JP4771587B2 - エレベータ - Google Patents

エレベータ Download PDF

Info

Publication number
JP4771587B2
JP4771587B2 JP2000385047A JP2000385047A JP4771587B2 JP 4771587 B2 JP4771587 B2 JP 4771587B2 JP 2000385047 A JP2000385047 A JP 2000385047A JP 2000385047 A JP2000385047 A JP 2000385047A JP 4771587 B2 JP4771587 B2 JP 4771587B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
car
sheave
hoistway
suspension rope
guide
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP2000385047A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2002179356A (ja
Inventor
田 善 昭 藤
井 隆 史 石
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Toshiba Elevator and Building Systems Corp
Original Assignee
Toshiba Elevator Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toshiba Elevator Co Ltd filed Critical Toshiba Elevator Co Ltd
Priority to JP2000385047A priority Critical patent/JP4771587B2/ja
Publication of JP2002179356A publication Critical patent/JP2002179356A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4771587B2 publication Critical patent/JP4771587B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66BELEVATORS; ESCALATORS OR MOVING WALKWAYS
    • B66B7/00Other common features of elevators
    • B66B7/02Guideways; Guides
    • B66B7/023Mounting means therefor
    • B66B7/027Mounting means therefor for mounting auxiliary devices

Landscapes

  • Lift-Guide Devices, And Elevator Ropes And Cables (AREA)
  • Cage And Drive Apparatuses For Elevators (AREA)

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、昇降路の頂部に機械室を持たないエレベータに関し、より詳しくは、昇降路を鉛直方向上方から見たときに昇降路の内壁面と乗りかごの背面との間に形成される隙間内に釣合錘および駆動装置を配設するエレベータに関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、建物内の空間を効率良く利用するとともに日照権等の問題を回避するために昇降路の頂部に機械室を持たない、いわゆるマシンルームレスエレベータが種々開発され提案されている。
【0003】
例えば特開平7−10434号公報に記載されたエレベータにおいては、鉛直方向上方から見たときに、昇降路の内壁面と乗りかごの側面との間に形成される隙間内に釣合錘および駆動装置が配設されている。
【0004】
また、特開2000−44147公報に記載されたエレベータにおいては、鉛直方向上方から見たときに、昇降路の内壁面と乗りかごの側面との間に形成される隙間内に釣合錘および駆動シーブを配設しつつも、駆動装置を乗りかごの上方に配設することにより、駆動装置の大型化に対応できるようにしている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】
しかしながら、上述した特開平7−10434号公報に記載のエレベータにおいては、駆動装置の駆動軸が昇降路の壁面に対して垂直に延びているため、乗りかごの質量が大きくなって駆動装置が大型化すると前記隙間が大きくなるという問題がある。
しかも、駆動装置が昇降路の内壁面に直接取り付けられ、駆動装置に作用する乗りかごや釣合錘等の重量を昇降路の壁面に負担させる構造であるため、建物側の強度を向上させなければならない。
【0006】
また、特開平2000−44147公報に記載されたエレベータは、乗りかごの上方に駆動装置を配設する構造であるため、昇降路頂部の上下方向寸法を短縮することができない。
【0007】
そこで本発明の目的は、上述した従来技術が有する問題点を解消し、昇降路を鉛直方向上方から見たときに昇降路の内壁面と乗りかごの背面との間に形成されてその内部に釣合錘および駆動装置が配設される隙間を小さくできるとともに、昇降路頂部の上下方向寸法を短縮することができ、さらには乗りかごおよび釣合錘の重量を昇降路の壁面に負担させずに済むように改良されたエレベータを提供することにある。
【0008】
【課題を解決するための手段】
上記課題を解決する請求項1に記載の手段は、
左右一対のかご側ガイドレールに案内されて昇降路内を昇降する、かご側シーブを有した乗りかごと、
前記昇降路を鉛直方向上方から見たときに前記昇降路の内壁面と前記乗りかごの背面との間に形成される隙間内において左右一対の錘側ガイドレールに案内されて前記昇降路内を昇降する、錘側シーブを有した釣合錘と、
一端側が前記かご側シーブを介して2:1ローピングで前記乗りかごを懸架するとともに他端側が前記錘側シーブを介して2:1ローピングで前記釣合錘を懸架する吊りロープと、
前記吊りロープが係合するトラクションシーブおよび直径寸法より軸方向寸法が大きい小径長軸で左右方向に駆動軸が延びる駆動モータを有する駆動装置と、
少なくとも前記錘側ガイドレールの上端部に取り付けられて前記駆動装置を前記隙間内に支持する駆動装置支持手段と、
前記乗りかごの背面側において前記トラクションシーブから延びる前記吊りロープを前記乗りかごの左右いずれか一方の側面に沿って延びるように案内する、前記駆動装置支持手段に回転自在に支持された案内シーブと、を備え、
前記案内シーブは、
前記駆動装置支持手段の端部において前記トラクションシーブの下方に配設され、前後方向に水平に延びる回転軸の回りで回転自在な第1の案内シーブと、
前記乗りかごの前記左右いずれか一方の側面に沿って前記第1の案内シーブの前側上方に配設され、左右方向に水平に延びる回転軸の回りで回転自在な第2の案内シーブと、
前記乗りかごの前記左右いずれか一方の側面に沿ってかご側ガイドレールの近傍に配設され、左右方向に水平に延びる回転軸の回りで回転自在な第3の案内シーブと、を有していることを特徴とするエレベータである。
【0009】
すなわち請求項1に記載のエレベータは、乗りかごおよび釣合錘をそれぞれ2:1ローピングで懸架するものであるから、1:1ローピングで懸架する場合に比較して駆動装置の出力トルクを減少させることができ、直径寸法より軸方向寸法が大きい小径長軸の駆動モータを用いることが可能となる。
これにより、昇降路を鉛直方向上方から見たときに昇降路の内壁面と乗りかごの背面との間に形成される隙間内であって、釣合錘が昇降する空間の上方に駆動装置を配設することができるから、昇降路の頂部に機械室を設ける必要がない。
また、駆動装置と乗りかごとが上下方向に重なり合うことがないから、昇降路頂部の上下方向寸法を短縮することができる。
また、少なくとも錘側ガイドレールの上端部に取り付けた駆動装置支持手段によって駆動装置を支持することにより、駆動装置の重量および駆動装置に作用する吊り下げ荷重を錘側ガイドレールに負担させることができるから、これらの重量および吊り下げ荷重を昇降路の壁面に負担させずに済む。
加えて、駆動装置支持手段に設けた案内シーブにより、吊りロープを乗りかごの背面側から左右いずれかの側面側に案内するから、吊りロープを配設する自由度を高めることができる。
このとき、案内シーブを駆動装置支持手段によって支持しているから、案内シーブに作用する吊り下げ荷重を錘側ガイドレールに負担させることができるから、案内シーブに作用する吊り下げ荷重を昇降路の壁面に負担させずに済む。
【0010】
また、上記課題を解決する請求項2に記載の手段は、請求項1に記載のエレベータに、前記支持手段を水平面内において前記昇降路の内壁面に固定する固定手段をさらに備えさせたものである。
【0011】
すなわち、固定手段を用いて昇降路の内壁面に駆動装置支持手段を固定し、水平面内における駆動装置支持手段の変位を無くすことにより、駆動装置をより一層堅固に支持することができる。
なお、駆動装置の重量および駆動装置に作用する吊り下げ荷重が固定手段を介して建物側に作用しないようにする。
【0012】
また、上記課題を解決する請求項3に記載の手段は、請求項1または2に記載のエレベータにおいて、前記駆動装置を制振手段を介して前記支持手段に支持したものである。
【0013】
すなわち、駆動装置と駆動装置支持手段との間に制振手段を介装することにより、駆動装置に生じる振動が駆動装置支持手段を介してガイドレールに伝達され、ガイドレールが振動したり騒音を発生したりすることを防止できる。
【0014】
また、上記課題を解決する請求項4に記載の手段は、請求項1乃至3のいずれかに記載のエレベータにおいて、前記昇降路内の最上方位置まで上昇した乗りかごの最上部よりも下方に前記駆動装置を配設したものである。
【0015】
すなわち、小径の駆動モータを用いることができるから、最上方位置まで上昇した乗りかごの最上部よりも下方に駆動装置を配設するができ、昇降路頂部の上下方向寸法をより一層短縮することができる。
【0016】
また、上記課題を解決する請求項5に記載の手段は、請求項1乃至4のいずれかに記載のエレベータにおいて、前記かご側プーリを、鉛直方向上方からみたときに前記乗りかごの重心位置を前後左右に挟むように前記乗りかごの下部に対向配置した一対のかご下プーリとしたものである。
【0017】
すなわち、乗りかごの下部にかご側シーブを配設するので乗りかごの上方にはかご側シーブが存在せず、したがって昇降路の最上方位置まで乗りかごを上昇させることができるから、昇降路頂部の上下方向寸法を低く抑えることができる。
また、鉛直方向上方から見たときに乗りかごの重心位置を前後左右に挟むように一対のかご下シーブを対向配置するので、乗りかごに作用する重力と乗りかごを上方に吊り上げる力とが水平方向に大きくオフセットすることがなく、乗りかごをより一層安定的に懸架することができる。
【0018】
また、上記課題を解決する請求項6に記載の手段は、請求項1乃至5のいずれかに記載のエレベータにおいて、前記吊りロープの前記一端側の端部を前記かご側ガイドレールに係止したものである。
【0019】
すなわち、吊りロープの一端側に作用する吊り下げ荷重をかご側ガイドレールで受けるので、この吊り下げ荷重を建物に負担させずに済む。
【0020】
また、上記課題を解決する請求項7に記載の手段は、請求項1乃至6のいずれかに記載のエレベータにおいて、前記吊りロープの他端側の端部を前記錘側ガイドレールに係止したものである。
【0021】
すなわち、吊りロープの他端側に作用する吊り下げ荷重を錘側ガイドレールで受けるので、この吊り下げ荷重を建物に負担させずに済む。
【0022】
また、上記課題を解決する請求項8に記載の手段は、請求項1乃至6のいずれかに記載のエレベータにおいて、前記吊りロープの他端側の端部を前記駆動装置支持手段に係止したものである。
【0023】
すなわち、吊りロープに作用する吊り下げ荷重を駆動装置支持手段で受けて錘側ガイドレールに分散させることができるから、錘側ガイドレールに作用する圧縮荷重を減少させて錘側ガイドレールが湾曲したり座屈したりすることを防止できる。
【0024】
また、上記課題を解決する請求項9に記載の手段は、請求項1乃至8のいずれかに記載のエレベータにおいて、前記吊りロープを直径8ミリメートル未満の細径金属ロープとするとともに、前記トラクションシーブの直径を300ミリメートル以下でかつ前記駆動モータの外径以下としたものである。
【0025】
すなわち、吊りロープを巻き回すトラクションシーブの直径は吊りロープの直径に比例して大きくなるが、直径8ミリメートル未満の細径金属ロープを吊りロープとして用いることにより、トラクションシーブの直径を300ミリメートル以下とすることができる。
さらに、トラクションシーブの直径を駆動モータの外径以下とすれば、昇降路を鉛直方向上方から見たときに昇降路の内壁面と乗りかごの背面との間に形成される隙間をより一層小さくすることができる。
【0026】
【発明の実施の形態】
以下、本発明に係るエレベータの一実施形態を、図1および図2を参照して詳細に説明する。
なお以下の説明においては、鉛直方向を上下方向と、乗りかごに乗客が出入りする方向を前後方向と、かつ乗りかごの出入り口から見た間口方向を左右方向と言う。
【0027】
図1および図2に示した本実施形態のエレベータ100の乗りかご10は、左右一対のかご側ガイドレール11,12に案内されて昇降路9の内部を昇降するとともに、その前面10Fに出入口13を有している。
また、乗りかご10の下部には、左右一対のかご下シーブ14,15が図示されないブラケットによって支持され、前後方向に水平に延びる回転軸の回りで回転自在となっている。
なお、左右一対のかご下シーブ14,15は、図2に示したように乗りかご10を鉛直方向上方からみたときに、乗りかご10の重心位置Gを左右方向に挟むように互いに対向して配設されている。
なお、乗りかご10の重心位置Gは、乗りかご10に乗客が乗っていないときに設計的に想定される位置である。
【0028】
昇降路9を鉛直方向上方から見たときに昇降路9の後内壁面9Bと乗りかご10の背面10Bとの間に形成される隙間Sの内部では、釣合錘20が左右一対の錘側ガイドレール21,22に案内されて昇降路9の内部を昇降する。
釣合錘20の上部には、図示されないブラケットによって支持された錘側シーブ23が、前後方向に延びる回転軸の回りで回転自在となっている。
【0029】
左右一対の錘側ガイドレール21,22の上端部間には、型鋼を組み合わせて形成された支持枠(駆動装置支持手段)30が前記隙間Sの内側で左右方向(昇降路9の後内壁面9Bに沿って水平な方向)に水平に延びるように固定されている。
この支持枠30の右端は、上下一対の固定腕(固定手段)31によって昇降路9の右内壁面9Rに固定され、支持枠30が水平面内で変位したり回転したりできないようになっている。
また支持枠30は、その後側の左端32から乗りかご10の左側面10L側に沿って延びるように前方に延設され、その前端33は図示されないブラケットによって左側のかご側ガイドレール11の上端部に固定されている。
【0030】
支持枠30の上面34には、乗りかご10と釣合錘20を昇降させる駆動装置40が、硬度の高い防振ゴムからなる制振部材(制振手段)41を介して載置されて固定されている。
この駆動装置40は、直径寸法よりも軸方向寸法が大きい小径長軸で左右方向に水平に延びる駆動軸を有した駆動モータ42と、この駆動モータ42に直結されたトラクションシーブ43とを有している。
なお、トラクションシーブ43の直径は300ミリメートル以下であり、かつ駆動モータ42の外径よりも小さく設定されている。
また、この駆動装置40は、図1に示したように乗りかご10が昇降路9の内部で最も上方に位置するとき、より詳しく説明すると釣合錘20が降下して昇降路9のピット内に設置された緩衝器に定格速度で突入したときの乗りかご10の天井10Uよりも下方に配設されている。
【0031】
支持枠30には、後述する吊りロープ60を乗りかご10の背面10B側から左側面10L側に案内するための案内シーブ50が設けられている。
この案内シーブ50は、大径の第1の案内シーブ51と、一対の小径の第2および第3の案内シーブ52,53とを有している。
第1の案内シーブ51は、支持枠30の後側左端32においてトラクションシーブ43より下方に配設され、前後方向に水平に延びる回転軸の回りで回転自在となっている。
第2の案内シーブ52は、第1の案内シーブ51の前側上方に配設され、左右方向に水平に延びる回転軸の回りで回転自在となっている。
第3の案内シーブ53は、左側のかご側ガイドレール11の近傍に配設され、左右方向に水平に延びる回転軸の回りで回転自在となっている。
【0032】
駆動装置40のトラクションシーブ43には、直径8ミリメートル未満の細径金属ロープからなる吊りロープ60が釣瓶状に巻き回されている。
図1に示したように、この吊りロープ60のうちトラクションシーブ43から釣合錘20側に垂下する部分61は、錘側シーブ23に巻き回されている。
そして錘側シーブ23に巻き回されて上方に延びる部分62の上端は、ヒッチ部35において支持枠30に係止されている。
すなわち、吊りロープ60の釣合錘20側(他端側)は、いわゆる2:1ローピングで釣合錘20を懸架している。
なお、2:1ローピングとは、吊りロープ60のうちトラクションシーブ43から釣合錘20側に垂下する部分61が昇降する速度と釣合錘20が昇降する速度との比率が2:1であることを意味する。
【0033】
図1に示したように、吊りロープ60のうちトラクションシーブ43から乗りかご10の背面10Bに沿って垂下する部分64は、第1の案内シーブ51に巻き回された後、乗りかご10の背面10Bで鉛直方向上方に延びている。
この鉛直方向上方に延びる部分65は、第2の案内シーブ52に巻き回された後、乗りかご10の左側面10Lに沿って前方に向かって水平に延びている。
この前方に向かって水平に延びる部分66は、第3の案内シーブ53に巻き回された後、乗りかご10の左側面10Lに沿って垂下している。
この垂下する部分67は、左側のかご下シーブ14に巻き回された後、乗りかご10の下側で右方に向かって水平に延びている。
この水平に延びる部分68は、右側のかご下シーブ15に巻き回された後、乗りかご10の右側面10Rに沿って鉛直方向上方に延びている。
そして鉛直方向上方に延びる部分69は、右側のガイドレール12の上端に固定されたブラケット16のヒッチ部17に係止されている。
すなわち、吊りロープ60の乗りかご10側(一端側)は、いわゆる2:1ローピングで乗りかご10を懸架している。
なお、2:1ローピングとは、吊りロープ60のうちトラクションシーブ43から乗りかご10側に垂下する部分64が昇降する速度と乗りかご10が昇降する速度との比率が2:1であることを意味する。
【0034】
次に、上述した構造を有する本実施形態のエレベータ100の作用効果について説明する。
【0035】
本実施形態のエレベータ100は、乗りかご10および釣合錘20をそれぞれ2:1ローピングで懸架しているから、1:1ローピングで懸架する場合に比較して駆動装置40の出力トルクを減少させることができ、直径寸法より軸方向寸法が大きい小径長軸の駆動モータ42を用いることが可能である。
これにより、昇降路9を鉛直方向上方から見たときに昇降路の後内壁面9Bと乗りかご10の背面10Bとの間に形成される隙間S内において、釣合錘20が昇降する空間の上方に駆動装置40を配設できるから、昇降路9の頂部に機械室を設ける必要がない。
また、乗りかご10と駆動装置40とが上下方向に重なり合うことを回避して、昇降路9の頂部の上下方向寸法を短縮することができる。
さらに、小径の駆動モータ42を用いることができるから、昇降路9内において最上方位置まで上昇した乗りかご10の天井10Uよりも下方に駆動装置40を配設し、昇降路9の頂部の上下方向寸法をより一層短縮することができる。
【0036】
また、小径の駆動モータ42を用いることに加えて、駆動モータ42とトラクションシーブ43を直結し、さらには吊りロープ60に直径8ミリメートル未満の細径金属ロープを用いることによりトラクションシーブの直径を300ミリメートル以下としているから、昇降路9を鉛直方向上方から見たときに昇降路の後内壁面9Bと乗りかご10の背面10Bとの間に形成される隙間Sをより一層小さくすることができる。
【0037】
また、左右一対の錘側ガイドレール21,22および左側のかご側ガイドレール11の上部に取り付けた支持枠30により駆動装置40を支持するとともに、吊りロープ60の釣合錘20側の端部を支持枠30に係止している。
これにより、駆動装置40の重量および吊りロープ60の釣合錘20側の端部に作用する吊り下げ荷重を建物に負担させずに済むばかりでなく、これらの重量および荷重を支持枠30を介して合計3本のガイドレール11,21,22に分散させることができるから、各ガイドレールに作用する圧縮荷重を減少させて各ガイドレールが湾曲したり座屈したりすることを防止できる。
同様に、吊りロープ60の乗りかご10側の端部に作用する吊り下げ荷重を右側のかご側ガイドレール12で受けるので、吊りロープ60に作用する吊り下げ荷重を建物に負担させずに済む。
【0038】
また、上下一対の固定腕31を用いて昇降路9の右内壁面9Rに支持枠30を固定しているから、支持枠30が水平面内で変位したり回転したりすることがなく、駆動装置40をより一層堅固に支持することができる。
【0039】
また、駆動装置40を制振部材41を介して支持枠30に支持しているから、駆動装置40の作動に伴って生じる振動等が支持枠30に伝達し、各ガイドレール11,21,22が振動したり騒音を発生したりすることを防止できる。
【0040】
また、乗りかご10の重心位置Gを左右方向に挟むように配設された左右一対のかご下シーブ14,15によって乗りかご10を懸架しているから、乗りかご10に作用する重力と乗りかご10を上方に吊り上げる力とが水平方向に大きくオフセットすることがなく、乗りかご10をより一層安定的に懸架することができる。
【0041】
加えて、支持枠30で支持した案内シーブ50により、吊りロープ60を乗りかご10の背面10B側から左側面10L側に案内しているから、吊りロープ60を配設する自由度を大幅に高めることができる。
このとき、案内シーブ50を支持枠30によって支持しているから、案内シーブ50に作用する吊り下げ荷重を左右一対の錘側ガイドレール21,22および左側のかご側ガイドレール11に負担させることができ、案内シーブ50に作用する吊り下げ荷重を昇降路9の壁面に負担させずに済む。
【0042】
以上、本発明に係るエレベータの一実施形態ついて詳しく説明したが、本発明は上述した実施形態によって限定されるものではなく、種々の変更が可能であることは言うまでもない。
例えば、上述した実施形態においては、支持枠30を乗りかご10の左側面10L側に延設して案内シーブ50を配設し、吊りロープ60を乗りかご10の背面10B側から左側面10L側に案内している。
これに対して、支持枠30を乗りかご10の右側面10R側に延設して案内シーブ50を配設し、吊りロープ60を乗りかご10の背面10B側から右側面10R側に案内することもできる。
【0043】
【発明の効果】
以上の説明から明らかなように、本発明のエレベータは乗りかごおよび釣合錘をそれぞれ2:1ローピングで懸架するから、直径寸法より軸方向寸法が大きい小径長軸の駆動モータを用いることができ、昇降路を鉛直方向上方から見たときに昇降路の内壁面と乗りかごの左右いずれかの側面との間に形成される隙間内において、釣合錘が昇降する空間の上方に駆動装置を配設することができる。
これにより、昇降路の頂部に機械室を設ける必要をなくすことができるばかりでなく、昇降路内において最上方位置まで上昇した乗りかごの天井よりも下方に駆動装置を配設し、昇降路の頂部の上下方向寸法をより一層短縮することができる。
また、小径の駆動モータを用いることに加えて、駆動モータとトラクションシーブを直結し、さらには細径金属ロープを吊りロープとして用いることによりトラクションシーブの直径を小さくするから、昇降路を鉛直方向上方から見たときに昇降路の内壁面と乗りかごの側面との間に形成される隙間をより一層小さくすることができる。
また、錘側ガイドレールの上部に取り付けた支持手段により駆動装置を支持するとともに、吊りロープの釣合錘側の端部を支持手段に係止するから、駆動装置の重量および吊りロープの釣合錘側の端部に作用する吊り下げ荷重を昇降路の壁面に負担させずに済むばかりでなく、支持手段を介して各ガイドレールに吊り下げ荷重を分散させることにより、各ガイドレールに作用する圧縮荷重を減少させて各ガイドレールが湾曲したり座屈したりすることを防止できる。
同様に、吊りロープの乗りかご側の端部に作用する吊り下げ荷重をかご側ガイドレールで受けるので、吊りロープに作用する吊り下げ荷重を昇降路の壁面に負担させずに済む。
また、固定手段を用いて昇降路の内壁面に駆動装置支持手段を固定するから、駆動装置支持手段が水平方向に変位したり回転したりすることを確実に防止して、駆動装置をより一層堅固に支持することができる。
また、駆動装置と駆動装置支持手段との間に制振手段を介装するから、駆動装置の作動に伴って生じる振動等が支持手段を介して各ガイドレールに伝達し、各ガイドレールが振動したり騒音を発生したりすることを確実に防止できる。
また、乗りかごの重心位置を前後左右方向に挟むように配設された左右一対のかご下シーブによって乗りかごを懸架するから、乗りかごに作用する重力と乗りかごを上方に吊り上げる力とが水平方向に大きくオフセットすることがなく、乗りかごをより一層安定的に懸架することができる。
また、駆動装置支持手段で支持した案内シーブにより、吊りロープを乗りかごの背面側から左右いずれかの側面側に案内するから、吊りロープを配設する自由度を大幅に高めることができる。
このとき、案内シーブを駆動装置支持手段によって支持しているから、案内シーブに作用する吊り下げ荷重を少なくとも左右一対の錘側ガイドレールに負担させることができ、案内シーブに作用する吊り下げ荷重を昇降路の壁面に負担させずに済む。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係る一実施形態のエレベータを左後方から見た状態で示す斜視図。
【図2】図1に示したエレベータの平面図。
【符号の説明】
10 乗りかご
11,12 かご側ガイドレール
13 出入口
14,15 かご下シーブ
16 ブラケット
17 ヒッチ部
20 釣合錘
21,22 錘側ガイドレール
23 錘側シーブ
30 支持枠(駆動装置支持手段)
31 固定腕(固定手段)
35 ヒッチ部
40 駆動装置
41 制振部材(制振手段)
42 駆動モータ
43 トラクションシーブ
50 案内シーブ
51 第1の案内シーブ
52 第2の案内シーブ
53 第3の案内シーブ
60 吊りロープ
100 本発明に係る一実施形態のエレベータ

Claims (9)

  1. 左右一対のかご側ガイドレールに案内されて昇降路内を昇降する、かご側シーブを有した乗りかごと、
    前記昇降路を鉛直方向上方から見たときに前記昇降路の内壁面と前記乗りかごの背面との間に形成される隙間内において左右一対の錘側ガイドレールに案内されて前記昇降路内を昇降する、錘側シーブを有した釣合錘と、
    一端側が前記かご側シーブを介して2:1ローピングで前記乗りかごを懸架するとともに他端側が前記錘側シーブを介して2:1ローピングで前記釣合錘を懸架する吊りロープと、
    前記吊りロープが係合するトラクションシーブおよび直径寸法より軸方向寸法が大きい小径長軸で左右方向に駆動軸が延びる駆動モータを有する駆動装置と、
    少なくとも前記錘側ガイドレールの上端部に取り付けられて前記駆動装置を前記隙間内に支持する駆動装置支持手段と、
    前記乗りかごの背面側において前記トラクションシーブから延びる前記吊りロープを前記乗りかごの左右いずれか一方の側面に沿って延びるように案内する、前記駆動装置支持手段に回転自在に支持された案内シーブと、を備え、
    前記案内シーブは、
    前記駆動装置支持手段の端部において前記トラクションシーブの下方に配設され、前後方向に水平に延びる回転軸の回りで回転自在な第1の案内シーブと、
    前記乗りかごの前記左右いずれか一方の側面に沿って前記第1の案内シーブの前側上方に配設され、左右方向に水平に延びる回転軸の回りで回転自在な第2の案内シーブと、
    前記乗りかごの前記左右いずれか一方の側面に沿ってかご側ガイドレールの近傍に配設され、左右方向に水平に延びる回転軸の回りで回転自在な第3の案内シーブと、を有していることを特徴とするエレベータ。
  2. 前記駆動装置支持手段を水平面内において前記昇降路の内壁面に固定する固定手段をさらに備えることを特徴とする請求項1に記載のエレベータ。
  3. 前記駆動装置は、制振手段を介して前記支持手段に支持されることを特徴とする請求項1または2に記載のエレベータ。
  4. 前記駆動装置は、前記昇降路内の最上方位置まで上昇した前記乗りかごの最上部よりも下方に配設されることを特徴とする請求項1乃至3のいずれかに記載のエレベータ。
  5. 前記かご側プーリは、鉛直方向上方からみたときに前記乗りかごの重心位置を前後左右に挟むように前記乗りかごの下部に対向して配置された一対のかご下プーリであることを特徴とする請求項1乃至4のいずれかに記載のエレベータ。
  6. 前記吊りロープは、前記一端側の端部が前記かご側ガイドレールに係止されることを特徴とする請求項1乃至5のいずれかに記載のエレベータ。
  7. 前記吊りロープは、前記他端側の端部が前記錘側ガイドレールに係止されることを特徴とする請求項1乃至6のいずれかに記載のエレベータ。
  8. 前記吊りロープは、前記他端側の端部が前記駆動装置支持手段に係止されることを特徴とする請求項1乃至6のいずれかに記載のエレベータ。
  9. 前記吊りロープは直径8ミリメートル未満の細径金属ロープであり、かつ前記トラクションシーブの直径は300ミリメートル以下かつ前記駆動モータの外径以下であることを特徴とする請求項1乃至8のいずれかに記載のエレベータ。
JP2000385047A 2000-12-19 2000-12-19 エレベータ Expired - Lifetime JP4771587B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000385047A JP4771587B2 (ja) 2000-12-19 2000-12-19 エレベータ

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000385047A JP4771587B2 (ja) 2000-12-19 2000-12-19 エレベータ

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002179356A JP2002179356A (ja) 2002-06-26
JP4771587B2 true JP4771587B2 (ja) 2011-09-14

Family

ID=18852387

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000385047A Expired - Lifetime JP4771587B2 (ja) 2000-12-19 2000-12-19 エレベータ

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4771587B2 (ja)

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7377366B2 (en) 2002-11-25 2008-05-27 Otis Elevator Company Sheave assembly for an elevator system
EP1714934A4 (en) * 2004-02-10 2011-07-06 Mitsubishi Electric Corp LIFT
JP4590930B2 (ja) * 2004-05-14 2010-12-01 株式会社日立製作所 エレベーター装置
US7156209B2 (en) 2004-05-28 2007-01-02 Inventio Ag Elevator roping arrangement
WO2005118451A1 (ja) 2004-06-01 2005-12-15 Toshiba Elevator Kabushiki Kaisha マシンルームレスエレベータ
JP5040064B2 (ja) * 2005-03-14 2012-10-03 株式会社日立製作所 エレベーター装置
EP2032491B1 (en) 2006-06-26 2015-09-09 Otis Elevator Company Elevator installation with reduced hoistway dimensions
CN101955107A (zh) * 2009-07-14 2011-01-26 上海德圣米高电梯有限公司 一种改进的船用电梯
WO2018105083A1 (ja) * 2016-12-08 2018-06-14 三菱電機株式会社 エレベータ装置

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FI94123C (fi) * 1993-06-28 1995-07-25 Kone Oy Vetopyörähissi
FI96198C (fi) * 1994-11-03 1996-05-27 Kone Oy Vetopyörähissi
TR200001994T2 (tr) * 1997-12-23 2000-12-21 Inventio Ag Tahrik kasnaklı kablolu asansör.
BR9908303A (pt) * 1998-02-26 2001-09-04 Otis Elevator Co Sistema de elevador possuindo um motor de acionamento localizado entre o carro do elevador e a parede lateral do poço do elevador
JP4157631B2 (ja) * 1998-11-19 2008-10-01 日本エレベーター製造株式会社 エレベ−タ装置
JP2000318947A (ja) * 1999-05-12 2000-11-21 Mitsubishi Electric Corp エレベーター装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP2002179356A (ja) 2002-06-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4229633B2 (ja) マシンルームレスエレベータ
JP4312604B2 (ja) エレベータ装置
TWI260305B (en) Machineroomless elevator system
JP4771586B2 (ja) エレベータ
JP2002167137A (ja) エレベータ
JP4401069B2 (ja) マシンルームレスエレベータ
JP4726295B2 (ja) エレベータ
WO2003008318A1 (fr) Dispositif d'ascenseur
JP4549616B2 (ja) エレベータ装置
JP4771587B2 (ja) エレベータ
JP2006264862A (ja) マシンルームレスエレベータ
JP2007246194A (ja) マシンルームレスエレベータ
JP4270831B2 (ja) マシンルームレスエレベータ
JPWO2007122702A1 (ja) エレベータ装置
JP4762210B2 (ja) エレベータ
KR100780499B1 (ko) 기계실이 없는 엘리베이터 시스템
WO2005118451A1 (ja) マシンルームレスエレベータ
JP2012001308A (ja) 4:1ローピング機械室レスエレベータ
JP4658063B2 (ja) 機械室レスエレベータ装置
JP2002173281A (ja) エレベータ
JP2004262602A (ja) エレベータの乗りかご
JP4519979B2 (ja) エレベーターの巻上装置
JP4757803B2 (ja) エレベータ装置
JP4493759B2 (ja) エレベーター装置
JPWO2003093155A1 (ja) エレベータ装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20071001

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100721

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100723

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100921

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110318

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110511

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110527

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110621

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140701

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4771587

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

EXPY Cancellation because of completion of term