JP2013046535A - 送電用がいし装置のがいし等取換器 - Google Patents

送電用がいし装置のがいし等取換器 Download PDF

Info

Publication number
JP2013046535A
JP2013046535A JP2011184329A JP2011184329A JP2013046535A JP 2013046535 A JP2013046535 A JP 2013046535A JP 2011184329 A JP2011184329 A JP 2011184329A JP 2011184329 A JP2011184329 A JP 2011184329A JP 2013046535 A JP2013046535 A JP 2013046535A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
insulator
yoke
bolt
locking body
spacer
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2011184329A
Other languages
English (en)
Inventor
Kenji Kudo
賢治 工藤
Takashi Natori
孝 名取
Tomoyoshi Kusano
智由 草野
Toru Shioda
徹 塩田
Koji Furuichi
浩二 古市
Tomohiro Suzuki
智博 鈴木
Yutaka Hatori
豊 羽鳥
Toshinori Yonekura
利紀 米倉
Kiyohiro Hasegawa
清廣 長谷川
Shigeo Shoji
繁夫 荘司
Tomohiro Yoshino
智裕 吉野
Tatsuya Akahori
達也 赤堀
Nobuhiko Takemura
信彦 竹村
Shizuhisa Namatame
鎮久 生田目
Takashi Naeba
隆志 笛場
Tomoyuki Yokota
智幸 横田
Reiro Koketsu
玲朗 纐纈
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
TAKEMURA DENKI KOJI CO Ltd
Yasuda Seisakusho Co Ltd
Tokyo Electric Power Company Holdings Inc
Original Assignee
TAKEMURA DENKI KOJI CO Ltd
Tokyo Electric Power Co Inc
Yasuda Seisakusho Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by TAKEMURA DENKI KOJI CO Ltd, Tokyo Electric Power Co Inc, Yasuda Seisakusho Co Ltd filed Critical TAKEMURA DENKI KOJI CO Ltd
Priority to JP2011184329A priority Critical patent/JP2013046535A/ja
Publication of JP2013046535A publication Critical patent/JP2013046535A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

【課題】極めて簡単な構造で接地側及びライン側の1個目の懸垂がいしの取換、がいし装置のクレビスやそのクレビスのボルトの取換えが容易に行える。
【解決手段】略V字型の2枚の板体とこれらの間に設けたスペーサ10から成る係止体6を設け、当該係止体6の両端と前記がいし連5のがいし7のキャップ部を把持した把持片8の両端間に、ターンバックル9aにより伸縮する伸縮ロッド9を設け、係止体6は、前記係止体6を各ヨーク2又は4の一側に被冠し、前記係止体6の両端を前記ヨークのがいし支持縁に平行に位置させた状態で前記スペーサ10の一側縁が前記各ヨークの一側の傾斜縁2a又は4aに当接し、この状態で各板体に穿った2つの透孔6a及び前記スペーサに穿った2つの透孔にそれぞれボルト18を通して、一方の板体の外面に突出した前記ボルト端に螺着したナットを締め付けて前記スペーサ10を前記2枚の板体間に固定する。
【選択図】 図1

Description

この発明は、送電用がいし装置に取り付けてある懸垂がいしの、ライン側及びアース側の1個目の懸垂がいしの取換、がいし装置のクレビスやそのクレビスのボルトの取換え等に使用する、送電用がいし装置におけるがいし等取換器に関するものである。
従来、送電用がいし装置に取付けてある懸垂がいしの取換えには、図8に示すがいし取換器Cを使用するのが一般的である。しかしこのがいし取換器Cは両端の把持部31をそれぞれ懸垂がいし32のキャップ部32aに直接取り付ける構造のため、がいし装置33の中間の懸垂がいし32は取換えられるが、ライン側及びアース側の1個目の懸垂がいし32や、がいし装置33のクレビス(図示省略)や当該クレビスのボルト(図示省略)の取換えには使用できない。
このため、従来工法では、図9に示すように、鉄塔34にがいし装置33を介して支持されている電線35にカムアロング36を取り付けて、当該カムアロング36に一端を、レバーホイスト38を介して鉄塔34に係止し、レバーホイスト38により電線35を緊線し、がいし装置33全体の張力をレバーホイスト38に移してから、懸垂がいし32の交換を行っている。またこの際、交換しない側のがいし装置33又はがいし32にはカバーをかけ養生する。
一方、懸垂がいしの取換え作業は、送電を一時停止して行うことが多いため、作業時間を可能な限り短くすることが要求されている。しかしながら、上記従来工法では、作業に要する部品や工具が多く、特に、前記カムアロング36やレバーホイスト38をウインチにより鉄塔腕金まで運搬する作業に人数、時間を要していた。
また、2連耐張がいし装置において、1組のがいし連の全体を同時に取り外し、取り付け可能な装置として、特許文献1のものがある。これは、接地側及びライン側から1点支持された接地側ヨークと同じくライン側ヨークとの間に配設された2連のがいし連を備えた2連耐張がいし装置における、前記がいし連を取り換えるための取替装置であって、接地側ヨーク及びライン側ヨークに固定される接地側アタッチメント及びライン側アタッチメントと、これらの接地側アタッチメントとライン側アタッチメントとの間を連結する伸縮自在なリンクロッドに、油圧駆動のピストンシリンダからなる油圧伸縮装置とターンバックルとを直列に配置したものである。
特開2000−59936号公報
前記特許文献1のものは、2連の内の1組のがいし連の全体を同時に取り外して取換えるもので、1組のがいし連に掛かる張力をリックロッドで支持するため油圧駆動のピストンシリンダを用意しなければならない。そのため、一部のがいしを取換えたり、クレビスやそのボルトを取り換えるのには大掛かりすぎる。
また、がいし装置をヨークに接続するのに使用しているクレビスの頭部にがいし取換器の付属金具を係止し、当該付属金具の張力を前記クレビスの頭部に預ける方式が開発されたが、この方式では、前記張力がクレビス頭部に掛かっているため、クレビスやクレビスのボルトの取換、及びクレビスを介さない、がいし直結型の懸垂がいしの取換は不可能である。
またさらに、がいし装置のヨークに取付けてあるアークホーンを取り外し、アークホーンの取り付け穴にボルトで前記がいし取換器の付属金具を固定するがいし取換器が開発されている。しかし、このアークホーン取り付け穴の位置やボルトサイズが送電線路ごとに異なる場合が多く、がいし取換器の付属金具が共用できず、種類が多くなる欠点を有している。
そこで、この発明はこれらの従来技術を改善すべく、極めて簡単な構造で接地側及びライン側の1個目の懸垂がいしの取換、がいし装置のクレビスやそのクレビスのボルトの取換えが容易に行え、接地側ヨーク及びライン側ヨークに取り付けが容易で、電線の張力に耐え得る汎用性の高い送電用がいし装置のがいし等取替器を提供するものである。
請求項1の発明は、鉄塔の腕金に支持した横長の略五角形の接地側ヨークと、電線を支持した横長の略五角形のライン側ヨークとの間に接続されたがいし装置において、略V字型の2枚の板体とこれらの間に設けたスペーサから成る係止体を設け、当該係止体の両端と前記がいし装置のがいしのキャップ部を把持した把持片の両端間に、ターンバックルにより伸縮する伸縮ロッドを設け、前記係止体は、前記2枚の板体の間隔が、前記各ヨークの板厚よりやや大きく、また、前記係止体を各ヨークの一側に被冠し、前記係止体の両端を前記ヨークのがいし支持縁に平行に位置させた状態で前記スペーサの一側縁が前記各ヨークの一側の傾斜縁に当接し、この状態で各板体に穿った2つの透孔及び前記スペーサに穿った2つの透孔にそれぞれボルトを通して、一方の板体の外面に突出した前記ボルト端に螺着したナットを締め付けて前記スペーサを前記2枚の板体間に固定する構成とした、送電用がいし装置のがいし等取換器とした。
また、請求項2の発明は、請求項1の発明において、前記スペーサを固定する2枚の板体に穿った2つの透孔はこれを1組として、複数組設けた、送電用がいし装置のがいし等取換器とした。
また、請求項3の発明は、請求項1又は2の発明において、前記係止体の2枚のV字型の板体の両端にリンク片の一端を回転自在にそれぞれ設け、当該各リンク片の他端に前記伸縮ロッドの一端を回転自在に設けた、送電用がいし装置のがいし等取換器とした。
また、請求項4の発明は、請求項1〜3のいずれかに記載の発明において、前記がいし等取換器の前記係止体を各ヨークの一側に被冠した際、前記2枚の板体の、各ヨークのアークホーン取り付け穴に対向する位置にボルト孔をそれぞれ穿ち、これらのボルト孔に固定用ボルトを通して、一方の板体から突出した当該固定用ボルトの端部にナットを螺着することにより、前記係止体を各ヨークに固定する構成とした、送電用がいし装置のがいし等取換器とした。
また、請求項5の発明は、請求項1〜3のいずれかに記載の発明において、前記がいし等取換器の前記係止体を前記各ヨークの一側に被冠した際、前記スペーサの一側縁が当接したヨークの他側の傾斜縁の外側まで各板体から突出腕を設け、これらの突出腕に穿った透孔にボルトを通して、一方の突出腕の外面に突出したボルトの端部にナットを螺着し、当該2つの突出腕の間のボルトを前記他側の傾斜縁に当てる構成とした、送電用がいし装置のがいし等取換器とした。
請求項1の発明によれば、接地側ヨーク及びライン側ヨークの一側の傾斜縁に係止体を係止させ、他端の把持片をがいしのキャップ部に把持させるだけでがいし等取換器を装着でき、がいし装置の接地側ヨーク又はライン側ヨークに近いがいしの張力を当該がいし等取換器に移し、前記がいし等に張力がかかっていない状態で、がいし装置の接地側ヨーク又はライン側ヨークから1番目や2番目のがいしを容易に取り換えることが出来る。また、このがいし等取換器を用いれば、同様に前記1番目のがいしと各ヨークとの間に接続されたクレビス及び当該クレビスのボルトも同様に容易に取り換えることが出来る。これらの場合、このがいし等取換器のスペーサの一側縁が各ヨークの一側の傾斜縁に当接し、当該傾斜縁でがいしの張力を受ける構造のため、電線等の張力に十分耐えられる。また、この状態で、がいし等取換器に張力がかかっても係止体は動かない。
また、請求項2の発明では、上記請求項1の発明の効果に加え、係止体を構成する2枚の板体に、スペーサ固定用の2つ1組の透孔を複数組設けているので、受ける張力によって両側の傾斜縁の角度が異なるヨークであっても、スペーサを固定する1組の透孔を選べば、形状の異なるヨークにも適用できる。
また、請求項3の発明によれば、上記請求項1及び2の発明の効果に加え、前記係止体の2つのV字型の板体の両端に、リンク片を回転自在に設け、これらのリンク片に前記伸縮ロッドの一端を接続する構成となっているため、伸縮ロッドの動きや角度に係止体がより柔軟に追従することができ、伸縮ロッドを緊張させる際のターンバックルの操作がスムーズに行え、また、確実に当該がいし等取換器に張力を移すことが出来る。
また、請求項4の発明によれば、上記請求項1〜3の発明の効果に加え、係止体を各ヨークの一側に被冠し、かつ係止体をヨークに固定するため、ターンバックルで伸縮ロッドを縮める際等、係止体が各ヨークの一側の傾斜縁上でずれたりせず、操作がより容易である。
また、請求項5の発明によれば、上記請求項1〜3の発明の効果に加え、係止体を各ヨークの一側に被冠し、係止体が各ヨークの他側の傾斜縁にも係止されるため、ターンバックルで伸縮ロッドを縮める際等、係止体が各ヨークの一側の係止縁上でずれたりせず、操作が容易である。また、各ヨークに被冠した係止体を各ヨークの両側の傾斜縁で係止するため、係止体の係止のバランスが良く、ヨーク全体で張力を受けることが容易に出来る。
この発明は、鉄塔の腕金に支持した横長の略五角形の接地側ヨークと、電線を支持した横長の略五角形のライン側ヨークとの間に接続されたがいし装置において、略V字型の2枚の板体とこれらの間に設けたスペーサから成る係止体を設け、当該係止体の両端と前記がいし装置のがいしのキャップ部を把持した把持片の両端間に、ターンバックルにより伸縮する伸縮ロッドを設け、前記係止体は、前記2枚の板体の間隔が、前記各ヨークの板厚よりやや大きく、また、前記係止体を各ヨークの一側に被冠し、前記係止体の両端を前記ヨークのがいし支持縁に平行に位置させた状態で前記スペーサの一側縁が前記各ヨークの一側の傾斜縁に当接し、この状態で各板体に穿った2つの透孔及び前記スペーサに穿った2つの透孔にそれぞれボルトを通して、一方の板体の外面に突出した前記ボルト端に螺着したナットを締め付けて前記スペーサを前記2枚の板体間に固定する構成とした、送電用がいし装置のがいし等取換器とした。
これにより、極めて簡単な構造で、一方をヨークの一側の傾斜縁で、また、他方をがいしのキャップでそれぞれ張力を受ける取換器としたので、安定してがいし装置の張力をがいし等取換器に移すことが出来、ヨークに近いがいし、クレビス、当該クレビスのボルトを容易に取り換えることが出来る。
以下、この発明の実施例1を図に基づいて説明する。図1はこの発明のがいし等取換器の使用状態を示す正面図、図2はがいし等取換器の係止体の正面図、図3は同側面図、図4は同係止体のスペーサの正面図である。
図1に示すように、鉄塔の腕金1に支持した横長の略五角形の接地側ヨーク2と、電線3を支持した横長の略五角形のライン側ヨーク4との間に接続された2連のがいし連5において、この発明のがいし等取換器Aが取り付けられる。
このがいし取換え器Aは、図1に示すように、接地側ヨーク2の一側に被冠する係止体6と、がいし7のキャップ部を把持した把持片8と、これらの両端を接続する、ターンバックル9aにより伸縮自在な2本の伸縮ロッド9とから構成されている。
前記係止体6は、図2、図3及び図4に示すように、略V字型の形状の2枚の板体6aとこれらの2枚の板体6aの間に介在させるスペーサ10とから構成されている。
また、各板体6aの両端下部6bは下方に垂下している。そして2枚の板体6aの当該両端下部6bの間にリンク片11の一端を挿入し、ボルト12及びナット13で回転自在に接続されている。そして、これらの各リンク片11の下端に前記伸縮ロッド9の端部が回転自在に接続される透孔11aが設けられている。
また、前記係止体6の各板体6aの外側面には、補強用リブ14が設けられ、さらに各板体6aの両端下部6b近くには、固定ボルト15を通すボルト孔16がそれぞれ設けられている。この固定用ボルト15は一方の板体6aから突出した端部にナット17が螺着される。なお、図2では一方のボルト孔16に固定用ボルト15が装着され、他方のボルト孔16のみが表示されている。この固定用ボルト15は、係止体6を図1及び図5に示すように接地側ヨーク2又はライン側ヨーク4の一側に被冠した際、各ヨーク2又は4のアークホーン取り付け穴に通し、係止体6を各ヨーク2又は4に固定するものである。
また、前記スペーサ10は図4の(a)図及び(b)図に示すように、角部を切り落とした四辺形の板で、前記接地側ヨーク2又はライン側ヨーク4の板厚よりやや大きい板厚を有するものである。このスペーサ10は、前記係止体6にボルト止めされるもので、予め2つの透孔10aが設けられ、また、前記係止体6の各板体6aにも前記2つの透孔10aに合わせた2つの透孔6cが設けられている。
そして、前記スペーサ10は係止体6の2枚の板体6aの間に入れられ、図1又は図5に示すように、係止体6を接地側ヨーク2又はライン側ヨーク4の一側に被冠した際、各ヨーク2又は4の一方の傾斜縁2a又は4aに、その一側縁が当接するように前記2つの透孔6cが設けられ、これらの各透孔6c及びスペーサ10の透孔10aにボルト18を通し、一方の板体6aの外面に突出したボルト18の端部にナット19を螺着し、スペーサ10を固定するものである。
この様にスペーサ10は係止体6を被冠するヨーク2又は4の形状、特に傾斜縁2a又は4aの形状に合わせた位置で、図6に示すように、係止体6に固定するため、複数の異なる形状のヨーク2又は4に合わせて、複数組の2つの透孔6cが設けられている。さらに、この係止体6は、各ヨーク2又は4の両側の傾斜縁2a,2b、4a及び4bに係止できるように、左右対称に複数組の2つの透孔6cが設けられている。
このがいし等取換器Aを用いて、がいし等を交換するには、図1及び図5に示すように、例えば、係止体6を接地側ヨーク2の一側に被冠し、スペーサ10の一側縁を前記ヨーク2の傾斜縁2aに当接し、ボルト用孔16を前記ヨーク2のアークホーン取り付け穴に合わせ、固定用ボルト15をこれらの孔に挿入し、ナット17を固定用ボルト15の端部に螺着し、固定する。
一方、がいし連5の適宜のがいし7のキャップ部にがいし等取換器Aの把持片8を固定し、前記係止体6及び把持片8の両端を伸縮ロッド9で接続し、ターンバックル9aで伸縮ロッド9を収縮させる。これにより、接地側ヨーク2と把持片8の間のがいし間の張力が、当該がいし等取換器Aに移る。
この状態で、接地側ヨーク2の1番目、2番目等のがいし7を取り換えることが出来る。また、1番目のがいし7と接地側ヨーク2の間に介在しているクレビス20及びクレビス20のボルト21を取り換えることが出来る。以上は接地側ヨーク2について説明したが、これはライン側ヨーク4の箇所についても同じである。
この発明の実施例2は、実施例1が係止体6を接地側ヨーク2又はライン側ヨーク4にアークホーンの取り付け穴を利用して固定用ボルト15で固定しているが、これに代えて、図7に示すように、係止体6の各板体6aの一側から前記ヨーク2又は4の他方の傾斜縁2b又は4bの外側まで突出腕22をそれぞれ突設し、この傾斜縁2b又は4bの外側の各突出腕22に穿った複数の透孔23の内の一つにボルト24を通し、他方の突出腕22の外面に突出した端部にナット(図示省略)を螺着し、これらの2枚の突出腕22の間のボルト24を前記ヨーク2又は4の傾斜縁2b又は4bに当接させるものである。他の構成は、実施例1と同じである。
この実施例2の場合、接地側ヨーク2又はライン側ヨーク4の一方の傾斜縁2a又は4aにはスペーサ10の一側縁が当接し、他方の傾斜縁2b又は4bにはボルト24が当接することにより、係止体6が万が一にもずれたりしない。
この実施例2の場合のがいし等取換器Bを用いてがいし、クレビス等を取り換える手順は、実施例1と同様である。
なお、上記実施例1では、接地側ヨーク2又はライン側ヨーク4に係止体6を、アークホーン取り付け穴を利用して固定用ボルトで固定しており、また、実施例2では、係止体6の一側から突出腕22を突出し、各ヨーク2又は4の他方の傾斜縁2b又は4bに前記突出腕22に設けたボルト24を係止して、係止体6の動きを止めているが、このような手段をしなくても、前記スペーサ10の一側縁を各ヨーク2又は4の一方の傾斜縁2a又は4aに当接すれば、当該係止体6は動かない。
この発明の実施例1のがいし等取換器の使用状態を示す正面図である。 この発明の実施例1のがいし等取換器の係止体の正面図である。 この発明の実施例1のがいし等取換器の係止体の側面図である。 この発明の実施例1のがいし等取換器の係止体のスペーサの構成図であり、(a)図は平面図、(b)図は正面図である。 この発明の実施例1のがいし等取換器を接地側ヨーク及びライン側ヨークに取付けた状態を示す一部省略正面図である。 この発明の実施例1のがいし等取換器の係止体を、(A)図、(B)図、(C)図及び(D)図の形状の異なる4つの種類のヨークの左右に係止した状態を示す説明図である。 この発明の実施例2のがいし等取換器の使用状態を示す正面図である。 従来例のがいし取換器の正面図 従来工法におけるがいし取換え作業を示す正面図である。
A がいし等取換器 B がいし等取換器
C がいし取換器
1 鉄塔の腕金 2 接地側ヨーク
3 電線 4 ライン側ヨーク
5 がいし連 6 係止体
6a 板体 6b 両端下部
6c 透孔 7 がいし
8 把持片 9 伸縮ロッド
9a ターンバックル 10 スペーサ
10a 透孔 11 リンク片
11a ボルト孔 12 ボルト
13 ナット 14 補強リブ
15 固定用ボルト 16 ボルト孔
17 ナット 18 ボルト
19 ナット 20 クレビス
21 ボルト 22 突出腕
23 透孔 24 ボルト

Claims (5)

  1. 鉄塔の腕金に支持した横長の略五角形の接地側ヨークと、電線を支持した横長の略五角形のライン側ヨークとの間に接続されたがいし連において、
    略V字型の2枚の板体とこれらの間に設けたスペーサから成る係止体を設け、当該係止体の両端と前記がいし装置のがいしのキャップ部を把持した把持片の両端間に、ターンバックルにより伸縮する伸縮ロッドを設け、
    前記係止体は、前記2枚の板体の間隔が、前記各ヨークの板厚よりやや大きく、また、前記係止体を各ヨークの一側に被冠し、前記係止体の両端を前記ヨークのがいし支持縁に平行に位置させた状態で前記スペーサの一側縁が前記各ヨークの一側の傾斜縁に当接し、この状態で各板体に穿った2つの透孔及び前記スペーサに穿った2つの透孔にそれぞれボルトを通して、一方の板体の外面に突出した前記ボルト端に螺着したナットを締め付けて前記スペーサを前記2枚の板体間に固定する構成としたことを特徴とする、送電用がいし装置のがいし等取換器。
  2. 前記スペーサを固定する2枚の板体に穿った2つの透孔はこれを1組として、複数組設けたことを特徴とする、請求項1に記載の送電用がいし装置のがいし等取換器。
  3. 前記係止体の2枚のV字型の板体の両端にリンク片の一端を回転自在にそれぞれ設け、当該各リンク片の他端に前記伸縮ロッドの一端を回転自在に設けたことを特徴とする、請求項1又は2に記載の送電用がいし装置のがいし等取換器。
  4. 前記がいし等取換器の前記係止体を各ヨークの一側に被冠した際、前記2枚の板体の、各ヨークのアークホーン取り付け穴に対向する位置にボルト孔をそれぞれ穿ち、これらのボルト孔に固定用ボルトを通して、一方の板体から突出した当該固定用ボルトの端部にナットを螺着することにより、前記係止体を各ヨークに固定する構成としたことを特徴とする、請求項1〜3のいずれかに記載の送電用がいし装置のがいし等取換器。
  5. 前記がいし等取換器の前記係止体を前記各ヨークの一側に被冠した際、前記スペーサの一側縁が当接したヨークの他側の傾斜縁の外側まで各板体から突出腕を設け、これらの突出腕に穿った透孔にボルトを通して、一方の突出腕の外面に突出したボルトの端部にナットを螺着し、当該2つの突出腕の間のボルトを前記他側の傾斜縁に当てる構成としたことを特徴とする、請求項1〜3のいずれかに記載の送電用がいし装置のがいし等取換器。
JP2011184329A 2011-08-26 2011-08-26 送電用がいし装置のがいし等取換器 Withdrawn JP2013046535A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011184329A JP2013046535A (ja) 2011-08-26 2011-08-26 送電用がいし装置のがいし等取換器

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011184329A JP2013046535A (ja) 2011-08-26 2011-08-26 送電用がいし装置のがいし等取換器

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2013046535A true JP2013046535A (ja) 2013-03-04

Family

ID=48010008

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011184329A Withdrawn JP2013046535A (ja) 2011-08-26 2011-08-26 送電用がいし装置のがいし等取換器

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2013046535A (ja)

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103227431A (zh) * 2013-03-19 2013-07-31 国家电网公司 220kV大跨越高塔悬垂绝缘子串带电更换方法
CN104201617A (zh) * 2014-08-13 2014-12-10 国家电网公司 ±800kV特高压直流线路带电作业耐张硬管母提升系统
CN104638566A (zh) * 2015-01-30 2015-05-20 国家电网公司 直立式沿绝缘子串进入强电场的方法及所用工具
CN105406401A (zh) * 2015-12-22 2016-03-16 国网福建省电力有限公司泉州供电公司 一种三角联板卡具、双串耐张绝缘子更换装置及方法
CN106410686A (zh) * 2016-12-07 2017-02-15 国家电网公司 用于更换绝缘子串的检修工具
CN107342553A (zh) * 2017-04-14 2017-11-10 国家电网公司 一种直线双联v串绝缘子的更换卡具及更换方法
CN107425474A (zh) * 2017-08-22 2017-12-01 河南送变电工程公司 用于更换耐张绝缘子的装置
CN107482534A (zh) * 2017-09-01 2017-12-15 贵州电网有限责任公司 一种便捷式输电线路耐张绝缘子串更换装置及其更换方法
CN107482532A (zh) * 2017-09-28 2017-12-15 乐志胜 一种可调式电力检修用多用托瓶架
CN108206482A (zh) * 2018-01-23 2018-06-26 国网福建省电力有限公司 无操作孔lf型联板绝缘子带电更换作业方法
CN109244945A (zh) * 2018-11-29 2019-01-18 国网安徽省电力有限公司滁州供电公司 一种等电位更换耐张单片绝缘子专用绝缘吊架
CN109326988A (zh) * 2018-11-22 2019-02-12 国网新疆电力有限公司阿克苏供电公司 直线塔可调带电导线提升器
CN109361171A (zh) * 2018-11-06 2019-02-19 国网黑龙江省电力有限公司双鸭山供电公司 可更换首末片绝缘子的卡具
CN110190558A (zh) * 2019-07-09 2019-08-30 云南电网有限责任公司带电作业分公司 一种用于带电更换550kN大吨位耐张导线侧单片绝缘子的作业方法
CN110581455A (zh) * 2019-08-29 2019-12-17 中国南方电网有限责任公司超高压输电公司昆明局 一种高空悬式绝缘子自动更换装置
CN111181078A (zh) * 2020-03-12 2020-05-19 广东电网有限责任公司 一种35kv耐张绝缘子串更换装置及其作业方法
CN112448314A (zh) * 2020-11-30 2021-03-05 国网浙江淳安县供电有限公司 一种耐张绝缘子串带电更换装置

Cited By (24)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103227431B (zh) * 2013-03-19 2015-12-23 国家电网公司 220kV大跨越高塔悬垂绝缘子串带电更换方法
CN103227431A (zh) * 2013-03-19 2013-07-31 国家电网公司 220kV大跨越高塔悬垂绝缘子串带电更换方法
CN104201617B (zh) * 2014-08-13 2017-03-01 国家电网公司 ±800kV特高压直流线路带电作业耐张硬管母提升系统
CN104201617A (zh) * 2014-08-13 2014-12-10 国家电网公司 ±800kV特高压直流线路带电作业耐张硬管母提升系统
CN104638566A (zh) * 2015-01-30 2015-05-20 国家电网公司 直立式沿绝缘子串进入强电场的方法及所用工具
CN105406401A (zh) * 2015-12-22 2016-03-16 国网福建省电力有限公司泉州供电公司 一种三角联板卡具、双串耐张绝缘子更换装置及方法
CN106410686A (zh) * 2016-12-07 2017-02-15 国家电网公司 用于更换绝缘子串的检修工具
CN107342553A (zh) * 2017-04-14 2017-11-10 国家电网公司 一种直线双联v串绝缘子的更换卡具及更换方法
CN107425474A (zh) * 2017-08-22 2017-12-01 河南送变电工程公司 用于更换耐张绝缘子的装置
CN107482534A (zh) * 2017-09-01 2017-12-15 贵州电网有限责任公司 一种便捷式输电线路耐张绝缘子串更换装置及其更换方法
CN107482532A (zh) * 2017-09-28 2017-12-15 乐志胜 一种可调式电力检修用多用托瓶架
CN108206482B (zh) * 2018-01-23 2024-01-05 国网福建省电力有限公司 无操作孔lf型联板绝缘子带电更换作业方法
CN108206482A (zh) * 2018-01-23 2018-06-26 国网福建省电力有限公司 无操作孔lf型联板绝缘子带电更换作业方法
CN109361171A (zh) * 2018-11-06 2019-02-19 国网黑龙江省电力有限公司双鸭山供电公司 可更换首末片绝缘子的卡具
CN109326988A (zh) * 2018-11-22 2019-02-12 国网新疆电力有限公司阿克苏供电公司 直线塔可调带电导线提升器
CN109244945A (zh) * 2018-11-29 2019-01-18 国网安徽省电力有限公司滁州供电公司 一种等电位更换耐张单片绝缘子专用绝缘吊架
CN109244945B (zh) * 2018-11-29 2024-04-02 国网安徽省电力有限公司滁州供电公司 一种等电位更换耐张单片绝缘子专用绝缘吊架
CN110190558A (zh) * 2019-07-09 2019-08-30 云南电网有限责任公司带电作业分公司 一种用于带电更换550kN大吨位耐张导线侧单片绝缘子的作业方法
CN110581455A (zh) * 2019-08-29 2019-12-17 中国南方电网有限责任公司超高压输电公司昆明局 一种高空悬式绝缘子自动更换装置
CN110581455B (zh) * 2019-08-29 2024-04-05 中国南方电网有限责任公司超高压输电公司昆明局 一种高空悬式绝缘子自动更换装置
CN111181078A (zh) * 2020-03-12 2020-05-19 广东电网有限责任公司 一种35kv耐张绝缘子串更换装置及其作业方法
CN111181078B (zh) * 2020-03-12 2021-09-10 广东电网有限责任公司 一种35kv耐张绝缘子串更换装置及其作业方法
WO2021179580A1 (zh) * 2020-03-12 2021-09-16 广东电网有限责任公司清远供电局 一种35kv耐张绝缘子串更换装置及其作业方法
CN112448314A (zh) * 2020-11-30 2021-03-05 国网浙江淳安县供电有限公司 一种耐张绝缘子串带电更换装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2013046535A (ja) 送電用がいし装置のがいし等取換器
JP5283716B2 (ja) 電力線用懸垂装置碍子連吊上げ装置
CN101335433B (zh) 间隔棒夹具及利用该间隔棒夹具更换阻尼间隔棒的方法
JP6756231B2 (ja) 架空電線分岐用治具およびこれを備えた架空電線分岐用装置
KR101145029B1 (ko) 송전선로용 접속애자 교체장비
AU2017201903B2 (en) General closed type clamp means for replacing uhv insulators and use method thereof
JP4832267B2 (ja) チェーンクランプ装置
CA2823132C (en) Maintenance tool used for direct current transmission line
AU2011231526B2 (en) Shackle connecting device
JP2011171256A (ja) 碍子連固定装置及び固定方法
JP5052222B2 (ja) 構造体改造用部材および改造部材の取付け方法
JP5158476B2 (ja) 鉄塔の部材取替工法およびその工法で用いられる装置
JP6544575B2 (ja) 耐張クランプ
JP2012175876A (ja) 耐張クランプ用仮連結金具
JP2016146687A (ja) がいし取替補助器具
JP2006260775A (ja) 碍子取付プレートと碍子取付方法
KR101488113B1 (ko) 몸체패널의 회전식 조립치구 및 이를 구비한 시험용 위성체
JP2008300062A (ja) 耐張がいし装置
JP2006062014A (ja) チェーン取付治具
CN216750993U (zh) 一种间接法带电更换10kV线路耐张绝缘子的成套工具
JP6049471B2 (ja) 把持具及びこれを用いた耐張装置交換工具並びにこの耐張装置交換工具を用いた耐張装置の取り外し方法及び導体の移線方法
JP2016149880A (ja) 耐張装置取替工具
AU2007291912B2 (en) A method and apparatus for provision of temporary conductor tension support in transmission or distribution circuits
CN116276757A (zh) 一种万向轴拆装装置
JP3068910U (ja) 碍子連装置用取替工具

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20141104