JP2003256961A - ネットワーク型緊急通報システム - Google Patents

ネットワーク型緊急通報システム

Info

Publication number
JP2003256961A
JP2003256961A JP2002057203A JP2002057203A JP2003256961A JP 2003256961 A JP2003256961 A JP 2003256961A JP 2002057203 A JP2002057203 A JP 2002057203A JP 2002057203 A JP2002057203 A JP 2002057203A JP 2003256961 A JP2003256961 A JP 2003256961A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
emergency call
emergency
network
call system
system
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2002057203A
Other languages
English (en)
Inventor
Toshimasa Hirai
Yukimasa Ohira
Kazuaki Onishi
幸正 大平
一昭 大西
利昌 平井
Original Assignee
Matsushita Electric Works Ltd
Misaki Electric Co Ltd
ミサキ電機株式会社
松下電工株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】痴漢やストーカーによる事件の早期対応が可能
なネットワーク型緊急通報システムを提供する。 【解決手段】周囲を撮影する監視カメラ1dと、マイ
ク、スピーカを備えた通話機能部1c1と、周辺報知用
の警報表示灯1eと、緊急連絡ボタン1c2とを少なく
とも有し、路肩等に設置された緊急通報塔端末1と、こ
れらの端末を監視できるようにしたセンター装置2と
を、有線または無線の通信回線L1を介して接続する。
緊急通報塔端末1は、緊急連絡ボタン1c2の操作によ
り警報表示灯1eを作動させて点灯または点滅させると
ともに、監視カメラ1dで撮影した周辺画像やマイクを
通じて入力された音声を含むボタン押下時の緊急通報情
報を、センター装置2に送信する。

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】本発明は、緊急連絡ボタン、
監視カメラ、警報表示灯などを備えた緊急通報塔端末装
置を利用したネットワーク型緊急通報システムに関す
る。 【0002】 【従来の技術】近年、ストーカーや通り魔、痴漢、ひっ
たくりなどによる被害が増加しており、女性や子供、お
年寄りが安心して歩行できる道路や街の整備が求められ
ている。その対策として、街灯に警報機能と通報機能と
を具備させてセンターで監視できるようにしたネットワ
ーク型のシステムが提案されている(特願2001−9
9398)。 【0003】 【発明が解決しようとする課題】ところが、街灯に上記
警報機能を持たせることは、法規、規格上での制約があ
り、また、既設の街灯を新規のものと取り替える必要も
あり、費用の面での問題もある。 【0004】本発明は、このような事情を考慮して提案
されたものであり、痴漢やストーカーによる事件の早期
対応が可能なネットワーク型緊急通報システムを提供す
ることを目的とする。また、緊急通報端末を簡易な構成
にすることにより、安全な街づくりを迅速に進めるよう
にすることも主たる目的に含まれる。 【0005】 【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、請求項1に記載のネットワーク型緊急通報システム
は、周囲を撮影する監視カメラと、マイク、スピーカを
備えた通話機能部と、周辺報知用の警報表示灯と、緊急
連絡ボタンとを少なくとも有し、路肩等に設置された緊
急通報塔端末と、これらの端末を監視できるようにした
センター装置とを、有線または無線の通信回線を介して
接続して構成されたシステムであって、次の特徴を有し
ている。 【0006】すなわち、緊急通報塔端末は、緊急連絡ボ
タンの操作により警報表示灯を作動させて点灯または点
滅させるとともに、監視カメラで撮影した周辺画像やマ
イクを通じて入力された音声を含むボタン押下時の緊急
通報情報を、センター装置に送信する。 【0007】請求項2では、監視カメラが全方位カメラ
であることを特徴とする。 【0008】請求項3では、警報表示灯が回転式である
ことを特徴とする。 【0009】請求項4に記載の緊急通報システムは、監
視カメラが所定時間間隔で常時周辺を撮影し、撮影した
画像を蓄積保存しており、緊急連絡ボタンが操作された
ときには、最新の複数画像を上記センター装置へ送信す
ることを特徴とする。 【0010】請求項5では、緊急通報塔端末は、監視カ
メラで撮影した画像を表示するようにした表示部をさら
に有している。 【0011】請求項6では、警報表示灯は、センター装
置からの復旧指令にもとづき消灯することを特徴とす
る。 【0012】請求項7では、通信回線は光ファイバー配
線としたことを特徴とする。 【0013】請求項8では、緊急通報塔端末が電柱を本
体としてなることを特徴とする。 【0014】 【発明の実施の形態】以下に、本発明の実施の形態につ
いて添付図面とともに説明する。 【0015】図1は、緊急通報塔端末を用いたネットワ
ーク型緊急通報システムのシステム系統図を示してい
る。 【0016】このシステムは、複数の緊急通報塔端末1
(#1、#2、・・・)と、警察署や監視センターなど
に設置されたセンター装置2とを、光ファイバーL1な
どの通信線を介して相互に通信可能に接続して構成され
ている。このセンター装置2は複数の緊急通報塔端末1
を一括管理、監視する機能を有しており、パソコンやサ
ーバなどのコンピュータで構成され、プリンタや記憶媒
体、電話などの周辺装置と接続されている。 【0017】このネットワーク型緊急通報システムは光
ファイバーL1を専用通信線として利用するため、新た
に専用線を引く工事が必要であるが、高速専用線である
ため画像データ等の大容量データを高速に伝送すること
ができるとともに、地域型のシステムに迅速に対応する
ことができる。 【0018】図2は、緊急通報塔端末を用いたネットワ
ーク型緊急通報システムの他例を示すシステム系統図で
ある。このシステムは、緊急通報塔端末1、センター装
置2間をISDNなどの既設の通信ネットワークL2で
接続したものである。 【0019】既設の公衆回線を利用できるので、広範囲
の地域に設置した端末1を1箇所のセンターで監視する
ことができる。 【0020】システムの通信手段はこのような有線もの
に限られず、無線方式であってもよい。 【0021】図3は、緊急通報塔端末1の概略外観図で
ある。 【0022】緊急通報塔端末1は、電源を含んで地下に
埋設された塔基礎部1a、塔本体1b、塔本体1bに一
体的に取り付けた通報操作部1c、全方位式の監視カメ
ラ1d、パトカー等で使用される回転式表示灯1eを含
んで構成される。 【0023】緊急通報塔端末1のサイズは、人が操作し
やすく街の美感を損なわない、高さ1600mm、直径
200mm程度の円柱形のものが望ましい。 【0024】また、通報操作部1cにはマイク、スピー
カ、緊急連絡ボタンなどが配設され、回転式表示灯1e
には電子ブザーが内蔵されている。 【0025】この緊急通報塔端末1は、公園や夜間人通
りの少ない住宅地などの路肩に等間隔に植設し、端末1
に接続された光ファイバー通信線L1が地下に埋設さ
れ、近傍の電柱を介して、監視センターのセンター装置
2や他の緊急通報塔端末1と接続される。 【0026】なお、緊急通報塔端末1には、監視カメラ
1dで撮影した画像をその場で確認できる簡易な表示部
(不図示)を設けてもよい。 【0027】図4は、緊急通報塔端末1の要部構成を示
すブロック図である。 【0028】緊急通報塔端末1には、CPU、画像圧縮
伝送部、音声圧縮伝送部などを含む信号処理部1fが塔
基礎部1aまたは塔本体1bに内蔵されており、監視カ
メラ1d、マイク、スピーカなどを備えた通話機能部1
c1、緊急連絡ボタン1c2と接続され、光コンバータ
と通信ユニットを有した通信部1gとはLANを介して
接続されている。信号処理部1fは、入出力ターミナル
1jを介して、緊急連絡ボタン1c2からの入力と、回
転式表示灯(赤色灯)1e、通報LED1jに対する出
力とができるようになっている。また、電源として電源
ユニットを備えている。 【0029】監視カメラ1dは、周辺を常時撮影してお
り、撮影した画像は画像圧縮されて内蔵の画像メモリ1
hに蓄積保存される。たとえば、1秒ごとに1コマを撮
影した画像を60コマ保存できる画像メモリ1hを設
け、連続画像を順次サイクリックにメモリ保存できるよ
うにすればよい。 【0030】このようにすれば、緊急連絡ボタン1c2
が操作されたときに、撮影をいったん中断し、蓄積され
た連続画像を一括してセンター装置2へ送信することが
できる。 【0031】次に、本システムの基本動作を図5のフロ
ーチャートで説明する。 【0032】緊急連絡ボタン1c2を押下すると、回転
式表示灯1eが点灯または点滅するとともにブザーが鳴
動し、それまで画像メモリ1hに蓄積していた直前の連
続画像をセンター装置2に送信する(101〜10
3)。たとえば、ボタン操作前の10秒間、あるいは操
作前後10秒間の連続画像を送信してやれば、センター
側では犯行の瞬間映像を表示させることができる。 【0033】センター装置2では、画像などの警報情報
を受信すると、警報ブザー鳴動などで監視員に報知し、
監視員の画面選択操作により、送られてきた連続画像を
表示させる(201〜203)。その後の監視員の復旧
操作により、復旧指令が送信され(204、205)、
緊急通報塔端末1では作動中の警報表示灯1eやブザー
の動作が停止する(104)。 【0034】また、センター装置2では、発生場所を含
む地図情報も画面に表示され、場所の特定なども容易に
行えるようにしている。 【0035】このような緊急通報で受信した画像情報な
どのすべての履歴情報は、記憶装置に保存され、犯人を
特定するため、あるいは精度の高い証拠写真として利用
することができる。 【0036】なお、緊急連絡ボタン1c2の操作時にセ
ンター装置2に送信される緊急通報情報は、連続画像に
限られず、押下後のリアルタイム画像やマイクから入力
された音声なども含まれる。 【0037】図6は、緊急通報塔端末の他例を示す図で
ある。 【0038】この例では、緊急通報塔端末11は、塔本
体11aとして電柱を利用し、人が操作しやすい下方部
に通報操作部11bを、上方部に警報表示灯11c、制
御部11d、表示板11e、監視カメラ11fなどを取
り付けて構成される。なお、監視カメラ11fは、全方
位式のものでも通常のものでもよい。 【0039】既設の電柱を利用できるので、工事の費用
の負担を低減でき、短い工期でシステムの整備をするこ
とができる。 【0040】 【発明の効果】以上の説明からも理解できるように、請
求項1に記載のネットワーク型緊急通報システムは、緊
急通報ボタンの押下により、警報表示灯を点灯、点滅さ
せ、画像などの警報情報をセンター装置に送信している
ので、周辺に報知させるとともに、ストーカーや痴漢な
どを撃退でき、さらに、監視センターでは迅速な対応を
とることができる。 【0041】また、緊急通報塔端末を簡易な構成として
いるため、工事に費用や手間がかからず、安全な街づく
りを迅速に進めることができる。人の身長程度のものに
すれば、街の美感も損なわれない。 【0042】請求項2では、監視カメラが全方位カメラ
なので、死角の少ない周辺画像をパノラマ撮影すること
ができる。 【0043】請求項3では、警報表示灯が回転式である
ので周辺への警報報知を確実に行え、痴漢やストーカー
を退散させることができる。 【0044】請求項4では、緊急連絡ボタンが操作され
たときに、監視カメラにより撮影、保存された画像をセ
ンター装置に送信しているので、センター側ではボタン
操作前後の経過が確認でき、犯人の特定も容易に行え
る。また、精度の高い証拠写真としても利用できる。 【0045】請求項5では、緊急通報塔端末が撮影画像
を表示できる表示部を備えているので、監視員が駆けつ
けてから、その場で画像確認することができる。 【0046】請求項6では、センター装置から復旧指令
を送信するようにしているので、緊急通報塔の表示灯を
遠隔より消灯させることができ、いたずらなどで表示灯
が作動したときでも、センターからすぐに動作を停止さ
せることができる。 【0047】請求項7では、緊急通報塔端末とセンター
装置とを結ぶ通信回線に光ファイバー線を利用している
ので、画像などの大容量のデータを高速に伝送すること
ができる。また、長距離伝送にも適用できるので、広範
囲地域に緊急警報ネットワークを張り巡らせることがで
きる。 【0048】請求項8では、既設の電柱を利用できるの
で、工事費用の負担を低減でき、短い工期でシステムの
整備をすることができる。

【図面の簡単な説明】 【図1】緊急通報塔端末を用いたネットワーク型緊急通
報システムの一例を示すシステム系統図である。 【図2】緊急通報塔端末を用いたネットワーク型緊急通
報システムの他例を示すシステム系統図である。 【図3】緊急通報塔端末の外観を示す図である。 【図4】緊急通報塔端末の要部構成を示すブロック図で
ある。 【図5】緊急通報時のシステムの基本動作を示すフロー
チャートである。 【図6】緊急通報塔端末の他例を示す外観図である。 【符号の説明】 1 緊急通報塔端末 1c1 通話機能部 1c2 緊急連絡ボタン 1d 監視カメラ 1e 警報表示灯 2 センター装置 L1 通信回線

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) G08B 25/10 G08B 25/10 B H04M 11/04 H04M 11/04 (72)発明者 大平 幸正 大阪府門真市大字門真1048番地 松下電工 株式会社内 (72)発明者 平井 利昌 兵庫県津名郡津名町木曽上76番地の1 ミ サキ電機株式会社内 Fターム(参考) 5C083 AA01 BB27 DD09 DD12 EE02 EE10 FF01 GG04 JJ04 JJ10 5C087 AA02 AA03 AA12 AA23 AA32 AA37 AA44 BB03 BB11 BB18 BB74 DD05 DD31 EE15 EE16 FF01 FF05 FF17 FF23 GG02 GG66 GG67 GG70 GG71 GG83 5K101 KK14 MM07 NN06 NN18

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】周囲を撮影する監視カメラと、マイク、ス
    ピーカを備えた通話機能部と、周辺報知用の警報表示灯
    と、緊急連絡ボタンとを少なくとも有し、路肩等に設置
    された緊急通報塔端末と、これらの端末を監視できるよ
    うにしたセンター装置とを、有線または無線の通信回線
    を介して接続して成り、 上記緊急通報塔端末は、上記緊急連絡ボタンの操作によ
    り上記警報表示灯を作動させて点灯または点滅させると
    ともに、上記監視カメラで撮影した周辺画像や上記マイ
    クを通じて入力された音声を含むボタン押下時の緊急通
    報情報を、センター装置に送信することを特徴とする、
    ネットワーク型緊急通報システム。 【請求項2】請求項1において、 上記監視カメラは、全方位カメラであることを特徴とす
    る、ネットワーク型緊急通報システム。 【請求項3】請求項1または2において、 上記警報表示灯は、回転式であることを特徴とする、ネ
    ットワーク型緊急通報システム。 【請求項4】請求項1〜3のいずれかにおいて、 上記監視カメラは、所定時間間隔で常時周辺を撮影し、
    撮影した画像を蓄積保存しており、 上記緊急連絡ボタンが操作されたときには、最新の連続
    画像を上記センター装置へ送信することを特徴とする、
    ネットワーク型緊急通報システム。 【請求項5】請求項1〜4のいずれかにおいて、 上記緊急通報塔端末は、上記監視カメラで撮影した画像
    を表示するようにした表示部をさらに有している、ネッ
    トワーク型緊急通報システム。 【請求項6】請求項1〜5のいずれかにおいて、 上記警報表示灯は、上記センター装置からの復旧指令に
    もとづき消灯することを特徴とする、ネットワーク型緊
    急通報システム。 【請求項7】請求項1〜6のいずれかにおいて、 上記通信回線は、光ファイバー配線としたことを特徴と
    する、ネットワーク型緊急通報システム。 【請求項8】請求項1〜7のいずれかにおいて、 上記緊急通報塔端末は、電柱を本体としてなることを特
    徴とする、ネットワーク型緊急通報システム。
JP2002057203A 2002-03-04 2002-03-04 ネットワーク型緊急通報システム Withdrawn JP2003256961A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002057203A JP2003256961A (ja) 2002-03-04 2002-03-04 ネットワーク型緊急通報システム

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002057203A JP2003256961A (ja) 2002-03-04 2002-03-04 ネットワーク型緊急通報システム

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003256961A true true JP2003256961A (ja) 2003-09-12

Family

ID=28667532

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002057203A Withdrawn JP2003256961A (ja) 2002-03-04 2002-03-04 ネットワーク型緊急通報システム

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003256961A (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006130963A (ja) * 2004-11-02 2006-05-25 Central Japan Railway Co 踏切監視装置
KR100905054B1 (ko) 2007-05-23 2009-06-30 (주) 세광에너텍 고장 점검, 방범 및 경고 기능을 동시에 갖는 다기능보안등
KR100905055B1 (ko) 2007-05-23 2009-06-30 (주) 세광에너텍 고장 점검, 방범 및 비상 구조 요청 기능을 동시에 갖는다기능 보안등
KR100985108B1 (ko) 2010-07-06 2010-10-07 주식회사 누리플랜 지능형 방범설비
KR101016726B1 (ko) 2009-01-29 2011-02-23 서현구 비상 통합 관제 시스템
WO2011132884A2 (ko) * 2010-04-21 2011-10-27 금미전자 (주) 보안기능을 갖춘 영상전송장치
JP5885874B1 (ja) * 2015-04-10 2016-03-16 豊 根本 街灯によるコミュニティータワー

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006130963A (ja) * 2004-11-02 2006-05-25 Central Japan Railway Co 踏切監視装置
JP4712348B2 (ja) * 2004-11-02 2011-06-29 パナソニック株式会社 踏切監視装置
KR100905054B1 (ko) 2007-05-23 2009-06-30 (주) 세광에너텍 고장 점검, 방범 및 경고 기능을 동시에 갖는 다기능보안등
KR100905055B1 (ko) 2007-05-23 2009-06-30 (주) 세광에너텍 고장 점검, 방범 및 비상 구조 요청 기능을 동시에 갖는다기능 보안등
KR101016726B1 (ko) 2009-01-29 2011-02-23 서현구 비상 통합 관제 시스템
WO2011132884A2 (ko) * 2010-04-21 2011-10-27 금미전자 (주) 보안기능을 갖춘 영상전송장치
WO2011132884A3 (ko) * 2010-04-21 2012-02-02 금미전자 (주) 보안기능을 갖춘 영상전송장치
KR100985108B1 (ko) 2010-07-06 2010-10-07 주식회사 누리플랜 지능형 방범설비
JP5885874B1 (ja) * 2015-04-10 2016-03-16 豊 根本 街灯によるコミュニティータワー
WO2016163204A1 (ja) * 2015-04-10 2016-10-13 豊 根本 街灯によるコミュニティータワー

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20070222588A1 (en) Personal property security device
US20050255826A1 (en) Cellular telephone based surveillance system
US6778084B2 (en) Interactive wireless surveillance and security system and associated method
US20120092187A1 (en) Traffic event monitoring
US20090122144A1 (en) Method for detecting events at a secured location
US6876302B1 (en) Non-lethal personal deterrent device
JP2005071064A (ja) ホームセキュリティシステム
KR101072353B1 (ko) 네비게이션을 이용한 무인 주차관리시스템 및 방법
US20130342333A1 (en) Mobile autonomous surveillance
CN102176270A (zh) 安全监控及火灾预警一体化系统及方法
CN101476489A (zh) 矿用避灾指挥与撤离指示方法及避灾指挥与撤离指示系统
JP2002092764A (ja) 事故防犯撮影電装システム
US20060261979A1 (en) Event detection system
CN201438327U (zh) 防盗报警装置
JP2008186394A (ja) 記録装置
CN1900983A (zh) 无线防盗系统
CN1435337A (zh) 机动车防盗、防劫联网报警方法及系统
JP2000235688A (ja) パーソナル警備保障用の制御方法、そのシステム及びその制御プログラムを記録した記録媒体
JP2008101416A (ja) 作業現場の管理システム
JP2008234250A (ja) 避難誘導システム
KR101038370B1 (ko) 스마트폰과 유/무선 통신망을 이용한 놀이터 모니터링 시스템 및 그 제어방법
JP2007072622A (ja) 防犯状況通知装置、防犯状況提供装置、防犯状況通知方法、および防犯状況通知方法をコンピュータに実行させるためのコンピュータプログラム
CN1417068A (zh) 机动车防盗联网报警方法及系统
KR100754898B1 (ko) 유, 무선 통신을 통해 음성통화 및 영상전송이 가능한비상호출 시스템
JP2009169540A (ja) 監視システム及びセキュリティ管理システム

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20050510