JP4494142B2 - ドラム式洗濯乾燥機 - Google Patents

ドラム式洗濯乾燥機 Download PDF

Info

Publication number
JP4494142B2
JP4494142B2 JP2004266390A JP2004266390A JP4494142B2 JP 4494142 B2 JP4494142 B2 JP 4494142B2 JP 2004266390 A JP2004266390 A JP 2004266390A JP 2004266390 A JP2004266390 A JP 2004266390A JP 4494142 B2 JP4494142 B2 JP 4494142B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
filter
lint
drum
filter member
drying machine
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2004266390A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2006081574A (ja
Inventor
厚仁 中井
貴裕 井上
義朋 加藤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Panasonic Corp
Panasonic Holdings Corp
Original Assignee
Panasonic Corp
Matsushita Electric Industrial Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Panasonic Corp, Matsushita Electric Industrial Co Ltd filed Critical Panasonic Corp
Priority to JP2004266390A priority Critical patent/JP4494142B2/ja
Publication of JP2006081574A publication Critical patent/JP2006081574A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4494142B2 publication Critical patent/JP4494142B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、回転軸が水平もしくは傾斜した回転ドラム内で洗濯、すすぎ、脱水、乾燥の各行程を行うドラム式洗濯乾燥機に関するものである。
従来のこの種のドラム式洗濯乾燥機は、水及び空気を通過させる多数の透孔が周面に形成された有底円筒形の回転ドラムを水平方向もしくは水平方向から傾斜した方向にして水槽内に配設し、回転ドラムを回転駆動できるように構成されている。前記水槽の正面側には、扉によって開閉可能に衣類出入口が形成されており、その衣類出入口から回転ドラム内に洗濯物を投入して水槽内への注水及び排水、回転ドラムの回転を制御することにより洗濯、すすぎ、脱水の各行程を行うようになっている。
更に、水槽内の空気を排気して除湿部及び加熱部を通して再び水槽内に戻す循環送風経路を形成することにより、回転ドラム内に収容した洗濯物を乾燥させる乾燥行程を行うことができ、前記洗濯、すすぎ、脱水の各行程に加えて乾燥行程も可能なドラム式洗濯乾燥機となっている。使用者は、運転に先立ち洗剤を洗剤投入ケースに入れ、必要に応じて操作表示部を操作することにより、希望する運転内容を設定したり、運転スタート、一時停止を行い、運転の進行状態を認識することができる。
このようなドラム式洗濯乾燥機では、乾燥行程を実施した場合に、洗濯物の乾燥に伴って発生する糸屑等のリント類が送風経路や送風ファン等に堆積することを防止するため、糸屑等のリント類を回収する糸屑回収装置が送風経路に設けられている。この糸屑回収装置は、堆積したリント類を使用者が随時除去し清掃できるようにするために、本体の天面に設けた蓋板を開けて着脱できるようになっており、糸屑等のリント類を除去する事により送風効果が低下しないように構成されている(例えば、特許文献1参照)。
また、乾燥行程時の糸屑等のリント類を除去する糸屑回収装置としては、温風入力側に設け温風入力側が開口した袋状部を有する第1のフィルターと、温風出力側に設けた面状の第2のフィルターとを有しているものがあり、衣類から発生した糸屑等のリント類などの大きいものは第1のフィルターの袋状部に捕捉され、ほこりなどの小さいものは第2のフィルターに補足されるよう構成されている(例えば、特許文献2参照)。
特開2000−93697号公報 特開2001−300192号公報
しかしながら、前記特許文献1に記載の従来のドラム式洗濯乾燥機の構造では、糸屑回収装置が本体の上部に位置し、その着脱の際に開閉する蓋板が本体の天面にあるため、通常目につきにくく、糸屑回収装置を本体に装着し忘れて、循環経路内に糸屑等のリント類が侵入したり、また、糸屑回収装置の掃除が不十分で、使用者が気が付かない内に糸屑回収装置に糸屑等のリント類が堆積し、送風能力が低下して乾燥性能が著しく低下するとい
う課題があった。
また、特許文献2に記載の従来の糸屑回収装置は、2つのフィルターが設けられており、その一方を袋状に構成して糸屑等のリント類を捕集していたため、フィルターの掃除がしにくく、糸屑等のリント類の除去が不十分となってしまうという課題もあった。
本発明は、前記従来の課題を解決するもので、糸屑回収装置の存在を使用者に認識させて、糸屑回収装置の糸屑等のリント類の除去を促し、使用者が気が付かないうちに糸屑回収装置に糸屑等のリント類が堆積し送風能力が低下して乾燥性能が著しく低下するといったことを極力少なくさせるとともに、糸屑回収装置の装着忘れを防止し、また、糸屑回収装置に付着した糸屑等のリント類の除去を容易にし、使い勝手が良く、しかも外観デザイン的にも優れたドラム式洗濯乾燥機を提供することにある。
前記従来の課題を解決するために、本発明のドラム式洗濯乾燥機は、周壁に多数の透孔を設けて円筒形に形成され水平方向または傾斜方向に回転軸を有する回転ドラムと、本体内に弾性的に支持され前記回転ドラムを内包する水槽と、前記回転ドラム内から排気された空気を除湿部、加熱部を通して再び前記回転ドラム内に送風する循環送風経路と、前記循環送風経路途中に設けられ洗濯物から発生する糸屑等のリント類を回収する糸屑回収装置とを備え、前記糸屑回収装置は、前記本体の前面上部のコーナー部設けられ、略平面状の第1のフィルターを有する第1のフィルター部材と、前記第1のフィルターの網の目の大きさと同等もしくはそれ以下の網の目の大きさを有する略平面状の第2のフィルターを有する第2のフィルター部材と、前方開放の箱状をなし前記第1のフィルター部材および第2のフィルター部材を前後方向に着脱自在に収納するフィルター収納部材とからなり、前記フィルター収納部材の下面には、前記回転ドラム内から排気された空気が送入する送入口と、前記空気が送出する送出口とを設け、前記第1のフィルターおよび第2のフィルターが、前記送出口の対応位置に位置するとともに、前記第2のフィルター部材が、前記第1のフィルター部材の下方に位置するように構成したものである。
これによって、糸屑回収装置の存在を使用者に認識させて、糸屑回収装置の糸屑等のリント類の除去を促し、使用者が気が付かないうちに糸屑回収装置に糸屑等のリント類が堆積し送風能力が低下して乾燥性能が著しく低下するといったことを極力少なくさせるとともに、糸屑回収装置の装着忘れを防止し、また、糸屑回収装置に付着した糸屑等のリント類の除去を容易にし、使い勝手が良く、しかも外観デザイン的にも優れたドラム式洗濯乾燥機を得ることができる。
本発明のドラム式洗濯乾燥機は、糸屑回収装置の装着忘れを防止し、また、糸屑回収装置に付着した糸屑等のリント類の除去を容易にし、使い勝手が良くすることができる。
第1の発明は、周壁に多数の透孔を設けて円筒形に形成され水平方向または傾斜方向に回転軸を有する回転ドラムと、本体内に弾性的に支持され前記回転ドラムを内包する水槽と、前記回転ドラム内から排気された空気を除湿部、加熱部を通して再び前記回転ドラム内に送風する循環送風経路と、前記循環送風経路途中に設けられ洗濯物から発生する糸屑等のリント類を回収する糸屑回収装置とを備え、前記糸屑回収装置は、前記本体の前面上部のコーナー部設けられ、略平面状の第1のフィルターを有する第1のフィルター部材と、前記第1のフィルターの網の目の大きさと同等もしくはそれ以下の網の目の大きさを有する略平面状の第2のフィルターを有する第2のフィルター部材と、前方開放の箱状をなし前記第1のフィルター部材および第2のフィルター部材を前後方向に着脱自在に収納
するフィルター収納部材とからなり、前記フィルター収納部材の下面には、前記回転ドラム内から排気された空気が送入する送入口と、前記空気が送出する送出口とを設け、前記第1のフィルターおよび第2のフィルターが、前記送出口の対応位置に位置するとともに、前記第2のフィルター部材が、前記第1のフィルター部材の下方に位置するように構成したドラム式洗濯乾燥機とすることにより、糸屑回収装置の存在を使用者に認識させて、糸屑回収装置の糸屑等のリント類の除去を促し、使用者が気が付かないうちに糸屑回収装置に糸屑等のリント類が堆積し送風能力が低下して乾燥性能が著しく低下するといったことを極力少なくさせるとともに、糸屑回収装置の装着忘れを防止し、また、糸屑回収装置に付着した糸屑等のリント類の除去を容易にし、使い勝手が良く、しかも外観デザイン的にも優れたものとなるとともに、フィルターが略平面状であるので、糸屑等のリント類の除去が容易になるとともに、第1のフィルターを通過した糸屑等のリント類は第2のフィルターに捕集されるので、循環送風経路内に糸屑等のリント類が堆積して送風能力が低下し、乾燥性能が低下することを防止でき、さらに、糸屑回収装置を本体の前面でその上部分のコーナー部に設けることができるので、使用者にとって、糸屑回収装置を使いやすくすることができるとともに、その存在を使用者に気付きやすくすることができるので、掃除を頻繁に行うことを促すことができる。
の発明は、特に、第の発明のドラム式洗濯乾燥機のフィルター収納部材は、前方に送入口を、後方に送出口をけ、第1のフィルター部材には、前記送入口の対応位置に第1の開口部を設け、第2のフィルター部材には、前記送入口の対応位置に第2の開口部を設けたことにより、水槽の排気口と水槽の温風供給口とを連通する循環送風経路を形成することができる。
の発明は、特に、第または第の発明のドラム式洗濯乾燥機の第1のフィルター部材の把手部分は、本体前面に露出し外郭の一部を形成し、第2のフィルターの把手部分は、前記第1のフィルター部材の把手部分の内部に隠蔽され、前記第1のフィルター部材を脱着した後、前記第2のフィルター部材を脱着可能に構成したことにより、外観の美観を向上させることができる。
の発明は、特に、第の発明のドラム式洗濯乾燥機のフィルター収納部材には、第2のフィルター部材のみの有無を検知する第2のフィルター有無検知手段を設けたことにより、第1のフィルター部材を外さなければ、外側からは確認することができない第2のフィルター部材の有無を確認することができるので、第2のフィルター部材の付け忘れを防止することができる。
の発明は、特に、第2〜のいずれか1つの発明のドラム式洗濯乾燥機の第1のフィルター部材の後端部は、上方に湾曲する湾曲形状とし、その湾曲形状部分の後端面が、フィルター収納部材の後面に当接するように構成したので、第1のフィルターの表面積を広くすることができるので、糸屑等のリント類が第1のフィルターの全面を覆うまでの時間を延長させることができるとともに、湾曲形状部分の後端面から糸屑等のリント類が洩れるのを防止することができる。
以下、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。なお、この実施の形態によって本発明が限定されるものではない。
(実施の形態1)
本発明の第1の実施の形態におけるドラム式洗濯乾燥機について、図1〜4を用いて説明する。図1は、本実施の形態におけるドラム式洗濯乾燥機の全体斜視図、図2は、同ドラム式洗濯乾燥機の概略断面図、図3は、同ドラム式洗濯乾燥機の糸屑回収装置近傍の要部断面図、図4は、同ドラム式洗濯乾燥機の糸屑回収装置の要部斜視図である。
図1および図2において、ドラム式洗濯乾燥機の本体1内に、サスペンション構造5によって水槽3が宙吊り状態に配設され、水槽3内に有底円筒形に形成された回転ドラム2がその軸心方向を正面側から背面側に向けて下向きに傾斜させてかつ回転自在に配設されている。水槽3の正面側には回転ドラム2の開口端に通じる衣類出入口11が形成され、本体1の前面を構成する前部枠体6の前部に形成された上向き傾斜面に設けられた開口部6aを開閉する扉9を開くことにより、衣類出入口11を通じて回転ドラム2内に洗濯物を出し入れすることができる。扉9が上向き傾斜面に設けられているため、洗濯物を出し入れする作業を腰を屈めることなく実施でき、一般には横向きにある開口部から洗濯物を出し入れするドラム式洗濯乾燥機の作業性の悪さが改善されている。
回転ドラム2の周面に水槽3内に通じる多数の透孔8が形成され、内周面の複数位置に撹拌突起4が設けられている。この回転ドラム2は水槽3の背面側に取り付けられたモータ7によって正転及び逆転方向に回転駆動される。また、水槽3には、注水管路(図示せず)及び排水管路13が配管接続され、注水弁14および排水弁15の制御によって水槽3内への注水および排水がなされる。
前部枠体6の上部中央には、操作表示部20が配置され、使用者は、必要に応じて操作表示部20を操作することにより、希望する運転内容を設定したり、運転スタート、一時停止を行い、運転の進行状態を認識することができる。
扉9を開いて回転ドラム2内に洗濯物を投入して運転を開始させると、注水弁14が開き、洗剤投入ケース21内に水が注水され、その中に投入されていた洗剤を流しながら、注水管路(図示せず)を介して、水槽3内に所定量の注水がなされ、モータ7により回転ドラム2が回転駆動されて洗濯行程が開始される。洗濯行程の洗濯物は、回転ドラム2の回転により、撹拌突起4によって回転方向に持ち上げられ落下する撹拌動作が繰り返され、いわゆる叩き洗いの作用が及んで洗濯がなされる。
所要の洗濯時間の後、排水弁15が開き、汚れた洗濯液は排水管路13から排出され、回転ドラム2を高速回転させる脱水動作により洗濯物に含まれた洗濯液を脱水し、その後、水槽3内に注水管路(図示せず)から注水され、すすぎ行程が実施される。このすすぎ行程においても、洗濯物には回転ドラム2の回転により、撹拌突起4で持ち上げられて落下する撹拌動作が繰り返されてすすぎ洗いが実施される。すすぎ行程が終了すると、回転ドラム2を高速回転させて脱水する脱水行程が実行される。
また、本第1の実施の形態におけるドラム式洗濯乾燥機には、回転ドラム2内に収容した洗濯物を乾燥する機能が設けられており、水槽3内の空気を排気して除湿し、加熱されて乾燥した温風にして再び水槽3内に送風する循環送風経路16が形成されている。
上記の脱水行程が終了すると、乾燥行程に移行する。乾燥行程においては、回転ドラム2を所定回転数で回転駆動し、撹拌突起4によって洗濯物を回転方向に持ち上げて落下させる撹拌動作が繰り返されるとともに、以下の手順によって、内部の空気を除湿および加熱を行い乾燥させる。
すなわち、循環送風経路16内に配設された送風ファン23を回転駆動することにより、循環送風経路16に矢印で示す空気の流れが発生して、洗濯物を収容した回転ドラム2内の空気は透孔8を通じて、水槽3内に入り、水槽3の排気口24から除湿管路25に排気される。除湿管路25には、給水弁14から供給される水の噴霧等により冷却された熱交換板26が配設され、水槽3内から排気された水分を含む空気は、熱交換板26上を通過する間に冷却され水分が結露して除湿される。
除湿された空気は、第1の接続ホース29を通り、糸屑回収装置22を通過して乾燥運転中に発生した糸屑等のリント類が除去された後、送風経路27を通って送風ファン23に入り、さらに、第2の接続ホース30を通った後、乾燥ヒーター(図示せず)で加熱され乾いた温風となって、温風供給口28から水槽3に送り込まれ、その後、回転ドラム2内へ循環供給される。この空気の循環が所要時間繰り返され、洗濯物に含まれた水分が徐々に奪われて乾燥が進行する。
糸屑回収装置22は、本体1の前部枠体6の上部分のコーナー部に設けている。糸屑回収装置22について、以下、図3および図4を用いて説明する。
糸屑回収装置22は、フィルター収納部材31、第1のフィルター部材32および第2のフィルター部材33で構成されている。フィルター収納部材31には、その下面に第1の接続ホース29からの空気が送入される送入口34と、空気が送風経路27に送出される送出口35が形成されている。
第1のフィルター部材32は、フィルター収納部材31に設けたスライド溝31aの上方を、前後方向に移動して着脱できるように構成され、第1のフィルター部材32には、送入口34に対応する位置に下方から送入された空気が通過する第1の開口部36を設け、送出口35に対応する位置に略平面状の第1のフィルター37を設けている。
第2のフィルター部材33は、フィルター収納部材31に設けたスライド溝31aの内部に沿って、前後方向に移動して着脱できるように構成され、第2のフィルター部材33には、送入口34に対応する位置に下方から送入された空気が通過する第2の開口部38を設け、送出口35に対応する位置に略平面状の第2のフィルター39を設けている。
第1のフィルター部材32は、第2のフィルター部材33の上側に収納されるよう構成されており、フィルター収納部材31に対しては、第2のフィルター部材33を収納した後、第1のフィルター部材32を収納するようにしている。また、第1のフィルター部材32および第2のフィルター部材33が、フィルター収納部材31への収納された状態においては、第2のフィルター部材33の把手部を形成する第2の把手部40は、第1のフィルター部材32の把手部を形成するとともに前部枠体6と同一面となるように形成された第1の把手部41の内方に隠蔽されており、外方からは見えない構成となっている。
第2のフィルター39の網の目の大きさは、第1のフィルター37の網の目と同等もしくはそれ以下の大きさとすることにより、第1のフィルター37で逃した糸屑等のリント類やほこりなどを第2のフィルター39で回収するようにしている。
また、第1のフィルター部材32の後端部には、上方に湾曲する湾曲形状部分42を有しており、第1のフィルター部材32がフィルター収納部材31に収納されている時、湾曲形状部分42の後端面42aが、フィルター収納部材31の後内面31bに当接するように構成されている。
また、第2のフィルター部材33には、磁石43が取り付けられており、第2のフィルター部材33をフィルター収納部材31に収納することで、磁石43をフィルター収納部材31の外部に設けられた磁力判定手段(第2のフィルター有無判定手段)44の近傍に位置することができる。磁力判定手段44は、磁石43の磁力により、第2のフィルター部材33が取り付けられているか否かを判定することができる。
上記構成においては、フィルター収納部材31の下面に送入口34と送出口35を形成
しており、その天面には、送風のための開口を設けていないので、本体1内の上方端に糸屑回収装置22を設けることができ、かつ、第1のフィルター部材32と第2のフィルター部材33は、フィルター収納部材31に対し、前後方向に移動して着脱できるように構成されているので、本体1内の前方端に設けることができる。したがって、この構成にすることにより、糸屑回収装置22を、使用者が最も使いやすくて、また、その存在を気付きやすい位置である本体1の前面上部のコーナー部に設けることができるものである。
なお、送入口34は、フィルター収納部材31の下面でなくてもよく、側面であってもよい。すなわち、天面でなければ、同等の効果を得ることができる。
また、第1のフィルター部材32の第1のフィルター37および第2のフィルター部材33の第2のフィルター39は、ともに平面状としているため、袋状とした場合に比べ、糸屑等のリント類を取除く作業が大幅に容易となるものである。
また、第2のフィルター39の網の目の大きさは、第1のフィルター37の網の目と同等もしくはそれ以下の大きさとしているので、糸屑等のリント類を確実に回収することができるので、循環経路16内に糸屑等のリント類が堆積し、送風能力が低下して乾燥性能が低下することを防止できる。
また、第1のフィルター部材32および第2のフィルター部材33のフィルター収納部材31への収納時においては、第2のフィルター部材33の第2の把手部40は、第1のフィルター部材32の第1の把手部41の内方に隠蔽されており、外方からは見えない構成となっているので、表面には第1の把手部41だけしか現れず、第2の把手部40を構成するラインを本体表面からなくすことができるので、外観の美観を向上させることができる。
また、第1の把手部41は、前部枠体6と同一面となるよう形成されているので、さらに外観の美観を向上させることができる。
また、第1のフィルター部材32を装着し忘れた場合にも、洗濯運転開始時もしくは乾燥運転開始時に、その装着忘れについて、使用者が目視で容易に確認することができるので、循環経路16内に糸屑等のリント類が堆積し、送風能力が低下して乾燥性能が低下することを防止することができる。
また、第1のフィルター部材32を外さなければ、外側からは確認することができない第2のフィルター部材33の装着忘れについては、第2のフィルター部材33に磁石43が取り付けられており、フィルター収納部材31の外側に設けられた磁力判定手段44により、その存在を認識することができるので、磁力判定手段44が磁石43が無いと判定した場合に、操作表示手段20により異常報知等を行い、運転を停止し、使用者に知らしめることができるので、循環経路16内に糸屑等のリント類が堆積し、送風能力が低下して乾燥性能が低下することを防止することができる。
さらに、第1のフィルター部材32の後端部には、上方に湾曲する湾曲形状部分42を有しており、第1のフィルター部材32がフィルター収納部材31に収納されている時、湾曲形状部分42の後端面42aが、フィルター収納部材31の後内面31bに当接するように構成されているので、第1のフィルター37の表面積を広くすることができ、糸屑等のリント類が第1のフィルター37の全面を覆うまでの時間を延長させることができるので、使用者にとって使いやすいものとなる。また、湾曲形状部分42の後端面42aとフィルター収納部材31の後内面31bを当接させることで、そこから糸屑等のリント類が洩れるのを防止することができる。
以上のように、本発明にかかるドラム式洗濯乾燥機は、糸屑回収装置の装着忘れを防止し、また、糸屑回収装置に付着した糸屑等のリント類の除去を容易にし、使い勝手が良くすることができるので、フィルター等のメンテナンスを要する部品を搭載した各種機器に適用できる。
本発明の実施の形態1におけるドラム式洗濯乾燥機の全体斜視図 同ドラム式洗濯乾燥機の概略断面図 同ドラム式洗濯乾燥機の糸屑回収装置近傍の要部断面図 同ドラム式洗濯乾燥機の糸屑回収装置の要部斜視図
1 本体
2 回転ドラム
3 水槽
8 透孔
16 循環送風経路
22 糸屑回収装置
26 除湿部

Claims (5)

  1. 周壁に多数の透孔を設けて円筒形に形成され水平方向または傾斜方向に回転軸を有する回転ドラムと、本体内に弾性的に支持され前記回転ドラムを内包する水槽と、前記回転ドラム内から排気された空気を除湿部、加熱部を通して再び前記回転ドラム内に送風する循環送風経路と、前記循環送風経路途中に設けられ洗濯物から発生する糸屑等のリント類を回収する糸屑回収装置とを備え、前記糸屑回収装置は、前記本体の前面上部のコーナー部設けられ、略平面状の第1のフィルターを有する第1のフィルター部材と、前記第1のフィルターの網の目の大きさと同等もしくはそれ以下の網の目の大きさを有する略平面状の第2のフィルターを有する第2のフィルター部材と、前方開放の箱状をなし前記第1のフィルター部材および第2のフィルター部材を前後方向に着脱自在に収納するフィルター収納部材とからなり、前記フィルター収納部材の下面には、前記回転ドラム内から排気された空気が送入する送入口と、前記空気が送出する送出口とを設け、前記第1のフィルターおよび第2のフィルターが、前記送出口の対応位置に位置するとともに、前記第2のフィルター部材が、前記第1のフィルター部材の下方に位置するように構成したドラム式洗濯乾燥機。
  2. フィルター収納部材は、前方に送入口を、後方に送出口をけ、第1のフィルター部材には、前記送入口の対応位置に第1の開口部を設け、第2のフィルター部材には、前記送入口の対応位置に第2の開口部を設けた請求項記載のドラム式洗濯乾燥機。
  3. 第1のフィルター部材の把手部分は、本体前面に露出し外郭の一部を形成し、第2のフィルターの把手部分は、前記第1のフィルター部材の把手部分の内部に隠蔽され、前記第1のフィルター部材を脱着した後、前記第2のフィルター部材を脱着可能に構成した請求項またはに記載のドラム式洗濯乾燥機。
  4. フィルター収納部材には、第2のフィルター部材のみの有無を検知する第2のフィルター有無検知手段を設けた請求項記載のドラム式洗濯乾燥機。
  5. 第1のフィルター部材の後端部は、上方に湾曲する湾曲形状とし、その湾曲形状部分の後端面が、フィルター収納部材の後面に当接するように構成した請求項2〜のいずれか1
    項に記載のドラム式洗濯乾燥機。
JP2004266390A 2004-09-14 2004-09-14 ドラム式洗濯乾燥機 Expired - Fee Related JP4494142B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004266390A JP4494142B2 (ja) 2004-09-14 2004-09-14 ドラム式洗濯乾燥機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004266390A JP4494142B2 (ja) 2004-09-14 2004-09-14 ドラム式洗濯乾燥機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006081574A JP2006081574A (ja) 2006-03-30
JP4494142B2 true JP4494142B2 (ja) 2010-06-30

Family

ID=36160540

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004266390A Expired - Fee Related JP4494142B2 (ja) 2004-09-14 2004-09-14 ドラム式洗濯乾燥機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4494142B2 (ja)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4706571B2 (ja) * 2006-06-29 2011-06-22 パナソニック株式会社 洗濯乾燥機
JP4706572B2 (ja) * 2006-06-29 2011-06-22 パナソニック株式会社 洗濯乾燥機
JP4538437B2 (ja) * 2006-09-27 2010-09-08 パナソニック株式会社 ドラム式洗濯乾燥機
JP4611953B2 (ja) * 2006-09-27 2011-01-12 パナソニック株式会社 ドラム式洗濯乾燥機
JP4642729B2 (ja) * 2006-10-20 2011-03-02 パナソニック株式会社 洗濯乾燥機
JP2020022622A (ja) * 2018-08-07 2020-02-13 東芝ライフスタイル株式会社 フィルター装置、及び洗濯機

Also Published As

Publication number Publication date
JP2006081574A (ja) 2006-03-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4494169B2 (ja) ドラム式洗濯乾燥機
JP4059236B2 (ja) ドラム式洗濯乾燥機
JP3896980B2 (ja) ドラム式洗濯乾燥機
JP4016874B2 (ja) 洗濯乾燥機
JP4494142B2 (ja) ドラム式洗濯乾燥機
JP6037500B2 (ja) 洗濯乾燥機
JP5897390B2 (ja) 洗濯乾燥機
JP5106443B2 (ja) ドラム式洗濯乾燥機
JP3898675B2 (ja) ドラム式洗濯乾燥機
JP3682051B2 (ja) 洗濯機
JP2007117137A (ja) ドラム式洗濯乾燥機
JP6282196B2 (ja) ドラム式洗濯乾燥機
JP3959232B2 (ja) ドラム式洗濯乾燥機
JP5671702B2 (ja) ドラム式洗濯乾燥機
JP3812528B2 (ja) ドラム式洗濯乾燥機
JP2017012871A (ja) 洗濯乾燥機
JP6373020B2 (ja) 乾燥機
JP4579881B2 (ja) 洗濯乾燥機
JP2001300192A (ja) 洗濯乾燥機
JP2011098021A (ja) 衣類乾燥機
JP6182514B2 (ja) 洗濯機
JP6118990B2 (ja) 洗濯乾燥機
JP2005124762A (ja) ドラム式洗濯乾燥機
TWI660095B (zh) 洗衣乾衣機
JP2009232888A (ja) 洗濯乾燥機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070614

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20070712

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20081211

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20081216

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090213

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20090317

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100407

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130416

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130416

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140416

Year of fee payment: 4

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees