呼ばれる。これにより、繰返し継続制御は、ラウンド制御とも呼ばれる。本実施の形態では、大当りの種別が複数設けられており、大当りとすることが決定されたときには、いずれかの大当り種別が選択される。   In the big hit gaming state, repeated continuous control is performed in which the special variable winning ball apparatus 20 repeats an open state and a closed state. In the repeated continuation control, a state where the special variable winning ball apparatus 20 is opened is called a round. Thus, the repeated continuation control is also called round control. In the present embodiment, a plurality of types of jackpots are provided. When it is determined that a jackpot is to be made, one of the jackpot types is selected.
演出表示装置9の左方には、各々を識別可能な普通図柄を変動表示する普通図柄表示器10が設けられている。この実施の形態では、普通図柄表示器10は、0〜9の数字を変動表示可能な簡易で小型の表示器(例えば7セグメントLED)で実現されている。すなわち、普通図柄表示器10は、0〜9の数字(または、記号)を変動表示するように構成されている。また、小型の表示器は、例えば方形状に形成されている。   On the left side of the effect display device 9, there is provided a normal symbol display 10 for variably displaying normal symbols that can be distinguished from each other. In this embodiment, the normal symbol display device 10 is realized by a simple and small display device (for example, 7 segment LED) capable of variably displaying numbers 0 to 9. That is, the normal symbol display 10 is configured so as to variably display numbers (or symbols) of 0 to 9. Moreover, the small display is formed in, for example, a square shape.
遊技球がゲート32を通過しゲートスイッチ32aで検出されると、普通図柄表示器10の表示の変動表示が開始される。そして、普通図柄表示器10における停止図柄が所定の図柄(当り図柄。例えば、図柄「7」。)である場合に、可変入賞球装置15が所定回数、所定時間だけ遊技者にとって不利な閉状態から遊技者にとって有利な開状態に変化する。普通図柄表示器10の近傍には、ゲート32を通過した入賞球数を表示する4つのLEDによる表示部を有する普通図柄保留記憶表示器41が設けられている。ゲート32への遊技球の通過がある毎に、すなわちゲートスイッチ32aによって遊技球が検出される毎に、普通図柄保留記憶表示器41は点灯するLEDを1増やす。そして、普通図柄表示器10の変動表示が開始される毎に、点灯するLEDを1減らす。   When the game ball passes through the gate 32 and is detected by the gate switch 32a, the display variation of the normal symbol display 10 is started. When the stop symbol on the normal symbol display 10 is a predetermined symbol (a winning symbol, for example, a symbol “7”), the variable winning ball device 15 is closed in a disadvantageous state for a player for a predetermined number of times. To an open state advantageous to the player. In the vicinity of the normal symbol display 10, a normal symbol holding storage display 41 having a display unit with four LEDs for displaying the number of winning balls that have passed through the gate 32 is provided. Each time there is a game ball passing through the gate 32, that is, every time a game ball is detected by the gate switch 32a, the normal symbol storage memory display 41 increases the number of LEDs to be turned on by one. Then, each time the variable display of the normal symbol display 10 is started, the number of LEDs to be lit is reduced by one.
遊技盤6の下部には、入賞しなかった打球が取込まれるアウト口26がある。また、遊技領域7の外側の左右上部および左右下部には、所定の音声出力として効果音や音声を発声する4つのスピーカ27が設けられている。遊技領域7の外周には、前面枠に設けられた枠LED28が設けられている。   At the lower part of the game board 6, there is an out port 26 into which a hit ball that has not won a prize is taken. In addition, four speakers 27 that utter sound effects and sounds as predetermined sound outputs are provided on the upper left and right and lower left and right outside the game area 7. On the outer periphery of the game area 7, a frame LED 28 provided on the front frame is provided.
また、プリペイドカードが挿入されることによって球貸しを可能にするプリペイドカードユニット(以下、単に「カードユニット」ともいう。)が、パチンコ遊技機1に隣接して設置される(図示せず)。   In addition, a prepaid card unit (hereinafter also simply referred to as “card unit”) that enables lending a ball by inserting a prepaid card is installed adjacent to the pachinko gaming machine 1 (not shown).
図2の当り種別表においては、大当りにおける当りの種別ごとに、大当り遊技状態の終了後の大当り確率、大当り遊技状態の終了後のベース、大当り遊技状態終了後の変動時間、大当りにおける開放回数(ラウンド数)、および、各ラウンドの開放時間が示されている。   In the hit type table of FIG. 2, for each hit type in the big hit, the big hit probability after the end of the big hit gaming state, the base after the end of the big hit gaming state, the variation time after the end of the big hit gaming state, the number of releases in the big hit ( The number of rounds) and the opening time of each round are shown.
具体的に、大当り遊技状態においては、特別可変入賞球装置20が、開放状態とされた後、所定の開放状態の終了条件(開放状態において所定期間(例えば29秒間)が経過したこと、または、所定個数(例えば10個)の入賞球が発生したという開放終了条件)が成立したことに応じて閉鎖状態とされる。そして、開放終了条件が成立すると、継続権が発生し、特別可変入賞球装置20の開放が再度行われる。継続権の発生は、大当り遊技状態における開放回数が予め定められた上限値となる15ラウンド(最終ラウンド)に達するまで繰返される。   Specifically, in the big hit gaming state, after the special variable winning ball apparatus 20 is in the open state, a predetermined open state end condition (a predetermined period (for example, 29 seconds) has elapsed in the open state, or The closed state is established when a predetermined number (for example, ten) of winning balls is generated. When the opening end condition is satisfied, a continuation right is generated and the special variable winning ball apparatus 20 is opened again. The generation of the continuation right is repeated until the number of releases in the big hit gaming state reaches 15 rounds (final round), which is a predetermined upper limit value.
「大当り」のうち、大当り遊技状態に制御された後、特別遊技状態として、通常状態(確変状態でない通常の遊技状態)に比べて大当りとすることに決定される確率が高い状態である確変状態(確率変動状態の略語であり、高確率状態ともいう)に移行する大当りの種類(種別)は、「確変大当り」と呼ばれる。また、本実施の形態では、特別遊技状態としては、確変状態に付随して、特別図柄や演出図柄の変動時間(変動表示期間)が非時短状態よりも短縮される時短状態に制御される場合がある。なお、特別遊技状態としては、確変状態とは独立して時短状態に制御される場合があるようにしてもよい。   Among the “big hits”, after being controlled to the big hit gaming state, the probability change state in which the probability of being determined as a big hit is higher than the normal state (the normal gaming state that is not the probability change state) as the special gaming state. The type (type) of jackpot that shifts to (an abbreviation for probability variation state, also referred to as high probability state) is called “probability jackpot”. In the present embodiment, the special gaming state is controlled to a time-short state in which the variation time (variation display period) of the special symbol or the production symbol is shortened from the non-time-short state in association with the probability variation state. There is. Note that the special gaming state may be controlled to the short time state independently of the probability variation state.
このように、時短状態に移行することによって、特別図柄や演出図柄の変動時間が短縮されるので、時短状態となったときには、有効な始動入賞が発生しやすくなり大当り遊技が行われる可能性が高まる。   In this way, the transition time to the short-time state reduces the variation time of the special symbol and the production symbol, so when the short-time state is reached, it is easy for an effective start prize to occur and the possibility of a big hit game being played. Rise.
なお、「大当り」のうち、15ラウンドの大当り遊技状態に制御された後、確変状態に移行しない大当りの種類(種別)は、「通常大当り」と呼ばれる。   Note that the type of jackpot (type) that does not shift to the probability change state after being controlled to the 15-round jackpot gaming state among the “hits” is called “ordinary jackpot”.
また、特別遊技状態としては、確変状態に付随して、可変入賞球装置15が開状態になる頻度を高くすることにより可変入賞球装置15に遊技球が進入する頻度を高くして可変入賞球装置15への入賞を容易化(高進入化、高頻度化)する電チューサポート制御状態に制御される場合がある。   In addition, as the special game state, the frequency of the game ball entering the variable prize ball device 15 is increased by increasing the frequency at which the variable prize ball device 15 is opened in association with the probability change state. There is a case where it is controlled to an electric chew support control state that facilitates winning (higher approach, higher frequency) to the device 15.
ここで、電チューサポート制御について説明する。電チューサポート制御としては、普通図柄の変動時間(変動表示開始時から表示結果の導出表示時までの時間)を短縮して早期に表示結果を導出表示させる制御(普通図柄短縮制御)、普通図柄の停止図柄が当り図柄になる確率を高める制御(普通図柄確変制御)、可変入賞球装置15の開放時間を長くする制御(開放時間延長制御)、および、可変入賞球装置15の開放回数を増加させる制御(開放回数増加制御)が行われる。このような制御が行われると、当該制御が行われていないときと比べて、可変入賞球装置15が開状態となっている時間比率が高くなるので、第2始動入賞口14への入賞頻度が高まり、遊技球が始動入賞しやすくなる(特別図柄表示器8a,8bや演出表示装置9における変動表示の実行条件が成立しやすくなる)。また、このような制御によって第2始動入賞口14への入賞頻度が高まることにより、第2始動条件の成立頻度および/または第2特別図柄の変動表示の実行頻度が高まる遊技状態となる。   Here, electric Chu support control will be described. As electric support control, normal symbol variation time (time from the start of variation display to display result derivation display time) is shortened and the display result is derived and displayed at an early stage (normal symbol shortening control), normal symbol The control to increase the probability that the stop symbol will be a winning symbol (ordinary symbol probability changing control), the control to increase the opening time of the variable winning ball device 15 (opening time extension control), and the number of opening of the variable winning ball device 15 are increased. Control (opening frequency increase control) is performed. When such control is performed, the time ratio during which the variable winning ball device 15 is in the open state is higher than when the control is not performed, so that the winning frequency at the second start winning port 14 is increased. As a result, the game ball is likely to start and win (the special symbol display devices 8a and 8b and the effect display device 9 are more likely to satisfy the variable display execution condition). Further, by increasing the winning frequency to the second starting winning port 14 by such control, a gaming state is achieved in which the frequency of establishment of the second starting condition and / or the frequency of execution of the variable display of the second special symbol is increased.
このような電チューサポート制御により第2始動入賞口14への入賞頻度が高められた状態(高頻度状態)は、発射球数に対して入賞に応じて賞球として払出される遊技球数の割合である「ベース」が、当該制御が行われないときと比べて、高い状態であるので、「高ベース状態」と呼ばれる。また、このような制御が行われないときは、「低ベース状態」と呼ばれる。また、このような制御は、可変入賞球装置15、すなわち、電動チューリップにより入賞をサポートすることにより可変入賞球装置15への入賞を容易化する制御であり、「電チューサポート制御」と呼ばれる。   The state in which the winning frequency to the second start winning opening 14 is increased by such electric Chu support control (high frequency state) is the number of game balls to be paid out as prize balls according to the winning with respect to the number of shot balls. Since the ratio “base” is higher than when the control is not performed, it is called a “high base state”. Also, when such control is not performed, it is called a “low base state”. Such control is control for facilitating winning in the variable winning ball apparatus 15 by supporting the winning with the variable winning ball apparatus 15, that is, the electric tulip, and is referred to as “electric chew support control”.
この実施の形態においては、大当り確率の状態を示す用語として、「高確率状態(確変状態)」と、「低確率状態(非確変状態)」とを用い、ベースの状態の組合せを示す用語として、「高ベース状態(電チューサポート制御状態)」と、「低ベース状態(非電チューサポート制御状態)」とを用いる。   In this embodiment, “high probability state (probability variation state)” and “low probability state (non-probability variation state)” are used as terms indicating the state of jackpot probability, and terms indicating a combination of base states are used. , “High base state (electric Chu support control state)” and “low base state (non-electric Chu support control state)” are used.
また、この実施の形態においては、大当り確率の状態およびベースの状態の組合せを示す用語として、「低確低ベース状態」、「低確高ベース状態」、「高確低ベース状態」、および、「高確高ベース状態」を用いる。「低確低ベース状態」とは、大当り確率の状態が低確率状態で、かつ、ベースの状態が低ベース状態であることを示す状態である。「低確高ベース状態」とは、大当り確率の状態が低確率状態で、かつ、ベースの状態が高ベース状態であることを示す状態である。「高確低ベース状態」とは、大当り確率の状態が高確率状態で、かつ、ベースの状態が低ベース状態であることを示す状態である。「高確高ベース状態」とは、大当り確率の状態が高確率状態で、かつ、ベースの状態が高ベース状態であることを示す状態である。   In this embodiment, terms indicating a combination of the state of the big hit probability and the base state are “low accuracy low base state”, “low accuracy high base state”, “high accuracy low base state”, and Use “highly accurate base state”. The “low probability low base state” is a state indicating that the state of the big hit probability is the low probability state and the base state is the low base state. The “low probability high base state” is a state indicating that the state of the big hit probability is the low probability state and the base state is the high base state. The “high probability low base state” is a state indicating that the state of the big hit probability is the high probability state and the base state is the low base state. The “high probability high base state” is a state indicating that the state of the big hit probability is the high probability state and the base state is the high base state.
図2に示すように、15ラウンドの大当りとしては、通常大当りと、確変大当りとの複数種類の大当りが設けられている。   As shown in FIG. 2, as the big hit of 15 rounds, a plurality of types of big hits, a normal big hit and a probable big hit, are provided.
通常大当りは、15ラウンドの大当り遊技状態の終了後に、非確変状態、時短状態、および、電チューサポート制御状態(低確高ベース状態)に制御される大当りである。確変大当りは、15ラウンドの大当り遊技状態の終了後に、確変状態、時短状態、および、電チューサポート制御状態(高確高ベース状態)に移行する制御が行われる大当りである。確変大当りにおいては、確変状態、時短状態、および、電チューサポート制御状態が、次回の大当りが発生するまでという条件が成立するまでの期間継続する。   The normal jackpot is a jackpot that is controlled to the non-probability changing state, the time-short state, and the electric chew support control state (low-accuracy high-base state) after the end of the 15-round jackpot gaming state. The probability variation jackpot is a jackpot in which control is performed to shift to a probability variation state, a time reduction state, and an electric chew support control state (high probability high base state) after the end of 15 rounds of the jackpot gaming state. In the probability variation big hit, the probability variation state, the time reduction state, and the electric Chu support control state continue for a period until the condition that the next big hit occurs is satisfied.
また、通常大当りにおいては、時短状態が、変動表示が100回という所定回数実行されるまでという条件と、次回の大当りが発生するまでという条件とのいずれか早い方の条件が成立するまでの期間継続する。このように時短状態が継続する変動表示の回数は、時短回数とも呼ばれる。   In the normal big hit, the period until the shorter condition is satisfied, which is the condition that the time reduction state is executed a predetermined number of times of 100 times of the variable display or the condition that the next big hit occurs. continue. The number of times of variable display in which the time reduction state continues is also referred to as the time reduction number.
図3は、主基板(遊技制御基板)31における回路構成の一例を示すブロック図である。なお、図3は、払出制御基板37および演出制御基板80等も示されている。主基板31には、プログラムにしたがってパチンコ遊技機1を制御する遊技制御用マイクロコンピュータ(遊技制御手段に相当)560が搭載されている。遊技制御用マイクロコンピュータ560は、ゲーム制御(遊技進行制御)用のプログラム等を記憶するROM54、ワークメモリとして使用される記憶手段としてのRAM55、プログラムにしたがって制御動作を行うCPU56およびI/Oポート部57を含む。遊技制御用マイクロコンピュータ560は、ROM54およびRAM55が内蔵された1チップマイクロコンピュータである。遊技制御用マイクロコンピュータ560には、さらに、ハードウェア乱数(ハードウェア回路が発生する乱数)を発生する乱数回路503が内蔵されている。   FIG. 3 is a block diagram showing an example of the circuit configuration of the main board (game control board) 31. FIG. 3 also shows the payout control board 37, the effect control board 80, and the like. A game control microcomputer (corresponding to game control means) 560 for controlling the pachinko gaming machine 1 according to a program is mounted on the main board 31. The game control microcomputer 560 includes a ROM 54 for storing a game control (game progress control) program and the like, a RAM 55 as a storage means used as a work memory, a CPU 56 for performing control operations in accordance with the program, and an I / O port unit. 57. The game control microcomputer 560 is a one-chip microcomputer in which a ROM 54 and a RAM 55 are built. The game control microcomputer 560 further includes a random number circuit 503 that generates hardware random numbers (random numbers generated by the hardware circuit).
また、RAM55は、その一部または全部が電源基板910において作成されるバックアップ電源によってバックアップされている不揮発性記憶手段としてのバックアップRAMである。すなわち、遊技機に対する電力供給が停止しても、所定期間(バックアップ電源としてのコンデンサが放電してバックアップ電源が電力供給不能になるまで)は、RAM55の一部または全部の内容は保存される。特に、少なくとも、遊技状態すなわち遊技制御手段の制御状態に応じたデータ(特別図柄プロセスフラグ等)と未払出賞球数を示すデータは、バックアップRAMに保存される。   The RAM 55 is a backup RAM as a non-volatile storage means, part or all of which is backed up by a backup power source created on the power supply substrate 910. That is, even if the power supply to the gaming machine is stopped, a part or all of the contents of the RAM 55 is stored for a predetermined period (until the capacitor as the backup power supply is discharged and the backup power supply cannot be supplied). In particular, at least data (special symbol process flag, etc.) corresponding to the game state, that is, the control state of the game control means, and data indicating the number of unpaid winning balls are stored in the backup RAM.
なお、遊技制御用マイクロコンピュータ560においてCPU56がROM54に格納されているプログラムにしたがって制御を実行するので、以下、遊技制御用マイクロコンピュータ560(またはCPU56)が実行する(または、処理を行う)ということは、具体的には、CPU56がプログラムにしたがって制御を実行することである。   In the game control microcomputer 560, the CPU 56 executes control in accordance with the program stored in the ROM 54. Therefore, the game control microcomputer 560 (or CPU 56) executes (or performs processing) hereinafter. Specifically, the CPU 56 executes control according to a program.
乱数回路503は、特別図柄の変動表示の表示結果により大当りとするか否か判定するための判定用の乱数を発生するために用いられるハードウェア回路である。乱数回路503は、初期値(例えば、0)と上限値(例えば、65535)とが設定された数値範囲内で、数値データを、設定された更新規則にしたがって更新し、ランダムなタイミングで発生する始動入賞時が数値データの読出(抽出)時であることに基づいて、読出される数値データが乱数値となる乱数発生機能を有する。また、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、乱数回路503が更新する数値データの初期値を設定する機能を有している。   The random number circuit 503 is a hardware circuit that is used to generate a random number for determination to determine whether or not to make a big hit based on the display result of the special symbol variation display. The random number circuit 503 updates the numerical data in accordance with the set update rule within a numerical range in which an initial value (for example, 0) and an upper limit value (for example, 65535) are set, and generates the random data at random timing. Based on the fact that the starting winning time is the time of reading (extracting) the numerical data, it has a random number generation function in which the read numerical data becomes a random value. Further, the game control microcomputer 560 has a function of setting an initial value of numerical data updated by the random number circuit 503.
また、ゲートスイッチ32a、第1始動口スイッチ13a、第2始動口スイッチ14a、カウントスイッチ23からの検出信号を遊技制御用マイクロコンピュータ560に与える入力ドライバ回路58も主基板31に搭載されている。また、可変入賞球装置15を開閉するソレノイド16、および大入賞口を形成する特別可変入賞球装置20を開閉するソレノイド21を遊技制御用マイクロコンピュータ560からの指令にしたがって駆動する出力回路59も主基板31に搭載されている。   Further, an input driver circuit 58 that provides detection signals from the gate switch 32a, the first start port switch 13a, the second start port switch 14a, and the count switch 23 to the game control microcomputer 560 is also mounted on the main board 31. Also, an output circuit 59 for driving the solenoid 16 for opening and closing the variable winning ball device 15 and the solenoid 21 for opening and closing the special variable winning ball device 20 that forms a big winning opening according to a command from the game control microcomputer 560 is also provided. It is mounted on the substrate 31.
また、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、特別図柄を変動表示する第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8b、普通図柄を変動表示する普通図柄表示器10、第1特別図柄保留記憶表示器18a、第2特別図柄保留記憶表示器18bおよび普通図柄保留記憶表示器41の表示制御を行う。   Further, the game control microcomputer 560 includes a first special symbol display 8a, a second special symbol display 8b, which variably displays special symbols, a normal symbol display 10, which variably displays normal symbols, and a first special symbol hold memory. Display control of the display 18a, the second special symbol storage memory display 18b, and the normal symbol storage memory display 41 is performed.
演出制御基板80は、演出制御用マイクロコンピュータ100、ROM102、RAM103、VDP109、および、I/Oポート部105等を搭載している。ROM102は、表示制御等の演出制御用のプログラムおよびデータ等を記憶する。RAM103は、ワークメモリとして使用される。ROM102およびRAM103は、演出制御用マイクロコンピュータ100に内蔵されてもよい。VDP109は、演出制御用マイクロコンピュータ100と共動して演出表示装置9の表示制御を行う。   The effect control board 80 includes an effect control microcomputer 100, a ROM 102, a RAM 103, a VDP 109, an I / O port unit 105, and the like. The ROM 102 stores a program and data for effect control such as display control. The RAM 103 is used as a work memory. The ROM 102 and the RAM 103 may be built in the production control microcomputer 100. The VDP 109 performs display control of the effect display device 9 in cooperation with the effect control microcomputer 100.
演出制御用マイクロコンピュータ100は、主基板31から演出制御基板80の方向への一方向にのみ信号を通過させる中継基板77を介して、遊技制御用マイクロコンピュータ560から演出内容を指示する演出制御コマンドを受信し、演出表示装置9の変動表示制御を行う他、ランプドライバ基板35を介して、枠側に設けられている枠LED28の表示制御を行うとともに、音声出力基板70を介してスピーカ27からの音出力の制御を行う等、各種の演出制御を行う。   The effect control microcomputer 100 provides an effect control command for instructing effect contents from the game control microcomputer 560 via the relay board 77 that allows signals to pass only in one direction from the main board 31 to the effect control board 80. And display control of the frame LED 28 provided on the frame side via the lamp driver board 35 and also from the speaker 27 via the audio output board 70. Various effects are controlled, such as controlling the sound output.
また、演出制御用CPU101は、スティックコントローラ122のトリガボタン121に対する遊技者の操作行為を検出したことを示す情報信号としての操作検出信号を、トリガセンサ125から、入力ポート106を介して入力する。また、演出制御用CPU101は、プッシュボタン120に対する遊技者の操作行為を検出したことを示す情報信号としての操作検出信号を、プッシュセンサ124から、入力ポート106を介して入力する。また、演出制御用CPU101は、スティックコントローラ122の操作桿に対する遊技者の操作行為を検出したことを示す情報信号としての操作検出信号を、傾倒方向センサユニット123から、入力ポート106を介して入力する。また、演出制御用CPU101は、出力ポート105を介してバイブレータ用モータ126に駆動信号を出力することにより、スティックコントローラ122を振動動作させる。   In addition, the effect control CPU 101 inputs an operation detection signal as an information signal indicating that the player's operation action on the trigger button 121 of the stick controller 122 has been detected from the trigger sensor 125 via the input port 106. Further, the effect control CPU 101 inputs an operation detection signal as an information signal indicating that a player's operation action on the push button 120 has been detected from the push sensor 124 via the input port 106. In addition, the production control CPU 101 inputs an operation detection signal as an information signal indicating that the player's operation action with respect to the operation rod of the stick controller 122 has been detected from the tilt direction sensor unit 123 via the input port 106. . Further, the effect control CPU 101 outputs a drive signal to the vibrator motor 126 via the output port 105 to cause the stick controller 122 to vibrate.
図4は、各乱数を示す説明図である。各乱数は、以下のように使用される。(1)ランダムR:大当りにするか否かを判定する当り判定用のランダムカウンタである。ランダムRは、10MHzで1ずつ更新され、0から加算更新されてその上限である65535まで加算更新された後再度0から加算更新される。(2)ランダム1(MR1):大当りの種類(種別、通常大当り、確変大当り、および、突確大当りのいずれかの種別)および大当り図柄を決定する(大当り種別判定用、大当り図柄決定用)。(3)ランダム2(MR2):変動パターンの種類(種別)を決定する(変動パターン種別判定用)。(4)ランダム3(MR3):変動パターン(変動時間)を決定する(変動パターン判定用)。(5)ランダム4(MR4):普通図柄に基づく当りを発生させるか否か決定する(普通図柄当り判定用)。(6)ランダム5(MR5):ランダム4の初期値を決定する(ランダム4初期値決定用)。   FIG. 4 is an explanatory diagram showing each random number. Each random number is used as follows. (1) Random R: A random counter for hit determination for determining whether or not to make a big hit. Random R is updated one by one at 10 MHz, is added and updated from 0, and is added and updated to its upper limit of 65535, and then is added and updated again from 0. (2) Random 1 (MR1): Determines the type of jackpot (any type of type, normal jackpot, probability variation jackpot, or sudden hit jackpot) and jackpot symbol (for jackpot type determination, jackpot symbol determination). (3) Random 2 (MR2): The type (type) of the variation pattern is determined (for variation pattern type determination). (4) Random 3 (MR3): A variation pattern (variation time) is determined (for variation pattern determination). (5) Random 4 (MR4): Determines whether or not to generate a hit based on the normal symbol (for normal symbol hit determination). (6) Random 5 (MR5): An initial value of random 4 is determined (for determining a random 4 initial value).
この実施の形態では、特定遊技状態である大当りとして、通常大当り、および、確変大当りという複数の種別が含まれている。したがって、大当りとする決定がされたときには、大当り種別判定用乱数(ランダム1)の値に基づいて、大当りの種別が、これらいずれかの大当り種別に決定される。さらに、大当りの種別が決定されるときに、同時に大当り種別判定用乱数(ランダム1)の値に基づいて、大当り図柄も決定される。したがって、ランダム1は、大当り図柄決定用乱数でもある。   In this embodiment, the big hit that is the specific gaming state includes a plurality of types, that is, a normal big hit and a probable big hit. Therefore, when the big hit is determined, the big hit type is determined as one of these big hit types based on the value of the big hit type determination random number (random 1). Furthermore, when the type of jackpot is determined, the jackpot symbol is also determined based on the value of the jackpot type determination random number (random 1) at the same time. Therefore, random 1 is also a jackpot symbol determining random number.
また、変動パターンは、まず、変動パターン種別判定用乱数(ランダム2)を用いて変動パターン種別を決定し、変動パターン判定用乱数(ランダム3)を用いて、決定した変動パターン種別に含まれるいずれかの変動パターンに決定する。そのように、この実施の形態では、2段階の抽選処理によって変動パターンが決定される。変動パターン種別とは、複数の変動パターンをその変動態様の特徴にしたがってグループ化したものである。変動パターン種別には、1または複数の変動パターンが属している。   In addition, the variation pattern is first determined using the variation pattern type determination random number (random 2), and is included in the determined variation pattern type using the variation pattern determination random number (random 3). To determine the variation pattern. Thus, in this embodiment, the variation pattern is determined by a two-stage lottery process. The variation pattern type is a group of a plurality of variation patterns according to the characteristics of the variation mode. One or more variation patterns belong to the variation pattern type.
この実施の形態では、通常大当り、および、確変大当りである場合には、変動パターンが、ノーマルリーチを伴うノーマルリーチ変動パターン種別と、スーパーリーチを伴うスーパーリーチ変動パターン種別とに種別分けされている。このような変動パターン種別は、予め定められた割合で選択される。また、はずれである場合には、リーチを伴わない変動パターン種別である通常変動パターン種別と、ノーマルリーチ変動パターン種別と、スーパーリーチ変動パターン種別とに種別分けされている。   In this embodiment, in the case of a normal big hit and a probable big hit, the fluctuation patterns are classified into a normal reach fluctuation pattern type with normal reach and a super reach fluctuation pattern type with super reach. Such variation pattern types are selected at a predetermined rate. Further, in the case of a deviation, it is classified into a normal variation pattern type that is a variation pattern type without reach, a normal reach variation pattern type, and a super reach variation pattern type.
このような変動パターン種別は、表示結果がはずれとなる場合に、時短状態であるときと、時短状態でないときとで、変動パターン種別の選択割合が異なる(時短状態では、時短状態でないときと比べて、通常変動パターン種別のような変動時間が短い変動パターン種別が選択される割合が高く設定されている)ように設定されていることにより、時短状態であるときには、時短状態でないときと比べて、変動時間が短縮される。   In such a variation pattern type, when the display result is out of place, the selection ratio of the variation pattern type is different between the time-short state and the time-short state when not in the time-short state (compared to the time-short state and not the time-short state). Therefore, the rate of selection of variation pattern types with a short variation time such as normal variation pattern types is set to be high). , Fluctuation time is shortened.
なお、このような変動パターン種別は、変動表示をする各特別図柄の保留記憶数が所定数以上であるときと、所定数未満であるときとで選択割合が異なるように設定されることにより、変動表示をする各特別図柄の保留記憶数が所定数以上であるときには、各特別図柄の保留記憶数が所定数未満であるときと比べて、変動時間が短縮される保留数短縮制御を実行するようにしてもよい。   In addition, such a variation pattern type is set so that the selection ratio is different when the number of reserved memories of each special symbol that displays variation is greater than or equal to a predetermined number and when it is less than the predetermined number, When the number of reserved memories of each special symbol to be displayed in a variable manner is greater than or equal to a predetermined number, the number of reserved memories for each special symbol is less than the predetermined number, and the number-of-holds reduction control for reducing the variation time is executed. You may do it.
図5は、大当り判定テーブルおよび大当り種別判定テーブルを示す説明図である。図5(A)は、大当り判定テーブルを示す説明図である。大当り判定テーブルとは、ROM54に記憶されているデータの集まりであって、ランダムRと比較される大当り判定値が設定されているテーブルである。大当り判定テーブルには、通常状態(確変状態でない遊技状態、すなわち非確変状態)において用いられる通常時(非確変時)大当り判定テーブルと、確変状態において用いられる確変時大当り判定テーブルとがある。   FIG. 5 is an explanatory diagram showing a jackpot determination table and a jackpot type determination table. FIG. 5A is an explanatory diagram showing a jackpot determination table. The jackpot determination table is a collection of data stored in the ROM 54 and is a table in which a jackpot determination value to be compared with the random R is set. The jackpot determination table includes a normal (non-probability change) jackpot determination table used in a normal state (a gaming state that is not a probability change state, that is, a non-probability change state), and a probability change jackpot determination table used in a probability change state.
通常時大当り判定テーブルには、図5(A)の左欄に記載されている各数値が大当り判定値として設定され、確変時大当り判定テーブルには、図5(A)の右欄に記載されている各数値が大当り判定値として設定されている。確変時大当り判定テーブルに設定された大当り判定値は、通常時大当り判定テーブルに設定された大当り判定値と共通の大当り判定値(通常時大当り判定値または第1大当り判定値という)に、確変時固有の大当り判定値が加えられたことにより、確変時大当り判定テーブルよりも多い個数(10倍の個数)の大当り判定値(確変時大当り判定値または第2大当り判定値という)が設定されている。これにより、確変状態には、通常状態よりも高い確率で大当りとする判定がなされる。   Each value described in the left column of FIG. 5 (A) is set as a big hit determination value in the normal jackpot determination table, and is described in the right column of FIG. 5 (A) in the probability change big hit determination table. Each value is set as a big hit judgment value. The jackpot judgment value set in the jackpot judgment table at the time of probability change is the jackpot judgment value common to the jackpot judgment value set in the normal jackpot judgment table (referred to as the normal jackpot judgment value or the first jackpot judgment value). Due to the addition of the unique jackpot judgment value, a larger number (10 times the number of jackpot judgment values) than the probability change jackpot judgment table (referred to as the jackpot judgment value or the second jackpot judgment value at the time of probability change) is set. . As a result, the probability variation state is determined to be a big hit with a higher probability than the normal state.
CPU56は、所定の時期に、乱数回路503のカウント値を抽出して抽出値を大当り判定用乱数(ランダムR)の値と比較するのであるが、大当り判定用乱数値が図5(A)に示すいずれかの大当り判定値に一致すると、特別図柄に関して大当り(通常大当り、または、確変大当り)にすることに決定する。なお、図5(A)に示す「確率」は、大当りになる確率(割合)を示す。   The CPU 56 extracts the count value of the random number circuit 503 at a predetermined time and compares the extracted value with the value of the jackpot determination random number (random R). The jackpot determination random number is shown in FIG. If it matches any of the jackpot determination values shown, it is decided to make a big jackpot (normal jackpot or probable big hit) for the special symbol. Note that the “probability” shown in FIG. 5A indicates the probability (ratio) of a big hit.
図5(B),(C)は、ROM54に記憶されている大当り種別判定テーブルを示す説明図である。図5(B)は、遊技球が第1始動入賞口13に入賞したことに基づく保留記憶(第1保留記憶ともいう)を用いて大当り種別を決定する場合(第1特別図柄の変動表示が行われるとき)に用いる第1特別図柄大当り種別判定テーブル(第1特別図柄用)である。図5(C)は、遊技球が第2始動入賞口14に入賞したことに基づく保留記憶(第2保留記憶ともいう)を用いて大当り種別を決定する場合(第2特別図柄の変動表示が行われるとき)に用いる第2特別図柄大当り種別判定テーブルである。   FIGS. 5B and 5C are explanatory diagrams showing a jackpot type determination table stored in the ROM 54. FIG. 5 (B) shows a case where a jackpot type is determined by using a holding memory (also referred to as a first holding memory) based on a game ball winning in the first start winning opening 13 (a variation display of the first special symbol is displayed). It is a first special symbol jackpot type determination table (for the first special symbol) used in FIG. 5 (C) shows a case where the jackpot type is determined by using a holding memory (also referred to as a second holding memory) based on the fact that the game ball has won the second start winning opening 14 (the second special symbol variable display is displayed). It is a 2nd special symbol jackpot type determination table used when it is performed.
図5(B)、および、図5(C)特別図柄大当り種別判定テーブルのそれぞれは、変動表示結果を大当り図柄にする旨の判定がなされたときに、大当り種別判定用の乱数(ランダム1)に基づいて、大当りの種別を「通常大当り」、「確変大当り」のうちのいずれかに決定するとともに、大当り図柄を決定するために参照される。   Each of the special symbol jackpot type determination table in FIG. 5B and FIG. 5C is a random number (random 1) for determining the jackpot type when it is determined that the variable display result is a jackpot symbol. Based on the above, the type of jackpot is determined as either “normal jackpot” or “probability jackpot” and is also referred to in determining the jackpot symbol.
図5(B)の第1特別図柄大当り種別判定テーブルには、ランダム1の値と比較される数値であって、「通常大当り」、「確変大当り」のそれぞれに対応した判定値(大当り種別判定値)が設定されている。図5(C)の第2特別図柄大当り種別判定テーブルには、ランダム1の値と比較される数値であって、「通常大当り」、「確変大当り」のそれぞれに対応した判定値(大当り種別判定値)が設定されている。   The first special symbol jackpot type determination table of FIG. 5B is a numerical value to be compared with a random 1 value, and is a determination value corresponding to each of “normal jackpot” and “probability variable jackpot” (jackpot type determination) Value) is set. In the second special symbol jackpot type determination table of FIG. 5 (C), there are numerical values to be compared with random 1 values, which are judgment values corresponding to “normal jackpot” and “probable variation jackpot” (jackpot type judgment). Value) is set.
また、図5(B),(C)に示すように、大当り種別判定値は、第1特別図柄および第2特別図柄の大当り図柄を決定する判定値(大当り図柄判定値)としても用いられる。「通常大当り」に対応した判定値は、第1特別図柄および第2特別図柄の大当り図柄の「3」に対応した判定値としても設定されている。「確変大当り」に対応した判定値は、第1特別図柄および第2特別図柄の大当り図柄の「7」に対応した判定値としても設定されている。   Further, as shown in FIGS. 5B and 5C, the big hit type determination value is also used as a determination value (big hit symbol determination value) for determining the big hit symbol of the first special symbol and the second special symbol. The determination value corresponding to “normal jackpot” is also set as the determination value corresponding to “3” of the jackpot symbol of the first special symbol and the second special symbol. The determination value corresponding to “probable big hit” is also set as the determination value corresponding to “7” of the big hit symbol of the first special symbol and the second special symbol.
このような大当り種別大当り種別判定テーブルを用いて、CPU56は、大当り種別として、ランダム1の値が一致した大当り種別判定値に対応する種別を決定するともに、大当り図柄として、ランダム1の値が一致した大当り図柄を決定する。これにより、大当り種別と、大当り種別に対応する大当り図柄とが同時に決定される。   Using such a jackpot type jackpot type determination table, the CPU 56 determines the type corresponding to the jackpot type determination value that matches the random 1 value as the jackpot type and matches the random 1 value as the jackpot symbol. Determine the winning jackpot symbol. Thereby, the jackpot type and the jackpot symbol corresponding to the jackpot type are determined at the same time.
図5(C)の第2特別図柄大当り種別判定テーブルの方が、図5(B)の第1特別図柄大当り種別判定テーブルよりも、確変大当りに決定される割合が高い。これにより、第2特別図柄の変動表示の方が、第1特別図柄の変動表示よりも、確変大当りとなる割合が高くなる。なお、第1特別図柄大当り種別判定テーブルと第2特別図柄大当り種別判定テーブルとで、確変大当りに決定される割合が同じであってもよい。また、第1特別図柄大当り種別判定テーブルの方が、第2特別図柄大当り種別判定テーブルよりも、確変大当りに決定される割合が高くなるようにしてもよい。   The ratio of the second special symbol jackpot type determination table of FIG. 5C is determined to be a probable big hit than the first special symbol jackpot type determination table of FIG. 5B. Thereby, the variation display of the second special symbol has a higher probability of being a probable big hit than the variation display of the first special symbol. It should be noted that the ratio determined for the probability variation jackpot may be the same in the first special symbol jackpot type determination table and the second special symbol jackpot type determination table. In addition, the first special symbol jackpot type determination table may be set to have a higher ratio determined for the probability variation jackpot than the second special symbol jackpot type determination table.
次に、図6および図7を用いて、遊技制御用マイクロコンピュータ560において、特別図柄および演出図柄の変動パターンを選択決定するために用いる変動パターンテーブルについて説明する。図6および図7は、変動パターンを決定するために用いる変動パターンテーブルを表形式で示す図である。   Next, a variation pattern table used to select and determine the variation pattern of the special symbol and the effect symbol in the game control microcomputer 560 will be described with reference to FIGS. 6 and 7 are diagrams showing a variation pattern table used for determining the variation pattern in a tabular format.
図6には、(a)にはずれ時第1判定テーブル、(b)にはずれ時第2判定テーブルが示されている。図7には、(a)に通常大当り時判定テーブル、(b)に確変大当り時判定テーブルが示されている。図6(a),(b)および図7(a),(b)の各判定テーブルは、ROM54に記憶されており、遊技状態に応じて選択され、変動パターン種別および変動パターンを判定(決定)するために用いられる。   FIG. 6A shows a first determination table at the time of deviation, and FIG. 6B shows a second determination table at the time of deviation. FIG. 7 shows a normal big hit determination table in (a) and a probability variation big hit determination table in (b). The determination tables of FIGS. 6A, 6B and 7A, 7B are stored in the ROM 54, and are selected according to the gaming state to determine (determine) the variation pattern type and variation pattern. To be used).
図6および図7に示す判定テーブルのそれぞれは、ランダム2と変動パターン種別との関係を示す変動パターン種別判定テーブルと、各変動パターン種別についてランダム3と各種別に属する変動パターンとの関係を示す変動パターン判定テーブルとを含む。   Each of the determination tables shown in FIGS. 6 and 7 includes a variation pattern type determination table that indicates the relationship between random 2 and the variation pattern type, and a variation that indicates the relationship between random pattern 3 and the variation pattern belonging to each type for each variation pattern type. Pattern determination table.
図6の各テーブルでの「変動パターン種別」または「変動パターン」の欄において、「通常」または「通常変動」は、リーチとならない通常変動パターンを示している。図6の各テーブルでの「変動パターン種別」または「変動パターン」の欄において、「擬似連ガセ」は、擬似連となるようにみせかけて擬似連とならない偽(ガセ)の変動パターンを示している。   In the column of “variation pattern type” or “variation pattern” in each table of FIG. 6, “normal” or “normal variation” indicates a normal variation pattern that does not reach. In the column of “variation pattern type” or “variation pattern” in each table of FIG. 6, “pseudo-gap” indicates a fake (gase) variation pattern that appears to be a pseudo-ream and does not become a pseudo-ream. Yes.
ここで、擬似連とは、本来は1つの保留記憶に対応する1回の変動であるものの複数の保留記憶に対応する複数回の変動が連続して行われているように見せる演出表示である擬似連続変動を示す略語である。   Here, the pseudo-ream is an effect display that makes it appear that a plurality of fluctuations corresponding to a plurality of reserved memories are continuously performed although it is a single fluctuation corresponding to one reserved memory. Abbreviation for pseudo-continuous variation.
また、擬似連とは、1の始動入賞に対して、あたかも複数回の図柄の変動表示(変動表示)が実行されたかのように見せるために、1の始動入賞に対して決定された変動時間内にて、全部の図柄列(左,中,右)について仮停止と、再変動とを所定回数実行する特殊な変動パターン(変動表示パターンともいう)のことを指す。例えば、再変動の繰返し実行回数(擬似連の再変動回数ともいう)が多い程、大当りとなる信頼度(大当りとなるときとはずれとなるときとを含むすべての選択割合に対して大当りとなるときに選択される割合の度合い、大当りとなる割合の程度、すなわち、大当りとなる信頼性の度合い)が高くなる。より具体的には、大当りと決定されたときに選択される割合が高くなる。擬似連の変動パターンにおいては、演出表示装置9において仮停止される図柄の組合せが、仮停止図柄の組合せと呼ばれる。仮停止図柄の組合せは、大当り図柄の組合せ以外の図柄の組合せよりなる複数種類のチャンス目(以下、擬似連チャンス目という)のうちからいずれかの擬似連チャンス目に決定される。   In addition, the pseudo-ream is within the variation time determined with respect to one start prize in order to make it appear as if multiple symbols of change display (variation display) have been executed for one start prize. In this case, a special variation pattern (also referred to as a variation display pattern) in which temporary stop and re-variation are executed a predetermined number of times for all the symbol strings (left, middle, right). For example, the greater the number of re-variation repeated executions (also referred to as the number of re-variations of pseudo-reams), the greater the reliability that becomes a big hit (the big hit for all the selection ratios, including when the big hit is out of place. The degree of the ratio that is sometimes selected, the ratio of the jackpot, that is, the reliability of the jackpot) increases. More specifically, the ratio selected when it is determined that the jackpot is high. In the pseudo-continuous variation pattern, a combination of symbols temporarily stopped in the effect display device 9 is called a temporary stop symbol combination. The combination of temporary stop symbols is determined as one of the pseudo consecutive chances among a plurality of types of chances (hereinafter referred to as pseudo continuous chances) composed of combinations of symbols other than the jackpot symbol combination.
図6および図7の各テーブルでの「変動パターン」の欄において、「擬似連1回〜4回」は、擬似連となる擬似連変動パターンを示している。「擬似連1回〜4回」のそれぞれの回数は、擬似連において実行される再変動の回数を示している。本実施の形態では、擬似連変動を実行した場合には、最終の再変動時において必ず最終的にリーチ状態として何らかのリーチ演出が実行される。したがって、擬似連の変動パターンは、すべて、リーチとなる変動パターンである。なお、擬似連変動を実行した場合に、リーチ演出が実行されない場合があるように制御してもよい。   In the column of “variation pattern” in each table of FIG. 6 and FIG. 7, “pseudo continuous 1 to 4 times” indicates a pseudo continuous variation pattern that becomes a pseudo continuous. Each number of “pseudo-run 1 to 4” indicates the number of re-variations executed in the pseudo-run. In the present embodiment, when the pseudo-variation is executed, some reach effect is always executed in the reach state at the time of the final re-change. Therefore, all the variation patterns of the pseudo-continuous are reach variation patterns. Control may be performed so that the reach effect may not be executed when the pseudo continuous variation is executed.
また、図6および図7の各テーブルでの「ノーマルリーチ」は、リーチ状態となったときに特に派手な演出を実行しないノーマルリーチの変動パターンを示している。「スーパーリーチ」は、リーチ状態となったときに特別な演出画像を表示するリーチ演出を行う変動パターンを示している。   Further, “normal reach” in each table of FIG. 6 and FIG. 7 indicates a fluctuation pattern of normal reach that does not perform particularly flashy effects when the reach state is reached. “Super Reach” indicates a variation pattern for performing a reach effect in which a special effect image is displayed when the reach state is reached.
また、前述したように、「スーパーリーチ」は、「ノーマルリーチ」と比べて大当りとなるときに選択される割合が高く、大当りとなる信頼度が高い変動パターンである。本実施の形態では、擬似連の変動パターンがすべて「スーパーリーチ」の変動パターンとして設定されている例を示すが、擬似連の変動パターンが「ノーマルリーチ」の変動パターンとして設定される場合があってもよい。   Further, as described above, “super reach” is a variation pattern in which the ratio selected when a big hit is higher than that of “normal reach” is high, and the reliability of the big hit is high. In the present embodiment, an example is shown in which all of the pseudo-continuous variation patterns are set as “super-reach” variation patterns. However, there are cases where the pseudo-continuous variation patterns are set as “normal reach” variation patterns. Also good.
「はずれ」は、変動表示の最終的な表示結果が「はずれ」の表示結果となる変動パターンである。「通常大当り」は、変動表示の最終的な表示結果が「通常大当り」の表示結果となる変動パターンである。「確変大当り」は、変動表示の最終的な表示結果が「確変大当り」の表示結果となる変動パターンである。   “Out of” is a variation pattern in which the final display result of the variation display is a “out of” display result. “Normal jackpot” is a variation pattern in which the final display result of the variation display becomes a display result of “ordinary jackpot”. “Probability variation jackpot” is a variation pattern in which the final display result of the variation display becomes the display result of “probability variation big hit”.
これらの情報に基づいて、例えば、「変動パターン」の欄に示された「スーパーリーチA1(擬似連1回) はずれ」という変動パターンは、「はずれ表示結果となるスーパーリーチA1の変動パターンであり、再変動が1回実行される擬似連となる変動パターン」であることが示される。   Based on this information, for example, the variation pattern “super reach A1 (one pseudo-continuous) out of alignment” shown in the “variation pattern” column is the variation pattern of the super reach A1 that is the result of out-of-range display. , It is indicated that the variation pattern is a quasi-continuous sequence in which re-variation is executed once.
図6および図7のテーブルで「ランダム2個数」および「変動パターン種別」という記載がされた欄は、「ランダム2個数」と「変動パターン種別」との関係を示す変動パターン種別判定テーブル部としての機能を示す欄である。例えば、図6(a)を例にとれば、「通常」、「擬似連ガセ」、「ノーマルリーチ」、「スーパーリーチ」というような複数の変動パターン種別のそれぞれに、ランダム2(1〜251)のすべての値が複数の数値範囲に分けて割振られている。例えば、図6(a)を例にとれば、所定のタイミングで抽出したランダム2の値が251個のうちの22個に割振られた判定値のいずれかの数値と合致すると、変動パターン種別として「スーパーリーチ」とすることが決定される。   In the tables of FIG. 6 and FIG. 7, the columns described as “2 random numbers” and “variation pattern types” are as variation pattern type determination table sections indicating the relationship between “2 random numbers” and “variation pattern types”. It is a column showing the function of. For example, taking FIG. 6A as an example, each of a plurality of variation pattern types such as “normal”, “pseudo-continuous gasses”, “normal reach”, and “super reach” has a random 2 (1 to 251). All the values of are divided into multiple numerical ranges. For example, taking FIG. 6A as an example, if a random 2 value extracted at a predetermined timing matches one of the determination values assigned to 22 out of 251, the variation pattern type is “Super Reach” is determined.
また、図6および図7のテーブルで「ランダム3個数」および「変動パターン」という記載がされた欄は、「ランダム3個数」と「変動パターン」との関係を示す変動パターン判定テーブル部としての機能を示す欄である。変動パターン種別判定テーブルの各種別に対応して示されている変動パターンが、各種別に属する変動パターンである。例えば、図6(a)を例にとれば、「擬似連ガセ」の種別に属する変動パターンは、「擬似連ガセX はずれ」、「擬似連ガセY はずれ」である。   In the tables of FIG. 6 and FIG. 7, “3 random numbers” and “variation patterns” are described as a variation pattern determination table section indicating the relationship between “3 random numbers” and “variation patterns”. It is a column indicating a function. The variation patterns shown corresponding to each type of variation pattern type determination table are variation patterns belonging to each type. For example, taking FIG. 6A as an example, the fluctuation patterns belonging to the type of “pseudo continuous gasses” are “pseudo continuous gasase X deviation” and “pseudo continuous gasses Y deviation”.
各変動パターン種別に対応する複数の変動パターンのそれぞれに、ランダム3(1〜220)のすべての値が、複数の数値範囲に分けて割振られている。例えば、図6(a)を例にとれば、「スーパーリーチ」の変動パターン種別とすることが決定されたときに、所定のタイミングで抽出したランダム3の値に応じて、「スーパーリーチA1(擬似連1回) はずれ」、「スーパーリーチA2(擬似連1回) はずれ」、「スーパーリーチB1(擬似連2回) はずれ」、「スーパーリーチB2(擬似連2回) はずれ」、「スーパーリーチC1(擬似連3回) はずれ」、「スーパーリーチC2(擬似連3回) はずれ」、「スーパーリーチD1(擬似連4回) はずれ」、「スーパーリーチD2(擬似連4回) はずれ」、および、「スーパーリーチE はずれ」のうちから変動パターンが選択決定される。   All values of random 3 (1-220) are assigned to a plurality of numerical ranges in each of a plurality of variation patterns corresponding to each variation pattern type. For example, taking FIG. 6A as an example, when it is determined that the variation pattern type of “super reach” is determined, “super reach A1 ( "Pseudo-ream 1) out of", "super reach A2 (pseudo-ream 1) out of", "super-reach B1 (pseudo-ream 2) out of", "super-reach B2 (pseudo-once 2) out", "super reach C1 (pseudo-continuous 3 times out of place), "Super reach C2 (pseudo-continuous 3 times out of place)," Super reach D1 (pseudo-continuous 4 times out of place), "Super reach D2 (pseudo-continuous 4 times out of place)", and , “Fluctuation pattern is selected and determined from“ super-reach E loss ”.
ここで、スーパーリーチAは、擬似連で再変動を1回実行した後リーチ状態となる変動パターンである。スーパーリーチA1は、スーパーリーチAのうち、短時間の特定演出(煽り演出)を実行した後擬似連チャンス目を表示して擬似連の演出を実行する変動パターンである。スーパーリーチA2は、スーパーリーチAのうち、スーパーリーチA1よりも長時間の特定演出(煽り演出)を実行した後擬似連チャンス目を表示して擬似連の演出を実行する変動パターンである。   Here, the super reach A is a variation pattern that reaches a reach state after executing re-variation once in a pseudo sequence. The super reach A1 is a variation pattern in which, in the super reach A, after performing a short-time specific effect (buzzing effect), the pseudo ream chance is displayed and the pseudo ream effect is executed. The super reach A2 is a variation pattern in which, in the super reach A, after executing a specific effect (swing effect) for a longer time than the super reach A1, a pseudo ream chance is displayed and a pseudo ream effect is executed.
スーパーリーチBは、擬似連で再変動を2回実行した後リーチ状態となる変動パターンである。スーパーリーチB1は、スーパーリーチBのうち、短時間の特定演出(煽り演出)を実行した後擬似連チャンス目を表示して擬似連の演出を実行する変動パターンである。スーパーリーチB2は、スーパーリーチBのうち、スーパーリーチB1よりも長時間の特定演出(煽り演出)を実行した後擬似連チャンス目を表示して擬似連の演出を実行する変動パターンである。   Super reach B is a variation pattern that reaches a reach state after performing re-variation twice in a pseudo-continuous manner. The super reach B1 is a variation pattern in which, in the super reach B, after executing a specific effect (swing effect) for a short time, a pseudo ream chance is displayed and a pseudo ream effect is executed. The super reach B2 is a variation pattern in which, in the super reach B, the pseudo ream chance is displayed and the pseudo ream chance is executed after executing a specific effect (swing effect) longer than the super reach B1.
スーパーリーチCは、擬似連で再変動を3回実行した後リーチ状態となる変動パターンである。スーパーリーチC1は、スーパーリーチCのうち、短時間の特定演出(煽り演出)を実行した後擬似連チャンス目を表示して擬似連の演出を実行する変動パターンである。スーパーリーチC2は、スーパーリーチCのうち、スーパーリーチC1よりも長時間の特定演出(煽り演出)を実行した後擬似連チャンス目を表示して擬似連の演出を実行する変動パターンである。   Super reach C is a variation pattern that reaches a reach state after performing re-variation three times in a pseudo-continuous manner. The super reach C <b> 1 is a variation pattern in which, in the super reach C, after executing a short-time specific effect (buzzing effect), the pseudo-ream chance is displayed and the pseudo-ream effect is executed. The super reach C2 is a variation pattern in which, in the super reach C, after executing a specific effect (swing effect) for a longer time than the super reach C1, a pseudo ream chance is displayed and a pseudo ream effect is executed.
スーパーリーチDは、擬似連で再変動を4回実行した後リーチ状態となる変動パターンである。スーパーリーチD1は、スーパーリーチDのうち、短時間の特定演出(煽り演出)を実行した後擬似連チャンス目を表示して擬似連の演出を実行する変動パターンである。スーパーリーチD2は、スーパーリーチDのうち、スーパーリーチD1よりも長時間の特定演出(煽り演出)を実行した後擬似連チャンス目を表示して擬似連の演出を実行する変動パターンである。   Super reach D is a variation pattern that reaches a reach state after performing re-variation four times in a pseudo-continuous manner. The super reach D <b> 1 is a variation pattern in which, in the super reach D, after executing a short-time specific effect (buzzing effect), the pseudo ream chance is displayed and the pseudo ream effect is executed. The super reach D2 is a fluctuation pattern in which the pseudo-ream chance is displayed after executing a specific effect (swing effect) for a longer time than the super reach D1 of the super reach D1.
スーパーリーチEは、擬似連とは異なる所定の演出を、擬似連となる変動パターンよりも短時間で実行した後リーチ状態となる変動パターンである。   The super reach E is a variation pattern that reaches a reach state after a predetermined effect different from the pseudo ream is executed in a shorter time than the variation pattern that becomes the pseudo ream.
また、擬似連ガセXでは、スーパーリーチA1,B1,C1,D1で実行される短時間の特定演出(煽り演出)と同様の演出が実行された後、擬似連とならずにはずれ表示結果となる。擬似連ガセYでは、スーパーリーチA2,B2,C2,D2で実行される長時間の特定演出(煽り演出)と同様の演出が実行された後、擬似連とならずにはずれ表示結果となる。したがって、擬似連ガセXおよび擬似連ガセYでは、擬似連となる変動パターンと見せかけるが、結果的に擬似連とならない演出が実行される。   Moreover, in the pseudo-ream Gase X, after an effect similar to the short-time specific effect (swing effect) executed in the super reach A1, B1, C1, and D1 is executed, Become. In the pseudo-ream Gase Y, an effect similar to the long-time specific effect (swing effect) executed in the super reach A2, B2, C2, and D2 is executed, and then a display result is displayed instead of a pseudo-ream. Therefore, in the pseudo continuous gasses X and the pseudo continuous gasses Y, it appears that the fluctuation pattern becomes a pseudo continuous, but as a result, an effect that does not become a pseudo continuous is executed.
擬似連ガセX、および、スーパーリーチA1,B1,C1,D1のそれぞれで実行される短時間の特定演出(煽り演出)としては、後述する図9および図10に示すような擬似連チャンス目となるか否かを示唆する図柄の低速変動が実行される。また、擬似連ガセY、および、スーパーリーチA2,B2,C2,D2のそれぞれで実行される長時間の特定演出(煽り演出)としては、後述する図11および図12に示すような図柄の低速変動および図柄の戻り変動とが実行される。   As the short-time specific effects (buzzing effects) executed by each of the pseudo reaming gas X and the super reach A1, B1, C1, and D1, the pseudo reaming chances as shown in FIG. 9 and FIG. A low-speed fluctuation of the symbol is executed to suggest whether or not In addition, as the long-time specific effects (buzzing effects) executed by each of the pseudo ream gang Y and the super reach A2, B2, C2, and D2, low-speed symbols such as those shown in FIGS. Variation and symbol return variation are performed.
スーパーリーチA1,B1,C1,D1,A2,B2,C2,D2は、特定演出(煽り演出)を実行した後、擬似連チャンス目を導出表示するというような特定事象を発生させる演出を行うことが共通している演出である。   Superreach A1, B1, C1, D1, A2, B2, C2, and D2 perform an effect that generates a specific event such as derivation and display of pseudo-chance chances after executing a specific effect (buzzing effect). Is a common production.
第1特別図柄または第2特別図柄について変動表示結果がはずれとなるときには、変動パターンを決定するために、次のように判定テーブルを選択する。非時短状態において、変動表示結果がはずれとなるときには、図6(a)のはずれ時第1判定テーブルを選択する。一方、時短状態において、変動表示結果がはずれとなるときには、図6(b)のはずれ時第2判定テーブルを選択する。   When the variation display result for the first special symbol or the second special symbol is off, the determination table is selected as follows to determine the variation pattern. In the non-time saving state, when the fluctuation display result is out of order, the out-of-time first determination table in FIG. 6A is selected. On the other hand, when the variable display result is out of order in the short time state, the out-of-time second determination table in FIG. 6B is selected.
また、時短状態であるか否かにかかわらず第1特別図柄または第2特別図柄について変動表示結果が大当りとなるときには、変動パターンを決定するために、次のように判定テーブルを選択する。変動表示結果が通常大当りとなるときには、図7(a)の通常大当り時判定テーブルを選択する。時短状態であるか否かにかかわらず変動表示結果が確変大当りとなるときには、図7(b)の確変大当り時判定テーブルを選択する。   In addition, when the variation display result is a big hit for the first special symbol or the second special symbol regardless of whether the time is short or not, the determination table is selected as follows in order to determine the variation pattern. When the fluctuation display result is a normal big hit, the normal big hit determination table of FIG. 7A is selected. When the fluctuation display result is a probable big hit regardless of whether the time is short or not, the probable big hit determination table of FIG. 7B is selected.
図6(b)のはずれ時第2判定テーブルでは、図6(a)のはずれ時第1判定テーブルと比べて、リーチ変動(ノーマルリーチ変動およびスーパーリーチ変動を含む)よりも変動時間が短い通常変動(非リーチはずれ変動)に決定される割合が高く、通常変動よりも変動時間が長いリーチ変動に決定される割合が低くなるように、データが設定されている。   In the second determination table at the time of failure in FIG. 6B, the normal variation whose change time is shorter than the reach variation (including the normal reach variation and the super reach variation) as compared with the first determination table at the time of failure. The data is set so that the ratio determined to (non-reach deviation fluctuation) is high and the ratio determined to reach fluctuation having a fluctuation time longer than the normal fluctuation is low.
これにより、非時短状態のときと比べて、時短状態のときの方が、変動時間が短い変動パターンが選択される割合が高いので、時短状態のときの方が、非時短状態のときよりも平均的に短い変動時間で変動表示が行われることとなる。このように判定テーブルを選択することにより時短状態を実現することができる。   As a result, compared to the non-time-short state, the rate of change in the short-time state is higher in the time-short state than in the non-time-short state. Variation display is performed with a short variation time on average. By selecting the determination table in this way, the time saving state can be realized.
また、はずれとなるときに選択される図6(a)および図6(b)の判定テーブルでは、リーチの種別の選択割合がノーマルリーチ>スーパーリーチとなるような高低関係で選択されるようにデータが設定されている。一方、大当りとなるときに選択される図7(a)および図7(b)の判定テーブルでは、リーチの種別の選択割合がノーマルリーチ<スーパーリーチというような割合の高低関係で選択されるようにデータが設定されている。これにより、大当りとなるときには、はずれとなるときと比べて、スーパーリーチのリーチ演出が行われる割合(リーチが選択されるときにおけるスーパーリーチのリーチ演出が占める割合)が高くなるので、スーパーリーチのリーチ演出が行われることにより、遊技者の期待感を高めることができる。   In addition, in the determination tables shown in FIGS. 6A and 6B that are selected when there is a loss, the data is selected so that the selection ratio of the reach type is selected in a high and low relationship such that normal reach> super reach. Is set. On the other hand, in the determination tables shown in FIGS. 7A and 7B that are selected when a big hit is made, the selection ratio of the reach type is selected in a high / low relationship such that normal reach <super reach. Data is set. As a result, the ratio of super reach reach production (the percentage of super reach reach production when reach is selected) is higher when the big hit is compared to when the game is lost. By performing the reach production, it is possible to increase the player's expectation.
また、大当りのうち確変大当りとなるときに選択される図7(b)の判定テーブルでは、大当りのうち通常大当りとなるときに選択される図7(a)の判定テーブルと比べて、ノーマルリーチに対してスーパーリーチのリーチ演出が選択される割合が高くなるようにデータが設定されている。これにより、確変大当りとなるときには、通常大当りとなるときと比べて、スーパーリーチのリーチ演出が行われる割合(リーチが選択されるときにおけるスーパーリーチのリーチ演出が占める割合)が高くなるので、スーパーリーチのリーチ演出が行われることにより、遊技者の確変大当りへの期待感を高めることができる。   In addition, the determination table shown in FIG. 7B selected when the big hit is a probable big hit has a normal reach compared to the determination table shown in FIG. 7A selected when the big hit is a normal big hit. On the other hand, data is set so that the ratio of selecting the reach production of super reach is high. As a result, when the probability is a big hit, the ratio of the super reach reach effect (the ratio of the reach of the super reach when the reach is selected) is higher than the normal big hit. By performing the reach of reach, it is possible to increase the player's expectation for a promising big hit.
また、はずれとなるときに選択される図6(a)および図6(b)の判定テーブルでは、スーパーリーチの選択割合が、スーパーリーチA(A1,A2)>スーパーリーチB(B1,B2)>スーパーリーチC(C1,C2)>スーパーリーチD(D1,D2)となるような高低関係で選択されるようにデータが設定されている。一方、大当りとなるときに選択される図7(a)および図7(b)の判定テーブルでは、スーパーリーチの選択割合が、スーパーリーチA(A1,A2)<スーパーリーチB(B1,B2)<スーパーリーチC(C1,C2)<スーパーリーチD(D1,D2)となるような高低関係で選択されるようにデータが設定されている。これにより、大当りとなるときには、はずれとなるときと比べて、擬似連となったときの再変動回数が多くなる割合が高くなるので、擬似連において再変動回数が多くなる程、遊技者の大当りへの期待感を高めることができる。   In addition, in the determination tables of FIGS. 6A and 6B that are selected when there is a loss, the selection ratio of super reach is super reach A (A1, A2)> super reach B (B1, B2). The data is set so as to be selected in a height relationship such that> super reach C (C1, C2)> super reach D (D1, D2). On the other hand, in the determination tables shown in FIGS. 7A and 7B that are selected when a big hit is made, the selection ratio of super reach is super reach A (A1, A2) <super reach B (B1, B2). The data is set so as to be selected in a height relationship such that <super reach C (C1, C2) <super reach D (D1, D2). As a result, when a big hit is made, the rate of increase in the number of re-variations when the pseudo-ream is increased is higher than when it is lost, so the larger the number of re-variations in the pseudo-ream, the greater the player's big hit You can increase your expectation.
また、確変大当りとなるときに選択される図7(b)の判定テーブルでは、通常大当りとなるときに選択される図7(a)の判定テーブルと比べて、擬似連となったときの再変動回数が多くなる割合が高くなるようにデータが設定されている。これにより、確変大当りとなるときには、通常大当りとなるときと比べて、擬似連となったときの再変動回数が多くなる割合が高くなるので、擬似連において再変動回数が多くなる程、遊技者の確変大当りへの期待感を高めることができる。   In addition, in the determination table of FIG. 7B selected when the probability variation big hit is obtained, the re-creation when the quasi-continuation is established is compared with the determination table of FIG. Data is set so that the rate of increase in the number of fluctuations increases. As a result, the probability that the number of re-variations when the pseudo-ream increases will be higher when the probability variation is a big hit, compared with the case where the normal big-success is achieved. It is possible to increase the expectation for the probable big hit.
なお、確変大当りとなるときに選択される図7(b)の判定テーブルで、通常大当りとなるときに選択される図7(a)の判定テーブルと比べて、スーパーリーチA1,A2のうちの一方、スーパーリーチB1,B2のうちの一方、スーパーリーチC1,C2のうちの一方、スーパーリーチD1,D2のうちの一方、がそれぞれ選択される割合が高くなるようにデータを設定してもよい。このように設定すれば、確変大当りとなるときと、通常大当りとなるときとで、特定演出(煽り演出)の種類の選択割合が異なるので、選択される特定演出の種類に基づいて、遊技者の確変大当りへの期待感を高めることができる。   It should be noted that in the determination table of FIG. 7 (b) selected when the probability variation is a big hit, compared to the determination table of FIG. On the other hand, the data may be set so that the ratio of selecting one of the super reach B1 and B2, one of the super reach C1 and C2, and one of the super reach D1 and D2 is increased. . If set in this way, the selection ratio of the type of specific effect (buzzing effect) differs depending on whether it is a probable big hit or a normal big hit. It is possible to increase the expectation for the probable big hit.
この実施の形態では、擬似連ガセおよびスーパーリーチの変動パターン種別に属する変動パターンでの変動表示が実行されるときに、前述のような「図柄の低速変動」、または、「低速変動および図柄の戻り変動」という特定演出(以下、「基本演出」という)が実行されるときと、これら「基本演出」に代えて、スティックコントローラ122の操作を伴って擬似連チャンス目となるか否かを示唆する操作演出が特定演出として実行されるときとがある。「基本演出」の代わりに「操作演出」を実行するか否かは、演出制御用マイクロコンピュータ100において選択決定される。このように、基本演出は、スティックコントローラ122といった操作手段に対する操作の検出にもとづかず実行される非入力特定演出である。一方、操作演出は、スティックコントローラ122といった操作手段に対する操作の検出にもとづき実行される入力特定演出である。   In this embodiment, when the variation display in the variation pattern belonging to the variation pattern type of the pseudo-gase and super-reach is executed, the “slow symbol variation” as described above, or “slow variation and symbol variation” is performed. When a specific effect called “return fluctuation” (hereinafter referred to as “basic effect”) is executed, it is suggested whether or not it becomes a pseudo consecutive chance with the operation of the stick controller 122 instead of these “basic effects”. The operation effect to be performed is sometimes executed as a specific effect. Whether or not to execute the “operation effect” instead of the “basic effect” is selected and determined by the effect control microcomputer 100. Thus, the basic effect is a non-input specific effect that is executed based on detection of an operation on the operation means such as the stick controller 122. On the other hand, the operation effect is an input specific effect that is executed based on the detection of an operation on the operation means such as the stick controller 122.
また、擬似連で再変動が実行されることに対応して、特定演出が実行されるよりも前に、再変動が実行されることを確定的に報知する擬似連確定演出が実行されるときがある。擬似連確定演出を実行するか否かは、演出制御用マイクロコンピュータ100において所定割合で決定される。ただし、特定演出として基本演出の代わりに操作演出が実行される場合には、それより前に擬似連確定演出が実行されないように制限する。擬似連確定演出が実行されたときには、擬似連で再変動が実行されることを遊技者が認識できる。こうした擬似連確定演出が実行された後に操作演出が実行されることになると、遊技者がスティックコントローラ122を操作しなくても再変動が実行されてしまい、スティックコントローラ122に対する遊技者の操作意欲が低下する。そこで、操作演出が実行されるより前には擬似連確定演出が実行されないように制限を設ける。   Further, in response to the re-variation being executed in the pseudo-continuation, when the pseudo-continuation determination effect for informing that the re-change is executed is executed before the specific effect is executed. There is. Whether or not to execute the pseudo-continuous production effect is determined at a predetermined rate in the production control microcomputer 100. However, when the operation effect is executed instead of the basic effect as the specific effect, the pseudo-continuous effect is limited so as not to be executed before that. When the pseudo continuous determination effect is executed, the player can recognize that the re-variation is executed in the pseudo continuous. When the operation effect is executed after such a pseudo-continuous determination effect is executed, re-variation is executed even if the player does not operate the stick controller 122, and the player's willingness to operate the stick controller 122 is increased. descend. Therefore, a restriction is provided so that the pseudo-continuous determination effect is not executed before the operation effect is executed.
次に、基本演出と操作演出との関係を説明する。図8は、特定演出として基本演出を実行するときや操作演出を実行するときなどの演出制御パターンを対比して示すタイミングチャートである。図8においては、(A)〜(D)に特定演出として基本演出が実行されるときのタイミングが示され、(E)〜(H)および(J),(K)に特定演出として操作演出が実行されるときのタイミングが示され、また、(I)に擬似連確定演出が実行されるときのタイミングが示されている。   Next, the relationship between the basic effect and the operation effect will be described. FIG. 8 is a timing chart showing a comparison of effect control patterns such as when a basic effect is executed as a specific effect or when an operation effect is executed. In FIG. 8, (A) to (D) show the timing when the basic effect is executed as the specific effect, and (E) to (H) and (J), (K) show the operation effect as the specific effect. Is shown, and (I) shows the timing when the pseudo-continuous effect is executed.
まず、図8(A)と図8(C)とを対比して、スーパーリーチA1,B1,C1,D1の変動パターンと、擬似連ガセXの変動パターンとの関係を説明する。スーパーリーチA1,B1,C1,D1で変動開始時から最初の擬似連チャンス目の仮停止前までの期間と、擬似連ガセXで変動開始時から最終停止(変動表示の終了時の停止)前までの期間とにおいて、基本演出を含む同様の演出態様での変動表示の演出が実行される。この場合に基本演出が実行される特定演出の演出期間は、例えば、変動開始時から4秒間経過時以後の5秒間に設定されている。そして、スーパーリーチA1,B1,C1,D1では、1回〜4回のうちいずれかの回数で仮停止と再変動とが実行されて最終的にリーチ状態となり、表示結果となる最終停止図柄が導出表示されて最終停止となる。   First, the relationship between the fluctuation pattern of the super reach A1, B1, C1, and D1 and the fluctuation pattern of the pseudo-continuous gaze X will be described by comparing FIG. 8 (A) and FIG. 8 (C). Super Reach A1, B1, C1, D1, the period from the start of the change to the first pseudo-continuous chance before the temporary stop, and the pseudo-continuous Gase X from the start of the change to before the final stop (stop at the end of the change display) In the period up to, the effect of the variable display in the same effect mode including the basic effect is executed. In this case, the effect period of the specific effect in which the basic effect is executed is set to, for example, 5 seconds after the elapse of 4 seconds from the start of fluctuation. And in super reach A1, B1, C1, D1, temporary stop and re-variation are executed in any number of times from 1 to 4, and finally reach a reach state, and a final stop symbol that becomes a display result is displayed. Derived and displayed and final stop.
また、図8(B)と図8(D)とを対比して、スーパーリーチA2,B2,C2,D2の変動パターンと、擬似連ガセYの変動パターンとの関係を説明する。スーパーリーチA2,B2,C2,D2で変動開始時から最初の擬似連チャンス目の仮停止前までの期間と、擬似連ガセYで変動開始時から最終停止(変動表示の終了時の停止)前までの期間とにおいて、基本演出を含む同様の演出態様での変動表示の演出が実行される。この場合に基本演出が実行される特定演出の演出期間は、例えば、変動開始時から4秒間経過時以後の10秒間に設定されている。そして、スーパーリーチA2,B2,C2,D2では、1回〜4回のうちいずれかの回数で仮停止と再変動とが実行されて最終的にリーチ状態となり、表示結果となる最終停止図柄が導出表示されて最終停止となる。   8B and FIG. 8D, the relationship between the fluctuation pattern of super reach A2, B2, C2, and D2 and the fluctuation pattern of pseudo-continuous gaze Y will be described. In Super Reach A2, B2, C2, and D2, the period from the start of fluctuation to the first temporary stop before the temporary stop, and before the last stop (stop at the end of the change display) from the start of the change in pseudo continuous gas Y In the period up to, the effect of the variable display in the same effect mode including the basic effect is executed. In this case, the effect period of the specific effect in which the basic effect is executed is set to, for example, 10 seconds after the elapse of 4 seconds from the start of the change. And in super reach A2, B2, C2, D2, temporary stop and re-variation are executed in any number of times from 1 to 4, and finally reach a reach state, and the final stop symbol that becomes a display result is Derived and displayed and final stop.
図8(A)および図8(C)と、図8(B)および図8(D)とを対比して、特定演出として行われる基本演出は、擬似連ガセY、および、スーパーリーチA2,B2,C2,D2のそれぞれで実行されるときの方が、擬似連ガセX、および、スーパーリーチA1,B1,C1,D1のそれぞれで実行されるときと比べて、演出期間が長くなるように演出パターンが設定されている。そして、特定演出として操作演出が実行されるときには、図8(E)〜(H)に示すように、図8(A)〜(D)に示す各変動パターンにおける基本演出が操作演出に置換えられた態様で特定演出が実行されることとなる。   8A and 8C, and FIG. 8B and FIG. 8D, the basic effects performed as the specific effects are the pseudo-continuous Yase Y, the super reach A2, The performance period is longer when executed in each of B2, C2, and D2 than when executed in each of the pseudo-running gasses X and superreach A1, B1, C1, and D1. A production pattern is set. When the operation effect is executed as the specific effect, as shown in FIGS. 8E to 8H, the basic effect in each variation pattern shown in FIGS. 8A to 8D is replaced with the operation effect. The specific effect will be executed in this manner.
図8(I)に示すように、基本演出が実行されるより前には、所定割合で擬似連確定演出が実行されることがある。一方、操作演出が実行されるより前には、擬似連確定演出が実行されないように制限を設けている。   As shown in FIG. 8 (I), the pseudo-continuous effect may be executed at a predetermined rate before the basic effect is executed. On the other hand, before the operation effect is executed, a restriction is provided so that the pseudo-continuous effect is not executed.
図8(J)に示すように、リーチ状態となった後の所定期間にて操作演出が実行されて擬似連チャンス目の仮停止が行われることがある。この場合には、擬似連チャンス目の仮停止が行われた後に再変動が実行されることで、全部の図柄列(左,中,右)について改めて変動表示が行われているように見せることができる。図8(G)や図8(H)などに示すようにリーチ状態となるより前の所定期間にて操作演出を実行するか、図8(J)に示すようにリーチ状態となった後の所定期間にて操作演出を実行するかは、演出制御用マイクロコンピュータ100において所定割合で決定される。このように、リーチ状態となった後に操作演出が実行されることにより、操作演出の意外性を高めて、遊技の興趣を向上させることができる。   As shown in FIG. 8 (J), an operation effect may be executed in a predetermined period after reaching the reach state, and a temporary stop at the pseudo consecutive chance may be performed. In this case, by performing re-variation after the temporary stop of the pseudo-continuous chance is performed, it is shown that the variation display is performed again for all the symbol sequences (left, middle, right). Can do. As shown in FIG. 8 (G), FIG. 8 (H), etc., the operation effect is executed in a predetermined period before the reach state is reached, or after reaching the reach state as shown in FIG. 8 (J). Whether to produce an operation effect in a predetermined period is determined at a predetermined rate in the effect control microcomputer 100. As described above, the operation effect is executed after the reach state is reached, so that the unexpectedness of the operation effect can be enhanced and the interest of the game can be improved.
図8(K)に示すように、特定演出として操作演出が実行された後には、擬似連チャンス目の仮停止が行われずにリーチ状態となることがある。リーチ状態となる前に操作演出を実行するか否かは、演出制御用マイクロコンピュータ100において所定割合で決定される。このように、操作演出が実行された後に擬似連での再変動が実行されずにリーチ状態となることにより、再変動が実行されないときに遊技者の落胆を防止して遊技の興趣を向上させることができる。   As shown in FIG. 8 (K), after the operation effect is executed as the specific effect, the temporary stop of the pseudo consecutive chance may not be performed and the reach state may be reached. Whether or not the operation effect is executed before reaching the reach state is determined by the effect control microcomputer 100 at a predetermined rate. In this way, after the operation effect is executed, the re-variation in the pseudo-ream is not executed and the reach state is reached, thereby preventing the player from being discouraged when the re-variation is not executed and improving the interest of the game. be able to.
次に、演出表示装置9での表示画像に基づいて、基本演出の変動パターンでの演出と、操作演出の変動パターンでの演出とを対比して説明する。図9〜図12は、基本演出の変動パターンでの演出と操作演出の変動パターンでの演出とを対比して示す演出表示装置9の表示画面図である。図9〜図12のそれぞれでは、基本演出の変動パターンでの表示画像の流れが左側に示され、操作演出の変動パターンでの表示画像の流れが右側に示される。   Next, based on the display image on the effect display device 9, the effect in the variation pattern of the basic effect and the effect in the variation pattern of the operation effect will be described in comparison. 9 to 12 are display screen diagrams of the effect display device 9 showing the effect in the variation pattern of the basic effect and the effect in the variation pattern of the operation effect. In each of FIGS. 9 to 12, the flow of the display image in the variation pattern of the basic effect is shown on the left side, and the flow of the display image in the variation pattern of the operation effect is shown on the right side.
図9においては、(a)〜(h)に擬似連ガセXの変動パターンで基本演出が実行されるときの表示画像の流れが示され、(a1)〜(f1)に擬似連ガセXの変動パターンで操作演出が実行されるときの表示画像の流れが示されている。ここで、「左,中,右」の演出図柄が例えば、「6,NEXT,7」で仮停止したときの図柄の組合せが、擬似連チャンス目である。   In FIG. 9, (a) to (h) show the flow of the display image when the basic effect is executed with the fluctuation pattern of the pseudo reaming gas X, and (a1) to (f1) show the pseudo reaming gas X. A flow of a display image when an operation effect is executed with a variation pattern is shown. Here, the combination of symbols when the “left, middle, right” effect symbol is temporarily stopped at “6, NEXT, 7”, for example, is a pseudo consecutive chance.
特定演出として基本演出が実行されるときには、図9(a)〜(c)のように演出図柄が変動開始した後、左図柄が擬似連チャンス目を形成する図柄(例えば「6」)で停止し、右図柄が停止しようとするときに、図9(d)〜(f)のように右図柄の変動表示が高速変動から低速変動に切換り、ゆっくりと変動する煽り演出をした後、図9(g)のように右図柄が擬似連チャンス目を形成しない図柄(例えば「8」)で停止される。その後、図9(h)のように中図柄が停止表示されることで、はずれ図柄の組合せとなる表示結果が最終停止される。   When the basic effect is executed as the specific effect, after the effect symbol starts to fluctuate as shown in FIGS. 9A to 9C, the left symbol stops at the symbol (for example, “6”) that forms the pseudo-continuous chance. When the right symbol is about to be stopped, as shown in FIGS. 9D to 9F, the fluctuation display of the right symbol is switched from high-speed fluctuation to low-speed fluctuation, and the figure is changed slowly. As in 9 (g), the right symbol is stopped at a symbol (for example, “8”) that does not form a pseudo-ream chance. After that, as shown in FIG. 9 (h), the middle symbol is stopped and displayed, and the display result that is a combination of the missing symbols is finally stopped.
一方、特定演出として基本演出の代わりに操作演出が実行されるときには、図9(a1)〜(b1)のように演出図柄が変動開始した後、図9(c1)〜(d1)のように、スティックコントローラ122を示す画像が左,中,右の演出図柄の代わりに停止表示され、「引け!」という文字を表示することによりスティックコントローラ122の操作を要求する画像が表示される煽り演出が行われる。そして、図8に示したような特定演出が実行される所定期間(例えば5秒間)にわたり、スティックコントローラ122の操作が有効と判断される操作有効期間となり、当該操作が受付けられる。操作有効期間は、当該操作を受付ける期間でもあるので、操作受付期間とも呼ばれる。   On the other hand, when the operation effect is executed instead of the basic effect as the specific effect, the effect symbols start to fluctuate as shown in FIGS. 9 (a1) to (b1), and then as shown in FIGS. 9 (c1) to (d1). The image showing the stick controller 122 is stopped and displayed instead of the left, middle, and right effect symbols, and the image of requesting the operation of the stick controller 122 is displayed by displaying the characters “Close!”. Done. Then, over a predetermined period (for example, 5 seconds) in which the specific effect as shown in FIG. 8 is executed, the operation becomes a valid operation period during which the operation of the stick controller 122 is determined to be valid, and the operation is accepted. Since the operation valid period is also a period for receiving the operation, it is also called an operation reception period.
操作有効期間(特定演出の実行期間)中にスティックコントローラ122が操作されたことを演出制御用マイクロコンピュータ100が認識すると、図9(e1),(f1)に示すように直ちに、左,中,右図柄がはずれ図柄の組合せとなる表示結果が最終停止される。   When the effect control microcomputer 100 recognizes that the stick controller 122 has been operated during the operation effective period (specific effect execution period), as shown in FIGS. 9 (e1) and 9 (f1), the left, middle, The display result that the combination of the symbols on the right side is off is finally stopped.
図10においては、(a)〜(g)にスーパーリーチA1,B1,C1,D1の変動パターンで基本演出が実行されるときの表示画像の流れが示され、(a1)〜(f1)にスーパーリーチA1,B1,C1,D1の変動パターンで操作演出が実行されるときの表示画像の流れが示されている。   In FIG. 10, (a) to (g) show the flow of the display image when the basic effect is executed with the variation pattern of super reach A1, B1, C1, and D1, and (a1) to (f1). A flow of a display image when an operation effect is executed with a variation pattern of super reach A1, B1, C1, and D1 is shown.
特定演出として基本演出が実行されるときには、図10(a)〜(c)のように演出図柄が変動開始した後、左図柄が擬似連チャンス目を形成する図柄(例えば「6」)で停止し、右図柄が停止しようとするときに、図10(d)〜(e)のように右図柄の変動表示が高速変動から低速変動に切換り、ゆっくりと変動する煽り演出をした後、図10(f)のように右図柄が擬似連チャンス目を形成する図柄(例えば「7」)で停止される。その後、図10(g)のように中図柄が擬似連チャンス目を形成する図柄(例えば「NEXT」)で停止表示されることで、擬似連チャンス目を形成する図柄の組合せが仮停止される。   When a basic effect is executed as a specific effect, after the effect symbol starts to fluctuate as shown in FIGS. 10A to 10C, the left symbol stops at a symbol (for example, “6”) that forms a false consecutive chance. When the right symbol is about to stop, as shown in FIGS. 10 (d) to 10 (e), the right symbol variation display is switched from high-speed variation to low-speed variation. As shown in FIG. 10 (f), the right symbol is stopped at a symbol (for example, “7”) that forms a pseudo consecutive chance. After that, as shown in FIG. 10G, the middle symbol is stopped and displayed at a symbol (for example, “NEXT”) that forms a pseudo-continuous chance, so that the combination of symbols that form the pseudo-continuous chance is temporarily stopped. .
一方、特定演出として基本演出の代わりに操作演出が実行されるときには、図10(a1)〜(b1)のように演出図柄が変動開始した後、図10(c1)〜(d1)のように、図9(c1)〜(d1)と同様の操作を要求する画像が表示される煽り演出が行われる。そして、図9の場合と同様に、特定演出が実行される所定期間(例えば5秒間)にわたり、操作有効期間となり、スティックコントローラ122の操作が受付けられる。操作有効期間は、当該操作を受付ける期間でもあるので、操作受付期間とも呼ばれる。   On the other hand, when the operation effect is executed instead of the basic effect as the specific effect, after the effect symbols start to fluctuate as shown in FIGS. 10 (a1) to (b1), as shown in FIGS. 10 (c1) to (d1). 9A and 9B, a roaring effect is displayed in which an image requesting the same operation as in FIGS. 9C1 to 9D1 is displayed. Similarly to the case of FIG. 9, the operation is valid for a predetermined period (for example, 5 seconds) in which the specific effect is executed, and the operation of the stick controller 122 is accepted. Since the operation valid period is also a period for receiving the operation, it is also called an operation reception period.
操作有効期間(特定演出の実行期間)中にスティックコントローラ122が操作されたことを演出制御用マイクロコンピュータ100が認識すると、図10(e1),(f1)に示すように直ちに、左,中,右図柄が擬似連チャンス目を形成する図柄(例えば「6,NEXT,7」)で停止表示されることで、擬似連チャンス目を形成する図柄の組合せが仮停止される。 When the effect control microcomputer 100 recognizes that the stick controller 122 has been operated during the operation effective period (specific effect execution period), as shown in FIGS. 10 (e1) and (f1), the left, middle, When the right symbol is stopped and displayed at a symbol (for example, “6, NEXT, 7”) that forms a pseudo-continuous chance, the combination of symbols that form the pseudo-continuous chance is temporarily stopped.
図11においては、(a)〜(j)に擬似連ガセYの変動パターンで基本演出が実行されるときの表示画像の流れが示され、(a1)〜(g1)に擬似連ガセYの変動パターンで操作演出が実行されるときの表示画像の流れが示されている。   In FIG. 11, (a) to (j) show the flow of the display image when the basic effect is executed with the fluctuating pattern of the pseudo continuous gasset Y, and (a1) to (g1) show the pseudo continuous gasset Y. A flow of a display image when an operation effect is executed with a variation pattern is shown.
特定演出として基本演出が実行されるときには、図11(a)〜(c)のように演出図柄が変動開始した後、左図柄が擬似連チャンス目を形成する図柄(例えば「6」)で停止し、右図柄が停止しようとするときに、図11(d)〜(f)のように右図柄の変動表示が高速変動から低速変動に切換り、ゆっくりと変動する煽り演出をした後、図11(g)のように右図柄が擬似連チャンス目を形成する図柄(例えば「7」)を通り超えて擬似連チャンス目を形成しない図柄(例えば「8」)まで一旦変動した後、図11(h)のように右図柄が擬似連チャンス目を形成する図柄(例えば「7」)に向けて戻る、戻り変動が実行され、右図柄が擬似連チャンス目を形成しない図柄(例えば「5」)で停止される。その後、図11(j)のように中図柄が停止表示されることで、はずれ図柄の組合せとなる表示結果が最終停止される。   When the basic effect is executed as the specific effect, the effect symbol starts to fluctuate as shown in FIGS. 11A to 11C, and then the left symbol stops at the symbol (for example, “6”) forming the pseudo-continuous chance. When the right symbol is about to stop, the right symbol variation display is switched from high-speed variation to low-speed variation as shown in FIGS. As shown in FIG. 11 (g), after the right symbol passes through the symbol (for example, “7”) that forms the pseudo-continuous chance and changes to the symbol (for example, “8”) that does not form the pseudo-continuous chance, As shown in (h), the right symbol returns toward the symbol (for example, “7”) that forms the pseudo-continuous chance, the return variation is executed, and the right symbol does not form the pseudo-continuous chance (for example, “5”). ). Thereafter, the middle symbol is stopped and displayed as shown in FIG. 11 (j), so that the display result of the combination of the off symbols is finally stopped.
一方、特定演出として基本演出の代わりに操作演出が実行されるときには、図11(a1)〜(b1)のように演出図柄が変動開始した後、図11(c1)〜(d1)のように、スティックコントローラ122を示す画像が左,中,右の演出図柄の代わりに停止表示され、「引け!」という文字を表示することにより操作を要求する画像が表示される煽り演出が行われる。そして、図8に示したような特定演出が実行される所定期間(例えば10秒間)にわたり、スティックコントローラ122の操作が有効と判断される操作有効期間となり、当該操作が受付けられる。   On the other hand, when the operation effect is executed instead of the basic effect as the specific effect, after the effect symbols start to fluctuate as shown in FIGS. 11 (a1) to (b1), as shown in FIGS. 11 (c1) to (d1). The image showing the stick controller 122 is stopped and displayed instead of the left, middle, and right effect symbols, and by displaying the characters “Close!”, The effect of displaying the image requesting the operation is performed. Then, over a predetermined period (for example, 10 seconds) in which the specific effect as shown in FIG. 8 is executed, the operation becomes a valid operation period during which the operation of the stick controller 122 is determined to be valid, and the operation is accepted.
操作有効期間(特定演出の期間)中にスティックコントローラ122が操作されたことを演出制御用マイクロコンピュータ100が認識すると、図11(e1),(f1),(g1)に示すように直ちに、左,中,右図柄がはずれ図柄の組合せとなる表示結果が最終停止される。 When the effect control microcomputer 100 recognizes that the stick controller 122 has been operated during the operation effective period (specific effect period), as shown in FIGS. 11 (e1), (f1) , and (g1) , , The middle and right symbols are separated and the display result that is a combination of symbols is finally stopped.
図12においては、(a)〜(j)にスーパーリーチA2,B2,C2,D2の変動パターンで基本演出が実行されるときの表示画像の流れが示され、(a1)〜(g1)にスーパーリーチA2,B2,C2,D2の変動パターンで操作演出が実行されるときの表示画像の流れが示されている。   In FIG. 12, (a) to (j) show the flow of the display image when the basic effect is executed with the variation pattern of super reach A2, B2, C2, and D2, and (a1) to (g1). A flow of a display image when an operation effect is executed with a variation pattern of super reach A2, B2, C2, and D2 is shown.
特定演出として基本演出が実行されるときには、図12(a)〜(c)のように演出図柄が変動開始した後、左図柄が擬似連チャンス目を形成する図柄(例えば「6」)で停止し、右図柄が停止しようとするときに、図12(d)〜(e)のように右図柄の変動表示が高速変動から低速変動に切換り、ゆっくりと変動する煽り演出をした後、12(f)〜(g)のように右図柄が擬似連チャンス目を形成する図柄(例えば「7」)を通り超えて擬似連チャンス目を形成しない図柄(例えば「8」)まで一旦変動した後、図12(h)〜(i)のように右図柄が擬似連チャンス目を形成する図柄(例えば「7」)に向けて戻る、戻り変動が実行され、図12()のように中図柄が擬似連チャンス目を形成する図柄(例えば「NEXT」)で停止表示されることで、擬似連チャンス目を形成する図柄の組合せが仮停止される。 When the basic effect is executed as the specific effect, after the effect symbol starts to fluctuate as shown in FIGS. 12A to 12C, the left symbol stops at the symbol (for example, “6”) that forms the pseudo-continuous chance. and, when the right symbol is about to stop, after Setsu換Ri, a tilting effect of slowly varying low speed variation variable display of the right symbols from the high-speed variation, as in FIG. 12 (d) ~ (e) , FIG. 12 As shown in (f) to (g), the right symbol passes through the symbol (for example, “7”) that forms the pseudo-continuous chance and temporarily changes to the symbol (for example, “8”) that does not form the pseudo-continuous chance. After that, as shown in FIGS. 12 (h) to (i) , the right symbol returns toward the symbol (for example, “7”) forming the pseudo-continuous chance, and the return fluctuation is executed, as shown in FIG. 12 ( j ). The middle symbol forms a pseudo-ream chance (for example, “NEXT” In that the stop display, a combination of symbols that form a quasi continuous chance th is temporarily stopped.
図12(a)〜(j)に示すスーパーリーチA2,B2,C2,D2の変動パターンは、図10(a)〜()に示すスーパーリーチA1,B1,C1,D1の変動パターンによる図10(d)〜(f)と同様の図12(d)〜(f)のような特定演出後において、図12(g)のように擬似連チャンス目の導出表示に失敗した後、図12(h)〜(j)に示すように、改めて擬似連チャンス目の導出表示に成功する演出パターンであると言える。 Figure 12 (a) variation patterns of ~ super reach A2 shown in (j), B2, C2, D2 , as shown in FIG due to variation pattern of super reach A1, B1, C1, D1 shown in FIG. 10 (a) ~ (g) in 10 (d) ~ (f) and similar shown in FIG. 12 (d) after a specific effect, such as ~ (f), after an unsuccessful deriving display of the pseudo communication opportunity eyes as shown in FIG. 12 (g), FIG. 12 As shown in (h) to (j), it can be said that this is an effect pattern that succeeds in the derivation and display of the pseudo consecutive chance.
なお、前述した操作受付期間(操作有効期間)は、特定演出の実行期間と同じ期間に設定されてもよく、特定演出の実行期間よりも短い期間に設定されてもよい。   In addition, the operation reception period (operation effective period) described above may be set to the same period as the execution period of the specific effect, or may be set to a period shorter than the execution period of the specific effect.
図13は、遊技制御用マイクロコンピュータ560が送信する演出制御コマンドの内容の一例を示す説明図である。遊技制御用マイクロコンピュータ560においては、図13に示すように、遊技制御状態に応じて、各種の演出制御コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100へ送信する。   FIG. 13 is an explanatory diagram showing an example of the contents of the effect control command transmitted by the game control microcomputer 560. As shown in FIG. 13, the game control microcomputer 560 transmits various effect control commands to the effect control microcomputer 100 in accordance with the game control state.
図13のうち、主なコマンドを説明する。コマンド80XX(H)は、特別図柄の変動表示に対応して演出表示装置9において変動表示される演出図柄の変動パターンを指定する演出制御コマンド(変動パターンコマンド)である(それぞれ変動パターンXXに対応)。つまり、図6および図7に示すような使用され得る変動パターンのそれぞれに対して一意な番号を付した場合に、その番号で特定される変動パターンのそれぞれに対応する変動パターンコマンドがある。「(H)」は16進数であることを示す。また、変動パターンを指定する演出制御コマンドは、変動開始を指定するためのコマンドでもある。したがって、演出制御用CPU101は、コマンド80XX(H)を受信すると、演出表示装置9において演出図柄の変動表示を開始するように制御する。   Main commands in FIG. 13 will be described. The command 80XX (H) is an effect control command (variation pattern command) for designating a variation pattern of the effect symbol that is variably displayed on the effect display device 9 corresponding to the variation display of the special symbol (each corresponding to the variation pattern XX). ). That is, when a unique number is assigned to each of the variation patterns that can be used as shown in FIGS. 6 and 7, there is a variation pattern command corresponding to each variation pattern specified by the number. “(H)” indicates a hexadecimal number. The effect control command for designating the variation pattern is also a command for designating the start of variation. Accordingly, when the effect control CPU 101 receives the command 80XX (H), the effect display device 9 controls the effect display device 9 to start displaying the effect symbols in a variable manner.
コマンド8C01(H)〜8C03(H)は、大当りとするか否か、および大当り種別を示す表示結果指定コマンドである。   Commands 8C01 (H) to 8C03 (H) are display result designation commands indicating whether or not to make a big hit and the type of big hit.
コマンド8D01(H)は、第1特別図柄の変動表示を開始することを示す第1図柄変動指定コマンドである。コマンド8D02(H)は、第2特別図柄の変動表示を開始することを示す第2図柄変動指定コマンドである。コマンド8F00(H)は、第1,第2特別図柄の変動を終了することを指定するコマンド(図柄確定指定コマンド)である。   The command 8D01 (H) is a first symbol variation designation command indicating that the variation display of the first special symbol is started. Command 8D02 (H) is a second symbol variation designation command indicating that the variation display of the second special symbol is started. The command 8F00 (H) is a command (design determination designation command) for designating to end the variation of the first and second special symbols.
次に、パチンコ遊技機1の動作について説明する。パチンコ遊技機1においては、主基板31における遊技制御用マイクロコンピュータ560が予め定められたメイン処理を実行すると、所定時間(例えば2ms)毎に定期的にタイマ割込がかかりタイマ割込処理が実行されることにより、各種の遊技制御が実行可能となる。   Next, the operation of the pachinko gaming machine 1 will be described. In the pachinko gaming machine 1, when the game control microcomputer 560 on the main board 31 executes a predetermined main process, a timer interrupt is periodically executed every predetermined time (for example, 2 ms) and the timer interrupt process is executed. As a result, various game controls can be executed.
メイン処理においては、例えば、必要な初期設定処理、通常時の初期化処理、通常時以外の遊技状態復旧処理、乱数回路設定処理(乱数回路503を初期設定)、表示用乱数更新処理(変動パターンの種別決定、変動パターン決定等の各種乱数の更新処理)、および、初期値用乱数更新処理(普通図柄当り判定用乱数発生カウンタのカウント値の初期値の更新処理)等が実行される。   In the main processing, for example, necessary initial setting processing, normal time initialization processing, game state restoration processing other than normal time, random number circuit setting processing (initial setting of the random number circuit 503), display random number update processing (variation pattern) (Variable random number update processing such as type determination and variation pattern determination), initial value random number update processing (ordinary symbol determination random number generation counter initial value initial value update processing), and the like.
図14は、タイマ割込処理を示すフローチャートである。タイマ割込が発生すると、CPU56は、図14に示すステップS(以下、単に「S」と示す)20〜S34のタイマ割込処理を実行する。タイマ割込処理において、まず、電源断信号が出力されたか否か(オン状態になったか否か)を検出する電源断検出処理を実行する(S20)。次いで、入力ドライバ回路58を介して、ゲートスイッチ32a、第1始動口スイッチ13a、第2始動口スイッチ14aおよびカウントスイッチ23の検出信号を入力し、それらの状態判定を行う(スイッチ処理:S21)。   FIG. 14 is a flowchart showing the timer interrupt process. When the timer interrupt occurs, the CPU 56 executes the timer interrupt process in steps S (hereinafter simply referred to as “S”) 20 to S34 shown in FIG. In the timer interrupt process, first, a power-off detection process for detecting whether or not a power-off signal has been output (whether or not an on-state has been turned on) is executed (S20). Next, detection signals from the gate switch 32a, the first start port switch 13a, the second start port switch 14a, and the count switch 23 are input via the input driver circuit 58, and their state is determined (switch processing: S21). .
次に、CPU56は、第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8b、普通図柄表示器10、第1特別図柄保留記憶表示器18a、第2特別図柄保留記憶表示器18b、普通図柄保留記憶表示器41の表示制御を行う表示制御処理を実行する(S22)。第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8bおよび普通図柄表示器10については、S32,S33で設定される出力バッファの内容に応じて各表示器に対して駆動信号を出力する制御を実行する。   Next, the CPU 56 has a first special symbol display 8a, a second special symbol display 8b, a normal symbol display 10, a first special symbol hold storage display 18a, a second special symbol hold storage display 18b, a normal symbol. A display control process for controlling the display of the on-hold storage display 41 is executed (S22). For the first special symbol display 8a, the second special symbol display 8b, and the normal symbol display 10, control for outputting a drive signal to each display according to the contents of the output buffer set in S32 and S33. Execute.
また、遊技制御に用いられる普通図柄当り判定用乱数および大当り種別判定用乱数等の各判定用乱数を生成するための各カウンタのカウント値を更新する処理を行う(判定用乱数更新処理:S23)。CPU56は、さらに、初期値用乱数および表示用乱数を生成するためのカウンタのカウント値を更新する処理を行う(初期値用乱数更新処理,表示用乱数更新処理:S24,S25)。   Also, a process of updating the count value of each counter for generating a random number for determination such as a random number for normal symbol determination and a random number for jackpot type determination used for game control is performed (determination random number update process: S23). . The CPU 56 further performs a process of updating the count value of the counter for generating the initial value random number and the display random number (initial value random number update process, display random number update process: S24, S25).
さらに、CPU56は、特別図柄プロセス処理を行う(S26)。特別図柄プロセス処理では、第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8bおよび大入賞口を所定の順序で制御するための特別図柄プロセスフラグにしたがって該当する処理を実行し、特別図柄プロセスフラグの値を、遊技状態に応じて更新する。   Further, the CPU 56 performs special symbol process processing (S26). In the special symbol process, a corresponding symbol is executed according to a special symbol process flag for controlling the first special symbol indicator 8a, the second special symbol indicator 8b, and the big prize opening in a predetermined order. The value of the flag is updated according to the gaming state.
次いで、普通図柄プロセス処理を行う(S27)。普通図柄プロセス処理では、CPU56は、普通図柄表示器10の表示状態を所定の順序で制御するための普通図柄プロセスフラグにしたがって該当する処理を実行し、普通図柄プロセスフラグの値を、遊技状態に応じて更新する。   Next, the normal symbol process is performed (S27). In the normal symbol process, the CPU 56 executes a corresponding process according to the normal symbol process flag for controlling the display state of the normal symbol display 10 in a predetermined order, and sets the value of the normal symbol process flag to the gaming state. Update accordingly.
また、CPU56は、演出制御用マイクロコンピュータ100に演出制御コマンドを送出する処理を行う(演出制御コマンド制御処理:S28)。さらに、CPU56は、例えばホール管理用コンピュータに供給される大当り情報、始動情報、確率変動情報等のデータを出力する情報出力処理を行う(S29)。   Further, the CPU 56 performs a process of sending an effect control command to the effect control microcomputer 100 (effect control command control process: S28). Further, the CPU 56 performs information output processing for outputting data such as jackpot information, starting information, probability variation information supplied to the hall management computer, for example (S29).
また、CPU56は、第1始動口スイッチ13a、第2始動口スイッチ14aおよびカウントスイッチ23の検出信号に基づく賞球個数の設定等を行う賞球処理を実行する(S30)。   Further, the CPU 56 executes prize ball processing for setting the number of prize balls based on detection signals from the first start port switch 13a, the second start port switch 14a and the count switch 23 (S30).
この実施の形態では、出力ポートの出力状態に対応したRAM領域(出力ポートバッファ)が設けられているのであるが、CPU56は、出力ポートの出力状態に対応したRAM領域におけるソレノイドのオン/オフに関する内容を出力ポートに出力する(S31:出力処理)。   In this embodiment, a RAM area (output port buffer) corresponding to the output state of the output port is provided. However, the CPU 56 relates to on / off of the solenoid in the RAM area corresponding to the output state of the output port. The contents are output to the output port (S31: output processing).
また、CPU56は、特別図柄プロセスフラグの値に応じて特別図柄の演出表示を行うための特別図柄表示制御データを特別図柄表示制御データ設定用の出力バッファに設定する特別図柄表示制御処理を行う(S32)。   Further, the CPU 56 performs special symbol display control processing for setting special symbol display control data for effect display of the special symbol in the output buffer for setting the special symbol display control data according to the value of the special symbol process flag ( S32).
さらに、CPU56は、普通図柄プロセスフラグの値に応じて普通図柄の演出表示を行うための普通図柄表示制御データを普通図柄表示制御データ設定用の出力バッファに設定する普通図柄表示制御処理を行う(S33)。また、CPU56は、出力バッファに設定された表示制御データに応じて、S22において駆動信号を出力することによって、普通図柄表示器10における普通図柄の演出表示を実行する。   Further, the CPU 56 performs a normal symbol display control process for setting normal symbol display control data for effect display of the normal symbol in an output buffer for setting the normal symbol display control data according to the value of the normal symbol process flag ( S33). Further, the CPU 56 outputs a normal signal on the normal symbol display 10 by outputting a drive signal in S22 in accordance with the display control data set in the output buffer.
その後、割込許可状態に設定し(S34)、処理を終了する。以上の制御によって、この実施の形態では、遊技制御処理は所定時間毎に起動されることになる。   Thereafter, the interrupt permission state is set (S34), and the process ends. With the above control, in this embodiment, the game control process is started every predetermined time.
図15は、特別図柄プロセス処理(S26)を示すフローチャートである。   FIG. 15 is a flowchart showing the special symbol process (S26).
特別図柄プロセス処理では第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bおよび大入賞口を制御するための処理が実行される。特別図柄プロセス処理においては、第1始動入賞口13に遊技球が入賞したことを検出するための第1始動口スイッチ13aがオンして第1始動入賞口13への始動入賞(第1始動入賞)が発生していたとき、または、第2始動入賞口14に遊技球が入賞したことを検出するための第2始動口スイッチ14aがオンして第2始動入賞口14への始動入賞(第2始動入賞)が発生していたときには(S311)、始動口スイッチ通過処理を実行する(S312)。そして、内部状態に応じて、S300〜S307のうちのいずれかの処理を行う。第1始動口スイッチ13aまたは第2始動口スイッチ14aがオンしていなければ、始動口スイッチ通過処理を実行せずに、内部状態に応じて、S300〜S307のうちのいずれかの処理を行う。   In the special symbol process, a process for controlling the first special symbol display 8a or the second special symbol display 8b and the special winning opening is executed. In the special symbol process, the first start opening switch 13a for detecting that a game ball has won the first start winning opening 13 is turned on and the first start winning opening 13 (first start winning is received). ) Has occurred, or the second start opening switch 14a for detecting that a game ball has won the second start winning opening 14 is turned on, and the start winning (second) When 2 start winnings have occurred (S311), start port switch passing processing is executed (S312). Then, any one of S300 to S307 is performed according to the internal state. If the first start port switch 13a or the second start port switch 14a is not turned on, any one of S300 to S307 is performed according to the internal state without executing the start port switch passing process.
S300〜S307の処理は、以下のような処理である。   The processing of S300 to S307 is as follows.
特別図柄通常処理(S300)は、変動表示の表示結果を大当りとするか否かの決定、および、大当りとする場合の大当り種別の決定等を行う処理である。変動パターン設定処理(S301)は、変動パターンの決定および変動時間タイマの計時開始等の制御を行う処理である。   The special symbol normal process (S300) is a process of determining whether or not the display result of the variable display is a big hit, and determining a big hit type when the big hit is made. The variation pattern setting process (S301) is a process for performing control such as determination of a variation pattern and start of timing of a variation time timer.
表示結果指定コマンド送信処理(S302)は、演出制御用マイクロコンピュータ100に、表示結果指定コマンドを送信する制御を行う処理である。特別図柄変動中処理(S303)は、変動パターン設定処理で選択された変動パターンの変動時間が経過すると、特別図柄停止処理にプロセスを進める処理である。特別図柄停止処理(S304)は、決定された変動パターンに対応する変動時間の経過が変動時間タイマにより計時されたときに第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bにおける変動表示を停止して停止図柄を導出表示させる処理である。   The display result designation command transmission process (S302) is a process for performing control to transmit a display result designation command to the effect control microcomputer 100. The special symbol changing process (S303) is a process that advances the process to the special symbol stop process when the fluctuation time of the fluctuation pattern selected in the fluctuation pattern setting process elapses. The special symbol stop process (S304) displays the fluctuation display on the first special symbol display 8a or the second special symbol display 8b when the fluctuation time corresponding to the decided fluctuation pattern is timed by the fluctuation time timer. This is a process of stopping and deriving and displaying a stop symbol.
大入賞口開放前処理(S305)は、大当りの種別に応じて、特別可変入賞球装置20において大入賞口を開放する制御等を行う処理である。大入賞口開放中処理(S306)は、大当り遊技状態中のラウンド表示の演出制御コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御や大入賞口の閉成条件の成立を確認する処理等を行う処理である。大入賞口の閉成条件が成立し、かつ、まだ残りラウンドがある場合には、大当り終了処理に移行する。大当り終了処理(S307)は、大当り遊技状態が終了したことを遊技者に報知する表示制御を演出制御用マイクロコンピュータ100に行わせるための制御等を行う処理である。   The big winning opening opening pre-process (S305) is a process of performing control for opening the big winning opening in the special variable winning ball apparatus 20 according to the type of the big hit. In the special winning opening opening process (S306), a control for transmitting a presentation control command for round display during the big hit gaming state to the microcomputer 100 for the presentation control, a process for confirming the establishment of the closing condition of the special winning opening, and the like are performed. It is processing. When the closing condition of the big prize opening is satisfied and there are still remaining rounds, the process proceeds to the big hit ending process. The big hit end process (S307) is a process for performing control for causing the microcomputer 100 for effect control to perform display control for notifying the player that the big hit gaming state has ended.
図16は、S312の始動口スイッチ通過処理を示すフローチャートである。第1始動口スイッチ13aと第2始動口スイッチ14aとのうちの少なくとも一方がオン状態の場合に実行される始動口スイッチ通過処理において、CPU56は、オンしたのが第1始動口スイッチ13aであるか否かを確認する(S211)。第1始動口スイッチ13aがオンしていれば、CPU56は、第1保留記憶数が上限値に達しているか否か(具体的には、第1保留記憶数をカウントするための第1保留記憶数カウンタの値が4であるか否か)を確認する(S212)。第1保留記憶数が上限値に達していれば、S221に移行する。   FIG. 16 is a flowchart showing the start-port switch passing process in S312. In the start port switch passing process executed when at least one of the first start port switch 13a and the second start port switch 14a is in the on state, the CPU 56 is turned on by the first start port switch 13a. Whether or not (S211). If the first start port switch 13a is on, the CPU 56 determines whether or not the first reserved memory number has reached the upper limit (specifically, the first reserved memory for counting the first reserved memory number). Whether the number counter value is 4 or not is confirmed (S212). If the first reserved storage number has reached the upper limit, the process proceeds to S221.
第1保留記憶数が上限値に達していなければ、CPU56は、第1保留記憶数カウンタの値を1増やす(S213)。   If the first reserved memory number has not reached the upper limit value, the CPU 56 increases the value of the first reserved memory number counter by 1 (S213).
ここで、遊技制御用マイクロコンピュータ560側での保留記憶に対応する乱数等のデータ(保留記憶データ)を保存する領域(保留記憶バッファ)の構成例を説明する。   Here, a configuration example of an area (holding storage buffer) for storing data such as random numbers (holding storage data) corresponding to the holding storage on the game control microcomputer 560 side will be described.
遊技制御用マイクロコンピュータ560側において、第1保留記憶バッファには、第1保留記憶数の上限値(この例では4)に対応した保存領域が確保されている。また、第2保留記憶バッファには、第2保留記憶数の上限値(この例では4)に対応した保存領域が確保されている。第1保留記憶バッファおよび第2保留記憶バッファは、RAM55に形成されている。第1保留記憶バッファおよび第2保留記憶バッファには、ハードウェア乱数であるランダムR(大当り判定用乱数)等のデータが記憶される。   On the game control microcomputer 560 side, a storage area corresponding to the upper limit value (4 in this example) of the first reserved memory number is secured in the first reserved memory buffer. In addition, a storage area corresponding to the upper limit value of the second reserved storage number (4 in this example) is secured in the second reserved storage buffer. The first reserved storage buffer and the second reserved storage buffer are formed in the RAM 55. The first hold storage buffer and the second hold storage buffer store data such as random R (big hit determination random number) that is a hardware random number.
このような第1判定結果保留記憶バッファにおいては、第1始動入賞口13への始動入賞に基づいて得られる大当り判定用乱数等の保留記憶データが記憶される。第2判定結果保留記憶バッファにおいては、第2始動入賞口14への始動入賞に基づいて得られる大当り判定用乱数等の保留記憶データに対応する判定結果保留記憶データが記憶される。   In such a first determination result hold storage buffer, hold storage data such as a jackpot determination random number obtained based on the start winning to the first start winning opening 13 is stored. In the second determination result hold storage buffer, determination result hold storage data corresponding to hold storage data such as a jackpot determination random number obtained based on the start winning to the second start winning opening 14 is stored.
次に、CPU56は、乱数回路503やソフトウェア乱数を生成するためのカウンタから値を抽出し、それらを、第1保留記憶バッファにおける保存領域に保存(格納)する処理を実行する(S214)。具体的に、S214の処理では、大当り判定用乱数(ランダムR)、大当り種別判定用乱数(ランダム1)、変動パターン種別判定用乱数(ランダム2)、および、変動パターン判定用乱数(ランダム3)が保存(格納)される。以下の保留記憶に関する説明に関しては、このように第1保留記憶バッファまたは第2保留記憶バッファに前述のような始動入賞に関する情報が記憶されることを「保留記憶される」と示す場合がある。   Next, the CPU 56 extracts values from the random number circuit 503 and a counter for generating software random numbers, and executes a process of storing (storing) them in a storage area in the first reserved storage buffer (S214). Specifically, in the process of S214, a big hit determination random number (random R), a big hit type determination random number (random 1), a variation pattern type determination random number (random 2), and a variation pattern determination random number (random 3) Is saved (stored). With regard to the following description regarding the hold storage, it may be indicated as “hold stored” that the information related to the start winning as described above is stored in the first hold storage buffer or the second hold storage buffer.
そして、CPU56は、検出した始動入賞に基づく変動がその後実行されたときの変動表示結果を始動入賞時に予め判定する入賞時演出処理を実行する(S215)。次いで、CPU56は、第1始動入賞指定コマンドを送信する制御を行う(S216)。また、演出制御用マイクロコンピュータ100に演出制御コマンドを送信する場合には、CPU56は、演出制御コマンドに応じたコマンド送信テーブル(予めROMにコマンド毎に設定されている)のアドレスをポインタにセットする。そして、演出制御コマンドに応じたコマンド送信テーブルのアドレスをポインタにセットして、演出制御コマンド制御処理(S29)において演出制御コマンドを送信する。   Then, the CPU 56 executes a winning effect process for preliminarily determining a variation display result when the variation based on the detected starting winning is executed at the time of starting winning (S215). Next, the CPU 56 performs control to transmit a first start winning designation command (S216). When transmitting an effect control command to the effect control microcomputer 100, the CPU 56 sets an address of a command transmission table (preliminarily set for each command in the ROM) corresponding to the effect control command as a pointer. . Then, the address of the command transmission table corresponding to the effect control command is set in the pointer, and the effect control command is transmitted in effect control command control processing (S29).
S211で第1始動口スイッチがオン状態でないと判定された場合、S212で第1保留記憶数が上限値に達していると判定された場合、または、S216で第1始動入賞指定コマンドを送信する制御を行った後に、CPU56は、第2始動口スイッチ14aがオンしたか否かを確認する(S221)。第2始動口スイッチ14aがオンしていれば、CPU56は、第2保留記憶数が上限値に達しているか否か(具体的には、第2保留記憶数をカウントするための第2保留記憶数カウンタの値が4であるか否か)を確認する(S222)。第2保留記憶数カウンタの値が4であれば、処理を終了する。   If it is determined in S211 that the first start port switch is not in the ON state, if it is determined in S212 that the first reserved memory number has reached the upper limit value, or a first start winning designation command is transmitted in S216. After performing the control, the CPU 56 checks whether or not the second start port switch 14a is turned on (S221). If the second start port switch 14a is on, the CPU 56 determines whether or not the second reserved memory number has reached the upper limit value (specifically, the second reserved memory for counting the second reserved memory number). It is confirmed whether or not the value of the number counter is 4 (S222). If the value of the second reserved memory number counter is 4, the process is terminated.
第2保留記憶数が上限値に達していなければ、CPU56は、第2保留記憶数カウンタの値を1増やす(S223)。次いで、CPU56は、乱数回路503やソフトウェア乱数を生成するためのカウンタから値を抽出し、それらを、第2保留記憶バッファにおける保存領域に保存(格納)する処理を実行する(S224)。   If the second reserved memory number has not reached the upper limit value, the CPU 56 increases the value of the second reserved memory number counter by 1 (S223). Next, the CPU 56 extracts values from the random number circuit 503 and a counter for generating software random numbers, and executes a process of storing (storing) them in a storage area in the second reserved storage buffer (S224).
そして、CPU56は、検出した始動入賞に基づく変動がその後実行されたときの変動表示結果を始動入賞時に予め判定する入賞時演出処理を実行する(S225)。次いで、CPU56は、第2始動入賞指定コマンドを送信する制御を行い(S226)処理を終了する。   Then, the CPU 56 executes a winning effect processing for predetermining the variation display result when the variation based on the detected starting winning is executed at the time of starting winning (S225). Next, the CPU 56 performs control to transmit the second start winning designation command (S226) and ends the process.
図17は、特別図柄プロセス処理における特別図柄通常処理(S300)を示すフローチャートである。特別図柄通常処理において、CPU56は、第1保留記憶バッファまたは第2保留記憶バッファに保留記憶データがあるかどうかを確認する(S51)。第1保留記憶バッファおよび第2保留記憶バッファのどちらにも保留記憶データがない場合には、処理を終了する。   FIG. 17 is a flowchart showing the special symbol normal process (S300) in the special symbol process. In the special symbol normal process, the CPU 56 checks whether there is pending storage data in the first pending storage buffer or the second pending storage buffer (S51). If there is no pending storage data in either the first pending storage buffer or the second pending storage buffer, the process ends.
第1保留記憶バッファまたは第2保留記憶バッファに保留記憶データがあるときには、CPU56は、第2保留記憶バッファの方に保留記憶データがあるか否か確認する(S52)。第2保留記憶バッファに保留記憶データがあれば、特別図柄ポインタ(第1特別図柄について特別図柄プロセス処理を行っているのか第2特別図柄について特別図柄プロセス処理を行っているのかを示すフラグ)に「第2」を示すデータを設定する(S54)。一方、第2保留記憶バッファに保留記憶データがなければ、特別図柄ポインタに「第1」を示すデータを設定する(S53)。   When there is pending storage data in the first pending storage buffer or the second pending storage buffer, the CPU 56 checks whether there is pending storage data in the second pending storage buffer (S52). If there is stored data in the second reserved memory buffer, a special symbol pointer (a flag indicating whether special symbol process processing is being performed for the first special symbol or special symbol process processing is being performed for the second special symbol) Data indicating “second” is set (S54). On the other hand, if there is no reserved memory data in the second reserved memory buffer, data indicating "first" is set in the special symbol pointer (S53).
この実施の形態では、以下、特別図柄ポインタに「第1」を示すデータが設定されたか「第2」を示すデータが設定されたかに応じて、第1特別図柄表示器8aにおける第1特別図柄の変動表示と、第2特別図柄表示器8bにおける第2特別図柄の変動表示とを、共通の処理ルーチンを用いて実行する。特別図柄ポインタに「第1」を示すデータが設定されたときには、第1保留記憶バッファに記憶された保留記憶データに基づいて、第1特別図柄表示器8aにおける第1特別図柄の変動表示が行われる。一方、特別図柄ポインタに「第2」を示すデータが設定されたときには、第2保留記憶バッファに記憶された保留記憶データに基づいて、第2特別図柄表示器8bにおける第2特別図柄の変動表示が行われる。   In this embodiment, hereinafter, the first special symbol on the first special symbol display 8a depends on whether the data indicating "first" or the data indicating "second" is set in the special symbol pointer. And the variable display of the second special symbol on the second special symbol display 8b are executed using a common processing routine. When the data indicating “first” is set in the special symbol pointer, the first special symbol display unit 8a performs the variable display of the first special symbol based on the reserved memory data stored in the first reserved memory buffer. Is called. On the other hand, when the data indicating “second” is set in the special symbol pointer, the variable display of the second special symbol on the second special symbol display unit 8b based on the reserved memory data stored in the second reserved memory buffer. Is done.
S52〜S54の制御により、第2保留記憶バッファ内に第2保留記憶のデータが1つでも存在すれば、その第2保留記憶のデータに基づいた第2特別図柄表示器8bの変動表示が、第1保留記憶のデータに基づいた第1特別図柄表示器8aの変動表示に優先して実行される。   If there is at least one second reserved memory data in the second reserved memory buffer by the control of S52 to S54, the fluctuation display of the second special symbol display 8b based on the second reserved memory data is It is executed in preference to the variable display of the first special symbol display 8a based on the data in the first reserved memory.
次いで、CPU56は、RAM55において、特別図柄ポインタが示す方の保留記憶数=1に対応する保存領域に格納されている各乱数値を読出してRAM55の保留記憶バッファに格納する(S55)。具体的には、CPU56は、特別図柄ポインタが「第1」を示している場合には、第1保留記憶バッファにおける第1保留記憶数=1に対応する保存領域に格納されている各乱数値を読出してRAM55の保留記憶バッファに格納する。また、CPU56は、特別図柄ポインタが「第2」を示している場合には、第2保留記憶バッファにおける第2保留記憶数=1に対応する保存領域に格納されている各乱数値を読出してRAM55の保留記憶バッファに格納する。   Next, the CPU 56 reads out each random number value stored in the storage area corresponding to the number of reserved memories = 1 indicated by the special symbol pointer in the RAM 55 and stores it in the reserved memory buffer of the RAM 55 (S55). Specifically, when the special symbol pointer indicates “first”, the CPU 56 determines each random number value stored in the storage area corresponding to the first reserved memory number = 1 in the first reserved memory buffer. Are stored in the reserved storage buffer of the RAM 55. Further, when the special symbol pointer indicates “second”, the CPU 56 reads each random number value stored in the storage area corresponding to the second reserved memory number = 1 in the second reserved memory buffer. Stored in the reserved storage buffer of the RAM 55.
そして、CPU56は、特別図柄ポインタが示す方の保留記憶数カウンタのカウント値を1減算し、かつ、各保存領域の内容をシフトする(S56)。具体的には、CPU56は、特別図柄ポインタが「第1」を示している場合には、第1保留記憶数カウンタのカウント値を1減算し、かつ、第1保留記憶バッファにおける各保存領域の内容をシフトする。また、特別図柄ポインタが「第2」を示している場合に、第2保留記憶数カウンタのカウント値を1減算し、かつ、第2保留記憶バッファにおける各保存領域の内容をシフトする。   Then, the CPU 56 decrements the count value of the reserved storage number counter indicated by the special symbol pointer, and shifts the contents of each storage area (S56). Specifically, when the special symbol pointer indicates “first”, the CPU 56 decrements the count value of the first reserved memory number counter by 1 and stores each storage area in the first reserved memory buffer. Shift content. When the special symbol pointer indicates “second”, the count value of the second reserved memory number counter is decremented by 1, and the contents of each storage area in the second reserved memory buffer are shifted.
すなわち、CPU56は、特別図柄ポインタが「第1」を示している場合に、RAM55の第1保留記憶バッファにおいて第1保留記憶数=n(n=2,3,4)に対応する保存領域に格納されている各乱数値を、第1保留記憶数=n−1に対応する保存領域に格納する。また、特別図柄ポインタが「第2」を示す場合に、RAM55の第2保留記憶バッファにおいて第2保留記憶数=n(n=2,3,4)に対応する保存領域に格納されている各乱数値を、第2保留記憶数=n−1に対応する保存領域に格納する。   That is, when the special symbol pointer indicates “first”, the CPU 56 stores the first reserved memory number = n (n = 2, 3, 4) in the first reserved memory buffer of the RAM 55. Each stored random number value is stored in a storage area corresponding to the first reserved storage number = n−1. Further, when the special symbol pointer indicates “second”, each stored in the storage area corresponding to the second reserved memory number = n (n = 2, 3, 4) in the second reserved memory buffer of the RAM 55. The random value is stored in the storage area corresponding to the second reserved memory number = n−1.
よって、各第1保留記憶数(または、各第2保留記憶数)に対応するそれぞれの保存領域に格納されている各乱数値が抽出された順番は、常に、第1保留記憶数(または、第2保留記憶数)=1,2,3,4の順番と一致するようになっている。   Therefore, the order in which each random value stored in each storage area corresponding to each first reserved memory number (or each second reserved memory number) is extracted is always the first reserved memory number (or (Second reserved storage number) = 1, 2, 3, 4 in order.
また、CPU56は、減算後の特別図柄ポインタが示す方の保留記憶数カウンタの値に基づいて、特別図柄ポインタが示す方の保留記憶数指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行う(S59)。この場合、特別図柄ポインタに「第1」を示す値が設定されている場合には、CPU56は、第1保留記憶数指定コマンドを送信する制御を行う。また、特別図柄ポインタに「第2」を示す値が設定されている場合には、CPU56は、第2保留記憶数指定コマンドを送信する制御を行う。   Further, the CPU 56 performs control to transmit the reserved memory number designation command indicated by the special symbol pointer to the effect control microcomputer 100 based on the value of the reserved memory number counter indicated by the special symbol pointer after the subtraction. (S59). In this case, when a value indicating “first” is set in the special symbol pointer, the CPU 56 performs control to transmit the first reserved storage number designation command. When a value indicating “second” is set in the special symbol pointer, the CPU 56 performs control to transmit a second reserved memory number designation command.
特別図柄通常処理では、最初に、第1始動入賞口13を対象として処理を実行することを示す「第1」を示すデータすなわち第1特別図柄を対象として処理を実行することを示す「第1」を示すデータ、または第2始動入賞口14を対象として処理を実行することを示す「第2」を示すデータすなわち第2特別図柄を対象として処理を実行することを示す「第2」を示すデータが、特別図柄ポインタに設定される。そして、特別図柄プロセス処理における以降の処理では、特別図柄ポインタに設定されているデータに応じた処理が実行される。よって、S300〜S307の処理を、第1特別図柄を対象とする場合と第2特別図柄を対象とする場合とで共通化することができる。   In the special symbol normal process, first, data indicating “first” indicating that the process is executed for the first start winning opening 13, that is, “first” indicating that the process is executed for the first special symbol. ”Or“ second ”indicating that the process is performed on the second special symbol, that is,“ second ”indicating that the process is performed on the second start winning opening 14. Data is set in the special symbol pointer. In the subsequent processing in the special symbol process, processing corresponding to the data set in the special symbol pointer is executed. Therefore, the process of S300-S307 can be made common by the case where the 1st special symbol is made object and the case where the 2nd special symbol is made object.
次いで、CPU56は、保留記憶バッファからランダムR(大当り判定用乱数)を読出し、大当り判定モジュールを実行する(S60)。なお、この場合、CPU56は、始動口スイッチ通過処理のS214や始動口スイッチ通過処理のS224で抽出し第1保留記憶バッファや第2保留記憶バッファに予め格納した大当り判定用乱数を読出し、大当り判定を行う。大当り判定モジュールは、予め決められている大当り判定値(図5参照)と大当り判定用乱数とを比較し、それらが一致したら大当りとすることに決定する処理を実行するプログラムである。すなわち、大当り判定の処理を実行するプログラムである。   Next, the CPU 56 reads a random R (random number for jackpot determination) from the holding storage buffer, and executes the jackpot determination module (S60). In this case, the CPU 56 reads out the jackpot determination random number extracted in S214 of the start port switch passing process or S224 of the start port switch passing process and previously stored in the first hold memory buffer or the second hold memory buffer, and determines the big hit I do. The jackpot determination module is a program that compares a predetermined jackpot determination value (see FIG. 5) with a jackpot determination random number, and executes a process of determining a jackpot if they match. In other words, this is a program for executing the big hit determination process.
大当り判定の処理では、遊技状態が確変状態(高確率状態)の場合は、遊技状態が非確変状態(通常遊技状態および時短状態)の場合よりも、大当りとなる確率が高くなるように構成されている。具体的には、予め大当り判定値の数が多く設定されている確変時大当り判定テーブル(ROM54における図5(A)の右側の数値が設定されているテーブル)と、大当り判定値の数が確変時大当り判定テーブルよりも少なく設定されている通常時大当り判定テーブル(ROM54における図5(A)の左側の数値が設定されているテーブル)とが設けられている。そして、CPU56は、遊技状態が確変状態であるか否かを確認し、遊技状態が確変状態であるときは、確変時大当り判定テーブルを使用して大当りの判定の処理を行い、遊技状態が通常遊態や時短状態であるときは、通常時大当り判定テーブルを使用して大当りの判定の処理を行う。すなわち、CPU56は、大当り判定用乱数(ランダムR)の値が図5(A)に示すいずれかの大当り判定値に一致すると、特別図柄に関して大当りとすることに決定する。大当りとすることに決定した場合には(S60)、S71に移行する。なお、大当りとするか否か決定するということは、大当り遊技状態に移行させるか否か決定するということであるが、特別図柄表示器における停止図柄を大当り図柄とするか否か決定するということでもある。   The jackpot determination process is configured such that when the gaming state is a probable change state (high probability state), the probability of a big hit is higher than when the gaming state is a non-probability change state (normal game state and short-time state). ing. Specifically, a probability change jackpot determination table (a table in which the numerical values on the right side of FIG. 5A in the ROM 54 are set) in which a large number of jackpot determination values are set in advance, and the number of jackpot determination values are variable. There is provided a normal big hit determination table (a table in which the numerical values on the left side of FIG. 5A in the ROM 54 are set) set to be smaller than the hour big hit determination table. Then, the CPU 56 checks whether or not the gaming state is a probability variation state. If the gaming state is a probability variation state, the jackpot determination process is performed using the probability variation jackpot determination table, and the gaming state is normal. In the idle state or the short time state, the big hit determination table is processed using the normal big hit determination table. That is, when the value of the big hit determination random number (random R) matches one of the big hit determination values shown in FIG. 5A, the CPU 56 determines that the special symbol is a big hit. If it is determined to be a big hit (S60), the process proceeds to S71. Note that deciding whether to win or not is to decide whether or not to shift to the big hit gaming state, but to decide whether or not to stop the special symbol display as a big hit symbol. But there is.
なお、現在の遊技状態が確変状態であるか否かの確認は、確変フラグがセットされているか否かにより行われる。確変フラグは、遊技状態を確変状態に移行するときにセットされ、確変状態を終了するときにリセットされる。具体的に、確変フラグは、大当り遊技を終了する処理においてセットされ、その後、所定回数(100回)の変動表示が行われたという条件と、次回の大当りが決定されたという条件といずれか早い方の条件が成立したときに、特別図柄の変動表示を終了して停止図柄を停止表示するタイミングでリセットされる。   Note that whether or not the current gaming state is the probability variation state is determined by whether or not the probability variation flag is set. The probability variation flag is set when the gaming state is shifted to the probability variation state, and is reset when the probability variation state is terminated. Specifically, the probability variation flag is set in the process of ending the big hit game, and thereafter, the condition that the predetermined number of times (100 times) of the fluctuation display is performed, or the condition that the next big hit is determined is earlier. When this condition is satisfied, the change display of the special symbol is terminated and the stop symbol is reset at the timing to stop display.
大当り判定用乱数(ランダムR)の値がいずれの大当り判定値にも一致しなければ(S60のN)、後述するS75に進む。   If the value of the jackpot determination random number (random R) does not match any of the jackpot determination values (N in S60), the process proceeds to S75 described later.
S60において大当り判定用乱数(ランダムR)の値がいずれかの大当り判定値に一致すればCPU56は、大当りであることを示す大当りフラグをセットする(S71)。なお、大当りフラグは、大当り遊技が終了するときにリセットされる。そして、大当り種別を複数種類のうちのいずれかに決定するために使用するテーブルとして、図5(B)の第1特別図柄大当り種別判定用テーブルおよび図5(C)の第2特別図柄大当り種別判定用テーブルのうち、いずれかのテーブルを選択する(S72)。具体的に、CPU56は、特別図柄ポインタが「第1」を示している場合には、図5(B)に示す第1特別図柄大当り種別判定用テーブルを選択する。   If the value of the big hit determination random number (random R) coincides with any of the big hit determination values in S60, the CPU 56 sets a big hit flag indicating that it is a big hit (S71). The jackpot flag is reset when the jackpot game ends. Then, as a table used to determine the jackpot type as one of a plurality of types, the first special symbol jackpot type determination table in FIG. 5B and the second special symbol jackpot type in FIG. 5C. One of the determination tables is selected (S72). Specifically, when the special symbol pointer indicates “first”, the CPU 56 selects the first special symbol jackpot type determination table shown in FIG.
また、CPU56は、特別図柄ポインタが「第2」を示している場合において、図5(C)の第2特別図柄大当り種別判定用テーブルを選択する。   When the special symbol pointer indicates “second”, the CPU 56 selects the second special symbol jackpot type determination table in FIG.
次いで、CPU56は、始動口スイッチ通過処理で抽出し第1保留記憶バッファや第2保留記憶バッファに予め格納した大当り種別判定用乱数を読出し、S72で選択した大当り種別判定テーブルを用いて、保留記憶バッファに格納された大当り種別判定用の乱数(ランダム1)の値と一致する値に対応した大当り種別および大当り図柄を決定する(S73)。   Next, the CPU 56 reads the big hit type determination random number extracted in the start switch passing processing and stored in advance in the first hold storage buffer or the second hold storage buffer, and uses the big hit type determination table selected in S72 to hold the The jackpot type and jackpot symbol corresponding to the value matching the random number (random 1) for jackpot type determination stored in the buffer is determined (S73).
図5(B),(C)に示すように、第1特別図柄および第2特別図柄については、大当り種別ごとに大当り図柄が異なるように大当り種別と大当り図柄との関係が設定されており、大当り種別と大当り図柄とが同時に決定されるので、大当り図柄と、大当り種別に応じた遊技制御との対応関係が単純化するため、遊技制御の複雑化を防ぐことができる。   As shown in FIGS. 5B and 5C, for the first special symbol and the second special symbol, the relationship between the big hit type and the big hit symbol is set so that the big hit type is different for each big hit type, Since the big hit type and the big hit symbol are determined at the same time, the correspondence between the big hit symbol and the game control corresponding to the big hit type is simplified, so that the game control can be prevented from becoming complicated.
また、CPU56は、決定した大当りの種別を示大当り種別データをRAM55における大当り種別バッファに設定する(S74)。例えば、大当り種別が「通常大当り」の場合には、大当り種別データとして「01」が設定される。大当り種別が「確変大当り」の場合には、大当り種別データとして「02」が設定される。   Further, the CPU 56 indicates the determined jackpot type and sets the jackpot type data in the jackpot type buffer in the RAM 55 (S74). For example, when the jackpot type is “normal jackpot”, “01” is set as the jackpot type data. When the big hit type is “probable big hit”, “02” is set as the big hit type data.
次いで、CPU56は、特別図柄の停止図柄を設定する(S75)。具体的には、大当りフラグがセットされていない場合には、はずれ図柄となる「−」を特別図柄の停止図柄として設定する。大当りフラグがセットされている場合には、大当り種別の決定結果に応じて、S73により決定された大当り図柄を特別図柄の停止図柄に設定する。すなわち、大当り種別が「通常大当り」に決定されたときには「3」を特別図柄の停止図柄に設定する。大当り種別が「確変大当り」に決定した場合には「7」を特別図柄の停止図柄に決定する。   Next, the CPU 56 sets a special symbol stop symbol (S75). Specifically, when the big hit flag is not set, “−”, which is a lost symbol, is set as a special symbol stop symbol. If the jackpot flag is set, the jackpot symbol determined in S73 is set as a special symbol stop symbol according to the determination result of the jackpot type. That is, when the jackpot type is determined to be “normal jackpot”, “3” is set as a special symbol stop symbol. When the big hit type is determined to be “probable big hit”, “7” is determined as a special symbol stop symbol.
そして、特別図柄プロセスフラグの値を変動パターン設定処理(S301)に対応した値に更新する(S76)。   Then, the value of the special symbol process flag is updated to a value corresponding to the variation pattern setting process (S301) (S76).
図18は、特別図柄プロセス処理における変動パターン設定処理(S301)を示すフローチャートである。   FIG. 18 is a flowchart showing the variation pattern setting process (S301) in the special symbol process.
変動パターン設定処理において、CPU56は、大当りフラグがセットされているか否か確認する(S91)。大当りフラグがセットされている場合は、大当りとすることが決定されているときであり、CPU56は、S74で記憶された大当り種別情報と、非時短状態と時短状態とのうちどの状態にあるかを示す時短情報とに応じて、変動パターン種別および変動パターンを決定するために使用するテーブルとして、前述した判定テーブルの選択条件に基づいて、図6および図7に示す、はずれ時第1判定テーブル、はずれ時第2判定テーブル、通常大当り時判定テーブル、および、確変大当り時判定テーブルのうちいずれかを選択する。   In the variation pattern setting process, the CPU 56 checks whether or not the big hit flag is set (S91). The big hit flag is set when it is determined that the big hit is made, and the CPU 56 is in the big hit type information stored in S74, the non-short-time state or the short-time state. 1 as the table used for determining the variation pattern type and the variation pattern in accordance with the time-shortening information indicating, based on the selection conditions of the determination table described above, shown in FIG. 6 and FIG. , One of the second determination table at the time of disconnection, the normal determination table at the big hit, and the probability variation big hit determination table is selected.
ここで、時短情報は、時短状態であるか否かを示す情報である。時短情報は、時短フラグがセットされているときには、時短状態であることを示し、時短フラグがセットされていないときには、非時短状態であることが示される。   Here, the time reduction information is information indicating whether or not the time reduction state is present. The time reduction information indicates that the time reduction state is set when the time reduction flag is set, and the non-time reduction state is indicated when the time reduction flag is not set.
S91で大当りフラグがセットされているときは、S74で記憶された大当り種別データに基づいて、大当りが確変大当りであるか否かを確認する(S92)。確変大当りであるときは、図7(b)の確変大当り時判定テーブルを選択し(S93)、S114に進む。一方、通常大当りであるときは、図7(a)の通常大当り時判定テーブルを選択し(S94)、S114に進む。   When the big hit flag is set in S91, it is confirmed based on the big hit type data stored in S74 whether the big hit is a probable big hit (S92). When it is a probable big hit, the probable big hit determination table of FIG. 7B is selected (S93), and the process proceeds to S114. On the other hand, when it is a normal big hit, the normal big hit determination table of FIG. 7A is selected (S94), and the process proceeds to S114.
また、S91で大当りフラグがセットされていないとき、すなわち、はずれのときは、時短フラグがセットされているか否かを確認する(S95)。時短フラグがセットされていないときは、図6(a)のはずれ時第1判定テーブルを選択し(S96)、S114に進む。一方、時短フラグがセットされているときは、図6(b)のはずれ時第2判定テーブルを選択し(S97)、S114に進む。   Further, when the big hit flag is not set in S91, that is, when it is off, it is confirmed whether or not the hourly flag is set (S95). When the time reduction flag is not set, the first determination table at the time of losing in FIG. 6A is selected (S96), and the process proceeds to S114. On the other hand, when the time reduction flag is set, the second determination table at the time of losing in FIG. 6B is selected (S97), and the process proceeds to S114.
これにより、遊技状態に応じて、変動パターン種別および変動パターンを決定するために使用するテーブルとして、前述したような判定テーブルの選択条件に基づいて、図6および図7に示されるはずれ時第1判定テーブル、はずれ時第2判定テーブル、通常大当り時判定テーブル、および、確変大当り時判定テーブルのうちいずれかが選択される。   Thereby, the table used for determining the variation pattern type and the variation pattern according to the gaming state is based on the selection conditions of the determination table as described above, and the first failure time shown in FIG. 6 and FIG. Any one of the determination table, the second determination table at the time of disconnection, the determination table at the time of normal big hit, and the determination table at the time of probability variation big hit is selected.
次いで、S114において、CPU56は、保留記憶バッファ(第1保留記憶バッファまたは第2保留記憶バッファ)からランダム2(変動パターン種別判定用乱数)を読出し、S92,S93,S96またはS97の処理で選択した判定テーブルにおける変動パターン種別判定テーブル部のデータを参照することによって、変動パターン種別を複数種類のうちのいずれかに決定する(S114)。   Next, in S114, the CPU 56 reads random 2 (random number for variation pattern type determination) from the hold storage buffer (first hold storage buffer or second hold storage buffer), and selects it in the process of S92, S93, S96 or S97. By referring to the data in the variation pattern type determination table section in the determination table, the variation pattern type is determined as one of a plurality of types (S114).
次いで、CPU56は、保留記憶バッファ(第1保留記憶バッファまたは第2保留記憶バッファ)からランダム3(変動パターン判定用乱数)を読出し、S92,S93,S96またはS97の処理で選択した判定テーブルにおいて、変動パターン判定テーブル部におけるS114で決定した変動パターン種別に関するデータを参照することによって、変動パターンを複数種類のうちのいずれかに決定する(S115)。   Next, the CPU 56 reads the random number 3 (random number for variation pattern determination) from the hold storage buffer (the first hold storage buffer or the second hold storage buffer), and in the determination table selected in the process of S92, S93, S96, or S97, By referring to the data related to the variation pattern type determined in S114 in the variation pattern determination table unit, the variation pattern is determined as one of a plurality of types (S115).
次いで、決定した変動パターンに対応する演出制御コマンド(変動パターンコマンド)を、演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行う(S116)。   Next, an effect control command (variation pattern command) corresponding to the determined variation pattern is transmitted to the effect control microcomputer 100 (S116).
また、特別図柄の変動を開始する(S117)。例えば、S32の特別図柄表示制御処理で参照される特別図柄に対応した開始フラグをセットすることにより、第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bにおいて、前述のように変動表示を開始させる。特別図柄ポインタに「第1」を示すデータが設定されている場合には第1特別図柄表示器8aでの第1特別図柄の変動表示を開始させ、特別図柄ポインタに「第2」を示すデータが設定されている場合には第2特別図柄表示器8bでの第2特別図柄の変動表示を開始させる。また、RAM55に形成されている変動時間タイマに、選択された変動パターンに対応した変動時間に応じた値を設定する(S118)。そして、特別図柄プロセスフラグの値を表示結果指定コマンド送信処理(S302)に対応した値に更新する(S119)。   Also, the special symbol change is started (S117). For example, by setting a start flag corresponding to the special symbol referred to in the special symbol display control process of S32, the first special symbol display unit 8a or the second special symbol display unit 8b performs the variable display as described above. Let it begin. When data indicating “first” is set in the special symbol pointer, the first special symbol display unit 8a starts the variable display of the first special symbol, and data indicating “second” in the special symbol pointer. Is set, the variable display of the second special symbol on the second special symbol display 8b is started. Further, a value corresponding to the variation time corresponding to the selected variation pattern is set in the variation time timer formed in the RAM 55 (S118). Then, the value of the special symbol process flag is updated to a value corresponding to the display result designation command transmission process (S302) (S119).
前述した表示結果指定コマンド送信処理(S302)においては、CPU56が、決定されている大当りの種類、または、はずれに応じて、表示結果を指定する表示結果1指定〜表示結果3指定コマンドのいずれかの演出制御コマンド(図13参照)を送信する制御を行う。   In the display result designation command transmission process (S302) described above, the CPU 56 selects any one of the display result 1 designation command and the display result 3 designation command for designating the display result in accordance with the determined type of jackpot or loss. Control for transmitting the effect control command (see FIG. 13).
また、前述した特別図柄変動中処理(S303)においては、CPU56は、変動時間タイマを1減算し、変動時間タイマがタイムアウトしたら、特別図柄プロセスフラグの値を特別図柄停止処理(S304)に対応した値に更新し、特別図柄停止処理に進む。   In the special symbol changing process (S303) described above, the CPU 56 decrements the variable time timer by 1, and when the variable time timer times out, the value of the special symbol process flag corresponds to the special symbol stop process (S304). Update to the value and proceed to the special symbol stop process.
変動表示の結果、大当りとなるときには、大入賞口開放前処理(S305)、大入賞口開放中処理(S306)、および、大当り終了処理(S307)が実行されることにより、大当り遊技状態に制御される。大当り終了処理(S307)において、確変大当りの終了時には、確変フラグおよび時短フラグがセットされ、通常大当りの終了時には、時短フラグがセットされる。これにより、確変大当りの終了後には、確変状態および時短状態に制御され、通常大当りの終了後には、時短状態に制御される。   As a result of the variable display, when the big win is achieved, the big winning opening opening pre-processing (S305), the big winning opening open processing (S306), and the big winning end processing (S307) are executed to control the big winning game state. Is done. In the big hit ending process (S307), the probability change flag and the time reduction flag are set when the probability change big hit ends, and the time reduction flag is set when the normal big hit ends. As a result, after the end of the probable big hit, the state is controlled to the probable change state and the short time state.
通常大当り後の時短状態は、変動表示が100回が実行されるまでと、次の大当りが発生するまでとのいずれかの条件が成立するまで継続させる必要がある。このような変動表示100回という継続期間は、大当り終了処理(S307)において、時短状態における特別図柄の変動可能回数を示す時短回数カウンタを100回にセットし、その後に変動表示が実行されるごとに特別図柄停止処理で減算更新することにより管理され、時短回数カウンタがカウントアップしたことに基づいて、時短フラグがリセットされることにより、時短状態を終了させる制御が行われる。   Usually, the time-saving state after the big hit must be continued until either of the following conditions is satisfied: until the fluctuation display is executed 100 times or until the next big hit occurs. In such a duration of 100 times of variable display, in the jackpot ending process (S307), a time-count counter that indicates the number of times the special symbol can be changed in the time-short state is set to 100 times, and thereafter the variable display is executed. The special time stop process is performed by subtracting and updating. Based on the fact that the time reduction counter has counted up, the time reduction flag is reset to control to end the time reduction state.
次に、演出制御用マイクロコンピュータ100の動作を説明する。図19は、演出制御基板80に搭載されている演出制御用マイクロコンピュータ100(具体的には、演出制御用CPU101)が実行する演出制御メイン処理を示すフローチャートである。なお、演出制御用マイクロコンピュータ100において演出制御用CPU101がROM102に格納されているプログラムに従って制御を実行する。以下、演出制御用マイクロコンピュータ100(または演出制御用CPU101)が実行する(または、処理を行う)ということは、具体的には、演出制御用CPU101がプログラムに従って制御を実行することである。   Next, the operation of the production control microcomputer 100 will be described. FIG. 19 is a flowchart showing the effect control main process executed by the effect control microcomputer 100 (specifically, the effect control CPU 101) mounted on the effect control board 80. In the effect control microcomputer 100, the effect control CPU 101 executes control according to a program stored in the ROM 102. Hereinafter, what the production control microcomputer 100 (or the production control CPU 101) executes (or performs processing) means that the production control CPU 101 executes control according to a program.
演出制御用CPU101は、電源が投入されると、演出制御メイン処理の実行を開始する。演出制御メイン処理では、まず、RAM領域のクリアや各種初期値の設定、また演出制御の起動間隔(例えば、2ms)を決めるためのタイマの初期設定等を行うための初期化処理を行う(S701)。その後、演出制御用CPU101は、タイマ割込フラグの監視(S702)を行うループ処理に移行する。タイマ割込が発生すると、演出制御用CPU101は、タイマ割込処理においてタイマ割込フラグをセットする。演出制御メイン処理において、タイマ割込フラグがセットされていたら、演出制御用CPU101は、そのフラグをクリアし(S703)、以下の演出制御処理を実行する。   The effect control CPU 101 starts executing the effect control main process when the power is turned on. In the effect control main process, first, an initialization process is performed for clearing the RAM area, setting various initial values, initial setting of a timer for determining an activation control activation interval (for example, 2 ms), and the like (S701). ). Thereafter, the effect control CPU 101 proceeds to a loop process for monitoring a timer interrupt flag (S702). When a timer interrupt occurs, the effect control CPU 101 sets a timer interrupt flag in the timer interrupt process. In the effect control main process, if the timer interrupt flag is set, the effect control CPU 101 clears the flag (S703) and executes the following effect control process.
演出制御処理において、演出制御用CPU101は、まず、受信した演出制御コマンドを解析し、受信した演出制御コマンドがどのようなことを指示するコマンドであるかを特定可能なフラグ等のデータをセットする処理等を行う(コマンド解析処理:S704)。次いで、演出制御用CPU101は、演出制御プロセス処理を行う(S705)。演出制御プロセス処理では、S704で解析した演出制御コマンドの内容にしたがって演出表示装置9での演出図柄の変動表示等の各種演出を行うために、制御状態に応じた各プロセスのうち、現在の制御状態(演出制御プロセスフラグ)に対応した処理を選択して演出制御を実行する。   In the effect control process, the effect control CPU 101 first analyzes the received effect control command, and sets data such as a flag that can specify what the received effect control command indicates. Processing is performed (command analysis processing: S704). Next, the effect control CPU 101 performs effect control process processing (S705). In the effect control process, in order to perform various effects such as a change display of the effect symbol on the effect display device 9 in accordance with the contents of the effect control command analyzed in S704, the current control among the processes according to the control state. A process corresponding to the state (effect control process flag) is selected and the effect control is executed.
次いで、演出制御用マイクロコンピュータ100が用いる乱数(演出図柄の左停止図柄決定用のSR1−1、演出図柄の中停止図柄決定用のSR1−2、演出図柄の右停止図柄決定用のSR1−3、操作演出判定用のSR3、および、操作時チャンス目決定用のSR4を含む各種乱数)を生成するためのカウンタのカウント値を更新する乱数更新処理を実行する(S706)。このような乱数SR1−1〜SR4のそれぞれは、ソフトウェアによりカウント値を更新するランダムカウンタのカウントにより生成されるものであり、それぞれについて予め定められた範囲内でそれぞれ巡回更新され、それぞれについて定められたタイミングで抽出されることにより乱数として用いられる。   Next, random numbers (SR1-1 for determining the left stop symbol of the effect symbol, SR1-2 for determining the middle stop symbol of the effect symbol, SR1-3 for determining the right stop symbol of the effect symbol used by the microcomputer 100 for effect control) Then, a random number update process for updating the count value of the counter for generating SR3 for operation effect determination and various random numbers including SR4 for determining the chance chance at the time of operation is executed (S706). Each of such random numbers SR1-1 to SR4 is generated by counting of a random counter that updates the count value by software, and is cyclically updated within a predetermined range for each, and determined for each. It is used as a random number by being extracted at the same timing.
また、第1保留記憶表示部18cおよび第2保留記憶表示部18dの表示状態の制御を行う保留記憶表示制御処理を実行する(S707)。具体的に、前述の第1保留記憶数記憶領域に記憶された第1保留記憶数のデータに対応して第1保留記憶表示部18cにおいて第1保留記憶数を表示する制御を行う。また、前述の第2保留記憶数記憶領域に記憶された第2保留記憶数のデータに対応して第2保留記憶表示部18dにおいて第2保留記憶数を表示する制御を行う。その後、S702に移行する。   Further, a hold memory display control process for controlling the display states of the first hold memory display unit 18c and the second hold memory display unit 18d is executed (S707). Specifically, control is performed to display the first reserved memory number on the first reserved memory display unit 18c corresponding to the data of the first reserved memory number stored in the first reserved memory number storage area. Further, control is performed to display the second reserved memory number on the second reserved memory display unit 18d corresponding to the data of the second reserved memory number stored in the second reserved memory number storage area. Thereafter, the process proceeds to S702.
このような演出制御メイン処理が実行されることにより、演出制御用マイクロコンピュータ100では、遊技制御用マイクロコンピュータ560から送信され、受信した演出制御コマンドに応じて、演出表示装置9、各種ランプ、および、スピーカ27L,27R等の演出装置を制御することにより、遊技状態に応じた各種の演出制御が行われる。   By performing such effect control main processing, the effect control microcomputer 100 transmits the effect display device 9, various lamps, and the like according to the effect control command transmitted from the game control microcomputer 560 and received. By controlling the production devices such as the speakers 27L and 27R, various production controls according to the gaming state are performed.
図20は、図19に示された演出制御メイン処理における演出制御プロセス処理(S705)を示すフローチャートである。演出制御プロセス処理では、演出制御用CPU101は、演出制御プロセスフラグの値に応じてS800〜S807のうちのいずれかの処理を行う。各処理において、以下のような処理を実行する。なお、演出制御プロセス処理では、演出表示装置9の表示状態が制御され、演出図柄の変動表示が実現されるが、第1特別図柄の変動に同期した演出図柄の変動表示に関する制御も、第2特別図柄の変動に同期した演出図柄の変動表示に関する制御も、一つの演出制御プロセス処理において実行される。   FIG. 20 is a flowchart showing the effect control process (S705) in the effect control main process shown in FIG. In the effect control process, the effect control CPU 101 performs any one of S800 to S807 according to the value of the effect control process flag. In each process, the following process is executed. In the effect control process, the display state of the effect display device 9 is controlled, and the effect symbol variation display is realized, but the control related to the effect symbol variation display synchronized with the variation of the first special symbol is also the second. Control related to the change display of the effect symbol synchronized with the change of the special symbol is also executed in one effect control process.
変動パターンコマンド受信待ち処理(S800)は、遊技制御用マイクロコンピュータ560から変動パターンコマンドを受信しているか否か確認する処理等を行う処理である。変動パターンコマンドを受信していれば、演出図柄変動開始処理に移行する。   The variation pattern command reception waiting process (S800) is a process of performing a process of confirming whether or not a variation pattern command is received from the game control microcomputer 560. If the variation pattern command has been received, the process proceeds to the effect symbol variation start process.
演出図柄変動開始処理(S801)は、演出図柄(飾り図柄)の変動表示が開始されるように制御するための処理である。演出図柄変動中処理(S802)は、変動パターンを構成する各変動状態(変動速度)の切替えタイミングを制御する処理等を行う処理である。演出図柄変動停止処理(S803)は、演出図柄(飾り図柄)の変動表示を停止し、変動表示の表示結果(最終停止図柄)を導出表示する制御を行う処理である。   The effect symbol variation start process (S801) is a process for controlling the variation display of the effect symbol (decoration symbol) to be started. The effect symbol variation process (S802) is a process for performing processing for controlling the switching timing of each variation state (variation speed) constituting the variation pattern. The effect symbol fluctuation stop process (S803) is a process for performing control to stop the fluctuation display of the effect symbol (decoration symbol) and derive and display the display result of the fluctuation display (final stop symbol).
大当り表示処理(S804)は、変動時間の終了後、演出表示装置9に大当りの発生を報知するためのファンファーレ演出を表示する制御等の表示制御を行う処理である。ラウンド中処理(S805)は、ラウンド中の表示制御を行う処理である。ラウンド終了条件が成立したときに、最終ラウンドが終了していなければ、ラウンド後処理に移行し、最終ラウンドが終了していれば、大当り終了処理に移行する。ラウンド後処理(S806)は、ラウンド間の表示制御を処理である。ラウンド開始条件が成立したら、ラウンド中処理に移行する。大当り終了演出処理(S807)は、演出表示装置9において、大当り遊技状態が終了したことを遊技者に報知する表示制御を行う処理である。   The jackpot display process (S804) is a process of performing display control such as control for displaying a fanfare effect for notifying the effect display device 9 of the occurrence of the jackpot after the end of the variation time. The in-round processing (S805) is processing for performing display control during the round. When the round end condition is satisfied, if the final round has not ended, the process proceeds to post-round processing, and if the final round has ended, the process proceeds to jackpot end processing. The post-round processing (S806) is processing for display control between rounds. If the round start condition is satisfied, the process proceeds to in-round processing. The jackpot end effect process (S807) is a process of performing display control for notifying the player that the jackpot gaming state has ended in the effect display device 9.
演出制御用CPU101は、変動表示の開始時から変動表示の停止時まで、および、大当り遊技状態の開始時から大当り遊技状態の終了時までの予め定められた演出制御期間中において、ROM102に格納された演出制御パターンに設定されているプロセスデータにしたがって演出表示装置9等の演出装置(演出用部品)の制御を行う。   The effect control CPU 101 is stored in the ROM 102 during a predetermined effect control period from the start of the variable display to the stop of the variable display and from the start of the big hit gaming state to the end of the big hit gaming state. In accordance with the process data set in the production control pattern, the production device (production component) such as the production display device 9 is controlled.
図21は、演出制御プロセス処理における演出図柄変動開始処理(S801)を示すフローチャートである。演出図柄変動開始処理において、演出制御用CPU101は、次のような処理を行う。   FIG. 21 is a flowchart showing the effect symbol variation start process (S801) in the effect control process. In the effect symbol variation start process, the effect control CPU 101 performs the following process.
演出図柄変動開始処理においては、変動表示結果をはずれとすることに決定されているか否か確認する(S500)。はずれとすることに決定されているか否かは、例えば、表示結果特定コマンド格納領域に表示結果1指定コマンドが格納されているか否かによって判定される。はずれとすることに決定されている場合には、変動パターンコマンドとして、非リーチ変動パターンに対応したコマンドを受信したか否か確認する(S501)。非リーチ変動パターンに対応したコマンドを受信したか否かは、例えば、変動パターンコマンド格納領域に格納されているデータによって判定される。   In the effect symbol variation start process, it is confirmed whether or not the variation display result is determined to be off (S500). Whether it is determined to be out of place is determined by, for example, whether or not a display result 1 designation command is stored in the display result specifying command storage area. If it is determined to be off, it is confirmed whether a command corresponding to the non-reach fluctuation pattern is received as the fluctuation pattern command (S501). Whether or not a command corresponding to the non-reach variation pattern has been received is determined by, for example, data stored in the variation pattern command storage area.
非リーチ変動パターンに対応したコマンドを受信したと判定した場合、当該コマンドが擬似連ガセXまたは擬似連ガセYを含む擬似連ガセの変動パターンを指定するコマンドであるか否か確認する(S503)。S503で擬似連ガセの変動パターンを指定するコマンドではないとき(通常はずれのとき)は、ROM102に格納されたはずれ図柄決定用データテーブルを用いて、リーチにならないはずれの表示結果を演出図柄の最終停止として決定し(S505)、S507へ進む。はずれ図柄決定用データテーブルでは、複数種類の演出図柄のそれぞれに、SR1−1〜SR1−3のそれぞれの数値データが対応付けられている。   If it is determined that a command corresponding to the non-reach fluctuation pattern has been received, it is confirmed whether or not the command is a command for specifying a fluctuation pattern of the pseudo continuous gasses including the pseudo continuous gasses X or the pseudo continuous gasses Y (S503). . If it is not a command for designating the fluctuation pattern of the pseudo-continuous pattern in S503 (usually a deviation), the display result of the deviation that does not become a reach is displayed as the final result of the production symbol using the loss symbol determination data table stored in the ROM 102. The stop is determined (S505), and the process proceeds to S507. In the loss symbol determination data table, the numerical data of SR1-1 to SR1-3 are associated with each of a plurality of types of effect symbols.
S505の処理では、所定のタイミングでSR1−1〜SR1−3のそれぞれから数値データ(乱数)を抽出し、はずれ図柄決定用データテーブルを用い、抽出した数値データに対応する図柄がそれぞれ左,中,右の演出図柄の変動表示結果となる停止図柄の組合せとして決定される。このように非リーチはずれの図柄の組合せを決定する場合において、抽出された乱数に対応する停止図柄が偶然大当り図柄の組合せと一致する場合には、はずれ図柄の組合せとなるように補正(例えば、右図柄を1図柄ずらす補正)して各停止図柄が決定される。また、抽出された乱数に対応する停止図柄が偶然リーチ図柄となってしまう場合には、非リーチはずれ図柄の組合せとなるように補正(例えば、右図柄を1図柄ずらす補正)して各停止図柄が決定される。   In the process of S505, numerical data (random numbers) is extracted from each of SR1-1 to SR1-3 at a predetermined timing, and the symbols corresponding to the extracted numerical data are respectively left and center using the outlier design determination data table. , It is determined as a combination of stop symbols resulting in a variation display result of the right effect symbol. When determining a combination of non-reach off symbols in this way, if the stop symbol corresponding to the extracted random number coincides with a combination of accidental jackpot symbols, correction is made so as to be a combination of off symbols (for example, Each stop symbol is determined by correcting the right symbol by one symbol). In addition, when the stop symbol corresponding to the extracted random number is accidentally reached, it is corrected so as to be a combination of non-reach symbols (for example, correction for shifting the right symbol by one symbol) and each stop symbol. Is determined.
S503で擬似連ガセの変動パターンを指定するコマンドであるときは、ROM102に格納された擬似連ガセ図柄決定用データテーブルを用いて、擬似連ガセとなった後のはずれの表示結果を演出図柄の最終停止図柄として決定し(S504)、S507へ進む。本実施の形態では、擬似連チャンス目が、例えば、「1,NEXT,2」、「3,NEXT,4」、「6,NEXT,7」のように複数種類設けられている。これに対し、擬似連ガセとなる図柄の組合せ(擬似連チャンス目となることを示唆するような図柄の組合せ)は、左図柄が「1」で右図柄が「0」または「3」、左図柄が「3」で右図柄が「2」または「4」、左図柄が「6」で右図柄が「5」または「8」というように複数種類設けられている。擬似連ガセ図柄決定用データテーブルでは、このような擬似連ガセとなる複数種類の左図柄および右図柄の組合せが、所定の乱数値(例えば、SR1−1)に基づいてランダムに選択可能なように、図柄の組合せと乱数値との関係が設定されている。   If it is a command for designating the fluctuation pattern of the pseudo-continuous pattern in S503, the display result of the deviation after becoming the pseudo-continuous pattern is displayed using the pseudo-continuous pattern determination data table stored in the ROM 102. The final stop symbol is determined (S504), and the process proceeds to S507. In the present embodiment, a plurality of pseudo consecutive chances are provided such as “1, NEXT, 2”, “3, NEXT, 4”, “6, NEXT, 7”. On the other hand, the symbol combination (a symbol combination that suggests that it is a pseudo-continuous chance) is the left symbol is “1”, the right symbol is “0” or “3”, the left There are a plurality of types such as “3” for the symbol, “2” or “4” for the right symbol, “6” for the left symbol, “5” or “8” for the right symbol. In the data table for determining the quasi-continuous gaze design, a combination of a plurality of types of left symbols and right symbols that become such a quasi-continuous gasse can be selected at random based on a predetermined random value (for example, SR1-1). In addition, a relationship between a combination of symbols and a random value is set.
S504の処理では、所定のタイミングでSR1−1およびSR1−2から数値データ(乱数)を抽出し、抽出したSR1−1の数値データに対応する擬似連ガセとなる左図柄および右図柄の組合せが擬似連ガセ図柄決定用データテーブルを用いて擬似連ガセの最終停止図柄として決定され、さらに、抽出したSR1−2の数値データに対応する左図柄が前述のはずれ図柄決定用データテーブルを用いて擬似連ガセ後の最終停止図柄として決定される。   In the processing of S504, numerical data (random numbers) is extracted from SR1-1 and SR1-2 at a predetermined timing, and a combination of the left symbol and the right symbol that becomes a pseudo-gap corresponding to the extracted numerical data of SR1-1 is obtained. It is determined as the final stop symbol of the pseudo continuous gasset using the pseudo continuous gasse symbol determination data table, and the left symbol corresponding to the extracted numerical data of SR1-2 is simulated using the above-mentioned outlier symbol determination data table. It will be determined as the final stop symbol after the continuous fraying.
S501の処理で非リーチ変動パターンではないと判定した場合(リーチ変動パターンであると判定した場合)は、リーチ図柄の組合せを構成する演出図柄の停止図柄を決定し(S506)、S507へ進む。S506の処理では、所定のタイミングでSR1−1〜SR1−3のそれぞれから数値データ(乱数)を抽出し、はずれ図柄決定用データテーブルを用い、SR1−1から抽出された乱数に対応する図柄がリーチ状態を形成する左,右の各演出図柄の停止図柄として決定され、SR1−2から抽出されたカウンタの値と合致する乱数に対応する図柄が中図柄の停止図柄として決定される。また、この場合も、偶然大当り図柄の組合せとなってしまうときには、はずれ図柄の組合せとなるように補正(例えば、中図柄を1図柄ずらす補正)して各停止図柄が決定される。   When it is determined in the process of S501 that the pattern is not a non-reach variation pattern (when it is determined that the pattern is a reach variation pattern), a stop symbol of the effect symbols constituting the combination of reach symbols is determined (S506), and the process proceeds to S507. In the process of S506, numerical data (random numbers) is extracted from each of SR1-1 to SR1-3 at a predetermined timing, and the symbol corresponding to the random number extracted from SR1-1 is extracted using the loss symbol determination data table. A symbol corresponding to a random number that matches the counter value extracted from SR1-2 is determined as a stop symbol of the middle symbol, which is determined as a stop symbol of each of the left and right effect symbols forming the reach state. In this case as well, when a big hit symbol combination is accidentally made, each stop symbol is determined by correcting it so that it becomes a combination of the off symbol (for example, correction for shifting the middle symbol by one symbol).
また、S500の処理ではずれとすることに決定されていない場合(大当りとすることが決定された場合)に(S501)、演出制御用CPU101は、大当りの種別に応じて、大当り図柄の組合せを構成する演出図柄の停止図柄を決定し(S502)、S507へ進む。   Also, when it is not determined to be a shift in the processing of S500 (when it is determined to be a big hit) (S501), the production control CPU 101 selects a combination of the big hit symbols according to the type of the big hit. The stop symbol of the effect symbol to be configured is determined (S502), and the process proceeds to S507.
S502では、次のように大当りの種別に応じて当り図柄の組合せを決定する。表示結果2指定コマンドと表示結果3指定コマンドとのうちのどの表示結果指定コマンドが表示結果特定コマンド格納領域に格納されているかに基づいて、確変大当りと、通常大当りとのうちから、大当りの種別を判定し、確変大当りにすることに決定されていると判定したときには、所定のタイミングでSR1−1から数値データ(乱数)を抽出し、SR1−1と確変大当り図柄の組合せ(例えば、左,中,右が「7,7,7」等の奇数のゾロ目の組合せ)との関係が設定されたデータテーブル(確変大当り図柄決定用テーブル)を用いて、抽出値からいずれかの確変大当り図柄の組合せを選択決定する。また、通常大当りにすることに決定されていると判定したときには、所定のタイミングでSR1−1から数値データ(乱数)を抽出し、SR1−1と通常大当り図柄の組合せ(例えば、左,中,右が「4,4,4」等の偶数のゾロ目の組合せ)との関係が設定されたデータテーブル(通常大当り図柄決定用テーブル)を用いて、抽出値からいずれかの通常大当り図柄の組合せを選択決定する。このように決定された図柄が大当り遊技状態に制御される前の変動表示結果である最終停止図柄として用いられる。   In S502, a winning symbol combination is determined according to the type of jackpot as follows. Based on which display result designation command of the display result 2 designation command and the display result 3 designation command is stored in the display result specifying command storage area, the type of jackpot between the probability big hit and the normal big hit Is determined, and it is determined that the probability variation big hit is decided, the numerical data (random number) is extracted from SR1-1 at a predetermined timing, and the combination of SR1-1 and the probability variation big hit symbol (for example, left, Use the data table (probability variable big hit symbol determination table) in which the relationship between the middle and right is an odd combination of odd numbers such as “7, 7, 7”, etc. The combination of is selected and determined. Also, when it is determined that it is determined to be a normal jackpot, numerical data (random numbers) is extracted from SR1-1 at a predetermined timing, and a combination of SR1-1 and a normal jackpot symbol (for example, left, middle, Using the data table (ordinary jackpot symbol determination table) in which the relationship with the right is a combination of even numbers such as “4,4,4” etc.), the combination of one of the normal jackpot symbols from the extracted value Select and decide. The symbol determined in this way is used as a final stop symbol which is a variation display result before being controlled to the big hit gaming state.
次に、変動表示において擬似連が実行されるか否かを報知するための演出などを含む各種演出を設定するための処理(例えば、操作演出の実行の有無を決定するなどの処理)を行う擬似連報知演出設定処理(S507)を実行した後、S507Aに進む。擬似連報知演出設定処理の処理内容については、図23を用いて後述する。   Next, a process for setting various effects including an effect for notifying whether or not the pseudo-ream is executed in the variable display (for example, a process for determining whether or not to execute the operation effect) is performed. After the pseudo continuous notification effect setting process (S507) is executed, the process proceeds to S507A. The processing content of the pseudo continuous notification effect setting processing will be described later with reference to FIG.
S507Aでは、開始条件が成立した変動表示における表示結果に基づいて大当りとなる可能性を予告するための予告演出を決定する。続いて、演出図柄の変動表示中にモチーフ態様を出現させるための設定を行うモチーフ態様設定処理(S507B)を実行する。モチーフ態様とは、大当りと決定されたことを予告するための予告表示の一部に、各予告演出で共通に出現させる表示態様である。具体的には、モチーフ態様は、予告表示の一部に出現する所定の模様や色彩である。なお、モチーフ態様として、予告表示の一部に出現する所定の模様や色彩に加えて、形状も通常の表示態様と異ならせる(例えば、複数予告演出に登場する各キャラクタに、共通のアクセサリをつけた状態で登場させたり、共通のヘルメットや帽子をかぶらせた状態で登場させたりする演出を実行する)ようにしてもよい。また、例えば、各予告演出において、モチーフ態様として、共通の文字(例えば、大当りなどの文字)を登場させる演出を実行するなど、モチーフ態様は、予め定められた任意の表示態様であればよい。この実施の形態では、モチーフ態様としてサクラの花柄模様が各演出で共通の態様として表示される。こうしたサクラの花柄模様の態様を、花柄モチーフ態様ともいう。   In S507A, a notice effect for notifying the possibility of a big hit is determined based on the display result in the variable display where the start condition is satisfied. Subsequently, a motif mode setting process (S507B) for performing settings for causing the motif mode to appear during the variation display of the effect symbols is executed. The motif mode is a display mode that appears in common in each notification effect in a part of the notification display for notifying that it has been determined that the game is a big hit. Specifically, the motif mode is a predetermined pattern or color that appears in a part of the notice display. In addition to the predetermined pattern and color appearing in a part of the notice display as the motif form, the shape is also different from the normal display form (for example, a common accessory is attached to each character appearing in multiple notice effects. It is also possible to execute an effect in which the robot is made to appear in a state in which it is put on, or is made to appear in a state in which a common helmet or hat is worn. In addition, for example, the motif mode may be any predetermined display mode, such as performing an effect of causing common characters (for example, characters such as jackpots) to appear as the motif mode in each notice effect. In this embodiment, a cherry blossom pattern is displayed as a motif mode as a common mode for each effect. Such a pattern of the cherry blossom pattern is also referred to as a floral motif pattern.
次に、演出制御パターンを複数種類の演出制御パターンのうちのいずれかに決定する(S508)。S508においては、変動パターン指定コマンドによって指定された変動パターン、および、S507の処理で決定した各種演出やS507Aの処理で決定した予告演出さらにはS507Bの処理で決定したモチーフ態様の演出制御パターン等により指定された各種演出制御(演出動作)パターンに応じて、演出制御パターンテーブルに格納されている複数種類の演出制御パターンのうち、指定された各種演出動作パターンに対応するいずれかの演出制御パターンを使用パターンとして選択決定する。   Next, the effect control pattern is determined as one of a plurality of types of effect control patterns (S508). In S508, the variation pattern specified by the variation pattern designation command, the various effects determined in the process of S507, the notice effect determined in the process of S507A, the effect control pattern of the motif aspect determined in the process of S507B, and the like. According to the designated various production control patterns (production operations), one of the production control patterns corresponding to the designated various production operation patterns is selected from the plurality of types of production control patterns stored in the production control pattern table. Select and determine the usage pattern.
ROM102に記憶されている演出制御パターンテーブルには、例えば、演出図柄の変動が開始されてから最終停止図柄となる確定演出図柄が停止表示されるまでの期間における、演出表示装置9の表示領域における演出図柄の変動表示動作、リーチ演出における演出表示動作、擬似連の演出による演出表示動作、および、予告演出における演出表示動作における演出表示動作といった各種の演出動作の制御内容を示すデータが、演出制御パターンとして複数種類格納されている。   In the effect control pattern table stored in the ROM 102, for example, in the display area of the effect display device 9 in the period from when the change of the effect symbol is started until the final effect symbol that is the final stop symbol is stopped and displayed. The data indicating the control contents of various effect operations such as the effect display variable display operation, the effect display operation in the reach effect, the effect display operation by the pseudo-continuous effect, and the effect display operation in the effect display operation in the notice effect Multiple types are stored as patterns.
また、各演出制御パターンは、例えば、演出制御プロセスタイマ判定値、表示制御データ、音声制御データ、ランプ制御データ、操作検出制御データ、および、終了コードといった、演出図柄の変動表示に応じた各種の演出動作を制御するための制御データを含み、時系列的に、各種の演出制御の内容、および、演出制御の切替えタイミング等が設定されている。   In addition, each effect control pattern includes, for example, various effects corresponding to the effect display variation display such as effect control process timer determination value, display control data, sound control data, lamp control data, operation detection control data, and end code. The control data for controlling the rendering operation is included, and the contents of various rendering controls, the switching timing of the rendering control, and the like are set in time series.
次いで、例えば変動パターン指定コマンドにより指定された変動パターンに対応して、RAM103の所定領域(演出制御タイマ設定部など)に設けられた演出制御プロセスタイマの初期値を設定する(S509)。そして、演出制御パターンに含まれるプロセスデータの内容(表示制御データ、音声制御データ、ランプ制御データ、操作検出制御データなど)にしたがって演出装置(演出用部品としての演出表示装置9、演出用部品としての各種ランプ、および、演出用部品としてのスピーカ27)の制御を開始する(S511)。例えば、表示制御データにしたがって、演出表示装置9において変動パターンに応じた画像(演出図柄を含む。)を表示させるために、VDP109に指令を出力する。また、各種LED等の発光体を点灯/消灯制御を行わせるために、ランプドライバ基板35に対して制御信号(ランプ制御実行データ)を出力する。また、スピーカ27からの音声出力を行わせるために、音声出力基板70に対して制御信号(音番号データ)を出力する。   Next, for example, an initial value of an effect control process timer provided in a predetermined area (such as an effect control timer setting unit) of the RAM 103 is set corresponding to the change pattern specified by the change pattern specifying command (S509). Then, according to the contents of the process data included in the effect control pattern (display control data, voice control data, lamp control data, operation detection control data, etc.), the effect device (the effect display device 9 as an effect component, as the effect component) The control of the various lamps and the speaker 27 as a production component is started (S511). For example, in accordance with the display control data, a command is output to the VDP 109 in order to display an image (including effect symbols) corresponding to the variation pattern on the effect display device 9. In addition, a control signal (lamp control execution data) is output to the lamp driver board 35 in order to perform lighting / extinguishing control of light emitters such as various LEDs. In addition, a control signal (sound number data) is output to the sound output board 70 in order to output sound from the speaker 27.
そして、変動時間タイマに、変動パターンコマンドで特定される変動時間に相当する値を設定し(S512)、演出制御プロセスフラグの値を演出図柄変動中処理(S802)に対応した値にし、演出図柄変動開始処理を実行する(S513)。そして、演出図柄変動開始処理が終了する。   Then, a value corresponding to the variation time specified by the variation pattern command is set in the variation time timer (S512), and the value of the effect control process flag is set to a value corresponding to the effect symbol changing process (S802). A variation start process is executed (S513). Then, the effect symbol variation start process ends.
図22は、擬似連報知演出設定処理(S507)において操作演出を実行するか否かを決定するときに用いられる操作演出判定テーブルを表形式で示す図である。   FIG. 22 is a diagram showing, in a tabular form, an operation effect determination table used when determining whether or not to execute an operation effect in the pseudo continuous notification effect setting process (S507).
擬似連ガセXの変動パターンに基づく変動表示が実行されるときには、図22(a)の第1操作演出判定テーブルを用いて操作演出の実行の有無が決定される。擬似連ガセYの変動パターンに基づく変動表示が実行されるときには、図22(b)の第2操作演出判定テーブルを用いて操作演出の実行の有無が決定される。スーパーリーチA1,B1,C1,D1の変動パターンに基づく変動表示が実行されるときには、図22(c)の第3操作演出判定テーブルを用いて操作演出の実行の有無が決定される。スーパーリーチA2,B2,C2,D2の変動パターンに基づく変動表示が実行されるときには、図22(d)の第4操作演出判定テーブルを用いて操作演出の実行の有無が決定される。   When the variation display based on the variation pattern of the pseudo reaming X is executed, whether or not the operation effect is performed is determined using the first operation effect determination table of FIG. When the variation display based on the variation pattern of the pseudo continuous gas Y is executed, whether or not the operation effect is executed is determined using the second operation effect determination table of FIG. When the variation display based on the variation pattern of the super reach A1, B1, C1, D1 is executed, whether or not the operation effect is executed is determined using the third operation effect determination table of FIG. When the variation display based on the variation pattern of the super reach A2, B2, C2, D2 is executed, the presence / absence of execution of the operation effect is determined using the fourth operation effect determination table of FIG.
第1〜第4操作演出判定テーブルのそれぞれでは、操作演出有と、操作演出無とのそれぞれに、操作演出判定用のSR3(1〜100の数値範囲)の値が割振られている。SR3については、説明を明確化するために、割振られた個数が各テーブルに示されている。   In each of the first to fourth operation effect determination tables, the value of SR3 (value range of 1 to 100) for operation effect determination is assigned to each of the operation effect present and the operation effect absent. For SR3, the allocated number is shown in each table in order to clarify the explanation.
第1〜第4操作演出判定テーブルでは、短時間の特定演出(煽り演出)を実行するスーパーリーチA1,B1,C1,D1の方が、長時間の特定演出(煽り演出)を実行するスーパーリーチA2,B2,C2,D2よりも、操作演出有が選択される割合が高くなるようにデータが設定されている。また、短時間の特定演出(煽り演出)を実行する擬似連ガセXの方が、長時間の特定演出(煽り演出)を実行する擬似連ガセYよりも、操作演出有が選択される割合が高くなるようにデータが設定されている。   In the first to fourth operation effect determination tables, the super reach A1, B1, C1, D1 that executes a short-time specific effect (buzzing effect) performs a long-time specific effect (buzzing effect). The data is set so that the ratio of selecting the operation effect is higher than A2, B2, C2, and D2. In addition, the ratio of the pseudo effect Gase X that executes a short-time specific effect (swing effect) is selected to be more effective than the pseudo ream Gase Y that executes a long time specific effect (sound effect). Data is set to be higher.
なお、本実施の形態では、擬似連ガセの変動パターンを設けて擬似連ガセの変動パターンのときにも操作演出を実行するか否かを決定する例を示したが、これに限らず、擬似連ガセの変動パターンを設けたときであっても、擬似連ガセの変動パターンについては、操作演出を実行しないようにしてもよい。また、短時間の特定演出(煽り演出)を実行するスーパーリーチA1,B1,C1,D1については、一定割合で操作演出無が選択される例を示したが、操作演出有のみが選択されるようにしてもよい。   In the present embodiment, an example in which a pseudo-continuous change pattern is provided to determine whether or not an operation effect is executed even in the case of a pseudo-continuous change pattern has been described. Even when a continuous pattern change pattern is provided, the operation effect may not be executed for the pseudo continuous pattern change pattern. In addition, for the super reach A1, B1, C1, and D1 for executing a specific effect for a short time (buzzing effect), an example in which no operation effect is selected is shown at a certain rate, but only the operation effect is selected. You may do it.
第1〜第4操作演出判定テーブルでは、短時間の特定演出(煽り演出)を実行する変動パターンの方が、長時間の特定演出(煽り演出)を実行する変動パターンよりも、操作演出有が選択される割合が高くなるようにデータが設定されているので、操作演出を実行する決定がされるときには、操作演出を実行しない決定がされるときと比べて、特定演出(煽り演出)が短時間で実行される割合が高くなる。これにより、操作演出が実行されるときには、例えば、操作演出での操作有効期間における初期のタイミングで操作がされたときでも、特定演出の実行期間が短時間となる割合が高いことにより、操作後における擬似連の再変動開始等の次の演出態様開始時までの待ち時間が短時間となる割合が高いので、操作後における次の演出態様開始時までの待ち時間に起因して生じる遊技者の演出に対する不満を軽減することができる。   In the first to fourth operation effect determination tables, the variation pattern that executes the short-time specific effect (swing effect) has the operation effect present than the variation pattern that executes the long-time specific effect (sound effect). Since the data is set so that the ratio to be selected is high, when the decision to execute the operation effect is made, the specific effect (buzzing effect) is shorter than when the decision to not execute the operation effect is made. The rate of execution in time increases. Thereby, when the operation effect is executed, for example, even when the operation is performed at the initial timing in the operation effective period in the operation effect, the ratio that the execution period of the specific effect is short is high. Since there is a high proportion of the waiting time until the start of the next production mode, such as the start of re-variation of the pseudo-series, the player's waiting time until the start of the next production mode after the operation is increased. Dissatisfaction with the production can be reduced.
また、擬似連が実行されるときに使用される図22(c)、図22(d)の操作演出判定テーブルでは、擬似連が実行されないときに使用される図22(a)、図22(b)の操作演出判定テーブルと比べて、操作演出有を選択する割合が高く設定されていることを示したように、操作演出を実行することが決定されるときは、当該決定がされないときと比べて、擬似連チャンス目を導出表示する割合、擬似連の変動パターンとなる割合が高いので、特定演出として操作演出が実行されることに対する遊技者の期待感を向上させ、遊技の興趣を向上させることができる。   In addition, in the operation effect determination tables of FIGS. 22C and 22D used when the pseudo-ream is executed, FIGS. 22A and 22B used when the pseudo-ream is not executed. When it is determined that the operation effect is to be executed, as indicated by the fact that the ratio of selecting the operation effect is set higher than the operation effect determination table in b), the determination is not made. Compared to this, the ratio of derivation and display of quasi-continuous chances and the ratio of quasi-continuous fluctuation patterns is high, improving the player's expectation that the operation effect will be executed as a specific effect, and improving the fun of the game Can be made.
図22(c)、図22(d)の操作演出判定テーブルでは、変動表示における表示結果(変動表示結果)が「はずれ」であるか「大当り」であるかに応じて、操作演出有が選択される割合を異ならせるようにデータが設定されている。より具体的には、変動表示結果が「大当り」の方が、変動表示結果が「はずれ」よりも、操作演出有が選択される割合が高くなるようにデータが設定されている。したがって、特定演出として操作演出が実行されることにより、大当りとなることに対する遊技者の期待感を高めて、遊技の興趣を向上させることができる。   In the operation effect determination tables of FIGS. 22C and 22D, the presence of the operation effect is selected according to whether the display result (change display result) in the variable display is “out of” or “big hit”. The data is set so that the ratio of being changed is different. More specifically, the data is set so that the rate of selection of the operation effect is higher when the variation display result is “big hit” than when the variation display result is “out of line”. Therefore, by executing the operation effect as the specific effect, it is possible to enhance the player's expectation for a big hit and to improve the interest of the game.
大当りとなるときには、はずれとなるときと比べて、擬似連となったときの再変動回数が多くなる割合が高くなる。また、大当りとなるときには、はずれとなるときに比べて、操作演出有が選択される割合が高くなる。したがって、特定演出として操作演出が実行されることにより、擬似連の再変動回数が多くなることに対する遊技者の期待感を高めて、遊技の興趣を向上させることができる。   When it is a big hit, the rate of increase in the number of re-variations when it becomes a quasi-continuous is higher than when it is lost. In addition, when a big hit is made, the ratio of selecting the operation effect is higher than when the game is lost. Therefore, by executing the operation effect as the specific effect, it is possible to increase the player's expectation that the number of times of re-variation of the pseudo-series will increase, and to improve the interest of the game.
図23は、前述の擬似連報知演出設定処理(S507)を示すフローチャートである。擬似連報知演出設定処理では、まず、演出制御コマンドにより指定された変動パターンが擬似連ガセXであるか否かを確認する(S680)。擬似連ガセXであるときは、操作演出判定用のSR3の値を抽出し、その抽出値に基づき、図22(a)の第1操作演出判定テーブルを用いて操作演出の有無を決定し(S681)、S688に進む。一方、擬似連ガセXでないときは、S682に進む。   FIG. 23 is a flowchart showing the above-described pseudo continuous notification effect setting process (S507). In the pseudo continuous notification effect setting process, first, it is confirmed whether or not the variation pattern specified by the effect control command is the pseudo continuous gasset X (S680). If it is the pseudo-continuous gas X, the value of SR3 for determining the operation effect is extracted, and based on the extracted value, the presence / absence of the operation effect is determined using the first operation effect determination table of FIG. The process proceeds to S681) and S688. On the other hand, if it is not the pseudo reaming X, the process proceeds to S682.
S682では、演出制御コマンドにより指定された変動パターンが擬似連ガセYであるか否かを確認する(S682)。擬似連ガセYであるときは、操作演出判定用のSR3の値を抽出し、その抽出値に基づき、図22(b)の第2操作演出判定テーブルを用いて操作演出の有無を決定し(S683)、S688に進む。一方、擬似連ガセYでないときは、S684に進む。   In S682, it is confirmed whether or not the variation pattern designated by the effect control command is pseudo-continuous Y (S682). If it is pseudo-continuous Y, the value of SR3 for determining the operation effect is extracted, and based on the extracted value, the presence / absence of the operation effect is determined using the second operation effect determination table of FIG. The process proceeds to S683) and S688. On the other hand, if it is not the pseudo-continuous Y, the process proceeds to S684.
S684では、演出制御コマンドにより指定された変動パターンがスーパーリーチA1,B1,C1,D1のいずれかであるか否かを確認する(S684)。スーパーリーチA1,B1,C1,D1のいずれかであるときは、操作演出判定用のSR3の値を抽出し、その抽出値に基づき、図22(c)の第3操作演出判定テーブルを用いて操作演出の有無を決定し(S685)、S688に進む。一方、スーパーリーチA1,B1,C1,D1のいずれかでないときは、S686に進む。   In S684, it is confirmed whether or not the variation pattern designated by the effect control command is one of the super reach A1, B1, C1, and D1 (S684). When it is any of super reach A1, B1, C1, D1, the value of SR3 for operation effect determination is extracted, and based on the extracted value, the third operation effect determination table of FIG. The presence or absence of the operation effect is determined (S685), and the process proceeds to S688. On the other hand, if it is not one of the super reach A1, B1, C1, D1, the process proceeds to S686.
S686では、演出制御コマンドにより指定された変動パターンがスーパーリーチA2,B2,C2,D2のいずれかであるか否かを確認する(S686)。スーパーリーチA2,B2,C2,D2のいずれかであるときは、操作演出判定用のSR3の値を抽出し、その抽出値に基づき、図22(c)の第3操作演出判定テーブルを用いて操作演出の有無を決定し(S687)、S688に進む。一方、スーパーリーチA2,B2,C2,D2のいずれかでないときは、処理を終了する。   In S686, it is confirmed whether or not the variation pattern designated by the effect control command is one of the super reach A2, B2, C2, and D2 (S686). When it is one of super reach A2, B2, C2, D2, the value of SR3 for operation effect determination is extracted, and based on the extracted value, the third operation effect determination table of FIG. 22 (c) is used. The presence / absence of the operation effect is determined (S687), and the process proceeds to S688. On the other hand, if it is not one of the super reach A2, B2, C2, D2, the process is terminated.
S688では、S681,S683,S685,またはS687で操作演出有という決定がされたか否かを確認する(S688)。S688で、操作演出有ではなく、操作演出無が決定されたことが確認されたときは、基本演出による変動表示の演出を実行することを決定する(S689)。そして、擬似連チャンス目として標準チャンス目(左,中,右図柄が「3,NEXT,4」)を決定して、変動表示時において仮停止時に表示されるように設定し(S690)、S691に進む。標準チャンス目は、操作演出が行われないときに固定的に選択される標準的な擬似連チャンス目である。このように設定された標準チャンス目は、擬似連の各仮停止時における仮停止図柄の組合せとして表示される。   In S688, it is confirmed whether or not it is determined that the operation effect is present in S681, S683, S685, or S687 (S688). If it is confirmed in S688 that the operation effect is not present but the operation effect is determined to be absent, it is determined to execute the variable display effect by the basic effect (S689). Then, the standard chance item (left, middle, and right symbols are “3, NEXT, 4”) is determined as the pseudo consecutive chance item, and is set to be displayed at the temporary stop in the variable display (S690), and S691. Proceed to The standard chance is a standard pseudo-continuous chance that is fixedly selected when the operation effect is not performed. The standard chance item set in this way is displayed as a combination of temporary stop symbols at the time of each temporary stop of the pseudo-series.
なお、擬似連チャンス目としては、仮停止が複数回実行されるときに、各仮停止時に表示されるチャンス目が異なるように、S689により複数種類のチャンス目を選択決定するようにしてもよい。   In addition, as the quasi-continuous chances, when the temporary stop is executed a plurality of times, a plurality of types of chances may be selected and determined in S689 so that the chances displayed at each temporary stop are different. .
S691では、演出制御コマンドにより指定された変動パターンが擬似連ガセXや擬似連ガセYといったガセの演出を伴うものであるか否かを確認する(S691)。こうしたガセの演出を伴うものであるときは、S696に進む。一方、ガセの演出を伴わない変動パターンであるときは、擬似連確定演出判定用の乱数値を抽出し、その抽出値に基づき、予め用意された擬似連確定演出設定テーブルを用いて擬似連確定演出の有無を決定し(S692)、S696に進む。   In S691, it is confirmed whether or not the variation pattern designated by the production control command is accompanied by a production such as pseudo-continuous gaze X or pseudo-continuous gaze Y (S691). If it is accompanied by such an effect, the process proceeds to S696. On the other hand, if the variation pattern does not involve a stuttering effect, a random value for determining the pseudo-continuous effect is extracted, and based on the extracted value, a pseudo-continuous effect is determined using a pre-prepared pseudo-continuous effect setting table. The presence / absence of an effect is determined (S692), and the process proceeds to S696.
図24(a)は、S692において擬似連確定演出を実行するか否かを決定するときに用いられる擬似連確定演出設定テーブルを表形式で示す図である。擬似連確定演出設定テーブルでは、擬似連における再変動回数に応じて、擬似連確定演出有と、擬似連確定演出無とのそれぞれに、擬似連確定演出判定用の乱数値(1〜100の数値範囲)の値が割振られている。擬似連確定演出の有無を決定する回数(初回変動から擬似連3回までの最大4)に対応して、複数種類(例えば4種類)の擬似連確定演出判定用の乱数を用意して、それぞれの抽出値に基づき、それぞれの変動表示における擬似連確定演出の実行の有無を決定すればよい。   FIG. 24A is a diagram showing, in a tabular form, a pseudo continuous determination effect setting table used when determining whether or not to execute a pseudo continuous determination effect in S692. In the quasi-continuous effect setting table, random values (numeric values 1 to 100) for determining the quasi-continuous effect are determined respectively for the presence of the quasi-continuous effect and the absence of the quasi-continuous effect. Range) values are allocated. Corresponding to the number of times of determining the presence or absence of the pseudo-continuous production (maximum 4 from the first fluctuation to 3 pseudo-series), a plurality of types (for example, four types) of random numbers for determining the pseudo-continuous production are prepared, Based on the extracted value, it is sufficient to determine whether or not to execute the pseudo-continuous effect in each variation display.
擬似連を伴う変動パターンに基づく変動表示が実行されるときには、その変動表示が開始された直後の初回変動から、表示結果が停止表示される最終変動の直前に擬似連チャンス目が停止表示される擬似連変動までについて、それぞれの変動期間における擬似連確定演出の実行の有無が擬似連確定演出設定テーブルを用いて決定される。擬似連確定演出設定テーブルでは、擬似連における再変動回数が少ないとき方が、再変動回数が多いときよりも、擬似連確定演出有が選択される割合が高くなるようにデータが設定されている。擬似連確定演出が実行されたときには、特定演出として基本演出が実行された後に擬似連チャンス目が停止表示されて擬似連における再変動が実行されることが確定的に報知される。したがって、例えば初回変動や擬似連1回の場合のように、再変動回数が少ないときには、擬似連確定演出がされる割合が高いことにより、遊技者の擬似連に対する注目を高めて、遊技の興趣を向上させることができる。   When the variation display based on the variation pattern with the pseudo-continuous is executed, the pseudo-continuous chance is stopped and displayed immediately after the initial variation immediately after the variation display is started and immediately before the final variation in which the display result is stopped. Whether or not to execute a pseudo continuous determination effect in each variable period is determined using the pseudo continuous determination effect setting table until the pseudo continuous change. In the quasi-continuous effect setting table, data is set so that the ratio of selecting the quasi-continuous effect is higher when the number of re-variations in the quasi-continuous is smaller than when the number of re-variations is large. . When the pseudo-continuous determination effect is executed, after the basic effect is executed as the specific effect, the pseudo-continuous chance is stopped and displayed, and it is definitely notified that re-variation in the pseudo-continuous is executed. Therefore, for example, when the number of re-variations is small, as in the case of the first variation or one pseudo-ream, the ratio of the pseudo-ream-confirmed effect is high. Can be improved.
大当りとなるときには、はずれとなるときと比べて、擬似連となったときの再変動回数が多くなる割合が高くなる。一方、擬似連となったときの再変動が繰り返し実行されていくと、擬似連確定演出が実行される割合は低くなる。したがって、擬似連の再変動が繰り返されて大当りとなる期待感が高められていくときには、擬似連確定演出が次第に実行されにくくすることで、さらに再変動が実行されるか否かに対する遊技者の関心を高めて、遊技の興趣を向上させることができる。   When it is a big hit, the rate of increase in the number of re-variations when it becomes a quasi-continuous is higher than when it is lost. On the other hand, if the re-variation when it becomes a quasi-continuous is repeatedly executed, the rate at which the quasi-continuous finalization effect is executed decreases. Therefore, when the quasi-continuous re-variation is repeated and the expectation of becoming a big hit is increased, the quasi-continuous finalization effect is gradually made difficult to be executed, so that the player can determine whether or not the re-variation is further executed. Increase interest and improve the fun of the game.
S688で、操作演出有が決定されたことが確認されたときは、操作演出タイミング判定用の乱数値を抽出し、その抽出値に基づき、予め用意された操作演出タイミング設定テーブルを用いて操作演出の実行タイミング(実行開始タイミング)を決定し(S693)、S694に進む。   When it is confirmed in S688 that the presence of the operation effect is determined, a random value for determining the operation effect timing is extracted, and based on the extracted value, the operation effect timing setting table prepared in advance is used. Execution timing (execution start timing) is determined (S693), and the process proceeds to S694.
図24(b)は、S693において操作演出の実行タイミングを決定するときに用いられる操作演出タイミング設定テーブルを表形式で示す図である。操作演出タイミング設定テーブルでは、擬似連ガセXや擬似連ガセYの変動パターンであるかスーパーリーチの変動パターンであるかに応じて、操作演出の実行タイミングが決定される割合を異ならせるようにデータが設定されている。より具体的には、擬似連ガセXや擬似連ガセYのようにリーチ状態とならない非リーチ変動パターンである場合には、演出図柄が変動開始した後の全図柄変動中のタイミングにて、スティックコントローラ122を示す画像(スティックコントローラ画像)が左,中,右の演出図柄の代わりに停止表示されるように、操作演出の実行タイミングが決定される。すなわち、常にリーチ状態となるより前のタイミングが、操作演出の実行タイミングとして決定される。   FIG. 24B is a diagram showing the operation effect timing setting table used when determining the execution timing of the operation effect in S693 in the form of a table. In the operation effect timing setting table, data is set so that the ratio at which the operation effect execution timing is determined differs depending on whether the variation pattern of the pseudo continuous gasses X and pseudo continuous gasses Y or the super reach variation pattern. Is set. More specifically, in the case of a non-reach fluctuation pattern that does not reach the reach state, such as the pseudo continuous gasset X and the pseudo continuous gasset Y, the sticking is performed at the timing during all the design changes after the production design starts to change. The execution timing of the operation effect is determined so that an image (stick controller image) indicating the controller 122 is stopped and displayed instead of the left, middle, and right effect symbols. That is, the timing before the reach state is always reached is determined as the execution timing of the operation effect.
一方、スーパーリーチの変動パターンのようにリーチ状態となるリーチ変動パターンである場合には、全図柄変動中のタイミングと、リーチ成立後のタイミングとのいずれかを所定割合で選択して、操作演出の実行タイミングに決定する。このように、リーチ状態となる変動パターンであるときには、操作演出の実行タイミングを、リーチ状態となるより前の全図柄変動中のタイミングと、リーチ状態となったリーチ成立後のタイミングとのうち、いずれかに決定する。   On the other hand, if it is a reach variation pattern that reaches a reach state, such as a super reach variation pattern, select either a timing during the variation of all symbols or a timing after the reach is established at a predetermined ratio to produce an operation effect. The execution timing is determined. As described above, when the variation pattern is in the reach state, the execution timing of the operation effect is set to the timing during all symbols variation before the reach state and the timing after the reach establishment in the reach state. Decide on one.
S694では、操作演出による変動表示の演出を実行するためのデータを設定する。次いで、演出制御用CPU101は、操作時チャンス目と標準チャンス目のいずれかを設定し(S695)、S696に進む。例えば、チャンス目判定用の乱数値を抽出し、その抽出値に基づき、予め用意されたチャンス目判定テーブルを用いて操作時チャンス目とするか標準チャンス目とするかを決定する。チャンス目判定テーブルでは、例えば擬似連ガセXや擬似連ガセYの変動パターンであるかスーパーリーチの変動パターンであるかに応じて、操作時チャンス目が選択される割合を異ならせるようにデータが設定されていればよい。より具体的には、擬似連ガセXや擬似連ガセYの変動パターンの方が、スーパーリーチの変動パターンよりも、標準チャンス目が選択される割合が高く操作時チャンス目が選択される割合が低くなるようにデータが設定されていればよい。また、スーパーリーチの変動パターンである場合には、常に操作時チャンス目が選択されるようにしてもよい。なお、S694では、常に操作時チャンス目が選択されるようにしてもよい。   In S694, data for executing a variable display effect by an operation effect is set. Next, the production control CPU 101 sets either the operation chance or the standard chance (S695), and proceeds to S696. For example, a random number value for chance eye determination is extracted, and based on the extracted value, it is determined whether the operation chance chance or the standard chance eye is used by using a chance eye determination table prepared in advance. In the chance eye determination table, for example, depending on whether the fluctuation pattern of the pseudo continuous gasses X and the pseudo continuous gasses Y or the fluctuation pattern of the super reach, the data is selected so that the ratio of selecting the chance eyes at the time of operation is different. It only has to be set. More specifically, the rate of selection of the chance chance at the time of operation is higher in the variation pattern of the pseudo reaming gas X and the pseudo reaming gasase Y than the variation pattern of the super reach. It suffices if the data is set to be low. Further, in the case of the super reach variation pattern, the chance chance at the time of operation may be always selected. In S694, the chance chance at the time of operation may always be selected.
操作時チャンス目が選択された場合には、操作時チャンス目決定用のSR4を抽出し、その抽出値に基づき、操作時チャンス目決定テーブルを用いて、擬似連チャンス目として表示する操作時チャンス目を決定する。   When the chance chance at the time of operation is selected, SR4 for determining the chance chance at the time of operation is extracted, and based on the extracted value, the chance at the time of operation to be displayed as a pseudo-continuous chance eye using the chance chance determination table at the time of operation. Decide on your eyes.
図25は、擬似連チャンス目として表示する操作時チャンス目を決定するために用いる操作時チャンス目決定テーブルを表形式で示す図である。操作時チャンス目決定テーブルでは、擬似連となる変動パターンにおける擬似連の再変動回数(最大実行回数)に応じて、第1チャンス目(「1,NEXT,2」)と、第2チャンス目(「6,NEXT,7」)とのそれぞれに、操作時チャンス目決定用のSR4(1〜50の数値範囲)の値が割振られている。SR4については、説明を明確化するために、割振られた個数が各テーブルに示されている。   FIG. 25 is a diagram showing, in a tabular format, an operation chance eye determination table used to determine an operation chance eye to be displayed as a pseudo continuous chance eye. In the chance-of-operation determination table, the first chance (“1, NEXT, 2”) and the second chance ((1, NEXT, 2 ”) and the second chance ( “6, NEXT, 7”) are assigned the value of SR4 (numerical range of 1 to 50) for determining the chance chance at the time of operation. For SR4, the allocated number is shown in each table in order to clarify the explanation.
操作時チャンス目決定テーブルでは、再変動回数が少ない変動パターンである程第1チャンス目が選択される割合が高くなり、再変動回数が多い変動パターンである程第2チャンス目が選択される割合が高くなるようにデータが設定されている。前述のように再変動回数が多い程大当りとなる割合が高いので、このような設定により、第2チャンス目が選択されて仮停止されたときには、第1チャンス目が選択されて仮停止されたときと比べて、再変動回数が多くなる割合が高いので、仮停止されるチャンス目の種類に基づいて、遊技者の大当りに対する期待感を向上させる演出を行うことができる。   In the chance-of-operation determination table, the rate at which the first chance is selected increases as the variation pattern has a smaller number of re-variations, and the rate at which the second chance is selected as the variation pattern has a large number of re-variations. The data is set to be high. As described above, the larger the number of re-variations, the higher the ratio of winning a big hit. With this setting, when the second chance is selected and temporarily stopped, the first chance is selected and temporarily stopped. Since the rate at which the number of re-variations increases compared to the time is high, it is possible to produce an effect that improves the player's expectation for the big hit based on the type of chance that is temporarily stopped.
なお、本実施の形態では、擬似連4回の変動パターンのときにも第1チャンス目を選択可能とした例を示すが、擬似連4回の変動パターンのときには第2チャンス目のみが選択されるようにしてもよい。また、擬似連1回の変動パターンのときにも第2チャンス目を選択可能とした例を示すが、擬似連1回の変動パターンのときには第1チャンス目のみが選択されるようにしてもよい。   In the present embodiment, an example is shown in which the first chance can be selected even in the case of a variation pattern of four pseudo-continuations, but only the second chance is selected in the case of a variation pattern of four pseudo-continuations. You may make it do. Further, although an example is shown in which the second chance can be selected even in the case of the fluctuation pattern of one pseudo-continuous, only the first chance may be selected in the case of the fluctuation pattern of one pseudo-continuous. .
S688で操作演出有が決定されたことが確認されたときには、S692の処理が実行されないことから、擬似連確定演出有に決定されることがない。すなわち、特定演出としてプッシュボタン120やスティックコントローラ122に対する操作の検出にもとづく操作演出が実行される場合には、擬似連確定演出が実行されないように制限する。このように、操作演出が実行されるときは擬似連確定演出の実行を禁止して、プッシュボタン120やスティックコントローラ122に対する操作の有無にかかわらず再変動が実行されることを遊技者が予め認識してしまうことを防止する。これにより、操作演出におけるプッシュボタン120やスティックコントローラ122といった操作手段に対する遊技者の操作意欲を高めて、遊技の興趣を向上させることができる。   When it is confirmed that the presence of the operation effect is determined in S688, the process of S692 is not executed, and therefore, it is not determined that the pseudo continuous determination effect is present. That is, when an operation effect based on detection of an operation on the push button 120 or the stick controller 122 is executed as the specific effect, the pseudo-continuous effect is limited so as not to be executed. As described above, when the operation effect is executed, the execution of the pseudo-continuous determination effect is prohibited, and the player recognizes in advance that the re-variation is executed regardless of whether the push button 120 or the stick controller 122 is operated. To prevent it. Thereby, the player's willingness to operate the operation means such as the push button 120 and the stick controller 122 in the operation effect can be increased, and the interest of the game can be improved.
なお、操作演出が実行されるときでも、所定割合で擬似連確定演出が実行されることがあってもよい。ただし、操作演出が実行されるときは、基本演出が実行されるときと比べて十分に低い割合で、擬似連確定演出が実行されるように擬似連確定演出設定テーブルにおけるデータが設定されるとよい。このように、操作演出が実行されるときは、基本演出が実行されるときよりも低い割合で擬似連確定演出が実行されるように制限を設けてもよい。あるいは、操作演出が実行されるときに擬似連確定演出が実行される場合には、基本演出が実行されるときと比べて遊技者が認識困難な演出態様となるように、擬似連確定演出の実行に制限を設けてもよい。例えば、擬似連確定演出で表示されるキャラクタ画像などの演出画像における透明度を高めた半透明表示または表示の大きさを縮小した縮小表示などを行うようにしてもよい。   Even when the operation effect is executed, the pseudo-continuous determination effect may be executed at a predetermined rate. However, when the operation effect is executed, when the data in the pseudo-continuous effect setting table is set so that the pseudo-continuous effect is executed at a sufficiently lower rate than when the basic effect is executed. Good. As described above, when the operation effect is executed, a restriction may be provided so that the pseudo-continuous effect is executed at a lower rate than when the basic effect is executed. Alternatively, when the pseudo-continuous effect is executed when the operation effect is executed, the pseudo-continuous effect is made so that the player is difficult to recognize compared to when the basic effect is executed. There may be restrictions on execution. For example, semi-transparent display with increased transparency or reduced display with reduced display size may be performed in an effect image such as a character image displayed in a pseudo-continuous effect.
このように、擬似連確定演出の実行に制限を設けることには、擬似連確定演出の実行を禁止することの他に、実行割合を低下させることや、遊技者が認識困難または認識不可能な演出態様で実行することなどが含まれる。   As described above, in order to limit the execution of the pseudo-continuous determination effect, in addition to prohibiting the execution of the pseudo-continuous determination effect, the execution rate is reduced, and the player is difficult or impossible to recognize. Execution in a production mode is included.
S696では、擬似連4回の変動パターンであるスーパーリーチD1,D2とは異なる変動パターンであるかを確認する(S696)。そして、スーパーリーチD1,D2以外の変動パターンであるときは、リーチ前操作演出判定用の乱数値を抽出し、その抽出値に基づき、予め用意されたリーチ前操作演出設定テーブルを用いてリーチ前操作演出の有無を決定し(S697)、擬似連報知演出設定処理が終了する。   In S696, it is confirmed whether or not the fluctuation pattern is different from the super reach D1 and D2 which are the fluctuation patterns of the pseudo-continuous four times (S696). When the variation pattern is other than the super reach D1, D2, the random value for determining the pre-reach operation effect is extracted, and based on the extracted value, the pre-reach operation effect setting table prepared in advance is used. The presence / absence of an operation effect is determined (S697), and the pseudo-continuous notification effect setting process ends.
図24(c)は、S697においてリーチ前操作演出を実行するか否かを決定するときに用いられるリーチ前操作演出設定テーブルを表形式で示す図である。リーチ前操作演出設定テーブルでは、リーチ前操作演出有と、リーチ前操作演出無のそれぞれに、リーチ前操作演出判定用の乱数値(1〜100の数値範囲)が割振られている。   FIG. 24C is a diagram showing, in a tabular form, a pre-reach operation effect setting table used when determining whether or not to execute a pre-reach operation effect in S697. In the pre-reach operation effect setting table, a random value for pre-reach operation effect determination (a numerical range of 1 to 100) is assigned to each of the pre-reach operation effect present and the non-reach operation effect present.
スーパーリーチD1,D2の変動パターンのように、擬似連4回の変動パターンであるときにはリーチ状態となる前でも再変動回数が「4」に達したときには、最終変動であることを遊技者が明確に認識できる。一方、スーパーリーチD1,D2以外の変動パターンでは、例えば最終変動における全図柄変動中であっても、擬似連チャンス目が停止表示されて擬似連における再変動が実行される可能性があることを、遊技者に期待させることができる。このとき、操作演出と同様の演出態様でリーチ前操作演出を実行し、擬似連チャンス目が停止表示されないことを報知した後に演出図柄がリーチ状態となるようにすれば、再変動が実行されないことによる遊技者の落胆を防止して、遊技の興趣を向上させることができる。   As in the case of the variation pattern of Super Reach D1 and D2, when the variation pattern is a quasi-continuous four-time variation pattern, when the number of re-variation reaches “4” even before reaching the reach state, the player clearly identifies the final variation. Can be recognized. On the other hand, in the variation patterns other than the super reach D1 and D2, for example, even if all the symbols are varied in the final variation, there is a possibility that the quasi-continuous chance will be stopped and re-variation may be executed in the pseudo-continuous. , Can make the player expect. At this time, if the pre-reach operation effect is executed in the same effect mode as the operation effect and the effect symbol is in the reach state after notifying that the pseudo-continuous chance eyes are not stopped and displayed, the re-variation is not executed. It is possible to prevent the discouragement of the player due to and improve the interest of the game.
図26は、擬似連確定演出が実行される場合における演出表示装置9の表示画面図である。擬似連確定演出が実行されるときには、図26(a)に示すような演出図柄が変動開始した後、例えば図26(b)に示すような全図柄変動中に「継続!」のメッセージを報知するキャラクタ画像が表示される。その後、図26(c)のように左図柄が擬似連チャンス目を形成する図柄(例えば「6」)で停止し、図26(d)〜(f)のように右図柄が擬似連チャンス目を形成する図柄(例えば「7」)で停止される。その後、図26(g)に示すように中図柄が擬似連チャンス目を形成する図柄(例えば「NEXT」)で停止表示されることで、擬似連チャンス目を形成する図柄の組合せが仮停止される。   FIG. 26 is a display screen diagram of the effect display device 9 when the pseudo-continuous effect is executed. When the quasi-continuous determination effect is executed, after the effect symbol as shown in FIG. 26 (a) starts to fluctuate, for example, a message “continue!” Is notified during all symbol changes as shown in FIG. 26 (b). The character image to be displayed is displayed. Thereafter, the left symbol stops at a symbol (for example, “6”) that forms a pseudo consecutive chance as shown in FIG. 26C, and the right symbol is a pseudo consecutive chance as shown in FIGS. Is stopped at a symbol (for example, “7”). Thereafter, as shown in FIG. 26 (g), the middle symbol is stopped and displayed at a symbol (for example, “NEXT”) that forms a pseudo-continuous chance, so that the combination of symbols forming the pseudo-continuous chance is temporarily stopped. The
図27は、リーチ後操作演出が実行される場合における演出表示装置9の表示画面図である。リーチ後操作演出が実行されるときには、図27(a)や図27(b)に示すように演出図柄が変動開始した後、図27(c)のように右図柄が停止され、続いて図27(d)に示すように左図柄が右図柄と同一図柄で停止されることで、リーチ成立となってリーチ状態になる。その後、図27(e)のようにプッシュボタン120を示す画像が中図柄の代わりに停止表示され、「PUSH!」という文字を表示することによりプッシュボタン120の操作を要求する画像が表示される煽り演出が行われる。そして、図8(J)に示したような操作演出が実行される所定期間(例えば5秒間または10秒間)にわたり、プッシュボタン120が有効と判断される操作有効期間となり、当該操作が受付けられる。操作有効期間中にプッシュボタン120が操作されたときには、図27(f)に示すように左,中,右図柄が擬似連チャンス目を形成する図柄で停止表示されることで、擬似連チャンス目を形成する図柄の組合せが仮停止される。   FIG. 27 is a display screen diagram of the effect display device 9 when the post-reach operation effect is executed. When the post-reach operation effect is executed, the effect symbol starts to fluctuate as shown in FIGS. 27 (a) and 27 (b), and then the right symbol is stopped as shown in FIG. 27 (c). As shown in 27 (d), when the left symbol is stopped at the same symbol as the right symbol, reach is reached and a reach state is entered. Thereafter, as shown in FIG. 27E, an image showing the push button 120 is stopped and displayed instead of the middle symbol, and an image requesting the operation of the push button 120 is displayed by displaying the characters “PUSH!”. Skill production is performed. Then, over a predetermined period (for example, 5 seconds or 10 seconds) in which the operation effect as shown in FIG. 8J is executed, an operation effective period in which the push button 120 is determined to be effective is entered, and the operation is accepted. When the push button 120 is operated during the operation valid period, as shown in FIG. 27 (f), the left, middle, and right symbols are stopped and displayed with the symbols that form the pseudo consecutive chances. The combination of symbols that form is temporarily stopped.
図28は、リーチ前操作演出が実行される場合における演出表示装置9の表示画面図である。リーチ前操作演出が実行されるときには、図28(a)や図28(b)に示すように演出図柄が変動開始した後、図28(c)のようにスティックコントローラ122を示す画像が左,中,右図柄の代わりに停止表示され、「引け!」という文字を表示する煽り演出が行われる。そして、操作演出の実行中における操作有効期間にてスティックコントローラ122が操作されたときには、図28(e)に示すように左図柄と右図柄が同一図柄で停止されることで、リーチ成立となってリーチ状態になる。   FIG. 28 is a display screen diagram of the effect display device 9 when the pre-reach operation effect is executed. When the pre-reach operation effect is executed, after the effect symbol starts to fluctuate as shown in FIGS. 28A and 28B, the image showing the stick controller 122 as shown in FIG. Instead of the middle and right symbols, a stop effect is displayed, and a roaring effect is displayed in which the characters “Close!” Are displayed. When the stick controller 122 is operated during the operation effective period during the execution of the operation effect, the left symbol and the right symbol are stopped at the same symbol as shown in FIG. And reach a state.
図29および図30は、図21のS507Aにおいて予告演出を決定するときの決定内容や使用テーブルを示す図である。図29は、擬似連が実行されない擬似連無の場合または擬似連が実行された後に最終変動となる場合に対応した予告演出の決定内容や使用テーブルを示している。図30(a)は、擬似連が実行されるときの初回変動または擬似連1回が実行された場合に対応した予告演出の決定内容や使用テーブルを示している。図30(b)は、擬似連が実行されるときの擬似連2回または擬似連3回が実行された場合に対応した予告演出の決定内容や使用テーブルを示している。   FIG. 29 and FIG. 30 are diagrams showing determination contents and usage tables when determining the notice effect in S507A of FIG. FIG. 29 shows the determination content and usage table of the notice effect corresponding to the case where there is no quasi-continuation in which the quasi-continuation is not executed or the case where the final change occurs after the quasi-continuation is executed. FIG. 30 (a) shows the determination content and usage table of the notice effect corresponding to the case where the first fluctuation when the pseudo-ream is executed or one time of the pseudo-ream is executed. FIG. 30 (b) shows the determination contents and usage table of the notice effect corresponding to the case where the pseudo-continuous operation is executed twice or the pseudo-continuous operation is executed three times.
図29に示す設定では、非リーチはずれの変動パターン、ノーマルリーチはずれの変動パターン、スーパーリーチはずれの変動パターン、救済演出なし大当りの変動パターン、救済演出あり大当りの演出パターンに応じて、予告演出の決定内容や使用テーブルが指定されている。図30(a)や図30(b)に示す設定では、特定演出として基本演出が実行されるか操作演出が実行されるかに応じて、予告演出の決定内容や使用テーブルが指定されている。   In the setting shown in FIG. 29, the announcement effect is determined according to the non-reach deviation variation pattern, the normal reach deviation variation pattern, the super reach deviation variation pattern, the bonus pattern without relief effect, and the bonus pattern with relief effect. Contents and usage table are specified. In the settings shown in FIG. 30 (a) and FIG. 30 (b), the determination content of the notice effect and the use table are specified according to whether the basic effect is executed as the specific effect or the operation effect is executed. .
この実施の形態では、変動表示の最終的な表示結果が「大当り」となる可能性を予告するための予告演出として、第1ステップアップ予告、第2ステップアップ予告、カットイン予告、可動部材予告の一部または全部を選択して、実行することができる。このうち、カットイン予告と可動部材予告は、演出図柄がリーチ状態となるリーチ成立の後に、スーパーリーチのリーチ演出が実行されている期間にて実行される。そのため、非リーチはずれの変動パターンやノーマルリーチはずれの変動パターンが指定された場合には、カットイン予告や可動部材予告が実行されないように設定される。   In this embodiment, the first step-up notice, the second step-up notice, the cut-in notice, and the movable member notice are given as notice effects for notifying the possibility that the final display result of the variable display will be a “big hit”. A part or all of can be selected and executed. Among these, the cut-in notice and the movable member notice are executed in a period in which the reach effect of super reach is executed after the reach establishment in which the effect symbol is in the reach state. For this reason, when a non-reach shift variation pattern or a normal reach shift variation pattern is designated, a cut-in advance notice or a movable member advance notice is not executed.
次に、第1ステップアップ予告における各予告演出の内容と第2ステップアップ予告における各予告演出の内容について説明する。図31は、第1ステップアップ予告における各予告演出の内容と第2ステップアップ予告における各予告演出の内容を示す説明図である。   Next, the contents of each notice effect in the first step-up notice and the contents of each notice effect in the second step-up notice will be described. FIG. 31 is an explanatory diagram showing the contents of each notice effect in the first step-up notice and the contents of each notice effect in the second step-up notice.
第1ステップアップ予告では、図31(a1),(b1),(c1),(d1),(e1)に示す5つの予告演出A、予告演出B、予告演出C、予告演出D、予告演出Eの一部または全部が実行される。予告演出Aとして、演出表示装置9の表示画面の下方の領域において人のキャラクタAが画面右から登場し、画面左へ去っていく演出が行われる。予告演出Bとして、演出表示装置9の表示画面の下方の領域において人のキャラクタBが画面右から登場し、画面左へ去っていく演出が行われる。予告演出Cとして、演出表示装置9の表示画面の下方の領域において人のキャラクタCが画面右から登場し、画面左へ去っていく演出が行われる。予告演出Dとして、演出表示装置9の表示画面の下方の領域においてキャラクタA,B,Cが同時に画面左から登場し、画面の中央で停止する演出が行われる。予告演出Eとして、演出表示装置9の表示画面の下方の領域においてキャラクタA,B,Cが集合しているところに大きな人のキャラクタDが画面右から登場する演出が行われる。   In the first step-up notice, the five notice effects A, the notice effect B, the notice effect C, the notice effect D, and the notice effect shown in FIGS. 31 (a1), (b1), (c1), (d1), and (e1). Part or all of E is executed. As the notice effect A, an effect in which a human character A appears from the right side of the screen in the area below the display screen of the effect display device 9 and leaves to the left side of the screen is performed. As the notice effect B, an effect in which a human character B appears from the right side of the screen in the area below the display screen of the effect display device 9 and leaves to the left side of the screen is performed. As the notice effect C, an effect in which a human character C appears from the right side of the screen in the area below the display screen of the effect display device 9 and leaves to the left side of the screen is performed. As a notice effect D, characters A, B, and C simultaneously appear from the left side of the screen in the area below the display screen of the effect display device 9 and stop at the center of the screen. As the notice effect E, an effect in which a large human character D appears from the right side of the screen where the characters A, B, and C are gathered in a region below the display screen of the effect display device 9 is performed.
第2ステップアップ予告では、図31(a2),(b2),(c2),(d2)に示す4つの予告演出W、予告演出X、予告演出Y1、予告演出Z1の一部または全部が実行される。予告演出Wとして、演出表示装置9の表示画面の上方の領域においてカブト虫のキャラクタが画面右から飛んでくる演出が行われる。予告演出Xとして、演出表示装置9の表示画面の上方の領域においてカブト虫のキャラクタが木にとまる演出が行われる。予告演出Y1として、演出表示装置9の表示画面の上方の領域において風が吹いて木が揺れる演出が行われる。予告演出Z1として、演出表示装置9の表示画面の上方の領域においてかもめが飛んでくる演出が行われる。   In the second step-up notice, some or all of the four notice effects W, the notice effect X, the notice effect Y1, and the notice effect Z1 shown in FIGS. 31 (a2), (b2), (c2), and (d2) are executed. Is done. As the notice effect W, an effect in which a beetle character flies from the right side of the screen in an area above the display screen of the effect display device 9 is performed. As the notice effect X, an effect in which the beetle character stops on the tree in the area above the display screen of the effect display device 9 is performed. As the notice effect Y1, an effect in which the wind blows in the area above the display screen of the effect display device 9 and the tree is shaken is performed. As the notice effect Z1, an effect in which seagulls fly in an area above the display screen of the effect display device 9 is performed.
これらの第1ステップアップ予告や第2ステップアップ予告のようなステップアップ予告演出は、予め定められた順番に従って1段階から複数段階まで演出の態様を段階的に変化させる予告演出である。この実施の形態では、特定表示結果(大当り)とする場合は特定表示結果としない場合よりもステップアップ予告演出において多い段階まで演出の態様を段階的に変化させる予告演出を実行する割合が高くなる。   These step-up notice effects such as the first step-up notice and the second step-up notice are notice effects that change the aspect of the effect in stages from one stage to a plurality of stages according to a predetermined order. In this embodiment, when the specific display result (big hit) is used, the ratio of executing the notice effect that changes the aspect of the effect in stages up to many stages in the step-up notice effect is higher than when the specific display result is not used. .
なお、ステップアップ予告演出は、1つのキャラクタの形状や色が変化するようなものでもよく、遊技者からみて予告する手段(表示、音、ランプ、可動物等)の状態が段階的に変化したと認識可能なものであれば「ステップアップ予告」と言える。例えば、段階的にキャラクタの数が増える、段階的に動くキャラクタの数が増える、キャラクタの動く回数や頻度などが段階的に増える、キャラクタの大きさが段階的に大きくなる、などの態様であってもよい。また、キャラクタを可動部材に置き換えた場合も同様である。すなわち、可動部材が複数設けられている場合に段階的に動く可動部材の数が増える、可動部材の動く回数や頻度などが段階的に増える、などの態様であってもよい。   Note that the step-up notice effect may be such that the shape and color of one character changes, and the state of the notice means (display, sound, lamp, movable object, etc.) as seen from the player changes step by step. If it can be recognized as “step-up notice”, it can be said. For example, the number of characters increases stepwise, the number of characters that move stepwise, the number of times the character moves, the frequency, etc. increase stepwise, and the size of the character increases stepwise. May be. The same applies when the character is replaced with a movable member. In other words, when a plurality of movable members are provided, the number of movable members that move stepwise may be increased, or the number of times and the frequency of movement of the movable member may increase stepwise.
図21に示すS507Aの処理では、変動パターンコマンドで指定された変動パターンを確認して、予告演出の決定内容と使用テーブルを特定する。非リーチはずれの変動パターンに対応したコマンドを受信したと判定した場合には、図33の左上に示す非リーチはずれ用の第2予告設定テーブルを用いて、第2ステップアップ予告の内容(有無、演出態様)を決定する。また、図32の左上に示す非リーチはずれ用の第1予告設定テーブルを用いて、第1ステップアップ予告の内容(有無、演出態様)を決定する。   In the processing of S507A shown in FIG. 21, the variation pattern designated by the variation pattern command is confirmed, and the determination content of the notice effect and the usage table are specified. If it is determined that the command corresponding to the non-reach deviation variation pattern has been received, the second step-up notice content (existence, The production mode) is determined. Also, the content (presence / absence, production mode) of the first step-up notice is determined using the first reach setting table for non-reach deviation shown in the upper left of FIG.
図32の左上に示す非リーチはずれ用の第1予告設定テーブルでは、予告演出「なし」と、予告演出Aのみ実行される演出態様(「A」の発展パターン)と、予告演出Aが実行されてから予告演出Bが実行される演出態様(「A→B」の発展パターン)と、予告演出Aが実行されてから予告演出Bが実行され、その後に予告演出Cが実行される演出態様(「A→B→C」の発展パターン)と、予告演出Aが実行されてから予告演出B、予告演出C、予告演出Dが順に実行される演出態様(「A→B→C→D」の発展パターン)と、予告演出Aが実行されてから予告演出B、予告演出C、予告演出D、予告演出Eが順に実行される演出態様(「A→B→C→D→E」の発展パターン)と、が設定されている。そして、各演出態様に対して所定数の判定値がそれぞれ割り振られている。なお、「割振」に示す数字は、各演出態様に割り振られた判定値の数を示している。他のテーブルにおいても同様である。図32に示す例では、非リーチはずれとなる場合には、予告演出「なし」、「A」の発展パターン、および「A→B」の発展パターンにのみ判定値が割り振られている。   In the first notice setting table for non-reach deviation shown in the upper left of FIG. 32, the notice effect “none”, the effect form (only the development pattern of “A”) executed only for the notice effect A, and the notice effect A are executed. An effect mode (the development pattern of “A → B”) in which the notice effect B is executed after that, and an effect mode in which the notice effect B is executed after the notice effect A is executed, and then the notice effect C is executed ( “A → B → C” development pattern) and after the notice effect A is executed, the notice effect B, the notice effect C, and the notice effect D are executed in order (“A → B → C → D”). Development pattern), and after the notice effect A is executed, the notice pattern B, the notice effect C, the notice effect D, and the notice effect E are executed in order (an extension pattern “A → B → C → D → E”). ) And are set. A predetermined number of determination values are assigned to each effect mode. The numbers shown in “Allocation” indicate the number of determination values assigned to each effect mode. The same applies to other tables. In the example shown in FIG. 32, in the case of non-reach, determination values are assigned only to the advancement patterns “None”, “A”, and “A → B”.
なお、図32の左上に示す非リーチはずれ用の第1予告設定テーブル(共通演出用)では、「A→B→C」、「A→B→C→D」、「A→B→C→D→E」に対して判定値が割り振られていない(判定値の数が0である)。これは、リーチが発生しないときは、予告演出C以上の予告演出が出現しないようにするため、すなわち、予告演出C以上の演出が出現するとリーチの発生が確定するようにするためである。   In the first non-reach shift notice setting table (for common effects) shown in the upper left of FIG. 32, “A → B → C”, “A → B → C → D”, “A → B → C → No determination value is assigned to “D → E” (the number of determination values is 0). This is because when a reach does not occur, a notice effect more than the notice effect C does not appear, that is, when an effect more than the notice effect C appears, the occurrence of reach is determined.
図33の左上に示す非リーチはずれ用の第2予告設定テーブルでは、予告演出「なし」と、予告演出Wのみ実行される演出態様(「W」の発展パターン)と、予告演出Wが実行されてから予告演出Xが実行される演出態様(「W→X」の発展パターン)と、予告演出Wが実行されてから予告演出Xが実行され、その後に予告演出Y1が実行される演出態様(「W→X→Y1」の発展パターン)と、予告演出Wが実行されてから予告演出Xが実行され、その後に予告演出Y2が実行される演出態様(「W→X→Y2」の発展パターン)と、予告演出Wが実行されてから予告演出Xが実行され、その後に予告演出Y3が実行される演出態様(「W→X→Y3」の発展パターン)と、予告演出Wが実行されてから予告演出X、予告演出Y1、予告演出Z1が順に実行される演出態様(「W→X→Y1→Z1」の発展パターン)と、予告演出Wが実行されてから予告演出X、予告演出Y2、予告演出Z2が順に実行される演出態様(「W→X→Y2→Z2」の発展パターン)と、予告演出Wが実行されてから予告演出X、予告演出Y1、予告演出Z2が順に実行される演出態様(「W→X→Y1→Z2」の発展パターン)と、予告演出Wが実行されてから予告演出X、予告演出Y3、予告演出Z3が順に実行される演出態様(「W→X→Y3→Z3」の発展パターン)と、予告演出Wが実行されてから予告演出X、予告演出Y1、予告演出Z3が順に実行される演出態様(「W→X→Y1→Z3」の発展パターン)と、予告演出Wが実行されてから予告演出X、予告演出Y2、予告演出Z3が順に実行される演出態様(「W→X→Y2→Z3」の発展パターン)と、が設定されている。そして、各演出態様に対して所定数の判定値がそれぞれ割り振られている。図33に示す例では、非リーチはずれとなる場合には、予告演出「なし」、「W」の発展パターン、および「W→X」の発展パターンにのみ判定値が割り振られている。   In the second notice setting table for non-reach deviation shown in the upper left of FIG. 33, the notice effect “None”, the effect form (only the development pattern of “W”) executed only for the notice effect W, and the notice effect W are executed. After the notice effect X is executed (the development pattern of “W → X”), the notice effect X is executed after the notice effect W is executed, and then the notice effect Y1 is executed ( The development pattern of “W → X → Y1”) and the presentation pattern in which the notice effect X is executed after the notice effect W is executed, and then the notice effect Y2 is executed (the development pattern of “W → X → Y2”). ), After the notice effect W is executed, the notice effect X is executed, and then the notice effect Y3 is executed (the development pattern of “W → X → Y3”), and the notice effect W is executed. Notice effect X, notice effect Y1, notice An effect mode in which Z1 is executed in order (the development pattern of “W → X → Y1 → Z1”), and an effect mode in which the notice effect X, the notice effect Y2, and the notice effect Z2 are executed in order after the notice effect W is executed. (Development pattern of “W → X → Y2 → Z2”) and an effect mode in which the notice effect X, the notice effect Y1, and the notice effect Z2 are executed in order after the notice effect W is executed (“W → X → Y1 → Z2 "development pattern), and after the notice effect W is executed, the notice effect X, the notice effect Y3, and the notice effect Z3 are executed in order (the development pattern" W → X → Y3 → Z3 "), After the notice effect W is executed, the notice effect X, the notice effect Y1, and the notice effect Z3 are executed in order (the development pattern of “W → X → Y1 → Z3”), and after the notice effect W is executed. Notice effect X, notice effect Y2, notice effect Z3 And director embodiment, which is performed in the order (the development pattern of "W → X → Y2 → Z3"), has been set. A predetermined number of determination values are assigned to each effect mode. In the example shown in FIG. 33, when non-reach is lost, determination values are assigned only to the advancement patterns “None”, “W”, and “W → X”.
演出制御用CPU101は、S507Aにおいて、第2ステップアップ予告決定用の乱数の値を抽出し、抽出した乱数値と第2予告設定テーブルに設定されている判定値とを比較する。そして、乱数値と一致する判定値に割り当てられた予告演出(「なし」、「W」、「W→X」・・・)にもとづいて、第2ステップアップ予告演出の有無と演出態様を決定する。   In S507A, the effect control CPU 101 extracts a random number value for determining the second step-up notice, and compares the extracted random value with the determination value set in the second notice setting table. Then, the presence / absence of the second step-up notice effect and the effect mode are determined based on the notice effect (“none”, “W”, “W → X”...) Assigned to the determination value that matches the random value. To do.
また、演出制御用CPU101は、S507Aにおいて、第1ステップアップ予告決定用の乱数の値を抽出し、抽出した乱数値と第1予告設定テーブルに設定されている判定値とを比較する。そして、乱数値と一致する判定値に割り当てられた予告演出(「なし」、「A」、「A→B」・・・)にもとづいて、第1ステップアップ予告の有無と演出態様を決定する。   In step S507A, the effect control CPU 101 extracts a random number value for determining the first step-up notice, and compares the extracted random value with a determination value set in the first notice setting table. Then, the presence / absence of the first step-up notice and the effect form are determined based on the notice effect (“none”, “A”, “A → B”...) Assigned to the determination value that matches the random value. .
図21のS507Aにてノーマルリーチはずれの変動パターンに対応したコマンドを受信したと判定した場合には、図33の右上に示すノーマルリーチはずれ用の第2予告設定テーブルを用いて、第2ステップアップ予告の内容(有無、演出態様)を決定する。また、図32の右上に示すノーマルリーチはずれ用の第1予告設定テーブルを用いて、第1ステップアップ予告の内容(有無、演出態様)を決定する。   If it is determined in S507A of FIG. 21 that a command corresponding to the fluctuation pattern of normal reach deviation has been received, the second step-up advance notice is made using the second reach setting table for normal reach deviation shown in the upper right of FIG. The contents (presence / absence, production mode) are determined. In addition, the contents (presence / absence, production mode) of the first step-up notice are determined using the first notice setting table for deviation from the normal reach shown in the upper right of FIG.
図32の右上に示すノーマルリーチはずれ用の第1予告設定テーブルでは、左上に示す非リーチはずれ用の第1予告設定テーブルと同じ内容の演出態様が設定され、各演出態様に対して所定数の判定値がそれぞれ割り振られている。図32に示す例では、ノーマルリーチはずれとなる場合には、予告演出「なし」、「A」の発展パターン、「A→B」の発展パターン、および「A→B→C」の発展パターンにのみ判定値が割り振られている。   In the first advance notice setting table for normal reach deviation shown in the upper right of FIG. 32, the production mode having the same contents as the first advance notice setting table for non-reach deviation shown in the upper left is set, and a predetermined number of determinations are made for each production mode. Each value is allocated. In the example shown in FIG. 32, when the normal reach is off, only the notice effect “None”, the development pattern “A”, the development pattern “A → B”, and the development pattern “A → B → C” are included. Judgment value is assigned.
なお、図32の右上に示すノーマルリーチはずれ用の第1予告設定テーブル(共通演出用)では、「A→B→C→D」および「A→B→C→D→E」に対して判定値が割り振られていない(判定値の数が0である)。これは、予告演出D以上の演出が出現するとスーパーリーチの発生が確定するようにするためである。   Note that in the first notice setting table for normal reach deviation (for common effects) shown in the upper right of FIG. 32, the determination values are “A → B → C → D” and “A → B → C → D → E”. Is not allocated (the number of judgment values is 0). This is for the purpose of determining the occurrence of super reach when an effect greater than the notice effect D appears.
図33の右上に示すノーマルリーチはずれ用の第2予告設定テーブルでは、左上に示す非リーチはずれ用の第2予告設定テーブルと同じ内容の演出態様が設定され、各演出態様に対して所定数の判定値がそれぞれ割り振られている。図33に示す例では、ノーマルリーチはずれとなる場合には、予告演出「なし」、「W」の発展パターン、「W→X」の発展パターン、「W→X→Y1」の発展パターン、「W→X→Y2」の発展パターン、および「W→X→Y3」の発展パターンにのみ判定値が割り振られている。   In the second advance notice setting table for normal reach deviation shown in the upper right of FIG. 33, the production mode having the same contents as the second advance notice setting table for non-reach deviation shown in the upper left is set, and a predetermined number of determinations are made for each production mode. Each value is allocated. In the example shown in FIG. 33, when the normal reach is lost, the notice effect “none”, the development pattern of “W”, the development pattern of “W → X”, the development pattern of “W → X → Y1”, “W The determination value is assigned only to the development pattern of “→ X → Y2” and the development pattern of “W → X → Y3”.
図21のS507Aにてスーパーリーチはずれの変動パターンに対応したコマンドを受信したと判定した場合には、図33の左下に示すスーパーリーチはずれ用の第2予告設定テーブルを用いて、第2ステップアップ予告の内容(有無、演出態様)を決定する。また、図32の左下に示すスーパーリーチはずれ用の第1予告設定テーブルを用いて、第1ステップアップ予告の内容(有無、演出態様)を決定する。さらに、予め用意されたはずれ用のカットイン予告設定テーブルや可動部材予告設定テーブルを用いて、カットイン予告や可動部材予告の内容(有無、演出態様)を決定する。   If it is determined in S507A of FIG. 21 that the command corresponding to the fluctuation pattern of the super reach deviation has been received, the second step up is performed using the second notice setting table for super reach deviation shown in the lower left of FIG. The content of the notice (presence / absence, production mode) is determined. Also, the contents (presence / absence, production mode) of the first step-up notice are determined by using the first notice setting table for super reach deviation shown in the lower left of FIG. Furthermore, the contents (presence / absence, production mode) of the cut-in notice and the movable member notice are determined using a cut-in notice setting table and a movable member notice setting table for detachment prepared in advance.
図32の左下に示すスーパーリーチはずれ用の第1予告設定テーブルでは、左上に示す非リーチはずれ用の第1予告設定テーブルや右上に示すノーマルリーチはずれ用の第1予告設定テーブルと同じ内容の演出態様が設定され、各演出態様に対して所定数の判定値がそれぞれ割り振られている。図32に示す例では、スーパーリーチはずれとなる場合には、全ての発展パターンに対して判定値が割り振られている。   In the first advance notice setting table for super-reach deviation shown in the lower left of FIG. 32, the production mode has the same contents as the first advance notice setting table for non-reach deviation shown in the upper left and the first advance notice setting table for normal reach deviation shown in the upper right. Is set, and a predetermined number of determination values are assigned to each effect mode. In the example shown in FIG. 32, when the super reach is lost, determination values are assigned to all the development patterns.
図33の左下に示すスーパーリーチはずれ用の第2予告設定テーブルでは、左上に示す非リーチはずれ用の第2予告設定テーブルや右上に示すノーマルリーチはずれ用の第2予告設定テーブルと同じ内容の演出態様が設定され、各演出態様に対して所定数の判定値がそれぞれ割り振られている。図33に示す例では、スーパーリーチはずれとなる場合には、全ての発展パターンに対して判定値が割り振られている。   In the second advance notice setting table for super-reach deviation shown in the lower left of FIG. 33, the production mode has the same contents as the second advance notice setting table for non-reach deviation shown in the upper left and the second advance notice setting table for normal reach deviation shown in the upper right. Is set, and a predetermined number of determination values are assigned to each effect mode. In the example shown in FIG. 33, when super reach is lost, determination values are assigned to all the development patterns.
図21のS507Aにて救済演出なし大当りの変動パターンに対応したコマンドを受信したと判定した場合には、図33の右下に示す大当り用の第2予告設定テーブルを用いて、第2ステップアップ予告の内容(有無、演出態様)を決定する。また、図32の右下に示す大当り用の第1予告設定テーブルを用いて、第1ステップアップ予告の内容(有無、演出態様)を決定する。さらに、予め用意された大当り用のカットイン予告設定テーブルや可動部材予告設定テーブルを用いて、カットイン予告や可動部材予告の内容(有無、演出態様)を決定する。   If it is determined in S507A in FIG. 21 that a command corresponding to the fluctuation pattern of the big hit without relief effect has been received, the second step up is performed using the second big hit setting table for big hit shown in the lower right of FIG. The content of the notice (presence / absence, production mode) is determined. Also, the contents (presence / absence, production mode) of the first step-up notice are determined using the first jackpot setting table for jackpot shown in the lower right of FIG. Furthermore, the contents (presence / absence, production mode) of the cut-in notice and the movable member notice are determined using a jackpot cut-in notice setting table and a movable member notice setting table prepared in advance.
図32の右下に示す大当り用の第1予告設定テーブルでは、左上、右上および左下に示す非リーチはずれ用、ノーマルリーチはずれ用およびスーパーリーチはずれ用の第1予告設定テーブルと同じ内容の演出態様が設定され、各演出態様に対して所定数の判定値がそれぞれ割り振られている。図32に示す例では、大当りとなる場合には、全ての発展パターンに対して判定値が割り振られている。   In the first notice setting table for big hits shown in the lower right of FIG. 32, the production mode has the same contents as the first notice setting table for non-reach deviation, normal reach deviation and super reach deviation shown in the upper left, upper right and lower left. It is set, and a predetermined number of judgment values are assigned to each effect mode. In the example shown in FIG. 32, in the case of a big hit, determination values are assigned to all the development patterns.
図33の左下に示す大当り用の第2予告設定テーブルでは、左上、右下および左下に示す非リーチはずれ用、ノーマルリーチはずれ用およびスーパーリーチはずれ用の第2予告設定テーブルと同じ内容の演出態様が設定され、各演出態様に対して所定数の判定値がそれぞれ割り振られている。図33に示す例では、大当りとなる場合には、全ての発展パターンに対して判定値が割り振られている。   In the second jackpot setting table for big hits shown in the lower left of FIG. 33, there is an effect mode having the same contents as the second notice setting table for non-reach deviation, normal reach deviation and super reach deviation shown in the upper left, lower right and lower left. It is set, and a predetermined number of judgment values are assigned to each effect mode. In the example shown in FIG. 33, in the case of a big hit, determination values are assigned to all the development patterns.
図21のS507Aにて救済演出あり大当りの変動パターンに対応したコマンドを受信したと判定した場合には、図33の右下および図32の右下に示す大当り用の第2予告設定テーブルと第1予告設定テーブルを用いて、第2ステップアップ予告と第1ステップアップ予告の内容(有無、演出態様)を決定する。また、救済演出なしの場合と同様に、大当り用のカットイン予告設定テーブルを用いて、カットイン予告の内容(有無、演出態様)を決定する。一方、救済演出あり大当りの場合には、救済演出なし大当りの場合とは異なり、はずれ用の可動部材予告設定テーブルを用いて、可動部材予告の内容(有無、演出態様)を決定する。   If it is determined in S507A in FIG. 21 that a command corresponding to a variation pattern with a bonus effect is received, the second jackpot setting table for jackpots shown in the lower right of FIG. 33 and the lower right of FIG. The contents (presence / absence, production mode) of the second step-up notice and the first step-up notice are determined using the one notice setting table. Further, similarly to the case without the relief effect, the contents (presence / absence, effect mode) of the cut-in notice are determined using the cut-in notice setting table for jackpot. On the other hand, in the case of a big hit with a relief effect, unlike the case of a big hit without a relief effect, the contents (presence / absence, production mode) of the movable member notice are determined using the movable member notice setting table for detachment.
また、擬似連の変動パターンに対応したコマンドを受信したと判定した場合には、擬似連報知演出設定処理(図21のS507および図23)で決定された特定演出が基本演出であるか操作演出であるかに応じて、初回変動から最終変動の1回前に実行される擬似連変動までの変動表示中に実行する予告演出の内容(有無、演出態様)を決定する。演出制御用CPU101は、初回変動と各擬似連変動とに対応した第1ステップアップ予告決定用の乱数の値と第2ステップアップ予告決定用の乱数の値を抽出し、抽出した乱数値と第1予告設定テーブルや第2予告設定テーブルに設定されている判定値とを比較する。そして、乱数値と一致する判定値に割り当てられた予告演出にもとづいて、第1ステップアップ予告や第2ステップアップ予告の有無と演出態様を決定する。   If it is determined that a command corresponding to a pseudo-continuous variation pattern has been received, whether the specific effect determined in the pseudo-continuous notification effect setting process (S507 in FIG. 21 and FIG. 23) is a basic effect or an operation effect. Depending on whether or not, the contents (presence / absence, production mode) of the notice effect to be executed during the change display from the initial change to the pseudo continuous change executed one time before the final change are determined. The effect control CPU 101 extracts a random number value for determining the first step-up notice and a random number value for determining the second step-up notice corresponding to the initial fluctuation and each pseudo-variable fluctuation, The judgment values set in the first notice setting table and the second notice setting table are compared. Then, the presence / absence of the first step-up notice and the second step-up notice and the production mode are determined based on the notice effect assigned to the determination value that matches the random value.
この実施の形態では、初回変動または擬似連1回(1回目の擬似連変動)に対応して、特定演出が基本演出である場合には、ノーマルリーチはずれ用の第1予告設定テーブルや第2予告設定テーブルを用いて、第1ステップアップ予告や第2ステップアップ予告の内容(有無、演出態様)を決定する。一方、初回変動または擬似連1回(1回目の擬似連変動)に対応して、特定演出が操作演出である場合には、非リーチはずれ用の第1予告設定テーブルや第2予告設定テーブルを用いて、第1ステップアップ予告や第2ステップアップ予告の内容(有無、演出態様)を決定する。   In this embodiment, when the specific effect is a basic effect corresponding to the first fluctuation or one pseudo-continuous change (the first pseudo-continuous change), the first notice setting table or the second notice for losing the normal reach is used. Using the setting table, the contents (presence / absence, production mode) of the first step-up notice and the second step-up notice are determined. On the other hand, if the specific effect is an operation effect corresponding to the first fluctuation or one pseudo-continuous change (first pseudo-continuous change), the first notice setting table and the second notice setting table for non-reach deviation are displayed. The contents (presence / absence, production mode) of the first step-up notice and the second step-up notice are determined.
さらに、擬似連2回(2回目の擬似連変動)または擬似連3回(3回目の擬似連変動)に対応して、特定演出が基本演出である場合には、スーパーリーチはずれ用の第1予告設定テーブルや第2予告設定テーブルを用いて、第1ステップアップ予告や第2ステップアップ予告の内容(有無、演出態様)を決定する。一方、擬似連2回(2回目の擬似連変動)または擬似連3回(3回目の擬似連変動)に対応して、特定演出が操作演出である場合には、非リーチはずれ用の第1予告設定テーブルや第2予告設定テーブルを用いて、第1ステップアップ予告や第2ステップアップ予告の内容(有無、演出態様)を決定する。   Further, when the specific effect is a basic effect corresponding to two pseudo-continuations (second pseudo-variation) or three pseudo-continuations (third pseudo-variation), the first super-reach shift is performed. The contents (presence / absence, production mode) of the first step-up notice and the second step-up notice are determined using the notice setting table and the second notice setting table. On the other hand, if the specific effect is an operation effect corresponding to two pseudo-continuations (second pseudo-variation) or three pseudo-continuations (third pseudo-variation), the first non-reach shift is performed. The contents (presence / absence, production mode) of the first step-up notice and the second step-up notice are determined using the notice setting table and the second notice setting table.
このように、擬似連の変動パターンに対応した特定演出として操作演出が実行されるときは、基本演出が実行されるときと比べて、第1ステップアップ予告や第2ステップアップ予告を実行しない予告演出「なし」に決定される割合が高く、また、「A→B→C」、「A→B→C→D」、「A→B→C→D→E」のような大当りとなる可能性(大当り期待度)が高いことを予告する予告演出に対して判定値が割り振られていない非リーチはずれ用の第1予告設定テーブルや、予告演出「なし」、「W」の発展パターン、および「W→X」の発展パターンにのみ判定値が割り振られた非リーチはずれ用の第2予告設定テーブルを用いて、第1ステップアップ予告や第2ステップアップ予告の内容が決定される。したがって、操作演出が実行される初回変動や擬似連変動では、大当り期待度が高いことを予告する予告演出に決定されにくい、または決定されないように、予告演出の実行に制限が設けられる。   As described above, when the operation effect is executed as the specific effect corresponding to the variation pattern of the pseudo-continuous, the first step-up notice and the second step-up notice are not executed, compared to when the basic effect is executed. The ratio of the production determined as “None” is high, and it can be a big hit like “A → B → C”, “A → B → C → D”, “A → B → C → D → E” A first notice setting table for non-reach out of which a judgment value is not assigned to a notice effect that predicts that the performance (expected degree of jackpot) is high, a development pattern of the notice effects “none” and “W”, and The contents of the first step-up advance notice and the second step-up advance notice are determined using the second reach-out notice setting table for non-reach out of which the determination value is assigned only to the development pattern “W → X”. Therefore, in the initial fluctuation or pseudo-continuous fluctuation in which the operation effect is executed, there is a restriction on the execution of the notice effect so that it is difficult to determine or is not determined as the notice effect that predicts that the big hit expectation is high.
大当りとなるときには、はずれとなるときと比べて、擬似連となったときの再変動回数が多くなる割合が高くなる。一方、操作演出が実行されるときに大当り期待度が高いことを予告する予告演出が実行されてしまうと、プッシュボタン120やスティックコントローラ122に対する操作の有無にかかわらず再変動が実行される可能性が高いことを遊技者が予め認識して、操作意欲が低下するおそれがある。そこで、操作演出が実行されるときには大当り期待度が高いことを予告する予告演出が実行されにくい、または実行されないように制限する。これにより、操作演出におけるプッシュボタン120やスティックコントローラ122といった操作手段に対する遊技者の操作意欲を高めて、遊技の興趣を向上させることができる。   When it is a big hit, the rate of increase in the number of re-variations when it becomes a quasi-continuous is higher than when it is lost. On the other hand, if the notice effect that predicts that the big hit expectation is high when the operation effect is executed, a re-variation may be executed regardless of whether or not the push button 120 or the stick controller 122 is operated. May be recognized in advance by the player, and the willingness to operate may be reduced. Therefore, when the operation effect is executed, the notice effect that notifies that the degree of expectation of the big hit is high is difficult to execute or is restricted from being executed. Thereby, the player's willingness to operate the operation means such as the push button 120 and the stick controller 122 in the operation effect can be increased, and the interest of the game can be improved.
図34(A)は、図21のS508で決定される演出制御パターンの構成例を示す説明図である。図34(A)に示す構成例において、演出制御パターンは、例えば演出制御プロセスタイマ判定値、表示制御データ、音声制御データ、ランプ制御データ、操作検出制御データ、終了コードなどを含んだプロセスデータから構成されている。演出制御プロセスタイマ判定値は、RAM103における所定領域(演出制御タイマ設定部など)に設けられた演出制御プロセスタイマの格納値である演出制御プロセスタイマ値と比較される値(判定値)であって、各演出動作の実行時間(演出時間)に対応した判定値が予め設定されている。なお、演出制御プロセスタイマ判定値に代えて、例えば主基板31から所定の演出制御コマンドを受信したことや、演出制御用CPU101において演出動作を制御するための処理として所定の処理が実行されたことといった、所定の制御内容や処理内容に対応して、演出制御の切換タイミング等を示すデータが設定されていてもよい。   FIG. 34A is an explanatory diagram showing a configuration example of the effect control pattern determined in S508 of FIG. In the configuration example shown in FIG. 34A, the effect control pattern is derived from process data including, for example, an effect control process timer determination value, display control data, sound control data, lamp control data, operation detection control data, an end code, and the like. It is configured. The effect control process timer determination value is a value (determination value) to be compared with an effect control process timer value that is a stored value of an effect control process timer provided in a predetermined area (such as an effect control timer setting unit) in the RAM 103. The determination value corresponding to the execution time (effect time) of each effect operation is set in advance. In place of the effect control process timer determination value, for example, a predetermined effect control command is received from the main board 31, or a predetermined process is executed as a process for controlling the effect operation in the effect control CPU 101. The data indicating the switching timing of the presentation control, etc. may be set corresponding to the predetermined control content and processing content.
表示制御データには、例えば演出図柄の変動表示中における各演出図柄の変動態様を示すデータといった、演出表示装置9における演出画像の表示態様を示すデータが含まれている。すなわち、表示制御データは、演出表示装置9における演出画像の表示動作を指定するデータである。音声制御データには、例えば演出図柄の変動表示中における演出図柄の可変表示動作に連動した効果音等の出力態様を示すデータといった、スピーカ27からの音声出力態様を示すデータが含まれている。すなわち、音声制御データは、スピーカ27からの音声出力動作を指定するデータである。ランプ制御データには、各種LED等の発光体における点灯動作態様を示すデータが含まれている。すなわち、ランプ制御データは、発光体の点灯動作を指定するデータである。   The display control data includes data indicating the display mode of the effect image on the effect display device 9, such as data indicating the change mode of each effect symbol during the display of the effect symbol. In other words, the display control data is data that designates the display operation of the effect image on the effect display device 9. The audio control data includes data indicating an audio output mode from the speaker 27, such as data indicating an output mode such as a sound effect that is linked to the variable display operation of the effect symbol during the effect symbol variation display. That is, the audio control data is data that specifies an audio output operation from the speaker 27. The lamp control data includes data indicating lighting operation modes in light emitters such as various LEDs. That is, the lamp control data is data for designating the lighting operation of the light emitter.
操作検出制御データには、例えばスティックコントローラ122の操作桿に対する指示操作(傾倒操作)とトリガボタン121に対する指示操作(押引操作)とを有効に検出する操作有効期間、あるいはプッシュボタン120に対する指示操作(押下操作)を有効に検出する操作有効期間や、各々の操作を有効に検出した場合における演出動作の制御内容等を指定するデータといった、遊技者の操作行為に応じた演出動作態様を示すデータが含まれている。   The operation detection control data includes, for example, an operation valid period for effectively detecting an instruction operation (tilting operation) on the operation rod of the stick controller 122 and an instruction operation (push-pull operation) on the trigger button 121, or an instruction operation on the push button 120. Data indicating an effect operation mode according to the player's operation action, such as an operation effective period in which (push-down operation) is effectively detected, and data specifying the control content of the effect operation when each operation is detected effectively It is included.
なお、これらの制御データは、全ての演出制御パターンに含まれなければならないものではなく、各演出制御パターンによる演出動作の内容に応じて、一部の制御データを含んで構成される演出制御パターンがあってもよい。また、演出制御パターンに含まれる複数種類のプロセスデータでは、各タイミングで実行される演出動作の内容に応じて、それぞれのプロセスデータを構成する制御データの種類が異なっていてもよい。すなわち、表示制御データや音声制御データ、ランプ制御データ、操作検出制御データの全部を含んで構成されたプロセスデータもあれば、これらの一部を含んで構成されたプロセスデータもあってよい。さらに、例えば演出用模型が備える可動部材における動作態様を示す演出用模型制御データといった、その他の各種制御データが含まれることがあってもよい。   Note that these control data do not have to be included in all the effect control patterns, but an effect control pattern configured to include a part of the control data according to the contents of the effect operation by each effect control pattern. There may be. Further, in the plural types of process data included in the effect control pattern, the types of control data constituting each process data may be different according to the contents of the effect operation executed at each timing. That is, there may be process data configured to include all of the display control data, sound control data, lamp control data, and operation detection control data, or process data configured to include a part of these. Furthermore, other various control data such as, for example, production model control data indicating an operation mode in the movable member included in the production model may be included.
図34(B)は、演出制御パターンの内容に従って実行される各種の演出動作を示している。演出制御用CPU101は、演出制御パターンに含まれる各種の制御データに従って、演出動作の制御内容を決定する。例えば、演出制御プロセスタイマ値が演出制御プロセスタイマ判定値のいずれかと合致したときには、その演出制御プロセスタイマ判定値と対応付けられた表示制御データにより指定される態様で演出図柄を表示させるとともに、キャラクタ画像や背景画像といった演出画像を演出表示装置9に表示させる制御を行う。また、音声制御データにより指定される態様でスピーカ27から音声を出力させる制御を行うとともに、ランプ制御データにより指定される態様で各種LED等の発光体を点滅させる制御を行い、操作検出制御データにより指定される操作有効期間にてスティックコントローラ122のトリガボタン121や操作桿あるいはプッシュボタン120に対する操作を受け付けて演出内容を決定する制御を行う。なお、演出制御プロセスタイマ判定値と対応していても制御対象にならない演出用部品に対応するデータには、ダミーデータ(制御を指定しないデータ)が設定されてもよい。   FIG. 34B shows various rendering operations that are executed according to the contents of the rendering control pattern. The production control CPU 101 determines the control content of the production operation according to various control data included in the production control pattern. For example, when the effect control process timer value matches one of the effect control process timer determination values, the effect design process is displayed in a manner specified by the display control data associated with the effect control process timer determination value, and the character Control is performed to display an effect image such as an image or a background image on the effect display device 9. In addition, control is performed to output sound from the speaker 27 in a mode specified by the voice control data, and control is performed to blink a light emitter such as various LEDs in a mode specified by the lamp control data. Control is performed to determine the content of the effect upon receiving an operation on the trigger button 121, the operation stick or the push button 120 of the stick controller 122 in the designated operation valid period. Note that dummy data (data not specifying control) may be set as data corresponding to a production component that does not become a control target even though it corresponds to the production control process timer determination value.
演出制御用CPU101は、例えば演出図柄の可変表示を開始するときなどに、変動パターン指定コマンドに示された変動パターンなどに基づいて演出制御パターンをセットする。ここで、演出制御パターンをセットする際には、該当する演出制御パターンを構成するパターンデータをROM102から読み出してRAM103の所定領域に一時記憶させてもよいし、該当する演出制御パターンを構成するパターンデータのROM102における記憶アドレスを、RAM103の所定領域に一時記憶させて、ROM102における記憶データの読出位置を指定するだけでもよい。その後、演出制御プロセスタイマ値が更新されるごとに、演出制御プロセスタイマ判定値のいずれかと合致したか否かの判定を行い、合致した場合には、対応する各種の制御データに応じた演出動作の制御を行う。こうして、演出制御用CPU101は、演出制御パターンに含まれるプロセスデータ#1〜プロセスデータ#n(nは任意の整数)の内容に従って、演出装置(演出表示装置9、スピーカ27、各種LED等の発光体など)の制御を進行させる。なお、各プロセスデータ#1〜プロセスデータ#nにおいて、演出制御プロセスタイマ判定値#1〜#nと対応付けられた表示制御データ#1〜表示制御データ#n、音声制御データ#1〜音声制御データ#n、ランプ制御データ#1〜ランプ制御データ#n、操作検出制御データ#1〜操作検出制御データ#nは、演出装置における演出動作の制御内容を示し、演出制御の実行を指定する演出制御実行データ#1〜演出制御実行データ#nを構成する。   The effect control CPU 101 sets the effect control pattern based on the variation pattern indicated in the variation pattern designation command, for example, when starting variable display of the effect symbol. Here, when setting the effect control pattern, pattern data constituting the corresponding effect control pattern may be read from the ROM 102 and temporarily stored in a predetermined area of the RAM 103, or the pattern constituting the corresponding effect control pattern The storage address of the data in the ROM 102 may be temporarily stored in a predetermined area of the RAM 103 and the reading position of the stored data in the ROM 102 may be designated. After that, every time the production control process timer value is updated, it is determined whether or not it matches any of the production control process timer judgment values. If they match, the production operation according to the corresponding various control data Control. In this way, the effect control CPU 101 emits light from the effect device (effect display device 9, speaker 27, various LEDs, etc.) according to the contents of process data # 1 to process data #n (n is an arbitrary integer) included in the effect control pattern. Control the body). In each process data # 1 to process data #n, display control data # 1 to display control data #n and voice control data # 1 to voice control associated with production control process timer determination values # 1 to #n are provided. Data #n, lamp control data # 1 to lamp control data #n, and operation detection control data # 1 to operation detection control data #n indicate the control content of the rendering operation in the rendering device and specify the execution of the rendering control. Control execution data # 1 to production control execution data #n are configured.
こうしてセットした演出制御パターンに従った指令が、演出制御用CPU101からVDP109や音声出力基板70などに対して出力される。演出制御用CPU101からの指令を受けたVDP109では、その指令に示される画像データをCGROMから読み出してVRAMに一時記憶させることなどにより展開させる。また、演出制御用CPU101からの指令を受けた音声出力基板70では、例えば音声合成用ICがその指令に示される音声データを音声データROMから読み出して音声RAM等に一時記憶させることなどにより展開させる。   A command according to the production control pattern set in this way is output from the production control CPU 101 to the VDP 109, the audio output board 70, and the like. In the VDP 109 that has received a command from the effect control CPU 101, the image data indicated by the command is read from the CGROM and temporarily stored in the VRAM. Further, in the audio output board 70 that has received a command from the effect control CPU 101, for example, the voice synthesis IC reads out the voice data indicated by the command from the voice data ROM and temporarily stores it in the voice RAM or the like. .
図35は、演出制御プロセス処理における演出図柄変動中処理(S802)を示すスローチャートである。演出図柄変動中処理において、演出制御用CPU101は、次のような処理を行う。   FIG. 35 is a slow chart showing an effect symbol changing process (S802) in the effect control process. In the effect symbol changing process, the effect control CPU 101 performs the following process.
演出図柄変動中処理においては、演出制御プロセスタイマの値を1減算するとともに(S841)、変動時間タイマの値を1減算する(S842)。そして、演出制御パターンに含まれるプロセスデータ(表示制御データ等)の内容にしたがって、花柄モチーフ態様の表示タイミングであるか否かを確認する(S843)。花柄モチーフ態様の表示タイミングであると判定した場合、プロセスデータの内容にしたがって、花柄モチーフ態様を表示させる(S844)。   In the effect symbol variation processing, 1 is subtracted from the value of the effect control process timer (S841), and 1 is subtracted from the value of the variation time timer (S842). Then, according to the contents of the process data (display control data etc.) included in the effect control pattern, it is confirmed whether or not it is the display timing of the floral motif mode (S843). If it is determined that it is the display timing of the floral motif pattern, the floral motif pattern is displayed according to the contents of the process data (S844).
次に、演出制御用CPU101は、プロセスデータの内容にしたがって、所定のメータ表示を行うメータ表示期間であるか否かを確認する(S845)。メータ表示期間であると判定した場合には、プロセスデータの内容にしたがってメータ表示を行うためのメータ表示制御処理を実行する(S846)。続いて、演出制御用CPU101は、プロセスデータの内容にしたがって、擬似連確定演出期間であるか否かを確認する(S847)。擬似連確定演出期間であると判定した場合には、プロセスデータの内容にしたがって擬似連確定演出を実行するための制御を行う(S848)。   Next, the effect control CPU 101 confirms whether or not it is a meter display period for performing a predetermined meter display according to the contents of the process data (S845). If it is determined that it is the meter display period, meter display control processing for performing meter display is executed according to the contents of the process data (S846). Subsequently, the effect control CPU 101 confirms whether or not it is the pseudo-continuous effect period according to the contents of the process data (S847). If it is determined that it is the pseudo-continuous production effect period, control for executing the pseudo-continuous production effect is performed according to the contents of the process data (S848).
その後、演出制御用CPU101は、プロセスデータの内容にしたがって、その他の予告期間であるか否かを確認する(S849)。予告期間であると判定した場合には、プロセスデータの内容にしたがって、予告演出を実行するための制御を行う(S850)。また、演出制御用CPU101は、プロセスデータの内容にしたがって、リーチ演出期間であるか否かを確認する(S851)。リーチ演出期間であると判定した場合には、プロセスデータの内容にしたがって、リーチ演出を実行するための制御を行う(S852)。そして、操作演出を実行するための操作演出処理を実行する(S853)。   Thereafter, the production control CPU 101 confirms whether or not it is another notice period according to the contents of the process data (S849). When it is determined that it is the advance notice period, control for executing the advance notice effect is performed according to the contents of the process data (S850). Further, the effect control CPU 101 confirms whether or not it is the reach effect period according to the contents of the process data (S851). If it is determined that it is the reach production period, control for executing the reach production is performed according to the contents of the process data (S852). Then, an operation effect process for executing the operation effect is executed (S853).
さらに、演出制御用CPU101は、プロセスデータの内容にしたがって、救済演出期間であるか否かを確認する(S854)。救済演出期間であると判定した場合には、プロセスデータの内容にしたがって、救済演出を実行するための制御を行う(S855)。その他にも、プロセスデータの内容にしたがって各種の変動中演出を実行するための制御を行う(S856)。   Further, the effect control CPU 101 confirms whether or not it is the relief effect period according to the contents of the process data (S854). If it is determined that it is the relief effect period, control for executing the relief effect is performed according to the contents of the process data (S855). In addition, control for executing various changing effects is performed according to the contents of the process data (S856).
そして、変動時間タイマがタイムアウトしているか否かを確認する(S857)。変動時間タイマがタイムアウトしていないと判定された場合には、主基板31からの図柄確定指定コマンドを受信したか否かを確認する(S858)。図柄確定指定コマンドを受信していないと判定した場合は、演出図柄変動中処理が終了する。変動時間タイマがタイムアウトしたと判定された場合や、図柄確定指定コマンドを受信したと判定された場合には、演出制御プロセスフラグの値を演出図柄変動停止処理(S803)に対応した値にしてから、演出図柄変動中処理が終了する。   Then, it is confirmed whether or not the variable time timer has timed out (S857). If it is determined that the variable time timer has not timed out, it is determined whether or not a symbol confirmation designation command has been received from the main board 31 (S858). When it is determined that the symbol confirmation designation command has not been received, the effect symbol variation processing is terminated. When it is determined that the variation time timer has timed out, or when it is determined that the symbol determination designation command has been received, the value of the effect control process flag is set to a value corresponding to the effect symbol variation stop process (S803). Then, the effect symbol variation processing ends.
図36は、操作演出処理(S853)を示すフローチャートである。操作演出処理では、まず、操作演出の実行設定があるか否かを確認する(S901)。操作演出の実行設定がないと判定した場合には、S908に進む。操作演出の実行設定があると判定した場合には、プロセスデータの内容にしたがって、操作演出用の操作有効期間であるか否かを確認する(S902)。操作演出用の操作有効期間ではないと判定した場合には、S908に進む。一方、操作演出用の操作有効期間であると判定した場合には、スティックコントローラ122に対する操作の検出があったか否かを確認する(S903)。なお、例えば図8(J)や図27に示したようなリーチ成立後の操作演出となるリーチ後操作演出が実行される場合には、プッシュボタン120に対する操作の検出があったか否かを確認すればよい。   FIG. 36 is a flowchart showing the operation effect process (S853). In the operation effect process, first, it is confirmed whether or not there is an operation effect execution setting (S901). If it is determined that there is no execution setting for the operation effect, the process proceeds to S908. If it is determined that there is an execution setting for the operation effect, whether or not it is the operation effective period for the operation effect is confirmed according to the contents of the process data (S902). If it is determined that it is not the operation effective period for the operation effect, the process proceeds to S908. On the other hand, if it is determined that it is the operation effective period for the operation effect, it is confirmed whether or not an operation on the stick controller 122 has been detected (S903). Note that, for example, when a post-reach operation effect that is an operation effect after the establishment of reach as shown in FIG. 8J or FIG. 27 is executed, it is confirmed whether or not an operation on the push button 120 has been detected. That's fine.
S903でスティックコントローラ122に対する操作があったときには、プロセスデータの内容にしたがって、操作時チャンス目を表示させる(S904)。このとき表示される操作時チャンス目は、図23のS695で決定されたものであればよい。一方、スティックコントローラ122に対する操作がないときには、プロセスデータの内容にしたがって、操作演出の終了タイミングであるか否かを確認する(S905)。操作演出の終了タイミングではないと判定した場合には、操作演出処理が終了する。一方、操作演出の終了タイミングであると判定した場合には、プロセスデータの内容にしたがって、標準チャンス目を表示させる(S906)。なお、擬似連ガセXの変動パターンや擬似連ガセYの変動パターンである場合には、スティックコントローラ122に対する操作が検出されたことや、操作演出の終了タイミングになったことに対応して、擬似連チャンス目とは異なるはずれ図柄の組合せとなる表示結果を停止表示すればよい。その後、操作有効期間を終了させる設定を行ってから(S907)、操作演出処理が終了する。   When an operation is performed on the stick controller 122 in S903, an operation chance is displayed according to the contents of the process data (S904). The operation chance displayed at this time may be determined at S695 in FIG. On the other hand, when there is no operation on the stick controller 122, it is confirmed whether it is the end timing of the operation effect according to the contents of the process data (S905). If it is determined that it is not the end timing of the operation effect, the operation effect process ends. On the other hand, when it is determined that it is the end timing of the operation effect, the standard chance item is displayed according to the contents of the process data (S906). In the case of the variation pattern of the pseudo continuous gasset X or the variation pattern of the pseudo continuous gasset Y, the pseudo operation is performed in response to the detection of the operation on the stick controller 122 or the end timing of the operation effect. What is necessary is just to stop-display the display result that is a combination of the symbols that are different from the consecutive chances. Thereafter, after setting for ending the operation valid period (S907), the operation effect process ends.
S908では、リーチ前操作演出の実行設定があるか否かを確認する(S908)。リーチ前操作演出の実行設定がないと判定した場合には、操作演出処理が終了する。リーチ前操作演出の実行設定があると判定した場合には、プロセスデータの内容にしたがって、リーチ前操作演出用の操作有効期間であるか否かを確認する(S909)。リーチ前操作演出用の操作有効期間ではないと判定した場合には、操作演出処理が終了する。一方、リーチ前操作演出用の操作有効期間であると判定した場合には、スティックコントローラ122に対する操作の検出があったか否かを確認する(S910)。   In S908, it is confirmed whether or not there is an execution setting for the pre-reach operation effect (S908). When it is determined that there is no execution setting for the pre-reach operation effect, the operation effect process ends. If it is determined that there is an execution setting for the pre-reach operation effect, whether or not it is the operation valid period for the pre-reach operation effect is confirmed according to the contents of the process data (S909). When it is determined that it is not the operation effective period for the pre-reach operation effect, the operation effect process ends. On the other hand, if it is determined that it is the operation valid period for the pre-reach operation effect, it is confirmed whether or not an operation for the stick controller 122 has been detected (S910).
S910でスティックコントローラ122に対する操作がないときには、プロセスデータの内容にしたがって、リーチ前操作演出の終了タイミングであるか否かを確認する(S911)。リーチ前操作演出の終了タイミングではないと判定した場合には、操作演出処理が終了する。S910でスティックコントローラ122に対する操作があったときや、S911でリーチ前操作演出の終了タイミングであるときには、プロセスデータの内容にしたがって、演出図柄の変動状態をリーチ状態とするリーチ図柄を表示させる(S912)。その後、操作有効期間を終了させる設定を行ってから(S913)、操作演出処理が終了する。   When there is no operation on the stick controller 122 in S910, it is confirmed whether it is the end timing of the pre-reach operation effect according to the contents of the process data (S911). When it is determined that it is not the end timing of the pre-reach operation effect, the operation effect process ends. When an operation is performed on the stick controller 122 in S910, or when it is the end timing of the pre-reach operation effect in S911, a reach symbol that changes the variation state of the effect symbol to the reach state is displayed according to the contents of the process data (S912). ). Thereafter, after setting for ending the operation valid period (S913), the operation effect process ends.
このように操作有効期間中に操作が行われたときには、操作が行われないときと比べて、遊技者にとって面白みがある演出が実行されることにより、遊技者による操作を促進させることができ、遊技者の遊技への参加意欲を向上させることができる。   In this way, when the operation is performed during the operation effective period, the player can promote the operation by performing an effect that is more interesting for the player than when the operation is not performed. It is possible to improve the player's willingness to participate in the game.
また、操作がされなかったときはS906で標準チャンス目(「3,NEXT,4」)を表示する演出がされ、操作がされたときはS904で操作時チャンス目を表示する演出がされる。したがって、操作演出が実行されたときに、スティックコントローラ122による操作がされたか否かによって、擬似連チャンス目が導出表示されるときの演出が異なるものになる。このように、スティックコントローラ122が操作されたか否かに基づいて演出が変化するため、演出を多様化することができる。   If no operation is performed, an effect of displaying the standard chance (“3, NEXT, 4”) is displayed in S906, and if an operation is performed, an effect of displaying the operation chance is displayed in S904. Therefore, when the operation effect is executed, the effect when the pseudo consecutive chance eyes are derived and displayed depends on whether or not the operation by the stick controller 122 is performed. Thus, since the production changes based on whether or not the stick controller 122 is operated, the production can be diversified.
なお、本実施の形態では、特定演出(煽り演出)を実行した後、擬似連チャンス目を導出表示するというような特定事象を発生させる演出として、スーパーリーチA1,B1,C1,D1,A2,B2,C2,D2のようなスーパーリーチを一例として示したが、スーパーリーチ以外のリーチ演出を行う変動パターンであってもよく、リーチ演出以外の演出であってもよい。また、この場合の特定事象としては、擬似連チャンス目を導出表示する演出を示したが、大当りとなる期待度が高い演出であれば、例えば、大当り予告(例えば、ステップアップ予告等の予告)を表示する予告演出等のその他の演出であってもよい。   In the present embodiment, super-reach A1, B1, C1, D1, A2, and the like are generated as an effect of generating a specific event such as derivation and display of pseudo-continuous chances after executing a specific effect (buzzing effect). Although super reach like B2, C2, D2 was shown as an example, the change pattern which performs reach effects other than super reach may be sufficient, and effects other than reach effect may be sufficient. In addition, as a specific event in this case, an effect of deriving and displaying pseudo-continuous chances has been shown. However, if the expectation of a big hit is high, for example, a big hit notice (for example, a notice such as a step-up notice) Other effects such as a notice effect for displaying the message may be used.
また、本実施の形態では、特定演出(煽り演出)を実行した後、擬似連チャンス目を導出表示するというような特定事象を発生させる演出を実行する変動パターンとして、短い変動時間の変動パターンと、長い変動時間の変動パターンとのいずれとするかを遊技制御マイクロコンピュータ560の側で決定し、このような変動パターンが選択されたときに、特定演出として操作演出を実行するか否かの決定を演出制御用マイクロコンピュータ100の側で行う例を示した。しかし、これに限らず、このような変動パターンが選択されたときに、特定演出として操作演出を実行するか否かの決定を遊技制御マイクロコンピュータ560の側で行うようにしてもよい。   Further, in the present embodiment, after executing the specific effect (buzzing effect), the change pattern of a short change time is used as the change pattern for executing the effect of generating a specific event such as derivation display of the pseudo consecutive chance line. The game control microcomputer 560 determines which of the fluctuation patterns has a long fluctuation time, and when such a fluctuation pattern is selected, determines whether or not to execute an operation effect as a specific effect. In the example shown in FIG. However, the present invention is not limited to this, and when such a variation pattern is selected, the game control microcomputer 560 may determine whether or not to execute the operation effect as the specific effect.
また、遊技制御マイクロコンピュータ560の側では、短い変動時間の変動パターンと、長い変動時間の変動パターンとのいずれにするかまでを決定し、演出制御用マイクロコンピュータ100の側で、特定演出(煽り演出)を実行した後、擬似連チャンス目を導出表示するというような特定事象を発生させる演出を実行するか否かを決定するとともに、このような演出を実行するときに、特定演出として操作演出を実行するか否かの決定をするようにしてもよい。   On the game control microcomputer 560 side, a decision is made as to whether to use a short fluctuation time fluctuation pattern or a long fluctuation time fluctuation pattern. After performing the effect), it is determined whether or not to execute an effect that generates a specific event, such as deriving and displaying the pseudo-chance chance, and when such an effect is executed, the operation effect is used as the specific effect. It may be determined whether or not to execute.
その他にも、この発明は、上記実施の形態に限定されず、様々な変形及び応用が可能である。例えばパチンコ遊技機1は、上記実施の形態で示した全ての技術的特徴を備えるものでなくてもよく、従来技術における少なくとも1つの課題を解決できるように、上記実施の形態で説明した一部の構成を備えたものであってもよい。具体的な一例として、上記実施の形態では、擬似連チャンス目が停止表示されるより前の全図柄変動中に操作演出を実行する場合の他に、リーチ成立後にリーチ後操作演出を実行する場合や、操作演出を実行した後にリーチ状態となるリーチ前操作演出を実行する場合があるものとして説明した。これに対して、全図柄変動中の操作演出のみを実行できるものであってもよいし、全図柄変動中の操作演出に加えてリーチ後操作演出とリーチ前操作演出のいずれか一方を実行できるものであってもよい。   In addition, the present invention is not limited to the above embodiment, and various modifications and applications are possible. For example, the pachinko gaming machine 1 does not have to include all the technical features shown in the above embodiment, and the part described in the above embodiment so as to solve at least one problem in the prior art. It may be provided with the following structure. As a specific example, in the above-described embodiment, in addition to the case where the operation effect is executed during all symbol fluctuations before the pseudo consecutive chance is stopped and displayed, the case where the operation effect after reach is executed after the reach is established. In addition, the description has been given on the assumption that the pre-reach operation effect that is in the reach state after the operation effect is executed may be executed. On the other hand, it may be possible to execute only the operation effect during the change of all symbols, or it is possible to execute either the post-reach operation effect or the pre-reach operation effect in addition to the operation effect during the change of all symbols. It may be a thing.
遊技者による指示入力を検出するための構成は、プッシュボタン120やスティックコントローラ122を用いたものに限定されず、例えば操作ボタンのみを用いたものであってもよい。操作ボタンには、遊技者が押圧操作をすることが可能な押しボタンスイッチが設けられている。なお、操作ボタンは、遊技者による押圧操作が可能な押しボタンスイッチが設けられているだけでなく、遊技者による回転操作が可能なダイヤルが設けられてもよい。遊技者は、ダイヤルを回転操作することによって、所定の選択(例えば演出の選択)を行うことができる。   The configuration for detecting the instruction input by the player is not limited to the one using the push button 120 or the stick controller 122, and for example, only the operation button may be used. The operation button is provided with a push button switch that can be pressed by the player. The operation buttons may be provided not only with a push button switch that can be pressed by the player but also with a dial that can be rotated by the player. The player can perform a predetermined selection (for example, selection of effects) by rotating the dial.
あるいは、タッチパネルのように接触操作や押圧操作が可能なものを用いてもよい。また、例えば赤外線センサや超音波センサ、CCDセンサ、CMOSセンサのように、遊技者による所定の指示入力行為を検出できるセンサを用いてもよい。所定のカメラを用いて遊技者の手などを撮影した結果を解析(ビデオ式モーションキャプチャ)して、遊技者による指示入力を検出できるようにしてもよい。すなわち、遊技者による指示入力を検出するための構成は、遊技者による所定の指示入力行為を、機械的、電気的、あるいは、電磁的に、検出できる任意の構成であればよい。   Or you may use what can perform contact operation and a press operation like a touch panel. Further, for example, a sensor that can detect a predetermined instruction input action by a player, such as an infrared sensor, an ultrasonic sensor, a CCD sensor, or a CMOS sensor, may be used. The result of photographing a player's hand using a predetermined camera may be analyzed (video motion capture) to detect an instruction input by the player. That is, the configuration for detecting an instruction input by the player may be any configuration that can detect a predetermined instruction input action by the player mechanically, electrically, or electromagnetically.
擬似連確定演出は、演出表示装置9に所定のキャラクタ画像といった演出画像を表示させることにより実行されるものに限定されず、スピーカ27から所定の効果音を出力させることにより実行されるものや、所定のLED等の発光体を点灯させることにより実行されるもの、所定の可動部材を動作させることにより実行されるものなどであってもよい。これらの場合でも、操作演出が実行されるより前には、擬似連確定演出となる演出動作の実行を禁止すること、あるいは実行割合を低下させること、あるいは遊技者が認識困難または認識不可能な演出態様で実行することなどにより、擬似連確定演出の実行に制限が設けられればよい。   The quasi-continuous determination effect is not limited to that executed by displaying an effect image such as a predetermined character image on the effect display device 9, but is executed by outputting a predetermined sound effect from the speaker 27, It may be executed by turning on a light emitter such as a predetermined LED, or may be executed by operating a predetermined movable member. Even in these cases, before the operation effect is executed, the execution of the effect operation that becomes the pseudo-continuous effect is prohibited, or the execution rate is reduced, or the player is difficult or impossible to recognize. It is only necessary to limit the execution of the pseudo-continuous effect by executing it in the effect mode.
変動表示の表示結果が特定表示結果(大当り図柄)となる可能性を予告する予告演出は、ステップアップ予告やカットイン予告、可動部材予告などに限定されず、例えば演出表示装置9に所定のキャラクタ画像を表示するキャラクタ予告といった、演出装置を用いて実行される任意の予告演出であればよい。   The notice effect for notifying the possibility that the display result of the variable display becomes the specific display result (big hit symbol) is not limited to the step-up notice, the cut-in notice, the movable member notice, etc., for example, a predetermined character on the effect display device 9 Any notice effect such as a character notice for displaying an image that is executed using the effect device may be used.
上記実施の形態では、演出装置を制御する回路が搭載された基板として、演出制御基板80、音声出力基板70およびランプドライバ基板35が設けられているが、演出装置を制御する回路を1つの基板に搭載してもよい。さらに、演出表示装置9等を制御する回路が搭載された第1の演出制御基板(表示制御基板)と、その他の演出装置(ランプ、LED、スピーカ27R,27L等)を制御する回路が搭載された第2の演出制御基板との2つの基板を設けるようにしてもよい。   In the above embodiment, the effect control board 80, the audio output board 70, and the lamp driver board 35 are provided as the boards on which the circuit for controlling the effect device is mounted, but the circuit for controlling the effect device is a single substrate. May be installed. Further, a first effect control board (display control board) on which a circuit for controlling the effect display device 9 and the like is mounted, and a circuit for controlling other effect devices (lamps, LEDs, speakers 27R, 27L, etc.) are mounted. Alternatively, two substrates, the second effect control substrate, may be provided.
上記実施の形態では、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、演出制御用マイクロコンピュータ100に対して直接コマンドを送信していたが、遊技制御用マイクロコンピュータ560が他の基板(例えば、図3に示す音声出力基板70やランプドライバ基板35等、または音声出力基板70に搭載されている回路による機能とランプドライバ基板35に搭載されている回路による機能とを備えた音/ランプ基板)に演出制御コマンドを送信し、他の基板を経由して演出制御基板80における演出制御用マイクロコンピュータ100に送信されるようにしてもよい。その場合、他の基板においてコマンドが単に通過するようにしてもよいし、音声出力基板70、ランプドライバ基板35、音/ランプ基板にマイクロコンピュータ等の制御手段を搭載し、制御手段がコマンドを受信したことに応じて音声制御やランプ制御に関わる制御を実行し、さらに、受信したコマンドを、そのまま、または例えば簡略化したコマンドに変更して、演出表示装置9を制御する演出制御用マイクロコンピュータ100に送信するようにしてもよい。その場合でも、演出制御用マイクロコンピュータ100は、上記の実施の形態における遊技制御用マイクロコンピュータ560から直接受信した演出制御コマンドに応じて表示制御を行うのと同様に、音声出力基板70、ランプドライバ基板35または音/ランプ基板から受信したコマンドに応じて表示制御を行うことができる。このような構成の場合には、前述した実施の形態で演出制御用マイクロコンピュータ100が行っていた各種決定については、同様に演出制御用マイクロコンピュータ100が行うようにしてもよく、または、音声出力基板70、ランプドライバ基板35、または、音/ランプ基板に搭載したマイクロコンピュータ等の制御手段が行うようにしてもよい。   In the above-described embodiment, the game control microcomputer 560 directly transmits a command to the effect control microcomputer 100. However, the game control microcomputer 560 transmits another command (for example, the audio shown in FIG. 3). A production control command is given to a sound / lamp board having a function of a circuit mounted on the output board 70, the lamp driver board 35, etc., or a circuit mounted on the sound output board 70 and a function of a circuit mounted on the lamp driver board 35). It is also possible to transmit it to the effect control microcomputer 100 on the effect control board 80 via another board. In that case, the command may simply pass through another board, or the sound output board 70, the lamp driver board 35, and the sound / lamp board are equipped with control means such as a microcomputer, and the control means receives the command. In response to this, control related to sound control and lamp control is executed, and the received command is changed as it is or, for example, to a simplified command to control the effect display device 9. You may make it transmit to. Even in that case, the effect control microcomputer 100 performs the display control in accordance with the effect control command directly received from the game control microcomputer 560 in the above-described embodiment. Display control can be performed in accordance with commands received from the board 35 or the sound / lamp board. In the case of such a configuration, the various determinations performed by the production control microcomputer 100 in the above-described embodiment may be similarly performed by the production control microcomputer 100, or audio output may be performed. Control means such as a microcomputer mounted on the board 70, the lamp driver board 35, or the sound / lamp board may be used.
この発明は、入賞球の検出に応答して所定数の賞球を払い出す払出式遊技機に限定されるものではなく、遊技球を封入し入賞球の検出に応答して得点を付与する封入式遊技機にも適用することができる。   The present invention is not limited to a payout-type gaming machine that pays out a predetermined number of prize balls in response to detection of winning balls, but includes an enclosure that encloses gaming balls and gives points in response to detection of winning balls It can also be applied to a type game machine.
この発明は、パチンコ遊技機1の動作をシミュレーションするゲーム機などの装置にも適用することができる。前述した実施の形態を実現するためのプログラム及びデータは、コンピュータ装置等に対して、着脱自在の記録媒体により配布・提供される形態に限定されるものではなく、予めコンピュータ装置等の有する記憶装置にプリインストールしておくことで配布される形態を採っても構わない。さらに、本発明を実現するためのプログラム及びデータは、通信処理部を設けておくことにより、通信回線等を介して接続されたネットワーク上の、他の機器からダウンロードすることによって配布する形態を採っても構わない。そして、ゲームの実施形態も、着脱自在の記録媒体を装着することにより実行するものだけではなく、通信回線等を介してダウンロードしたプログラム及びデータを、内部メモリ等に一旦格納することにより実行可能とする形態、通信回線等を介して接続されたネットワーク上における、他の機器側のハードウェア資源を用いて直接実行する形態としてもよい。さらには、他のコンピュータ装置等とネットワークを介してデータの交換を行うことによりゲームを実行するような形態とすることもできる。   The present invention can also be applied to an apparatus such as a game machine that simulates the operation of the pachinko gaming machine 1. The program and data for realizing the above-described embodiment are not limited to a form distributed and provided to a computer apparatus or the like by a detachable recording medium, but a storage apparatus that the computer apparatus or the like has in advance. You may take the form that is distributed by pre-installing. Furthermore, the program and data for realizing the present invention are distributed by downloading from other devices on a network connected via a communication line or the like by providing a communication processing unit. It doesn't matter. The game embodiment is not only executed by attaching a removable recording medium, but can also be executed by temporarily storing a program and data downloaded via a communication line or the like in an internal memory or the like. It is also possible to execute directly using hardware resources on the other device side on a network connected via a communication line or the like. Furthermore, the game can be executed by exchanging data with other computer devices or the like via a network.
上記実施の形態では、大当り種別として、15ラウンドの通常大当りと15ラウンドの確変大当りとを設けた例を示した。しかし、これに限らず、例えば、15ラウンドの大当り、10ラウンドの大当り、5ラウンドの大当り、および、2ラウンドの大当りを設ける場合のように、3種類以上のラウンド数の大当り種別を設けてもよい。その場合には、例えば、大当りの種別を、賞球が得られやすい大当り種別グループ(例えば、15ラウンドの大当り、10ラウンドの大当り)と、賞球が得られにくい大当り種別グループ(例えば、5ラウンドの大当り、2ラウンドの大当り)とに分類し、第2特別図柄の方が第1特別図柄よりも、賞球が得られやすい大当り種別グループの大当り種別が選択される割合が高くなるように設定してもよい。   In the above embodiment, an example in which 15 rounds of normal big hits and 15 rounds of probable big hits are provided as the types of big hits. However, the present invention is not limited to this. For example, a big hit type of three or more rounds may be provided, such as a big hit of 15 rounds, a big hit of 10 rounds, a big hit of 5 rounds, and a big hit of 2 rounds. Good. In that case, for example, the big hit type is classified into a big hit type group (for example, a big hit of 15 rounds, a big hit of 10 rounds) and a big hit type group (for example, 5 rounds) where a winning ball is difficult to obtain. And the 2nd special symbol is set so that the ratio of the big hit type of the big hit type group where the prize ball is easily obtained is higher than the 1st special symbol. May be.
以上説明したように、パチンコ遊技機1では、図23に示したS688で操作演出有に決定されたと判定した場合に、S692の処理を実行しないように制限する。このように、擬似連に伴う特定演出として、プッシュボタン120やスティックコントローラ122などの操作手段に対する操作の検出にもとづく操作演出が実行されるよりも前には、擬似連確定演出の実行に制限を設ける。これにより、擬似連における再変動が実行されるか否かに対して遊技者の関心を高めることで操作意欲の低下を防止して、遊技の興趣を向上させることができる。   As described above, in the pachinko gaming machine 1, when it is determined that the operation effect is present in S688 shown in FIG. 23, the process of S692 is restricted from being executed. As described above, as the specific effect associated with the pseudo-ream, before the operation effect based on the detection of the operation with respect to the operation means such as the push button 120 and the stick controller 122 is performed, the execution of the pseudo-continuous effect is limited. Provide. Accordingly, it is possible to prevent a decrease in the willingness to operate by increasing the player's interest in whether or not the re-variation in the pseudo-run is executed, and to improve the interest of the game.
図22(a)〜(d)に示したような第1〜第4操作演出判定テーブルの設定により、操作演出が実行されるときには、操作演出が実行されず基本演出が実行されるときと比べて、擬似連チャンス目を仮停止して再変動が実行される割合が高くなる。これにより、操作演出の実行に対する遊技者の期待感を高めて、遊技の興趣を向上させることができる。   When the operation effect is executed by setting the first to fourth operation effect determination tables as shown in FIGS. 22A to 22D, the operation effect is not executed and the basic effect is executed. Thus, the rate at which the re-variation is executed by temporarily stopping the pseudo-ream chance is increased. Thereby, a player's expectation with respect to execution of an operation effect can be raised, and the interest of a game can be improved.
図30、図32、図33に示したような予告演出を決定するための設定により、操作演出が実行されるときには、変動表示の表示結果として特定表示結果(大当り図柄)が停止表示される可能性が高いことを予告する予告演出の実行に制限を設ける。これにより、操作演出が実行された後に再変動が実行さっるか否かを遊技者が予め認識してしまうことによる操作意欲の低下を防止して、遊技の興趣を向上させることができる。   When the operation effect is executed by the setting for determining the notice effect as shown in FIGS. 30, 32, and 33, the specific display result (big hit symbol) can be stopped and displayed as the display result of the variable display. Restrictions are placed on the execution of a notice effect that gives a notice of high performance. Accordingly, it is possible to prevent the player from recognizing in advance whether or not the re-variation is executed after the operation effect is executed, thereby improving the interest of the game.
図8(K)や図28に示したように、操作演出を実行した後にリーチ状態となるリーチ前操作演出を実行することにより、再変動が実行されないときに遊技者の落胆を防止して遊技の興趣を向上させることができる。   As shown in FIG. 8 (K) and FIG. 28, by executing the pre-reach operation effect that becomes the reach state after executing the operation effect, the player is prevented from being discouraged when re-variation is not executed. Can improve the interest of
図8(J)や図27に示したように、リーチ状態となった後に操作演出が実行されて擬似連チャンス目が仮停止し、再変動が実行されることがある。これにより、操作演出の意外性を高めて遊技の興趣を向上させることができる。   As shown in FIG. 8 (J) and FIG. 27, after the reach state is reached, the operation effect is executed, the false consecutive chance is temporarily stopped, and re-variation may be executed. Thereby, the unexpectedness of an operation effect can be raised and the interest of a game can be improved.
図22(c)および図22(d)に示したような第3および第4操作演出判定テーブルの設定により、特定演出を実行する時間がスーパーリーチA2,B2,C2,D2よりも短いスーパーリーチA1,B1,C1,D1の変動パターンが選択されたときに、スーパーリーチA2,B2,C2,D2が選択されたときと比べて高い割合で、特定演出として操作演出を実行することが決定される。したがって、操作演出が実行されるときには、操作演出での操作後における演出時間終了時(変動時間終了)時までの待ち時間を短時間化することが可能となる。これにより、演出を多様化しながらも、操作後における演出時間終了時までの待ち時間の長さに起因して生じる遊技者の演出に対する不満を軽減することができる。   The super-reach time in which the specific effect is executed is shorter than the super-reach A2, B2, C2, and D2 by setting the third and fourth operation effect determination tables as shown in FIGS. When the variation pattern of A1, B1, C1, and D1 is selected, it is determined to execute the operation effect as the specific effect at a higher rate than when the super reach A2, B2, C2, and D2 are selected. The Therefore, when the operation effect is executed, it is possible to shorten the waiting time until the end of the effect time after the operation in the operation effect (end of the variation time). Thereby, it is possible to reduce dissatisfaction with the player's performance caused by the length of the waiting time until the end of the performance time after the operation, while diversifying the performance.
1 … パチンコ遊技機
8a … 第1特別図柄表示器
8b … 第2特別図柄表示器
9 … 演出表示装置
27 … スピーカ
28 … 枠LED
31 … 主基板
35 … ランプドライバ基板
56 … CPU
70 … 音声出力基板
77 … 中継基板
100 … 演出制御用マイクロコンピュータ
101 … 演出制御用CPU
109 … VDP
120 … プッシュボタン
121 … トリガボタン
122 … スティックコントローラ
560 … 遊技制御用マイクロコンピュータ
DESCRIPTION OF SYMBOLS 1 ... Pachinko machine 8a ... 1st special symbol display 8b ... 2nd special symbol display 9 ... Production display device 27 ... Speaker 28 ... Frame LED
31 ... Main board 35 ... Lamp driver board 56 ... CPU
70 ... Audio output board 77 ... Relay board 100 ... Production control microcomputer 101 ... Production control CPU
109… VDP
120 ... push button 121 ... trigger button 122 ... stick controller 560 ... microcomputer for game control

Claims (1)

  1. 各々を識別可能な複数種類の識別情報の可変表示を行い表示結果を導出する可変表示手段に予め定められた特定表示結果が導出されたときに、遊技者にとって有利な特定遊技状態に制御する遊技機であって、
    前記特定遊技状態に制御するか否かを、識別情報の表示結果が導出される以前に決定する事前決定手段と、
    識別情報の可変表示が開始されてから表示結果が導出されるまでに一旦仮停止させた後に可変表示を再度実行する再可変表示を所定回実行可能な再可変表示実行手段と、
    前記再可変表示が実行されるときには第1態様で、前記再可変表示が実行されないときには第2態様で特定演出を実行する特定演出実行手段と、
    前記特定演出が実行されるよりも前に前記再可変表示が実行されることを報知する事前報知演出を実行する事前報知演出実行手段と、
    遊技者による指示入力を検出する入力検出手段と、
    前記特定演出として、前記入力検出手段による指示入力の検出にもとづき実行される入力特定演出と、前記入力検出手段による指示入力の検出にもとづかず実行される非入力特定演出とのうち、いずれを実行するかを決定する特定演出決定手段とを備え、
    前記事前報知演出実行手段は、
    前記非入力特定演出が実行されるよりも前には所定割合で前記事前報知演出を実行し、
    前記入力特定演出が実行されるよりも前には前記事前報知演出の実行に制限を設ける、
    ことを特徴とする遊技機。
    A game for controlling a specific gaming state advantageous to the player when a predetermined specific display result is derived by variable display means for performing variable display of a plurality of types of identification information that can identify each of them and deriving a display result Machine,
    Pre-decision means for deciding whether to control to the specific gaming state before the display result of the identification information is derived;
    A predetermined number of times executable again variable display execution means re variable display to perform variable display after stopping one Dankari again until the variable display displayed from the start results are derived identification information,
    A specific effect executing means for executing a specific effect in a first mode when the re-variable display is performed, and a second mode when the re-variable display is not performed;
    Prior notification effect execution means for executing an advance notification effect for notifying that the re-variable display is executed before the specific effect is executed;
    Input detection means for detecting an instruction input by a player;
    As the specific effect, any one of an input specific effect executed based on detection of an instruction input by the input detection unit and a non-input specific effect executed based on detection of an instruction input by the input detection unit is executed. Specific production determining means for determining whether to do,
    The prior notification production execution means includes:
    Before the non-input specific effect is executed, the prior notification effect is executed at a predetermined rate,
    Before the input specific effect is executed, there is a limit to the execution of the prior notification effect,
    A gaming machine characterized by that.
JP2012143404A 2012-06-26 2012-06-26 Game machine Active JP5758353B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012143404A JP5758353B2 (en) 2012-06-26 2012-06-26 Game machine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012143404A JP5758353B2 (en) 2012-06-26 2012-06-26 Game machine

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2014004248A JP2014004248A (en) 2014-01-16
JP2014004248A5 JP2014004248A5 (en) 2014-02-27
JP5758353B2 true JP5758353B2 (en) 2015-08-05

Family

ID=50102568

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012143404A Active JP5758353B2 (en) 2012-06-26 2012-06-26 Game machine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5758353B2 (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015080535A (en) * 2013-10-22 2015-04-27 株式会社三共 Game machine
JP2015080536A (en) * 2013-10-22 2015-04-27 株式会社三共 Game machine
JP2015107321A (en) * 2013-10-22 2015-06-11 株式会社三共 Game machine

Families Citing this family (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6425384B2 (en) * 2014-01-23 2018-11-21 株式会社藤商事 Gaming machine
JP2016189896A (en) * 2015-03-31 2016-11-10 京楽産業.株式会社 Game machine
JP6351533B2 (en) * 2015-03-31 2018-07-04 京楽産業.株式会社 Game machine
JP6006371B1 (en) * 2015-06-05 2016-10-12 京楽産業.株式会社 Game machine
JP6006372B1 (en) * 2015-06-05 2016-10-12 京楽産業.株式会社 Game machine
JP6491127B2 (en) * 2016-03-15 2019-03-27 株式会社三共 Game machine
JP6607813B2 (en) * 2016-03-15 2019-11-20 株式会社三共 Game machine
JP6607812B2 (en) * 2016-03-15 2019-11-20 株式会社三共 Game machine
JP6313810B2 (en) * 2016-06-10 2018-04-18 京楽産業.株式会社 Game machine
JP6313811B2 (en) * 2016-06-10 2018-04-18 京楽産業.株式会社 Game machine
JP6340393B2 (en) * 2016-10-20 2018-06-06 京楽産業.株式会社 Game machine
JP6435304B2 (en) * 2016-10-20 2018-12-05 京楽産業.株式会社 Game machine
JP6435303B2 (en) * 2016-10-20 2018-12-05 京楽産業.株式会社 Game machine
JP6310998B2 (en) * 2016-11-29 2018-04-11 京楽産業.株式会社 Game machine
JP6514181B2 (en) * 2016-12-13 2019-05-15 株式会社藤商事 Gaming machine
JP6836822B2 (en) * 2018-07-24 2021-03-03 株式会社大一商会 Game machine
JP6835457B2 (en) * 2018-07-24 2021-02-24 株式会社大一商会 Game machine

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5340586B2 (en) * 2007-12-06 2013-11-13 株式会社三共 Game machine
JP5164261B2 (en) * 2008-06-18 2013-03-21 サミー株式会社 Bullet ball machine
JP5335657B2 (en) * 2009-12-11 2013-11-06 株式会社三共 Game machine
JP5627395B2 (en) * 2010-10-29 2014-11-19 株式会社三共 Game machine

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015080535A (en) * 2013-10-22 2015-04-27 株式会社三共 Game machine
JP2015080536A (en) * 2013-10-22 2015-04-27 株式会社三共 Game machine
JP2015107321A (en) * 2013-10-22 2015-06-11 株式会社三共 Game machine

Also Published As

Publication number Publication date
JP2014004248A (en) 2014-01-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6279447B2 (en) Game machine
JP5618041B2 (en) Game machine
JP5882168B2 (en) Game machine
JP5524468B2 (en) Game machine
JP5784676B2 (en) Game machine
JP5384301B2 (en) Game machine
JP5315306B2 (en) Game machine
JP2016174749A (en) Game machine
JP5791657B2 (en) Game machine
JP6244098B2 (en) Game machine
JP2010154921A (en) Game machine
JP5706609B2 (en) Game machine
JP2010154927A (en) Game machine
JP4381653B2 (en) Game machine
JP5631269B2 (en) Game machine
JP2011193936A (en) Game machine
JP5479717B2 (en) Game machine
JP2011212302A (en) Game machine
JP5960118B2 (en) Game machine
JP2014117454A (en) Game machine
JP5450243B2 (en) Game machine
JP5814955B2 (en) Game machine
JP2010154923A (en) Game machine
JP6437956B2 (en) Game machine
JP2015097704A (en) Game machine

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20131217

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20140430

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140610

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140731

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20150507

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20150603

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5758353

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250