JP3740115B2 - 食器洗浄機のスライドレールの取付構造 - Google Patents

食器洗浄機のスライドレールの取付構造 Download PDF

Info

Publication number
JP3740115B2
JP3740115B2 JP2002320951A JP2002320951A JP3740115B2 JP 3740115 B2 JP3740115 B2 JP 3740115B2 JP 2002320951 A JP2002320951 A JP 2002320951A JP 2002320951 A JP2002320951 A JP 2002320951A JP 3740115 B2 JP3740115 B2 JP 3740115B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
rail
slide rail
cleaning tank
movable rail
portion
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2002320951A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2004154224A (ja
Inventor
博之 中野
和久 榎本
義和 榛地
Original Assignee
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 松下電器産業株式会社 filed Critical 松下電器産業株式会社
Priority to JP2002320951A priority Critical patent/JP3740115B2/ja
Publication of JP2004154224A publication Critical patent/JP2004154224A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3740115B2 publication Critical patent/JP3740115B2/ja
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、洗浄機本体に洗浄槽を出し入れ自在に収容したスライドオープン型の食器洗浄機におけるスライドレールの取付構造に関するものである。
【0002】
【従来の技術】
筐体から上方に開口する箱状体を引き出して箱状体の開口部を開放するスライドオープンの形態は、家具や家電製品などに広く適用されていることは周知のところである。このような箱状体を筐体から出し入れするためのスライド手段としてスライドレールが用いられる。例えば、食器類を収容して洗浄する洗浄槽を洗浄機本体から前後方向に出し入れするスライドオープン型の食器洗浄機では、洗浄機本体にスライドレールを構成する固定レールを取り付け、この固定レールにボールベアリング等の転動体を介して嵌挿された可動レールを洗浄槽に取り付けることにより、洗浄槽を洗浄機本体から自在に出し入れすることができる。図11は、スライドレールを用いて洗浄槽を洗浄機本体から前後方向に出し入れするスライドオープン型の食器洗浄機の従来例を示すものである。
【0003】
図11において、食器洗浄機は上方に開口する洗浄槽14を洗浄機本体15の前面開口部から前後方向に出し入れできるように構成されている。洗浄槽14の洗浄機本体15からの出し入れは、図12に示すように、第1のスライドレール16にボールベアリング等の転動体を介して第2のスライドレール17を装着した一対のスライドレールを用いてなされる。第1のスライドレール16は洗浄機本体15の両内側面にネジ16aによってネジ止め固定され、第2のスライドレール17は洗浄槽14の両外側面にネジ17aによってネジ止め固定されているので、洗浄槽14を洗浄機本体15から引き出し、あるいは押し込むと、洗浄槽14に固定された第2のスライドレール17は第1のスライドレール16内を移動し、両レール間に転動体が介在していることによって洗浄槽14は円滑な移動によって洗浄機本体15から出し入れできる(特許文献1参照)。
【0004】
【特許文献1】
特許第3129318号公報(第3〜4頁、図1)
【0005】
【発明が解決しようとする課題】
しかしながら、上記従来技術に係るスライドレールの取付構造では、洗浄槽14からスライドレールに加わる荷重は、第2のスライドレール17を洗浄槽14に固定するネジ17a及び第1のスライドレール16を洗浄機本体15に固定するネジ16aに剪断方向の力を加える。洗浄槽14はそれ自体の重量だけでなく、収容した食器類の重量や、洗浄水の重量が加わるため、スライドレールに対する荷重は大きく、ネジ16a,17aに加わる剪断方向の力も大きくなる。これに耐え得る強度を確保するには、ネジ止め箇所を増加させ、ネジサイズを大きくすることになり、スライドレールを取り付けるための作業工数が多く、取り付け強度の低下も否めない課題があった。
【0006】
また、ネジ固定によってスライドレールを取り付けているため、ネジ止め位置を合わせる作業や、ネジ止めするための空間を確保するために第2のスライドレール17を移動させる作業が伴うなど、作業性に欠ける課題があっった。
【0007】
本発明は、上記従来技術の課題に鑑みて創案されたもので、その目的とするところは、スライドレール取り付けの作業性を向上させると共に、スライドレールに加わる荷重をネジによって負担することを解消したスライドレールの取付構造を提供することにある。
【0008】
【課題を解決するための手段】
上記目的を達成するための本発明は、前方に開口する四角形断面に形成された洗浄機本体の両内側面にそれぞれ固定レールを取り付け、両固定レールにそれぞれ滑動自在に装着された両可動レールにそれぞれ樹脂製の洗浄槽の両外側面を取り付けることにより、洗浄槽洗浄機本体の前方開口部から出入りできるようにした食器洗浄機のスライドレールの取付構造において、前記可動レールは、内側面部、上面部および外側面部を一体に有して、前記固定レール上に装着された転動体を転動自在に内包したコの字状断面に形成され、その上面に前記洗浄槽の取り付け位置を規制する開口部と、その外側面部に洗浄槽に固定するネジ穴とが形成されてなり、前記洗浄槽は、その両外側面にレール方向に、可動レールの上面部に載置されると共に可動レールの外側面部に接して可動レールを抱き込むように保持する支持部が一体形成され、この支持部に前記開口部に対応する突起部と、前記ネジ穴に対応する固定穴とが形成されてなり、前記洗浄機本体に取り付けられたスライドレールの可動レール上に前記支持部を載置し、洗浄槽を支持部が可動レール上を摺動するように移動させて前記突起部を前記開口部に嵌入させて位置決めし、前記固定穴からネジ穴にネジを螺入して洗浄槽を可動レールに取り付けることを特徴とする。
【0009】
上記スライドレールの取付構造によれば、洗浄槽はその両外側面に突出形成された支持部により、洗浄機本体の両内側面に取り付けられたスライドレールの可動レール上に位置決め載置されるので、洗浄槽は両外側面に形成された支持部により可動レール上に載り、洗浄槽自体の重量で可動レール全面に荷重して安定した状態となる。従って、洗浄槽と可動レールとの固定は、載置状態が維持される最低限のネジ止め固定でよく、スライドレールへの洗浄槽の取り付けは容易になされる。
【0010】
上記構成において、可動レール上に洗浄槽の後方を保持する保持片を形成し、支持部の後端側に前記保持片に嵌挿する突出部を形成することにより、洗浄槽洗浄機本体から引き出されて前方側に荷重が加わったときに洗浄槽の後方が浮き上がる状態を防止することができる。
【0012】
【発明の実施の形態】
以下、添付図面を参照して本発明の実施形態について説明し、本発明の理解に供する。尚、以下に示す実施形態は本発明を具体化した一例であって、本発明の技術的範囲を限定するものではない。
【0013】
本実施形態はスライドレールの取付構造をスライドオープン型の食器洗浄機に適用した例について示すものである。スライドレールの取付構造を適用した食器洗浄機は、図1に示すように、前方に開口する洗浄機本体(固定側箱状体)31内に、上方に開口する洗浄槽(可動側箱状体)32が収容され、洗浄槽32はスライドレール33により前後方向に移動可能で、洗浄機本体31の前方開口部から図示する引き出し終端位置まで引き出すことができるように構成されている。この食器洗浄機は、図示するようにキッチンキャビネット40内にビルトインするのが基本的な設置形態であるが、洗浄器本体1を設置場所の台上に固定して使用することもできる。
【0014】
前記洗浄槽32は、樹脂成形によって形成されタンク79の前面にドアパネル80を取り付けて構成され、図2に示すように、タンク79内に形成された内槽34は、上方に向けて開口面積が増加するようにテーパー角度が形成され、その底面側に洗浄ノズル35、ヒータ75、残滓フィルタ76などが配設され、その上方に食器類を収容する食器籠36が着脱可能に収納される。また、洗浄槽32の後面には、図3に示すように、前記洗浄ノズル35から洗浄水を噴射させるための洗浄ポンプ及び排水ポンプを兼用する電動ポンプ37や、内槽34内に給排水するための構成要素が配設されている。また、内槽34内に通じる給水ホース38及び排水ホース39は洗浄機本体31に回動可能に支持されたホースホルダ46に保持され、前後移動する洗浄槽32に追従してホースホルダ46が回動することにより、移動する洗浄槽32に対する給水ホース38及び排水ホース39の接続状態の安定化が図られている。
【0015】
前記スライドレール33は、図4、図5に示すように、洗浄機本体31の両側面の内面側に固定される固定レール41と、洗浄槽32の両側面の外面側に固定される可動レール42との間に、両レールにボールベアリング(転動体)47を介して中間レール43が嵌挿された3段構造に構成されている。前記固定レール41には、中間レール43をボールベアリング47を介して支持する転動体収容溝の側面から水平方向に延出形成された水平面44a及び水平面44aから鉛直方向に直角に折り曲げられた鉛直面44bとを設けてLの字状断面に形成された取付部44が形成されている。このスライドレール33は洗浄機機本体31の両側面の内側に、図6、図7に示すように取り付けられる。
【0016】
図6において、洗浄機本体31は金属板材により前面が開口する箱状に形成され、その両側面には、前記取付部44を保持してスライドレール33を支持するための受け部48と挟持部49とが形成されている。前記受け部48及び挟持部49は、図7に示すように、洗浄機本体31の板面を突き出し加工して前記取付部44の鉛直方向高さ寸法に対応する間隔に形成され、図示するように挟持部49内に取付部44の鉛直面44b上端部を挿入し、受け部48上に水平面44aを挿入すると、スライドレール33は洗浄機本体31の側面に仮固定された状態になる。鉛直面44bの上端部が挟持部49で保持されるため、スライドレール33はその重さにより鉛直面44bの下端を洗浄機本体31の壁面に押し付ける状態となり、受け部48上に取付部44が載った仮固定状態が安定して維持される。
【0017】
この仮固定状態からもわかるように、スライドレール33に加わる荷重、即ち洗浄槽32の重量は、受け部48で受け、取付部44を壁面に押し付けることで支持されるので、仮固定されたスライドレール33の洗浄機本体31へのネジ固定は、スライドレール33の仮固定位置を保持することが主たる目的となる。従って、ネジ止め箇所は少なくてもよく、洗浄機本体31の壁面に設けられた2か所の固定穴77から、それに対応する取付部44に形成された2か所のネジ穴50にネジ51を螺入するだけでよい。
【0018】
一方、前記可動レール42に固定される洗浄槽32のタンク79には、その両側面の外面に、図7、図8に示すように、可動レール42に固定するための支持部45が前後方向に形成されており、洗浄機本体31に固定されたスライドレール33の可動レール42上に支持部45を載置し、洗浄槽32を可動レール42上で後方向に摺動するように押し込むと、図9に示すように、支持部45の後面から後方に向けて突出する嵌合突起(突出部)52が可動レール42の後方側にLの字状に切り起こされた切り起こし部(保持)53内に挿入され、支持部45の前方側において下方に突出する突起部54は、その先端が可動レール42に形成された開口部55に嵌まり込み、スライドレール33に対する洗浄槽32の位置決めがなされる。洗浄槽32はその両側面でスライドレール33上に位置決めされて安定した載置状態となるが、この状態を維持するために支持部45の前方側に形成された固定穴67から可動レール42に形成されたネジ穴91にネジ92を螺入することにより、洗浄槽32は可動レール42に固定される。
【0019】
上記のように洗浄槽32は、その両外側面に形成された支持部45で可動レール42の全面にわたって均等に荷重を加えるように載置され、支持部45で可動レール42を抱き込むように保持するので、可動レール42上に載置するだけでも安定した状態が得られる。また、洗浄槽32の可動レール42上への載置位置は突起部54の開口部55内への嵌め込みで簡単に位置決めがなされ、その近傍1か所でネジ固定するだけで洗浄槽32の可動レール42への固定が完了する。また、支持部45の後端に形成された嵌合突起52が可動レール42に形成された切り起こし部53に嵌挿されているので、洗浄槽32を洗浄機本体31から引き出した状態で下方に向けて押さえつけるような加圧が加わったときに、洗浄槽32の後方が可動レール42上から浮き上がる状態を防止することができる。
【0020】
スライドレール33は前述したように3段構造であり、洗浄槽32を洗浄機本体31から引き出すと、洗浄槽32が固定された可動レール42は中間レール43上を滑動し、中間レール43は可動レール42の移動に遅れて固定レール41上を移動する。図10は、洗浄槽32の洗浄機本体31からの引き出し操作に伴う可動レール42及び中間レール43の移動状態を示すもので、図10(a)は洗浄槽32が洗浄機本体31内に収容された状態、図10(b)は洗浄槽32を引き出し終端位置まで引き出した状態である。図10(a)に示す状態から洗浄槽32の引き出し操作が開始されると、洗浄槽32が固定された可動レール42は仮想線で示すように中間レール43上を移動し始める。可動レール42の移動に伴って可動レール42と中間レール43との間に介在する複数のボールベアリング47を所定間隔に捕捉する保持器90が常に可動レール42と中間レール43との間に介在するように、中間レール43は可動レール42が所定位置まで移動したのに追動して固定レール41上を移動し始める。中間レール43と固定レール41との間にも可動レール42と同様に複数のボールベアリング47を所定間隔に捕捉する保持器90が介在しており、図10(b)に示すように、洗浄槽32を引き出し終端位置まで引き出したとき、固定レール41上には前記保持器90の長さに相当する中間レール43の約1/2長さが嵌挿された状態にあり、約1/2が固定レール41から突き出るまでに移動する。また、可動レール42は、その約1/2に中間レール43が嵌挿され、約1/2長さが中間レール43より突き出るまでに移動させることができるので、洗浄槽32の洗浄機本体31からの引き出し量を大きくすることが可能となる。
【0021】
また、上記のように3段構造のスライドレール33では、固定レール41から可動レール42を大きく引き出した状態でも、両レールの間に中間レール43が存在するので、引き出された可動レール42に洗浄槽32の荷重が加わっても、洗浄槽32のドアパネル80側が下がる度合いは少なく、洗浄槽32の円滑な出し入れ操作がなされる。
【0022】
上記スライドレール33の構造及びその取付構造により洗浄槽32の洗浄機本体31からの引き出し量は、図1に示すように、内槽34の後面上方部分(A)がカウンタートップ61の前方端より前方側になるように引き出すことが可能となる。スライドオープン型の食器洗浄機において、内槽34の上方が全て開放されるまでに洗浄槽32が引き出せることにより、内槽34からの食器の出し入れや洗浄後の残滓処理の作業が容易となる絶大なる効果が得られる。
【0024】
【発明の効果】
以上の説明の通り本発明によれば、洗浄槽は両外側面に突出形成された支持部により、洗浄機本体の両内側面に取り付けられたスライドレールの可動レール上に位置決め載置されるので、洗浄槽は両外側面に形成された支持部により可動レール上に載り、洗浄槽自体の重量で可動レール全面に荷重して安定した状態となる。従って、洗浄槽と可動レールとの固定は、載置状態が維持される最低限のネジ止め固定でよく、スライドレールへの洗浄槽の取り付けは容易になされる。
【図面の簡単な説明】
【図1】食器洗浄機における洗浄槽の引き出し状態を示す側面図。
【図2】洗浄槽の内槽構造を示す斜視図。
【図3】洗浄槽後面に配置された構成要素を示す背面図。
【図4】スライドレールの構成を示す斜視図。
【図5】スライドレールの構成を示す断面図。
【図6】洗浄機本体に対するスライドレール取付構造を示す側面図。
【図7】スライドレールの取付構造を示す拡大断面図。
【図8】スライドレール取付構造を示す断面図。
【図9】同上側面図。
【図10】スライドレールの滑動動作を説明する側面図。
【図11】従来技術に係る食器洗浄機の構成を示す断面図。
【図12】同上構成におけるスライドレールの取付構造を示す断面図。
【符号の説明】
31 洗浄機本体(固定側箱状体)
32 洗浄槽(可動側箱状体)
33 スライドレール
41 固定レール
42 可動レール
43 中間レール
45 支持部
47 ボールベアリング(転動体)
52 嵌合突起(突出部)
53 切り起こし部(保持片)
54 突起部
55 開口部
91 ネジ穴

Claims (2)

  1. 前方に開口する四角形断面に形成された洗浄機本体の両内側面にそれぞれ固定レールを取り付け、両固定レールにそれぞれ滑動自在に装着された両可動レールにそれぞれ樹脂製の洗浄槽の両外側面を取り付けることにより、洗浄槽洗浄機本体の前方開口部から出入りできるようにした食器洗浄機のスライドレールの取付構造において、
    前記可動レールは、内側面部、上面部および外側面部を一体に有して、前記固定レール上に装着された転動体を転動自在に内包したコの字状断面に形成され、その上面に前記洗浄槽の取り付け位置を規制する開口部と、その外側面部に洗浄槽に固定するネジ穴とが形成されてなり、
    前記洗浄槽は、その両外側面にレール方向に、可動レールの上面部に載置されると共に可動レールの外側面部に接して可動レールを抱き込むように保持する支持部が一体形成され、この支持部に前記開口部に対応する突起部と、前記ネジ穴に対応する固定穴とが形成されてなり、
    前記洗浄機本体に取り付けられたスライドレールの可動レール上に前記支持部を載置し、洗浄槽を支持部が可動レール上を摺動するように移動させて前記突起部を前記開口部に嵌入させて位置決めし、前記固定穴からネジ穴にネジを螺入して洗浄槽を可動レールに取り付けることを特徴とする食器洗浄機のスライドレールの取付構造。
  2. 可動レール上に支持部の後方を保持する保持片が形成され、支持部の後端側に前記保持片に嵌挿する突出部が形成されてなる請求項1に記載の食器洗浄機のスライドレールの取付構造。
JP2002320951A 2002-11-05 2002-11-05 食器洗浄機のスライドレールの取付構造 Active JP3740115B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002320951A JP3740115B2 (ja) 2002-11-05 2002-11-05 食器洗浄機のスライドレールの取付構造

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002320951A JP3740115B2 (ja) 2002-11-05 2002-11-05 食器洗浄機のスライドレールの取付構造
CNB2003101044494A CN1208021C (zh) 2002-11-05 2003-10-29 滑轨安装结构
CNU2003201039769U CN2691479Y (zh) 2002-11-05 2003-10-30 滑轨安装结构

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004154224A JP2004154224A (ja) 2004-06-03
JP3740115B2 true JP3740115B2 (ja) 2006-02-01

Family

ID=32801643

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002320951A Active JP3740115B2 (ja) 2002-11-05 2002-11-05 食器洗浄機のスライドレールの取付構造

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP3740115B2 (ja)
CN (2) CN1208021C (ja)

Families Citing this family (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006177656A (ja) * 2004-11-26 2006-07-06 Matsushita Electric Ind Co Ltd 冷蔵庫
DE102006057582C5 (de) * 2005-12-07 2018-10-31 Lg Electronics Inc. Kühlschrankschienenanordnung und Kühlschranklagerbehälterauszugs-/-Einschubvorrichtung mit derselben
JP4567625B2 (ja) * 2006-03-28 2010-10-20 三菱電機ホーム機器株式会社 食器洗い乾燥機及びこれを組込んだ流し台
JP2007303781A (ja) * 2006-05-15 2007-11-22 Matsushita Electric Ind Co Ltd レール部材および冷蔵庫
JP5957169B2 (ja) * 2010-01-28 2016-07-27 株式会社東芝 冷蔵庫
CN101984313B (zh) * 2010-10-29 2012-05-09 无锡市超群自动化设备有限公司 一种冰箱轨道机构
CN102512131A (zh) * 2011-12-08 2012-06-27 无锡市超群自动化设备有限公司 家用电器用双向滑轨安装底座
JP5991903B2 (ja) * 2012-11-21 2016-09-14 三菱電機株式会社 冷蔵庫
DE102013222576A1 (de) 2013-11-06 2015-05-07 BSH Bosch und Siemens Hausgeräte GmbH Haushaltsgerät
CN107427124B (zh) * 2015-04-13 2020-01-14 西格斯株式会社 抽屉用滑动组件

Also Published As

Publication number Publication date
CN2691479Y (zh) 2005-04-13
CN1208021C (zh) 2005-06-29
JP2004154224A (ja) 2004-06-03
CN1498585A (zh) 2004-05-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP2704605B1 (de) Schubladenausziehführung
US6997195B2 (en) Ergonomic dishwashing machine
EP2818092A1 (en) Dishwasher
KR101290374B1 (ko) 드로어 어셈블리
US4525012A (en) Locking apparatus for drawers and the like
US5595200A (en) Dishwasher with vertically adjustable basket
KR100790543B1 (ko) 바스켓출납용 레일어셈블리
DE60105253T2 (de) Mehrzweckelement für in möbeln angeordnete gleitende metallfächer
US8377226B2 (en) Dishwasher, particularly for fitted kitchens
CN1183871C (zh) 洗碗机
DE10223539B4 (de) Wäschepflegegerät mit einem integrierten Wäscheständer
US20040080246A1 (en) Drawer slide assembly
JP2014512236A (ja) 引出し用のレールシステム
TWI223992B (en) Dishwasher
EP2531066B1 (de) Schubladenbehälter
KR100993675B1 (ko) 냉장고
KR20040047014A (ko) 식기세척기의 선반 높이 조절장치
JP2004255170A (ja) 食器洗い機
EP2366324B1 (en) Dishwasher, especially domestic dishwasher
AT409073B (de) Schublade
US20080110480A1 (en) Dishwasher having rack assembly with movable shelves
JP2003500145A (ja) 改良された構成を有する家庭用として好適な食器洗浄器
WO1981002382A1 (fr) Appareil de cuisine
US7699064B2 (en) Dishwasher machine
US6224176B1 (en) Kitchen cabinet

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050518

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050524

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050714

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20051025

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20051104

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 3740115

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091111

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091111

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101111

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111111

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121111

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131111

Year of fee payment: 8