JP2816902B2 - インクジェット記録装置 - Google Patents

インクジェット記録装置

Info

Publication number
JP2816902B2
JP2816902B2 JP2418408A JP41840890A JP2816902B2 JP 2816902 B2 JP2816902 B2 JP 2816902B2 JP 2418408 A JP2418408 A JP 2418408A JP 41840890 A JP41840890 A JP 41840890A JP 2816902 B2 JP2816902 B2 JP 2816902B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
recording
ink
blade
cleaning
discharge port
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2418408A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH04214359A (en
Inventor
秀夫 深沢
哲弘 新田
Original Assignee
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by キヤノン株式会社 filed Critical キヤノン株式会社
Priority to JP2418408A priority Critical patent/JP2816902B2/ja
Publication of JPH04214359A publication Critical patent/JPH04214359A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2816902B2 publication Critical patent/JP2816902B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、記録手段から被記録材
へインクを吐出させて記録を行なうインクジェット記録
装置に関する。
【0002】
【従来の技術】コンピューターやワードプロセッサ等と
併用されたり、あるいは単独に使用されるプリンタ、複
写機、ファクシミリ等の記録装置は、画像情報に基づい
て、紙やプラスチック薄板等の被記録材に画像を形成し
ていくように構成されている。
【0003】前記記録装置は、記録方式により、インク
ジェット式、ワイヤドット式、サーマル式、レーザービ
ーム式等に分けることができる。そのうち、インクジェ
ット式(インクジェット記録装置)は、記録手段から被
記録材にインクを吐出させて記録を行なうものであり、
高精細な画像を高速で記録することができ、ノンインパ
クト方式であるため騒音が少なく、しかも、多色のイン
クを使用してカラー画像を記録するのが容易であるなど
の利点を有している。
【0004】特に、インク吐出エネルギーとして熱を利
用するインクジェット式の記録手段(記録ヘッド)は、
エッチング、蒸着、スパッタリング等の半導体製造プロ
セスを経て、基板上に製膜された電気熱変換体、電極、
液路壁、天板などを形成することにより、高密度の液路
配置(吐出口配置)を有するものを容易に製造すること
ができる。
【0005】インクジェット記録装置においては、イン
クや被記録材に含まれる水分が蒸発して記録手段(記録
ヘッド)の雰囲気が高湿になり、記録手段および雰囲気
における温度等の条件次第でインク吐出口面に結露を生
じることがある。また、吐出インクの被記録材からの跳
ね返りによって、インク吐出口面に濡れを生じることも
ある。これらの結露や濡れの現象は、記録画像の定着を
促進するためのヒータを用いる場合やドットデューティ
が高い場合に、顕著になりやすい。
【0006】このように、吐出口面に結露や濡れが生じ
た場合には、吐出口面に水滴等が不均一に付着し、吐出
インク滴が離れる時に不均一に引っ張られるので、イン
ク滴の飛翔方向や飛翔速度あるいはインク滴の粒径など
にバラツキが生じ、画像品質が低下する原因となる。ま
た、吐出口面の濡れによって紙粉や塵埃等が付着し易く
なり、これが画像品質低下の原因となることもある。
【0007】これに対処するため、吐出口面に付着した
塵埃や結露等を、ブレードで拭き取ったり、インク吸収
体で吸い取るなどして、吐出口面を清浄化する処理が行
なわれている。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、従来の
インクジェット記録装置における上記清浄化のための手
段では、高デューティ記録の場合に、吐出口面から拭き
取ったり吸い取る結露の量やインク滴の量が増大し、ブ
レードやインク吸収体側に転写されるインク量が増大す
るため、ブレードによる拭き取り効果あるいはインク吸
収体による吸い取り効果が急速に低下するという解決す
べき課題があった。また、ブレードと摺接するブレード
清浄手段を設ける場合、ブレードから回収したインクに
よってブレード清浄手段に外形的変化が生じ、ブレード
を清浄化すると、例えば膨潤したブレード清浄手段が被
記録材に接触してインク汚れを生じるなど、周囲に悪影
響を及ぼすという解決すべき課題もあった。
【0009】本発明はこのような課題に鑑みてなされた
ものであり、本発明の目的は、コンパクトな構成でスル
ープットの低下をほとんど生じることなく、しかもイン
クの飛散や被記録材のインク汚れ等を生じることなく、
ブレードによる吐出口面の拭き取り効果の低下を防止す
ることができ、さらに、ブレードから回収したインクに
よるブレード清浄手段の外形的変化を無くすことがで
き、ブレードを清浄化しても周囲に影響を与えることが
なく、特に、被記録材に対向して走査される箇所にブレ
ード清浄手段を配設した場合に、膨潤により被記録材に
接触してインク汚れを生じるなどの不都合を確実に防止
できるインクジェット記録装置を提供することである。
【0010】
【課題を解決するための手段】本発明は、上記目的を達
成するため、記録手段から被記録材へインクを吐出させ
て記録を行なうインクジェット記録装置において、記録
手段の吐出口面と摺接することによって該吐出口面のワ
イピングを行なうブレードと、該ブレードと摺接するこ
とにより該ブレードを清浄化するインク吸収性の非膨潤
高ホルマール材で構成されたブレード清浄手段と、該ブ
レード清浄で捕捉されたインクを所定の廃インク溜めへ
導く廃インク捕集手段とを有することを特徴とする。
【0011】
【実施例】図1は本発明によるインクジェット記録装置
の第1実施例の全体構成を示す斜視図であり、図2は図
1の要部構成を示す部分斜視図であり、これらの図にお
いて、紙送りローラを兼ねたプラテン11の前方にはこ
れと平行に2本のガイドシャフト12、13が設置され
ており、これらのガイドシャフト12、13によってキ
ャリッジ14が左右方向に移動可能に案内支持されてい
る。前記キャリッジ14は、不図示のモータにより、タ
イミングベルト15を介して往復駆動される。
【0012】前記キャリッジ14上には記録手段(記録
ヘッド)16が搭載されている。この記録手段16の吐
出口面(フェイス面)は、前記プラテン11上に紙送り
(搬送)されてきた被記録材の記録面に所定隙間(例え
ば、0.3〜1.5ミリ)をおいて対向し、該吐出口面
に配列された吐出口からインクを吐出させて記録を行な
うためのものである。なお、図示の例では、記録手段1
6は4個の記録ヘッド16B、16C、16M、16Y
で構成されている。カラー記録の場合、これらの記録ヘ
ッドのインク色は、例えば、ブラック、シアン、マゼン
タ、イエローに対応させることができる。なお、以下の
説明では、前記4個の記録ヘッド16B、16C、16
M、16Yの全てを指す場合、あるいはこれらのうちの
任意の一個を指す場合には、単に記録手段16または記
録ヘッド16で示すことにする。
【0013】キャリッジ14の移動範囲内であって、記
録領域外の所定位置(例えば、記録手段16のホームポ
ジション)には、記録ヘッド16のインク吐出状態を回
復させるための回復装置17が設けられている。該回復
装置17の前面には各記録ヘッド16の吐出口面をキャ
ッピングするためのキャップ18が設けられている。こ
の回復装置17は、不図示のモータによって、前記キャ
ップ18が記録手段16の吐出口面に対し圧接離反する
方向に駆動され、圧接状態で該吐出口面をキャッピング
する。
【0014】この回復装置17のキャップ18によって
記録ヘッド16をキャッピング(密閉)した時に、吸引
ポンプ等による吐出口からのインク吸引動作、あるいは
インク供給経路に設けた加圧手段(ポンプ等)による記
録ヘッド16へのインク圧送動作などを行ない、インク
を吐出口から強制的に排出させることにより、液路等、
吐出口内の増粘インクや気泡等を除去する吐出回復処理
が行なわれる。また、記録終了時に吐出口面をキャッピ
ングすることにより、記録ヘッド16の保護が行なわれ
る。
【0015】前記回復装置17の記録領域側には吐出口
面を拭き取るワイピング部材としてのブレード19が設
けられている。このブレード19はゴム状弾性材で形成
されている。また、このブレード19は、回復装置17
に装着されたホルダー20によって保持されており、該
回復装置17内のモータおよび伝動機構(不図示)によ
り、記録ヘッド16の吐出口面に対し圧接離反可能に駆
動される。
【0016】前記ブレード19による吐出口面のワイピ
ングは、記録動作中の適切なタイミングで行なわれた
り、あるいは、回復装置17で吐出回復処理を行なった
後に行なわれたりする。吐出回復処理の後に行なう場合
は、例えば、キャリッジ14を一旦キャッピング位置ま
で移動させた後、ブレード19を記録ヘッド16の移動
経路中へ突出させ、再びキャリッジ14を記録領域へ戻
すことにより、該ブレード19との摺接によって吐出口
面上の結露や濡れあるいは塵埃等を拭き取り除去すると
いうシーケンスで行なわれる。
【0017】前記複数個の記録ヘッド16は、キャリッ
ジ14上のヘッド取り付け台21に同じ高さおよび同ピ
ッチになるように並列に位置決め固定されている。さら
に、キャリッジ14上の位置であって、該キャリッジが
キャッピング位置にきた時に記ブレード19と対向する
位置には、図1に示すように、該ブレード19に付着し
たインクや塵埃等を除去するためのブレード清浄具(ブ
レード清浄手段)22が設けられている。このブレード
清浄具22は、前記ヘッド取り付け台21に固定された
保持部材23により記録ヘッド16と並列の位置に固定
されている。前記ブレード清浄具22は、被記録材の紙
面を汚すことのないように、膨潤しない吸水性連続気孔
体であって、連続気泡体等の吸水性のある部材で形成さ
れている。
【0018】前記ブレード19を記録ヘッド移動経路中
に突出させて吐出口面のワイピング(拭き取り)を行な
った後、キャリッジ14をキャッピング位置に停止させ
ることにより、前記ブレード清浄具22を前記ブレード
19に当接させ、該ブレード19に付着したインク等を
吸水性のある前記ブレード清浄具22によって吸い取
る。
【0019】複数個の記録ヘッド16を1個のブレード
19でワイピングする場合、記録ヘッド16の吐出口に
対し他色のインクが押し込まれることがあるが、この押
し込まれた他色のインクは、キャッピング位置で予備吐
出を行なうことにより、排出される。その間にブレード
19をヘッド移動経路から退避させ、その後の記録動作
に備える。なお、前記ブレード清浄具22は、高ホルマ
ール品であり、膨潤することはないので、吸収されたイ
ンクにより被記録材の紙面汚れが生じることはない。
【0020】前記ブレード清浄具22および記録ヘッド
16の下側には、それぞれに接触するように、廃液捕集
体24が設けられている。この廃液捕集体24の片側部
分は、記録ヘッド16およびブレード清浄具22の下側
に位置するように前記ヘッド取り付け台21に取り付け
られたトイ25内に案内保持されている。また、前記廃
液捕集体24の他端部はキャリッジ14の下方へ導かれ
ている。この廃液捕集体は、ブレード清浄具22に付着
したインクや記録ヘッド16から滴下するインクを捕集
して所定の処理部へ導びくためのものであり、例えば、
インク吸収性に優れたインク吸収体で形成されている。
【0021】図2に示すように、キャリッジ14の下方
には、該キャリッジ14の全移動範囲にわたって、廃液
トイ26が配設されている。一方、キャリッジ14の最
下部の前記廃液トイ26の上方に位置するところには孔
(不図示)が形成されており、キャリッジ移動中では、
ブレード清浄具22に堆積したり記録ヘッド16から滴
り落ちて前記廃液捕集体24に捕集されたインクは、該
廃液捕集体24を伝わってキャリッジ14内を通り、該
キャリッジの最下部の孔を通じて前記廃液トイ26内へ
垂れ込む仕組みになっている。
【0022】また、キャリッジ14に搭載されたインク
カートリッジ27からこぼれ落ちたインクも、前記キャ
リッジ最下部の孔を通じて、前記廃液トイ26内へ落ち
るように構成されている。こうして、廃液トイ26内へ
集められたインクは、やがて廃液タンクへ流れ込む仕組
みになっている。
【0023】前記記録手段(記録ヘッド)16は、熱エ
ネルギーを利用してインクを吐出する記録手段であっ
て、熱エネルギーを発生するための電気熱変換体を備え
たものである。また、前記記録手段16は、前記電気熱
変換体によって印加される熱エネルギーにより生じる膜
沸騰による気泡の成長、収縮によって生じる圧力変化を
利用して、吐出口よりインクを吐出させ、記録を行なう
ものである。
【0024】図3は、前記記録手段(記録ヘッド)16
のインク吐出部の構造を模式的に示す部分斜視図であ
り、同図において、被記録材に所定の隙間(例えば、約
0.5〜2.0ミリ程度)をおいて対面する吐出口面3
1には、所定のピッチで複数の吐出口32が形成され、
共通液室33と各吐出口32とを連通する各液路34の
壁面に沿ってインク吐出用のエネルギーを発生するため
の電気熱変換体(発熱抵抗体など)35が配設されてい
る。図1および図2に示すインクジェット記録装置で
は、記録手段(記録ヘッド)16は、前記吐出口32が
キャリッジ14の走査方向(移動方向)と交叉する方向
に並ぶような位置関係で、該キャリッジ14に搭載され
ている。こうして、画像信号または吐出信号に基づいて
対応する電気熱変換体35を駆動(通電)して、液路3
4内のインクを膜沸騰させ、その時に発生する圧力によ
って吐出口32からインクを吐出させる記録手段(記録
ヘッド)16が構成されている。
【0025】以上図1〜図3について説明した実施例に
よれば、記録ヘッド16の吐出口面31を拭き取り清掃
(ワイピング)するブレード19を設けるとともに、該
ブレード19を清浄化するためのブレード清浄具22を
設けたので、前記ブレード19の拭き取り清掃の効果が
低下することを防ぐことができた。また、ブレード清浄
手段22に堆積するインクや記録ヘッド16に残留する
インクを捕集するための、インク吸収体から成る廃液捕
集体24を、該ブレード清浄具22や記録ヘッド吐出口
面31の下方に設け、さらに、廃液捕集体24で集めら
れたインクを廃液収集手段(廃液タンク)28まで導く
経路を形成したので、拭き取ったり滴り落ちたりする余
剰インクによる装置の汚れや被記録材の紙汚れを防止す
ることができた。
【0026】また、キャッピング位置と記録領域との間
でブレード19にブレード清浄具22を接触させる構成
としたので、キャリッジリターン時に、吐出口面31の
ワイピング(拭き取り清掃)とブレード19の清浄化と
を一連の動作として実行でき、スループットの低下を生
じることなく、しかも少スペースで拭き取りブレードを
常に清浄化することが可能となった。さらに、
【0027】図4は本発明によるインクジェット記録装
置の第2実施例における記録手段16、キャップ18、
ブレード19、ブレード清浄具37を模式的に示す平面
図であり、同図において、記録ヘッド16を搭載したキ
ャリッジ14の矢印R方向の移動に伴って、突出したブ
レード19によって、4個の記録ヘッド16の吐出口面
31は順次ワイピング(拭き取り清掃)され、ワイピン
グ後、キャリッジ14はキャップ18の前(キャッピン
グ位置)で停止する。
【0028】このキャッピング位置では、ブレード19
はキャリッジ14上のブレード清浄具(ブレード清浄手
段)37と係合接触した状態になる。次いで、回復装置
17内のモータ(不図示)によりブレード19が後退す
る際、すなわち、ブレード19とブレード清浄具37が
摺接する際に、該ブレード19に付着していたインクは
該ブレード清浄具37によって掻き取られる。図4の実
施例は、以上の点で図1および図2の実施例と相違して
いるが、その他の部分は実質上同じ構造をしている。
【0029】図5は本発明によるインクジェット記録装
置の第3実施例の要部構成を示す斜視図であり、本実施
例では、ブレード19を清浄化するためのブレード清浄
具38は、装置本体側の回復装置17に対し、該ブレー
ド19と隣接して取り付けられている。このブレード清
浄具38は、記録ヘッド16の吐出口面31とは接触せ
ず、前記ブレード19と接触する位置に取り付けられて
おり、該ブレード19を回復装置17内のモータ等で前
後に移動させることにより、該ブレード19上の付着イ
ンクを掻き落とすように構成されている。なお、このブ
レード清浄具38も、膨潤しない吸水性連続気孔体であ
って、連続気泡体等の吸水性に優れた材質で形成されて
いる。
【0030】図5の実施例は、前述の第1実施例と比
べ、前記ブレード清浄具の設置位置を変更したものであ
り、その他の部分では実質上同じ構成を有しており、そ
れぞれ対応する部分を同一符号で示し、それらの詳細説
明は省略する。以上の第3実施例によっても、第1実施
例の場合と同様の効果を達成することができる。
【0031】図6は本発明によるインクジェット記録装
置の第4実施例の要部構成を示す斜視図であり、図7は
図6の記録装置において吐出口面31をワイピングする
状態を示す部分縦断面図であり、本実施例では、記録手
段16の吐出口面31を拭き取り清掃(ワイピング)す
るためのブレードとして、ベルト回転式のワイパー40
が使用されている。
【0032】図6および図7において、ベルト回転式の
ワイパー40は、回復装置17の側面に設けられた上下
方向回動型のエンドレスベルト41の表面の1箇所また
は複数箇所にブレード42を突設した構造をしている。
前記エンドレスベルト41は、回復装置17内のモータ
等で回転駆動可能なベルト保持プーリー43、44の回
りに張架されている。すなわち、上記ワイパー40は、
記録手段16がワイパー40と対向する位置にきた時
に、前記保持プーリー43、44を回転駆動して、ベル
ト41上の前記ブレード42を上下動させることによ
り、吐出口面31を拭き取り清掃(ワイピング)し、該
吐出口面31上の結露やインク滴を除去するように構成
されている。
【0033】図6および図7の第4実施例では、キャリ
ッジ14上の記録手段16の吐出口面31の下側に取り
付けられた前記廃液トイ25は、前記ブレード42上の
付着インクを拭き取るためのブレード清浄具を兼ねてい
る。すなわち、前記ブレード42は、吐出口面31をワ
イピングした後に前記廃液トイ25と接触し、該廃液ト
イ25によって直接インク滴等を掻き取って拭き取り清
浄化するように構成されている。こうして拭き取られた
液体は該廃液トイ25内へ滴下し、第1実施例の場合と
同様に廃液捕集体24等を通して装置本体側の廃液トイ
26内へ導入され、廃液タンク28内へ集められる。
【0034】図6および図7の第4実施例のその他の部
分は前述の第1実施例の場合と実質上同じ構成をしてお
り、それぞれ対応する部分を同一符号で示し、それらの
詳細説明は省略する。こうして、本実施例によっても、
第1実施例の場合と同様の作用効果を達成することがで
きる。
【0035】図8、図9および図10は、それぞれ、上
記第4実施例のブレード清浄具(廃液トイ25)の変形
構成例を示す縦断面図である。図8の構成では、廃液ト
イ25の内部にインク吸収体46が設置され、ブレード
42の清浄化作用の向上が図られている。図9の構成で
は、ブレード42を拭き取り清掃するためのブレード清
浄具が、装置本体側に設置した廃液トイ47によって形
成されている。図10の構成では、図9の構成におい
て、さらに廃液トイ47内にインク吸収体48が設置さ
れ、ブレード42の清浄化作用の向上が図られている。
なお、図9および図10の場合でも、廃液トイ47内に
集められた液体は、図1および図2において廃液トイ2
6に集められた液体の場合と同様、記録装置の廃液タン
ク28内へ導かれる。
【0036】以上説明した実施例によれば、記録手段1
6の吐出口面31をワイピングするブレード19、42
を清浄化するためのブレード清浄具22、37、38、
25、47を設けることにより、該ブレードのワイパー
効果の低下を防止することができた。また、前記ブレー
ド清浄具に付着したインクや前記吐出口面31上の残留
インクや液体を捕集するためのインク吸収体24、4
6、48や廃液トイ25、47を設けるとともに、捕集
した液体を廃液タンク28へ導く経路26、47、48
を設けたので、余剰インクによる装置本体や被記録材の
汚損を無くすことができた。
【0037】さらに、ブレード19、42とブレード清
浄具22、37、38、25、47を、キャップ18と
記録領域との間に配置し、キャリッジリターン時に吐出
口面31のワイピング動作とブレードの清浄動作を一連
の動作として行なうので、記録装置のスループットを低
下させることなく、しかも小スペースで前述の構成を実
現させることができた。また、前記ブレードを清浄した
直後に、該ブレードを後退位置(吐出口面31と接触し
ない位置)へ移動させるので、該ブレードの振動による
インク飛散を防止することができた。この場合、前記ブ
レードの退避は回復装置17のモータによりかなり減速
して行なうことができるので、該ブレードの振動や移動
速度を抑えることができ、インク飛散の可能性を一層減
らすことができた。
【0038】さらに、前記ブレード清浄具22、37、
38として膨潤しない吸水性連続気孔体を使用したの
で、インクを吸収した時でも、これによって被記録材
(用紙等)の紙面を汚すことも防止できた。
【0039】なお、本発明は、異なる色で記録する複数
の記録手段(記録ヘッド)を備えたカラーインクジェッ
ト記録装置の他、1個の記録手段で記録するインクジェ
ット記録装置、あるいは色彩が同じで濃度が異なる複数
の記録手段を使用する諧調記録用のインクジェット記録
装置など、記録手段の個数に関係無く同様に適用でき、
同様の作用効果を達成し得るものである。また、本発明
は、被記録材の幅方向記録領域の全体または一部に対応
する長さのライン記録手段を用いるライン型のインクジ
ェット記録装置の他、被記録材に沿って移動するキャリ
ッジ上に記録手段(記録ヘッド)を搭載するシリアル記
録方式のインクジェット記録装置など、記録方式の種類
に関係なく、同様に適用することができ、同様の効果を
達成し得るものである。
【0040】さらに、以上の各実施例における記録手段
(記録ヘッド)としては、記録ヘッドとインクタンクを
一体にした交換可能なカートリッジタイプの記録手段、
あるいは、記録ヘッドとインクタンクを別体とし、例え
ば、カプラーおよびチューブを介して結合する構造の記
録手段など、種々の構造の記録手段を使用することがで
きる。
【0041】なお、本発明は、インクジェット記録装置
であれば、例えば、ピエゾ素子等の電気機械変換体等を
用いる記録手段(記録ヘッド)を使用するものに適用で
きるが、中でも、キヤノン株式会社によって提唱されて
いるバブルジェット方式のインクジェット記録装置にお
いて優れた効果をもたらすものである。かかる方式によ
れば、記録の高密度化、高精細化が達成できるからであ
る。
【0042】その代表的な構成や原理については、例え
ば、米国特許第4723129号明細書、同第4740
796号明細書に開示されている基本的な原理を用いて
行なうのが好ましい。この方式は、所謂オンデマンド
型、コンティニュアス型のいずれにも適用可能である
が、特に、オンデマンド型の場合には、液体(インク)
が保持されているシートや液路に対応して配置されてい
る電気熱変換体に、記録情報に対応していて核沸騰を越
える急速な温度上昇を与える少なくとも一つの駆動信号
を印加することによって、電気熱変換体に熱エネルギー
を発生せしめ、記録手段(記録ヘッド)の熱作用面に膜
沸騰させて、結果的にこの駆動信号に一対一対応し液体
(インク)内の気泡を形成出来るので有効である。
【0043】この気泡の成長、収縮により吐出用開口を
介して液体(インク)を吐出させて、少なくとも一つの
滴を形成する。この駆動信号をパルス形状とすると、即
時適切に気泡の成長収縮が行なわれるので、特に応答性
に優れた液体(インク)の吐出が達成でき、より好まし
い。このパルス形状の駆動信号としては、米国特許第4
463359号明細書、同第4345262号明細書に
記載されているようなものが適している。尚、上記熱作
用面の温度上昇率に関する発明の米国特許第43131
24号明細書に記載されている条件を採用すると、更に
優れた記録を行なうことができる。
【0044】記録ヘッドの構成としては、上述の各明細
書に開示されているような吐出口、液路、電気熱変換体
の組み合わせ構成(直線状液流路又は直角液流路)の他
に熱作用部が屈曲する領域に配置されている構成を開示
する米国特許第4558333号明細書、米国特許第4
459600号明細書を用いた構成も本発明に含まれる
ものである。加えて、複数の電気熱変換体に対して、共
通するスリットを電気熱変換体の吐出部とする構成を開
示する特開昭59年第123670号公報や熱エネルギ
ーの圧力波を吸収する開孔を吐出部に対応させる構成を
開示する特開昭59年第138461号公報に基づいた
構成としても本発明は有効である。すなわち、記録ヘッ
ドの形態がどのようなものであっても、本発明によれ
ば、記録を確実に効率よく行なうことができるようにな
るからである。
【0045】さらに、記録装置が記録できる記録媒体の
最大幅に対応した長さを有するフルラインタイプの記録
ヘッドに対しても、本発明は有効に適用できる。そのよ
うな記録ヘッドとしては、複数記録ヘッドの組み合わせ
によってその長さを満たす構成や、一体的に形成された
1個の記録ヘッドとしての構成のいずれでもよい。
【0046】加えて、上例のようなシリアルタイプのも
のでも、装置本体に固定された記録ヘッド、あるいは装
置本体に装着されることで装置本体との電気的な接続や
装置本体からのインクの供給が可能になる交換自在のチ
ップタイプの記録ヘッド、あるいは記録ヘッド自体に一
体的にインクタンクが設けられたカートリッジタイプの
記録ヘッドを用いた場合にも本発明は有効である。
【0047】また、本発明に記録装置の構成として設け
られる、記録ヘッドに対しての回復手段、予備的な補助
手段等を付加することは本発明の効果を一層安定できる
ので好ましいものである。これらを具体的に挙げれば、
記録ヘッドに対しての、キャッピング手段、クリーニン
グ手段、加圧或は吸引手段、電気熱変換体或はこれとは
別の加熱素子或はこれらの組み合わせによる予備加熱手
段、記録とは別の吐出を行なう予備吐出モードを行なう
ことも安定した記録を行なうために有効である。
【0048】また、搭載される記録ヘッドの種類ないし
個数についても、例えば、単色のインクに対応して1個
のみが設けられたものの他、記録色や濃度を異にする複
数のインクに対応して複数個数設けられるものであって
もよい。すなわち、例えば、記録装置の記録モードとし
ては、黒色等の主流色のみの記録モードだけではなく、
記録ヘッドを一体的に構成するか複数個の組み合わせに
よるか、いずれでもよいが、異なる色の複色カラー又
は、混色によるフルカラーの少なくとも一つを備えた装
置にも本発明は極めて有効である。
【0049】さらに加えて、以上説明した本発明実施例
においては、インクを液体として説明しているが、室温
やそれ以下で固化するインクであって、室温で軟化もし
くは液化するもの、あるいは、インクジェット方式で
は、インク自体を30℃以上70℃以下の範囲内で温度
調整を行ってインクの粘性を安定吐出範囲にあるように
温度制御するものが一般的であるから、使用記録信号付
与時にインクが液状をなすものであればよい。
【0050】加えて、積極的に熱エネルギーによる昇温
をインクの固形状態から液体状態への状態変化のエネル
ギーとして使用せしめることで防止するか、または、イ
ンクの蒸発防止を目的として放置状態で固化するインク
を用いるかして、いずれにしても、熱エネルギーの記録
信号に応じた付与によってインクが液化し、液状インク
が吐出されるものや、記録媒体に到達する時点ではすで
に固化し始めるもの等のような、熱エネルギーによって
初めて液化する性質のインクを使用する場合も本発明は
適用可能である。
【0051】このような場合のインクは、特開昭54−
56847号公報あるいは特開昭60−71260号公
報に記載されるような、多孔質シート凹部または貫通孔
に液状または固形物として保持された状態で、電気熱変
換体に対して対向するような形態としてもよい。
【0052】本発明においては、上述した各インクに対
して最も有効なものは、上述した膜沸騰方式を実行する
ものである。
【0053】さらに加えて、本発明によるインクジェッ
ト記録装置の形態としては、コンピュータ等の情報処理
機器の画像出力端末として用いられるものの他、リーダ
等と組み合わせた複写装置、さらには送受信機能を有す
るファクシミリ装置の形態を採るもの等であってもよ
い。
【0054】
【発明の効果】以上の説明から明らかなごとく、本発明
によれば、記録手段から被記録材へインクを吐出させて
記録を行なうインクジェット記録装置において、記録手
段の吐出口面と摺接することによって該吐出口面のワイ
ピングを行なうブレードと、該ブレードと摺接すること
により該ブレードを清浄化するインク吸収性の非膨潤高
ホルマール材で構成されたブレード清浄手段と、該ブレ
ード清浄で捕捉されたインクを所定の廃インク溜めへ導
く廃インク捕集手段とを有する構成としたので、コンパ
クトな構成でスループットの低下をほとんど生じること
なく、しかもインクの飛散や被記録材のインク汚れ等を
生じることなく、ブレードによる吐出口面の拭き取り効
果の低下を防止することができ、さらに、ブレードから
回収したインクによるブレード清浄手段の外形的変化を
無くすことができ、ブレードを清浄化しても周囲に影響
を与えることがなく、特に、被記録材に対向して走査さ
れる箇所にブレード清浄手段を配設した場合に、膨潤に
より被記録材に接触してインク汚れを生じるなどの不都
合を確実に防止できるインクジェット記録装置が提供さ
れる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明によるインクジェット記録装置の第1実
施例の要部構成を示す斜視図である。
【図2】本発明によるインクジェット記録装置の第1実
施例の全体構成を示す斜視図である。
【図3】図2中の記録手段のインク吐出部の構造を模式
的に示す部分斜視図である。
【図4】本発明によるインクジェット記録装置の第2実
施例の要部構成を模式的に示す部分平面図である。
【図5】本発明によるインクジェット記録装置の第3実
施例の要部構成を示す斜視図である。
【図6】本発明によるインクジェット記録装置の第4実
施例の要部構成を示す斜視図である。
【図7】図6のブレードおよびブレード清浄手段を示す
模式的部分縦断面図である。
【図8】図6のブレード清浄手段の他の構造例を示す模
式的部分縦断面図である。
【図9】図6のブレード清浄手段のさらに他の構造例を
示す模式的部分縦断面図である。
【図10】図6のブレード清浄手段のさらにまた他の構
造例を示す模式的部分縦断面図である。
【符号の説明】
14 キャリッジ 16 記録手段(記録ヘッド) 17 回復装置 18 キャップ 19 ブレード 20 ブレードホルダー 22 ブレード清浄手段 24 廃液捕集体 25 廃液トイ 26 廃液トイ 28 廃液タンク 31 吐出口面 32 吐出口 35 電気熱変換体 37 ブレード清浄手段 38 ブレード清浄手段 40 回転式のワイパー 41 エンドレスベルト 42 ブレード 46 インク吸収体 47 ブレード清浄手段(廃液トイ) 48 インク吸収体
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 平2−286349(JP,A) 特開 平4−19150(JP,A) 特開 平4−141440(JP,A) 特開 昭59−21514(JP,A) 実開 平4−539(JP,U) 実開 平3−66746(JP,U) (58)調査した分野(Int.Cl.6,DB名) B41J 2/165 B41J 2/18 B41J 2/185

Claims (3)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 記録手段から被記録材へインクを吐出
    させて記録を行なうインクジェット記録装置において、
    記録手段の吐出口面と摺接することによって該吐出口面
    のワイピングを行なうブレードと、該ブレードと摺接す
    ることにより該ブレードを清浄化するインク吸収性の非
    膨潤高ホルマール材で構成されたブレード清浄手段と、
    該ブレード清浄で捕捉されたインクを所定の廃インク溜
    めへ導く廃インク捕集手段とを有することを特徴とする
    インクジェット記録装置。
  2. 【請求項2】 前記ブレード清浄手段がキャリッジに
    設けられていることを特徴とする請求項1に記載のイン
    クジェット記録装置。
  3. 【請求項3】 前記ブレード清浄手段が装置本体側に
    設置されていることを特徴とする請求項1に記載のイン
    クジェット記録装置。
JP2418408A 1990-12-10 1990-12-10 インクジェット記録装置 Expired - Fee Related JP2816902B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2418408A JP2816902B2 (ja) 1990-12-10 1990-12-10 インクジェット記録装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2418408A JP2816902B2 (ja) 1990-12-10 1990-12-10 インクジェット記録装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH04214359A JPH04214359A (en) 1992-08-05
JP2816902B2 true JP2816902B2 (ja) 1998-10-27

Family

ID=18526246

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2418408A Expired - Fee Related JP2816902B2 (ja) 1990-12-10 1990-12-10 インクジェット記録装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2816902B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100727971B1 (ko) * 2005-09-01 2007-06-14 삼성전자주식회사 와이퍼, 클리닝 장치, 및 이를 구비하는 잉크젯화상형성장치

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5935338B2 (ja) * 2012-01-16 2016-06-15 株式会社リコー 画像形成装置

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6132250B2 (ja) * 1982-07-27 1986-07-25 Kanebo Ltd
JP2742087B2 (ja) * 1989-04-28 1998-04-22 キヤノン株式会社 インクジェット記録装置
JPH04539U (ja) * 1990-04-13 1992-01-06
JPH0419150A (en) * 1990-05-14 1992-01-23 Seikosha Co Ltd Ink jet printer
JPH04141440A (en) * 1990-10-02 1992-05-14 Brother Ind Ltd Printer
JP3066746U (ja) * 1999-08-20 2000-03-07 正寛 佐々木 開閉式換気窓

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100727971B1 (ko) * 2005-09-01 2007-06-14 삼성전자주식회사 와이퍼, 클리닝 장치, 및 이를 구비하는 잉크젯화상형성장치

Also Published As

Publication number Publication date
JPH04214359A (en) 1992-08-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2872431B2 (ja) インクジェット記録装置
JP2832776B2 (ja) インクジェット記録装置
JP3181073B2 (ja) インクジェット記録装置
JP3587648B2 (ja) インクジェット記録装置
JPH11138830A (ja) インクジェットプリント装置
JP3334913B2 (ja) インクジェット記録装置
JPH11334092A (ja) インクジェット記録装置
JPH0747679A (ja) インクジェット記録装置
JPH11342621A (ja) インクジェット記録装置
JP3359101B2 (ja) インクジェット記録装置
JPH06182988A (ja) インクジェット記録装置
JP2709522B2 (ja) インクジェット記録装置
JP3234087B2 (ja) インクジェット記録装置
JP2816902B2 (ja) インクジェット記録装置
JP3270664B2 (ja) インクジェット記録装置及びインクジェット記録装置の回復方法
JPH07223321A (ja) インクジェット記録装置
JPH05185599A (ja) インクジェット記録装置およびクリーニング部材
JPH06328731A (ja) インクジェット記録装置
JP3188557B2 (ja) インクジェット記録装置
JP2962835B2 (ja) インクジェット記録装置
JPH11170566A (ja) 画像形成方法およびその装置
JP3305099B2 (ja) インクジェット記録装置
JPH07101082A (ja) インクジェットヘッド及びインクジェット記録装置
JPH11138855A (ja) インクジェットプリントヘッド用キャップおよび該キャップを用いるインクジェットプリント装置
JP2814289B2 (ja) ヘッドキャップおよび該ヘッドキャップを用いるインクジェット記録装置

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20070821

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080821

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080821

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090821

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090821

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100821

Year of fee payment: 12

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees