JP2580104Y2 - ケーブル用移動台車 - Google Patents

ケーブル用移動台車

Info

Publication number
JP2580104Y2
JP2580104Y2 JP8118292U JP8118292U JP2580104Y2 JP 2580104 Y2 JP2580104 Y2 JP 2580104Y2 JP 8118292 U JP8118292 U JP 8118292U JP 8118292 U JP8118292 U JP 8118292U JP 2580104 Y2 JP2580104 Y2 JP 2580104Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pulley
rope
drive
cable
guide
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP8118292U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0645978U (ja
Inventor
章次 玉記
実 加藤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Obayashi Corp
Original Assignee
Obayashi Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Obayashi Corp filed Critical Obayashi Corp
Priority to JP8118292U priority Critical patent/JP2580104Y2/ja
Publication of JPH0645978U publication Critical patent/JPH0645978U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2580104Y2 publication Critical patent/JP2580104Y2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本考案は、水平又は斜めに張られ
たケーブルに係合する滑車及びその駆動モータを有して
自走する移動台車、特に建設中の建物の荷揚げ用の空間
を一時的に覆う安全ネットを自動開閉するための装置
や、ケーブルクレーンのトロリ等として有用な水平ケー
ブル用移動台車に関するものである。
【0002】
【従来の技術】一般に、建設現場においては吹抜けの床
などの上下方向の空間を利用して荷揚げ作業が行われ
る。この荷揚げ用の空間は、その各階の開口部を常時開
放しておくと不測の転落や重量物の落下などのおそれが
あるめ、通常2〜3階ごとに上記開口部に開閉式の安全
ネットを配設し、荷揚げ作業が終了した後に安全ネット
を展張して開口部を閉塞することが行われる。安全ネッ
トの開閉は、通常、開口部の両側に沿って架設されたガ
イドワイヤに、安全ネットの両側端をリング等により摺
動自在に支持し、その安全ネットの先端を牽引ロープで
引張って展張可能とした手動の開閉設備によっている。
【0003】これに対し、図6に示すように、安全ネッ
ト32の開閉方向に沿って配設されたワイヤロープから
成るケーブル1に対し移動自在に移動台車40を配設
し、安全ネットを自動的に開閉可能とした安全ネット用
自動開閉装置が提案されている(実開平2−13668
号公報)。この移動台車40は、図5の如く、ケーブル
1に対し上方より、箱体20に取り付けた前後一対の滑
車22,22を係止させると共に、このケーブル1を押
えローラ28により下方から弾性的に押さえ、更に箱体
20の下方に取り付けた駆動モ−タ25の動力を駆動伝
達機構を介して滑車22,22に伝達し、以て自走可能
とした構成のものである。駆動伝達機構は、上記滑車2
2,22に同軸に連結した従動スプロケット23,23
と駆動モ−タ25の出力軸に取り付けた駆動スプロケッ
ト26とに、ローラチェーン27を掛け渡した構成とな
っている。尚、押えローラ28は筒体210内に配設し
たスプリングにより、常時ケーブル1を滑車22,22
側へ押圧するように付勢されており、その付勢力は操作
ネジ210aを回転することにより調節可能となってい
る。
【0004】安全ネット32は、図6に示すように、建
設中の建物の床30上の架台33,33間に張られたケ
ーブル1に挿通された多数のリング34により、ネット
両側端が支持される。この安全ネット32を移動台車4
0に取り付けて自走させることにより、建物の荷揚げ用
の開口部30aに対する安全ネット32の開閉がなされ
る。この移動台車40は自走式であるから、人手による
索引作業やその作業スペ−スを確保する必要なしに、極
めて簡単に開閉でき、またケーブル1に対する移動台車
40の取付や撤去も簡単である等の利点が得られる。従
って、この移動台車40は、水平に張られた単一ケーブ
ル(ケーブル1に対応する)を走行するケーブルクレー
ンのトロリ等の移動体として適用することも可能であ
る。
【0005】
【考案が解決しようとする課題】しかし、従来の移動台
車40においては、上方より前後一対の滑車22,22
を係止させたケーブル1を、その滑車22,22の係止
位置より前後に離れた位置で、下方から押えローラ28
により弾性的に押さえている。このため、滑車(シ−
ブ)をケーブル1に対して滑りにくく且つ外れないよう
にする目的は一応達成はされるものの、このケーブル1
を挟んで反対側から押えている押えロ−ラ28の力が移
動台車40の走行時における抵抗になることから、その
押圧力の調整が難しく、構造が複雑になるという問題が
あった。この問題はケーブルクレーンのトロリ等の移動
体として用いた場合も同様に存在する。
【0006】本考案は上記課題に鑑みてなされたもの
で、その目的とするとするところは、微妙な調整を要す
ることなく、滑車をケーブルに対して滑りにくく、更に
は離脱しにくく構成した水平ケーブル用移動台車を提供
することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、本考案のケーブル用移動台車は、ケーブルに係合す
る滑車及びその駆動モータとを有して自走する移動台車
において、ケーブルを移動台車の駆動ロープとガイドロ
ープの2本とする一方、移動台車の台車フレームに駆動
ロープ用滑車及びガイドロープ用滑車を並置して回転自
在に支承し、上記駆動ロープはこの駆動ロープ用滑車に
巻き回し、またガイドロープはガイドロープ用滑車に直
線的に係合させて、それぞれ移動台車外へ導出した構成
のものである(請求項1)。
【0008】本考案においては、上記台車フレームに、
ガイドロープ用滑車から導出されたガイドロープ部分を
側方から案内支持する水平の補助滑車を、ガイドロープ
用滑車の前後の位置に設けたることが好ましい(請求項
2)。
【0009】なお、上記駆動ロープ用滑車及びガイドロ
ープ用滑車は、そのうち駆動ロープ用滑車のみを駆動モ
ータで駆動する構成としてもよいし、双方滑車を駆動モ
ータで駆動する構成としてもよい(請求項3、4)。
【0010】
【作用】駆動ロープは駆動ロープ用滑車に巻き回される
ため、駆動ロープ用滑車については、そのロープ案内溝
に駆動ロープが接触する部分が長くなり、摩擦力が増加
して駆動ロープが滑りにくくなる。また、ガイドロープ
用滑車のロープ案内溝は、直線的に延在するガイドロー
プとねじれを持たないで係合するため、駆動ロープ用滑
車が走行する際の方向決めガイドとして機能する。この
ため、駆動ロープ用滑車から駆動ロープに駆動力が的確
に伝達されると共に、適正な走行方向づけがなされる
(請求項1)。
【0011】更に、ガイドロープ用滑車を出た後のガイ
ドロープ部分が、2つの水平補助滑車で側方から案内支
持されるため、安全ネットの懸垂線状の弛み変形によ
り、ガイドロープが水平方向へ変化した場合でも、ガイ
ドロープはガイドロープ用滑車から外れなくなる(請求
項2)。
【0012】
【実施例】以下、本考案を図1〜図4に示す実施例に基
づいて説明する。
【0013】本移動台車40においては、上述したケー
ブル1に対応するものとして、互いにほぼ平行に架設さ
れた2本のロープ1A、1Bが用いられる。
【0014】図1及び図2において、2は移動台車40
の台車フレームであり、駆動系取付板3及びその側方に
平行に設けた一対の滑車取付板4、5とを有し、これら
は側板2a等で連結されて、所定の間隔に保持されてい
る。この滑車取付板4、5間において、台車フレーム2
には、外周面にロープ案内溝を形成した駆動ロープ用滑
車7とガイドロープ用滑車8とが同軸上に回転自在に支
承されている。具体的には、台車フレーム2の上部にお
いて、駆動系取付板3及び一対の滑車取付板4、5を貫
通して回転軸6が回転自在に設けられ、該回転軸6に、
駆動ロープ用滑車7とガイドロープ用滑車8とが、外側
の滑車取付板5の側にガイドロープ用滑車8が位置する
ようにして固定されている。そして、この駆動ロープ用
滑車7には駆動ロープ1Aが巻き回され、ガイドロープ
用滑車8の下側にはガイドロープ1Bが通される。
【0015】図1〜図4において、9はガイドロープ1
Bを側方から案内支持する水平の補助滑車であり、ガイ
ドロープ1Bの弛みによるガイドロープ用滑車8からの
外れ事故を防止する働きをする。この水平の補助滑車9
は、図3及び図4から良く分るように、外側の滑車取付
板5にガイドロープ1Bの前側及び後側から設けた凹部
10内に1個ずつ配置され、その凹部上縁及び下縁より
側方(ガイドロープ1Bと直交する方向)に突出する支
持耳11間を上下方向に貫通する軸12により、回転自
在に枢支されている。この2つの水平補助滑車9によ
り、ガイドロープ1Bはガイドロープ用滑車8の前後の
位置で側方から案内支持される。
【0016】一方、回転軸6の駆動系取付板3側の突出
端にはスプロケット13が取付けられており、また駆動
系取付板3には、その内側から、減速機を備えた電気駆
動モータ14が配設され、ネジ14aにより固定されて
いる。電気駆動モータ14の出力軸、正確には減速機の
出力軸15は、駆動系取付板3を貫通して突出してお
り、その突出端には、駆動側となるスプロケット16が
固定されている。そして、このスプロケット16と上記
スプロケット13とは、チェーン17により連結駆動さ
れる。尚、電気駆動モータ14を上記の如く滑車取付板
4、5側から取付可能とするため、上記一対の滑車取付
板4、5には電気駆動モータ14が挿通する開口(図示
せず)が設けられている。
【0017】本移動台車40を用いて安全ネット用開閉
装置を構築する方法は、既に図6において説明したとこ
ろと同様であり、建設中の建物の床30上の架台33,
33間に駆動ロープ1Aとガイドロープ1Bとを平行に
張り、このガイドロープ1Bに、図1の如く多数のリン
グ34を挿通して安全ネット32のネット両側端を支持
すると共に、この安全ネット32の先端部を移動台車4
0の取付部5aに取り付けて自走させ、以て建物の荷揚
げ用の開口部30aに対する安全ネット32の開閉を行
う。
【0018】かかる安全ネット用開閉装置を構築するに
際し、駆動ロープ1Aは、上記台車フレーム2の2つの
滑車のうち、内側に位置する駆動ロープ用滑車7に巻き
回され、また、ガイドロープ1Bは、外側に位置するガ
イドロープ用滑車8の下側に直線的に係合して通された
後、それぞれ、移動台車40外へ導出される。従って、
駆動ロープ用滑車7については、そのロープ案内溝に駆
動ロープ1Aが接触する部分が長くなり、摩擦力が増加
して、駆動ロープ1Aが滑りにくくなる。また、ガイド
ロープ用滑車8のロープ案内溝は、直線的に延在するガ
イドロープ1Bとねじれを持たないで係合するため、駆
動ロープ用滑車7が走行する際の方向を正しく決めるガ
イドとして機能する。このため、駆動モータ14により
滑車7を回転させて移動台車40を走行させた場合に
も、駆動ロープ用滑車7は駆動ロープ1Aに駆動力を的
確に伝達すると共に、ガイドロープ用滑車8とガイドロ
ープ1Bとの係合により適正な方向に走行ガイドされ
る。
【0019】更に、ガイドロープ1Bは、ガイドロープ
用滑車8の下側にてそのロープ案内溝に通されるだけで
なく、ガイドロープ用滑車8を出た後のガイドロープ部
分は、上記2つの水平補助滑車9のロープ案内溝に通さ
れることで側方から案内支持される。このため、安全ネ
ットの懸垂線状の弛み変形により、ガイドロープ1Bが
水平方向へ変化した場合でも、ガイドロープ1Bはガイ
ドロープ用滑車8から外れなくなる。
【0020】よって、台車40は、駆動モータ14によ
り、スプロケット16、13を介して駆動ロープ用滑車
7を回転させることにより、駆動ロープ1Aに沿って滑
り現象なく且つ駆動ロープ用滑車7から外れることなく
円滑に走行する。
【0021】また、1本のワイヤロープで走行する場合
はそのワイヤ径が大きくなるが、上記のように駆動ロー
プとガイドロープの2本にすると、駆動ロープの径を細
くすることができ、駆動出力が小さくなり軽量化され
る。また安全ネット等の自重を2本のワイヤロープで支
持できるので安全である。
【0022】尚、上記ケーブルの滑り防止や離脱防止作
用等は、上記移動台車40をケーブルクレーンのトロリ
等の移動体として用いた場合にも同様に得られるもので
ある。
【0023】上記実施例では、駆動ロープ用滑車7及び
ガイドロープ用滑車8を回転軸6に固定して両者を共に
駆動モータ14で回転駆動したが、ガイドロープ用滑車
8については回転軸6に対し回転自在に取付けてもよ
い。また、必要に応じ、ガイドロープ用滑車8を別個の
駆動モータにより駆動することもできる。
【0024】尚、駆動モ−タ6の正逆回転の駆動制御等
は、図6と同様に、電気ケーブル36介して制御装置3
7と接続し、制御装置37に所属する操作スイッチ38
により有線で行ってもよく、また、無線により各階の安
全ネット32を一斉に開閉してもよい。
【0025】
【考案の効果】以上述べたように、本考案によれば、次
のような優れた効果が得られる。 1)請求項1の構成によれば、駆動ロープに対する滑り
現象なしに、駆動ロープに沿って円滑に走行させ得ると
同時に、ガイドロープ用滑車の働きによりガイドロープ
に沿って安定良く走行させることができる。また簡単な
構成であり且つ従来の押圧ローラの如き微妙な押圧力の
調整を必要としない。 2)請求項2の構成では、安全ネットの懸垂線状の弛み
変形により、ガイドロープが水平方向へ変化しようとし
た場合でも、ガイドロープ用滑車を出た後のガイドロー
プ部分が水平補助滑車で側方から案内支持されているた
め、ガイドロープはガイドロープ用滑車から外れない。
また請求項1の特徴を兼備えているので、全体として駆
動走行時の安定が良く、円滑な走行が可能である。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案の一実施例に係るケーブル用移動台車の
概略斜視図である。
【図2】本考案の一実施例に係るケーブル用移動台車の
側面図である。
【図3】図2のケーブル用移動台車の平面図である。
【図4】図1のケーブル用移動台車の正面図である。
【図5】従来のケーブル用移動台車の概略斜視図であ
る。
【図6】従来の移動台車で構築した安全ネット用自動開
閉装置を示す図である。
【符号の説明】
1 ケーブル 1A 駆動ロープ 1B ガイドロープ 2 台車フレーム 3 駆動系取付板 4、5 滑車取付板 6 回転軸 7 駆動ロープ用滑車 8 ガイドロープ用滑車 9 水平の補助滑車 10 凹部 11 支持耳 12 軸 13 スプロケット 14 電気駆動モータ 15 出力軸 16 スプロケット 17 チェーン

Claims (4)

    (57)【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ケーブルに係合する滑車及びその駆動モ
    ータとを有して自走する移動台車において、ケーブルを
    移動台車の駆動ロープとガイドロープの2本とする一
    方、移動台車の台車フレームに駆動ロープ用滑車及びガ
    イドロープ用滑車を並置して回転自在に支承し、上記駆
    動ロープはこの駆動ロープ用滑車に巻き回し、またガイ
    ドロープはガイドロープ用滑車に直線的に係合させて、
    それぞれ移動台車外へ導出したことを特徴とするケーブ
    ル用移動台車。
  2. 【請求項2】 上記台車フレームには、ガイドロープ用
    滑車から導出されたガイドロープ部分を側方から案内支
    持する水平の補助滑車を、ガイドロープ用滑車の前後の
    位置に設けたことを特徴とする請求項1記載のケーブル
    用移動台車。
  3. 【請求項3】 上記駆動ロープ用滑車及びガイドロープ
    用滑車のうち駆動ロープ用滑車のみを駆動モータで駆動
    する構成としたことを特徴とする請求項1又は2記載の
    ケーブル用移動台車。
  4. 【請求項4】上記駆動ロープ用滑車及びガイドロープ用
    滑車の双方を駆動モータで駆動する構成としたことを特
    徴とする請求項1又は2記載のケーブル用移動台車。
JP8118292U 1992-11-25 1992-11-25 ケーブル用移動台車 Expired - Fee Related JP2580104Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8118292U JP2580104Y2 (ja) 1992-11-25 1992-11-25 ケーブル用移動台車

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8118292U JP2580104Y2 (ja) 1992-11-25 1992-11-25 ケーブル用移動台車

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0645978U JPH0645978U (ja) 1994-06-24
JP2580104Y2 true JP2580104Y2 (ja) 1998-09-03

Family

ID=13739333

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8118292U Expired - Fee Related JP2580104Y2 (ja) 1992-11-25 1992-11-25 ケーブル用移動台車

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2580104Y2 (ja)

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0645978U (ja) 1994-06-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3770133A (en) Bicycle storage device
GB1586834A (en) Lifting and lowering mechanism for the glass plate of a car side-window
US4695010A (en) Levelwind mechanism
CN1327923C (zh) 舞台幕体对开牵引机构
JP2580104Y2 (ja) ケーブル用移動台車
JPH11255469A (ja) クレーン
JP2576995Y2 (ja) ケーブル用移動台車
CN213085317U (zh) 一种起重装置用钢绳张紧系统
JP2560030Y2 (ja) ケーブル用移動台車
JP2560029Y2 (ja) 水平ケーブル用移動台車
CN201598106U (zh) 造船龙门起重机新型上小车吊钩横移机构
JP2580101Y2 (ja) ケーブル用移動台車
JPH0716703Y2 (ja) ケーブルピット設備のケーブル引上げ・展張装置
JP2005088863A (ja) 索条牽引式輸送設備の台車牽引構造
JP2594492B2 (ja) 車輛移送用トラバーサー
JPH0776470B2 (ja) 開閉式屋根の安全装置
CN217867419U (zh) 收线装置
CN216583864U (zh) 一种带可调节装置的电缆张紧机构
JP2000026081A (ja) 移動リフト装置のピットカバー装置
JP3561820B2 (ja) スタッカクレーンの保守用昇降装置
CN217867802U (zh) 一种重卡换电站用行车设备
CN211110463U (zh) 一种通信工程用卷扬机
CN216272787U (zh) 一种汽车产线生产用起吊装置
JPH09156872A (ja) コンテナ吊具のケーブル自動巻取装置
JPH0732306Y2 (ja) 索道装置

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees