JP2009050342A - スロットマシン - Google Patents

スロットマシン Download PDF

Info

Publication number
JP2009050342A
JP2009050342A JP2007217854A JP2007217854A JP2009050342A JP 2009050342 A JP2009050342 A JP 2009050342A JP 2007217854 A JP2007217854 A JP 2007217854A JP 2007217854 A JP2007217854 A JP 2007217854A JP 2009050342 A JP2009050342 A JP 2009050342A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
winning
winning combination
win
game
bonus
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2007217854A
Other languages
English (en)
Inventor
Tomoyuki Maruta
智行 丸田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Olympia KK
Original Assignee
Olympia KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Olympia KK filed Critical Olympia KK
Priority to JP2007217854A priority Critical patent/JP2009050342A/ja
Publication of JP2009050342A publication Critical patent/JP2009050342A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】モーニングサービスを規制することができるスロットマシンを提供する。
【解決手段】スロットマシンは、ボーナス当選役に入賞しなかったことを契機にボーナス当選役に入賞し得る権利を有するか否かを判定する権利所有判定手段と、ボーナス当選役に入賞し得る権利を有すると権利所有判定手段により判定されたことを契機に計時を開始し、ゲームを開始させるために必須な操作を契機に計時を終了する待機時間計時手段と、待機時間計時手段が計時を終了する前に所定時間を計時したことを契機に、ボーナス当選役に入賞し得る権利を剥奪する待機時間経過権利剥奪手段とを備える。スロットマシンは、当選役に入賞し得る権利を有する場合には当該当選役が入賞し得るように且つその他の当選役のいずれも入賞しないように回転リールの停止制御を行い、当選役に入賞し得る権利を有しない場合にはいずれの当選役も入賞しないように回転リールの停止制御を行う。
【選択図】図12

Description

本発明は、スロットマシンに関し、さらに詳しくは、ボーナス当選役に入賞し得る権利を計時時間に応じて消滅させるスロットマシンに関するものである。
従来、遊技機として、周面に複数の図柄が付された3個の回転リールと、各回転リールの回転を開始させるためのスタートスイッチと、それぞれの回転リールに対応して設けられ、対応する回転リールの回転を停止させるためのストップスイッチとを備えたスロットマシンが知られている。
このようなスロットマシンでは、スタートスイッチの操作を契機に、3個の回転リールが回転を開始するとともに、複数の当選役のいずれかに当選かまたはハズレかの抽選が行われる。また、抽選で当選役に当選すると、この当選役に入賞し得る権利が発生する。そして、ストップスイッチが操作されると、この当選役に係る図柄の組み合わせが入賞有効ライン上に揃い得るように各回転リールの停止制御が行われる。さらに、すべての回転リールの回転が停止されたときに、当選役に係る図柄の組み合わせが入賞有効ライン上に揃うと、この当選役の入賞となって遊技者に所定の利益が付与される。
また、当選役には、入賞により所定枚数のメダルが払い出される「小役当選役」や、入賞によりメダルを新たに投入せずに遊技をもう一度行うことができる「リプレイ(再遊技)当選役」や、通常遊技よりも多くの利益を獲得し得る遊技であるボーナスゲームが開始される「ボーナス当選役」などがある。
また、「小役当選役」や「リプレイ(再遊技)当選役」などは、当選役の抽選で当選したが入賞しなかった場合に、このゲームにおいて入賞し得る権利が消滅する。また、「ボーナス当選役」などは、当選役の抽選で当選したが入賞しなかった場合に、入賞し得る権利が次のゲームに持ち越される。
また、遊技場では、来客数を上げるために、営業開始前に一部のスロットマシンについて「ボーナス当選役」に入賞し得る権利を有した状態にさせておく、いわゆる「モーニングサービス」を実施することがある。さらに、特定のスイッチを操作することで、強制的に「ボーナス当選役」に入賞し得る権利を発生させることができるスロットマシンも公開されている(特許文献1参照)。
特開2006−34309号公報
ところが、「モーニングサービス」を目当てに遊技場を頻繁に訪れたり、遊技場が「ボーナス当選役」に入賞し得る権利を発生させていないスロットマシンで遊技をおこなったりすることで、多くの金銭を費やす遊技者がいた。そのため、「モーニングサービス」は、著しく遊技者の射幸心をそそるおそれがあるとして、問題になっていた。
また、遊技場では、「モーニングサービス」を実施するために、自動的に遊技を行わせる装置をスロットマシンに接続し、「ボーナス当選役」に入賞し得る権利を発生させる違法行為が行われることがあった。
そこで、本発明は、上述のような問題に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、営業開始前に発生した「ボーナス当選役」に入賞し得る権利を消滅させることにより、「モーニングサービス」を規制することができるスロットマシンを提供することである。
(請求項1)
請求項1に記載の発明は、
表面に複数の図柄が付された複数個の回転リール(23)と、
各回転リール(23)の回転を開始させるためのスタートスイッチ(53)と、
各回転リール(23)に対応して設けられ、対応する回転リール(23)の回転を停止させるためのストップスイッチ(54)と、
スタートスイッチ(53)の操作を契機に複数の当選役のいずれかに当選か又はハズレかの抽選を行うための当選抽選手段(130)と、
ストップスイッチ(54)の操作を契機に、当選抽選手段(130)の抽選結果及び回転リール(23)の回転位置に基づいて、このストップスイッチ(54)に対応する回転リール(23)の停止制御を行うための停止制御手段(160)と、
すべての回転リール(23)の回転が停止したことを契機に、複数の当選役のいずれかに入賞か又は入賞なしかの判定を行うための入賞判定手段(170)とを備え、
当選抽選手段(130)の抽選で当選役に当選すると、当該当選役に入賞し得る権利が発生するスロットマシン(S)において、
当選抽選手段(130)の抽選で当選役に当選したゲームにおいて当該当選役に入賞したと入賞判定手段(170)により判定されなかったときに、入賞し得る権利が次のゲームの開始前に消滅される当選役を通常当選役とし、入賞し得る権利が次のゲームに持ち越される当選役をボーナス当選役とし、
当選抽選手段(130)の抽選によるボーナス当選役の当選を契機に計時を開始し、当該ボーナス当選役に入賞したと入賞判定手段(170)により判定されたことを契機に計時を終了する権利成立時間計時手段(210)と、
ボーナス当選役に入賞し得る権利を有している場合において、ゲームを開始させるために必須な操作を契機に、権利成立時間計時手段(210)が所定時間を計時したか否かを判定するための権利成立時間判定手段(220)と、
権利成立時間計時手段(210)が所定時間を計時したと権利成立時間判定手段(220)により判定されたことを契機に、ボーナス当選役に入賞し得る権利を剥奪するための成立時間経過権利剥奪手段(230)とを備え、
停止制御手段(160)は、当選役に入賞し得る権利を有している場合には当該当選役が入賞し得るように且つその他の当選役のいずれも入賞しないように回転リール(23)の停止制御を行い、当選役に入賞し得る権利を有していない場合にはいずれの当選役も入賞しないように回転リール(23)の停止制御を行うことを特徴とするスロットマシン(S)に関するものである。
「当選抽選手段(130)」は、スタートスイッチ(53)の操作を契機に複数の当選役のいずれかに当選かまたはハズレかの抽選を行うためのものである。
具体的には、例えば、スタートスイッチ(53)の操作を契機に、乱数発生手段(131)の発生させる乱数から乱数抽出手段(132)によって1つの数値が抽出される。そして、この抽出された数値と、当選判定テーブル選択手段(134)により選択された当選判定テーブル(133)とを比較し、複数の当選役のいずれかに当選かまたはハズレかを、各回転リール(23)の回転が開始される前に予め決定するように形成することができる。
また、当選抽選手段(130)の抽選により当選役に当選すると、この当選役に入賞し得る権利が発生する。「当選役に入賞し得る権利が発生する」とは、具体的には、例えば、当選抽選手段(130)の抽選により当選役に当選すると、この当選に応じた当選フラグが立てられることを意味する。そして、立っている当選フラグに応じた当選役が入賞し得るように且つその他の当選役が入賞しないように、回転リール(23)の停止制御を行うことができる。
「停止制御手段(160)」は、ストップスイッチ(54)の操作を契機に、当選抽選手段(130)の抽選結果及び回転リール(23)の回転位置に基づいて、このストップスイッチ(54)に対応する回転リール(23)の停止制御を行うためのものである。
「回転位置」とは、回転リール(23)が、所定位置を基準にどの位回転した位置にあるかを示すものである。
具体的には、停止制御手段(160)は、ストップスイッチ(54)が操作された場合に、当選役に入賞し得る権利を有しているときには、この操作時の回転リール(23)の回転位置に基づいて、当該当選役が入賞し得るように且つその他の当選役が入賞しないように回転リール(23)の停止制御を行う。
また、停止制御手段(160)は、ストップスイッチ(54)が操作された場合に、当選役に入賞し得る権利を有していないときには、この操作時の回転リール(23)の回転位置に基づいて、いずれの当選役も入賞しないように回転リール(23)の停止制御を行う。
「権利成立時間計時手段(210)」は、当選抽選手段(130)の抽選によるボーナス当選役の当選を契機に計時を開始し、当該ボーナス当選役に入賞したと入賞判定手段(170)により判定されたことを契機に計時を終了する。
「権利成立時間判定手段(220)」は、ボーナス当選役に入賞し得る権利を有している場合において、ゲームを開始させるために必須な操作を契機に、権利成立時間計時手段(210)が所定時間を計時したか否かを判定するためのものである。
「ゲームを開始させるため」とは、具体的には、「当選抽選手段(130)に当選役の抽選を行わせるため」、または「各回転リール(23)の回転を開始させるため」等を意味する。
「ゲームを開始させるために必須な操作」とは、具体的には、例えば、「メダル投入口(42)からのメダルの投入」、「ベットスイッチ(51)の操作」、「スタートスイッチ(53)の操作」等が挙げられる。
「成立時間経過権利剥奪手段(230)」は、権利成立時間計時手段(210)が所定時間を計時したと権利成立時間判定手段(220)により判定されたことを契機に、ボーナス当選役に入賞し得る権利を剥奪するためのものである。
具体的には、成立時間経過権利剥奪手段(230)は、例えば、ボーナス当選役に対応する当選フラグが立っている場合に、権利成立時間計時手段(210)が所定時間を計時したと権利成立時間判定手段(220)により判定されたことを契機に、ボーナス当選役に対応する当選フラグを消去するように形成されてもよい。
また、停止制御手段(160)は、ボーナス当選役に入賞し得る権利が成立時間経過権利剥奪手段(230)により剥奪されたので、当選抽選手段(130)の抽選で再びボーナス当選役に当選しない限りボーナス当選役に入賞しないように回転リール(23)の停止制御を行うようになる。
(請求項2)
請求項2に記載の発明は、
表面に複数の図柄が付された複数個の回転リール(23)と、
各回転リール(23)の回転を開始させるためのスタートスイッチ(53)と、
各回転リール(23)に対応して設けられ、対応する回転リール(23)の回転を停止させるためのストップスイッチ(54)と、
スタートスイッチ(53)の操作を契機に複数の当選役のいずれかに当選か又はハズレかの抽選を行うための当選抽選手段(130)と、
ストップスイッチ(54)の操作を契機に、当選抽選手段(130)の抽選結果及び回転リール(23)の回転位置に基づいて、このストップスイッチ(54)に対応する回転リール(23)の停止制御を行うための停止制御手段(160)と、
すべての回転リール(23)の回転が停止したことを契機に、複数の当選役のいずれかに入賞か又は入賞なしかの判定を行うための入賞判定手段(170)とを備え、
当選抽選手段(130)の抽選で当選役に当選すると、当該当選役に入賞し得る権利が発生するスロットマシン(S)において、
当選抽選手段(130)の抽選で当選役に当選したゲームにおいて当該当選役に入賞したと入賞判定手段(170)により判定されなかったときに、入賞し得る権利が次のゲームの開始前に消滅される当選役を通常当選役とし、入賞し得る権利が次のゲームに持ち越される当選役をボーナス当選役とし、
ボーナス当選役に入賞したと入賞判定手段(170)により判定されなかったことを契機に、ボーナス当選役に入賞し得る権利を有しているか否かを判定するための権利所有判定手段(250)と、
ボーナス当選役に入賞し得る権利を有していると権利所有判定手段(250)により判定されたことを契機に計時を開始し、ゲームを開始させるために必須な操作を契機に計時を終了する待機時間計時手段(260)と、
待機時間計時手段(260)が計時を終了する前に所定時間を計時したことを契機に、ボーナス当選役に入賞し得る権利を剥奪するための待機時間経過権利剥奪手段(270)とを備え、
停止制御手段(160)は、当選役に入賞し得る権利を有している場合には当該当選役が入賞し得るように且つその他の当選役のいずれも入賞しないように回転リール(23)の停止制御を行い、当選役に入賞し得る権利を有していない場合にはいずれの当選役も入賞しないように回転リール(23)の停止制御を行うことを特徴とするスロットマシン(S)に関するものである。
「当選抽選手段(130)」は、スタートスイッチ(53)の操作を契機に複数の当選役のいずれかに当選かまたはハズレかの抽選を行うためのものである。
具体的には、例えば、スタートスイッチ(53)の操作を契機に、乱数発生手段(131)の発生させる乱数から乱数抽出手段(132)によって1つの数値が抽出される。そして、この抽出された数値と、当選判定テーブル選択手段(134)により選択された当選判定テーブル(133)とを比較し、複数の当選役のいずれかに当選かまたはハズレかを、各回転リール(23)の回転が開始される前に予め決定するように形成することができる。
また、当選抽選手段(130)の抽選により当選役に当選すると、この当選役に入賞し得る権利が発生する。「当選役に入賞し得る権利が発生する」とは、具体的には、例えば、当選抽選手段(130)の抽選により当選役に当選すると、この当選に応じた当選フラグが立てられることを意味する。そして、立っている当選フラグに応じた当選役が入賞し得るように且つその他の当選役が入賞しないように、回転リール(23)の停止制御を行うことができる。
「停止制御手段(160)」は、ストップスイッチ(54)の操作を契機に、当選抽選手段(130)の抽選結果及び回転リール(23)の回転位置に基づいて、このストップスイッチ(54)に対応する回転リール(23)の停止制御を行うためのものである。
「回転位置」とは、回転リール(23)が、所定位置を基準にどの位回転した位置にあるかを示すものである。
具体的には、停止制御手段(160)は、ストップスイッチ(54)が操作された場合に、当選役に入賞し得る権利を有しているときには、この操作時の回転リール(23)の回転位置に基づいて、当該当選役が入賞し得るように且つその他の当選役が入賞しないように回転リール(23)の停止制御を行う。
また、停止制御手段(160)は、ストップスイッチ(54)が操作された場合に、当選役に入賞し得る権利を有していないときには、この操作時の回転リール(23)の回転位置に基づいて、いずれの当選役も入賞しないように回転リール(23)の停止制御を行う。
「権利所有判定手段(250)」は、ボーナス当選役に入賞したと入賞判定手段(170)により判定されなかったことを契機に、ボーナス当選役に入賞し得る権利を有しているか否かを判定するためのものである。
具体的には、権利所有判定手段(250)は、例えば、ボーナス当選役に入賞したと入賞判定手段(170)により判定されなかったことを契機に、ボーナス当選役に対応する当選フラグが立っているか否かを判定するように形成されてもよい。
「ボーナス当選役に入賞したと入賞判定手段(170)により判定されなかったこと」は、換言すると、「入賞なしと入賞判定手段(170)により判定されたこと」、または「通常当選役には入賞したがボーナス当選役には入賞していないと入賞判定手段(170)により判定されたこと」となる。
「待機時間計時手段(260)」は、ボーナス当選役に入賞し得る権利を有していると権利所有判定手段(250)により判定されたことを契機に計時を開始し、ゲームを開始させるために必須な操作を契機に計時を終了する。
「ゲームを開始させるため」とは、具体的には、「当選抽選手段(130)に当選役の抽選を行わせるため」、または「各回転リール(23)の回転を開始させるため」等を意味する。
「ゲームを開始させるために必須な操作」とは、具体的には、例えば、「メダル投入口(42)からのメダルの投入」、「ベットスイッチ(51)の操作」、「スタートスイッチ(53)の操作」等が挙げられる。
「待機時間経過権利剥奪手段(270)」は、待機時間計時手段(260)が計時を終了する前に所定時間を計時したことを契機に、ボーナス当選役に入賞し得る権利を剥奪するためのものである。
具体的には、待機時間経過権利剥奪手段(270)は、例えば、待機時間計時手段(260)が所定時間を計時したことを契機に、ボーナス当選役に対応する当選フラグを消去するように形成されてもよい。
また、停止制御手段(160)は、ボーナス当選役に入賞し得る権利が待機時間経過権利剥奪手段(270)により剥奪されたので、当選抽選手段(130)の抽選で再びボーナス当選役に当選しない限りボーナス当選役に入賞しないように回転リール(23)の停止制御を行うようになる。
(請求項1)
請求項1に記載された発明によれば、「ボーナス当選役」に当選してから所定時間が経過しても「ボーナス当選役」に入賞しないと、「ボーナス当選役」に入賞し得る権利が消滅される。これにより、営業開始前にスロットマシンを「ボーナス当選役」に入賞し得る権利を有した状態にさせても、営業開始時には「ボーナス当選役」に入賞し得る権利が消滅しているため、「モーニングサービス」を規制することができる。
(請求項2)
請求項2に記載された発明によれば、「ボーナス当選役」に入賞し得る権利を有した状態でゲームを終了してから次のゲームが開始するまでの間に所定時間が経過すると、「ボーナス当選役」に入賞し得る権利が消滅される。これにより、営業開始前にスロットマシンを「ボーナス当選役」に入賞し得る権利を有した状態にさせても、営業開始時には「ボーナス当選役」に入賞し得る権利が消滅しているため、「モーニングサービス」を規制することができる。
本発明を実施するための最良の形態を2例挙げて、図面を参照しつつ順次説明する。
(第1の実施の形態)
(図面の説明)
図1ないし図10は、第1の実施の形態を示すものである。
図1は、スロットマシンSを示す斜視図である。図2は、前扉3を取り外した状態のスロットマシンSを示す斜視図である。図3は、図柄表示窓31及び入賞有効ライン37を示す正面図である。図4は、各回転リール23のリールテープ28を展開して示す展開図である。図5は、スロットマシンSの制御装置10の入力、制御及び出力の概略を示すブロック図である。図6ないし図8は、スロットマシンSの動作の概略を示すフローチャートである。図9は、スロットマシンSの当選抽選処理を示すフローチャートである。図10は、スロットマシンSの支払い制御処理を示すフローチャートである。
なお、「正面」とは、スロットマシンSにおける、遊技者が遊技を行う際に向き合う面をいう。また、「右側」とは、スロットマシンSの正面に向き合う遊技者から見て右側を意味し、「左側」とは、スロットマシンSの正面に向き合う遊技者から見て左側を意味する。
(スロットマシンS)
本実施の形態に係るスロットマシンSは、図1及び図2に示すように、少なくとも、正面側に正面開口部11を有する筐体1と、筐体1内部に着脱自在かつ固定可能に設けられる交換ユニット2と、筐体1の正面開口部11を開閉自在に塞ぐ前扉3とを備えている。
また、前扉3は、筐体1の開口上部13を開閉自在に塞ぐ上扉30と、筐体1の開口下部14を開閉自在に塞ぐ下扉40とから成っている。
(筐体1)
筐体1は、図2に示すように、底板15、左右の側板である左側板16Bと右側板16A、天板17及び背板(図示せず)からなる正面側に開口する箱形に形成されている。また、右側板16A及び左側板16Bには、筐体1の高さ方向略中央で水平となるように中板12が設けられている。
そして、底板15の上面には、各部品に電力を供給するための電源装置を内蔵した電源ユニット4が固定されている。また、電源ユニット4の前面には、電源のON/OFFの切り替えを行うための電源スイッチ、設定変更のON/OFFの切り替えを行うための設定キースイッチ、設定値を変更するための設定変更スイッチ、エラーを解除するためのリセットスイッチ等が設けられている。
また、底板15の上面には、内部にメダルを貯留するとともに、その貯留したメダルをメダル受け皿43へ払い出すための払い出し装置5が設置されている。電源ユニット4及び払い出し装置5は、交換ユニット2の交換に際し、必ずしも交換する必要のないものであり、交換時には筐体1に設置されたままにしておけるようになっている。
また、左側板16B内面の手前側の端部における中板12よりも下方の位置には、図2に示すように、下扉40を係合させ、回転自在に支持するための筐体側蝶番18が、上下方向に間隔をおいて2つ設けられている。
また、右側板16Aの内面における中板12よりも上方の位置、及び左側板16Bの内面における中板12よりも上方の位置には、交換ユニット2を固定するための係合クリップ26が設けられている。
(交換ユニット2)
交換ユニット2は、図2に示すように、種々の部品を設置あるいは固定するための枠体21と、枠体21に固定されたリールユニット22及び基板ユニット24Aとを備えている。
枠体21は、方形状の金属枠からなり、リールユニット22及び基板ユニット24Aを支持するとともに、これらを一体的に取り扱い可能とするためのものである。また、枠体21の正面左側の縦枠には、上扉30を係合させ、回動自在に支持するための枠体側蝶番25が、上下方向に間隔をおいて2つ設けられている。
さらに、枠体21の正面側の左右の縦枠には、筐体1の係合クリップ26に固定するための係合フック27がそれぞれ設けられている。なお、枠体21としては、他の構成部品を支持固定可能であってもよい。
また、リールユニット22は、特に図示しないが、枠体21に固定された3枚の支持板と、各支持板に固定された3個のステッピングモーターと、各々のステッピングモーターの出力軸に固定された3個の回転リール23とを備えている。また、図3に示すように、3個の回転リール23のうち、左側に位置するのが左回転リール23Lであり、中央に位置するのが中央回転リール23Mであり、右側に位置するのが右回転リール23Rである。
また、基板ユニット24Aは、CPU、ROM、RAM、I/O等の電子部品を備えた基板を、基板ケースに収納したものである。そして、基板ユニット24Aは、スロットマシンSの遊技を制御するための遊技制御装置100として機能する。
また、交換ユニット2は、図2に示すように、中板12の上に乗せ、筐体1内部に収納される。そして、係合フック27を係合クリップ26に引っ掛けて止めることにより、交換ユニット2は筐体1内部に固定される。
(上扉30)
上扉30は、図1及び図2に示すように、筐体1の開口上部13を開閉自在に塞ぐための板状の扉である。
また、上扉30の左側裏面端部には、上扉側蝶番36が、上下方向に間隔をおいて二つ設けられている。そして、この上扉側蝶番36を、枠体21に設けられた枠体側蝶番25と係合させることで、上扉30は、交換ユニット2の枠体21に回動自在に取り付けられている。
また、上扉30は、略中央部に回転リール23の図柄を正面側から見ることができる図柄表示窓31を備えている。図柄表示窓31は、図3に示すように、各回転リール23の図柄が3個ずつ表示可能に形成されている。ここで、3個の図柄が図柄表示窓31に適正な位置で表示されるときの各回転リール23の停止位置を、「停止基準位置」という。
また、図柄表示窓31には、水平に伸びる入賞有効ライン37が上段、中段及び下段の3本、並びに図柄表示窓31の対角線に伸びる入賞有効ライン37が2本形成されている。
また、本実施の形態では、水平に伸びる中段の入賞有効ライン37を第一入賞有効ライン37Aとし、水平に伸びる上段の入賞有効ライン37を第二入賞有効ライン37Bとし、水平に伸びる下段の入賞有効ライン37を第三入賞有効ライン37Cとし、図柄表示窓31の対角線に伸びる右下がりの入賞有効ライン37を第四入賞有効ライン37Dとし、図柄表示窓31の対角線に伸びる右上がりの入賞有効ライン37を第五入賞有効ライン37Eとする。
そして、図柄表示窓31の上方には、図1に示すように、画像表示装置34が設けられている。画像表示装置34は、各当選役の図柄配列や遊技履歴等の情報の画像や、遊技の状態や当選役の抽選結果を報知する画像等を表示するためのものである。画像表示装置34は、具体的には、例えば、液晶表示装置やCRT等を用いることができる。
また、画像表示装置34の周囲には、報知などを行うためのランプ33が設けられている。
また、図柄表示窓31の下方には、図1に示すように、7セグメント表示器などを用いて、クレジットされたメダルの枚数や設定値を表示するための数値表示部32が設けられている。
ここで、クレジットとは、メダル投入口42から投入され、メダルセレクター6により正規なメダルとして払い出し装置5へ移送されるメダル、または所定の入賞により払い出されるメダルを、スロットマシンS内部に貯留することである。また、本実施の形態においては、最大50枚までクレジット可能に形成されている。
また、上扉30の裏面上部には、図2に示すように、基板ユニット24Bが設けられている。基板ユニット24Bは、スロットマシンSの演出を制御するための演出制御装置300として機能する。
また、上扉30の裏面上部の左右には、図2に示すように、種々のサウンドを出力するためのスピーカ35が設けられている。
なお、上扉30は、筐体1の側板16に取り付けるように形成してもよい。
(下扉40)
下扉40は、図1及び図2に示すように、筐体1の開口下部14を開閉自在に塞ぐための扉である。
また、下扉40の左側裏面端部には、下扉側蝶番46が、上下方向に間隔をおいて二つ設けられている。そして、この下扉側蝶番46を、筐体1の左側板16Bに設けられた筐体側蝶番18と係合させることで、下扉40は、筐体1の左側板16Bに回動自在に取り付けられている。また、下扉40が上扉30よりも先に開かれるように、下扉40の上面は、閉扉時において、上扉30の下端よりも手前側に突出するようになっている。つまり、下扉40が開放されると、上扉30も開放可能となるように形成されている。
また、下扉40の上部は、図1に示すように、スロットマシンSを作動させるための操作部50が設けられている。ここで、操作部50としては、クレジットメダル数を減じてメダルの投入に代えるためのベットスイッチ51、クレジットされたメダルを払い出すための精算スイッチ52、回転リール23の回転を開始させるためのスタートスイッチ53、回転リール23の回転を停止させるためのストップスイッチ54が設けられている。
また、図1に示すように、下扉40の上部右側には、メダルを投入するためのメダル投入口42が設けられている。また、下扉40の下部には、スロットマシンS内部よりメダルを排出するためのメダル払い出し口41と、メダル払い出し口41から排出されたメダルを溜めておくためのメダル受け皿43とが形成されている。また、操作部50とメダル受け皿43との間には、遊技内容その他の表示をするための前パネル45が取り付けられている。
また、下扉40の裏面には、図2に示すように、メダル投入口42から投入されたメダルを誘導しながら真贋で選別するためのメダルセレクター6が設けられている。また、下扉40の裏面には、メダルセレクター6の下方に開口し、メダル払い出し口41に連通するメダル排出部44が設けられている。
(制御装置10)
制御装置10は、スロットマシンSを制御するためのものである。また、制御装置10は、CPUを中心に構成され、ROM、RAM、I/O等を備えている。
本実施の形態では、制御装置10は、主にスロットマシンSの遊技を制御する遊技制御装置100と、遊技制御装置100からの信号を受信して、主にスロットマシンSの演出を制御する演出制御装置300とを備えている。このように、遊技を司る制御装置と演出を司る制御装置とを別個に構成することにより、演出制御に割り当てるメモリを大幅に増やすことができるとともに、演出のみを変更することも可能になっている。
(入力段)
制御装置10の入力段には、図5に示すように、ベットスイッチ51、精算スイッチ52、スタートスイッチ53、ストップスイッチ54、投入センサー7の5つのパーツが接続されている。なお、入力段としては、上記したパーツに限定されるものではない。
(ベットスイッチ51)
ベットスイッチ51は、クレジットとして貯留されたメダルをベットするためのものである。
また、本実施の形態では、ベットスイッチ51が操作されると、クレジットとして貯留されたメダルの内から3枚ベットされるようになっている。
(精算スイッチ52)
精算スイッチ52は、クレジットされた枚数分のメダルを払い出し装置5に払い出させるためのものである。
具体的には、精算スイッチ52が操作されると、その時点でクレジットされているメダルの枚数と同じ枚数のメダルが払い出し装置5によって払い出されるようになっている。
(スタートスイッチ53)
スタートスイッチ53は、図1に示すように、操作部50の前面の左側端部に設けられ、メダルの投入若しくはベットスイッチ51の操作によるクレジットされたメダルの投入を条件に、または、「再遊技(リプレイ)」時には前遊技から所定時間経過を条件に、各回転リール23の回転を開始させるためのものである。
なお、「再遊技(リプレイ)」とは、「REP」の図柄が入賞有効ライン37上に揃うと、次の遊技において、メダルを新たに投入することなく、再度遊技を行うことができるものである。
また、スタートスイッチ53は、上下方向に揺動可能な操作レバーを備えている。この操作レバーは、下扉40から略水平に突出するようにスプリングにより付勢されており、上方向または下方向に揺動操作されても、常態に復帰するようになっている。
また、スタートスイッチ53は、操作レバーが常態にあるときには出力端子からLowレベルの信号を出力し続け、操作レバーが揺動した状態のときには出力端子からHighレベルの信号を出力し続けるように形成されている。
(ストップスイッチ54)
ストップスイッチ54は、図1に示すように、操作部50の前面の中央部に設けられ、各回転リール23の回転を停止させるためのものである。具体的には、操作部50の前面の中央部には、各回転リール23に対応した3個のストップスイッチ54が、横並びに設けられている。
そして、ストップスイッチ54の操作により、このストップスイッチ54に対応した回転リール23が回転を停止するように設定されている。具体的には、左側に位置するストップスイッチ54(以下「左ストップスイッチ54L」という)を操作すると、左回転リール23L用のストップ信号が出力されて、左回転リール23Lが停止する。また、中央に位置するのストップスイッチ54(以下「中央ストップスイッチ54M」という)を操作すると、中央回転リール23M用のストップ信号が出力されて、中央回転リール23Mが停止する。また、右側に位置するストップスイッチ54(以下「右ストップスイッチ54R」という)を操作すると、右回転リール23R用のストップ信号が出力されて、右回転リール23Rが停止する。
(投入センサー7)
投入センサー7は、メダルセレクター6に設けられている。また、投入センサー7は、メダル投入口42から投入されてメダルセレクター6に到達したメダルのうち、払い出し装置5へ誘導される正規のメダルを検出するためのものである。
(出力段)
制御装置10の出力段には、図5に示すように、リールユニット22、払い出し装置5、数値表示部32、メダルセレクター6、報知装置8(ランプ33、画像表示装置34及びスピーカ35)の5つのパーツが接続されている。なお、出力段としては、上記したパーツに限定されるものではない。
(リールユニット22)
リールユニット22は、特に図示しないが、枠体21に固定された3枚の支持板と、各支持板に固定された3個のステッピングモーターと、各々のステッピングモーターの出力軸に固定された3個の回転リール23とを備えている。
また、各回転リール23は、合成樹脂からなる回転ドラムと、回転ドラムの周囲に貼付されるテープ状のリールテープ28とを備えている。このリールテープ28の外周面には、複数個(例えば21個)の図柄が表示されている。具体的には、図4に示すように、「7(赤色)」「7(青色)」「BAR」「ベル」「スイカ」「チェリー」「REP」の図柄が配置されている。
また、各回転リール23の回転ドラムには、突起状のインデックスが設けられるとともに、リールユニット22の各支持板には、インデックスを検出するためのインデックスセンサーが設けられている。また、インデックスセンサーには、光透過型センサーが用いられており、インデックスは、回転リール23の回転にともないインデックスセンサーの光軸を遮断することにより検出されるようになっている。
(払い出し装置5)
払い出し装置5は、内部にメダルを貯留するとともに、その貯留したメダルをメダル受け皿43へ払い出すためのものである。払い出し装置5は、特に図示しないが、メダルを貯留するためのメダルタンクと、メダルタンクに貯留されているメダルを1枚ずつ排出するための送り出し機構と、送り出し機構により排出されたメダルを検出するための払い出しセンサーとを備えている。
また、送り出し機構により排出されたメダルは、メダル排出部44を通ってメダル受け皿43に払い出されるようになっている。
(メダルセレクター6)
メダルセレクター6は、メダル投入口42から投入されたメダルを誘導しながら真贋で選別するためのものである。また、メダルセレクター6は、下扉40の裏面に設けられている。
また、メダルセレクター6は、メダル投入口42から投入されたメダルを払い出し装置5へ誘導するためのメダル通路(図示せず)と、メダル通路の下流に設けられた投入センサー7と、メダル通路を流下するメダルを投入センサー7に検出される前にメダル排出部44へ排除するためのブロッカー装置(図示せず)とを備えている。また、メダルセレクター6は、スタートスイッチ53の操作からこのスタートスイッチ53の操作を契機に開始されたゲームが終了するまでの間、メダル通路を流下するメダルをブロッカー装置によりメダル排出部44へ排除するようになっている。これにより、メダル投入口42から投入されたメダルは、投入センサー7に検出される前にブロッカー装置によりメダル排出部44へ排除されるようになる。
また、メダルセレクター6は、ゲームが終了してから次のゲームが開始されるまでの間、メダル通路を流下するメダルが払い出し装置5へ誘導されることをブロッカー装置で妨げないようになっている。これにより、メダル投入口42から投入された正規のメダルは、投入センサー7に検出されるとともに、払い出し装置5に貯留されるようになる。ただし、メダルセレクター6は、スロットマシンSに50枚のメダルがクレジットされている場合には、メダル通路を流下するメダルをブロッカー装置によりメダル排出部44へ排除するようになっている。
ここで、ブロッカー装置がメダル通路を流下するメダルをメダル排出部44へ排除する状態を「メダル排除可能状態」という。また、ブロッカー装置がメダル通路を流下するメダルを妨げない状態を「メダル通過可能状態」という。
(報知装置8)
報知装置8は、情報を出力するためのものである。本実施の形態では、報知装置8として、ランプ33、画像表示装置34及びスピーカ35が設けられている。そして、画像表示装置34に所定の画像を表示させたり、スピーカ35から所定の音声を出力させたり、ランプ33を所定のパターンで点滅させたり等することにより、情報を出力することができる。
(遊技制御装置100)
遊技制御装置100は、スロットマシンSの遊技を制御するためのものである。
また、遊技制御装置100は、CPUがROMに記憶されたプログラムを実行することにより、通常遊技制御手段110、特別遊技制御手段120、当選抽選手段130、回転制御手段140、回転位置判断手段150、停止制御手段160、入賞判定手段170、ベット数カウント手段手段180、クレジット数カウント手段190、遊技状態更新手段200、権利成立時間計時手段210、権利成立時間判定手段220、成立時間経過権利剥奪手段230、支払い制御手段240などとして機能する。
次に、遊技制御装置100が備える各手段について説明する。
(ベット数カウント手段180)
ベット数カウント手段180は、ベットされたメダルの枚数を所定数までカウントするためのものである。具体的には、メダル投入口42からメダルが投入されて、投入センサー7がメダルを検出すると、ベット数カウント手段180は、これのカウント値(以下、「ベット数」という)に「1」を加算する更新を行うようになっている。
また、本実施の形態では、ベット数カウント手段180のカウント可能な最大値は「3」に設定されている。
(クレジット数カウント手段190)
クレジット数カウント手段190は、クレジットとして貯留されたメダルの枚数をカウントするためのものである。具体的には、ベット数カウント手段180のベット数が最大値に到達している場合において、投入センサー7がメダルを検出すると、クレジット数カウント手段190は、これのカウント値(以下、「クレジット数」という)に「1」を加算する更新を行うようになっている。
また、クレジット数カウント手段190のクレジット数には、上限が設定されている。本実施の形態では、クレジット数カウント手段190のクレジット数の上限は「50」に設定されている。つまり、クレジット数カウント手段190のカウント可能な最大値は、「50」となっている。
また、クレジット数カウント手段190のクレジット数が最大値に到達している場合において、メダルがメダル投入口42から更に投入されたときには、メダルが投入センサー7に検出される前にメダルセレクター6からメダル排出部44に排出されて、メダル受け皿43に返却される。
また、本実施の形態では、ベットスイッチ51の操作によるクレジット数カウント手段190のクレジット数の減算をもってメダルの投入に代えることが可能になっている。
(通常遊技制御手段110)
通常遊技制御手段110は、通常遊技を行わせるためのものである。
すなわち、スタートスイッチ53が操作された場合において、ベット数カウント手段180のベット数が「3」であると判定されたときに、リールユニット22の各ステッピングモーターが駆動され、3個の回転リール23が回転を開始する。
その後、ストップスイッチ54の1個を操作すると、対応する回転リール23の回転が停止する。そして、ストップスイッチ54を3個全て操作し終わると、3個の回転リール23の回転がすべて停止する。このとき、当選役の図柄が、図柄表示窓31の入賞有効ライン37上に揃うように、各回転リール23が停止すると入賞となり、遊技者に所定の利益が付与される。
また、入賞有効ライン37は、ベットされたメダルの枚数に応じて有効化される。具体的には、1回の遊技につき最大3枚までメダルをベットすることが可能であり、ベットされたメダルの枚数が1枚のとき(ベット数カウント手段180のベット数が「1」のとき)は、第一入賞有効ライン37Aのみ有効化され、ベットされたメダルの枚数が2枚のとき(ベット数カウント手段180のベット数が「2」のとき)は、第一入賞有効ライン37A、第二入賞有効ライン37B、及び第三入賞有効ライン37Cの3本が有効化され、ベットされたメダルの枚数が3枚のとき(ベット数カウント手段180のベット数が「3」のとき)は、5本すべての入賞有効ライン37が有効化されるようになっている。
当選役には、入賞有効ライン37上に「ベル」の図柄が3個揃うと入賞となり、所定枚数(例えば10枚)のメダルが支払われる「ベル当選役」と、入賞有効ライン37上に「スイカ」の図柄が3個揃うと入賞となり、所定枚数(例えば6枚)のメダルが支払われる「スイカ当選役」と、左回転リール23Lの入賞有効ライン37上に「チェリー」の図柄が停止されると入賞となり、所定枚数(例えば2枚)のメダルが支払われる「チェリー当選役」と、入賞有効ライン37上に「7(赤色)」の図柄が3個揃うと入賞となり、ビッグボーナスゲームが開始される「7(赤色)当選役」と、入賞有効ライン37上に「7(青色)」の図柄が3個揃うと入賞となり、ビッグボーナスゲームが開始される「7(青色)当選役」と、入賞有効ライン37上に「BAR」の図柄が3個揃うと入賞となり、レギュラーボーナスゲームが開始される「BAR当選役」と、入賞有効ライン37上に「REP」の図柄が3個揃うと入賞となり、メダルを新たに投入することなく再度遊技を行うことができる「リプレイ(再遊技)当選役」とがある。
なお、メダルの払い出しは、クレジット数カウント手段190のクレジット数が上限値の「50」に到達している場合には、払い出し装置5によりメダル受け皿43にメダルを払い出すようになっている。また、クレジット数カウント手段190のクレジット数が「50」未満である場合には、払い出し装置5によりメダル受け皿43にメダルを払い出す代わりに、クレジット数カウント手段190のクレジット数に加算するようになっている。
(特別遊技制御手段120)
特別遊技制御手段120は、当選抽選手段130の抽選結果に基づいて、遊技者に有利な特別遊技を行わせるためのものである。
上記特別遊技としては、大別すると、次のゲームがある。
(1)ビッグボーナスゲーム(以下「BBゲーム」という)
(2)レギュラーボーナスゲーム(以下「RBゲーム」という)
なお、特別遊技としては、上記した遊技に限定されるものではない。
特別遊技制御手段120は、大別すると、次の手段を備える。
(1)BBゲーム制御手段121
(2)RBゲーム制御手段122
(BBゲーム制御手段121)
BBゲーム制御手段121は、BBゲームを制御するためのものである。
具体的には、通常遊技において、「7(赤色)」または「7(青色)」の図柄が入賞有効ライン37上に3個揃うと、BBゲームに移行される。
BBゲームに移行すると、通常遊技と同様に、3枚のメダルをベットすることにより遊技が開始可能となり、3つの回転リール23の回転を各々停止させた際に、入賞有効ライン37上に当選役の図柄が揃うと入賞となり、遊技者に所定の利益が付与される小役ゲームが行われる。
小役ゲームの当選役には、入賞有効ライン37上に「ベル」の図柄が3個揃うと入賞となり、所定枚数(例えば15枚)のメダルが支払われる「ベル当選役」と、入賞有効ライン37上に「スイカ」の図柄が3個揃うと入賞となり、所定枚数(例えば15枚)のメダルが支払われる「スイカ当選役」と、左回転リール23Lの入賞有効ライン37上に「チェリー」の図柄が停止されると入賞となり、所定枚数(例えば15枚)のメダルが支払われる「チェリー当選役」とがある。
なお、BBゲーム中に465枚を超えるメダルの払い出しが行われると、BBゲームは終了するようになっている。
(RBゲーム制御手段122)
RBゲーム制御手段101は、RBゲームを制御するためのものである。
具体的には、通常遊技において、「BAR」の図柄が入賞有効ライン37上に3個揃うと、RBゲームに移行される。
RBゲーム中は、通常遊技と同様に、3枚のメダルをベットすることにより遊技が開始可能となり、3つの回転リール23の回転を各々停止させた際に、入賞有効ライン37上に当選役の図柄が揃うと入賞となり、遊技者に所定の利益が付与される小役ゲームが行われる。
なお、RBゲーム中は、最大12回遊技を行うことができ、そのうち、最大8回の入賞が可能である。すなわち、RBゲーム中に12回遊技を行うか、または8回入賞すると、RBゲームは終了する。
(当選抽選手段130)
当選抽選手段130は、スタートスイッチ53の操作を契機に複数の当選役のいずれかに当選かまたはハズレかの抽選を行うためのものである。そして、当選抽選手段130の抽選で当選役に当選すると、この当選に対応した当選フラグが立てられる。さらに、当選フラグが立てられると、この当選フラグに対応する当選役の図柄が入賞有効ライン37上に揃い得るように回転リール23の停止制御が行われる。
また、本実施の形態では、当選役抽選手段130の抽選結果には、「ベル当選役」の当選となる「ベル当選」と、「スイカ当選役」の当選となる「スイカ当選」と、「チェリー当選役」の当選となる「チェリー当選」と、「7(赤色)当選役」の当選となる「7(赤色)当選」と、「7(青色)当選役」の当選となる「7(青色)当選」と、「BAR当選役」の当選となる「BAR当選」と、「リプレイ当選役」の当選となる「リプレイ当選」と、いずれの当選役にも入賞不可能となる「ハズレ」とがある。
当選抽選手段130は、大別すると、以下の手段を有している。
(1)乱数発生手段131
(2)乱数抽出手段132
(3)当選判定テーブル133
(4)当選判定テーブル選択手段134
(5)当選判定手段135
(6)当選フラグ成立手段136
なお、当選抽選手段130としては、上記手段に限定されるものではない。
(乱数発生手段131)
乱数発生手段131は、当選抽選用の乱数を所定の領域内(例えば十進数で0〜65535)で発生させるものである。
(乱数抽出手段132)
乱数抽出手段132は、乱数発生手段131が発生する乱数から、所定の条件(例えば、スタートスイッチ53の操作)で1つの数値を抽出するためのものである。なお、この抽出した数値を抽出乱数データとする。
なおここで、「乱数発生手段131」としては、ソフト乱数としての平方採中法等で乱数を発生させることができるものの他に、一定範囲の数字を高速で1ずつ加算するカウンタを用いて構成することもできる。例えば、0〜65535の範囲の数字を、1秒間に700万回程度順次繰り返すようにしたカウンタが考えられる。そして、「乱数抽出手段132」としては、スタートスイッチ53を押したタイミングでカウンタの数字を読みとることとなる。
このように形成すると、「乱数発生手段131」では乱数を発生しているわけではないものの、「乱数抽出手段132」によって抽出される数字は、あたかも乱数のような分布となる。このように、結果として乱数のような分布を示す数値が得られる手段を、ここでは「乱数発生手段131」あるいは「乱数抽出手段132」に含めて考えるものとする。
(当選判定テーブル133)
当選判定テーブル133は、乱数発生手段131が発生させる各乱数について、いずれかの当選役に当選かまたはハズレかを割り振ったテーブルである。また、この当選判定テーブル133は、特に図示しないが、通常遊技用の当選判定テーブル、ボーナス当選フラグ成立時の通常遊技用の当選判定テーブル、BBゲーム用の当選判定テーブル、RBゲーム用の当選判定テーブル等が設けられている。具体的には、例えば、通常遊技用の当選判定テーブル133には、「ベル当選」、「スイカ当選」、「チェリー当選」、「7(赤色)当選」、「7(青色)当選」、「BAR当選」、「リプレイ当選」及び「ハズレ」の領域が割り振られている。また、例えば、ボーナス当選フラグ成立時の通常遊技用の当選判定テーブルには、「ベル当選」、「スイカ当選」、「チェリー当選」、「リプレイ当選」及び「ハズレ」の領域が割り振られている。また、例えば、BBゲーム用及びRBゲーム用の当選判定テーブル133には、「ベル当選」、「スイカ当選」、「チェリー当選」及び「ハズレ」の領域が割り振られている。
また、通常遊技用の当選判定テーブル及びボーナス当選フラグ成立時の通常遊技用の当選判定テーブルには、スロットマシンSの遊技の設定値に応じて、複数の当選役のいずれかに当選かまたはハズレかの割り振り方が異なるものが複数設けられている。
具体的には、例えば、通常遊技用の当選判定テーブルには、設定値(「1」ないし「6」の6段階)に応じた6種類の当選判定テーブルが設けられている。この6種類の当選判定テーブルは、対応する設定値の値が大きいほど、「スイカ当選」、「チェリー当選」、「7(赤色)当選」、「7(青色)当選」及び「BAR当選」の領域が大きくなるとともに、「ハズレ」の領域が小さくなるように、各領域が割り振られている。
また、例えば、ボーナス当選フラグ成立時の通常遊技用の当選判定テーブルには、設定値(「1」ないし「6」の6段階)に応じた6種類の当選判定テーブルが設けられている。この6種類の当選判定テーブルは、対応する設定値の値が大きいほど、「スイカ当選」及び「チェリー当選」の領域が大きくなるとともに、「ハズレ」の領域が小さくなるように、各領域が割り振られている。
(当選判定テーブル選択手段134)
当選判定テーブル選択手段134は、スロットマシンSの遊技の設定値や、遊技状態に応じて当選判定テーブル133を選択するためのものである。例えば、当選判定テーブル選択手段134は、BBゲーム中であり且つ設定値が「6」であるときには、BBゲーム用の当選判定テーブルのうちで設定値「6」用のものを選択する。
(当選判定手段135)
当選判定手段135は、乱数抽出手段132が抽出した抽出乱数データと、当選判定テーブル選択手段134が選択した当選判定テーブル133とを対比し、当選の判定を行うためのものである。具体的には、当選判定手段135は、乱数抽出手段132が抽出した抽出乱数データを当選判定テーブル選択手段134が選択した当選判定テーブル133と照合し、当該抽出乱数データが当選の領域のいずれかに属する場合には、当該領域に対応する当選役の当選を決定し、当該抽出乱数データがいずれの当選の領域にも属さない場合には、「ハズレ」の決定をする。例えば、当選判定手段135は、抽出乱数データが「7(赤色)当選」の領域に属する場合には、「7(赤色)当選」を決定する。
(当選フラグ成立手段136)
当選フラグ成立手段136は、当選判定手段135により当選役の当選が決定されたときに、この当選に対応する当選フラグを立てるためのものである。
「当選フラグ」は、当選の有無について当選役毎に関連づけされた変数であり、制御装置10に当選抽選手段130の抽選結果を記憶させるためのものである。具体的には、当選判定手段135により当選役の当選が決定されたときには、遊技制御装置100のRAMの所定領域に、この当選に対応する当選フラグが立てられる。また、当選フラグには、「通常当選フラグ」と「ボーナス当選フラグ」とがある。
「通常当選フラグ」は、当選フラグ成立手段136により立てられたが、対応する当選役が同ゲーム中に入賞しなかった場合に、次のゲームが開始される前に消滅される当選フラグを意味する。本実施の形態では、「ベル当選」に対応する「ベル当選フラグ」、「スイカ当選」に対応する「スイカ当選フラグ」、「チェリー当選」に対応する「チェリー当選フラグ」、及び「リプレイ当選」に対応する「リプレイ当選フラグ」が、通常当選フラグである。
「ボーナス当選フラグ」は、当選フラグ成立手段136により立てられたが、対応する当選役が同ゲーム中に入賞しなかった場合に、次のゲームに持ち越される当選フラグを意味する。本実施の形態では、「7(赤色)当選」に対応する「7(赤色)当選フラグ」、「7(青色)当選」に対応する「7(青色)当選フラグ」、及び「BAR当選」に対応する「BAR当選フラグ」が、ボーナス当選フラグである。
(回転制御手段140)
回転制御手段140は、各回転リール23の回転を制御するためのものである。具体的には、回転制御手段140は、スタートスイッチ53の操作信号に基づいて、各回転リール23の回転を開始させ、回転速度が所定の速度に達するまで各回転リール23の回転を加速させた後、回転速度を所定の速度に保って各回転リール23を回転させる。
また、本実施の形態では、4相のステップ角1.43度のステッピングモーター60を、1−2相励磁方式で制御している。したがって、各回転リール23を1回転させるためには、504パルス必要となる。また、各回転リール23には、21個の図柄が配置されていることから、各回転リール23を1図柄分回転させるためには、24パルス必要となる。
(回転位置判断手段150)
回転位置判断手段150は、各回転リール23の現在の回転位置を特定するためのものである。具体的には、回転速度が所定の速度に達するまで各回転リール23の回転が加速され、各回転リール23が所定の速度を保って回転されるようになった後に、インデックスセンサーによりインデックスを検出してからのパルス数をカウントし、このパルス数に基づいて各回転リール23の現在の回転位置を特定する。また、パルス数は、インデックスを検出する度にリセットされ、あらたにパルス数がカウントされる。つまり、インデックスセンサーによりインデックスが検出される回転位置を基準に「0」からパルス数のカウントを開始して、パルス数が「503」に達するまでカウントし、更にインデックスセンサーによりインデックスが検出されると、パルス数が「0」にリセットされる。
また、回転リール23に付された21個の図柄には、インデックスセンサーがインデックスを検出した時の回転位置を基準にして、回転リール23毎にそれぞれ図柄番号が割り振られている。また、それぞれの図柄番号に対応する図柄の種類を各回転リール23毎に記憶している。そして、回転リール23の回転位置、すなわちパルス数に基づいて、第二入賞有効ライン37B上にある図柄の図柄番号を特定し、この図柄番号に基づいて図柄の種類を特定するようになっている。
(停止制御手段160)
停止制御手段160は、ストップスイッチ54の操作を契機にこのストップスイッチ54に対応する回転リール23の回転を停止させるとともに、複数の当選役のいずれかに当選している場合にはこの当選役が入賞し得るように且つその他の当選役のいずれも入賞しないように回転リール23を停止させ、いずれの当選役も当選していない場合にはいずれの当選役も入賞しないように回転リール23を停止させるためのものである。
ここで、ストップスイッチ54が操作されたときに、第二入賞有効ライン37B上に直ちに停止できる回転リール23の図柄を、「基準図柄」という。また、ストップスイッチ54が操作されてから回転リール23が停止基準位置に停止するまでの間に、第二入賞有効ライン37Bを通過する図柄の数を、「滑りコマ数」という。
例えば、滑りコマ数「0」は、ストップスイッチ54が操作されたときに、基準図柄が第二入賞有効ライン37B上に停止することを意味する。また、滑りコマ数「1」は、ストップスイッチ54が操作されてから回転リール23が停止基準位置に停止するまでの間に、1個の図柄(基準図柄)が第二入賞有効ライン37Bを通過することを意味する。また、滑りコマ数「2」は、ストップスイッチ54が操作されてから回転リール23が停止基準位置に停止するまでの間に、基準図柄を含めた2個の図柄が第二入賞有効ライン37Bを通過することを意味する。滑りコマ数「3」は、ストップスイッチ54が操作されてから回転リール23が停止基準位置に停止するまでの間に、基準図柄を含めた3個の図柄が第二入賞有効ライン37Bを通過することを意味する。滑りコマ数「4」は、ストップスイッチ54が操作されてから回転リール23が停止基準位置に停止するまでの間に、基準図柄を含めた4個の図柄が第二入賞有効ライン37Bを通過することを意味する。
また、停止制御手段160は、当選抽選手段130の抽選結果に基づいて、滑りコマ数「0」ないし「4」の範囲で回転リール23を停止基準位置に停止させるようになっている。
そして、この停止制御手段160は、大別すると、次の手段を備える。
(1)停止テーブル記憶手段161
(2)停止テーブル選択手段162
(3)回転リール停止手段163
また、停止制御手段160としては、上記した(1)ないし(3)に限定されるものではない。
(停止テーブル記憶手段161)
停止テーブル記憶手段161は、複数の停止テーブルを記憶するためのものである。
停止テーブルは、ストップスイッチ54が操作されたときの回転リール23の回転位置に基づき、回転リール23が停止基準位置に停止するまでの滑りコマ数を、回転リール23毎にテーブル上に規定したものである。
本実施の形態では、停止テーブル記憶手段161は、当選抽選手段130の抽選結果に応じた複数の停止テーブルを記憶している。具体的には、当選フラグが成立している場合には、この当選フラグに係る当選役の図柄の組み合わせが入賞有効ライン37上に揃い得るように、且つその他の当選フラグに係る当選役の図柄の組み合わせが入賞有効ライン37上に揃わないように、回転リール23の回転停止までの滑りコマ数を回転リール23毎に規定した停止テーブルが、当選役毎に記憶されている。また、いずれの当選フラグも成立していない場合には、いずれの当選役の図柄の組み合わせも入賞有効ライン37上に揃わないように、回転リール23の回転停止までの滑りコマ数を回転リール23毎に規定した停止テーブルが記憶されている。
本実施の形態では、「7(赤色)当選フラグ」に対応する「7(赤色)停止テーブル」、「7(青色)当選フラグ」に対応する「7(青色)停止テーブル」、「BAR当選フラグ」に対応する「BAR停止テーブル」、「ベル当選フラグ」に対応する「ベル停止テーブル」、「スイカ当選フラグ」に対応する「スイカ停止テーブル」、「チェリー当選フラグ」に対応する「チェリー停止テーブル」、「リプレイ当選」に対応する「リプレイ停止テーブル」及び「ハズレ」に対応する「ハズレ停止テーブル」等の停止テーブルが記憶されている。
具体的には、例えば「7(赤色)停止テーブル」は、「7(赤色)」の図柄が入賞有効ライン37上に3個揃いえるように、且つ「7(赤色)当選役」以外の当選役の図柄の組み合わせが入賞有効ライン37上に揃わないように、各回転リール23の回転停止までの滑りコマ数が規定されている。
また、「チェリー停止テーブル」は、「チェリー」の図柄が左回転リール23Lの入賞有効ライン37上に停止しえるように、且つ「チェリー当選役」以外の当選役の図柄の組み合わせが入賞有効ライン37上に揃わないように、各回転リール23の回転停止までの滑りコマ数が規定されている。
また、「ハズレ停止テーブル」は、いずれの当選役の図柄の組み合わせも入賞有効ライン37上に揃わないように、各回転リール23の回転停止までの滑りコマ数が規定されている。
また、本実施の形態では、「ベル当選フラグ」と「7(赤色)当選フラグ」とが同時に立っているときに用いられる「ベル・7(赤色)停止テーブル」、「スイカ当選フラグ」と「7(赤色)当選フラグ」とが同時に立っているときに用いられる「スイカ・7(赤色)停止テーブル」、「チェリー当選フラグ」と「7(赤色)当選フラグ」とが同時に立っているときに用いられる「チェリー・7(赤色)停止テーブル」等が設けられている。
「ベル・7(赤色)停止テーブル」、「スイカ・7(赤色)停止テーブル」及び「チェリー・7(赤色)停止テーブル」は、「7(赤色)」の図柄が優先的に入賞有効ライン37上に3個揃いえるように、各回転リール23の回転停止までの滑りコマ数が規定されている。具体的には、例えば「ベル・7(赤色)停止テーブル」は、「ベル」の図柄よりも「7(赤色)」の図柄が優先的に入賞有効ライン37上に3個揃いえるように、且つ「ベル当選役」及び「7(赤色)当選役」以外の図柄の組み合わせが入賞有効ライン37上に揃わないように、各回転リール23の回転停止までの滑りコマ数が規定されている。
また、本実施の形態では、「ベル当選フラグ」と「7(青色)当選フラグ」とが同時に立っているときに用いられる「ベル・7(青色)停止テーブル」、「スイカ当選フラグ」と「7(青色)当選フラグ」とが同時に立っているときに用いられる「スイカ・7(青色)停止テーブル」、「チェリー当選フラグ」と「7(青色)当選フラグ」とが同時に立っているときに用いられる「チェリー・7(青色)停止テーブル」等が設けられている。
「ベル・7(青色)停止テーブル」、「スイカ・7(青色)停止テーブル」及び「チェリー・7(青色)停止テーブル」は、「7(青色)」の図柄が優先的に入賞有効ライン37上に3個揃いえるように、各回転リール23の回転停止までの滑りコマ数が規定されている。具体的には、例えば「ベル・7(青色)停止テーブル」は、「ベル」の図柄よりも「7(青色)」の図柄が優先的に入賞有効ライン37上に3個揃いえるように、且つ「ベル当選役」及び「7(青色)当選役」以外の図柄の組み合わせが入賞有効ライン37上に揃わないように、各回転リール23の回転停止までの滑りコマ数が規定されている。
また、本実施の形態では、「ベル当選フラグ」と「BAR当選フラグ」とが同時に立っているときに用いられる「ベル・BAR停止テーブル」、「スイカ当選フラグ」と「BAR当選フラグ」とが同時に立っているときに用いられる「スイカ・BAR停止テーブル」、「チェリー当選フラグ」と「BAR当選フラグ」とが同時に立っているときに用いられる「チェリー・BAR停止テーブル」等が設けられている。
「ベル・BAR停止テーブル」、「スイカ・BAR停止テーブル」及び「チェリー・BAR停止テーブル」は、「BAR」の図柄が優先的に入賞有効ライン37上に3個揃いえるように、各回転リール23の回転停止までの滑りコマ数が規定されている。具体的には、例えば「ベル・BAR停止テーブル」は、「ベル」の図柄よりも「BAR」の図柄が優先的に入賞有効ライン37上に3個揃いえるように、且つ「ベル当選役」及び「BAR当選役」以外の図柄の組み合わせが入賞有効ライン37上に揃わないように、各回転リール23の回転停止までの滑りコマ数が規定されている。
また、本実施の形態では、「リプレイ当選フラグ」と「7(赤色)当選フラグ」とが同時に立っているときに用いられる「リプレイ・7(赤色)停止テーブル」、「リプレイ当選フラグ」と「7(青色)当選フラグ」とが同時に立っているときに用いられる「リプレイ・7(青色)停止テーブル」、「リプレイ当選フラグ」と「BAR当選フラグ」とが同時に立っているときに用いられる「リプレイ・BAR停止テーブル」等が設けられている。
「リプレイ・7(赤色)停止テーブル」、「リプレイ・7(青色)停止テーブル」及び「リプレイ・BAR停止テーブル」は、「リプレイ」の図柄が優先的に入賞有効ライン37上に3個揃いえるように、各回転リール23の回転停止までの滑りコマ数が規定されている。具体的には、例えば「リプレイ・7(赤色)停止テーブル」は、「7(赤色)」の図柄よりも「リプレイ」の図柄が優先的に入賞有効ライン37上に3個揃いえるように、且つ「リプレイ当選役」及び「7(赤色)当選役」以外の図柄の組み合わせが入賞有効ライン37上に揃わないように、各回転リール23の回転停止までの滑りコマ数が規定されている。
(停止テーブル選択手段162)
停止テーブル選択手段162は、当選抽選手段130の抽選結果に応じて、複数ある停止テーブルのいずれかを選択するためのものである。換言すると、停止テーブル選択手段162は、立っている当選フラグに対応する停止テーブルを選択するようになっている。
具体的には、停止テーブル選択手段162は、当選抽選手段130により当選役の抽選が行われたことを契機に、例えば「7(赤色)当選フラグ」が立っているときには「7(赤色)停止テーブル」を読み出す。
また、停止テーブル選択手段162は、ボーナス当選フラグと通常当選フラグとが同時に立っている場合には、立っているボーナス当選フラグ及び通常当選フラグに応じた停止テーブル161を選択するようになっている。具体的には、停止テーブル選択手段162は、例えば「ベル当選フラグ」と「7(赤色)当選フラグ」とが同時に立っている場合には、「ベル・7(赤色)停止テーブル」を読み出す。
(回転リール停止手段163)
回転リール停止手段163は、停止テーブル選択手段162により選択された停止テーブルとストップスイッチ54が操作されたときの回転リール23の回転位置とに基づいて滑りコマ数を決定するとともに、決定した滑りコマ数の図柄が第二入賞有効ライン37Bを通過した後に最初に表示される停止基準位置に回転リール23を停止させるためのものである。
具体的には、回転リール停止手段163は、操作されたストップスイッチ54に対応する回転リール23について、停止テーブル選択手段162により読み出された停止テーブル161を参照して、ストップスイッチ54が操作されたときの回転リール23の回転位置に応じた滑りコマ数を取得する。そして、回転リール停止手段163は、取得した滑りコマ数の図柄が第二入賞有効ライン37Bを通過してから最初に表示される停止基準位置に、当該回転リール23を停止させるようになっている。
(入賞判定手段170)
入賞判定手段170は、すべての回転リール23の回転が停止したことを契機に、複数の当選役のいずれかに入賞か又は入賞なしかの判定を行うためのものである。
本実施の形態では、入賞判定手段170は、すべての回転リール23が停止されたときに、それぞれの当選役に係る図柄の組み合わせについて、入賞有効ライン37上に揃うように各回転リール23が停止されたか否かの判定を行う。そして、入賞判定手段170は、当選役に係る図柄の組み合わせが入賞有効ライン37上に揃うように各回転リール23が停止されたときには、当該当選役に入賞したと判定する。
入賞判定手段170は、例えば、すべての回転リール23が停止された場合において、「7(赤色)」の図柄が入賞有効ライン37上に揃うように各回転リール23が停止されたときには、「7(赤色)当選役に入賞した」と判定する。
また、入賞判定手段170は、例えば、すべての回転リール23が停止された場合において、「チェリー」の図柄が入賞有効ライン37上に停止するように左回転リール23Lが停止されたときには、「チェリー当選役に入賞した」と判定する。
また、入賞判定手段170は、例えば、すべての回転リール23が停止された場合において、どの種類の図柄も入賞有効ライン37上に3個揃わないように各回転リール23が停止され、且つ「チェリー」の図柄が入賞有効ライン37上に停止しないように左回転リール23Lが停止されたときには、「入賞なし」と判定する。
(支払い制御手段240)
支払い制御手段240は、当選役に入賞したと入賞判定手段170により判定されたことを契機に、この当選役に応じた枚数のメダルを支払う制御を行うためのものである。
「メダルを支払う制御」とは、「払い出し装置5にメダルを払い出させる制御」を行ってもよいし、「クレジット数カウント手段190のクレジット数を増加させる制御」を行ってもよい。
支払い制御手段240は、大別すると、次の手段を備える。
(1)支払い枚数カウント手段241
(2)クレジット数増加手段242
(3)払い出し制御手段243
また、支払い制御手段240としては、上記した(1)ないし(3)に限定されるものではない。
(支払い枚数カウント手段241)
支払い枚数カウント手段241は、支払い制御手段240の制御により支払われるメダルの枚数をカウントするためのものである。
本実施の形態では、当選役に入賞したと入賞判定手段170により判定されたことを契機に、この当選役に応じた枚数が読み出され、支払い枚数カウント手段241にセットされる。
(クレジット数増加手段242)
クレジット数増加手段242は、クレジット数カウント手段190のクレジット数に、支払い枚数カウント手段241にセットされた枚数を加算する更新を行うためのものである。
また、クレジット数カウント手段190のクレジット数が上限の「50」に達した場合には、この上限を超えた枚数のメダルを払い出し装置5に払い出させる制御が払い出し制御手段243により行われる。
(払い出し制御手段243)
払い出し制御手段243は、クレジット数カウント手段190のクレジット数が上限の「50」に達した場合に、この上限を超えた枚数のメダルを払い出し装置5に払い出させる制御を行うためのものである。
具体的には、払い出し制御手段243は、当選役に入賞したと入賞判定手段170により判定された場合に、クレジット数カウント手段190のクレジット数が上限の「50」に達しているときに、支払い枚数カウント手段241にセットされた枚数のメダルを払い出し装置5に払い出させる制御を行うようになっている。
また、払い出し制御手段243は、クレジット数増加手段242が支払い枚数カウント手段241にセットされた枚数をクレジット数カウント手段190のクレジット数に加算すると、クレジット数カウント手段190のクレジット数が上限の「50」を超える場合には、この上限を超えた枚数のメダルを払い出し装置5に払い出させる制御を行うようになっている。
(遊技状態更新手段200)
遊技状態更新手段200は、次の遊技に持ち越す必要のないRAMのデータをクリアするためのものである。
本実施の形態では、遊技状態更新手段200が遊技制御装置100のRAMの所定領域をクリアすることにより、通常当選フラグの消去、入賞済みのボーナス当選フラグの消去等がなされる。
(権利成立時間計時手段210)
権利成立時間計時手段210は、当選抽選手段130の抽選によるボーナス当選役の当選を契機に計時を開始し、当該ボーナス当選役に入賞したと入賞判定手段170により判定されたことを契機に計時を終了する。
本実施の形態では、権利成立時間計時手段210は、当選抽選手段130の抽選結果が「7(赤色)当選」であることを契機に、カウント値をクリアするとともに、計時を開始する。そして、入賞判定手段170により「7(赤色)当選役に入賞した」と判定されたことを契機に、計時を終了する。
また、権利成立時間計時手段210は、当選抽選手段130の抽選結果が「7(青色)当選」であることを契機に、カウント値をクリアするとともに、計時を開始する。そして、入賞判定手段170により「7(青色)当選役に入賞した」と判定されたことを契機に、計時を終了する。
また、権利成立時間計時手段210は、当選抽選手段130の抽選結果が「BAR当選」であることを契機に、カウント値をクリアするとともに、計時を開始する。そして、入賞判定手段170により「BAR当選役に入賞した」と判定されたことを契機に、計時を終了する。
また、本実施の形態では、権利成立時間計時手段210は、30分を計時すると、成立時間経過信号を出力する。
なお、権利成立時間計時手段210は、スロットマシンSの電源がOFFの間も計時することができる。
(権利成立時間判定手段220)
権利成立時間判定手段220は、ボーナス当選役に入賞し得る権利を有している場合において、ゲームを開始させるために必須な操作を契機に、権利成立時間計時手段210が所定時間を計時したか否かを判定するためのものである。
「ボーナス当選役に入賞し得る権利を有している場合」とは、本実施の形態では、「ボーナス当選フラグが立っている場合」を意味する。具体的には、「7(赤色)当選フラグ」、「7(青色)当選フラグ」または「BAR当選フラグ」が立っている場合である。
「ゲームを開始させるため」とは、具体的には、「当選抽選手段130に当選役の抽選を行わせるため」、または「各回転リール23の回転を開始させるため」等を意味する。
「ゲームを開始させるために必須な操作」とは、具体的には、例えば、「メダル投入口42からのメダルの投入」、「ベットスイッチ51の操作」、「スタートスイッチ53の操作」等が挙げられる。
本実施の形態では、権利成立時間判定手段220は、遊技制御装置100のRAMの所定領域が遊技状態更新手段200によりクリアされた後に、メダルがメダル投入口42から投入されて投入センサー7により検出され、ベット数カウント手段180のベット数が「3」に到達したことを契機に、権利成立時間計時手段210が所定時間を計時したか否かを判定する。
また、権利成立時間判定手段220は、遊技制御装置100のRAMの所定領域が遊技状態更新手段200によりクリアされた後に、ベットスイッチ51が操作されて、ベット数カウント手段180のベット数が「3」に到達したことを契機に、権利成立時間計時手段210が所定時間を計時したか否かを判定する。
また、「権利成立時間計時手段210が所定時間を計時したか否かを判定する」とは、本実施の形態では、権利成立時間計時手段210から成立時間経過信号が出力されたか否かを判定することを意味する。
(成立時間経過権利剥奪手段230)
成立時間経過権利剥奪手段230は、権利成立時間計時手段210が所定時間を計時したと権利成立時間判定手段220により判定されたことを契機に、ボーナス当選役に入賞し得る権利を剥奪するためのものである。
本実施の形態では、成立時間経過権利剥奪手段230は、権利成立時間計時手段210から成立時間経過信号が出力されたと権利成立時間判定手段220により判定されたことを契機に、ボーナス当選フラグ(「7(赤色)当選フラグ」、「7(青色)当選フラグ」または「BAR当選フラグ」)を消去する。
(演出制御装置300)
演出制御装置300は、遊技制御装置100からの信号に基づいて報知装置8の出力を制御するためのものである。
演出制御装置は、CPUがROMに記憶されたプログラムを実行することにより、演出データ記憶手段310、演出出力制御手段320などとして機能する。なお、演出制御装置300は、上記以外の手段を有していても構わない。
次に、演出制御装置300が備える各手段について説明する。
(演出データ記憶手段310)
演出データ記憶手段310は、報知装置8に出力させる演出に関するデータを記憶するためのものである。具体的には、例えば、画像表示装置34に表示される画像、スピーカ35から発生されるサウンド、ランプ33の点滅パターン等をデータで記憶する。
(演出出力制御手段320)
演出出力制御手段320は、演出データ記憶手段310の記憶するデータに基づいて、報知装置8の出力を制御するためのものである。換言すると、遊技制御装置100からの信号に基づき、演出データ記憶手段310の記憶する演出データを選択し、この演出データに従って報知装置8の出力を制御するようになっている。
(スロットマシンSの動作)
本実施の形態に係るスロットマシンSの動作の概略について、図6ないし図8に示したフローチャートを用いて説明する。なお、スタート時のメダルセレクター6のブロッカー装置は「メダル排除可能状態」になっている。
ステップ101において、遊技状態更新処理が行われる。具体的には、RAMの所定の領域がクリアされて、通常当選フラグの消去、入賞済みのボーナス当選フラグの消去等がなされる。そして、ステップ102に進む。
ステップ102において、前回のゲームでリプレイ当選役に入賞したか否かの判断が行われる。そして、前回のゲームでリプレイ当選役に入賞したと判断した場合には、ステップ103に進む。前回のゲームでリプレイ当選役に入賞していないと判断した場合には、ステップ105に進む。
ステップ103において、メダルの自動投入が行われる。具体的には、ベット数カウント手段180のベット数に「3」(前回のゲームと同じベット数)を加算する更新が行われる。そして、ステップ104に進む。
ステップ104において、スタートスイッチ53が操作されたか否かの判断が行われる。そして、スタートスイッチ53が操作されたと判断したときには、ステップ123に進む。スタートスイッチ53が操作されていないと判断したときには、ステップ104に戻る。
ステップ105において、クレジット数カウント手段190のクレジット数が「50」であるか否かの判断が行われる。そして、クレジット数カウント手段190のクレジット数が「50」でないと判断したときには、ステップ106に進む。クレジット数カウント手段190のクレジット数が「50」であると判断したときには、ステップ107に進む。
ステップ106において、メダルセレクター6のブロッカー装置が「メダル通過可能状態」になる。そして、ステップ107に進む。
ステップ107において、メダル投入口42からメダルが投入されて、投入センサー7がメダルを検出したか否かの判断が行われる。そして、投入センサー7がメダルを検出したと判断したときには、ステップ108に進む。投入センサー7がメダルを検出していないと判断したときには、ステップ120に進む。
ステップ108において、ベット数カウント手段180のベット数が「3」であるか否かの判断が行われる。そして、ベット数カウント手段180のベット数が「3」であると判断したときには、ステップ109に進む。ベット数カウント手段180のベット数が「3」でないと判断したときには、ステップ113に進む。
ステップ109において、クレジット数カウント手段190のクレジット数に「1」を加算する更新が行われる。そして、ステップ110に進む。
ステップ110において、クレジット数カウント手段190のクレジット数が「50」であるか否かの判断が行われる。そして、クレジット数カウント手段190のクレジット数が「50」であると判断したときには、ステップ111に進む。クレジット数カウント手段190のクレジット数が「50」でないと判断したときには、ステップ118に進む。
ステップ111において、メダルセレクター6のブロッカー装置が「メダル排除可能状態」になる。そして、ステップ112に進む。
ステップ112において、スタートスイッチ53が操作されたか否かの判断が行われる。そして、スタートスイッチ53が操作されたと判断したときには、ステップ123に進む。スタートスイッチ53が操作されていないと判断したときには、ステップ112に戻る。
ステップ113において、ベット数カウント手段180のベット数に「1」を加算する更新が行われる。そして、ステップ114に進む。
ステップ114において、ベット数カウント手段180のベット数が「3」であるか否かの判断が行われる。そして、ベット数カウント手段180のベット数が「3」であると判断したときには、ステップ115に進む。ベット数カウント手段180のベット数が「3」でないと判断したときには、ステップ107に戻る。
ステップ115において、ボーナス当選役(「7(赤色)当選役」、「7(青色)当選役」または「BAR当選役」)に入賞し得る権利を有しているか否かの判定、つまりボーナス当選フラグ(「7(赤色)当選フラグ」、「7(青色)当選フラグ」または「BAR当選フラグ」)が立っているか否かの判定が行われる。そして、ボーナス当選フラグが立っていると判定した場合には、ステップ116に進む。ボーナス当選フラグが立っていないと判定した場合には、ステップ118に進む。
ステップ116において、権利成立時間計時手段210から成立時間経過信号が出力されたか否かの判定が権利成立時間判定手段220により行われる。そして、権利成立時間計時手段210から成立時間経過信号が出力されたと判定した場合には、ステップ117に進む。権利成立時間計時手段210から成立時間経過信号が出力されていないと判断した場合には、ステップ118に進む。
ステップ117において、成立時間経過権利剥奪手段230によりボーナス当選フラグ(「7(赤色)当選フラグ」、「7(青色)当選フラグ」または「BAR当選フラグ」)が消去される。そして、ステップ118に進む。
ステップ118において、スタートスイッチ53が操作されたか否かの判断が行われる。そして、スタートスイッチ53が操作されたと判断したときには、ステップ119に進む。スタートスイッチ53が操作されていないと判断したときには、ステップ107に戻る。
ステップ118において、メダルセレクター6のブロッカー装置が「メダル排除可能状態」になる。そして、ステップ123に進む。
ステップ120において、ベットスイッチ51が操作されたか否かの判断が行われる。そして、ベットスイッチ51が操作されたと判断したときには、ステップ121に進む。ベットスイッチ51が操作されていないと判断したときには、ステップ114に進む。
ステップ121において、クレジット数カウント手段190のクレジット数が「0」であるか否かの判断が行われる。そして、クレジット数カウント手段190のクレジット数が「0」でないと判断したときには、ステップ122に進む。クレジット数カウント手段190のクレジット数が「0」であると判断したときには、ステップ107に戻る。
ステップ122において、ベット数振り替え処理が行われる。具体的には、クレジット数カウント手段190のクレジット数に応じて、このクレジット数からベット数カウント手段180のベット数に最大「3」まで振り替える演算が行われる。そして、ステップ114に進む。
ステップ123において、当選抽選処理が行われる。そして、ステップ124に進む。
ステップ124において、ステップ123でボーナス当選役に当選したか否かの判断が行われる。具体的には、当選抽選手段130の抽選結果が「7(赤色)当選」、「7(青色)当選」または「BAR当選」であるか否かの判断が行われる。そして、ボーナス当選役に当選したと判断した場合には、ステップ125に進む。ボーナス当選役に当選していないと判断した場合には、ステップ126に進む。
ステップ125において、権利成立時間計時手段210が、カウント値をクリアするとともに、計時を開始する。そして、ステップ126に進む。
ステップ126において、停止テーブル選択手段162により立っている当選フラグに対応する停止テーブルが読み出される。そして、ステップ127に進む。
ステップ127において、3個の回転リール23の回転が開始される。そして、ステップ128に進む。
ステップ128において、ストップスイッチ54が操作されたか否かの判断が行われる。そして、ストップスイッチ54が操作されたと判断したときには、ステップ129に進む。ストップスイッチ54が操作されていないと判断したときには、ステップ128に戻る。
ステップ129において、ステップ126で読み出した停止テーブルを参照して、操作されたストップスイッチ54に対応する回転リール23の滑りコマ数を取得する。そして、ステップ130に進む。
ステップ130において、ステップ129で取得した滑りコマ数の図柄を通過させて回転リール23を停止基準位置に停止させる。そして、ステップ131に進む。
ステップ131において、すべての回転リール23が回転を停止したか否かの判断が行われる。そして、すべての回転リール23が回転を停止したと判断した場合には、ステップ132に進む。いずれかの回転リール23が回転していると判断した場合は、ステップ128に戻る。
ステップ132において、入賞判定処理が行われる。具体的には、複数の当選役のいずれかに入賞か又は入賞なしかの判定が入賞判定手段170により行われる。そして、ステップ133に進む。
ステップ134において、メダルの支払いを伴う当選役(「ベル当選役」、「スイカ当選役」または「チェリー当選役」)に入賞したか否かの判断が行われる。そして、メダルの支払いを伴う当選役に入賞したと判断した場合には、ステップ134に進む。メダルの支払いを伴う当選役に入賞していないと判断した場合には、ステップ135に進む。
ステップ134において、支払い制御処理が行われる。そして、ステップ135に進む。
ステップ135において、ボーナス当選役(「7(赤色)当選役」、「7(青色)当選役」または「BAR当選役」)に入賞したか否かの判断が行われる。そして、ボーナス当選役に入賞したと判断した場合には、ステップ136に進む。ボーナス当選役に入賞していないと判断した場合には、ステップ101に戻る。
ステップ136において、権利成立時間計時手段210が計時を終了する。そして、ステップ101に戻る。
次に、上述したステップ123の当選抽選処理について、図9に示したフローチャートを用いて説明する。
ステップ201において、乱数抽出手段132により抽出乱数データが取得される。具体的には、当選抽選手段130の乱数発生手段131により発生される乱数から、乱数抽出手段132により1つの数値が抽出される。そして、ステップ202に進む。
ステップ202において、当選判定テーブル選択手段134により当選判定テーブル133が選択される。そして、ステップ203に進む。
ステップ203において、当選役に当選したか否かの判定が行われる。具体的には、当選判定手段135により、抽出乱数データが当選判定テーブル133のどの領域に含まれるか照合される。そして、当選役に当選したと判定した場合には、ステップ204に進む。当選役に当選していない、つまり「ハズレ」と判定された場合には、ステップ204を飛ばして当選抽選処理を終了する。
ステップ204において、ステップ203の判定結果に応じた当選フラグが、当選フラグ成立手段136により立てられる。そして、当選抽選処理を終了する。
次に、上述したステップ134の支払い制御処理について、図10に示したフローチャートを用いて説明する。
ステップ301において、入賞したと入賞判定手段170により判定された当選役に応じた枚数が読み出され、支払い枚数カウント手段241にセットされる。そして、ステップ302に進む。
ステップ302において、クレジット数カウント手段190のクレジット数が上限の「50」に達しているか否かの判断が行われる。そして、クレジット数が「50」に達していないと判断した場合には、ステップ303に進む。クレジット数が「50」に達していると判断した場合には、ステップ306に進む。
ステップ303において、クレジット数カウント手段190のクレジット数に「1」を加算する更新を行う。そして、ステップ304に進む。
ステップ304において、支払い枚数カウント手段241のカウント数から「1」を減算する更新を行う。そして、ステップ305に進む。
ステップ305において、支払い枚数カウント手段241のカウント数が「0」になっているか否かの判断が行われる。そして、支払い枚数カウント手段241のカウント数が「0」になっていると判断した場合には、支払い制御処理を終了する。支払い枚数カウント手段241のカウント数が「0」になっていないと判断した場合には、ステップ302に戻る。
ステップ306において、払い出し装置5の送り出し機構の作動を開始する。そして、ステップ307に進む。
ステップ307において、払い出し装置5の払い出しセンサーにより1枚のメダルの排出を検出したか否かの判断が行われる。そして、1枚のメダルの排出を検出したと判断した場合には、ステップ308に進む。1枚のメダルの排出を検出していないと判断した場合には、ステップ307に戻る。
ステップ308において、払い出し装置5の送り出し機構の作動を停止する。そして、ステップ304に進む。
以上のように、本実施の形態によれば、「ボーナス当選役」に当選してから所定時間が経過しても「ボーナス当選役」に入賞しないと、「ボーナス当選フラグ」が消滅される。これにより、営業開始前にスロットマシンSを「ボーナス当選フラグ」の立った状態にさせても、営業開始時には「ボーナス当選フラグ」が消滅しているため、「モーニングサービス」を規制することができる。
また、本実施の形態によれば、権利成立時間計時手段210は、当選抽選手段130の抽選によるボーナス当選役の当選を契機に計時を開始し、当該ボーナス当選役に入賞したと入賞判定手段170により判定されたことを契機に計時を終了するように形成されている。したがって、権利成立時間計時手段210は、複数回のゲームに渡って計時することができる。これにより、他の遊技者が「ボーナス当選フラグ」の立った状態で遊技を止めたスロットマシンSを探して遊技を行う、いわゆる「ハイエナ」による損害を、ある程度防止することができる。
(第2の実施の形態)
第1の実施の形態では、「ボーナス当選役」に当選してから所定時間が経過しても「ボーナス当選役」に入賞しないと、「ボーナス当選フラグ」が消滅されるが、第2の実施の形態では、「ボーナス当選役」に入賞し得る権利を有した状態でゲームを終了してから次のゲームが開始するまでの間に所定時間が経過すると、「ボーナス当選フラグ」が消滅されるようになっている。
また、第2の実施の形態に係るスロットマシンSは、ハードウエアの構成については、第1の実施の形態に係るスロットマシンSと同様である。
そこで、第2の実施の形態では、第1の実施の形態との相違点を中心に説明する。
(図面の説明)
図11及び図12は、第2の実施の形態を示すものである。
図11は、スロットマシンSの制御装置10の入力、制御及び出力の概略を示すブロック図である。図12は、スロットマシンSの動作の概略を示すフローチャートである。
(遊技制御装置100)
遊技制御装置100は、スロットマシンSの遊技を制御するためのものである。
また、遊技制御装置100は、CPUがROMに記憶されたプログラムを実行することにより、通常遊技制御手段110、特別遊技制御手段120、当選抽選手段130、回転制御手段140、回転位置判断手段150、停止制御手段160、入賞判定手段170、ベット数カウント手段手段180、クレジット数カウント手段190、遊技状態更新手段200、権利所有判定手段250、待機時間計時手段260、待機時間経過権利剥奪手段270、支払い制御手段240などとして機能する。
次に、上記手段のうち、第1の実施の形態と相違する手段について説明する。
(権利所有判定手段250)
権利所有判定手段250は、ボーナス当選役に入賞したと入賞判定手段170により判定されなかったことを契機に、ボーナス当選役に入賞し得る権利を有しているか否かを判定するためのものである。
「ボーナス当選役に入賞したと入賞判定手段170により判定されなかったこと」は、換言すると、「入賞なしと入賞判定手段170により判定されたこと」、または「通常当選役には入賞したがボーナス当選役には入賞していないと入賞判定手段170により判定されたこと」となる。
本実施の形態では、権利所有判定手段250は、ボーナス当選役(「7(赤色)当選役」、「7(青色)当選役」または「BAR当選役」)に入賞したと入賞判定手段170により判定されなかったことを契機に、ボーナス当選フラグ(「7(赤色)当選フラグ」、「7(青色)当選フラグ」または「BAR当選フラグ」)が立っているか否かを判定する。
具体的には、権利所有判定手段250は、「入賞なし」、「ベル当選役に入賞した」、「スイカ当選役に入賞した」、「チェリー当選役に入賞した」、または「リプレイ当選役に入賞した」と入賞判定手段170により判定されたことを契機に、「7(赤色)当選フラグ」、「7(青色)当選フラグ」または「BAR当選フラグ」のいずれかが立っているか否かを判定する。
(待機時間計時手段260)
待機時間計時手段260は、ボーナス当選役に入賞し得る権利を有していると権利所有判定手段250により判定されたことを契機に計時を開始し、ゲームを開始させるために必須な操作を契機に計時を終了する。
本実施の形態では、待機時間計時手段260は、ボーナス当選フラグ(「7(赤色)当選フラグ」、「7(青色)当選フラグ」または「BAR当選フラグ」)が立っていると権利所有判定手段250に判定されたことを契機に、カウント値をクリアするとともに、計時を開始する。
「ゲームを開始させるため」とは、具体的には、「当選抽選手段130に当選役の抽選を行わせるため」、または「各回転リール23の回転を開始させるため」等を意味する。
「ゲームを開始させるために必須な操作」とは、具体的には、例えば、「メダル投入口42からのメダルの投入」、「ベットスイッチ51の操作」、「スタートスイッチ53の操作」等が挙げられる。
本実施の形態では、待機時間計時手段260は、ベット数カウント手段180のベット数が「3」の状態でスタートスイッチ53が操作されたことを契機に、計時を終了する。
なお、待機時間計時手段260は、スロットマシンSの電源がOFFの間も計時することができる。
(待機時間経過権利剥奪手段270)
待機時間経過権利剥奪手段270は、待機時間計時手段260が計時を終了する前に所定時間を計時したことを契機に、ボーナス当選役に入賞し得る権利を剥奪するためのものである。
本実施の形態では、待機時間経過権利剥奪手段270は、ゲームを開始させるために必須な操作を契機に、待機時間計時手段260が所定時間を計時したか否かを判断する。そして、待機時間経過権利剥奪手段270は、待機時間計時手段260が所定時間を計時したと判断したときに、ボーナス当選役に入賞し得る権利を剥奪する。
具体的には、待機時間経過権利剥奪手段270は、ベット数カウント手段180のベット数が「3」の状態でスタートスイッチ53が操作された場合に、待機時間計時手段260の計時時間が30分に達したか否かを判断する。そして、待機時間経過権利剥奪手段270は、待機時間計時手段260の計時時間が30分に達したと判断したときに、ボーナス当選フラグ(「7(赤色)当選フラグ」、「7(青色)当選フラグ」または「BAR当選フラグ」)を消去する。
(スロットマシンSの動作)
本実施の形態に係るスロットマシンSの動作の概略について、図12に示したフローチャートを用いて説明する。
ステップ401において、遊技状態更新処理が行われる。具体的には、RAMの所定の領域がクリアされて、通常当選フラグの消去、入賞済みのボーナス当選フラグの消去等がなされる。そして、ステップ402に進む。
ステップ402において、ベット処理が行われる。具体的には、例えば、投入センサー7がメダルを検出すると、ベット数カウント手段180のベット数に「1」を加算する更新が行われる。また、例えば、ベットスイッチ51が操作されると、クレジット数カウント手段190のクレジット数から減算するとともに、ベット数カウント手段180のベット数に加算する更新が行われる。また、例えば、前回のゲームで「リプレイ当選役」に入賞した場合には、ベット数カウント手段180のベット数に「3」(前回のゲームと同じベット数)を加算する更新が行われる。そして、ステップ403に進む。
ステップ403において、スタートスイッチ53が操作されたか否かの判断が行われる。そして、スタートスイッチ53が操作されたと判断したときには、ステップ404に進む。スタートスイッチ53が操作されていないと判断したときには、ステップ403に戻る。
ステップ404において、ボーナス当選役(「7(赤色)当選役」、「7(青色)当選役」または「BAR当選役」)に入賞し得る権利を有しているか否かの判定、つまりボーナス当選フラグ(「7(赤色)当選フラグ」、「7(青色)当選フラグ」または「BAR当選フラグ」)が立っているか否かの判定が行われる。そして、ボーナス当選フラグが立っていると判定した場合には、ステップ405に進む。ボーナス当選フラグが立っていないと判定した場合には、ステップ408に進む。
ステップ405において、待機時間計時手段260が計時を終了する。そして、ステップ406に進む。
ステップ406において、待機時間計時手段260の計時時間が30分に達したか否かの判断が行われる。そして、待機時間計時手段260の計時時間が30分に達したと判断した場合には、ステップ407に進む。待機時間計時手段260の計時時間が30分に達していないと判断した場合には、ステップ408に進む。
ステップ407において、待機時間経過権利剥奪手段270によりボーナス当選フラグ(「7(赤色)当選フラグ」、「7(青色)当選フラグ」または「BAR当選フラグ」)が消去される。そして、ステップ408に進む。
ステップ408において、当選抽選処理が行われる。そして、ステップ409に進む。
ステップ409において、停止テーブル選択手段162により立っている当選フラグに対応する停止テーブルが読み出される。そして、ステップ410に進む。
ステップ410において、3個の回転リール23の回転が開始される。そして、ステップ411に進む。
ステップ411において、ストップスイッチ54が操作されたか否かの判断が行われる。そして、ストップスイッチ54が操作されたと判断したときには、ステップ412に進む。ストップスイッチ54が操作されていないと判断したときには、ステップ411に戻る。
ステップ412において、ステップ409で読み出した停止テーブルを参照して、操作されたストップスイッチ54に対応する回転リール23の滑りコマ数を取得する。そして、ステップ413に進む。
ステップ413において、ステップ412で取得した滑りコマ数の図柄を通過させて回転リール23を停止基準位置に停止させる。そして、ステップ414に進む。
ステップ414において、すべての回転リール23が回転を停止したか否かの判断が行われる。そして、すべての回転リール23が回転を停止したと判断した場合には、ステップ415に進む。いずれかの回転リール23が回転していると判断した場合は、ステップ111に戻る。
ステップ415において、入賞判定処理が行われる。具体的には、複数の当選役のいずれかに入賞か又は入賞なしかの判定が入賞判定手段170により行われる。そして、ステップ416に進む。
ステップ416において、メダルの支払いを伴う当選役(「ベル当選役」、「スイカ当選役」または「チェリー当選役」)に入賞したか否かの判断が行われる。そして、メダルの支払いを伴う当選役に入賞したと判断した場合には、ステップ417に進む。メダルの支払いを伴う当選役に入賞していないと判断した場合には、ステップ418に進む。
ステップ417において、支払い制御処理が行われる。そして、ステップ418に進む。
ステップ418において、ボーナス当選役(「7(赤色)当選役」、「7(青色)当選役」または「BAR当選役」)に入賞したか否かの判断が行われる。そして、ボーナス当選役に入賞したと判断した場合には、ステップ419に進む。ボーナス当選役に入賞していないと判断した場合には、ステップ401に戻る。
ステップ419において、ボーナス当選役(「7(赤色)当選役」、「7(青色)当選役」または「BAR当選役」)に入賞し得る権利を有しているか否かの判定、つまりボーナス当選フラグ(「7(赤色)当選フラグ」、「7(青色)当選フラグ」または「BAR当選フラグ」)が立っているか否かの判定が権利所有判定手段250により行われる。そして、ボーナス当選フラグが立っていると判定した場合には、ステップ420に進む。ボーナス当選フラグが立っていないと判定した場合には、ステップ401に戻る。
ステップ420において、待機時間計時手段260が、カウント値をクリアするとともに、計時を開始する。そして、ステップ401に戻る。
なお、上述したステップ408の当選抽選処理については、第1の実施の形態に係る当選抽選処理と同様なので、説明を省略する。また、上述したステップ417の支払い制御処理については、第1の実施の形態に係る支払い制御処理と同様なので、説明を省略する。
以上のように、本実施の形態によれば、「ボーナス当選フラグ」の立った状態でゲームを終了してから次のゲームが開始するまでの間に所定時間が経過すると、「ボーナス当選フラグ」が消滅される。これにより、営業開始前にスロットマシンSを「ボーナス当選フラグ」の立った状態にさせても、営業開始時には「ボーナス当選フラグ」が消滅しているため、「モーニングサービス」を規制することができる。
また、本実施の形態によれば、待機時間計時手段260は、ボーナス当選役に入賞し得る権利を有していると権利所有判定手段250により判定されたことを契機に計時を開始し、ゲームを開始させるために必須な操作を契機に計時を終了するように形成されている。これにより、初心者が遊技を行う場合に、せっかく「ボーナス当選役」に当選したにも関わらず、中々「ボーナス当選役」に入賞させることができない内に「ボーナス当選フラグ」が消滅されてしまうことを防止することができる。
(他の実施の形態)
本発明は、第1の実施の形態及び第2の実施の形態に限定されるものではなく、本発明の目的を達成できる範囲における変形や改良も含むものである。
また、第1の実施の形態及び第2の実施の形態では、メダルを用いて遊技を行うスロットマシンSについて説明したが、本発明は、パチンコ玉を用いて遊技を行うスロットマシンにも適用することができる。
また、第1の実施の形態では、権利成立時間計時手段210は、当選抽選手段130の抽選によるボーナス当選役の当選を契機に計時を開始するように形成されている。ここで、例えば、権利成立時間計時手段210は、当選抽選手段130の抽選でボーナス当選役に当選したゲームにおいて、当該ボーナス当選役に入賞したと入賞判定手段170により判定されずにゲームを終了したことを契機に計時を開始するように形成されてもよい。
また、第2の実施の形態では、待機時間経過権利剥奪手段270は、ゲームを開始させるために必須な操作を契機に待機時間計時手段260が所定時間を計時したか否かを判断し、待機時間計時手段260が所定時間を計時したと判断したときに、ボーナス当選役に入賞し得る権利を剥奪するように形成されている。ここで、例えば、待機時間計時手段260は、所定時間を計時すると待機時間経過信号を出力するように形成され、待機時間経過権利剥奪手段270は、待機時間計時手段260から待機時間経過信号が出力されると、ボーナス当選役に入賞し得る権利を剥奪するように形成されてもよい。
第1の実施の形態に係るスロットマシンを示す斜視図である。 第1の実施の形態に係る前扉を取り外した状態のスロットマシンを示す斜視図である。 第1の実施の形態に係る図柄表示窓及び入賞有効ラインを示す正面図である。 第1の実施の形態に係る各回転リールのリールテープを展開して示す展開図である。 第1の実施の形態に係る制御装置の入力、制御及び出力の概略を示すブロック図である。 第1の実施の形態に係るスロットマシンの動作の概略を示すフローチャートである。 第1の実施の形態に係るスロットマシンの動作の概略を示すフローチャートである。 第1の実施の形態に係るスロットマシンの動作の概略を示すフローチャートである。 第1の実施の形態に係るスロットマシンの当選抽選処理を示すフローチャートである。 第1の実施の形態に係るスロットマシンの支払い制御処理を示すフローチャートである。 第2の実施の形態に係る制御装置の入力、制御及び出力の概略を示すブロック図である。 第2の実施の形態に係るスロットマシンの動作の概略を示すフローチャートである。
符号の説明
S スロットマシン 1 筐体
2 交換ユニット 3 前扉
4 電源ユニット 5 払い出し装置
6 メダルセレクター 7 投入センサー
8 報知装置
10 制御装置 11 正面開口部
12 中板 13 開口上部
14 開口下部 15 底板
16A 右側板 16B 左側板
17 天板 18 筐体側蝶番
21 枠体 22 リールユニット
23 回転リール 24 基板ユニット
25 枠体側蝶番 26 係合クリップ
27 フック部 28 リールテープ
30 上扉 31 図柄表示窓
32 数値表示部 33 ランプ
34 画像表示装置 35 スピーカ
36 上扉側蝶番 37 入賞有効ライン
40 下扉 41 メダル払い出し口
42 メダル投入口 43 メダル受け皿
44 メダル排出部 45 前パネル
46 下扉側蝶番
50 操作部 51 ベットスイッチ
52 精算スイッチ 53 スタートスイッチ
54 ストップスイッチ
100 遊技制御装置 110 通常遊技制御装置
120 特別遊技制御手段 121 BBゲーム制御手段
122 RBゲーム制御手段
130 当選抽選手段 131 乱数発生手段
132 乱数抽出手段 133 当選判定テーブル
134 当選判定テーブル選択手段 135 当選判定手段
136 当選フラグ成立手段
140 回転制御手段 150 回転位置判断手段
160 停止制御手段 161 停止テーブル
162 停止テーブル選択手段 163 回転リール停止手段
170 入賞判定手段 180 ベット数カウント手段
190 クレジット数カウント手段 200 遊技状態更新手段
210 権利成立時間計時手段 220 権利成立時間判定手段
230 成立時間経過権利剥奪手段
240 支払い制御手段 241 支払い枚数カウント手段
242 クレジット数増加手段 243 払い出し制御手段
250 権利所有判定手段 260 待機時間計時手段
270 待機時間経過権利剥奪手段
300 演出制御装置 310 演出データ記憶手段
320 演出出力制御手段

Claims (2)

  1. 表面に複数の図柄が付された複数個の回転リールと、
    各回転リールの回転を開始させるためのスタートスイッチと、
    各回転リールに対応して設けられ、対応する回転リールの回転を停止させるためのストップスイッチと、
    スタートスイッチの操作を契機に複数の当選役のいずれかに当選か又はハズレかの抽選を行うための当選抽選手段と、
    ストップスイッチの操作を契機に、当選抽選手段の抽選結果及び回転リールの回転位置に基づいて、このストップスイッチに対応する回転リールの停止制御を行うための停止制御手段と、
    すべての回転リールの回転が停止したことを契機に、複数の当選役のいずれかに入賞か又は入賞なしかの判定を行うための入賞判定手段とを備え、
    当選抽選手段の抽選で当選役に当選すると、当該当選役に入賞し得る権利が発生するスロットマシンにおいて、
    当選抽選手段の抽選で当選役に当選したゲームにおいて当該当選役に入賞したと入賞判定手段により判定されなかったときに、入賞し得る権利が次のゲームの開始前に消滅される当選役を通常当選役とし、入賞し得る権利が次のゲームに持ち越される当選役をボーナス当選役とし、
    当選抽選手段の抽選によるボーナス当選役の当選を契機に計時を開始し、当該ボーナス当選役に入賞したと入賞判定手段により判定されたことを契機に計時を終了する権利成立時間計時手段と、
    ボーナス当選役に入賞し得る権利を有している場合において、ゲームを開始させるために必須な操作を契機に、権利成立時間計時手段が所定時間を計時したか否かを判定するための権利成立時間判定手段と、
    権利成立時間計時手段が所定時間を計時したと権利成立時間判定手段により判定されたことを契機に、ボーナス当選役に入賞し得る権利を剥奪するための成立時間経過権利剥奪手段とを備え、
    停止制御手段は、当選役に入賞し得る権利を有している場合には当該当選役が入賞し得るように且つその他の当選役のいずれも入賞しないように回転リールの停止制御を行い、当選役に入賞し得る権利を有していない場合にはいずれの当選役も入賞しないように回転リールの停止制御を行うことを特徴とするスロットマシン。
  2. 表面に複数の図柄が付された複数個の回転リールと、
    各回転リールの回転を開始させるためのスタートスイッチと、
    各回転リールに対応して設けられ、対応する回転リールの回転を停止させるためのストップスイッチと、
    スタートスイッチの操作を契機に複数の当選役のいずれかに当選か又はハズレかの抽選を行うための当選抽選手段と、
    ストップスイッチの操作を契機に、当選抽選手段の抽選結果及び回転リールの回転位置に基づいて、このストップスイッチに対応する回転リールの停止制御を行うための停止制御手段と、
    すべての回転リールの回転が停止したことを契機に、複数の当選役のいずれかに入賞か又は入賞なしかの判定を行うための入賞判定手段とを備え、
    当選抽選手段の抽選で当選役に当選すると、当該当選役に入賞し得る権利が発生するスロットマシンにおいて、
    当選抽選手段の抽選で当選役に当選したゲームにおいて当該当選役に入賞したと入賞判定手段により判定されなかったときに、入賞し得る権利が次のゲームの開始前に消滅される当選役を通常当選役とし、入賞し得る権利が次のゲームに持ち越される当選役をボーナス当選役とし、
    ボーナス当選役に入賞したと入賞判定手段により判定されなかったことを契機に、ボーナス当選役に入賞し得る権利を有しているか否かを判定するための権利所有判定手段と、
    ボーナス当選役に入賞し得る権利を有していると権利所有判定手段により判定されたことを契機に計時を開始し、ゲームを開始させるために必須な操作を契機に計時を終了する待機時間計時手段と、
    待機時間計時手段が計時を終了する前に所定時間を計時したことを契機に、ボーナス当選役に入賞し得る権利を剥奪するための待機時間経過権利剥奪手段とを備え、
    停止制御手段は、当選役に入賞し得る権利を有している場合には当該当選役が入賞し得るように且つその他の当選役のいずれも入賞しないように回転リールの停止制御を行い、当選役に入賞し得る権利を有していない場合にはいずれの当選役も入賞しないように回転リールの停止制御を行うことを特徴とするスロットマシン。
JP2007217854A 2007-08-24 2007-08-24 スロットマシン Pending JP2009050342A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007217854A JP2009050342A (ja) 2007-08-24 2007-08-24 スロットマシン

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007217854A JP2009050342A (ja) 2007-08-24 2007-08-24 スロットマシン

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2009050342A true JP2009050342A (ja) 2009-03-12

Family

ID=40501977

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007217854A Pending JP2009050342A (ja) 2007-08-24 2007-08-24 スロットマシン

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2009050342A (ja)

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11431A (ja) * 1997-06-13 1999-01-06 Sankyo Kk 遊技機
JP2002058797A (ja) * 2000-08-15 2002-02-26 Olympia:Kk スロットマシン
JP2004105768A (ja) * 2004-01-14 2004-04-08 Olympia:Kk スロットマシン

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11431A (ja) * 1997-06-13 1999-01-06 Sankyo Kk 遊技機
JP2002058797A (ja) * 2000-08-15 2002-02-26 Olympia:Kk スロットマシン
JP2004105768A (ja) * 2004-01-14 2004-04-08 Olympia:Kk スロットマシン

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5303218B2 (ja) 遊技機
JP2010075313A (ja) スロットマシン
JP5350672B2 (ja) スロットマシン
JP5303219B2 (ja) 遊技機
JP5577621B2 (ja) スロットマシン
JP5368160B2 (ja) スロットマシン
JP5231140B2 (ja) 遊技機
JP5303220B2 (ja) 遊技機
JP2009050342A (ja) スロットマシン
JP2008237340A (ja) スロットマシン
JP2009082560A (ja) スロットマシン
JP5204543B2 (ja) スロットマシン
JP2009045275A (ja) スロットマシン
JP5231141B2 (ja) 遊技機
JP2008148759A (ja) スロットマシン
JP2008245785A (ja) スロットマシン
JP2008289577A (ja) スロットマシン
JP2008301997A (ja) スロットマシン
JP2008194073A (ja) スロットマシン
JP2009219680A (ja) スロットマシン
JP2008289518A (ja) スロットマシン
JP2009119092A (ja) スロットマシン、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記憶した記憶媒体
JP4673820B2 (ja) スロットマシン
JP2009112322A (ja) スロットマシン、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記憶した記憶媒体
JP5377434B2 (ja) スロットマシン

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090224

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110623

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20111220