JP2002194844A - 鉄筋コンクリート床版のpc板及びpc板製造型枠 - Google Patents

鉄筋コンクリート床版のpc板及びpc板製造型枠

Info

Publication number
JP2002194844A
JP2002194844A JP2001340287A JP2001340287A JP2002194844A JP 2002194844 A JP2002194844 A JP 2002194844A JP 2001340287 A JP2001340287 A JP 2001340287A JP 2001340287 A JP2001340287 A JP 2001340287A JP 2002194844 A JP2002194844 A JP 2002194844A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
board
concrete
plate
reinforced concrete
rib
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001340287A
Other languages
English (en)
Inventor
Kuniaki Sato
藤 邦 昭 佐
Hideyuki Kobayashi
林 秀 行 小
Hideo Hayashi
英 雄 林
Akio Tomita
田 昭 夫 富
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
ARTES KK
Original Assignee
ARTES KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ARTES KK filed Critical ARTES KK
Priority to JP2001340287A priority Critical patent/JP2002194844A/ja
Publication of JP2002194844A publication Critical patent/JP2002194844A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 床版が必要とする面外曲げ耐力を向上し、
PC板と現場打コンクリートの両者を曲げ応力に対して
メカニカルに一体化した鉄筋コンクリート床版のPC板
とその製造型枠を提供すること。 【解決手段】 平板部(2)とその平板部(2)からコ
ンクリートを打設する面の上に向けたリブ(3)とを備
え、そのリブ(3)の側面に連続する複数の凹凸(5)
が形成され、凹凸(5)がコンクリートのずれ止めの役
目をし、また型枠からの離型も容易である。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、鉄筋コンクリート
構造物の鉄筋コンクリート床版のPC板及び該PC板の
製造型枠に関する。
【0002】
【従来の技術】鉄筋コンクリート造または鉄骨構造の梁
の上に鉄筋コンクリート床版を構築する方法として、予
め工場等で作成されたプレキャストコンクリート板(以
下、これをPC板という)を梁上に敷き、その上に工事
現場で鉄筋または溶接金網を配設し、コンクリートを打
設する方法が多く用いられる。
【0003】その代表例を図4、図5及び図6、図7に
示す。
【0004】図4はリブ32を下に向け、平板部31を
上に向けたPC板30を梁40上に敷き並べ、その上に
現場打コンクリート20を打設して構成した床版の断面
図で、図5は側断面図である。図4及び図5において、
20aは補強鉄筋である。
【0005】図6は前記PC板30を上下逆さにして梁
40に敷き並べ、その上に現場打コンクリート20を打
設して構成した床版の断面図で、図7はその側断面図で
ある。
【0006】何れの場合にも、PC板を梁に架け渡す際
に鉛直方向の荷重に耐えるようPC板はリブを有してお
り、このリブは鉄筋またはピアノ線等で補強されてい
る。また、PC板の平板部も補強のため金網等が埋設さ
れている。
【0007】PC板と現場打コンクリートを一体にする
ために、PC板の現場打コンクリートとの肌合せ部は粗
面に仕上げておく必要があり、そのために工場での製造
工程が増える。
【0008】また、一体化が期待できないときは、現場
打コンクリートは単に表面を平滑な床に仕上げる目的で
打設され、完成後の固定荷重、及び積載荷重は、PC板
自体が負担できる耐力を持たせなければならない。
【0009】また、粗面に仕上げてあっても、工事現場
などで塵埃等が付着しているため、コンクリート同士の
付着力が不安定である。
【0010】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、従来のもの
の前記問題点を解消し、床版が必要とする面外曲げ耐力
を向上するために、PC板と現場打コンクリートの肌合
せ部分の付着耐力に依存せず、両者を曲げ応力に対して
メカニカルに一体化した合成床版とすることを目的とし
ている。
【0011】
【課題を解決するための手段】本発明によれば、梁上に
PC板を敷き並べてその上に鉄筋または金網を配置して
コンクリートを打設する鉄筋コンクリート構造物の鉄筋
コンクリート床版のPC板において、平板部(2)とそ
の平板部(2)からコンクリートを打設する面の上に向
けたリブ(3)とを備え、そのリブ(3)の側面に連続
する複数の凹凸(5)が形成されている。
【0012】また本発明によれば、梁上にPC板を敷き
並べてその上に鉄筋又は金網を配置してコンクリートを
打設する鉄筋コンクリート構造物の鉄筋コンクリート床
を構築するPC板を製造するためのPC板製造型枠にお
いて、PC板(1)の平板部(2)を形成する平面板
(11)を備え、そしてその平面板(11)より下方に
位置してPC板(1)のリブ(3)を形成する溝部(1
2)を備え、その溝部(12)の内側側面に波形プレー
トまたはキーストンプレートより成る連続する凹凸状の
内貼り材(14)を設けてある。
【0013】PC板のコンクリートとの肌合せ部分に形
成した凹凸に、現場打コンクリートが入り込み、コンク
リートが硬化すれば、凹凸内に充填されたコンクリート
がずれ止め作用を発揮する。
【0014】
【実施例】図1は本発明の実施例に係るPC板を示し、
PC板1は、平板部2とリブ3とから成っている。そし
てリブ3を上に向けてコンクリートを打設するPC板に
おいて、リブ3の側面に連続する複数の凹凸5を設けた
ものである。なお、必要に応じてリブ3の上面に複数の
凹凸を設けてもよい。
【0015】図2に示すように、現場打コンクリート2
0はPC板1のリブ3上面まで、すなわち、PC板1の
平板部2の溝状の部分だけ打設して床版を構築すること
ができ、現場でのコンクリート作業の軽減ができ、且
つ、PC板1の底面からリブ3の頂部までの長さDが大
きくできるので、スパンの大きい床版に有効である。図
2において1bはPC板の補強金網、21は上面に設け
た仕上材を示す。
【0016】このようにPC板1は、現場打コンクリー
ト20との肌合せ部分に設けた凹凸5にコンクリートが
入り込み、コンクリートが硬化すれば、凹凸5内に充填
されたコンクリートがずれ止め作用をする。
【0017】次に図1に示すPC板1を製造するための
型枠について説明する。
【0018】図3は、図1に示すPC板1を製造する形
枠10を示し、PC板1の平板部2を形成する平面板1
1より下方に在って、PC板1のリブ3を形成する溝部
12の内側側面に、波形プレートまたはキーストンプレ
ートより成る凹凸状の内貼り材14を設けてコンクリー
トを打設し、連続する凹凸面5を形成するものである。
【0019】
【発明の効果】従来の鉄筋コンクリート床版の構築法で
は、PC板の現場打コンクリートとの肌合せ部分を予め
目荒しして合成板とする方法が採用されており、この方
法による場合は、コンクリート同士の付着力によるせん
断抵抗耐力が不安定であるのに対し、本発明の窪みまた
は凹凸を設けたPC板による場合は、PC板と現場打コ
ンクリートとの肌合せ部分のずれ止め効果が生まれ、合
成板として信頼性の高い床構造が得られる。
【0020】また、本発明の凹凸を設けたPC板の製造
に際しては、工場等での型枠に飼い板または凹凸面のあ
る内貼り材等を施すことで成形でき、肌合せ部の目荒し
等の作業が省略できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明を実施したPC板を示す斜視図。
【図2】図1に示すPC板と現場打コンクリートとの関
係を示す側面図。
【図3】図1のPC板を製造する型枠を示す斜視図。
【図4】リブを下に向け、平板部を上に向けたPC板を
梁上に敷き並べ、その上に現場打コンクリートを打設し
て構成した従来の床版の断面図。
【図5】図4の側断面図。
【図6】リブを上に向け、平板部を下に向けたPC板を
梁上に敷き並べ、その上に現場打コンクリートを打設し
て構成した従来の床版の断面図。
【図7】図6の側断面図。
【符号の説明】
1・・・PC板 1b・・・補強金網 2・・・PC板の平板部 3・・・PC板のリブ 5・・・凹凸 10・・・型枠 11・・・型枠の平面部 12・・・溝部 14・・・凹凸状の内貼り材 20・・・現場打コンクリート 21・・・仕上材

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 梁上にPC板を敷き並べてその上に鉄筋
    または金網を配置してコンクリートを打設する鉄筋コン
    クリート構造物の鉄筋コンクリート床版のPC板におい
    て、平板部(2)とその平板部(2)からコンクリート
    を打設する面の上に向けたリブ(3)とを備え、そのリ
    ブ(3)の側面に連続する複数の凹凸(5)が形成され
    ていることを特徴とする鉄筋コンクリート床版のPC
    板。
  2. 【請求項2】 梁上にPC板を敷き並べてその上に鉄筋
    又は金網を配置してコンクリートを打設する鉄筋コンク
    リート構造物の鉄筋コンクリート床を構築するPC板を
    製造するためのPC板製造型枠において、PC板(1)
    の平板部(2)を形成する平面板(11)を備え、そし
    てその平面板(11)より下方に位置してPC板(1)
    のリブ(3)を形成する溝部(12)を備え、その溝部
    (12)の内側側面に波形プレートまたはキーストンプ
    レートより成る連続する凹凸状の内貼り材(14)を設
    けたことを特徴とするPC板製造型枠。
JP2001340287A 2001-11-06 2001-11-06 鉄筋コンクリート床版のpc板及びpc板製造型枠 Pending JP2002194844A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001340287A JP2002194844A (ja) 2001-11-06 2001-11-06 鉄筋コンクリート床版のpc板及びpc板製造型枠

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001340287A JP2002194844A (ja) 2001-11-06 2001-11-06 鉄筋コンクリート床版のpc板及びpc板製造型枠

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP25818497A Division JPH1193316A (ja) 1997-09-24 1997-09-24 鉄筋コンクリート床版のpc板及びpc板製造型枠

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002194844A true JP2002194844A (ja) 2002-07-10

Family

ID=19154513

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001340287A Pending JP2002194844A (ja) 2001-11-06 2001-11-06 鉄筋コンクリート床版のpc板及びpc板製造型枠

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002194844A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101205745B (zh) * 2006-12-08 2011-10-05 邱则有 一种叠合板
KR20210036126A (ko) * 2019-09-25 2021-04-02 현대건설주식회사 마찰저항 증대형 케이슨 제작시스템 및 제작방법
KR20210036125A (ko) * 2019-09-25 2021-04-02 현대건설주식회사 마찰저항 증대형 케이슨 제작시스템 및 제작방법

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101205745B (zh) * 2006-12-08 2011-10-05 邱则有 一种叠合板
KR20210036126A (ko) * 2019-09-25 2021-04-02 현대건설주식회사 마찰저항 증대형 케이슨 제작시스템 및 제작방법
KR20210036125A (ko) * 2019-09-25 2021-04-02 현대건설주식회사 마찰저항 증대형 케이슨 제작시스템 및 제작방법
KR102240274B1 (ko) 2019-09-25 2021-04-15 현대건설주식회사 마찰저항 증대형 케이슨 제작시스템 및 제작방법
KR102240273B1 (ko) 2019-09-25 2021-04-15 현대건설주식회사 마찰저항 증대형 케이슨 제작시스템 및 제작방법

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5051598B2 (ja) プレキャストコンクリート板を使用した鋼・コンクリート合成床版の構築方法
JP2007100336A (ja) プレキャストコンクリート板を使用した鋼・コンクリート合成床版の構築方法
KR100694587B1 (ko) 멀티리브형 프리캐스트 콘크리트 패널을 이용한 슬래브구조체
KR101482522B1 (ko) 조립식 노듈러 거더, 이를 이용한 교량 및 그 시공방법
KR100704055B1 (ko) 프리캐스트 콘크리트 바닥판을 갖는 강주형 연속합성형교량및 그 시공방법
JP4541592B2 (ja) 段差スラブ成形用コンクリート版及びこれを用いた段差スラブ構造
JP2002194844A (ja) 鉄筋コンクリート床版のpc板及びpc板製造型枠
JPH1193316A (ja) 鉄筋コンクリート床版のpc板及びpc板製造型枠
JPH05287901A (ja) 階段の構築方法
KR20090124721A (ko) 건축물 골조부의 조립구조 및 그 시공방법
JPH05106339A (ja) コンクリート打継ぎ用プレキヤストコンクリート型枠
KR101482523B1 (ko) 안전휀스 설치 구성을 가지는 조립식 노듈러 거더, 이를 이용한 교량 및 그 시공방법
JP4565331B2 (ja) 床の構造
KR102175546B1 (ko) 하프피씨 바닥판 및, 바닥판구조체
JPH0860825A (ja) 階段の施工方法
KR200434622Y1 (ko) 프리캐스트 콘크리트패널
JP2010281040A (ja) 鋼コンクリート合成床版、鋼コンクリート合成床版構築用パネルおよび鋼コンクリート合成床版の構築方法
JP2931808B1 (ja) コンクリート床版材
KR101047426B1 (ko) 몰 타르 접착에 의한 강 합성 교량 시공방법 및 이를이용하여 얻어진 강 합성 교량
KR102021121B1 (ko) 개구부를 구비하는 빔타입 하프 pc슬래브 및 이를 이용한 건축물 pc슬래브의 개구부 시공방법
JP3189081B2 (ja) ボイドタイプフルプレキャスト2方向スラブとボイドタイプフルプレキャストスラブの製造方法
JP2004027506A (ja) プレキャストコンクリート床版の継ぎ手構造
JPS5817773Y2 (ja) 道路橋のプレストレストコンクリ−ト桁
JP2509169Y2 (ja) プレキャスト型枠板
JPS6132055Y2 (ja)

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040401

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20040929