JP4027380B2 - 射出成形機の制御装置 - Google Patents

射出成形機の制御装置 Download PDF

Info

Publication number
JP4027380B2
JP4027380B2 JP2005162534A JP2005162534A JP4027380B2 JP 4027380 B2 JP4027380 B2 JP 4027380B2 JP 2005162534 A JP2005162534 A JP 2005162534A JP 2005162534 A JP2005162534 A JP 2005162534A JP 4027380 B2 JP4027380 B2 JP 4027380B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pressure
torque
screw
limit value
speed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2005162534A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2006334929A (ja
Inventor
辰宏 内山
修 齋藤
Original Assignee
ファナック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ファナック株式会社 filed Critical ファナック株式会社
Priority to JP2005162534A priority Critical patent/JP4027380B2/ja
Publication of JP2006334929A publication Critical patent/JP2006334929A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4027380B2 publication Critical patent/JP4027380B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C45/00Injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould; Apparatus therefor
    • B29C45/17Component parts, details or accessories; Auxiliary operations
    • B29C45/76Measuring, controlling or regulating
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C45/00Injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould; Apparatus therefor
    • B29C45/17Component parts, details or accessories; Auxiliary operations
    • B29C45/46Means for plasticising or homogenising the moulding material or forcing it into the mould
    • B29C45/47Means for plasticising or homogenising the moulding material or forcing it into the mould using screws
    • B29C45/50Axially movable screw
    • B29C45/5008Drive means therefor
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76003Measured parameter
    • B29C2945/76006Pressure
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76003Measured parameter
    • B29C2945/76066Time
    • B29C2945/76076Time duration
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76003Measured parameter
    • B29C2945/76083Position
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76003Measured parameter
    • B29C2945/7611Velocity
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76177Location of measurement
    • B29C2945/7618Injection unit
    • B29C2945/76187Injection unit screw
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76494Controlled parameter
    • B29C2945/76498Pressure
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76494Controlled parameter
    • B29C2945/76511Torque
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76494Controlled parameter
    • B29C2945/76595Velocity
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76655Location of control
    • B29C2945/76658Injection unit
    • B29C2945/76665Injection unit screw
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76822Phase or stage of control
    • B29C2945/76859Injection

Description

本発明は、射出成形機の制御装置に関する。特に保圧制御に特徴を有する制御装置に関する。
射出成形では、金型内に溶融樹脂を射出して充填させる射出工程に続いて、この充填された樹脂を所定圧力で保持する保圧工程を実行している。射出工程では、一般に射出速度制御がなされ、保圧工程では圧力制御がなされている。
保圧工程では、射出工程の終了時の樹脂圧力よりも低い保圧圧力で制御することから、スクリュを後退させて、設定保圧圧力になるように制御している。この射出工程の速度制御から保圧工程の圧力制御への切換直後においては、大きな圧力変化があることから、ヒケやショート等の成形不良が生じ易い。そのことから、保圧工程において、スクリュの後退速度を制限してヒケ等の発生を抑える方法や(特許文献1参照)、スクリュ後退速度制限値とスクリュ後退速度とに基づいて、スクリュを駆動するモータのトルクを制御し、射出工程から保圧工程への切換時に樹脂内に気泡が発生しないように制御する方法も知られている(特許文献2参照)。
又、射出工程から保圧工程への切換時に、射出工程における前進方向(射出方向)から後退方向へのスクリュ移動方向の切換が、スクリュ等の慣性力の影響により難しく,過充填等が生じ成形品の品質を低下させる。このことから、射出工程から保圧工程への切換時に、射出モータに制動方向(後退方向)に最大トルクを、保圧制限速度になるまで、若しくは所定時間発生させて、スクリュの前進を急速に停止させ、樹脂の過充填を防止するように制御する方法も知られている(特許文献3,4参照)。
さらに、この慣性エネルギーの影響を避けるために、射出工程において、保圧工程への切換時に射出スクリュ等の慣性エネルギーが無視できる程度の低い値の速度を設定し、射出工程の速度制御から保圧工程の圧力制御への切換時に慣性エネルギーの影響を受けずに、圧力制御の保圧工程へ移行できるようにした方法も知られている(特許文献5参照)。
さらに、射出工程から保圧工程に移行した際に、シリンダ内圧が指令圧力に達するまで、設定された加速度でプランジャの前進速度を減速させて、その後指令圧力に保持する保圧制御を行うようにした方法も知られている(特許文献6参照)。
特開2003−326573号公報 特開平9−220740号公報 特開平4−329113号公報 特開平8−281729号公報 特開昭59−224324号公報 特開平11−188763号公報
射出工程から保圧工程への移行時において、上述した特許文献3〜6に記載された方法は、スクリュ等の慣性エネルギーによる切換時におけるスクリュ前進を少なくするものである。又、特許文献1,2に記載された方法は、この射出工程から保圧工程への移行時において、スクリュが前進方向の移動から後退方向に移動開始したとき、そのときの後退移動速度を制限することによって、ヒケや気泡の発生を防止するものであり、スクリュが後退動作に入ったあとの圧力の急峻な減圧を抑えることが可能である。しかし、保圧開始して圧力が降下開始した直後の圧力は制御できず、ヒケや気泡発生を抑えるという目的を十分に達成できない。
図8は、この保圧工程への切換後、スクリュの後退速度を制限する制御を適用したときのスクリュの速度、スクリュを駆動する射出モータのトルク、樹脂にかかる圧力の関係を示す図である。図8(a)はスクリュの速度を、図8(b)はスクリュを駆動する射出モータの出力トルク、図8(c)は樹脂に加わる圧力を示している。射出工程においては、図8(a)に示されるように、スクリュは設定射出速度に制御されて駆動される。その間、金型内に樹脂が充填され、この金型内の樹脂に加わる圧力(射出圧力)は、図8(c)に示すように上昇する。射出工程から保圧工程への切換点(時間t1の点)に達すると、圧力制御に切換られ、図8(b)に示すように、スクリュの前進を停止させようとして射出モータは逆方向(スクリュを後退させる方向)の最大トルクを発生する。なお、以後、スクリュの前進方向の速度、トルクを正の速度、正のトルクという、又、スクリュ後退方向の速度、トルクを負の速度、負のトルクという。射出モータが、最大の負のトルクを発生してもスクリュは慣性エネルギーにより前進し(特許文献3〜6に記載された方法はこの前進量を少なくするもの)、その前進の間樹脂に加わる圧力は図8(c)に示すように増大する。
そして、時間t2で速度が正の値から負の値となり、スクリュが後退を開始すると、樹脂にかかる圧力は図8(c)に示すように低下し始める。このとき、スクリュ後退速度に制限を設けていないときは、スクリュの後退速度が大きく、図8(c)で、速度制限前と記載した実線で示す圧力(保圧)が樹脂にかかり、急峻に圧力が低下する。一方、上述した特許文献1,2に記載された方法のように、スクリュ後退速度に制限値を設けて制御すると(図8(a)参照)、スクリュの後退速度が制限されることから、図8(c)で破線で示す速度制限後のグラフのように、樹脂にかかる圧力(保圧)の低下は緩やかになり、急峻な圧力低下を防止し、ヒケや気泡の発生を抑えることができる。
しかし、図8に示すように、スクリュの前進動作から後退動作に切り替わりスクリュが後退を開始してから、その後退速度が設定された後退速度制限値に達するまでは、何ら制御されておらず、樹脂に加わる圧力は急激に減少する。すなわち、図8において時間t2からt3までの間、樹脂に加わる圧力は急激に減少し(図8(c)参照)、その間の圧力の制御はなされないことになる。そのため、この間の急激な圧力減少により、ヒケや気泡発生の原因となって成形品の品質を低下させる。
本発明の目的は、上述したような問題点を改善して、保圧工程への切換後、樹脂にかかる圧力が急峻に減少することを防止し、品質の高い成形品を成形できるようにした射出成形機の制御装置を提供することにある。
本願請求項1に係る発明は、保圧工程における圧力制御を圧力フィードバック制御により行う射出成形機の制御装置において、保圧工程開始からの経過時間に応じて射出時のスクリュの前進方向とは逆方向のトルク制限値を設定する手段と、保圧工程開始からの経過時間に応じて設定されたトルク制限値にしたがってトルクを制限する手段を備え、保圧工程時のスクリュ後退開始時に急峻な圧力低下を防止するものである。
又、請求項2に係る発明は、前記トルク制限値を設定する手段により、保圧開始後、スクリュの前進速度がゼロになるまでの前記逆方向のトルク制限を最大トルクとし、スクリュの前進速度がゼロになった以降の経過時間に応じて前記逆方向の設定値を設定するようにした。
請求項3に係る発明は、前記トルク制限値を設定する手段で、前記経過時間に対応するトルク制限値を予めパターン化して設定し、該トルク制限値のパターンを記憶する手段と、該パターンを選択する手段を備え、パターンを選択設定できるようにした。
請求項4に係る発明は、前記経過時間に対応するトルク制限値の設定値と実際のトルクを表示装置の画面に表示できるようにした。
又、請求項5に係る発明は、保圧工程における圧力制御を圧力フィードバック制御により行う射出成形機の制御装置において、スクリュの前進方向とは逆方向のトルク制限値、該トルク制限値でトルクを制限する区間、トルク制限を開始するスクリュの移動速度とを設定する手段と、スクリュの移動速度を検出する手段で検出される速度が設定された値になったとき、設定された区間、設定トルク制限値にトルクを制限する手段とを設け、保圧工程時のスクリュ後退開始時の急峻な圧力低下を防止するものである。
保圧開始時において、スクリュ後退開始時にスクリュを後退させる方向のトルクが制限されて小さくなることから、スクリュ後退速度が緩やかになり、樹脂にかかる圧力の急峻な低下を防止できるから、ヒケや気泡の発生を防止し成形品の品質を向上させる。
図1は、本発明を電動式射出成形機に適用したときの一実施形態の要部ブロック図である。
射出シリンダ1の先端にはノズル部2が取り付けられ、該射出シリンダ1内には、射出スクリュ3が挿通されている。射出スクリュ3には該射出スクリュ3にかかる圧力により樹脂にかかる圧力を検出するロードセル等の圧力センサ5が設けられている。該射出スクリュ3は、スクリュ回転用サーボモータM2により、プーリ、ベルト等で構成された伝動手段6を介して回転させられる。又、射出スクリュ3は、射出用サーボモータM1によって、プーリ、ベルト、ボールねじ/ナット機構等の回転運動を直線運動に変換する機構を含む伝動手段7を介して駆動され、該射出スクリュ3の軸方向に移動させられる。なお、符号P1は、サーボモータM1の位置、速度を検出することによって、射出スクリュ3の軸方向の位置、速度を検出する位置・速度検出器としてのパルスコーダであり、符号P2は、サーボモータM2の位置、速度を検出することによって、射出スクリュ3の回転位置、速度を検出する位置・速度検出器としてのパルスコーダである。又、符号4は、射出シリンダ1に樹脂を供給するホッパである。
本発明の射出成形機の制御装置10は、数値制御用のマイクロプロセッサであるCNCCPU20、プログラマブルマシンコントローラ用のマイクロプロセッサであるPMCCPU17、及びサーボ制御用のマイクロプロセッサであるサーボCPU15を有し、バス26を介して相互の入出力を選択することにより各マイクロプロセッサ間での情報伝達が行えるようになっている。
サーボCPU15には、保圧工程時に実行される圧力フィードバック制御を含めた各軸のサーボモータを制御するサーボ制御専用の制御プログラムを格納したROM13やデータの一時記憶に用いられるRAM14が接続されている。また、サーボCPU15は、A/D(アナログ/デジタル)変換器16を介して射出成形機本体側に設けられた圧力センサ5からの圧力信号を検出できるように接続されている。さらに、サーボCPU15には、該CPU15からの指令に基づいて、射出軸、スクリュ回転軸に接続された射出用、スクリュ回転用のサーボモータM1,M2を駆動するサーボアンプ12,11が接続され、各サーボモータM1,M2に取付けられたパルスコーダP1,P2からの出力がサーボCPU15に帰還されるようになっている。各サーボモータM1,M2の回転位置はパルスコーダP1,P2からの位置のフィードバック信号に基づいてサーボCPU15により算出され、各現在位置記憶レジスタに更新記憶される。図1においては射出軸、スクリュ回転軸を駆動するサーボモータM1,M2、該サーボモータM1,M2の回転位置、速度を検出するパルスコーダP1,P2及びサーボアンプ12,11についてのみ示しているが、金型の型締めを行う型締め軸や成形品を金型から取り出すエジェクタ軸等の各軸の構成は皆これと同様であり、図1では省略している。
PMCCPU17には射出成形機のシーケンス動作を制御するシーケンスプログラム等を記憶したROM18および演算データの一時記憶等に用いられるRAM19が接続され、CNCCPU20には、射出成形機を全体的に制御する自動運転プログラム等を記憶したROM21および演算データの一時記憶等に用いられるRAM22が接続されている。
不揮発性メモリで構成される成形データ保存用RAM23は射出成形作業に関する成形条件と各種設定値,パラメータ,マクロ変数等を記憶する成形データ保存用のメモリである。CRT付手動データ入力装置25はCRT表示回路24を介してバス26に接続され、グラフ表示画面や機能メニューの選択および各種データの設定、入力操作等が行えるようになっており、特に本発明と関係し、トルク制限値パターンを該CRT付手動データ入力装置25より入力し設定するもので、数値データ入力用のテンキーおよび各種のファンクションキー等が設けられている。なお、表示装置としては液晶を用いたものでもよい。
以上の構成により、PMCCPU17が射出成形機全体のシーケンス動作を制御し、CNCCPU20がROM21の運転プログラムや成形データ保存用RAM23に格納された成形条件等に基づいて各軸のサーボモータに対して移動指令の分配を行い、サーボCPU15は各軸に対して分配された移動指令とパルスコーダP1,P2で検出された位置および速度のフィードバック信号等に基づいて、従来と同様に位置ループ制御,速度ループ制御さらには電流ループ制御等のサーボ制御、さらに、本発明に関係し圧力センサ5からフィードバックされる樹脂にかかる実圧力により保圧工程時に圧力フィードバック制御を行い、サーボモータM1,M2を駆動制御する。
上述した構成は従来の電動式射出成形機の制御装置と変わりはなく、従来と相違する点は、保圧工程時において、トルク指令値(電流指令値)を制限するトルク制限値パターンが予め設定され、成形データ保存用RAM23に記憶されていることと、保圧工程時には、この記憶されたトルク制限値パターンより、その時点におけるトルク制限値を読み出しサーボCPU15に出力し、サーボCPU15はこのトルク制限値により射出用サーボモータM1に出力するトルク指令を制限するようにしている点である。
図2は、サーボCPU15が保圧工程時に実施する第1の態様の制御のブロック図である。
サーボCPU15は、保圧工程になると所定周期毎、この図2に示す処理を実行するもので、CNCCPU20から、設定保圧に基づく圧力指令が出力され、該圧力指令から圧力センサ5で検出されたフィードバックされる樹脂にかかる実圧力を差し引き、圧力偏差を求め、該圧力偏差に基づいて圧力補償器101で、圧力補償処理を行い圧力偏差に対応する速度指令を求め、該速度指令とパルスコーダP1からの速度フィードバック値を減じて速度偏差を求め、速度補償器102で速度補償処理を行いトルク指令を求める。そして、該トルク指令をトルク制限器103に入力し、トルク指令がトルク制限器103に設定されているトルク制限値を越えるようであれば、そのトルク制限値をトルク指令として出力し、トルク制限値を越えなければ、速度補償器102から出力されたトルク指令をそのままトルク指令として出力する。このトルク指令(電流指令)とサーボアンプ12に設けた電流検出器(図示せず)で検出しフィードバックされる電流との差をトルク補償器104で処理し、モータへの電圧指令を求めサーボアンプ12を介して射出用サーボモータM1を駆動制御する。
この図2に示す保圧工程における圧力フィードバック制御は、トルク制限器103を設け、スクリュを逆方向(負方向)に移動させるトルク指令に対してはトルク制限をして制御する点で、従来の保圧工程における圧力フィードバック制御と相違するものである。
図3は、サーボCPU15が保圧工程時に実施する第2の態様の制御のブロック図である。図2に示した第1の態様と相違する点は、速度補償器102が設けられておらず、圧力補償器101よりトルク指令値を求めるようにした点が相違するものである。他は図2に示す第1の態様と同一である。
次に、保圧工程におけるこれら各態様における圧力フィードバック制御の動作について図4と共に説明する。図4は、本実施形態における射出工程、保圧工程におけるスクリュ速度、射出用サーボモータの出力トルク、樹脂にかかる圧力の関係を表したもので、図4(a)はスクリュ速度、図4(b)は射出用サーボモータM1の出力トルク、図4(c)は樹脂にかかる圧力(圧力センサ5で検出される圧力)を表すものである。そして、保圧工程への切換時におけるトルク制限値パターンとして、図4(b)に示すように、射出工程から保圧工程への切換時t1から概略スクリュ前進速度がゼロとなる時間t2までは、負方向(スクリュ後退方向)へのトルク制限は最大値トルク(トルク制限を行わない)とし、時間t2から所定区間Tまで、負方向(後退方向)のトルク制限値を最大値の70%程度とし、その後は最大トルク(トルク制限を行わない)としたトルク制限値パターンが、成形データ保存用RAM23に設定され、これを読み込みRAM22に記憶されているものとする。
射出工程では、スクリュの速度、すなわち射出速度が図4(a)に示すように制御され、射出用サーボモータM1の出力トルクはこの射出速度を得るように図4(b)に示すように変化する。又、樹脂にかかる圧力(圧力センサ5で検出される実圧力)は図4(c)に示すように射出が進むにつれて樹脂が金型に充填されることから、順次増加する。射出工程から保圧工程への切換点(t1)に達すると圧力制御に切換られ、図2、図3に示す圧力フィードバック制御が開始される。CNCCPU20は、圧力指令と共に、トルク制限値パターンを読み出し、保圧工程開始からの当該周期におけるトルク制限値をトルク制限器103に出力する。
図4(c)に示すように、射出工程から保圧工程への移行時には、圧力センサ5で検出される圧力は大きい。又、保圧工程での圧力指令は、この保圧工程への切換時の樹脂圧力よりも低いことから、圧力偏差は負の値となり圧力補償器101から出力される値は負の値となる。図2の態様での圧力フィードバック制御では、この圧力補償器101から出力される値から、速度フィードバック値が減じられるが、保圧切換直後では、図4(a)に示すように、スクリュは前進しており、速度フィードバック値は正である。そのため、圧力補償器101から出力される負の値に正の速度フィードバック値が減算されることになるから、負の値が大きくなり、速度補償器102に入力され、該速度補償器102から出力されるトルク指令は負の大きな値となる。しかし、トルク制限器103では、最大トルクが制限値となっているから、トルク指令は負の最大トルクまで増大することになり、図4(b)に示すように射出用サーボモータM1の出力トルクは負の最大トルクまで達し、スクリュ速度は急速に減速される。
図3の態様での圧力フィードバック制御においても同様で、圧力補償器101から出力される大きな負の値がトルク制限器103に入力されるが、トルク制限器103のトルク制限値は最大トルクであることから、大きな負のトルク指令が出力されることになり、図4(b)に示すように射出用サーボモータM1の出力トルクは負の最大トルクまで達し、スクリュ速度は急速に減速される。
そして、スクリュ速度がゼロとなり負方向に切り替わる頃の時点t2になると、CNCCPU20から小さくした負方向のトルク制限値(例えば最大トルクの70%程度の負方向のトルク制限値)がトルク制限器103に出力され、この制限値にトルク指令を制限する。その結果、図4(b)に示すように、射出用サーボモータM1の負の出力トルクは制限された値となる。
射出用サーボモータM1の負の出力トルクが制限され、最大トルクより小さくなることから、すでに後退方向(負方向)に移動しているスクリュの移動速度がトルク制限されるときよりも遅くなる。その結果、樹脂圧力の急峻な低下が抑えられることになる。図4(c)は、時間t2において、後退方向(負方向)のトルク制限をしたときの樹脂にかかる圧力(圧力センサ5で検出される圧力)を破線で示し、トルク制限をしない場合(後退方向の制限値が最大トルク)を実線で示している。この図4(c)に示されるように、保圧工程の圧力制御に切換られてスクリュが後退開始したとき、後退方向のトルク制限値を最大トルク値よりも小さい値にすることによって、スクリュの後退速度を低下させて、樹脂に加わる圧力の低下を緩やかにしている。スクリュの後退速度を制限する図8に示した従来の方法と比較し、図8(c)に示されるように、従来の方法では、スクリュが後退開始直後の時間t2〜t3の間、樹脂にかかる圧力は急峻に低下しているが、本実施形態では、図4(c)に示すようにスクリュが後退開始直後の時間t2〜t3に対応する区間では、圧力の低下は緩やかになっている。又この圧力低下を緩やかにする区間は設定する区間Tの長さを最適なものにすればよいものである。これによって、ヒケや気泡の発生を防止する。
図5は、制御装置10に設定する保圧工程開始後のトルク制限値パターンの例と、そのトルク制限値パターンで制御したときの実圧力(圧力センサ5で検出される樹脂に加わる圧力)を示すもので、比較のために、トルク制限値を100%とし最大トルクとした例をパターンAとして示している。後退方向のトルク制限値を、所定区間Tだけ、パターンBは、最大トルクの70%程度に、パターンCは最大トルクの30%程度にしたときの例を示している。
実圧力はパターンAよりもパターンBの方が、保圧工程開始直後の圧力低下が緩やかになっている。さらにパターンCはパターンBよりも圧力低下がさらに緩やかになっている。よって、この後退方向のトルク制限値パターンを最適なものに選択し設定することによって、ヒケや気泡の発生のない品質の高い成形品を成形することができる。
上述した実施形態では、スクリュ後退時のトルク制限値のパターンを段階的に変化するものとしたが、これを傾斜を持った折れ線グラフのようなプロファイルのトルク制限値パターンや、曲線を持ったプロファイルのトルク制限値パターンにしてもよいものであり、いずれにしてもスクリュ後退開始から射出用サーボモータM1の出力トルクを制限するようにトルク制限値パターンを設定し、そのトルク制限値パターンをCNCCPU20は読み込み、当該周期に該当するトルク制限値をサーボCPU15に出力して図2、図3に示すような、トルク指令の制限を含む圧力フィードバック制御を実施させればよいものである。
図6は、トルク制限値のパターンを、傾斜を持った折れ線グラフのようなプロファイルで設定したときの動作状態を表した図で、保圧工程開始後、スクリュが後退開始する時間t2頃から負トルク制限値は傾斜を持って小さくなって所定値に達し、時間t2から所定区間Tが経過した時間t3から傾斜を持って最大トルクまで増大するパターンが設定されているものである。このトルク制限値パターンによるトルク制限によっても、スクリュ後退開始時に負方向(スクリュ後退方向)のトルク制限値が小さくなるので、図6(c)に示すように、樹脂にかかる圧力の低下は緩やかになり、急峻な低下を防止している。
図7は、トルク制限値パターンを、曲線を持ったプロファイルとしたときの動作状態を表した図で、保圧工程開始後、スクリュが後退開始する時間t2頃からトルク制限値は曲線状に小さくなって所定値に達し、時間t2から所定区間Tが経過した時間t3から曲線状に最大トルクまで増大するパターンが設定されているものである。このトルク制限値パターンによるトルク制限によっても、スクリュ後退開始時に負方向(スクリュ後退方向)のトルク制限値が小さくなるので、図7(c)に示すように、樹脂にかかる圧力の低下は緩やかになり、急峻な低下を防止している。
トルク制限値パターンの設定としては、CRT付手動データ入力装置25より、このパターンを入力して設定すればよく、例えば、保圧開始からのCNCCPU20がサーボCPU15に指令を出力する周期毎に対応し、保圧開始からの各周期におけるトルク制限値を設定し、図4、図5に示すような段階的パターン、図6に示すような傾斜を持ったプロファイルのパターン、図7に示すような曲線状のプロファイルのパターンを設定すればよい。又、この各種トルク制限値パターンを設定し成形データ保存用RAM23に記憶させておき、このパターンをCRT付手動データ入力装置25の表示器に表示させて、パターンを選択するようにしてもよい。又、選択したトルク制限値パターンと、該トルク制限値パターンで保圧制御を行ってサーボアンプ12で検出した実際のトルクを表示器に表示して、その効果を確認できるようにする。必要によっては、パターンを変更したり、別のトルク制限値パターンを選択する。
又、図4、図5に示すような段階的パターンにおいては、スクリュが後退してから、トルク制限を開始するようにしているから、射出用サーボモータに取り付けられた速度検出器のパルスコーダP1で検出される速度が「0」若しくは、「0」近傍に近づいてトルク制限値を最大トルク値から所望のトルク制限値に切り換えた後に、所望のトルク制限を行なう所定区間T(周期数)を設定しておき、該区間Tを経過すると最大トルクに切換えるようにしてもよいものである。
本発明の一実施形態の要部ブロック図である。 同実施形態において保圧工程時に実施する第1の態様の制御のブロック図である。 同実施形態において保圧工程時に実施する第2の態様の制御のブロック図である。 同実施形態において射出工程、保圧工程におけるスクリュ速度、射出用サーボモータの出力トルク、樹脂にかかる圧力の関係を表した図である。 保圧工程開始後のトルク制限値パターンの例と、そのトルク制限値パターンで制御したときの実圧力を示す図である。 同実施形態においてトルク制限値のパターンを、傾斜を持ったプロファイルで設定したときの動作状態を表した図である。 同実施形態においてトルク制限値パターンを、曲線を持ったプロファイルを設定したときの動作状態を表した図である。 従来のスクリュの後退速度を制限する制御を適用したときのスクリュの動作状態を表す図である。
符号の説明
1 射出シリンダ
2 ノズル部
3 射出スクリュ
4 ホッパ
5 圧力センサ
6 伝動手段
7 伝動手段
10 制御装置
M1 射出用サーボモータ
M2 スクリュ回転用サーボモータ
P1、P2 パルスコーダ

Claims (5)

  1. 保圧工程における圧力の制御を圧力フィードバック制御により行う射出成形機の制御装置において、保圧工程開始からの経過時間に応じて射出時のスクリュの前進方向とは逆方向のトルク制限値を設定する手段と、保圧工程開始からの経過時間に応じて設定されたトルク制限値にしたがってトルクを制限する手段を有することを特徴とする射出成形機の制御装置。
  2. 前記トルク制限値を設定する手段により、保圧開始後、スクリュの前進速度がゼロになるまでの前記逆方向のトルク制限を最大トルクとし、スクリュの前進速度がゼロになった以降の経過時間に応じて前記逆方向の設定値を設定するようにした請求項1に記載の射出成形機の制御装置。
  3. 前記トルク制限値を設定する手段で、前記経過時間に対応するトルク制限値を予めパターン化して複数設定し、該複数のトルク制限値のパターンを記憶する手段と、該パターンを選択する手段を有することを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の射出成形機の制御装置。
  4. 前記経過時間に対応するトルク制限値の設定値と実際のトルクを画面表示することを特徴とする請求項1、請求項2又は請求項3に記載の射出成形機の制御装置。
  5. 保圧工程における圧力の制御を圧力フィードバック制御により行う射出成形機の制御装置において、スクリュの前進方向とは逆方向のトルク制限値、該トルク制限値でトルクを制限する区間、トルク制限を開始するスクリュの移動速度とを設定する手段と、スクリュの移動速度を検出する手段で検出される速度が設定された値になったとき、設定された区間、設定トルク制限値にトルクを制限する手段とを有することを特徴とする射出成形機の制御装置。
JP2005162534A 2005-06-02 2005-06-02 射出成形機の制御装置 Expired - Fee Related JP4027380B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005162534A JP4027380B2 (ja) 2005-06-02 2005-06-02 射出成形機の制御装置

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005162534A JP4027380B2 (ja) 2005-06-02 2005-06-02 射出成形機の制御装置
EP06252246A EP1728616A1 (en) 2005-06-02 2006-04-26 Controller for injection molding machine
US11/436,765 US7462025B2 (en) 2005-06-02 2006-05-19 Controller for injection molding machine
CN200610088502XA CN1872527B (zh) 2005-06-02 2006-05-31 注射成型机的控制装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006334929A JP2006334929A (ja) 2006-12-14
JP4027380B2 true JP4027380B2 (ja) 2007-12-26

Family

ID=36950959

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005162534A Expired - Fee Related JP4027380B2 (ja) 2005-06-02 2005-06-02 射出成形機の制御装置

Country Status (4)

Country Link
US (1) US7462025B2 (ja)
EP (1) EP1728616A1 (ja)
JP (1) JP4027380B2 (ja)
CN (1) CN1872527B (ja)

Families Citing this family (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4199270B2 (ja) * 2006-08-08 2008-12-17 ファナック株式会社 位置制御と圧力制御を切り換え実行する数値制御装置及び数値制御方法
JP4410816B2 (ja) * 2007-10-02 2010-02-03 日精樹脂工業株式会社 射出成形機の制御装置
KR101343257B1 (ko) * 2010-05-18 2013-12-18 미쓰비시덴키 가부시키가이샤 모터 제어 장치
CN102893515B (zh) * 2010-05-18 2015-04-15 三菱电机株式会社 马达控制装置
WO2012008222A1 (ja) * 2010-07-14 2012-01-19 三菱電機株式会社 モータ制御装置
JP5815040B2 (ja) * 2011-10-04 2015-11-17 東洋機械金属株式会社 射出成形機における保圧工程制御方法
CN102555180B (zh) * 2012-02-10 2014-01-22 浙江大学 基于喷嘴压力的注塑机注射保压切换控制系统及方法
JP5827160B2 (ja) * 2012-03-27 2015-12-02 住友重機械工業株式会社 射出成形機及び情報表示方法
CN103057072B (zh) * 2012-12-19 2014-12-17 武汉华中数控股份有限公司 一种总线式全电动注塑机控制器
BE1021675B1 (de) * 2013-04-26 2016-01-05 Gb Boucherie Nv INJECTION MOLDING
JP6203701B2 (ja) * 2014-11-13 2017-09-27 東芝機械株式会社 電動機械およびプログラム
JP6169633B2 (ja) * 2015-03-04 2017-07-26 ファナック株式会社 射出成形機の圧力制御装置

Family Cites Families (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0428532B2 (ja) 1983-06-03 1992-05-14 Nissei Plastics Ind Co
KR960015301B1 (ko) * 1988-03-08 1996-11-07 후아낙크 가부시끼가이샤 전동식 사출성형기의 압력제어방법 및 그의 장치
JPH07115395B2 (ja) * 1988-03-08 1995-12-13 ファナック株式会社 電動式射出成形機の圧力制御装置
JP2601680B2 (ja) * 1988-03-10 1997-04-16 ファナック株式会社 射出成形機の射出速度・圧力制御方式
JPH07119035B2 (ja) * 1988-05-17 1995-12-20 ファナック株式会社 電動式射出成形機の保圧圧力制御方式
JPH089191B2 (ja) 1991-04-30 1996-01-31 株式会社日本製鋼所 電動射出成形機の制御方法
JP2779081B2 (ja) 1991-09-02 1998-07-23 東洋機械金属株式会社 射出成形機の射出行程グラフィック表示方法
US5523640A (en) * 1994-04-22 1996-06-04 Cincinnati Milacron Inc. Liquid cooling for electrical components of a plastics processing machine
JPH08281729A (ja) 1995-04-13 1996-10-29 Japan Steel Works Ltd:The 電動式射出成形機の圧力調整方法
JP3529531B2 (ja) 1996-02-16 2004-05-24 株式会社日本製鋼所 電動射出成形機の射出軸制御装置及びこれを用いた電動射出成形機の射出軸制御方法
JP3710612B2 (ja) 1997-12-26 2005-10-26 松下電器産業株式会社 射出装置の制御方法
JP3256902B2 (ja) 2000-03-13 2002-02-18 住友重機械工業株式会社 射出成形機の制御装置
JP3830335B2 (ja) 2000-07-17 2006-10-04 東芝機械株式会社 射出成形機のスクリュ制御方法
JP3917459B2 (ja) 2002-05-16 2007-05-23 住友重機械工業株式会社 射出成形機の制御装置及び制御方法
JP4168036B2 (ja) * 2005-02-25 2008-10-22 ファナック株式会社 射出成形機の圧力異常検出装置

Also Published As

Publication number Publication date
US7462025B2 (en) 2008-12-09
CN1872527A (zh) 2006-12-06
JP2006334929A (ja) 2006-12-14
EP1728616A1 (en) 2006-12-06
CN1872527B (zh) 2011-05-18
US20060276927A1 (en) 2006-12-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1584445B1 (en) Mold clamping force adjustment method of toggle type injection molding machine
JP3694684B2 (ja) 射出成形機
TWI288062B (en) A control system for an injection molding machine and a method for controlling the injection molding machine
EP1439047B1 (en) Injection molding method
US5906777A (en) Injection molding control method for an injection molding machine
JP4648885B2 (ja) 射出成形機及び射出成形機の制御方法
KR100648072B1 (ko) 사출성형기의 제어방법
US4755123A (en) Metering system of injection molding machine
DE102012024398B4 (de) Abnormalitätserfassungsvorrichtung für eine Spritzgussmaschine
CN1313260C (zh) 注射成形机的计量方法以及控制装置
JP3795323B2 (ja) 射出成形機の異物検出方法
US7316259B2 (en) Diecasting machine
US5492658A (en) Gate-cut and ejection control apparatus and control method for an injection molding machine
EP1645395B1 (en) Controller of injection molding machine
JP3404652B2 (ja) 射出成形機の充填工程制御方法及び制御装置
EP1418039B1 (en) Metering method and control apparatus for injection molding machine
KR20090132498A (ko) 사출 성형의 제어 방법 및 사출 성형의 제어 장치
KR960016026B1 (ko) 토글식 향체결장치에 있어서의 자동 형두께 조정방법
JP3250180B2 (ja) 電動射出成形機の可塑化/計量工程における除圧方法
KR101343257B1 (ko) 모터 제어 장치
US7125232B2 (en) Controller of injection molding machine
US8651846B2 (en) Abnormality detection apparatus of an injection molding machine
US20130147078A1 (en) Molding machine controlling apparatus and method of controlling molding machine
JP2006168325A (ja) 射出成形機の計量制御方法および射出成形機
US20080226762A1 (en) Injection control apparatus

Legal Events

Date Code Title Description
A871 Explanation of circumstances concerning accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A871

Effective date: 20070531

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070712

A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20070712

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070724

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070814

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070906

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20070925

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20071009

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101019

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111019

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111019

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121019

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131019

Year of fee payment: 6

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees