JP2582292Y2 - ランバーサポート装置 - Google Patents

ランバーサポート装置

Info

Publication number
JP2582292Y2
JP2582292Y2 JP5163193U JP5163193U JP2582292Y2 JP 2582292 Y2 JP2582292 Y2 JP 2582292Y2 JP 5163193 U JP5163193 U JP 5163193U JP 5163193 U JP5163193 U JP 5163193U JP 2582292 Y2 JP2582292 Y2 JP 2582292Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
lumbar
nut
support arm
lead screw
base bracket
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP5163193U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0716651U (ja
Inventor
浩昭 秋間
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Tachi S Co Ltd
Original Assignee
Tachi S Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Tachi S Co Ltd filed Critical Tachi S Co Ltd
Priority to JP5163193U priority Critical patent/JP2582292Y2/ja
Publication of JPH0716651U publication Critical patent/JPH0716651U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2582292Y2 publication Critical patent/JP2582292Y2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Chair Legs, Seat Parts, And Backrests (AREA)

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この考案は、好みの腰椎支持力の
もとで着座者の腰椎を押圧、支持して、着座姿勢の安定
化および腰椎の疲労の軽減等をはかるランバーサポート
装置に関する。
【0002】
【従来の技術】たとえば、適当な支持力で着座者の腰椎
を押圧、支持することによって、着座姿勢の安定化およ
び疲労の軽減等をはかるランバーサポート装置が、自動
車等のシートに広く装着されている。
【0003】このようなランバーサポート装置は、着座
者の腰椎を押圧、支持可能に支持アームの先端に支承さ
れたランバープレートを備えている。支持アームの基端
は、たとえば、モータや操作ハンドル等に連動可能に連
結され、支点を中心とした支持アームの揺動に伴う、着
座者の腰椎に対する前後方向へのランバープレートの移
動によって、ランバープレートから腰椎に作用する力
(腰椎支持力)が任意に調整可能となるように、ランバ
ーサポート装置が構成されている。
【0004】
【考案が解決しようとする課題】ところで、公知のラン
バーサポート装置においては、支点が先端、基端間で支
持アームに対して固定され、支点を中心にして、支持ア
ームが、着座者の腰椎に対する左右方向でベースブラケ
ットに対して揺動するため、支持アームの先端、つま
り、ランバープレートは、支点を中心とする円弧状に移
動する。そして、支持アームの支点を中心とした円弧に
沿って、ランバープレートが移動すると、ランバープレ
ートが、着座者の腰椎に対する左右方向へのずれを伴っ
て、前後方向に移動する。
【0005】つまり、公知の構成においては、着座者の
腰椎に対する前後位置の移動に伴って、ランバープレー
トが腰椎に対する左右方向にずれるため、ランバープレ
ートによる腰椎の支持位置が一定化しない。着座者の腰
椎に対する左右方向へのランバープレートのずれは、着
座者に不快感、不安定感等を与えるとともに、ランバー
プレートでの押圧、支持による疲労の軽減等の効果を低
下させるため、好ましくない。
【0006】この考案は、着座者の腰椎に対する左右方
向へのランバープレートのずれを防止するランバーサポ
ート装置の提供を目的としている。
【0007】
【課題を解決するための手段】この目的を達成するため
に、この考案によれば、着座者の腰椎を押圧、支持する
ランバープレートが、支持ロッドにフリーな状態で載
置、支持された支持アームの先端に支承されるととも
に、リードスクリューの回転操作のもとで螺進、螺退す
るナットが、ベースブラケットの一対の側壁間に配置さ
れている。そして、ベースブラケットのガイド孔を介し
た、ナットの凹部への基端の遊挿によって、支持アーム
が、ナットに対して連動可能に連結されている。
【0008】ここで、ベースブラケットのガイド孔は、
支持アームの先端を着座者の腰椎に対する前後方向で直
線上に移動させる円弧状に形成されるとともに、ナット
の凹部は、ベースブラケットのガイド孔に沿った支持ア
ーム基端の移動を保障する直線の長孔状に形成されてい
る。
【0009】
【作用】この考案によれば、ベースブラケット側壁のガ
イド孔に沿った基部の移動のもとで、支持アームの先端
が直線上に移動するため、ランバープレートが、着座者
の腰椎から左右方向にずれることなく移動される。
【0010】
【実施例】以下、図面を参照しながらこの考案の実施例
について詳細に説明する。
【0011】図1、図2に示すように、この考案に係る
ランバーサポート装置10は、着座者の腰椎を押圧、支持
するランバープレート12と、ランバープレートを先端14
a に支承した支持アーム14と、リードスクリュー16の回
転操作に伴う移動のもとで支持アームを揺動させるナッ
ト18とを備えて、ベースブラケット20によってユニット
化されている。
【0012】図3に示すように、ランバーサポート装置
10は、着座者の腰椎に対応するランバープレート12の位
置で、シートバック22に内蔵され、ランバープレートの
前後位置に応じた腰椎支持力のもとで、腰椎を押圧、支
持するように構成されている。
【0013】図1を見るとわかるように、ベースブラケ
ット20は、たとえば、少なくとも底面20a および相互に
対向する一対の側壁20b とを有する略ボックス形状に折
曲成形され、側壁に設けられた後述するガイド孔24を介
して、支持アーム14の基端14b が、ナット18の側面の凹
部18a に遊挿されている。
【0014】図1、図2に示すように、ナット18は、ベ
ースブラケットの一対の側壁20b 間で、リードスクリュ
ー16に螺合されている。リードスクリュー16は、たとえ
ば、ギヤードモータ(以下、単にモータという)26の出
力軸として形成され、底面20a の挿通孔27を介して、一
対の側壁間に延出されている。
【0015】ベースブラケット20は、通常、複数の取り
付けねじ(図示しない)等によって、モータ(ギヤード
モータ)26のリードスクリュー突出面26a に固着されて
いる。
【0016】なお、ナット18は、ベースブラケット20に
対して回転不能となっている。つまり、ナット18は、リ
ードスクリュー16の回転のもとで、リードスクリューの
軸線に沿って螺進、螺退、つまりは移動するように構成
されている。
【0017】図1、図2に示すように、たとえば、リー
ドスクリュー16からのナット18の離脱を防止するストッ
パ28が、リードスクリューの先端部に設けられている。
ここでは、ストッパ28として、たとえば、リードスクリ
ュー16に螺合する六角ナットが利用されている。
【0018】また、支持アーム14は、たとえば、支持ロ
ッド30によって、ベースブラケット20に対するフリーな
状態に載置、支持されている。支持ロッド30は、たとえ
ば、挿通孔32を介してベースブラケットの一対の側壁20
b 間に架設、固定され、側壁からの延出端で、支持アー
ムを支持するように構成されている。
【0019】ここで、図1、図2に示すように、この考
案においては、リードスクリュー16に対するナット18の
螺進、螺退に伴う、支持アーム14の揺動のもとで、支持
アームの先端14a 、つまりはアンカープレート12を前後
方向で直線上に移動させる円弧状に、ベースブラケット
のガイド孔24が形成されている。そして、ナットの凹部
18a が、円弧状のガイド孔24に沿った支持アームの基部
14b の移動を保障する直線の長孔状に形成されている。
【0020】たとえば、着座者の腰椎に対するランバー
プレート12、つまりは支持アーム14の最後方位置を、図
2に実線で示し、この位置を支持アームの初期位置と仮
定する。この初期位置においては、ナット18がリードス
クリュー16のストッパサイド(図中下方)に位置し、支
持アーム14の中間位置が、シートバック22のクッション
体や着座者からの荷重のもとで、支持ロッド30に当接さ
れている。
【0021】このような状態から、たとえば、モータ26
の駆動のもとで、リードスクリュー16を対応する方向に
回転させると、ナット18が、支持アームの基端14b を伴
って、リードスクリューに対して螺退(図中上方に移
動)する。すると、支持アームの基端14b が、ナットの
凹部18a 内を移動しながら、ベースブラケット側壁のガ
イド孔24に沿って移動し、図2に一点鎖線、二点鎖線で
それぞれ示す中間位置、最前方位置での軌跡のように、
支持アームの先端14a 、つまりはランバープレート12
が、着座者の腰椎に対する前後方向で、直線上に移動す
る。
【0022】つまり、この考案によれば、支持アーム14
を支持ロッド30でフリーな状態に支持し、支持アームの
基端14b をベースブラケットのガイド孔24に沿って移動
させることで、ランバープレート12の直線状の移動が可
能となるため、ランバープレートが、着座者の腰椎に対
する前後のいずれの位置においても左右方向にずれな
い。
【0023】従って、着座者の腰椎に対するランバープ
レート12の支持位置が一定に維持でき、的確な位置での
ランバープレートによる腰椎の安定した押圧、支持によ
り、着座者の快適性が十分に確保できるとともに、ラン
バープレートによる疲労の軽減等の効果が確実に得られ
る。
【0024】また、支持アームの先端14a 、基端14b 間
を支持ロッド30でフリーな状態に支持し、ベースブラケ
ットの一対の側壁20b に対応する円弧状のガイド孔24を
設けるとともに、ガイド孔に沿った支持アーム基端14b
の移動を保障する長さに、ナットの凹部18a を形成すれ
ば足りるため、ランバーサポート装置10の全体的な構成
を複雑化することもない。
【0025】ここで、図2においては、ランバープレー
ト12の移動軌跡として最後方位置、中間位置および最前
方位置を例示しているが、リードスクリュー16の回転に
伴うナット18の螺進、螺退のもとで、着座者の腰椎に対
する前後方向へのランバープレートの移動が得られるた
め、ランバープレートの位置が最後方位置、最前方位置
間で無段階に調整できることはいうまでもない。
【0026】そして、実施例においては、リードスクリ
ュー16をモータ26の駆動のもとで回転操作する構成とし
て具体化されているが、モータに限定されず、たとえ
ば、操作ダイヤルでの手動による回転操作によって、リ
ードスクリューを回転させる構成としてもよい。
【0027】実施例においては、リードスクリュー16の
先端部にストッパ28を設けているが、ストッパを省略
し、ベースブラケット側壁のガイド孔24のみによって、
支持アーム基端14b の移動範囲を限定してもよい。しか
しながら、ストッパ28によって、先端部でのリードスク
リュー16に対するナット18の過剰な移動を阻止すれば、
リードスクリューからのナットの離脱が確実に防止でき
るため、ランバーサポート装置10の安全性が確保でき
る。
【0028】また、ストッパ28は、リードスクリュー16
の先端部のみに限定されず、たとえば、先端部に加えて
リードスクリューの後端部にもストッパを設けて、先端
部、後端部のストッパ間に、ナットの移動範囲を規定す
る構成としてもよい。このような構成では、支持アーム
14の揺動範囲が、ベースブラケットのガイド孔24の範囲
内であればいずれの位置、範囲にも規定できるため、着
座者の腰椎に対するベースブラケット20の最後方位置、
最前方位置、および、ランバープレート12の移動範囲が
1ポジションに限定されない。
【0029】つまり、ベースブラケット側壁のガイド孔
24を適当な長い範囲に予め形成すれば、着座者の腰椎に
対するベースブラケット20の最後方位置、最前方位置、
および、ランバープレート12の移動範囲が、その範囲内
から適当に選択できるため、ベースブラケット20の取り
付け位置に対するランバープレート12のポジションが任
意に調整できる。
【0030】従って、ベースブラケット20とランバープ
レート12との位置関係の異なる種々の形状のシートバッ
クに、この考案のランバーサポート装置が応用でき、種
々のシートでのランバーサポート装置の共用化により、
各種シートの全体的な部品管理の容易化やコストダウン
等が十分に可能となる。
【0031】また、リードスクリュー16の先端部に螺合
した六角ナットが、ナット18の離脱を防止するストッパ
として例示されているが、ナットとの係合のもとで、リ
ードスクリューに対するナットの過剰な螺進を阻止すれ
ば足りるため、六角ナットに限定されず、たとえば、リ
ードスクリューの先端部に嵌着した止めリングや係止ピ
ン等をストッパとして利用してもよい。
【0032】なお、この考案のランバーサポート装置
は、自動車等のシートに最適とはいえ、これに限定され
ず、たとえば、電車、飛行機、船舶等にシートに応用し
てもよい。
【0033】また、これら車両等のシートだけでなく、
長時間着座する可能性のある各種のシート、たとえば、
オフィス用事務シート、映画館等の観劇用シート、会議
室、図書館用のシート等にも、この考案のランバーサポ
ート装置が利用できる。
【0034】上述した実施例は、この考案を説明するた
めのものであり、この考案を何等限定するものでなく、
この考案の技術範囲内で変形、改造等の施されたものも
全てこの考案に包含されることはいうまでもない。
【0035】
【考案の効果】上記のように、この考案に係るランバー
サポート装置によれば、ベースブラケットのガイド孔に
沿った支持アームの移動のもとで、ランバープレートの
直線状の移動が可能となり、着座者の腰椎に対する、左
右方向へのランバープレートのずれが確実に防止され
る。そのため、着座者の腰椎に対するランバープレート
の支持位置が一定に維持でき、的確な位置でのランバー
プレートによる腰椎の安定した押圧、支持により、着座
者の快適性が十分に確保できるとともに、ランバープレ
ートによる疲労の軽減等の効果が確実に得られる。
【0036】そして、支持アームの先端、基端間を支持
ロッドでフリーな状態に支持し、ベースブラケットの一
対の側壁に円弧状のガイド孔を、ガイド孔に沿った支持
アーム基端の移動の保障可能な長さにナットの凹部をそ
れぞれ形成すれば足りるため、ランバーサポート装置の
全体的な構成が複雑化しない。
【0037】また、ストッパによって、先端部でのリー
ドスクリューに対するナットの過剰な移動を阻止すれ
ば、リードスクリューからのナットの離脱が確実に防止
できるため、ランバーサポート装置の安全性が確保でき
る。
【0038】更に、リードスクリューの前端部に加えて
後端部にもストッパを設ければ、支持アームの揺動範囲
が、ガイド孔の範囲内の任意の位置、範囲で限定できる
ため、ベースブラケットの取り付け位置に対するランバ
ープレートのポジションが1ポジションに限定されな
い。そのため、ベースブラケットとランバープレートと
の位置関係の異なる種々の形状のシートバックに、この
考案のランバーサポート装置が応用でき、種々のシート
でのランバーサポート装置の共用化により、各種シート
の全体的な部品管理の容易化やコストダウン等が十分に
可能となる。
【図面の簡単な説明】
【図1】この考案に係るランバーサポート装置の概略分
解斜視図である。
【図2】取り付けた状態での上面から見た、ランバーサ
ポート装置の作動図である。
【図3】ランバーサポート装置の装着されたシートの概
略斜視図である。
【符号の説明】
10 ランバーサポート装置 12 ランバープレート 14 支持アーム 14a 支持アームの先端 14b 支持アームの基端 16 リードスクリュー 18 ナット 18a 凹部 20 ベースブラケット 20b 一対の側壁 28 ストッパ(六角ナット) 30 支持ロッド

Claims (3)

    (57)【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 着座者の腰椎を押圧、支持するランバー
    プレートと;ランバープレートを先端に支承する支持ア
    ームと;少なくとも、対向する一対の側壁を有するベー
    スブラケットと;ベースブラケットの一対の側壁間に架
    設され、支持アームの中間部との係合のもとで、着座者
    の腰椎に対する後方から、支持アームをフリーな状態で
    載置、支持する支持ロッドと;ベースブラケットの一対
    の側壁間に配置されて、リードスクリューの回転操作の
    もとで、リードスクリューに対して螺進、螺退するナッ
    トと;を具備し、ベースブラケットのガイド孔を介し
    た、ナットの凹部への基端の遊挿によって、支持アーム
    が、ナットに対して連動可能に連結され、 支持アームの先端を着座者の腰椎に対する前後方向で直
    線状に移動させる円弧状に、ベースブラケットのガイド
    孔が形成されるとともに、ベースブラケットのガイド孔
    に沿った支持アーム基端の移動を保障する直線の長孔状
    に、ナットの凹部が形成されたランバーサポート装置。
  2. 【請求項2】 ナットとの係合によって、リードスクリ
    ューに対するナットの移動を阻止するストッパが、リー
    ドスクリューの先端部に設けられた請求項1記載のラン
    バーサポート装置。
  3. 【請求項3】 ナットとの係合によって、リードスクリ
    ューに対するナットの移動を阻止するストッパが、リー
    ドスクリューの先端部、後端部のいずれにも設けられた
    請求項1記載のランバーサポート装置。
JP5163193U 1993-08-31 1993-08-31 ランバーサポート装置 Expired - Lifetime JP2582292Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5163193U JP2582292Y2 (ja) 1993-08-31 1993-08-31 ランバーサポート装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5163193U JP2582292Y2 (ja) 1993-08-31 1993-08-31 ランバーサポート装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0716651U JPH0716651U (ja) 1995-03-20
JP2582292Y2 true JP2582292Y2 (ja) 1998-09-30

Family

ID=12892200

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5163193U Expired - Lifetime JP2582292Y2 (ja) 1993-08-31 1993-08-31 ランバーサポート装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2582292Y2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN206822374U (zh) * 2017-01-19 2018-01-02 欧亚平 一种靠背能够紧贴人体腰背部移动的椅子

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0716651U (ja) 1995-03-20

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5797293A (en) Plastic drive block for vehicle seat adjuster
EP0770516B1 (en) Vehicle seat with a retractable sub seat
US7165753B2 (en) Locking device of seat track for vehicles
JP3148801B2 (ja) シートスライド装置
JP2533364Y2 (ja) シート
GB2170099A (en) Armrest device for an automotive seat
JP2582292Y2 (ja) ランバーサポート装置
JP3406130B2 (ja) 自動車のリア・シートに使用されるシート・バック
JP2891290B2 (ja) 車両用シート
JP3012765B2 (ja) 座席装置
JP2005000300A (ja) 車両用シートのオットマン装置
JP3292921B2 (ja) 自動車のベンチタイプシート
JP2582998Y2 (ja) 車両用シートのシートスライド装置
JPH09109746A (ja) 車両のシート装置
JP2541913Y2 (ja) ランバーサポート装置
JPH053387Y2 (ja)
JPH0628040Y2 (ja) 自動車用座席
JPS6310990Y2 (ja)
JPH0527087Y2 (ja)
JPH0415541Y2 (ja)
JP2000236984A (ja) ランバーサポート機構
JPH0628042Y2 (ja) 車両用シート
JPH064755Y2 (ja) シート
JPH0520198Y2 (ja)
KR970011106B1 (ko) 자동차용 시트의 요추 지지장치