JP2012207477A - コーナー作業用ゴンドラ装置 - Google Patents

コーナー作業用ゴンドラ装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2012207477A
JP2012207477A JP2011074803A JP2011074803A JP2012207477A JP 2012207477 A JP2012207477 A JP 2012207477A JP 2011074803 A JP2011074803 A JP 2011074803A JP 2011074803 A JP2011074803 A JP 2011074803A JP 2012207477 A JP2012207477 A JP 2012207477A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
corner
work
unit
angle
gondola
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2011074803A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5771830B2 (ja
Inventor
Toshiyuki Fukushima
俊之 福嶋
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Nihon Bisoh Co Ltd
Original Assignee
Nihon Bisoh Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nihon Bisoh Co Ltd filed Critical Nihon Bisoh Co Ltd
Priority to JP2011074803A priority Critical patent/JP5771830B2/ja
Publication of JP2012207477A publication Critical patent/JP2012207477A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5771830B2 publication Critical patent/JP5771830B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】 構造部との側面に出隅部分と入隅部分とが存在しても簡単に作業ケージの角度変えて両側面に対して作業することができるコーナー作業用ゴンドラ装置を提供すること。
【解決手段】 構造物から吊り下げられるコーナー作業用ゴンドラ装置1で、作業ケージ2,2を少なくとも2台の作業ユニットと、これら2台の作業ユニットを鉛直軸回りに回動可能に連結する回動連結部11を両端部に備えるコーナーユニット10とで構成し、コーナーユニットに、2台の作業ユニットと回動および伸縮可能に連結される伸縮枠機構12を設けるとともに、コーナーユニット10に対するそれぞれの作業ユニット2,2の角度を調整して固定する角度調整固定機構13を設ける。
これにより、2台の作業ユニットをコーナーユニットの回動連結部を中心に回動して角度を変え、角度を保持することで、構造物のコーナー部分の両側面に作業ケージを対向させて作業するようにする。
【選択図】 図6

Description

この発明はコーナー作業用ゴンドラ装置に関し、建築物などの構造物の上部から垂下したワイヤロープなどの索条を介して作業ケージから作業を行うゴンドラ装置で、構造物側面が角度をなしたコーナー部分であってもコーナーを中心とする両側面に対して作業ケージの角度を変えて作業ができるようにしたものである。
従来から、ビル、船舶、発電所、タンク、煙突、そして橋梁などの構造物の壁面などの側面の構築や補修などの高所作業を安全かつ能率的に行うためワイヤロープなどの索条で吊り下げた作業者が搭乗する作業ケージを備えたゴンドラ装置や自動窓拭き装置などを搭載する作業ケージなどを吊り下げたゴンドラ装置を用いることも多く、作業ケージを一定高さに設置したり、昇降機構で上下に昇降可能としたり、さらに必要に応じて上下の昇降だけでなく左右の横行も可能とすることを組み合わせて作業ケージを移動させることで広範囲の作業を行うようにしている(例えば特許文献1,2参照)。
このような作業ケージを備えるゴンドラ装置で作業を行う場合に、例えば図7に示すように、構造物Sに側面S1,S2同士が角度をなすコーナー部分Cがあり、構造物Sの内側での角度が90度などの出隅C1となる部分や構造物Sの内側での角度が270度などの入隅C2となる部分に対しても作業を行う必要がある。
このような出隅C1や入隅C2となるコーナー部分Cへゴンドラ装置Aで作業を行う場合には、コーナー部分Cの一方の側面S1,(S2)に対して作業を行った後、もう一方の側面S2,(S1)に対して作業を行うようにしたり、ゴンドラ装置Aで、2台の作業ケージ2,2を、例えば出隅C1となるコーナー部分Cの角度に合わせて組み立てた後、角度をなして組み立てた状態の2台の作業ケージ2,2を吊り下げて作業を行うようにするものがある。
特開平2‐30851号公報 特開平8−114027号公報
ところが、コーナー部分の片方の側面ずつ作業ケージから作業を行う場合には、ゴンドラ装置の吊り下げ機構の設置替えの必要が生じるという問題がある。
また、予め角度をなすように2台の作業ケージ2,2を連結したゴンドラ装置Aで作業を行う場合には、コーナー部分Cが出隅C1状態だけや入隅C2状態だけであれば対応できるものの、図7に示した出隅C1部分と入隅C2部分の両方が存在する場合には、出隅C1部分に対応させて構造物S側を作業面としたゴンドラ装置Aを入隅C2部分に適用して作業を行おうとすると、作業ケージ2,2の作業面が逆になり、搭載機器3,3が邪魔になって作業が制約され、通常、作業ケージ2,2に搭載してある機器3,3、例えば昇降用の巻き上げ機3,3を反対側に付け替える必要があり、2台の作業ケージ2,2を地上や屋上で組み立て直す必要から簡単にコーナー部分Cに対して作業することができないという問題がある。
この発明は、上記従来技術の問題点に鑑みてなされたもので、構造部との側面に出隅部分と入隅部分とが存在しても簡単に作業ケージの角度変えて両側面に対して作業することができるコーナー作業用ゴンドラ装置を提供しようとするものである。
上記課題を解決するためこの発明の請求項1記載のコーナー作業用ゴンドラ装置は、構造物から吊り下げられ構造物側面に沿って移動される作業ケージを構造物側面が角度をなしたコーナー部分の両側面に対向させ得るコーナー作業用ゴンドラ装置であって、前記作業ケージを少なくとも2台の作業ユニットと、これら2台の作業ユニットの間に設けられ2台の作業ユニットを鉛直軸回りに回動可能に連結する回動連結部を両端部に備えるコーナーユニットとで構成する一方、前記コーナーユニットに、前記2台の作業ユニットと回動および伸縮可能に連結される伸縮枠機構を設けるとともに、当該コーナーユニットに対するそれぞれの前記作業ユニットの角度を調整して固定する角度調整固定機構を設けてなることを特徴とするものである。
この発明の請求項2記載のコーナー作業用ゴンドラ装置は、請求項1記載の構成に加え、前記角度調整固定機構を、前記作業ユニット内から操作可能に構成したことを特徴とするものである。
この発明の請求項3記載のコーナー作業用ゴンドラ装置は、請求項1または2記載の構成に加え、前記作業ユニットおよび前記コーナーユニットのそれぞれを構造物から吊り下げるとともに、それぞれに昇降機構を設けて昇降可能に構成したことを特徴とするものである。
この発明の請求項4記載のコーナー作業用ゴンドラ装置は、請求項1〜3のいずれかに記載の構成に加え、前記伸縮枠機構を、前記コーナーユニットに伸縮可能に設けた可動手摺部材と兼用して構成したことを特徴とするものである。
この発明の請求項5記載のコーナー作業用ゴンドラ装置は、請求項1〜4のいずれかに記載の構成に加え、前記角度調整固定機構を、前記コーナーユニットに先端部が支持され、中間部を前記作業ユニットに支持したナット部材にねじ込まれ当該コーナーユニットと作業ユニットとの距離を変更し固定し得るねじ軸を備えたスライドねじ機構で構成したことを特徴とするものである。
この発明の請求項1記載のコーナー作業用ゴンドラ装置によれば、構造物から吊り下げられ構造物側面に沿って移動される作業ケージを構造物側面が角度をなしたコーナー部分の両側面に対向させ得るコーナー作業用ゴンドラ装置であって、前記作業ケージを少なくとも2台の作業ユニットと、これら2台の作業ユニットの間に設けられ2台の作業ユニットを鉛直軸回りに回動可能に連結する回動連結部を両端部に備えるコーナーユニットとで構成する一方、前記コーナーユニットに、前記2台の作業ユニットと回動および伸縮可能に連結される伸縮枠機構を設けるとともに、当該コーナーユニットに対するそれぞれの前記作業ユニットの角度を調整して固定する角度調整固定機構を設けたので、2台の作業ユニットをコーナーユニットの回動連結部を中心に鉛直軸回りに回動して角度を変えることができ、この角度を角度調整固定機構で保持することで、構造物側面が出隅や入隅のコーナー部分があっても両側面に作業ケージを対向させることができるとともに、伸縮枠機構で作業ケージ同士の枠部分も連結状態として作業することができる。
この発明の請求項2記載のコーナー作業用ゴンドラ装置によれば、前記角度調整固定機構を、前記作業ユニット内から操作可能に構成したので、地上や屋上などに移動することなく、昇降途中などどの位置でも角度調整固定機構で角度を変更することが簡単にできる。
この発明の請求項3記載のコーナー作業用ゴンドラ装置によれば、前記作業ユニットおよび前記コーナーユニットのそれぞれを構造物から吊り下げるとともに、それぞれに昇降機構を設けて昇降可能に構成したので、2台の作業ユニットとコーナーユニットをそれぞれ昇降機構で昇降することで、少なくとも3つのユニットを安定した状態で昇降させることができる。
この発明の請求項4記載のコーナー作業用ゴンドラ装置によれば、前記伸縮枠機構を、前記コーナーユニットに伸縮可能に設けた可動手摺部材と兼用して構成したので、コーナーユニットに可動手摺部材を設けて作業ユニットと連結することで、手摺を連続させることができ、作業ユニットでの作業と同様に作業することができる。
この発明の請求項5記載のコーナー作業用ゴンドラ装置によれば、前記角度調整固定機構を、前記コーナーユニットに先端部が支持され、中間部を前記作業ユニットに支持したナット部材にねじ込まれ当該コーナーユニットと作業ユニットとの距離を変更し固定し得るねじ軸を備えたスライドねじ機構で構成したので、スライドねじ機構のねじ軸を操作することで簡単にコーナーユニットと作業ユニットの距離を変えることで、簡単に作業ユニットの間の角度を調整することができる。
この発明のコーナー作業用ゴンドラ装置の一実施の形態にかかる概略正面図および概略平面図である。 この発明のコーナー作業用ゴンドラ装置の一実施の形態にかかるコーナーユニットの正面図である。 この発明のコーナー作業用ゴンドラ装置の一実施の形態にかかるコーナーユニットの図2中のA矢視図である。 この発明のコーナー作業用ゴンドラ装置の一実施の形態にかかるコーナーユニットの図3中のB部拡大図である。 この発明のコーナー作業用ゴンドラ装置の一実施の形態にかかるコーナーユニットの角度調整固定状態の概略説明図である。 この発明のコーナー作業用ゴンドラ装置の一実施の形態にかかる入隅部分への角度調整状態および出隅部分への角度調整状態の説明図である。 従来の作業用ゴンドラ装置の出隅部分から入隅部分への角度調整の説明図である。
以下、この発明のコーナー作業用ゴンドラ装置の一実施の形態について添付図面を参照して詳細に説明する。
このコーナー作業用ゴンドラ装置1Aは、構造物から吊り下げられ構造物Sの側面に沿って移動される少なくとも2台の作業ユニットを構成する従来構造の作業ケージ2,2を構造物Sの側面S1,S2が角度をなした出隅C1状態や入隅C2状態のそれぞれのコーナー部分Cの両側面S1,S2に対向させて作業することができるようにしたものであり、2台の作業ユニット2,2と、これら2台の作業ユニット2,2の間に設けられるコーナーユニット10を備えて構成され、作業ユニット2,2およびコーナーユニット10にそれぞれ昇降用の昇降機3,3,3が搭載され、例えば、昇降用のワイヤーロープをシーブに巻き掛け、摩擦力が加わる状態でその巻き掛け位置を変えることで昇降できるワインダで構成されている。
そして、コーナー作業用ゴンドラ装置1では、このコーナーユニット10の両端部に各作業ユニット2,2を鉛直軸回りに回動可能に連結する回動連結部11が設けられ、2台の作業ユニット2,2の枠体と回動および伸縮可能に連結される伸縮枠機構12が設けられるとともに、コーナーユニット10に対するそれぞれの作業ユニット2,2の角度を調整して固定する角度調整固定機構13が設けてある。
これにより、このコーナー作業用ゴンドラ装置10によれば、2台の作業ユニット2,2をコーナーユニット10の回動連結部11を中心に鉛直軸回りに回動して角度を変えることができ、この角度を角度調整固定機構13で保持することで、構造物Sの側面S1,S2が出隅C1や入隅C2のコーナー部分Cがあっても両側面S1,S2に作業ケージ2,2を同時に対向させることができるとともに、伸縮枠機構12で作業ケージ2,2の枠体とコーナーユニット10の枠部分同士も連結状態として一連の枠体内で作業することができるようにしてある。
このコーナー作業用ゴンドラ装置1のコーナーユニット10は、中央部の台車フレーム11aと両側の可動フレーム11bとを備えており、台車フレーム11aは底部が平面視略H字状とされ、H字状の平行部が構造物Sの側面に沿うように配置され、四隅にキャスター輪11cが設けてある。この台車フレーム11aの構造物Sの側面に対して垂直方向の中央両側(H字状の連結部中央両側)に回動支持部11dが左右に突き出して設けてあり、鉛直方向の回動軸11eで連結できるようにしてある。
これら台車フレーム11aの両側の回動支持部11dには、平面視略2等辺三角形状の可動フレーム11bの2等辺の頂部が回動軸11eで連結され、これにより、台車フレーム11aに対し、両側に連結された可動フレーム11b,11bがそれぞれ鉛直方向の回動軸11eを中心に回動可能とされ、台車フレーム11aに対する可動フレーム11b,11bの角度を変えることができるようになっている。
これら可動フレーム11b,11bには頂部と底辺との間に補強部材が溶接などで取り付けられ、底辺の長さが連結される作業ケージ2,2の幅と一致するようにしてある。そして、図示省略したが、可動フレーム11b,11b上に回動軸11e側が円弧の半円状の床板が取り付けられ、可動フレームの回動により干渉しないようにしてある。
この台車フレーム11aの連結部の両端(前後端)に鉛直な固定軸11fが取り付けられて、既設の作業ケージ2,2の手摺の高さとほぼ同一の高さとされ、この固定軸11fの上端部および中間部の左右両側に、伸縮枠機構12を構成する可動手摺12aがピン12bなどでそれぞれ鉛直軸回りに回動可能に取り付けてあり、4本の可動手摺12aの先端部にも鉛直軸回りに回動可能に伸縮枠機構12と連結するための連結部12cが設けてあり、ここでは、後述するように、連結のため作業ケージ2の上部および中間部の手摺の下面または上面とそれぞれの可動手摺12aの上面または下面が同一面となるようにしてある。
また、伸縮枠機構12として可動フレーム11b側には、2等辺三角形の底辺の両端部に鉛直な下部固定軸11gが溶接などで設けられ、その上端に、作業ケージ2の中間部の手摺に対応して、水平な伸縮枠機構12の固定外筒12dが取り付けられてその内側に伸縮内筒12eが伸縮可能に装着され、伸縮内筒12eの先端部に台車フレーム11a側の可動手摺12aの連結部12cと連結する連結部12fが設けてあり、ピン12gなどで鉛直軸回りに回動可能に連結され、伸縮と回動が可能となっている。
さらに、固定外筒12dの上面に上部固定軸11hが溶接などで取り付けられ、その上端に、同様に、作業ケージ2の上部の手摺に対応して、水平な伸縮枠機構12の固定外筒12d、伸縮内筒12eが設けられ、連結部12fと台車フレーム11a側の可動手摺12aの連結部12cとがピン12gなどで鉛直軸回りに回動可能に連結され、伸縮と回動が可能となっている。また、補強のため固定外筒12d同士が補強部材12hで連結してある。
さらに、上下2本の固定外筒12dには、それぞれ作業ケージ2の手摺と連結するための連結プレート12iが上部の固定外筒12dに1箇所、中間部の固定外筒12dに2箇所、上部固定軸11hまたは下部固定軸11gとともに溶接してあり、連結ピン12jで連結できるようにしてある。また、下部固定軸11gには、作業ケージ2の底部フレームとの連結プレート12iが溶接してあり、同様に、連結ピン12jで連結できるようにしてある。
したがって、この伸縮枠機構12によって、コーナーユニット10の台車フレーム11aに対して両側の可動フレーム11b,11bを回動軸11eを中心に角度を変えても、可動手摺12a、固定外筒12dおよび伸縮内筒12eによって作業ケージ2側の手摺と連続して手摺が設置されることになる。なお、伸縮された伸縮内筒12eは固定外筒12dとの間に固定用ピンを入れて伸縮が固定される。
次に、このコーナー作業用ゴンドラ装置1のコーナーユニット10の両側の作業ケージ2,2の角度を調整して固定する角度調整固定機構13は、作業ケージ2,2をコーナーユニット10の可動フレーム11b,11bにそれぞれ連結することから、台車フレーム11aに対して両側の可動フレーム11b,11bを回動軸11eを中心に角度を変えることで可能となる。
そこで、角度調整固定機構13として、スライドねじ機構が用いられ、図1〜5に示すように、台車フレーム11aの作業側と反対(構造物Sの外側)の固定軸11fの可動手摺12aの中間部に鉛直軸回りに可動可能な支持ブロック13aが左右に設けられ、可動フレーム11b,11bの上部固定軸11hにそれぞれ鉛直軸回りに回動可能なナット部材13bがそれぞれ設けてあり、台形ねじで構成したねじ軸13cがナット部材13bにねじ込まれて先端が支持ブロック13aに回転が可能に支持してある。そして、ねじ軸13cの基端部にそれぞれ操作ハンドル13dが取り付けてあり、作業ケージ2,2内から手動で回転操作できるようにしてある。
これにより、操作ハンドル13dを回転して支持ブロック13aとナット部材13bとの距離を変えることでができ、台車フレーム11aに対して可動フレーム11bを、回動軸11eを中心に角度を変えることができるようになる。
このように構成したコーナー作業用ゴンドラ装置1の動作とともに、構造物Sのコーナー部分Cへの作業について説明する。
まず、作業前の準備として、コーナーユニット10の台車フレーム11aの両側に可動フレーム11bを回動連結部11を構成する回動支持部11dに回動軸11eで連結するとともに、伸縮枠機構12の可動手摺12aの連結部12cと伸縮内筒12eの連結部12fをピン12gで連結する。
さらに、作業ケージ2,2の上部および中間部の手摺とそれぞれに対応する固定外筒12dの連結プレート12iと連結ピン12jで連結するとともに、作業ケージ2、2の底部でも連結プレート12iと連結ピン12jで可動フレーム11b,11bと連結する。
こうして、コーナー作業用ゴンドラ装置1を直線状に連結状態とした後、構造物Sのコーナー部分Cの出隅C1への作業を行う場合には、角度調整固定機構13の操作ハンドル13dを回転して支持ブロック13aとナット部材13bとの距離が長くなるようにすると、台車フレーム11aに対して可動フレーム11bが内側に回動するよう回動軸11eを中心に角度が変わり、両方の可動フレーム11b,11bを、同様に操作することで、出隅C1に対応した角度にすることができ、台形ねじのねじ軸13cにより、操作ハンドル13dの回転を停止することで、その状態を保持した固定状態にできる。
なお、この可動フレーム11bの角度調整操作は、両側を同時に行う必要はなく、片側ずつ行うようにしても良い。
こうして構造物Sの出隅C1の両側面S1,S2に対して作業を行った後、入隅C2に対して作業を行う場合には、角度調整固定機構13の操作ハンドル13dを回転して支持ブロック13aとナット部材13bとの距離が短くなるようにすると、台車フレーム11aに対して可動フレーム11bが外側に回動するよう回動軸11eを中心に角度が変わり、両方の可動フレーム11b,11bを、同様に操作することで、直線状態を経て入隅C2に対応した角度にすることができ、台形ねじのねじ軸13cにより、操作ハンドル13dの回転を停止することで、その状態を保持した固定状態にできる。
なお、この可動フレーム11bの角度調整操作は、両側を同時に行う必要はなく、片側ずつ行うようにしても良い。
このようなコーナー作業用ゴンドラ装置1によれば、作業ケージ2,2の角度を変えて構造物Sのコーナー部分Cの出隅C1や入隅C2のいずれに対しても作業ケージ2,2の作業側を同一にしたまま角度を調整してコーナー部分Cの両側面S1,S2に対して作業を行うことができる。
また、このコーナー作業用ゴンドラ装置1によれば、角度調整固定機構13を、作業ユニットを構成する作業ケージ2,2内から操作可能に構成したので、地上や屋上などに移動することなく、昇降途中などどの位置でも角度を作業ケージ2,2内から変更することが簡単にできる。
さらに、このコーナー作業用ゴンドラ装置1によれば、2台の作業ユニット2,2とコーナーユニット10をそれぞれ昇降機構3,3、3で昇降することで、少なくとも3つのユニット2,2,10を安定した状態で昇降させることができる。
また、このコーナー作業用ゴンドラ装置1によれば、伸縮枠機構12を、コーナーユニット10に伸縮可能に設けた可動する伸縮内筒12eを手摺と兼用してあるので、コーナーユニット10と作業ユニット2,2の手摺を連続させることができ、通常のゴンドラと同様に作業することができる。
さらに、このコーナー作業用ゴンドラ装置1によれば、角度調整固定機構13をスライドねじ機構とし、ねじ軸13cを操作することで簡単にコーナーユニット10と作業ユニット2,2の距離を変えることで、簡単に作業ユニットの間の角度を調整して固定することができる。
なお、上記実施の形態では、コーナーユニット10の両側にそれぞれ1台の作業ケージ2,2で構成された作業ユニットを連結する場合を例に説明したが、片側の作業ユニットを複数台で構成することもできる。
S 構造物
S1 側面
S2 側面
C コーナー部分
C1 出隅
C2 入隅
2,2 作業ケージ(作業ユニット)
3,3 搭載機器(昇降機)
1 コーナー作業用ゴンドラ装置
10 コーナーユニット
11 回動連結部
11a 台車フレーム
11b 可動フレーム
11c キャスター輪
11d 回動支持部
11e 回動軸
11f 固定軸
11g 下部固定軸
11h 上部固定軸
12 伸縮枠機構
12a 可動手摺
12b ピン
12c 連結部
12d 固定外筒
12e 伸縮内筒
12f 連結部
12g ピン
12h 補強部材
12i 連結プレート
12j 連結ピン
13 角度調整固定機構
13a 支持ブロック
13b ナット部材(スライドねじ機構)
13c ねじ軸(スライドねじ機構)
13d 操作ハンドル

Claims (5)

  1. 構造物から吊り下げられ構造物側面に沿って移動される作業ケージを構造物側面が角度をなしたコーナー部分の両側面に対向させ得るコーナー作業用ゴンドラ装置であって、
    前記作業ケージを少なくとも2台の作業ユニットと、これら2台の作業ユニットの間に設けられ2台の作業ユニットを鉛直軸回りに回動可能に連結する回動連結部を両端部に備えるコーナーユニットとで構成する一方、前記コーナーユニットに、前記2台の作業ユニットと回動および伸縮可能に連結される伸縮枠機構を設けるとともに、当該コーナーユニットに対するそれぞれの前記作業ユニットの角度を調整して固定する角度調整固定機構を設けてなることを特徴とするコーナー作業用ゴンドラ装置。
  2. 前記角度調整固定機構を、前記作業ユニット内から操作可能に構成したことを特徴とする請求項1記載のコーナー作業用ゴンドラ装置。
  3. 前記作業ユニットおよび前記コーナーユニットのそれぞれを構造物から吊り下げるとともに、それぞれに昇降機構を設けて昇降可能に構成したことを特徴とする請求項1または2記載のコーナー作業用ゴンドラ装置。
  4. 前記伸縮枠機構を、前記コーナーユニットに伸縮可能に設けた可動手摺部材と兼用して構成したことを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記載のコーナー作業用ゴンドラ装置。
  5. 前記角度調整固定機構を、前記コーナーユニットに先端部が支持され、中間部を前記作業ユニットに支持したナット部材にねじ込まれ当該コーナーユニットと作業ユニットとの距離を変更し固定し得るねじ軸を備えたスライドねじ機構で構成したことを特徴とする請求項1〜4のいずれかに記載のコーナー作業用ゴンドラ装置。
JP2011074803A 2011-03-30 2011-03-30 コーナー作業用ゴンドラ装置 Active JP5771830B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011074803A JP5771830B2 (ja) 2011-03-30 2011-03-30 コーナー作業用ゴンドラ装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011074803A JP5771830B2 (ja) 2011-03-30 2011-03-30 コーナー作業用ゴンドラ装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012207477A true JP2012207477A (ja) 2012-10-25
JP5771830B2 JP5771830B2 (ja) 2015-09-02

Family

ID=47187439

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011074803A Active JP5771830B2 (ja) 2011-03-30 2011-03-30 コーナー作業用ゴンドラ装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5771830B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103422663A (zh) * 2013-01-25 2013-12-04 成都嘉泽正达科技有限公司 附着升降脚手架

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH05222834A (ja) * 1992-02-12 1993-08-31 Nippon Bisoo Kk 高層建築物用昇降連続吊り足場
JP2000017832A (ja) * 1998-06-30 2000-01-18 Ohbayashi Corp 作業用吊り足場の形状可変トラス架構

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH05222834A (ja) * 1992-02-12 1993-08-31 Nippon Bisoo Kk 高層建築物用昇降連続吊り足場
JP2000017832A (ja) * 1998-06-30 2000-01-18 Ohbayashi Corp 作業用吊り足場の形状可変トラス架構

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103422663A (zh) * 2013-01-25 2013-12-04 成都嘉泽正达科技有限公司 附着升降脚手架
CN103422663B (zh) * 2013-01-25 2016-02-24 成都嘉泽正达科技有限公司 附着升降脚手架

Also Published As

Publication number Publication date
JP5771830B2 (ja) 2015-09-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6154921B1 (ja) 風力発電装置におけるブレードのメンテナンス用ゴンドラ装置
US8360203B2 (en) Work platform for an overhead crane
JP2010159624A (ja) 作業用足場(workplatform)を持ち上げかつ位置合わせ(positioning)するための装置
JP4668333B2 (ja) 鉄道トンネル作業用軌陸車
JP5481271B2 (ja) 構造物の点検装置
JP4138864B1 (ja) クレーン式ゴンドラ構造
JP5686282B2 (ja) 足場装置
JP2008094526A (ja) 昇降体支持旋回装置
JP5771830B2 (ja) コーナー作業用ゴンドラ装置
JP2971042B2 (ja) 桁運搬機及び桁運搬方法
ITTO20100134U1 (it) Piattaforma di elevazione per la revisione di aerogeneratori
CN205472520U (zh) 一种高空移动吊篮
JP7132774B2 (ja) 移動足場
JP2007015774A (ja) 高所作業車
JP2014001034A (ja) リフト車
KR200485668Y1 (ko) 조립식 리프팅 장치
KR100881807B1 (ko) 더블 크레인
JP2674975B2 (ja) 高所作業架台付きクレーン装置
CN219080107U (zh) 一种桥面可移动式操作平台
CN105645323B (zh) 一种高空移动施工吊篮及移动方法
JPS6017519Y2 (ja) 高所作業用梯子車
JP6956627B2 (ja) 水平ジブを備えた揚重装置
JPH03267470A (ja) 板状体の施工装置及び施工方法
KR102411480B1 (ko) 백히팅용 케이블 로봇
JP2016011211A (ja) 高所作業車

Legal Events

Date Code Title Description
RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20130204

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20140313

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20141226

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150106

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150210

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20150602

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20150603

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5771830

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250