JP2006123355A - 画像形成体 - Google Patents

画像形成体 Download PDF

Info

Publication number
JP2006123355A
JP2006123355A JP2004314900A JP2004314900A JP2006123355A JP 2006123355 A JP2006123355 A JP 2006123355A JP 2004314900 A JP2004314900 A JP 2004314900A JP 2004314900 A JP2004314900 A JP 2004314900A JP 2006123355 A JP2006123355 A JP 2006123355A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
image
ink
line
message
printed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2004314900A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4247906B2 (ja
Inventor
Toshinori Tanaka
利典 田中
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
National Printing Bureau
Original Assignee
National Printing Bureau
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by National Printing Bureau filed Critical National Printing Bureau
Priority to JP2004314900A priority Critical patent/JP4247906B2/ja
Publication of JP2006123355A publication Critical patent/JP2006123355A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4247906B2 publication Critical patent/JP4247906B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】 本発明は、貴重印刷物に適用される偽造・変造防止印刷物に関するものである。
【解決手段】 基材の表面に、光学的変化インキにより印刷された第1のメッセージ画像領域と、前記第1のメッセージ画像領域に重ねて、盛り上がりのあるインキにより印刷され、複数の画線からなる万線で構成された第2のメッセージ画像領域を有してなる画像形成体において、
前記第2のメッセージ画像領域は、少なくとも一つの情報部及び背景部を有してなり、
前記情報部及び前記背景部は互いの部内の画線方向が異なり、
前記情報部及び/または前記背景部を含む領域に所定方向に万線の一部の位相をずらして形成された模様画像領域を設けたことを特徴とする。
【選択図】 図6

Description

本発明は、銀行券、株券、パスポート、有価証券、通行券、カード、商品タグ等の偽造及び変造を防止する必要性のある貴重印刷物に適用される画像形成体に関するものである。
従来、銀行券、株券、パスポート、有価証券、通行券、カード、商品タグ等の偽造、変造を防止する必要性のある貴重印刷物において、印刷物に対して垂直方向から傾けて観察することにより潜像画像の出現又は色彩の変化をさせて真偽判別を行う技術は公知であり、凹版印刷物の画線構成を利用して潜像画像を出現させるもの、光学的変化インキを利用して色彩を変化させるもの等が挙げられる。また、視覚的な偽造防止効果を与えるため、通常、券面に細かな模様が印刷される。一般的に広く利用されている偽造防止用の模様は、レリーフ模様が挙げられる。このレリーフ模様は、立体的な何らかのモチーフを、二次元平面に表現した模様である。
前記凹版印刷物の画線構成を利用し、潜像画像を出現させるもの、例えば、凹版印刷された万線に潜像画像となる画線部を高い画線で構成し、その他の凹版印刷画線の画線部を潜像画像となる画線部より低い画線で構成している。このことにより、印刷物の角度を変えて観察すると潜像画像が発現するものが開示されている。更に、画線の幅が均一で向きが異なることにより潜像画像を発現させるものがある(例えば、特許文献1参照)。
特公昭56−19273号公報(第1頁、第1−15図)
特定パターンを光学的変化インキとしてパール光沢インキを用いて印刷した多色印刷物であって、見る角度によって色が変わる干渉光を示す特定パターンを示し、更に、カラーコピー機による複写により前記パール光沢インキの色が目視でも識別可能な異なる色に再現されることを特徴とする印刷物が開示されている(例えば、特許文献2参照)。
特開平9−240133号公報(第1−3頁、第1図)
また、前記凹版画線で構成した潜像を有する画像の下部又は上部に光学的変化インキによって印刷した画像を設けることにより、凹版画線のインキの盛りによる指感性、領域ごとの凹版画線の角度を変化させることによる潜像画像及び光学的変化インキの潜像画像の複写防止機能を備えた印刷物について開示されている(例えば、特許文献3参照)。
特開2004−90381号公報(第3図)
しかしながら、特開2004−90381号公報の印刷物は、盛り上がりのある凹版画線で構成した潜像を有する画像の下部又は上部に光沢が変化する光学的変化インキを使用することで、印刷物を傾けて観察した場合に、ある範囲では本来なら両画像とも視認可能であるが、光学的変化インキによる光沢変化と、盛り上がりのあるインキによる等間隔の万線パターンから構成される画像の顕像変化との相互の相対的な画像の浮沈関係により、印刷物を正面から観察した場合に、二つのメッセージ画像両方ともに視認できないが、印刷物の観察角度を変えると二つの潜像が表出するところが特徴である。しかし、盛り上がりのある凹版画線で構成した潜像を有する該画像部は、印刷物のかなりの領域を占めるため正面から観察した場合に模様等が何もないと印刷物が単調になってしまうという問題点があった。
本発明は、上記背景技術の問題点を解決することを課題とする。具体的には、本発明は盛り上がりのあるインキによる潜像、光学的変化インキによる潜像の視認性及びカモフラージュの効果を落とさないとともに、印刷物の画像の領域が、単調なものとならない様に画像を付与した印刷物を提供することを課題とする。
本発明は、基材の表面に、光学的変化インキにより印刷された第1のメッセージ画像領域と、前記第1のメッセージ画像領域に重ねて、盛り上がりのあるインキにより印刷され、複数の画線からなる万線で構成された第2のメッセージ画像領域を有してなる画像形成体において、
前記第2のメッセージ画像領域は、少なくとも一つの情報部及び背景部を有してなり、
前記情報部及び前記背景部は互いの部内の画線方向が異なり、
前記情報部及び/又は前記背景部を含む領域に所定方向に万線の一部の位相をずらして形成された模様画像領域を設けたことを特徴とする画像形成体である。
また、本発明は、前記模様画像領域が、立体的なモチーフを二次元に表現したレリーフ模様であることを特徴とする画像形成体である。
また、前記光学的変化インキが、パールインキであることを特徴とする画像形成体である。
本発明の画像形成体は、基材の印刷を施した面に対して、垂直方向から徐々に水平方向に観察角度を変化させると、盛り上がりのあるインキによる第2のメッセージ画像領域の特定画像が視認でき、前記角度とは異なる角度で観察すると光学的変化インキによる第1のメッセージ画像領域の特定画像が視認される。更に、本発明の印刷物を複写機で複写した場合に盛り上がりのある画線は再現されることなく、更に盛り上がりのあるインキによる第2のメッセージ画像領域を構成する配列方向の異なる万線画線からなる画線の一部の位相をずらすことにより、各特定画像の視認性を低下させることなく潜像の存在をカモフラージュするとともに、印刷物が単調になることも防止している。
このようなことから、本発明は真偽判別、複写防止に優れているため、銀行券、株券、パスポート、有価証券、通行券、カード、商品タグ等の偽造、変造を防止する必要性のある貴重印刷物に適用できる。また、ホログラムのように高価でなく、少量生産にも向いている。
また、光学的変化インキにより印刷された第2のメッセージ画像領域は光学的変化インキ特有の複写防止効果に優れ、第1のメッセージ画像領域を構成する背景部と情報部は画線自体にインキの盛りを有するため指感性を有した印刷物となる。
本発明に係る画像形成体の発明を実施するための最良の形態を図面に基づいて説明する。本発明は発明を実施するための最良の形態に限定されるものではなく、特許請求の範囲記載における技術的思想の範囲内であれば、その他のいろいろな実施の形態が考えられる。
図1は、基材(1)に光学的変化インキで印刷した第1のメッセージ画像領域(5)である。この第1のメッセージ画像領域(5)は、光学的変化インキ(例えばパールインキ)の特徴である角度によって視認できたり、できなかったりすることを利用し、潜像となる画像を基材に付与したものである。
図2は、盛り上がりのあるインキによる等間隔の線画からなる万線パターンから構成される第2のメッセージ画像領域を示したものである。この第2のメッセージ画像領域は、情報部(2)と背景部(3)とに区分けされ、情報部(2)と背景部(3)の線画の配列方向が異なった盛り上がりのある線画から構成される。この画線の配列を異ならせたことにより、所定の角度で第2のメッセージ画像領域に潜像画像が表出するものである。
図3は、図2に示した第2のメッセージ領域(2)に設ける模様画像領域の元となる模様画像(6)である。
図4は、図3に示した模様画像のデザインを万線画線の一部を曲折することにより立体的にレリーフ模様で表現した模様画像領域(7)である。図4(a)は、縦万線によるレリーフ模様である。図4(b)は、横万線によるレリーフ模様である。
本発明の万線及び万線を構成する画線については、ここで列記したもの以外の波万線、同心円万線等の万線の方向又は、破線等の画線の種類に限定されるものではない。
図5は、図2の情報部(2)を図4(b)で構成し、図2の背景部(3)を図4(a)により構成したものである。
図6は、図1に示した基材(1)に光学的変化インキで印刷した第1のメッセージ画像領域(5)を設けたその上部に、図2に示した線画の配列方向が異なった盛り上がりのある線画により第2のメッセージ画像領域を重ねて印刷するとともに、第2のメッセージ画像領域を構成する情報部(2)及び背景部(3)の万線に、図4a及び図4bの模様領域を組み合わせた模様画像領域(7)(例えばレリーフ模様)を設けた本発明の画像形成体を示したものである。
また、本願発明の課題である印刷物が単調になるという点を解決するためのものとして、複数の画線の個々の画線の太さを変化することにより第1及び第2のメッセージ画像領域の潜像画像をカモフラージュする模様を入れることもできる。しかし、この印刷物では、印刷物を垂直方向から視認したときに画像が、単調になるという問題はなくなるが反対に第2のメッセージ画像領域の下部へ第1のメッセージ画像領域として光学的変化インキによる潜像を施した場合、下地の面積が狭くなるため潜像が視認しにくくなるとともに、盛り上がりのあるインキによる潜像も画線幅が変化すると視認しづらくなるという問題点もあったが、本発明によりそのような問題点も解決することができる。
ここで使用される光学的変化インキとして好ましくは、パールインキが良い。パールインキ中のパール顔料は、虹彩色パール顔料でも2色性パール顔料でもその他の鱗片状顔料でも構わない。また、パール顔料の粒子径の大きさは、1μm〜150μmのものを用い、好ましくは5μm〜50μmである。また、平均粒径は、10μm〜25μm程度が好ましい。
本発明の画像形成体を正面から観察した場合に、図2に示した情報部(2)が、認識し難いようにするには、情報部(2)及び背景部(3)の画線のそれぞれの画線幅が30μm〜600μmの範囲であることが好ましい。
更に情報部(2)の線画及び背景部(3)の画線のそれぞれの非画線幅が30μm〜600μmの範囲であることが好ましい。
更に、万線パターンの画線幅の間隔は、等間隔にすることが好ましい。また、情報部(2)の画線と背景部(3)との画線の異なる配列方向の角度は、30度程度から150度程度までの範囲であることが好ましい。更に、背景部(3)の線画の配列方向の角度を0度とした場合、情報部(2)の画線の異なる配列方向の角度は90度程度が好ましい。また、例えば、背景部(3)に3つ情報部(2)を入れた場合、背景部(3)を0度とした場合、情報部(2)の画線の配列方向の角度は45、90又は135度程度に設定すればよい。
また、本発明の情報部(2)及び背景部(3)の画線において、各画線の画線幅を段階的及び連続的、又は段階的若しくは連続的に変化させることで、画像形成体を傾けることにより、任意の階調を有する潜像画像が表現され、偽造防止の向上を図ることができる。
更に、情報部(2)及び背景部(3)の各線画のインキの盛りが10μm〜150μmの範囲であることが好ましい。インキの盛りが10μm未満であると、本発明の画像形成体を正面から連続的に傾けて観察した場合に、情報部(2)が明瞭に出現しにくくなり、150μmを超えると作製上困難となる。
図2に示した情報部(2)及び背景部(3)の盛り上がりのある画線のインキには、酸化重合型インキ、UV硬化型インキ、電子線硬化型インキ、紫外線硬化及び酸化重合機能を併せ持つインキ(特許2113880号参照)、又は2液混合型インキが好ましい。印刷方式は特に限定されることはないが、凹版印刷方式又はスクリーン印刷方式が好ましい。
本発明の印刷に使用される印刷方式は特に限定されるものではないが、第1のメッセージ画像領域(5)はフレキソ印刷技法、オフセット印刷技法が好ましい。
また、情報部(2)及び背景部(3)は凹版印刷技法、スクリーン印刷技法を用いることが好ましい。また、印刷機の調整においては特別な調整は不要であり、一般的な設定で印刷することが可能である。
本発明の基材(1)は紙葉類、プラスチックフィルム、金属、布等を用いることができる。
以下、実施例を用いて本発明を更に詳細に説明するが、本発明の内容は、これらの実施例の範囲に限定されるものではない。
図1に示す潜像となる文字KのデザインでPS版を作製し、本発明の第1のメッセージ画像領域(5)をパール顔料(メルク社製)を配合した光学的変化インキを用いて、フレキソ印刷方式で印刷し、図1に示す潜像画像を有する印刷物を得た。
次に、図2に示す情報部(2)及び背景部(3)の画線設計をコンピュータ上で、背景部(3)の画線の配列方向の角度を0度としたときに、情報部(2)の線画を90度とし、背景部(3)及び情報部(2)のピッチ幅200μm、画線幅100μmの線画から構成した。
得られた情報部(2)及び背景部(3)の構成をもとに、凹版版面を作製し、凹版インキ(黒)を用いて凹版印刷機で第1のメッセージ画像領域(5)の印刷物の上に重ね刷りを行い、紫外線照射装置で硬化させ、画像形成体を得た。
以上、本実施例に基づいて説明したが、本発明はこれに限定されるものでなく、特許請求の範囲記載における技術的思想の範囲内であれば、その他のいろいろな実施形態が考えられる。
本発明の画像形成体の光学的変化インキによる第1のメッセージ画像領域を示す。 本発明の画像形成体の盛り上がりのあるインキによる複数の画線からなる万線により構成される、第1のメッセージ画像領域の構成を示す。 本発明の画像形成体の盛り上がりのあるインキによる複数の画線からなる万線により構成される、模様画像領域のデザインとなる模様画像を示す。 (a)は、図3の模様画像を複数の縦画線からなる万線により立体的に表現したレリーフ模様を示す。(b)図3の模様模様を複数の横画線からなる万線により立体的に表現したレリーフ模様を示す。 図2の情報部(2)に図4(b)の模様画像領域(7)を設け、図2の背景部(3)に図4(a)の模様画像領域(7)を設けた印刷物を示す。 図1の光学的変化インキによる潜像画像領域の上部に図1、図4a及び図4を組み合わせた本発明の画像形成体を示す。
符号の説明
1 基材
2 情報部
3 背景部
第2のメッセージ画像領域
5 第1のメッセージ画像領域
6 模様画像
7 模様画像領域

Claims (3)

  1. 基材の表面に、光学的変化インキにより印刷された第1のメッセージ画像領域と、前記第1のメッセージ画像領域に重ねて、盛り上がりのあるインキにより印刷され、複数の画線からなる万線で構成された第2のメッセージ画像領域を有してなる画像形成体において、
    前記第2のメッセージ画像領域は、少なくとも一つの情報部及び背景部を有してなり、
    前記情報部及び前記背景部は互いの部内の画線方向が異なり、
    前記情報部及び/または前記背景部を含む領域に所定方向に万線の一部の位相をずらして形成された模様画像領域を設けたことを特徴とする画像形成体。
  2. 前記模様画像領域が、立体的なモチーフを二次元に表現したレリーフ模様であることを特徴とした請求項1記載の画像形成体。
  3. 前記光学的変化インキが、パールインキであることを特徴とした請求項1又は2記載の画像形成体。
JP2004314900A 2004-10-29 2004-10-29 画像形成体 Active JP4247906B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004314900A JP4247906B2 (ja) 2004-10-29 2004-10-29 画像形成体

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004314900A JP4247906B2 (ja) 2004-10-29 2004-10-29 画像形成体

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006123355A true JP2006123355A (ja) 2006-05-18
JP4247906B2 JP4247906B2 (ja) 2009-04-02

Family

ID=36718548

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004314900A Active JP4247906B2 (ja) 2004-10-29 2004-10-29 画像形成体

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4247906B2 (ja)

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2045084A2 (en) 2007-10-04 2009-04-08 FUJIFILM Corporation Image-forming method and image-forming apparatus
WO2010110370A1 (ja) * 2009-03-26 2010-09-30 独立行政法人 国立印刷局 潜像模様形成体
JP2011005641A (ja) * 2009-06-23 2011-01-13 National Printing Bureau 潜像印刷物
WO2011013788A1 (ja) * 2009-07-31 2011-02-03 独立行政法人 国立印刷局 潜像模様形成体
JP2011020283A (ja) * 2009-07-13 2011-02-03 National Printing Bureau 真偽判別可能な情報担持体
JP2014124862A (ja) * 2012-12-27 2014-07-07 Mitsumura Printing Co Ltd 偽造防止印刷物
JP2015202661A (ja) * 2014-04-16 2015-11-16 独立行政法人 国立印刷局 光沢差を有する印刷物
JP2016147393A (ja) * 2015-02-10 2016-08-18 独立行政法人 国立印刷局 偽造防止印刷物
CN107533160A (zh) * 2015-04-16 2018-01-02 罗利克有限公司 多图像散射设备
WO2018026879A1 (en) * 2016-08-02 2018-02-08 Multipackaging Solutions, Inc. Method for printing images

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8111436B2 (en) 2007-10-04 2012-02-07 Fujifilm Corporation Image-forming method and image-forming apparatus
EP2045084A2 (en) 2007-10-04 2009-04-08 FUJIFILM Corporation Image-forming method and image-forming apparatus
WO2010110370A1 (ja) * 2009-03-26 2010-09-30 独立行政法人 国立印刷局 潜像模様形成体
JP5224304B2 (ja) * 2009-03-26 2013-07-03 独立行政法人 国立印刷局 潜像模様形成体
JP2011005641A (ja) * 2009-06-23 2011-01-13 National Printing Bureau 潜像印刷物
JP2011020283A (ja) * 2009-07-13 2011-02-03 National Printing Bureau 真偽判別可能な情報担持体
CN102686406A (zh) * 2009-07-31 2012-09-19 独立行政法人国立印刷局 潜像图案形成体
JP5062645B2 (ja) * 2009-07-31 2012-10-31 独立行政法人 国立印刷局 潜像模様形成体
WO2011013788A1 (ja) * 2009-07-31 2011-02-03 独立行政法人 国立印刷局 潜像模様形成体
RU2500542C2 (ru) * 2009-07-31 2013-12-10 Нэшнл Принтинг Бюро, Инкорпорейтед Эдминистрейтив Эдженси Объект, образованный шаблонами скрытого изображения
US8741400B2 (en) 2009-07-31 2014-06-03 National Printing Bureau, Incorporated Administrative Agency Latent image pattern formed body
JP2014124862A (ja) * 2012-12-27 2014-07-07 Mitsumura Printing Co Ltd 偽造防止印刷物
JP2015202661A (ja) * 2014-04-16 2015-11-16 独立行政法人 国立印刷局 光沢差を有する印刷物
JP2016147393A (ja) * 2015-02-10 2016-08-18 独立行政法人 国立印刷局 偽造防止印刷物
CN107533160A (zh) * 2015-04-16 2018-01-02 罗利克有限公司 多图像散射设备
WO2018026879A1 (en) * 2016-08-02 2018-02-08 Multipackaging Solutions, Inc. Method for printing images
US10870300B2 (en) 2016-08-02 2020-12-22 Multi Packaging Solutions, Inc. Method for printing images

Also Published As

Publication number Publication date
JP4247906B2 (ja) 2009-04-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4247906B2 (ja) 画像形成体
AU2017295951B2 (en) Methods of manufacturing a security device
US5437897A (en) Anti-counterfeit latent image formation object for bills, credit cards, etc. and method for making the same
JP2600094B2 (ja) 偽造防止用潜像印刷物及びその印刷方法
JP4374446B2 (ja) 偽造防止形成体
JP4528933B2 (ja) 真偽判別可能な形成体及び作製方法
JP4452794B2 (ja) 偽造防止構造を有する凹版印刷物及び判別方法
JP2005171429A (ja) 透かし入り用紙
JP3686953B2 (ja) 偽造防止印刷物とその作製方法
JP4415542B2 (ja) 潜像を有する印刷物およびその顕像化方法
JP2004090381A (ja) 真偽判別可能な印刷物
JP2009119768A (ja) 画像形成体
JP2018034466A (ja) 潜像凹版模様を有する印刷物
JP3718742B2 (ja) 印刷又は表示画像の作成方法及び該作成方法により作成された画像表示体
JP2017087633A (ja) 立体印刷模様を有する形成体
JP5885164B2 (ja) 潜像印刷物
JP2012006170A (ja) 特殊潜像模様形成体
JPH11291610A (ja) 凹版潜像及び該潜像の作成方法
CA2594780C (en) Data carrier having a halftone image
JP7010203B2 (ja) 潜像画像形成体
JP6948031B2 (ja) 偽造防止用印刷物
JP2002254788A (ja) 網点画像を利用した真偽判別可能な印刷物及びその判別方法
JPH11291609A (ja) 凹版潜像及び該潜像の作成方法
JP6610902B2 (ja) 偽造防止印刷物
JP2021011098A (ja) 複写防止用紙及びその製造方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070501

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080725

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20081027

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20081107

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20090108

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20090108

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120123

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4247906

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130123

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130123

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140123

Year of fee payment: 5

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250