JP4135525B2 - Driving skills evaluation device - Google Patents

Driving skills evaluation device Download PDF

Info

Publication number
JP4135525B2
JP4135525B2 JP2003043126A JP2003043126A JP4135525B2 JP 4135525 B2 JP4135525 B2 JP 4135525B2 JP 2003043126 A JP2003043126 A JP 2003043126A JP 2003043126 A JP2003043126 A JP 2003043126A JP 4135525 B2 JP4135525 B2 JP 4135525B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
vehicle
evaluation
fuel
road
route
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2003043126A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2004251786A (en
Inventor
尚広 坂下
和良 大林
英彦 川上
正浩 樋口
哲也 永田
Original Assignee
株式会社デンソー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社デンソー filed Critical 株式会社デンソー
Priority to JP2003043126A priority Critical patent/JP4135525B2/en
Publication of JP2004251786A publication Critical patent/JP2004251786A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4135525B2 publication Critical patent/JP4135525B2/en
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02TCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO TRANSPORTATION
    • Y02T90/00Enabling technologies or technologies with a potential or indirect contribution to GHG emissions mitigation
    • Y02T90/10Technologies related to electric vehicle charging
    • Y02T90/16Information or communication technologies improving the operation of electric vehicles
    • Y02T90/161Navigation

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、運転者の運転技術を評価する技術に関する【0002】 The present invention, [0002] relates to a technique for evaluating the driving skills of the driver
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
自動車の走行に伴ってGPS等により位置を検出し、その位置をディスプレイ上に道路地図と共に表示することにより、円滑に目的地に到達させるナビゲーション装置が知られている。 With the driving of the automobile to detect the position by the GPS or the like, by displaying with a road map to its location on the display, it is known smooth navigation device to reach the destination. さらに、現在地から目的地までの適切な経路を設定し、案内として利用するナビゲーションシステムも知られ、より円滑なドライブに寄与している。 In addition, by setting the appropriate route from the current location to the destination, it is also known navigation system to be used as a guide, have contributed to a smoother drive.
【0003】 [0003]
この経路設定に際しては、一般にダイクストラ法などを用いる。 During this routing is generally used like Dijkstra method. 具体的には、ノード間のリンクに対するリンク情報を用いて現在地から各ノードに至るまでの経路コスト(経路に対する評価値)を計算し、目的地までの全てのコスト計算が終了した段階で、経路コストが最小となるリンクを接続して目的地までの経路を設定している(例えば、特許文献1参照。)。 Specifically, using the link information for the link between nodes calculate the route cost from the current position up to the respective nodes (evaluation value for the path), at the stage where all the cost calculation to the destination has been completed, the path connect the link cost is the minimum is set a route to a destination (e.g., see Patent Document 1.). このようなナビゲーションシステムの経路設定機能を利用すれば、目的地までの走行距離を短縮することにより車両の消費燃料を低減できる。 By using the routing capabilities of such a navigation system, it can be reduced fuel consumption of the vehicle by reducing the travel distance to the destination.
【0004】 [0004]
【特許文献1】 [Patent Document 1]
特開平11−287667号公報(第6,7頁、図2) JP 11-287667 discloses (sixth and seventh pages, FIG. 2)
【0005】 [0005]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
ところで、運転者の環境に対する意識が年々強くなってきている。 By the way, awareness of the driver's environment has been growing year by year. これは低燃費で環境にやさしいハイブリッド車が普及している事実からも証明される。 This is evidenced by the fact that popular hybrid car-friendly environment with low fuel consumption. このような運転者の意識に応えるためには、上述のように目的地までの走行距離を短縮するだけでなく、低燃費で走行することが求められる。 In order to meet such a driver's consciousness, not only to shorten the traveling distance to the destination as described above, it is required to travel at a low fuel consumption.
【0006】 [0006]
しかしながら、車両の燃費に関しては、車両自体の燃費に関する性能と共に個々の運転者の運転技術によるところが大きい。 However, for fuel economy of the vehicle is largely due to the driving skill of each operator with performance regarding fuel economy of the vehicle itself. つまり、運転者が自らの運転技術に関心を持ち且つ向上させることにより、同じ経路をより少ない消費燃料で走行することが可能となる。 That is, the driver by and improve interested in their driving skill, it is possible to travel the same route with less fuel consumption. そのためには燃費を算出して評価することが有効であり、多くの運転者は、前回の給油から今回の給油までの走行距離および給油量から燃費を算出している。 In order to do it is effective to evaluate and calculate the fuel consumption, many driver calculates the fuel consumption from the travel distance and the quantity of oil to the current fueling from the previous refueling. この場合、前回の給油から今回の給油までに走行した経路には、通勤経路だけでなく、レジャーや買い物などに出かけた際の走行経路も含まれることとなる。 In this case, the path traveled up to this time of the oil supply from the previous refueling, as well as commuting route, so that also included the travel route at the time of going to such as leisure and shopping. すると、給油と給油との間に走行した経路の内訳および道路種別ごとの比率は毎回異なる。 Then, breakdown and ratio of each road type of the travel route between the refueling and the fuel supply are different each time. このことにより比較する基準が毎回異なることとなって必ずしも適切とは言えない。 Not necessarily appropriate criteria to be compared becomes different every time by this. そこで、より正確な燃費の比較を行うために、例えば通勤経路など同じ経路を走行する毎に燃費を算出するなど小まめに燃費を算出して評価することが考えられる。 Therefore, more in order to compare the exact fuel economy, it is conceivable to evaluate and calculate the fuel consumption to a small blister like to calculate the fuel consumption for each traveling the same route, for example, commute. また、山道や高速道路などを走行した際の地域ごとの燃費を算出し、これら燃費のうち同じ種類の地域における燃費同士で比較・評価することが考えられる。 Moreover, to calculate the fuel consumption for each region at the time of traveling and mountain road and highway, be compared and evaluated in the fuel consumption between the same type of area of ​​these fuel conceivable.
【0007】 [0007]
しかしながら、上述のように小まめに燃費を算出・評価するためには、通勤経路などを走行する毎や、山道や高速道路など地域が変わる毎に燃料残量および走行距離に基づいて燃費を算出し、その算出した燃費を評価する必要がある。 However, calculated in order to calculate and evaluate the fuel into small blister as described above, and each running a commuting route, a fuel based on the fuel quantity and the travel distance for each region is changed, such as mountain road and highway and, it is necessary to evaluate the fuel consumption of the calculated. このため運転者にとって面倒であった。 For this reason it was troublesome for the driver.
【0008】 [0008]
本発明は、このような課題を解決するためになされたものであり、その目的とするところは、運転者の運転技術の評価を高頻度に、且つ容易に行うことにより運転者の環境への意識を高めることにある。 The present invention has been made to solve such problems, it is an object of the evaluation of driving skill of the driver frequently, to the environment of the driver by and easily be carried out It is to increase awareness.
【0013】 [0013]
【課題を解決するための手段及び発明の効果】 [Effect of the unit and the invention for solving the problems]
ハイブリッド車など電気を動力源とする車両では、減速時に回生エネルギを回収し、その回収した回生エネルギを動力資源として再利用している。 In the vehicle having an electric hybrid vehicle as a power source, the regenerative energy recovered during deceleration, and reuse the recovered regenerative energy as power resources. そこで、回生エネルギの回収量により運転技術を評価することが考えられる。 Therefore, it is conceivable to evaluate the driving skill by the recovery of regenerative energy. そこで請求項1記載の運転技術評価装置は、まず、回生エネルギ積算手段(8)が、ブレーキ回生判定手段(8,17)によって車両がブレーキ回生中であると判定している間に、車両が回生する回生エネルギ量を積算する。 So driving skills evaluation apparatus according to claim 1, wherein, first, the regenerative energy integrating means (8), while the vehicle by the brake regeneration determination means (8, 17) is determined to be in regenerative braking, the vehicle is integrating the regenerative energy amount of regeneration to. 次に、減速値算出手段(8)が、車速検出手段(4)によって検出された車両の現在の速度に基づいて、ブレーキ回生判定手段によって車両がブレーキ回生中であると判定している間に減速した速度である「減速値」を算出する。 Next, the deceleration value calculation means (8), based on the current speed of the vehicle detected by the vehicle speed detecting means (4), while the vehicle is determined to be in regenerative brake by the brake regeneration determination means is a deceleration and speed to calculate the "deceleration value". また、回生時間算出手段(8)が、ブレーキ回生判定手段によって車両がブレーキ回生中であると判定している時間である「回生時間」を算出する。 Further, regeneration time calculating means (8), the vehicle by the brake regeneration determination means for calculating a "regeneration time" is the time that is determined to be in the brake regeneration. そして、理論回生エネルギ算出手段(8)が、速度算出手段によって算出された「減速値」、および回生時間算出手段によって算出された「回生時間」に基づいて、ブレーキ回生判定手段によって車両がブレーキ回生中であると判定した場合における回生エネルギ量である「理論回生エネルギ量」を算出する。 The theoretical regenerative energy calculating means (8) has been calculated by the speed calculating means "deceleration value" and based on the "regeneration time" which is calculated by the regeneration time calculating means, the vehicle brake regeneration by braking regeneration determination means a regenerative energy amount when it is determined that in calculating the "theoretical regenerative energy amount". さらに、回生エネルギ評価手段(8)が、理論回生エネルギ算出手段によって算出された理論回生エネルギ量に基づいて、回生エネルギ積算手段によって積算された回生エネルギ量を評価する。 Furthermore, regenerative energy evaluation unit (8), based on the theoretical regenerative energy amount calculated by theory regenerative energy calculating means, for evaluating the regenerative energy amount that has been accumulated by the regenerative energy accumulation means.
【0014】 [0014]
このように請求項記載の運転技術評価装置によれば、減速時における回生エネルギ量を理論的な回生エネルギ量と比較することにより運転者の運転技術を評価する。 According to the driving skill evaluation apparatus according to claim 1, to evaluate the driving skill of the driver by comparing the regenerative energy amount during deceleration the theoretical regenerative energy amount.
また、請求項のように、評価結果報知手段(10)が、回生エネルギ評価手段による評価結果を運転者に報知することが考えられる。 Furthermore, as according to claim 2, the evaluation result notification unit (10), it is conceivable to notify the driver evaluation results of regenerative energy evaluation unit. なお、この評価結果報知手段の具体例としては、(イ)表示装置に評価結果を表示することや、(ロ)評価結果を音声で知らせること、(ハ)評価結果をランプの点灯で知らせること、(ニ)評価結果をブザーで知らせること、などが考えられる。 As specific examples of the evaluation results informing means, (b) and displaying the evaluation result on the display device, (ii) the evaluation results to inform by voice, to inform at the lighting of the lamp (iii) Evaluation result , to inform at the buzzer (d) the evaluation results, the like can be considered. また、評価結果報知手段が評価結果を報知するタイミングとしては、(イ)評価区間を走行終了した際や、(ロ)運転者が入力手段を介して評価結果を報知する旨の指示をした際などが考えられる。 The evaluation as the timing result informing means for informing the evaluation results, (b) and when the evaluation section traveling completed, when the instruction for notifying the evaluation results via the (b) the driver input means the like can be considered.
【0020】 [0020]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
以下、本発明が適用された実施例について図面を用いて説明する。 Hereinafter, it will be described with reference to the drawings embodiment the present invention is applied. なお、本発明の実施の形態は、下記の実施例に何ら限定されることなく、本発明の技術的範囲に属する限り種々の形態を採りうることは言うまでもない。 The embodiments of the present invention, without being in any way limited to the following examples, it goes without saying that can take various forms within the technical scope of the present invention.
【0021】 [0021]
まず、図1は、実施例の車載用ナビゲーション装置の構成を表す構成図である。 First, FIG. 1 is a block diagram showing a structure of a vehicle navigation apparatus of Example. 図1に示すように、本実施例の車載用ナビゲーション装置は、位置検出器1、地図データ入力器6、操作スイッチ群7、これらに接続された制御回路8、制御回路8に接続された外部メモリ9、表示装置10及びリモコンセンサ11を備えている。 As shown in FIG. 1, the in-vehicle navigation device of the present embodiment, the position detector 1, a map data input unit 6, an operation switch group 7, a control circuit 8 connected thereto, externally connected to the control circuit 8 and a memory 9, a display device 10 and the remote controller sensor 11. なお制御装置8は通常のコンピュータとして構成されており、内部には周知のCPU、ROM、RAM、I/O及びこれらの構成を接続するバスラインが備えられている。 Note the controller 8 is configured as a normal computer, known CPU inside, ROM, RAM, I / O and a bus line connecting these components are provided.
【0022】 [0022]
[位置検出器1の構成] [Configuration of the position detector 1]
前記位置検出器1は、いずれも周知の地磁気センサ2、ジャイロスコープ3、距離センサ(車速センサ)4、及び衛星からの電波に基づいて車両の位置を検出するGPSのためのGPS受信機5を有している。 The position detector 1 are both geomagnetic sensor 2, a gyroscope 3, a distance sensor (vehicle speed sensor) 4, and a GPS receiver 5 for GPS to detect the position of the vehicle based on radio waves from satellites It has. これらのセンサ等2、3、4、5は各々が性質の異なる誤差を持っているため、複数のセンサにより各々補間しながら使用するように構成されている。 Since each of these sensors, such as 2, 3, 4 and 5 have errors of different nature, are configured to use with each interpolation by a plurality of sensors. なお精度によっては上述した内の一部で構成してもよく、更にステアリングの回転センサ、各転動輪の車輪センサ等を用いてもよい。 Incidentally it may be composed of a part of described above by the accuracy, further rotation sensor for steering, may be used a wheel sensor of each rolling wheel. なお、位置検出器1は位置特定手段に該当する。 The position detector 1 corresponds to the position specifying means. また、距離センサ4は距離算出手段および車速検出手段に該当する。 The distance sensor 4 corresponds to the distance calculating means and the vehicle speed detecting means.
【0023】 [0023]
[地図データ入力器6の構成] [Configuration of the map data input unit 6]
地図データ入力器6は、位置特定の精度向上のためのいわゆるマップマッチング用データ、地図データ、マークデータを含む各種データを入力するための装置である。 Map data input unit 6 is a so-called map matching data for the localization of increased accuracy, a device for inputting various data including the map data, the mark data. これらのデータの記録媒体としては、そのデータ量からCD−ROMやDVDを用いるのが一般的であるが、ハードディスクなどの磁気記憶装置やメモリカード等の他の媒体を用いても良い。 The recording medium of these data, the although the amount of data to use CD-ROM or DVD is generally may be used other medium such as a magnetic storage device or a memory card such as a hard disk.
【0024】 [0024]
地図データ中の道路データは、交差点等の複数のノード間をリンクにより接続して地図を構成したものであって、それぞれのリンクに対し、リンクを特定する固有番号(リンクID)や、例えば高速道路、有料道路、一般道あるいは取付道などを識別するための「道路種別(リンククラス)」、例えば市街地や郊外、山道、住宅地などそのリンク(道路)が位置する地域を示す「地域情報」、リンクの「始端座標」および「終端座標」、リンクの長さを示すリンク長、道路を特定するための道路ID(例えば国道○号線のような道路を特定する情報)のデータからなるリンク情報を備える。 Road data in the map data, there is constructed a map by connecting the links between a plurality of nodes such as intersections, for each link, and a unique number that identifies the link (link ID), for example high speed road, to identify toll road, and general road or mounted road "road type (link class)", for example, urban and suburban, showing mountain road, the local residential areas, such as the link (road) is located "regional information" , "start coordinate" and "end coordinates" of the link, the link information comprising data of the link length indicating the length of the link, a road ID for identifying the road (e.g., information identifying a such roads as national roads ○ Route) equipped with a.
【0025】 [0025]
[外部メモリ9の構成] [Configuration of the external memory 9]
外部メモリ9は、不揮発性メモリで構成され、運転者が設定した特定経路など各種の情報などを記憶している。 External memory 9 is composed of a non-volatile memory, and stores various information such as a specific path set by the driver. ここで、「特定経路」とは、運転者が自宅から勤務先などよく訪れる場所までの経路を云い、特定経路番号、出発地座標、各経由地座標および目的地座標の各情報を含む。 Here, the "specific route", refers to the path from the home by the driver to the location where you visit often, such as place of work, including specific route number, the starting point coordinates, each information of each waypoint coordinates and the destination coordinates. 一例を挙げると、図4(a)に示すように、特定経路における出発地と目的地との間に存在するノードを経由地、同じく各リンクを区間として設定されている。 As an example, as shown in FIG. 4 (a), stopover node existing between the origin and the destination in a specific pathway, are also set each link as a section. また、外部メモリ9は、各特定経路における道路コストデータを記憶している。 The external memory 9 stores the road cost data in each specific path. さらに、外部メモリ9は、「特定経路別評価結果」および「道路別評価結果」を記憶している。 Furthermore, the external memory 9 stores a "special route-based evaluation result" and "road-based evaluation result". ここで、「評価結果」とは、図4(b)に示すように、特定経路など評価区間における燃費を、その評価区間における評価基準値と比較することにより評価したものを云う。 Here, the "evaluation result", as shown in FIG. 4 (b), refers to those fuel economy in the evaluation section, such as a particular route, was evaluated by comparing the criterion value at the evaluation interval. また、「評価基準値」とは、その評価区間における今回の燃費が優れているか否かを評価する際に基準となる値を云い、本実施例では、その評価区間における過去3回分の燃費を平均した値に設定されている。 Further, the "evaluation reference value" refers to the reference value serving in assessing whether better current fuel consumption in the evaluation section, in this embodiment, the fuel economy of past three in the evaluation interval It is set to an average value. そして、上述の「特定経路別評価結果」には、図2(c)に示すように、特定経路ナンバー、年月日・曜日、天気、区間ごとの評価結果および全区間の評価結果の各情報が含まれており、「道路別評価結果」には、図5(c)に示すように、道路ID、道路の向き、年月日・曜日、天気、評価結果の各情報が含まれている。 Then, the "special route-based evaluation result" described above, as shown in FIG. 2 (c), a particular route number, date, day of week, weather, evaluation results and the information of the evaluation results of all the sections of each section are included, the "road-based evaluation result", as shown in FIG. 5 (c), a road ID, the orientation of the road, date, day of week, weather, contains the information of the evaluation results . また、外部メモリ9は、市街地や郊外など地域ごとに、その地域における過去の燃費の平均値を記憶している。 The external memory 9, such as a regional urban and suburban stores the average value of past fuel economy in the region. なお、外部メモリ9は評価基準値記憶手段および道路コスト記憶手段に該当する。 The external memory 9 corresponds to the evaluation reference value storage means and road cost storage means.
【0026】 [0026]
[表示装置10の構成] [Configuration of the display device 10]
表示装置10はカラー表示装置であり、表示装置10の画面には位置検出器1から入力された車両現在位置マークと、地図データ入力器6より入力された地図データと、更に地図上に表示する誘導経路等の付加データとを重ねて表示することが出来る。 The display device 10 is a color display device, and the vehicle current position mark that is input from the position detector 1 on the screen of the display device 10, and the map data inputted from the map data input device 6 further displays on the map it can be displayed overlapping and additional data such as guidance route. なお、表示装置10は、評価結果報知手段に該当する。 The display device 10 corresponds to the evaluation result notification means.
【0027】 [0027]
[リモートコントロール端末12、操作スイッチ群7などの構成] Remote control terminal 12, the configuration of an operation switch group 7]
また、車載ナビゲーションシステムは、リモートコントロール端末(以下リモコンと称する)12を介してリモコンセンサ11から、あるいは操作スイッチ群7により目的地の位置を入力すると、現在位置からその目的地までの最適な経路を自動的に選択して誘導経路を形成し表示する、いわゆる経路案内機能も備えている。 Also, in-vehicle navigation system (hereinafter referred to as remote control) the remote control terminal 12 from the remote controller sensor 11 through the, or by entering the position of the destination by the operation switch group 7, the optimum route from the current position to the destination the automatically selected to form a guide route display also includes a so-called route guidance function. このような自動的に最適な経路を設定する手法は、ダイクストラ法等の手法が知られている。 Method for setting such automatic optimum route are known method such as the Dijkstra method. 操作スイッチ群7は、例えば表示装置10と一体になったタッチスイッチもしくはメカニカルなスイッチ等が用いられ、各種入力に使用される。 Operation switch group 7, for example, a display device 10 and the touch switch or a mechanical switch or the like is integrated is used, is used for various inputs. なお、操作スイッチ群7およびリモコン12は、制御回路8とともに、評価区間設定手段に該当する。 The operation switch group 7 and the remote controller 12, together with the control circuit 8, corresponding to the evaluation interval setting means.
【0028】 [0028]
[制御回路8の構成] [Configuration of the control circuit 8]
制御回路8は、CPU,ROM,RAM,I/O及びこれらの構成を接続するバスラインなどからなる周知のマイクロコンピュータを中心に構成されており、ROM及びRAMに記憶されたプログラムに基づいて、位置検出器1からの各検出信号に基づき座標及び進行方向の組として車両の現在位置を算出し、地図データ入力器6を介して読み込んだ現在位置付近の地図等を表示装置10に表示する地図表示処理や、地図データ入力器6に格納された地点データおよび外部メモリ9に記憶された各種データに基づき、操作スイッチ群7やリモコン12等の操作に従って目的地となる施設を選択し、現在位置から目的地までの最適な経路(目的地経路)を自動的に求める経路計算処理を行う。 The control circuit 8, based CPU, ROM, RAM, the I / O and is configured around a known microcomputer including a bus line connecting these components, programs stored in the ROM and RAM, calculates the current position of the vehicle as the coordinates and the traveling direction of the set based on the detection signal from the position detector 1, a map to be displayed on the display device 10 a map or the like of the current near the position read via the map data input unit 6 display processing, based on the various data stored in the location data and the external memory 9 is stored in the map data input device 6, select the property to be the destination according to the operation such as the operation switch group 7 or the remote controller 12, the current position It performs route computation to automatically determine the optimum route to the destination (the destination path) from. このように自動的に最適な経路を設定する手法は、ダイクストラ法等の手法が知られている。 The method of setting the automatic optimum route as the method such as Dijkstra method is known.
【0029】 [0029]
また、制御回路8は、経路計算処理によって求めた誘導経路に基づいて経路案内を行う経路案内処理を行う。 Further, the control circuit 8 performs a route guidance process of performing route guidance based on the navigation route determined by the route calculation process. この経路案内は、経路計算の結果と地図データ内に格納されている道路の形状データや、交差点の位置情報、踏切の位置情報等から、案内に必要なポイントを算出したり、どのような案内(右に曲がるか左に曲がるかの指示等、すなわち、いわゆるナビゲーション)が必要なのかを算出し、その算出結果に基づき、例えば現在位置の地図や、高速道路の略図や、交差点付近では交差点付近の拡大図等を描画して表示装置10に表示する。 The route guidance, and the shape data of a road that is stored in the result and the map data of the route calculation, the position information of the intersection, the position information of the railroad crossing, etc., or calculated points required to guide, what information (instruction or the like or turn left or turn right, i.e., so-called navigation) to calculate whether the need, based on the calculation result, for example, a map of the current location, and highway schematic, near intersections in the vicinity of the intersection by drawing an enlarged view like displayed on the display device 10 of the. また、図示しない音声出力装置からの音声出力も併用する。 Also combined audio output from the audio output device (not shown). なお、制御回路8は、消費効率値算出手段、消費効率値評価手段、道路コスト更新手段、回生エネルギ積算手段、減速値算出手段、回生時間算出手段、理論回生エネルギ算出手段および回生エネルギ評価手段に該当する。 The control circuit 8, consumption efficiency value calculation means, consumption efficiency value evaluation means, road cost updating means, regenerative energy accumulating means, the deceleration value calculating means, the regeneration time calculating means, the theoretical regenerative energy calculating means and the regenerative energy evaluation unit applicable.
【0030】 [0030]
[外部ネットワーク14などその他の構成] Other configurations, such as an external network 14]
実施例の車載ナビゲーション装置は、携帯電話13など移動体通信機器により、外部ネットワーク14との接続が可能で、インターネットに接続したり専用の情報センタ(図示省略)に接続したりすることができる。 Vehicle navigation system embodiments, the mobile communication device such as a cellular phone 13, can be connected to an external network 14, or can be connected to a dedicated information center or connect to the Internet (not shown). この情報センタは「個人情報データベース」を記憶している。 The information center stores a "personal information database". ここで、「個人情報データベース」とは、運転者(車両)が各地の道路を走行した際の燃費を登録しておくデータベースを云い、運転者ごとに、「個人識別情報」、「車種」、走行した道路の「道路ID」、例えば市街地などその道路が位置する「地域」およびその道路における「燃費」を記憶している。 Here, the "personal information database" means a database for registering the fuel consumption when the driver (vehicle) is traveling around the road, each driver "personal identification information", "model", "road ID" of the traveling road, for example the road such as urban stores "fuel efficiency" in the "area" and the road is located. なお、携帯電話13は装置側通信手段に該当する。 The mobile phone 13 corresponds to the device-side communication means. また、外部ネットワーク14は、情報センタ(センタ側通信手段、センタ側記憶手段およびセンタ側評価手段を備える。)に該当する。 The external network 14 corresponds to the information center (center communication means comprises a center side storage unit and the center-side evaluation unit.).
【0031】 [0031]
また、実施例の車載ナビゲーション装置が搭載されている車両は、その内部に蓄えられた燃料の残量を検出する燃料センサを有する燃料タンク15を備えており(その車両がガソリン車やディーゼル車、燃料電池車などの場合)、この燃料タンク15が備える燃料そのセンサは、車載ナビゲーション装置の制御回路8とデータ通信可能に接続されている。 The vehicle-vehicle navigation device of the embodiment is mounted is provided with a fuel tank 15 having a fuel sensor for detecting the remaining amount of fuel stored therein (the vehicle is gasoline vehicles and diesel vehicles, If such a fuel cell vehicle), the fuel that sensor provided in the fuel tank 15 is the control circuit 8 and data communicably connected in-vehicle navigation device. なお、上述の燃料センサを、燃料タンク15とは別体に構成してもよい。 Incidentally, the fuel sensor described above may be configured separately from the fuel tank 15. そして、燃料タンク15からは、燃料センサによって検出された、ガソリン(ガソリン車の場合)や、軽油(ディーゼル車の場合)、各種ガス(燃料電池車などの場合)などの燃料(「消費動力資源」に該当する。)の残量についての情報が制御回路8に送信される。 Then, from the fuel tank 15, detected by the fuel sensor, (if gasoline) gasoline and (in the case of diesel vehicles) gas oil, fuels such as various gases (case of a fuel cell vehicle) ( "power consumption resources corresponds to ". information about the remaining amount of) is transmitted to the control circuit 8. これに対して車載ナビゲーション装置の制御回路8では特定経路ごとや、道路ごとに区間の走行距離と燃料消費量から燃費を計算する。 And each specific path in the control circuit 8 of the in-vehicle navigation device contrary to calculate the fuel consumption from the travel distance and the fuel consumption of the section for each road. なお、ナビゲーションシステム以外で燃費を計算し、定期的に制御回路8に入力する構成としてもよい。 Incidentally, the fuel consumption calculated by non-navigation system, may be input to the regular control circuit 8.
【0032】 [0032]
また、実施例の車載ナビゲーション装置が搭載されている車両は、その内部に蓄えられた電気量を検出する電気量センサを有するバッテリ16を備えており(その車両が電気自動車の場合)、このバッテリ16が備える電気量センサは、車載ナビゲーション装置の制御回路8とデータ通信可能に接続されている。 Further, the vehicle-vehicle navigation device of the embodiment is mounted, (if the vehicle is an electric vehicle) includes a battery 16 with electric quantity sensor for detecting a quantity of electricity stored therein, the battery quantity of electricity 16 comprises sensors is the control circuit 8 and data communicably connected in-vehicle navigation device. なお、上述の電気量センサを、バッテリ16とは別体に構成してもよい。 Incidentally, the electric quantity sensor described above, the battery 16 may be formed separately. そして、バッテリ16からは、電気量センサによって検出された、電気量(「消費動力資源」に該当する。)についての情報が制御回路8に送信される。 Then, the battery 16 is detected by the electric quantity sensor, information about the electric quantity (corresponding to "power consumption resources".) It is transmitted to the control circuit 8. これに対して車載ナビゲーション装置の制御回路8では、特定経路ごとや、道路ごとに車両が消費したり充電したりした電気量を計算する。 In the control circuit 8 of the in-vehicle navigation device contrast, and each specific path to calculate the amount of electricity which the vehicle has or charge or consumed per road. なお、車両の燃料噴射装置など、ナビゲーションシステム以外で上述の電気量を計算して定期的に制御回路8に入力する構成としてもよい。 Incidentally, fuel injection apparatus for a vehicle, may be input to the regular control circuit 8 calculates the quantity of electricity above except the navigation system. なお、燃料タンク15およびバッテリ16は、制御回路8とともに消費動力資源算出手段に該当する。 The fuel tank 15 and the battery 16 corresponds to the power consumption resource calculating unit together with the control circuit 8.
【0033】 [0033]
また、実施例の車載ナビゲーション装置が搭載されている車両は、ブレーキ17(運転者がブレーキ17を操作した時のトルク値を測定するトルクセンサを有する。)を備えており(その車両がブレーキ回生を行う場合)、このブレーキ17が備えるトルクセンサは、車載ナビゲーション装置の制御回路8とデータ通信可能に接続されている。 The vehicle-vehicle navigation device of the embodiment is mounted, the brake 17 comprises a (driver. Having a torque sensor for measuring a torque value at the time of operating the brake 17) (the vehicle brake regeneration when performing), torque sensor the brake 17 is provided is the control circuit 8 and data communicably connected in-vehicle navigation device. なお、上述のトルクセンサを、ブレーキ17とは別体に構成してもよい。 Incidentally, the torque sensor described above may be configured separately from the brake 17. そして、ブレーキ17からは、トルクセンサによって検出された、運転者がブレーキを操作した時のトルク値が制御回路8に送信される。 Then, the brake 17 is detected by the torque sensor, the torque when the driver operates the brake is transmitted to the control circuit 8. これに対して車載ナビゲーション装置の制御回路8は、トルク値により急ブレーキか否かを判定する。 The control circuit 8 of the vehicle navigation system on the other hand, determines whether the sudden braking by a torque value. なお、ナビゲーションシステム以外で急ブレーキか否かを判定し、判定結果を制御回路8に入力する構成としてもよい。 Note that determines whether sudden braking other than the navigation system may be configured to enter a judgment result to the control circuit 8. なお、ブレーキ17は、制御回路8とともにブレーキ回生判定手段に該当する。 Incidentally, the brake 17 corresponds to the brake regeneration determination means together with the control circuit 8.
【0034】 [0034]
[運転技術評価処理の説明および効果] Description and advantages of the driving skill evaluation process]
次に、上述の車載用ナビゲーション装置が実行する運転技術評価処理について、図2(a)の経路計算処理を説明するフローチャート、図3(a)の運転技術評価処理を説明するフローチャートおよび図3(b)の運転技術評価処理による評価結果の表示処理を説明するフローチャートを参照して説明する。 Next, driving skill evaluation processing vehicle navigation apparatus described above is executed, figures and flowchart will be described flowchart, the driving skill evaluation processing shown in FIG. 3 (a) illustrating the route calculation process of FIG. 2 (a) 3 ( with reference to a flowchart illustrating a display process of the evaluation result by the driving skill evaluation process b) it will be described. なお、本処理は、ガソリン(ガソリン車の場合)や、軽油(ディーゼル車の場合)、各種ガス(燃料電池車などの場合)などの燃料を使用する車両に車載用ナビゲーション装置が搭載された場合に適用される。 This processing is, gasoline or (in the case of gasoline vehicles), (in the case of diesel vehicles) gas oil, if the vehicle navigation system in a vehicle using a fuel, such as various gases (case of a fuel cell vehicle) is mounted It is applied to. また、以下の説明において、使用者による各種の入力は、操作スイッチ群7あるいはリモコン12の操作によって行われる。 In the following description, various inputs by the user is performed by operating the operation switch group 7 or the remote control 12.
【0035】 [0035]
まず、運転技術評価処理における経路計算処理を図2(a)のフローチャートを参照して説明する。 First, with reference to the flowchart shown in FIG. 2 (a) the route calculation process in the driving skill evaluation process. 最初のステップ101(以下、「ステップ」を単に「S」と記す。)では、外部メモリ9に記憶されている特定経路のうちの一つを運転者が選択したか否かを判断する。 The first step 101 (hereinafter, "step" is simply referred to as "S".), The one of the special route stored in the external memory 9 by the driver determines whether the selected. ここで、運転者が特定経路を選択した場合には(S101:YES)そのまま本処理を終了する。 Here, if the driver selects a particular path (S101: YES) directly ends the present process. 一方、運転者が特定経路を選択しなかった場合には(S101:NO)、S102に移行する。 On the other hand, if the driver has not selected a particular path (S101: NO), the process proceeds to S102.
【0036】 [0036]
S102では、操作スイッチ群7やリモコン12等の操作に従って目的地の位置が入力されると、地図データ入力器6に格納された地点データに基づいて、現在位置からその目的地までの最適な経路(最適地経路)を求める。 In S102, the position of the destination is input in accordance with an operation such as an operation switch group 7 or the remote control 12, on the basis of the location data stored in the map data input device 6, the optimal route from the current position to the destination seek (optimal locations route).
続くS103では、先のS102において求められた最適地経路を特定経路に指定するか否かの運転者の判断を受け付ける。 In subsequent S103, it accepts whether the driver's judgment to specify the optimal locations route determined in S102 ahead of the particular path. ここで、最適地経路を特定経路に指定しないのであれば(S103:NO)そのままリターンする。 Here, if you do not specify the optimum land route for a specific pathway (S103: NO) as it returns. 一方、最適地経路を特定経路に指定するのであれば(S103:YES)、その最適地経路を特定経路として外部メモリ9に記憶し(S104、図2(c)を参照。)、リターンする。 On the other hand, if you specify the optimal locations route for a specific pathway: (. S104, referring to FIG. 2 (c)) (S103 YES), it stores the optimal locations path to the external memory 9 as a specific path, the process returns.
【0037】 [0037]
次に、運転技術評価処理を図3(a)のフローチャートを参照して説明する。 Next, with reference to the flowchart shown in FIG. 3 (a) driving skills evaluation process. まず、S111では、位置検出装置1が逐次検出する車両の位置および外部メモリ9の特定経路情報(図2(b)を参照。)に基づき、車両が、図4(a)に示すような特定経路上を走行中か否かを判断する。 First, in S111, based on the position and the particular route information in the external memory 9 of the vehicle position detection device 1 sequentially detects (see Figure 2 (b).), The vehicle is identified as shown in FIG. 4 (a) It determines whether or not traveling on the route. ここで、車両が特定経路上を走行中でなければ(S111:NO)リターンする。 Here, if the vehicle is traveling on a specific route (S111: NO) the process returns. 一方、車両が特定経路上を走行中であれば(S111:YES)、S112に移行する。 On the other hand, if the vehicle is traveling on a specific route (S 111: YES), the process proceeds to S112.
【0038】 [0038]
S112では、位置検出器1の情報に基づいて、特定経路上に存在する経由地(図4(a)を参照。)を車両が通過したか否かを判定する。 In S112, based on the information of the position detector 1 determines whether the vehicle has passed the transit point that exists on a particular path (see Figure 4 (a).). ここで、経由地を車両が通過していない場合には(S112:NO)後述するS114に移行する。 Here, the route point when the vehicle has not passed; mode (S112 NO) to S114 to be described later. 一方、車両が経由地を通過した場合には(S112:YES)、S113に移行する。 On the other hand, when the vehicle passes the transit point (S112: YES), the process proceeds to S113.
【0039】 [0039]
S113では、車両が通過した経由地の手前の区間(以下、評価区間と称す。)における燃費を評価する。 In S113, the vehicle is in the front of the waypoint that has passed through the section (hereinafter, referred to as evaluation interval.) To evaluate the fuel consumption in. 具体的には、ガソリン(ガソリン車の場合)や、軽油(ディーゼル車の場合)、各種ガス(燃料電池車などの場合)などの燃料を使用する車両の場合、(1)まず、その経由地を車両が通過した時点の燃料タンク15の燃料残量を、その経由地の手前の経由地を車両が通過した時点の燃料タンク15の燃料残量から引くことにより、評価区間における消費燃料を算出する。 Specifically, (if gasoline) gasoline or light oil (in the case of diesel vehicles), the case of a vehicle using a fuel, such as various gases (case of a fuel cell vehicle), (1) First, the waypoint by subtracting the residual fuel quantity in the fuel tank 15 at the time the vehicle has passed, the front of the waypoint in the waypoint from the fuel remaining amount in the fuel tank 15 at the time the vehicle has passed, calculates fuel consumption in the evaluation section to. (2)次に、地図データ入力器6に格納されたリンク情報に基づいて、評価区間の距離を算出する。 (2) Next, based on the link information stored in the map data input unit 6, and calculates the distance evaluation interval. (3)そして、評価区間における距離を評価区間における消費燃料で割ることにより評価区間における燃費(「消費効率値」に該当する。)を算出する。 (3) Then, the fuel consumption in the evaluation interval by dividing the distance in the evaluation interval in fuel consumption in the evaluation section (corresponding to the "consumption efficiency value".) Is calculated. (4)その評価区間における最近3回分の燃費を外部メモリ9から読み出し、その読み出した最近3回分の燃費の平均値を算出する。 (4) As a recent in the evaluation section reads the 3 doses of fuel from the external memory 9, calculates the average value of the fuel consumption of the last three times thus read out. なお、この算出した平均値を、その評価区間における今回の燃費が優れているか否かを評価する際に基準となる値「評価基準値」とする。 Incidentally, the average value thus calculated, the value "criterion value" as a reference when evaluating whether excellent current fuel consumption in the evaluation interval. (5)先に算出した評価区間における燃費をその評価基準値と比較することにより評価する。 (5) the fuel consumption in the evaluation period calculated previously assessed by comparing with the evaluation reference value. なお、図4(b)に示す「最新の結果」が評価区間における燃費に相当し、「平均値」が評価区間における評価基準値に相当する。 Note that corresponds to the fuel consumption in the "latest results" evaluation interval shown in FIG. 4 (b), the "average value" is equivalent to the evaluation reference value in the evaluation interval. (6)さらに、その評価区間における燃費および評価基準値からなる「評価結果」を、特定経路ナンバーなどの情報とともに、外部メモリ9に記憶する(図2(c)の「特定経路別評価結果情報」を参照。)。 (6) Further, the "evaluation result" consisting of fuel consumption and the evaluation reference value in the evaluation section, along with information such as a specific path number, stored in the external memory 9 ( "special route-based evaluation result information shown in FIG. 2 (c) see ".). そして、リターンする。 And, to return.
【0040】 [0040]
さて、S114では、先のS112にて車両が経由地を通過していない場合に、その車両が目的地に到着しているか否かを判断する。 Well, in S114, in the case where the vehicle in the previous S112 has not passed through the transit point, it is determined whether or not the vehicle has arrived at the destination. ここで、車両が目的地に到着していない場合には(S114:NO)そのままリターンする。 Here, if the vehicle has not arrived at the destination (S114: NO) as it returns. 一方、車両が目的地に到着している場合には(S114:YES)、特定経路における最終区間および全区間の燃費を評価する(S115)。 On the other hand, if the vehicle has arrived at the destination (S114: YES), evaluates the fuel consumption of the last leg and all the sections in a particular pathway (S115). なお、最終区間における燃費等の評価は、S113で説明した燃費を評価する場合と同様であるのでその説明は省略する。 The evaluation of fuel consumption and the like in the final section, and a description thereof will be omitted because it is similar to the case of evaluating the fuel economy described in S113. また、全区間における燃費の評価は次のように行なう。 The evaluation of fuel consumption in the entire interval is performed as follows. (1)まず、特定経路の目的地に車両が到着した時点の燃料タンク15の燃料残量を、特定経路の出発地に車両が位置した時点の燃料タンク15の燃料残量から引くことにより、特定経路の全区間における消費燃料を算出する。 (1) First, a fuel remaining amount of time of the fuel tank 15 that the vehicle has arrived at the destination of a particular path by subtracting from the residual fuel quantity in the fuel tank 15 at the time the vehicle is positioned in the departure point of the specific path, calculating the fuel consumption in the entire interval of a particular path. なお、当該区間における消費燃料の算出に関しては、例えば車両の燃料噴射装置の噴射時間積算値から換算してもよい。 Regarding the calculation of the fuel consumption in the section, for example, it may be converted from the injection time integrated value of the fuel injection system of the vehicle. (2)次に、地図データ入力器6に格納されたリンク情報に基づいて、特定経路の全区間の距離を算出する。 (2) Next, based on the link information stored in the map data input unit 6, and calculates the length of the entire section of the particular path. (3)そして、特定経路の全区間の距離を特定経路の全区間の消費燃料で割ることにより特定経路における燃費を算出する。 (3) Then, to calculate the fuel consumption in a particular path by dividing the length of the entire interval of a particular route in fuel consumption of all the sections of a particular path. (4)その特定経路における最近3回分の燃費を外部メモリ9から読み出し、その読み出した最近3回分の燃費の平均値を算出する。 (4) that reads the last three doses of fuel in a specific path from the external memory 9, calculates the average value of the fuel consumption of the last three times thus read out. (5)この平均値を評価基準値とし、先に算出した特定経路における燃費をその評価基準値と比較することにより評価する。 (5) the average value as the evaluation reference value is evaluated by comparing the fuel consumption at a particular route calculated previously and the evaluation reference value. (6)さらに、その特定経路における燃費および評価基準値からなる「評価結果」を、特定経路ナンバーなどの情報とともに、外部メモリ9に記憶する(図2(c)の「特定経路別評価結果情報」を参照。)。 (6) Further, the "evaluation result" consisting of fuel consumption and the evaluation reference value at that particular route, with information such as a specific path number, stored in the external memory 9 ( "special route-based evaluation result information shown in FIG. 2 (c) see ".). そして、リターンする。 And, to return.
【0041】 [0041]
次に、運転技術評価処理による評価結果の表示処理を図3(b)のフローチャートを参照して説明する。 Next, with reference to the flowchart shown in FIG. 3 (b) the display process of the evaluation result by the driving skill evaluation process.
まず、S121では、運転者が特定経路における評価結果の表示を選択したか否かを判断する。 First, in S121, the driver determines whether to select the display of the evaluation result in a particular pathway. ここで、運転者が表示を選択しなかった場合には(S121:NO)そのままリターンする。 Here, when the driver did not select the display (S121: NO) as it returns. 一方、運転者が表示を選択した場合には(S121:YES)、S122に移行する。 On the other hand, if the driver selects the display (S121: YES), the process proceeds to S122.
【0042】 [0042]
S122にて運転者が特定経路を選択するのを受け付けると、その選択された特定経路における「評価結果」を外部メモリ9から読み出して表示する(S123、図4(b))。 When the driver in S122 accepts to select a particular path, reading and displaying "Evaluation results" at the selected specific path from the external memory 9 (S123, Figure 4 (b)).
このように、車両が走行した評価区間ごとの燃費をその評価基準値に基づいて評価することにより運転者の運転技術を評価する。 Thus, to evaluate the driving skill of the driver by evaluating based on the fuel consumption for each evaluation interval which the vehicle has traveled on the evaluation reference value. このことにより運転者の環境への意識が高まることが期待できる。 It can be expected that the growing awareness of the driver of the environment by this thing.
【0043】 [0043]
[経路計算学習処理の説明および効果] Description and advantages of the route calculation learning process]
次に、上述の車載用ナビゲーション装置が実行する経路計算学習処理について、図5(a)の経路計算学習処理を説明するフローチャートおよび図5(b)の経路計算処理を説明するフローチャートを参照して説明する。 Next, the route calculation learning process vehicle navigation apparatus described above is performed, with reference to the flow chart illustrating the route calculation process of FIG. And flowchart illustrating a route calculation learning processing of FIG. 5 (a) 5 (b) explain. なお、本処理は、ガソリン(ガソリン車の場合)や、軽油(ディーゼル車の場合)、各種ガス(燃料電池車などの場合)などの燃料を使用する車両に車載用ナビゲーション装置が搭載された場合に適用される。 This processing is, gasoline or (in the case of gasoline vehicles), (in the case of diesel vehicles) gas oil, if the vehicle navigation system in a vehicle using a fuel, such as various gases (case of a fuel cell vehicle) is mounted It is applied to. また、以下の説明において、使用者による各種の入力は、操作スイッチ群7あるいはリモコン12の操作によって行われる。 In the following description, various inputs by the user is performed by operating the operation switch group 7 or the remote control 12.
【0044】 [0044]
まず、経路計算学習処理の本処理を図5(a)のフローチャートを参照して説明する。 First, the present process of route calculation learning process with reference to a flowchart of FIG. 5 (a). 最初のS201では、車両が道路の始点を通過したか否かを判断する。 In the first S201, it is determined whether the vehicle has passed the start point of the road. なお、この道路とは、地図データにおけるリンクのことを云い、その両端のノードが始点および終点となっている。 Note that this road, refers to a link in the map data, the nodes at both ends is in the start and end points. そして、その道路の始点(ノード)を車両が通過したことによりそのノードを始点とする道路(リンク)を車両が走行し始めたとみなし、その道路の終点(ノード)を車両が通過したことによりその道路(リンク)を車両が走行し終えたとみなす。 And that by the start of the road (node) roads starting from the node by the vehicle passes (link) is regarded that the vehicle has started traveling, the end point (node) of the road vehicle passes road (link) considered that the vehicle has finished running. ここで、車両が道路の始点を通過していなければ(S201:NO)、S202の処理をせずにS203に移行する。 Here, if no vehicle has passed the start point of the road (S201: NO), the process proceeds to S203 without processing S202. 一方、車両が道路の始点を通過していれば(S201:YES)S202に移行する。 On the other hand, if the vehicle passes the starting point of the road (S201: YES) the process proceeds to S202. S202では、道路の始点を通過する時点における燃料タンク15の燃料の残量をその道路の道路IDとともに外部メモリ9に記憶する。 In S202, it stores the remaining amount of fuel in the fuel tank 15 at the time of passing through the start point of the road in the external memory 9 together with the road ID of the road. そして、S203に移行する。 Then, the process proceeds to S203.
【0045】 [0045]
S203では、その道路の終点を車両が通過したかを判断することにより車両がその道路を走行し終えたか否かを判断する。 In S203, the vehicle by determining whether the end point of the road vehicle has passed, it is determined whether the finished traveling the road. ここで、車両がその道路を走行し終えていなければ(S203:NO)、そのままリターンしてその道路を車両が走行し終えるまでS201〜S203を繰り返す。 Here, if no vehicle is finished traveling the road (S203: NO), it repeats the S201~S203 until the road vehicle to return it finishes running. 一方、車両がその道路を走行し終えていれば(S203:YES)、S204に移行する。 On the other hand, if the vehicle is finished traveling the road (S203: YES), the proceeds to S204.
【0046】 [0046]
S204では、車両が走行し終えた道路における燃費を評価する。 In S204, to evaluate the fuel consumption in the road on which the vehicle has finished running. なお、この燃費の評価は、先のS113で説明した燃費を評価する場合と同様なのでその説明は省略する。 The evaluation of the fuel is the same as the case of evaluating the fuel economy as described in S113 above in the description thereof will be omitted.
続くS205では、S204における評価結果を、図5(c)に示すように、その道路の道路IDなど付属情報とともに外部メモリ9に記憶する。 In subsequent S205, the evaluation results in S204, as shown in FIG. 5 (c), stored in the external memory 9 together with the attached information such as a road ID of the road.
【0047】 [0047]
このように、車両が走行した道路ごとに燃費を評価基準値に基づいて評価することにより運転者の運転技術を評価する。 Thus, to evaluate the driving skill of the driver by evaluating based on fuel consumption evaluation reference value for each road traveled by the vehicle. このことにより運転者の環境への意識が高まることが期待できる。 It can be expected that the growing awareness of the driver of the environment by this thing.
次に、経路計算学習処理における経路計算処理を図5(b)のフローチャートを参照して説明する。 Next, the route calculation process in the route calculation learning process with reference to the flowchart of FIG. 5 (b).
【0048】 [0048]
まず、S211では、先のS203にて車両が走行し終えたと判断された道路における道路コストデータが外部メモリ9に記憶されているか否かを判定する。 First, it is determined in S211, whether the road cost data in the road where it is determined that the vehicle in the previous S203 has finished running is stored in the external memory 9. ここで、その道路における道路コストデータが外部メモリ9に記憶されていなければ(S211:NO)、そのままリターンする。 Here, if the road cost data in the road has not been stored in the external memory 9 (S211: NO), the routine returns. 一方、その道路における道路コストデータが外部メモリ9に記憶されていれば(S211:YES)、S212に移行する。 On the other hand, if the road cost data in the road stored in the external memory 9 (S211: YES), the process proceeds to S212.
【0049】 [0049]
S212では、その道路における道路コストに、その道路における運転技術の評価結果(つまり、燃費データ)を掛け合わせて新しい道路コストを算出し、外部メモリ9の記憶内容を更新する。 In S212, the road cost in the road, the evaluation result of the driving skill in the road (i.e., fuel economy data) to calculate the new road cost by multiplying, updates the stored contents of the external memory 9. そしてリターンする。 And return.
このことにより、経路算出処理によって算出される目的地経路を運転者の運転技術を反映させたものにできる。 Thus, it to that destination route calculated by the route calculation process to reflect the driving skill of the driver.
【0050】 [0050]
[地域別の経路計算処理の説明および効果] [Description and effects of the regional route calculation processing]
次に、上述の車載用ナビゲーション装置が実行する地域別の経路計算処理について、図6(a)の地域別の経路計算処理を説明するフローチャートおよび図6(b)の地域別の経路計算結果の表示処理を説明するフローチャートを参照して説明する。 Next, the vehicle-mounted navigation device regional route calculation process executed by the above-described FIG. 6 of the route calculation result by region of (a) the flow chart and FIG. 6 (b) illustrating the regional route calculation process It will be described with reference to a flowchart illustrating a display process. なお、本処理は、ガソリン(ガソリン車の場合)や、軽油(ディーゼル車の場合)、各種ガス(燃料電池車などの場合)などの燃料を使用する車両に車載用ナビゲーション装置が搭載された場合に適用される。 This processing is, gasoline or (in the case of gasoline vehicles), (in the case of diesel vehicles) gas oil, if the vehicle navigation system in a vehicle using a fuel, such as various gases (case of a fuel cell vehicle) is mounted It is applied to. また、以下の説明において、使用者による各種の入力は、操作スイッチ群7あるいはリモコン12の操作によって行われる。 In the following description, various inputs by the user is performed by operating the operation switch group 7 or the remote control 12.
【0051】 [0051]
まず、道路種類別の経路計算処理の本処理を図6(a)のフローチャートを参照して説明する。 First, the process of the road by type of route calculation process with reference to a flowchart shown in FIG. 6 (a) will be described. 最初のS301では、地図データの地域情報に基づき、車両が現在走行している道路の地域を検出する。 In the first S301, based on the area information of the map data, the vehicle detects the area of ​​the road currently traveling.
続くS302では、S301で検出した地域の種別が、その前に走行した地域の種別と同じか否かを判断する。 In subsequent S302, the type of the region detected in S301, it is determined whether the same as the type of the region that runs in front.
【0052】 [0052]
ここで、S301で検出した地域の種別が、その前に走行した地域の種別と同じであれば(S301:YES)、そのままリターンしてS301で検出した地域の種別とその前に走行した地域の種別とが異なるまでS301およびS302を繰り返す。 Here, the type of area that was detected in the S301, that if the same as the types of traveling the region before (S301: YES), the region was traveling before that with the type of the region detected in step S301 to return as it is type and repeats different to S301 and S302. 一方、S301で検出した地域の種別とその前に走行した地域の種別とが異なれば(S301:NO)、S303に移行する。 On the other hand, different was the type of regions and the type of pre-regions that travels detected in S301 (S301: NO), the process proceeds to S303.
【0053】 [0053]
S303では、例えば市街地から郊外といった具合に車両が走行している地域の種別が変化したとみなし、その前に走行した地域における運転技術、つまり地域が「市街地」である道路を走行した間の燃費を、その地域の道路における燃料消費量およびその地域の道路の距離に基づいて算出する。 In S303, considers for example the type of the region where the vehicle from city to so on suburbs is traveling has changed, driving techniques in the region which runs in front, i.e. the fuel consumption during a vehicle travels a road area is "urban" the calculated based fuel consumption in road in the area and the distance of the local road.
【0054】 [0054]
続くS304では、その地域における過去の燃費の平均値を外部メモリ9から読み出す。 In subsequent S304, it reads out the average value of the past fuel consumption in the region from the external memory 9. そして、その読み出した平均値を評価基準値とし、今回の燃費をその評価基準値と比較することにより評価する。 Then, the evaluation reference value an average value thus read out is assessed by comparing the current fuel consumption and the evaluation reference value. なお、図7(b)に示す「今回の結果」がその地域における今回の燃費に相当し、「平均値」がその地域における評価基準値に相当する。 Incidentally, it is shown in FIG. 7 (b) "This result" corresponds to the current fuel consumption in the region, "average value" is equivalent to the evaluation reference value in the region. そしてS305では、S304における評価結果を表示する(図7(a)を参照。)。 Then, at S305, it displays the evaluation result in S304 (see FIG. 7 (a).).
【0055】 [0055]
続くS306では、先のS304にて外部メモリ9から読み出した、その地域における過去の平均値と今回の燃費とで新たな平均値を算出し、その算出された平均値に更新する。 In subsequent S306, read from the external memory 9 in the previous S304, it calculates a new average value in the past average and current fuel consumption in the region, and updates the average value thereof was calculated.
次に、地域別の経路計算結果の表示処理を図6(b)のフローチャートを参照して説明する。 Next, with reference to the flowchart shown in FIG. 6 (b) the display process of regional route calculation result.
【0056】 [0056]
まず、S311では、運転者が地域別の経路計算結果の表示を選択したか否かを判断する。 First, in S311, the driver determines whether to select the display of another route calculation result area. ここで、運転者が表示を選択しなかった場合には(S311:NO)そのままリターンする。 Here, when the driver did not select the display (S311: NO) as it returns. 一方、運転者が表示を選択した場合には(S311:YES)、S312に移行する。 On the other hand, if the driver selects the display (S311: YES), the process proceeds to S312.
【0057】 [0057]
続くS312では、運転者が地域別の経路計算結果の表示を選択するのを受け付けると、その前回までの地域における評価結果を外部メモリ9から読み出して表示する(図7(b))。 In subsequent S312, the driver accepts the to select the display of another route calculation result area, reading and displaying the evaluation results in the region of its up to the previous external memory 9 (FIG. 7 (b)).
このように、車両が走行した地域ごとの燃費を評価基準値に基づいて評価することにより運転者の運転技術を評価する。 Thus, to evaluate the driving skill of the driver by evaluating based on the fuel consumption of each region in which the vehicle has traveled on the evaluation reference value. このことにより運転者の環境への意識が高まることが期待できる。 It can be expected that the growing awareness of the driver of the environment by this thing.
【0058】 [0058]
[急ブレーキ判定処理の説明および効果] Description and advantages of the sudden braking determination processing]
次に、上述の車載用ナビゲーション装置が実行する急ブレーキ判定処理について、図8の急ブレーキ判定処理を説明するフローチャートを参照して説明する。 Next, the sudden braking determination processing vehicle navigation apparatus described above is executed will be described with reference to a flowchart describing the sudden braking determination process of FIG. なお、本処理は、ハイブリッド車や電気自動車など走行中にブレーキ回生を行う車両に車載用ナビゲーション装置が搭載された場合に適用される。 This processing is applied if the vehicle navigation system in a vehicle that performs regenerative braking is mounted during traveling, such as hybrid vehicles and electric vehicles. また、以下の説明において、使用者による各種の入力は、操作スイッチ群7あるいはリモコン12の操作によって行われる。 In the following description, various inputs by the user is performed by operating the operation switch group 7 or the remote control 12.
【0059】 [0059]
最初のS401では、車両がブレーキ回生中と前回判断されたかを判断する。 In the first S401, the vehicle is determined whether the previously determined and in brake regeneration. ここで、車両がブレーキ回生中でないと前回判断されたならば(S401:NO)、S407(後述)に移行する。 Here, if the vehicle was last determined when not in regenerative brake (S401: NO), the process proceeds to S407 (described later). 一方、車両がブレーキ回生中であると前回判断されたならば(S401:YES)、S402に移行する。 On the other hand, if the vehicle was last determined to be in the brake regeneration (S401: YES), the process proceeds to S402.
【0060】 [0060]
S402では、車両のブレーキがOFFであること、または、その車速が5km/h未満であることのうち少なくとも一方であるかを判断する。 In S402, it brakes of the vehicle is OFF, the or determines whether at least one of that the vehicle speed is less than 5km / h. ここで、この条件を満たしていなければ(S402:NO)、車両が現在ブレーキ回生中であるとしてS409に移行し、そのS409では回生エネルギを積算してリターンする。 Here, does not satisfy this condition (S402: NO), the vehicle is shifted to S409 as is currently brake regeneration, returns by integrating the regenerative energy in the S409. 一方、この条件を満たしていれば(S402:YES)、車両が現在ブレーキ回生中でないとする(S403)。 On the other hand, if this condition is satisfied (S402: YES), the vehicle is not currently in the brake regeneration (S403). そして、S404(後述)に移行する。 Then, the process proceeds to S404 (described below).
【0061】 [0061]
さて、先のS401において車両がブレーキ回生中でないと前回判断されて移行したS407では、車両のブレーキがONであり、且つその車速が5km/h以上であるかを判断する。 Now, in S407 the vehicle in step S401 earlier has moved to the previously determined when not in regenerative braking, a brake ON of the vehicle, and determines whether the vehicle speed is 5km / h or more. ここで、この条件を満たしていなければ(S407:NO)、そのままリターンする。 Here, if not meet this condition (S407: NO), the routine returns. 一方、この条件を満たしていれば(S407:YES)、ブレーキ回生中であるとする(S408)。 On the other hand, if this condition is satisfied (S407: YES), and it is in regenerative brake (S408). そして、S409に移行する。 Then, the process proceeds to S409. そして、続くS409では回生エネルギを積算してリターンする。 Then, return by integrating the regenerative energy in the subsequent S409.
【0062】 [0062]
さて、先のS403において車両が現在ブレーキ回生中でないとした場合に移行したS404では、ブレーキ操作によってそれまでに積算された回生エネルギ量が十分であるかを判断する。 Now, the vehicle in S403 ahead of step S404 was shifted when not currently regenerative braking, regenerative energy amount that has been accumulated so far by the brake operation is determined whether sufficient. 具体的には、まず、ブレーキ操作によって低下した「速度」およびブレーキ操作に要した「時間」に基づいて、ブレーキ操作における回生エネルギの理論値を算出する。 Specifically, first, based on the "time" required for the reduced "speed" and brake operation by the brake operation, it calculates the theoretical value of the regenerative energy in the braking operation. 次に、S409で積算された回生エネルギ量をその回生エネルギの理論値と比較する。 Then, the regenerative energy amount accumulated in S409 is compared with the theoretical value of the regenerative energy. ここで、積算された回生エネルギ量が十分であれば(S404:YES)、そのままリターンする。 Here, if the regenerative energy amount that has been accumulated is enough (S404: YES), the routine returns. 一方、積算された回生エネルギ量が十分でなければ(S404:NO)、ブレーキ性能を確保するために摩擦熱としてブレーキパッドから捨てられるエネルギ量が多いと判断し、車両が現在急ブレーキ実行中と判定する(S405)。 On the other hand, if the regenerative energy amount that has been accumulated is enough (S404: NO), determines that often amount of energy discarded from the brake pad as a friction heat in order to ensure the braking performance, the vehicle is a currently executing emergency braking It is determined (S405). そして、続くS406では、S405における急ブレーキ判定結果を表示する。 Subsequently, at S406, it displays a sudden braking determination result in S405. 具体的には、図9(a)に示すように、積算された回生エネルギ量を、その理想的な回生エネルギ量とともに表示する。 Specifically, as shown in FIG. 9 (a), the accumulated the regenerative energy amount is displayed with its ideal regenerative energy amount. そして、リターンする。 And, to return. このように、急ブレーキ判定結果を表示することにより運転者の環境への意識が高まることが期待できる。 In this way, it can be expected that the awareness of the driver of the environment by displaying the sudden braking judgment result is increased.
【0063】 [0063]
[運転技術評価処理結果の送受信処理の説明および効果] Description and advantages of the transmission and reception processing of driving skill evaluation processing results]
次に、上述の車載用ナビゲーション装置および情報センタが実行する運転技術評価処理結果の送受信処理について、車載用ナビゲーション装置側の処理を、図10(a)の運転技術評価処理結果の送信処理を説明するフローチャートを参照して説明し、情報センタ側の処理を図10(b)の運転技術評価処理結果の受信処理を説明するフローチャートを参照して説明する。 Next, the process of transmitting and receiving driving skill evaluation result of processing in-vehicle navigation system and the information center described above is executed, the processing of the in-vehicle navigation apparatus, a transmission process of driving skill evaluation processing result shown in FIG. 10 (a) Description be described with reference to a flowchart, the processing of the information center side with reference to a flow chart describing the reception process of the driving skill evaluation processing result shown in FIG. 10 (b) will be described. なお、本処理は、ガソリン(ガソリン車の場合)や、軽油(ディーゼル車の場合)、各種ガス(燃料電池車などの場合)などの燃料を使用する車両に車載用ナビゲーション装置が搭載された場合に適用される。 This processing is, gasoline or (in the case of gasoline vehicles), (in the case of diesel vehicles) gas oil, if the vehicle navigation system in a vehicle using a fuel, such as various gases (case of a fuel cell vehicle) is mounted It is applied to. また、以下の説明において、使用者による各種の入力は、操作スイッチ群7あるいはリモコン12の操作によって行われる。 In the following description, various inputs by the user is performed by operating the operation switch group 7 or the remote control 12.
【0064】 [0064]
図10(a)の最初のS501では、運転者が特定経路などにおける評価結果(図2(c)を参照。)を情報センタに送信する旨を指令したか否かを判断する。 In the first S501 of FIG. 10 (a), the driver determines whether the instruction to the effect of transmitting evaluation result (see FIG. 2 (c).) To the information center, such as in particular pathway. ここで、運転者が評価結果を情報センタに送信する旨を指令していなければ(S501:NO)、そのままリターンする。 Here, if not a command to the effect that the driver sends the evaluation results to the information center (S501: NO), the routine returns. 一方、運転者が評価結果を情報センタに送信する旨を指令していれば(S501:YES)、その評価結果を外部メモリ9から読み出して送信する(S502)。 On the other hand, if the instruction to the effect that the driver sends the evaluation results to the information center (S501: YES), and transmits the read results of the evaluation from the external memory 9 (S502). なお、その際には上述の評価結果とともに、車種情報や、特定経路の地域、運転者を識別するための識別情報なども情報センタに送信する。 The evaluation results of the above with the case, to transmit and vehicle type information, local special route, such as in the information center identification information for identifying the driver.
【0065】 [0065]
一方、情報センタでは、車両からの評価結果を受信すると(図10(b)のS511)、その評価結果を個人情報データベースに登録する(S512)。 On the other hand, in the information center, (S511 in FIG. 10 (b)) receives the evaluation result from the vehicle, and registers the evaluation results to the personal information database (S512). 次に、個人情報データベースに登録されている情報に基づいて、車両からの評価結果を評価し、さらに、その評価結果を、各種評価データとして生成する。 Then, based on the information registered in the personal information database, evaluates the evaluation result from the vehicle, further, the evaluation result, to generate as various evaluation data. 具体的には、その運転者の評価結果のうちの燃費を、他の車種の燃費と比較することにより評価し、その結果である車種別の評価データを生成する(S513、図9(b)上段を参照。)。 Specifically, the fuel efficiency of the evaluation result of the driver, and evaluated by comparing the fuel consumption of the other models, to produce a vehicle type rating data is a result (S513, FIG. 9 (b) referring to the upper.). また、その運転者の評価結果のうちの燃費を、他の運転者の燃費と比較することにより評価し、その結果である個人別の評価データを生成する(S514、図9(b)下段を参照。)。 Also, the fuel efficiency of the evaluation result of the driver, and evaluated by comparing the fuel consumption of the other drivers, to produce a personalized evaluation data which is the result (S514, FIG. 9 (b) lower reference.). なお、この項における「燃費」は、評価対象値に該当し、「他の車種の燃費」および「他の運転車の燃費」は評価基準値に該当する。 Incidentally, "fuel efficiency" in this section corresponds to the evaluation object value, "other models of fuel consumption" and "other operating vehicle fuel efficiency" corresponds to the evaluation reference value. そして、続くS515では、これら評価データを車両へ送信してリターンする。 Subsequently, at S515, the process returns to send these evaluation data to a vehicle.
【0066】 [0066]
さて車両では、上述のように、図10(a)のS502にて評価結果を情報センタに送信したあとS503に移行している。 Now in a vehicle, as described above, it has shifted after S503 that sent the evaluation result in S502 shown in FIG. 10 (a) to the information center. このS503では、情報センタが車両へ送信した評価データを運転者が受信すると選択したか否かを判断する。 In the S503, the information center determines whether the selected and received by the driver the evaluation data transmitted to the vehicle. ここで、評価データを受信すると運転者が選択していなければ(S503:NO)、そのままリターンする。 Here, if not selected to receive the evaluation data driver (S503: NO), the routine returns. 一方、評価データを受信すると運転者が選択していれば(S503:YES)、車両はその評価データを受信する処理を実行する(S504)。 On the other hand, if the selected the driver receives evaluation data (S503: YES), the vehicle performs a process of receiving the evaluation data (S504). 続くS505では、その受信した評価データを表示装置10に表示する(S505、図9(b))。 In subsequent S505, it displays the evaluation data the received display device 10 (S505, FIG. 9 (b)).
【0067】 [0067]
このように運転者の燃費を、他の車種の燃費や他の運転者の燃費と比較することにより運転者の運転技術を客観的に評価する。 Thus the fuel consumption of the driver, objectively evaluate the driving skill of the driver by comparing with other models of the fuel consumption and other driver's fuel consumption. このことにより運転者の環境への意識が高まることが期待できる。 It can be expected that the growing awareness of the driver of the environment by this thing.
[別実施例] [Another embodiment]
(1)上記実施例の運転技術評価処理など各処理は、ガソリン(ガソリン車の場合)や、軽油(ディーゼル車の場合)、各種ガス(燃料電池車などの場合)などの燃料を使用する車両に車載用ナビゲーション装置が搭載された場合に適用しているが、電気自動車など電気を使用する車両に車載用ナビゲーション装置が搭載された場合にも各処理を適用してもよい。 (1) the vehicle the processing such as driving skill evaluation process of the above embodiment, the gasoline and (in the case of gasoline vehicles), (in the case of diesel vehicles) gas oil, using a fuel, such as various gases (case of a fuel cell vehicle) the While vehicle navigation apparatus is applied when it is mounted, it may be applied to the processing even if the vehicle navigation system in a vehicle that uses electric an electric vehicle is mounted. この場合、(a)まず、その経由地を車両が通過した時点でのバッテリ16に蓄積している電気量(「消費効率値」に該当する。)を、その経由地の手前の経由地を車両が通過した時点でのバッテリ16に蓄積している電気量から引くことにより、評価区間における消費電力を算出する。 In this case, the, the front of the waypoint in the waypoint (a) First, (corresponding to the "consumption efficiency value".) The waypoint amount electricity is stored in the battery 16 at the time the vehicle passes by subtracting from the quantity of electricity that is stored in the battery 16 at the time the vehicle has passed, to calculate the power consumption in the evaluation interval. (b)次に、地図データ入力器6に格納されたリンク情報に基づいて、評価区間の距離を算出する。 (B) Next, based on the link information stored in the map data input unit 6, and calculates the distance evaluation interval. (c)そして、評価区間における消費電力を評価区間における距離で割ることにより「単位距離当たりの消費電力」(以下、この項において単に「消費電力」と称す。)を算出する。 (C) The "power consumption per unit distance" by dividing the power consumption by the distance in the evaluation period in the evaluation section (hereinafter, simply in this paragraph referred to as "power consumption".) Is calculated. (d)その評価区間における最近3回分の消費電力を外部メモリ9から読み出し、その読み出した最近3回分の消費電力の平均値を算出する。 (D) power consumption of the last three times in the evaluation section reads from the external memory 9, calculates the average value of recent thus read out 3 times of power consumption. なお、この算出した平均値を、その評価区間における今回の消費電力が優れているか否かを評価する際に基準となる値「評価基準値」とする。 Incidentally, the average value thus calculated, the value "criterion value" as a reference when evaluating whether excellent current power consumption in the evaluation interval. (e)先に算出した評価区間における消費電力をその評価基準値と比較することにより評価する。 The power consumption in (e) the destination on the calculated evaluation interval is evaluated by comparison with the evaluation reference value. (f)さらに、その評価結果を、特定経路ナンバーなどの情報とともに、外部メモリ9に記憶する。 (F) further, the evaluation results, together with information such as a specific path number, stored in the external memory 9. このような場合においても上記実施例と同様の作用効果を奏する。 Also exhibits the same effects as the above embodiment in such a case.
【0068】 [0068]
また、上記実施例の運転技術評価処理結果の送受信処理においては、ハイブリッド車や電気自動車など走行中にブレーキ回生を行う車両に車載用ナビゲーション装置が搭載された場合に適用し、その運転者の積算回生エネルギ量を、他の車種の積算回生エネルギ量や他の運転者の積算回生エネルギ量と比較するようにしてもよい。 Further, in the process of transmitting and receiving driving skill evaluation result of processing the above embodiment, it applied to the case where vehicle-mounted navigation device in a vehicle to perform regenerative brake is mounted on the running hybrid and electric vehicles, integration of the driver the regenerative energy amount may be compared to the accumulated regeneration energy amount and the accumulated regeneration energy amount of the other drivers of other vehicles.
(2)上記実施例の運転技術評価処理など各処理では、特定経路などにおける燃費を、その特定経路などにおける過去3回の燃費の平均値と比較することにより評価しているが、これには限られず、例えば、(イ)過去の燃費の中で最も優れているものや最も劣っているものと比較することにより評価するようにしてもよい。 (2) in each processing such as the driving skill evaluation process of the above embodiment, although the fuel economy, such as in particular pathway, is evaluated by comparing the average value of the past three fuel in such that particular path, including limited without, for example, it may be evaluated by comparing with those Ya poorest those best in the past fuel consumption (b). この場合、上述の最も優れているものや最も劣っているものを予め検出しておいてもよいし、また、その特定経路などにおける燃費を評価する際に検出するようにしてもよい。 In this case, it may be previously detected what is Ya poorest ones are the best described above, also may be detected when evaluating the fuel economy, such as in the particular path. このように構成しても上記実施例と同様の作用効果を奏する。 Even with this configuration the same effects as the above embodiment. (ロ)また、その特定経路などにおける最近の燃費と比較することにより評価してもよい。 (B) it may also be evaluated by comparing the recent fuel economy in such that specific route. このように構成しても上記実施例と同様の作用効果を奏する。 Even with this configuration the same effects as the above embodiment. (ハ)また、10モード値など予め実験等によって規定しておいた値と比較することにより評価するようにしてもよい。 (C) Further, it may be evaluated by comparing the value that has been defined in advance by experiment or the like, such as 10 mode value. このように構成しても上記実施例と同様の作用効果を奏する。 Even with this configuration the same effects as the above embodiment.
【0069】 [0069]
また、その特定経路などにおける過去3回の燃費の平均値は、その特定経路などにおける燃費を評価する際にその都度算出してもよいし、予め算出しておいて外部メモリ9に記憶しておいてもよい。 Further, the average value of the past three fuel in such a particular route may be calculated each time when evaluating the fuel economy, such as in the specific path, and stored in the external memory 9 in advance calculated Oite it may be.
(3)上記実施例の運転技術評価処理など各処理では、燃費などの評価結果を表示装置10にて表示しているが、図示しない音声出力装置を用いて評価結果を音声で報知してもよい。 (3) In the driving skills evaluation process such as the process of the above embodiment, are displayed in the evaluation result display device 10, such as fuel economy, be notified by voice evaluation result using the audio output device (not shown) good. また、評価結果をランプの点灯で知らせたりブザーで知らせたりしてもよい。 In addition, the evaluation results may be or news in the news or a buzzer at the lighting of the lamp. このように音声により使用者に評価結果を報知すれば、使用者は視点を移動させること無く、評価結果を確認できるので、より一層の安全運転を達成できる。 Thus informed evaluation results to the user by voice, the user without moving the view point, it is possible to confirm the evaluation results can be achieved even more safe driving.
(4)上記実施例では、運転者が特定経路などにおける評価結果の表示を選択した場合にその評価結果を外部メモリ9から読み出して表示するが(図4のS122を参照。)、これには限られず、例えば特定経路などを走行終了した際に、その評価結果を表示するようにしてもよい。 (4) In the above embodiment, the reading and displaying the evaluation results when the driver has selected the display of the evaluation result in such specific pathways from the external memory 9 (see S122 in FIG. 4.), Including limited without, for example, such as a specific path when the running end, may be displayed the evaluation result.
(5)上述した図2,図3,図5,図6,図8および図10(a)のフローチャートで示した各処理あるいはそれらを含むナビゲーション処理を実行するためのプログラムは、予め制御回路8内に組み込んでおいてもよいし、地図データを格納しているCD−ROMなどに一緒に格納しておき、そこから制御回路8にロードして起動することにより用いることができる。 (5) 2, 3 described above, FIG. 5, FIG. 6, a flow chart the program for executing the navigation processing including the processes or those shown in FIG. 8 and FIG. 10 (a), pre-control circuit 8 may be previously incorporated within, it may be used by be stored together like a CD-ROM which stores the map data, to load and run from there to the control circuit 8. また、例えば情報センタからダウンロードして起動することにより用いることもできる。 It is also possible to use by activating download, for example, from the information center.
(6)上記実施例では、位置検出器1にて検出されるデータに基づき、制御回路8が車両現在位置の誤差を補間しながら車両現在位置を特定した。 (6) In the above embodiment, based on the data detected by the position detector 1, the control circuit 8 has identified the vehicle current position while interpolating the error of the vehicle current position. しかし、現在位置を特定するためには、必ずしも位置検出器1が必要なわけではない。 However, in order to identify the current position is not a necessarily required position detector 1. 例えば、図示しない外部情報入出力装置を介して路側ビーコンなどから位置情報を取得し、それに基づいて現在位置を特定するようにしてもよい。 For example, acquires the location information from such roadside beacon via the external information input and output device (not shown) may be specifies the current position based thereon. また、携帯電話やPHS等をナビゲーション装置に接続し、その携帯電話やPHS等が持つ位置特定機能によって現在地を特定するようにしてもよい。 Also, connect the mobile telephone or PHS, etc. in the navigation device may be determine location by the position specification function that mobile phones and PHS or the like has.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】実施例の車載用ナビゲーション装置の構成を表す構成図である。 1 is a block diagram showing the configuration of a vehicle navigation apparatus of the embodiment.
【図2】(a)は実施例の車載用ナビゲーション装置が実行する経路計算処理を説明するフローチャートであり、(b)は実施例の車載用ナビゲーション装置が記憶する特定経路情報テーブルの内容を説明する説明図であり、(c)は実施例の車載用ナビゲーション装置が記憶する運転技術評価結果情報テーブルの内容を説明する説明図である。 2 (a) is a flow chart for explaining the route calculation processing vehicle navigation apparatus of the embodiment is executed, the (b) the contents of a particular routing information table stored in the vehicle navigation apparatus of the embodiment described it is an explanatory view of an explanatory diagram for explaining the contents of the driving skill evaluation result information table stored in the vehicle navigation apparatus (c) example.
【図3】(a)は実施例の車載用ナビゲーション装置が実行する運転技術評価処理を説明するフローチャートであり、(b)は実施例の車載用ナビゲーション装置が実行する運転技術評価結果の表示処理を説明するフローチャートである。 3 (a) is a flowchart for explaining the operation technique evaluation process vehicle navigation apparatus of the embodiment is executed, (b) the display process of driving skills evaluation results vehicle navigation apparatus of the embodiment is executed is a flowchart illustrating a.
【図4】(a)は車両が走行する誘導経路を説明する説明図であり、(b)はその運転技術評価結果の表示例である。 4 (a) is an explanatory view illustrating a guide route which the vehicle travels, a display example of (b) is its driving skills evaluation results.
【図5】(a)は実施例の車載用ナビゲーション装置が実行する経路計算学習処理を説明するフローチャートであり、(b)は実施例の車載用ナビゲーション装置が実行する経路計算処理を説明するフローチャートであり、(c)は実施例の車載用ナビゲーション装置が記憶する道路別評価結果情報テーブルの内容を説明する説明図である。 5 (a) is a flow chart for explaining the route calculation learning process vehicle navigation apparatus of the embodiment is executed, (b) is a flowchart for explaining the route calculation processing vehicle navigation apparatus of the embodiment is executed and is a diagram for explaining the (c) the content of the road-based evaluation result information table stored in the vehicle navigation apparatus of the embodiment.
【図6】(a)は実施例の車載用ナビゲーション装置が実行する地域別の経路計算処理を説明するフローチャートであり、(b)は実施例の車載用ナビゲーション装置が実行する地域別の経路計算結果の表示処理を説明するフローチャートである。 6 (a) is a flow chart for explaining the route computation vehicle navigation device by region for executing the embodiment, (b) the vehicle navigation apparatus regional route calculations performed in Example it is a flowchart illustrating a display process results.
【図7】(a)は実施例の車載用ナビゲーション装置が実行する地域別の経路計算処理の運転技術評価結果の表示例であり、(b)は実施例の車載用ナビゲーション装置が実行する地域別の経路計算結果の表示例である。 7 (a) is a display example of a driving skill evaluation result of the route calculation processing vehicle navigation device by region for executing the embodiment, (b) areas where vehicle navigation apparatus of the embodiment is executed it is a display example of another route calculation result.
【図8】実施例の車載用ナビゲーション装置が実行する急ブレーキ判定処理を説明するフローチャートである。 8 is a flowchart for explaining the sudden braking determination processing vehicle navigation apparatus executes examples.
【図9】(a)は実施例の車載用ナビゲーション装置が実行する急ブレーキ判定処理の評価結果の表示例であり、(b)は実施例の車載用ナビゲーション装置が情報センタから受信した情報の表示例である。 9 (a) is a display example of an evaluation result of the sudden braking determination processing vehicle navigation apparatus of the embodiment is executed, (b) the information-vehicle navigation apparatus of the embodiment receives from the information center it is a display example.
【図10】(a)は実施例の車載用ナビゲーション装置が実行する運転技術評価処理結果の送信処理を説明するフローチャートであり、(b)は実施例の情報センタが実行する運転技術評価処理結果の受信処理を説明するフローチャートである。 [10] (a) is a flowchart illustrating a transmission process of driving skill evaluation result of processing vehicle navigation apparatus of the embodiment is executed, (b) the driving skills evaluation processing result information center examples are run it is a flowchart illustrating a reception process.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1…位置検出器、2…地磁気センサ、3…ジャイロスコープ、 1 ... position detector, 2 ... geomagnetic sensor, 3 ... gyroscopes,
4…距離センサ(車速センサ)、5…GPS受信機、6…地図データ入力器、 4 ... the distance sensor (vehicle speed sensor), 5 ... GPS receiver, 6 ... map data input device,
7…操作スイッチ群、8…制御回路、9…外部メモリ、10…表示装置、 7 ... operation switch group, 8 ... control circuit, 9 ... external memory, 10 ... display unit,
11…リモコンセンサ、12…リモコン、13…携帯電話、 11 ... remote control sensor, 12 ... remote control, 13 ... mobile phone,
14…外部ネットワーク、15…燃料タンク、16…バッテリ、17…ブレーキ 14 ... external network, 15 ... Fuel tank, 16 ... battery, 17 ... Brake

Claims (2)

  1. 車両がブレーキ回生中か否かを判定するブレーキ回生判定手段と、 Vehicle brake regeneration determination means for determining whether or not the regenerative braking,
    前記ブレーキ回生判定手段によって前記車両がブレーキ回生中であると判定している間に、前記車両が回生する回生エネルギ量を積算する回生エネルギ積算手段と、 While the vehicle by the brake regeneration determination means is determined to be in the brake regeneration, the regenerative energy integrator for integrating the regenerative energy amount which the vehicle is regenerative,
    車両の現在の速度を検出する車速検出手段と、 Vehicle speed detecting means for detecting the current speed of the vehicle,
    前記車速検出手段によって検出された車両の現在の速度に基づいて、前記ブレーキ回生判定手段によって前記車両がブレーキ回生中であると判定している間に減速した速度(以下、「減速値」と称す。)を算出する減速値算出手段と、 Based on the current speed of the vehicle detected by said vehicle speed detecting means, said speed of said vehicle by regenerative braking determination unit is decelerated while determined to be in the brake regeneration (hereinafter, referred to as "deceleration value" .) and the deceleration value calculation means for calculating,
    前記ブレーキ回生判定手段によって前記車両がブレーキ回生中であると判定している時間(以下、「回生時間」と称す。)を算出する回生時間算出手段と、 The time the vehicle is determined to be in regenerative brake by the brake regeneration determining means (hereinafter, referred to as "regeneration time".) And regeneration time calculation means for calculating,
    前記速度算出手段によって算出された減速値、および前記回生時間算出手段によって算出された回生時間に基づいて、前記ブレーキ回生判定手段によって前記車両がブレーキ回生中であると判定した場合における回生エネルギ量(以下、「理論回生エネルギ量」と称す。)を算出する理論回生エネルギ算出手段と、 Deceleration value calculated by said speed calculating means, and on the basis of the regeneration time calculated by the regeneration time calculating means, the regenerative energy amount in a case where the vehicle is determined to be in regenerative brake by the brake regeneration determination means ( hereinafter, the theoretical regenerative energy calculating means for calculating a.) referred to as "theoretical regenerative energy amount",
    前記理論回生エネルギ算出手段によって算出された理論回生エネルギ量に基づいて、前記回生エネルギ積算手段によって積算された回生エネルギ量を評価する回生エネルギ評価手段と、 Based on the theoretical regenerative energy amount calculated by the theoretical regenerative energy calculating means, and the regenerative energy evaluation means for evaluating the regenerative energy amount that has been accumulated by the regenerative energy accumulation means,
    を備えることを特徴とする運転技術評価装置。 Driving skills evaluation device, characterized in that it comprises a.
  2. 請求項1記載の運転技術評価装置において、 In driving skills evaluation apparatus according to claim 1,
    前記回生エネルギ評価手段による評価結果を報知する評価結果報知手段を備えることを特徴とする運転技術評価装置。 Driving skills evaluation device, characterized in that it comprises an evaluation result informing means for informing the evaluation result of the regenerative energy evaluation unit.
JP2003043126A 2003-02-20 2003-02-20 Driving skills evaluation device Expired - Fee Related JP4135525B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003043126A JP4135525B2 (en) 2003-02-20 2003-02-20 Driving skills evaluation device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003043126A JP4135525B2 (en) 2003-02-20 2003-02-20 Driving skills evaluation device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004251786A JP2004251786A (en) 2004-09-09
JP4135525B2 true JP4135525B2 (en) 2008-08-20

Family

ID=33026212

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003043126A Expired - Fee Related JP4135525B2 (en) 2003-02-20 2003-02-20 Driving skills evaluation device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4135525B2 (en)

Families Citing this family (49)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4502766B2 (en) * 2004-09-29 2010-07-14 クラリオン株式会社 Route search device
JP4841972B2 (en) * 2006-03-02 2011-12-21 株式会社小松製作所 Operation evaluation apparatus of the machine
JP4893188B2 (en) * 2006-09-22 2012-03-07 株式会社豊田中央研究所 Driving advice system
JP4898471B2 (en) * 2007-01-30 2012-03-14 東海旅客鉄道株式会社 Operation record data analysis system, a program, a recording medium
JP4466718B2 (en) 2007-11-01 2010-05-26 トヨタ自動車株式会社 Travel locus generating method and a travel locus generating device
JP4466716B2 (en) * 2007-11-01 2010-05-26 トヨタ自動車株式会社 Travel locus generating method and a travel locus generating device
JP4466717B2 (en) 2007-11-01 2010-05-26 トヨタ自動車株式会社 Travel locus generating method and a travel locus generating device
JP5292817B2 (en) * 2008-01-10 2013-09-18 日産自動車株式会社 Driving skill evaluation apparatus and driving skills evaluation method
JP5233043B2 (en) * 2008-03-26 2013-07-10 株式会社小松製作所 Driving operation guidance device in transmission and reception system for a construction machine
US9804012B2 (en) 2008-06-30 2017-10-31 Rohm Co., Ltd. Vehicle traveling information recording device
JP5408920B2 (en) * 2008-07-31 2014-02-05 富士通テン株式会社 Fuel-saving driving diagnostic device, fuel-saving driving diagnostic system, travel control device, fuel-saving driving rating device and a fuel-saving driving diagnostic method
JP4955625B2 (en) 2008-08-01 2012-06-20 トヨタ自動車株式会社 Driving advice providing apparatus, driving diagnostic device
JP5198969B2 (en) 2008-08-01 2013-05-15 株式会社デンソー Driving diagnosis information providing apparatus, and driving diagnosis information providing system
JP5349898B2 (en) * 2008-10-21 2013-11-20 アルパイン株式会社 Vehicle navigation system and map display method
JP5035232B2 (en) * 2008-12-25 2012-09-26 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 Traveling support device, method, and program
JP4807421B2 (en) * 2009-03-04 2011-11-02 株式会社デンソー Vehicle informing device
JP5605934B2 (en) * 2009-04-20 2014-10-15 ローム株式会社 Vehicle information management device provided with a recording device and a communication function of a vehicle having a communication function
US8649946B2 (en) 2009-04-24 2014-02-11 Toyota Jidosha Kabushiki Kaisha In-vehicle apparatus and information processing center
JP5528723B2 (en) * 2009-05-27 2014-06-25 トヨタ自動車株式会社 Driving evaluation device, driving evaluation system, operation evaluation method
JP5347991B2 (en) * 2010-01-26 2013-11-20 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 Vehicular travel guidance device, travel guidance method, and a computer program for a vehicle
JP2011203921A (en) * 2010-03-25 2011-10-13 Denso It Laboratory Inc Driving evaluation apparatus, method and program
JP5397295B2 (en) * 2010-04-01 2014-01-22 トヨタ自動車株式会社 Regenerative braking notification device
JP5465090B2 (en) * 2010-05-31 2014-04-09 株式会社デンソーアイティーラボラトリ Fuel-saving driving support system and method
JP5471930B2 (en) * 2010-07-20 2014-04-16 株式会社デンソー Driving support system
WO2012029136A1 (en) * 2010-08-31 2012-03-08 パイオニア株式会社 Operation diagnosis device, operation diagnosis method, operation diagnosis program, and recording medium
JP5573577B2 (en) * 2010-10-12 2014-08-20 トヨタ自動車株式会社 Driving evaluation system and in-vehicle device
JP5599284B2 (en) * 2010-10-28 2014-10-01 クラリオン株式会社 The navigation system
JP5461365B2 (en) * 2010-11-04 2014-04-02 本田技研工業株式会社 Cruising distance display device
JP5782252B2 (en) * 2010-12-01 2015-09-24 現代自動車株式会社Hyundaimotor Company Vehicle driver fuel efficiency ranking methods and systems of the
JP5711508B2 (en) * 2010-12-02 2015-04-30 矢崎エナジーシステム株式会社 How the fuel consumption history display apparatus and fuel consumption history display
JP2012123518A (en) * 2010-12-07 2012-06-28 Honda Motor Co Ltd Vehicle information management server, vehicle information management system and vehicle information management method
JP5728701B2 (en) * 2011-03-02 2015-06-03 株式会社ユピテル Electronic devices and programs
JP5740215B2 (en) 2011-06-10 2015-06-24 クラリオン株式会社 Energy consumption calculation device and its energy consumption calculation method
JP2013003887A (en) * 2011-06-17 2013-01-07 Aisin Aw Co Ltd Vehicle operation diagnosis device, vehicle operation diagnosis method and computer program
US9151630B2 (en) 2011-07-05 2015-10-06 Aisin Aw Co., Ltd. Evaluation indication system, evaluation indication method and computer-readable storage medium
JP5724689B2 (en) 2011-07-05 2015-05-27 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 Navigation system, navigation method, and a navigation program
US9146131B2 (en) 2011-07-05 2015-09-29 Aisin Aw Co., Ltd. Evaluation indication system, evaluation indication method and computer-readable storage medium
JP5782907B2 (en) * 2011-08-05 2015-09-24 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 Navigation system, navigation method, and a navigation program
JP5803400B2 (en) * 2011-08-05 2015-11-04 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 Navigation system, navigation method, and a navigation program
JP5810801B2 (en) * 2011-09-28 2015-11-11 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 Evaluation display system, method, and program
JP5760959B2 (en) * 2011-11-02 2015-08-12 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 Evaluation display system, method, and program
JP5803645B2 (en) * 2011-12-15 2015-11-04 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 Evaluation display system, method, and program
JP5761004B2 (en) 2011-12-15 2015-08-12 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 Evaluation display system, method, and program
JP5803657B2 (en) * 2011-12-22 2015-11-04 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 Evaluation display system, method, and program
JP5910094B2 (en) * 2012-01-12 2016-04-27 三菱自動車工業株式会社 Vehicle information providing device
KR101936431B1 (en) * 2012-03-20 2019-01-08 현대자동차주식회사 DTE estimation method of electric vehicle
JP5935561B2 (en) * 2012-07-13 2016-06-15 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 Evaluation display system, method, and program
JP6205799B2 (en) * 2013-04-05 2017-10-04 三菱自動車工業株式会社 Destination arrival estimation apparatus of the vehicle
JP6140592B2 (en) * 2013-11-26 2017-05-31 株式会社トヨタマップマスター Patrol route searching apparatus and method, and recording medium storing a computer program and a computer program for searching for a patrol route

Also Published As

Publication number Publication date
JP2004251786A (en) 2004-09-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8712676B2 (en) Method for computing an energy efficient route
EP1804223B1 (en) A travel link identification system
US8217777B2 (en) Vehicle environmental service system
WO2012114382A1 (en) Navigation device, advisory speed arithmetic device and advisory speed presentation device
CN101082503B (en) Image forming system
CN103175534B (en) Vehicle route determination system
JP4878160B2 (en) Traffic information display method, and a navigation system
US8417401B2 (en) Map display apparatus, map display method, and computer-readable tangible medium
CN101769746B (en) Traveling guidance system and traveling guidance method
US8849555B2 (en) Fuel consumption calculations and warnings
JP3279009B2 (en) The vehicle navigation system
JP5271637B2 (en) Travel route evaluation system and a travel route evaluation program
JP5299494B2 (en) Information communication system, vehicle device, and the center device
KR0176302B1 (en) Apparatus for and method of controlling vehicular systems while travelling
EP2264683A1 (en) Driving support device and program
CN101727741B (en) Safe driving evaluation system and safe driving evaluation program
JP2004125726A (en) Car navigation device
JP2007042003A (en) Navigation system
JP5036407B2 (en) Navigation device
JP2009064254A (en) Support device for fuel consumption saving operation
JP2006112962A (en) Method and apparatus for supporting driving operation
JP4952516B2 (en) The weather information notification apparatus, program
JPH09210702A (en) Navigation system for electric car
JP2010048655A (en) System and program for evaluating driving situation
JP5051140B2 (en) Travel guide device, travel guidance method, and a computer program

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050530

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070426

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070508

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070706

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20080122

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080318

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20080402

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080513

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080526

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110613

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110613

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120613

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120613

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130613

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140613

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees