JP2005351078A - 鉄骨鉄筋コンクリート造柱の構築方法 - Google Patents

鉄骨鉄筋コンクリート造柱の構築方法 Download PDF

Info

Publication number
JP2005351078A
JP2005351078A JP2005222912A JP2005222912A JP2005351078A JP 2005351078 A JP2005351078 A JP 2005351078A JP 2005222912 A JP2005222912 A JP 2005222912A JP 2005222912 A JP2005222912 A JP 2005222912A JP 2005351078 A JP2005351078 A JP 2005351078A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
steel
reinforcing bar
shaped reinforcing
steel frame
reinforced concrete
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2005222912A
Other languages
English (en)
Inventor
Kenichiro Yamamoto
憲一郎 山本
Osamu Konno
修 今野
Takayuki Imaizumi
隆之 今泉
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Maeda Corp
Original Assignee
Maeda Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Maeda Corp filed Critical Maeda Corp
Priority to JP2005222912A priority Critical patent/JP2005351078A/ja
Publication of JP2005351078A publication Critical patent/JP2005351078A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】座屈強度を大幅に向上させて高軸力下での使用に耐え得る鉄骨鉄筋コンクリート造柱の構築方法を提供する。
【解決手段】フランジ6を有する鉄骨と、その周囲に配筋した鉄筋を内包する鉄骨鉄筋コンクリート造柱の構築方法において、鉄骨のウェブ1,2に穿孔部4を形成し、この穿孔部4にコ字型に成形したコ型補強筋5を挿通させ、反対側からも穿孔部4にコ型補強筋5を挿通させてコ型補強筋同士を非結合でオーバーラップさせ、そのオーバーラップ部分の中央に鉄骨のウェブ1,2が位置するように配置し、鉄骨のフランジに近接してこのフランジ6を取り囲むようにコ型補強筋5を配筋する工程を含むことを特徴とする。
【選択図】図1

Description

本発明は鉄骨鉄筋コンクリート造柱に関し、更に詳細にはよりコンクリートの拘束を高めた鉄骨鉄筋コンクリート造柱の構築方法に関する。
従来の鉄骨鉄筋コンクリート造柱は鉄骨を内蔵しているために、コンクリートを拘束するために使用する補強筋は、この鉄骨を取り囲むようなロ型補強筋のみしか配置できなかった。図5は鉄筋コンクリート柱における従来の鉄筋構造を示し、平板10、11を交差させて十字状に構成するとともに、四方に突出した先端部に夫々平板のフランジ12を一体に設けてなる鉄骨20の周囲に鉄筋を配置するようにしたものである。鉄筋は、鉄骨20の長手方向に平行に配置した主筋14と、この主筋14に直交するよう配置した剪断補強筋13からなっている。主筋14の数はコンクリート柱の規模によって異なるが、図示例では12本であり、一方、剪断補強筋13は特定間隔、例えば10センチメートルおきに配置してある。
このような配筋後、周囲に型枠(図示しない)を配置し内部にコンクリートを打設して鉄骨鉄筋コンクリート造柱とする。ここで鉄筋を配置するのは、コンクリート柱が主に軸方向の荷重に耐えるように鉄骨20とコンクリートとの一体性を確保し、高荷重時の座屈を防止するためのである。このようにして造成された柱は軸圧縮耐力の1/3以下の比較的低軸力下では良好な耐力変形性能を有する。
特開平04−052354号公報 特開昭54−056219号公報
ところが、上述した柱の外周部のみの配筋では、超高層建築物の下層部のような高軸力下にある柱に使用する場合は、鉄筋による補強効果が期待できなかった。すなわちかかる柱の構造は、低層の建造物ではさほど問題にならないが、超高層建造物の下層部のような高軸力下では脆弱的な破壊性状を示し、耐震性能上好ましくない。特に超高層建造物では高強度材料を使用するために、作用する軸力も大きくなり、鉄骨外周のコンクリートの劣化が早まり、地震時等に受ける荷重は柱の座屈を生ずる原因となり得るので、コンクリートを十分に拘束する必要がある。
本発明はかかる従来の問題点を解決するためになされたもので、座屈強度を大幅に向上させて高軸力下での使用に耐え得る鉄骨鉄筋コンクリート造柱の構築方法を提供することにある。
前記課題を解決するために、本発明の鉄骨鉄筋コンクリート造柱の構築方法では下記の手段を採用した。
すなわち、本発明の鉄骨鉄筋コンクリート造柱の構築方法は、フランジを有する鉄骨と、その周囲に配筋した鉄筋を内包する鉄骨鉄筋コンクリート造柱の構築方法において、
前記鉄骨のウェブに穿孔部を形成し、
この穿孔部にコ字型に成形したコ型補強筋を挿通させ、
反対側からも前記穿孔部に前記コ型補強筋を挿通させてコ型補強筋同士を非結合でオーバーラップさせ、そのオーバーラップ部分の中央に前記鉄骨のウェブが位置するように配置し、
前記鉄骨のフランジに近接してこのフランジを取り囲むように前記コ型補強筋を配筋する工程を含むことを特徴とする。
また前記鉄骨が連続する方向に縦鉄筋を配置するとともに、この縦鉄筋を前記コ型補強筋の角部に連結して、コ型補強筋を保持することができる。(鉄骨)一般に、鉄骨鉄筋コンクリート造柱に使用されるのはH鋼やT型鋼等のフランジを備えた鉄骨である。ここでは予め所定位置にコ型補強筋を挿通する穿孔部をウェブに設けたものを使用すれば、現場では鉄筋の挿通作業のみで配筋できる。(コ型補強筋)一般の異径鉄筋をコ字型に曲げたものが好適である。フランジを囲むように配置されたコ型補強筋は、対向するもの同士を重ね定着することができる。
コ型補強筋は、フランジで拘束された柱中心近傍のコンクリート部分に定着されるため、定着性能が良く、溶接をしなくても十分に補強筋としての性能を発揮できる。
またフランジを取り囲むように配筋されるコ字型部分は、その幅がフランジの幅の約1.5倍程度の大きさのものが適当で、フランジとコ型補強筋の距離はあまり離れすぎないことが好ましい。(縦鉄筋)これは、前記コ型補強筋の角部に連結して、コ型補強筋を保持するようにしてもよい。ここで縦鉄筋とは鉄骨のウェブと同等の長さの鉄筋が好適である。
本発明によれば、前記した構成により、コ型補強筋はフランジによって拘束されたコンクリート中に位置し、高軸力下になる程、コンクリートに対して強く定着する。このようにしてコンクリートの拘束力が向上し、高軸荷重時において曲げ応力が発生した場合でも、圧縮側コンクリートの圧壊が防止でき、さらには鉄骨の座屈強度を高めるため柱の強度が大幅に向上する。
以下、本発明の柱の構造を図1から図4に示される実施形態について更に詳細に説明する。
この実施形態は高層建造物のコンクリート柱に応用したもので、図1はその横断面図、図2は縦断面図である。鉄骨3は、鋼板部分であるウェブ1、2を十字状に交差させた形状で一体に構成されており、ウェブ1、2の夫々の先端部にフランジ6が一体に設けられている。
そして、夫々のウェブ1、2における同一高さ位置に2カ所の穿孔部4が、ウェブ1、2の表面に特定間隔をおいて設けてある。これら穿孔部4の穿設位置は図2に示すように、一方のウェブ1に設けられた二つの穿孔部4の穿設位置は同一高さであるが、他方のウェブ2に設けられた二つの穿孔部4の穿設位置とは異なっている。
すなわち、この穿孔部4には複数のコ型補強筋5が挿通されるため、その衝突を防ぐ意味でコ型補強筋5の直径程度の位置差を設けてある。コ型補強筋5は図1に示すように、「コ」字状に形成したもので、その夫々の先端部が穿孔部4に挿通される。さらにコ型補強筋5はウェブ1の表面と裏面から挿通されるとともに、ウェブ2の表面と裏面からも挿通され、相当部分がオーバーラップしている。このようにコ型補強筋5は同一平面上において4本挿通される。このようにして図3に示すように、コ型補強筋5によって各フランジ6が包囲される。同様な構成で穿孔部4は鉄骨ウェブ3の高さ方向に特定間隔で設けられているため図2に示すように、階層的にコ型補強筋5が配置される。
さらにコ型補強筋5の角部に当たるように縦筋7を設けることが好ましい。この縦筋7は鉄骨3に平行に設けられるもので、コ型補強筋5に結束して固定される。ここでは縦鉄筋7は図1に示すように合計8本設けられている。また鉄骨3の長手方向に主筋14を平行に配置し、さらにこの主筋14に直交するよう剪断補強筋13を配置する。この剪断補強筋13は鉄筋を四角形に形成したもので鉄骨3を囲むように配置される。剪断補強筋13とコ型補強筋5の外側部は図1に示すように、一体に添わせてある。
実際には、鉄骨の外周にあるロ型の鉄筋である剪断補強筋13と主筋14を最初に配筋し、その後に所定位置にコ型補強筋5を配筋する。最初にコ型補強筋5を配筋してしまうと、これが剪断補強筋13を配する場合に障害になる。
このような配筋を施した後、鉄骨3の周囲に型枠(図示せず)を配置し内部にコンクリートを打設して鉄骨鉄筋コンクリート造柱8とする。このコンクリート柱8への荷重は下層ほど大きくなるため、その強度配分は下層ほど高く設定する必要がある。そこで、コ型補強筋5の配筋量を下層ほど多く、上層ほど少なくすることで必要な強度を得るようにしたものである。
このような構造の鉄骨鉄筋コンクリート造柱では、図4において矢示F方向に応力が発生した場合(高軸荷重時において)、従来の構成のコンクリート柱では圧縮側コンクリートの圧壊が先に発生する。これは、高い圧縮軸力と曲げに伴う圧縮力が累加して鉄骨鉄筋コンクリート造柱断面外周部のコンクリートに作用するためであるが、本発明ではコ型補強筋5によってコンクリートを十分拘束してコンクリートの強度を高め、コンクリートの損傷を低減している。したがってコンクリートが容易に破壊されることはなく、鉄骨3の座屈も発生しにくいため建造物の耐震性を大幅に向上させることができる。
具体的には、従来の鉄骨鉄筋コンクリート造柱において上下端を固定し、高軸圧縮力下で水平方向の応力を与えた場合、10/1000の変形度で座屈が見られたが、本発明のコンクリート柱では30/1000の変形度ではじめて座屈が見られた。すなわち計算上、一層の高さを4.0mとすれば、従来水平方向で4センチメートルの撓みが限界であったが、本発明では12センチメートルの変形まで耐えることになる。
本発明によれば、高軸荷重時における曲げ応力が発生しても、圧縮側コンクリートの圧壊が有効に防止でき、鉄骨の座屈も生じにくいため、高軸力下の柱としての使用に耐え得る鉄骨鉄筋コンクリート造柱が提供できる。
本発明の一実施形態である建造物の鉄筋構造をコンクリート柱の横断面で示す断面図である。 本発明の一実施形態である建造物の鉄筋構造をコンクリート柱の縦断面で示す断面図である。 本発明の一実施形態である建造物の鉄筋構造の要部を示す斜視図である。 本発明の一実施形態である建造物の多層階における鉄筋構造を示す斜視図である。 従来の建造物の鉄筋構造を示す斜視図である。
符号の説明
1、2 ウェブ
3 鉄骨
4 穿孔部
5 コ型補強筋
6 フランジ
7 縦鉄筋
8 コンクリート

Claims (2)

  1. フランジを有する鉄骨と、その周囲に配筋した鉄筋を内包する鉄骨鉄筋コンクリート造柱の構築方法において、
    前記鉄骨のウェブに穿孔部を形成し、
    この穿孔部にコ字型に成形したコ型補強筋を挿通させ、
    反対側からも前記穿孔部に前記コ型補強筋を挿通させてコ型補強筋同士を非結合でオーバーラップさせ、そのオーバーラップ部分の中央に前記鉄骨のウェブが位置するように配置し、
    前記鉄骨のフランジに近接してこのフランジを取り囲むように前記コ型補強筋を配筋する工程を含むことを特徴とする鉄骨鉄筋コンクリート造柱の構築方法。
  2. 前記鉄骨が連続する方向に縦鉄筋を配置するとともに、
    この縦鉄筋を前記コ型補強筋の角部に連結して、
    コ型補強筋を保持するように構成した請求項1記載の鉄骨鉄筋コンクリート造柱の構築方法。
JP2005222912A 2005-08-01 2005-08-01 鉄骨鉄筋コンクリート造柱の構築方法 Withdrawn JP2005351078A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005222912A JP2005351078A (ja) 2005-08-01 2005-08-01 鉄骨鉄筋コンクリート造柱の構築方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005222912A JP2005351078A (ja) 2005-08-01 2005-08-01 鉄骨鉄筋コンクリート造柱の構築方法

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP19348198A Division JP3943252B2 (ja) 1998-07-08 1998-07-08 鉄骨鉄筋コンクリート造柱

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2005351078A true JP2005351078A (ja) 2005-12-22

Family

ID=35585766

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005222912A Withdrawn JP2005351078A (ja) 2005-08-01 2005-08-01 鉄骨鉄筋コンクリート造柱の構築方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2005351078A (ja)

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102433963A (zh) * 2011-12-26 2012-05-02 北京工业大学 格构式单排配筋十字形截面混凝土柱及作法
CN102518259A (zh) * 2011-12-26 2012-06-27 北京工业大学 格构式单排配筋l形截面混凝土柱及作法
CN102518258A (zh) * 2011-12-26 2012-06-27 北京工业大学 格构式单排配筋t形截面混凝土柱及作法
CN102561594A (zh) * 2011-12-26 2012-07-11 北京工业大学 格构式单排配筋z形截面混凝土柱及作法
CN103737718A (zh) * 2014-01-29 2014-04-23 初明进 预制钢筋混凝土空心柱模板及其制作方法
CN103741883A (zh) * 2014-01-29 2014-04-23 初明进 预制钢筋混凝土柱模板及其制作方法
JP2015025268A (ja) * 2013-07-25 2015-02-05 岡部株式会社 ピン接合形式の露出型鉄骨柱接合構造
CN105544867A (zh) * 2015-12-21 2016-05-04 天津大学 一种钢-混凝土组合异形柱
CN105604247A (zh) * 2015-12-21 2016-05-25 天津大学 一种钢-混凝土组合t形柱
CN105604245A (zh) * 2015-12-21 2016-05-25 天津大学 一种型钢混凝土+形截面柱制作方法
CN106522467A (zh) * 2016-12-09 2017-03-22 山东大学 焊接箍筋钢骨梁柱
CN109989891A (zh) * 2019-04-12 2019-07-09 中国能源建设集团江苏省电力设计院有限公司 一种基础环底法兰配筋方法及钢筋组件

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102561594B (zh) * 2011-12-26 2014-12-03 北京工业大学 格构式单排配筋z形截面混凝土柱及作法
CN102518259A (zh) * 2011-12-26 2012-06-27 北京工业大学 格构式单排配筋l形截面混凝土柱及作法
CN102518258A (zh) * 2011-12-26 2012-06-27 北京工业大学 格构式单排配筋t形截面混凝土柱及作法
CN102561594A (zh) * 2011-12-26 2012-07-11 北京工业大学 格构式单排配筋z形截面混凝土柱及作法
CN102433963B (zh) * 2011-12-26 2013-11-06 北京工业大学 格构式单排配筋十字形截面混凝土柱及作法
CN102518258B (zh) * 2011-12-26 2013-11-27 北京工业大学 格构式单排配筋t形截面混凝土柱及作法
CN102518259B (zh) * 2011-12-26 2014-02-26 北京工业大学 格构式单排配筋l形截面混凝土柱及作法
CN102433963A (zh) * 2011-12-26 2012-05-02 北京工业大学 格构式单排配筋十字形截面混凝土柱及作法
JP2015025268A (ja) * 2013-07-25 2015-02-05 岡部株式会社 ピン接合形式の露出型鉄骨柱接合構造
CN103741883A (zh) * 2014-01-29 2014-04-23 初明进 预制钢筋混凝土柱模板及其制作方法
CN103737718A (zh) * 2014-01-29 2014-04-23 初明进 预制钢筋混凝土空心柱模板及其制作方法
CN103737718B (zh) * 2014-01-29 2016-08-03 初明进 预制钢筋混凝土空心柱模板及其制作方法
CN105544867A (zh) * 2015-12-21 2016-05-04 天津大学 一种钢-混凝土组合异形柱
CN105604247A (zh) * 2015-12-21 2016-05-25 天津大学 一种钢-混凝土组合t形柱
CN105604245A (zh) * 2015-12-21 2016-05-25 天津大学 一种型钢混凝土+形截面柱制作方法
CN106522467A (zh) * 2016-12-09 2017-03-22 山东大学 焊接箍筋钢骨梁柱
CN109989891A (zh) * 2019-04-12 2019-07-09 中国能源建设集团江苏省电力设计院有限公司 一种基础环底法兰配筋方法及钢筋组件

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2005351078A (ja) 鉄骨鉄筋コンクリート造柱の構築方法
KR20140021277A (ko) Src 기둥용 중공 pc합성기둥 및 이를 이용한 src구조
JP2006037586A (ja) 波形鋼板を用いた耐震壁
KR100952930B1 (ko) 콘크리트 충전 강관 기둥과 철근콘크리트 플랫 슬래브 접합부 전단보강장치
US10208493B1 (en) Column reinforcing structure using V-shaped tie bars
JP4945428B2 (ja) 補強構造
JP6508866B2 (ja) 柱梁架構
TWM621077U (zh) 耐震結構柱及其雙核心鋼筋結構
JP3943252B2 (ja) 鉄骨鉄筋コンクリート造柱
JP5939707B2 (ja) 柱梁接合部の補強構造
JP5843419B2 (ja) 偏心柱梁接合部を有する外周架構
JP2007009591A (ja) フラットプレートのせん断補強構造
JP6204027B2 (ja) 補強構造
JP7127244B2 (ja) 耐震補強構造
JP5654658B2 (ja) 偏心を有する柱梁架構および同架構で構成される建物
JP6357303B2 (ja) 鉄筋コンクリート造の方立壁
JP5996883B2 (ja) 複合梁を備える建物
JP6497482B2 (ja) 柱梁接合構造
JP4745055B2 (ja) 鉄筋コンクリート造耐震壁
JP6535704B2 (ja) 柱梁架構
JP6193543B2 (ja) 鉄筋構造
JP2017150189A (ja) H形断面部材の座屈補剛構造と鉄骨構造
JP5583383B2 (ja) 段差梁架構および建物
JP6704227B2 (ja) 鉄筋コンクリート柱
JP6681709B2 (ja) 鉄骨梁の補剛構造

Legal Events

Date Code Title Description
A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20070413