WO2012140825A1 - 空気吸引噴射装置およびそれを用いた電気掃除機 - Google Patents

空気吸引噴射装置およびそれを用いた電気掃除機 Download PDF

Info

Publication number
WO2012140825A1
WO2012140825A1 PCT/JP2012/001550 JP2012001550W WO2012140825A1 WO 2012140825 A1 WO2012140825 A1 WO 2012140825A1 JP 2012001550 W JP2012001550 W JP 2012001550W WO 2012140825 A1 WO2012140825 A1 WO 2012140825A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
suction
injection
flow path
fan
air
Prior art date
Application number
PCT/JP2012/001550
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
伊藤 健二
小立 徹
藤田 孝一
Original Assignee
パナソニック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by パナソニック株式会社 filed Critical パナソニック株式会社
Publication of WO2012140825A1 publication Critical patent/WO2012140825A1/ja

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47LDOMESTIC WASHING OR CLEANING; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47L5/00Structural features of suction cleaners
    • A47L5/12Structural features of suction cleaners with power-driven air-pumps or air-compressors, e.g. driven by motor vehicle engine vacuum
    • A47L5/14Structural features of suction cleaners with power-driven air-pumps or air-compressors, e.g. driven by motor vehicle engine vacuum cleaning by blowing-off, also combined with suction cleaning
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47LDOMESTIC WASHING OR CLEANING; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47L9/00Details or accessories of suction cleaners, e.g. mechanical means for controlling the suction or for effecting pulsating action; Storing devices specially adapted to suction cleaners or parts thereof; Carrying-vehicles specially adapted for suction cleaners
    • A47L9/0072Mechanical means for controlling the suction or for effecting pulsating action
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47LDOMESTIC WASHING OR CLEANING; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47L9/00Details or accessories of suction cleaners, e.g. mechanical means for controlling the suction or for effecting pulsating action; Storing devices specially adapted to suction cleaners or parts thereof; Carrying-vehicles specially adapted for suction cleaners
    • A47L9/02Nozzles
    • A47L9/06Nozzles with fixed, e.g. adjustably fixed brushes or the like
    • A47L9/0633Nozzles with fixed, e.g. adjustably fixed brushes or the like with retractable brushes, combs, lips or pads
    • A47L9/064Nozzles with fixed, e.g. adjustably fixed brushes or the like with retractable brushes, combs, lips or pads actuating means therefor
    • A47L9/0653Nozzles with fixed, e.g. adjustably fixed brushes or the like with retractable brushes, combs, lips or pads actuating means therefor with mechanical actuation, e.g. using a lever
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47LDOMESTIC WASHING OR CLEANING; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47L9/00Details or accessories of suction cleaners, e.g. mechanical means for controlling the suction or for effecting pulsating action; Storing devices specially adapted to suction cleaners or parts thereof; Carrying-vehicles specially adapted for suction cleaners
    • A47L9/02Nozzles
    • A47L9/08Nozzles with means adapted for blowing

Definitions

  • the present invention relates to an air suction / injection device that blows off dust by injecting air and a vacuum cleaner using the same.
  • vacuum function a function of sucking air together with dust
  • blow function a configuration having a function of blowing air and blowing dust
  • the vacuum cleaner has a blower function, it is difficult to see for the user (the back side of the installed furniture, the top surface, etc.) or a high position as seen from the user (the top surface of the furniture, the umbrella of lighting, It becomes possible to clean the dust on the ceiling.
  • Patent Document 1 discloses an air suction system including a suction fan that operates by suction force, an injection fan that generates injection force, and a power transmission unit that transmits power of the suction fan to the injection fan.
  • An injection device is disclosed.
  • the power transmission means has a configuration in which a suction fan and an injection fan are provided on the same shaft and both ends thereof are rotatably held by bearings fixed to the outer shell. According to this configuration, the injection fan can be rotated by the suction force of the vacuum cleaner simply by connecting the air suction / injection device to the suction hose. Therefore, a blower function that does not use exhaust can be additionally used regardless of the type of vacuum cleaner.
  • An air suction / injection device includes a tubular main body, an injection channel, a power fan, an injection fan, a fan rotation shaft to which the power fan and the injection fan are attached, a suction chamber, and a channel switching unit. And a first bearing, a second bearing, and a lid.
  • the main body is connected to and connected to a suction path of the vacuum cleaner, one end forms a rear end opening connected to the suction path, the other end forms a front end opening, and the inside is a main flow of air. It is a road.
  • the injection flow path portion has an injection air introduction port for introducing air from the outside and an injection port for injecting the introduced air to the outside, and the inside is a sub-flow channel extending from the injection air introduction port to the injection port.
  • the power fan is provided inside the main body and is rotated by a suction air flow formed in the main flow path by suction of air through the suction path.
  • the injection fan is provided inside the injection flow path section, rotates in conjunction with the power fan, and forms an injection air flow from the injection air introduction port toward the injection port in the sub flow channel.
  • the suction chamber is provided in the main flow path in the main body portion, accommodates the power fan inside, and has an internal suction port facing the main flow path and a suction air introduction port for introducing air from the outside.
  • the flow path switching unit switches connection or blocking of the sub flow path with respect to the injection port.
  • the first bearing is provided on the suction chamber side and holds the end of the fan rotation shaft on the power fan side.
  • maintains the edge part by the side of the injection fan of a fan rotating shaft.
  • the lid body has a jet air introduction port formed therein, holds the second bearing, and covers a part of the outline of the jet flow path portion.
  • the lid is arranged so as to be freely movable in the upper part of the ejection flow path part.
  • FIG. 1 is a perspective view showing an example of a vacuum cleaner provided with an air suction / injection device according to an embodiment of the present invention.
  • FIG. 2 is a cross-sectional view showing an example of an internal configuration at the time of vacuum (when forming a suction air flow) in the air suction / injection apparatus according to the embodiment of the present invention.
  • FIG. 3 is a side view showing an example of a state at the time of blower (at the time of forming a jet air flow) in the air suction / injection apparatus according to the embodiment of the present invention.
  • FIG. 4 is a perspective view showing an example of a state in which a suction nozzle is mounted on the air suction / injection apparatus according to the embodiment of the present invention.
  • FIG. 1 is a perspective view showing an example of a vacuum cleaner provided with an air suction / injection device according to an embodiment of the present invention.
  • FIG. 2 is a cross-sectional view showing an example of an internal configuration at the time of vacuum (when forming
  • FIG. 5 is a partially enlarged cross-sectional view of the injection flow path section and the suction chamber in the air suction / injection apparatus according to the embodiment of the present invention.
  • FIG. 6 is a side sectional view showing an example of the blower (at the time of forming the jet air flow) in the air suction / injection apparatus according to the embodiment of the present invention.
  • FIG. 7 is a graph showing abnormal noise caused by vibration and shaft rotational speed when the gaps T1 and T2 between the lid and the peripheral edge of the opening of the injection flow path are changed in the air suction / injection apparatus according to the embodiment of the present invention. It is the figure which showed the relationship.
  • the air suction / injection device 8 is provided in a typical canister-type vacuum cleaner 1. That is, the canister type vacuum cleaner 1 (hereinafter simply referred to as the vacuum cleaner 1) includes a vacuum cleaner body 2, a suction hose 3, a hand operating unit 4, a suction extension pipe 5, a suction port body 6, and a suction nozzle 7. And an air suction / injection device 8.
  • the vacuum cleaner 1 includes a vacuum cleaner body 2, a suction hose 3, a hand operating unit 4, a suction extension pipe 5, a suction port body 6, and a suction nozzle 7.
  • an air suction / injection device 8 includes a typical canister-type vacuum cleaner 1. That is, the canister type vacuum cleaner 1 (hereinafter simply referred to as the vacuum cleaner 1) includes a vacuum cleaner body 2, a suction hose 3, a hand operating unit 4, a suction extension pipe 5, a suction port body 6, and a suction nozzle 7. And an air suction / injection device 8.
  • the vacuum cleaner body 2 includes an electric blower 29, a dust collection chamber 30, and a power cord 32.
  • One end of the suction hose 3 is detachably connected to the cleaner body 2 via the connection pipe 31.
  • a hand operation unit 4 is provided at the other end of the suction hose 3.
  • One end of the suction extension tube 5 is detachably connected to the distal end of the hand operation unit 4.
  • a suction port body 6 is detachably attached to the other end of the suction extension pipe 5.
  • a suction path is constituted by a series of internal passages of the dust collection chamber 30, the connection pipe 31, the suction hose 3, the suction extension pipe 5, and the suction port body 6 that communicate with the suction side of the electric blower 29.
  • a suction nozzle 7 and an air suction / injection device 8 are detachably attached below the hand operation unit 4.
  • the suction nozzle 7 and the air suction / injection device 8 can be attached to the distal end of the hand operation unit 4 or the distal end of the suction extension tube 5 instead of the suction extension tube 5.
  • the vacuum cleaner body 2 is provided with an electric blower 29 and a dust collection chamber 30 inside.
  • a suction force is generated by the operation of the electric blower 29, and a suction force is generated at a suction port (not shown) of the suction port body 6 through the suction hose 3 and the suction extension pipe 5.
  • the user When using the vacuum cleaner 1, the user operates the hand operation unit 4 to turn on the vacuum cleaner body 2. Thereby, suction
  • FIG. As a result, dust on the floor is sucked and collected in the dust collecting chamber 30 via the suction extension pipe 5, the suction hose 3, and the connection pipe 31.
  • the user changes the area of the floor surface to be cleaned by holding the hand operating unit 4 and moving the position of the suction port body 6 on the floor surface.
  • the suction extension pipe 5 or the suction port body 6 is removed and cleaned. Furthermore, (1) cleaning at a position that is difficult for the user to see or at a high position, (2) cleaning dust adhering to the surface to be cleaned or collecting in the back of the uneven part, (3) damage if the suction port is brought close to the surface.
  • the blower function can be suitably used in addition to the normal vacuum cleaning (vacuum function cleaning). . Therefore, the suction extension pipe 5 or the suction port body 6 is removed, and an air suction / injection device 8 is attached instead, and cleaning is performed.
  • the specific configuration of the vacuum cleaner 1, that is, the vacuum cleaner body 2, the suction hose 3, the hand operation unit 4, the suction extension pipe 5, the suction port body 6, etc. is not particularly limited and is known in the field of vacuum cleaners. Various configurations can be suitably used.
  • the air suction / injection device 8 can be detachably connected to the suction port of the vacuum cleaner body, and the air suction / injection device in the suction path By arranging 8, the same effect as the canister type vacuum cleaner 1 can be obtained.
  • the air suction / injection device 8 includes a main body 11, an injection channel 12, a lever member 13, a fan 14, a suction chamber 15, and a channel switching unit 16.
  • the air suction / injection device 8 can be equipped with a suction nozzle 7 having a brush at the tip.
  • the main body 11 is substantially tubular, and the inside thereof is a main air flow path. Both ends of the main body 11 are a front end opening 11a and a rear end opening 11b, respectively.
  • the tip opening portion 11a is configured as an opening portion to which the suction nozzle 7 can be attached.
  • the rear end opening 11b can be attached to the hand operation unit 4.
  • the front end opening 11a and the rear end opening 11b are preferably formed in a tapered shape. Thereby, it becomes easy to attach or detach the suction nozzle 7 or the hand operation part 4 to the outer periphery of the front end opening part 11a or the rear end opening part 11b.
  • the injection flow path portion 12 is provided so as to be integrated with the main body portion 11 in a positional relationship inclined with respect to the tube axis direction of the main body portion 11.
  • the inside of the injection flow path part 12 is a sub flow path for air.
  • the sub channel is configured to be connected to the tip opening 11a.
  • a lid body 19 provided with an ejection air inlet 12a is provided at the upper part of the ejection flow path section 12.
  • the air suction / injection device 8 is basically attached to the hand operating portion 4 at the tip of the suction hose 3 with the injection flow path portion 12 positioned upward. Therefore, in the following description, the side where the injection flow path section 12 is located is referred to as “upper”, and the opposite side is referred to as “lower”. In addition, the side where the front end opening 11a is located is referred to as “front end”, and the side where the rear end opening 11b is located is referred to as “rear end”.
  • the portion of the injection flow passage 12 that is exposed upward from the main body 11 extends so as to be inclined with respect to the tube axis direction of the main body 11.
  • a lid 19 is provided on the upper surface of the ejection flow path section 12.
  • the lid body 19 is formed with an ejection air introduction port 12a that is disposed with a predetermined gap from the opening periphery 12e of the opening 12d of the ejection flow path section 12.
  • the jet air inlet 12a is an opening inlet for allowing air to flow into the jet flow path portion 12, that is, the sub flow path.
  • a plurality of suction force adjusting holes 11 c are provided along the outer periphery of the main body 11 at the lower side of the main body 11, that is, on the opposite side of the injection flow path 12 across the main body 11. Yes.
  • the front end opening 11a closes the main flow path of the main body 11 due to dust suction or suction, and the inflow of air becomes below a certain level, so that the load on the vacuum cleaner 1 is reduced. In order not to become excessive, it is provided for taking outside air into the main flow path other than the tip opening 11a.
  • the lever member 13 includes a switching lever 13a, a lever support portion 13b, and an air introduction lid member 13c.
  • a lever support portion 13b is positioned between the switching lever 13a and the air introduction lid member 13c, and this lever support portion 13b serves as a rotation shaft that is rotatably held in a state of penetrating the main body portion 11. Yes.
  • a flow path switching unit 16 is attached to the lever support unit 13b.
  • the flow path switching unit 16 can be switched by operating the switching lever 13a.
  • the switching lever 13a has a frame shape positioned so as to cover the lower side of the main body 11.
  • the air introduction lid member 13 c is a plate-like material that closes the suction air introduction port 15 b provided on the side surface of the main body 11 so as to be openable and closable. Since the switching lever 13a is urged to the front end side by an elastic member such as a spring, the air introduction lid member 13c is basically located on the rear end side.
  • the air introduction lid member 13c moves to the front end side. At this time, the suction air introduction port 15b closed by the air introduction lid member 13c is opened. Further, when the switching lever 13a is sufficiently moved to the rear end side, the air introduction lid member 13c is configured not to move to the front end side more than necessary because it abuts against a part of the lower surface of the main body 11 and stops. ing.
  • the ejection flow path portion 12 and the suction chamber 15 are adjacent to each other and integrated.
  • a fan unit 14 is provided in the interior.
  • the injection flow path part 12 and the suction chamber 15 are fan part accommodating parts, and the suction chamber 15 is a power fan accommodating part.
  • an internal suction port 15 a is provided at a portion facing the main flow path 9 in the suction chamber 15.
  • a suction air introduction port 15b connected to the outside of the main body 11 is also provided.
  • the fan unit 14 includes an injection fan 14a positioned in the injection flow path unit 12, a power fan 14b positioned in the suction chamber 15, and a fan rotating shaft 14c that rotatably supports these fans. .
  • the jet fan 14a forms a jet air flow that flows toward the tip opening 11a in the sub-flow channel 10. Since the power fan 14b shares the fan rotation shaft 14c with the spray fan 14a, the power fan 14b rotates in conjunction with the spray fan 14a.
  • the fan unit 14 is configured to be rotatable by holding the upper and lower sides of the fan rotation shaft 14c by respective bearings.
  • the fan rotation shaft 14c on the power fan 14b side, which is the lower side of the fan unit 14, is held by a bearing a18 (first bearing) fixed to the suction chamber 15 side.
  • the fan rotation shaft 14c on the side of the ejection fan 14a, which is the upper side of the fan unit 14, is held by a lid body 19 and a bearing b20 (second bearing) fixed to the lid body 19.
  • the lid body 19 is provided freely on the upper part of the ejection flow path portion 12 so as to be substantially perpendicular to the axial direction of the fan rotation shaft 14c.
  • the lid body 19 is movable at the upper portion of the injection flow path portion 12 with a predetermined gap from the opening peripheral edge 12 e of the opening 12 d of the injection flow path portion 12.
  • the predetermined gap is a gap T1 in the axial direction of the fan rotation shaft 14c and a gap T2 in a direction substantially perpendicular to the axis.
  • the gaps T1 and T2 are ensured by the bearing b20 that supports the fan rotation shaft 14c and the claw engagement portions 12f provided at several locations in the injection flow path portion 12, and the lid body 19 rotates the fan. It is restricted so that it does not come off in the direction of the shaft 14c.
  • an outer portion 21 having a plurality of ventilation holes 21 b is provided so as to cover the lid 19 and the injection flow path portion 12.
  • a packing member 22 configured to pass suction air from the plurality of ventilation holes 21b to the blast air introduction port 12a is disposed between the outer shell portion 21 and the lid body 19.
  • the main flow path 9 and the sub flow path 10 are configured inside the main body 11 and the injection flow path 12, respectively.
  • the sub-flow channel 10 joins at a position on the tip side of the main flow channel 9.
  • the main channel 9 main body portion 11
  • the sub-channel 10 has an acute angle with respect to the main channel 9 in the middle of the main channel 9. Branches in the direction it has. If this state is expressed not on the basis of the main flow path 9 and the sub flow path 10, but on the basis of the main body 11 and the injection flow path section 12, the injection flow path section 12 is connected to the sub flow path 10 inside thereof.
  • the tip opening portion 11 a in the main body portion 11 also serves as an injection port in the injection flow channel portion 12.
  • a flow path switching unit 16 is provided at a portion where the main flow path 9 and the sub flow path 10 merge.
  • the flow path switching unit 16 only needs to be configured to switch connection or blocking of the sub flow path 10 with respect to at least the tip opening 11a.
  • the flow path switching unit 16 according to the present embodiment performs alternative switching so that one of the main flow path 9 and the sub flow path 10 is connected to the tip opening portion 11a.
  • the flow path switching unit 16 is a substantially plate-like valve member, and one end is fixedly supported by the lever support unit 13b. Therefore, when the user operates the switching lever 13a, the flow path switching unit 16 swings in the region of the merging site with the lever support portion 13b as a fulcrum. Therefore, the swing angle of the flow path switching unit 16 can be freely changed by operating the switching lever 13a.
  • the merging portion in the main flow path 9 is defined as “main body merging port 11d” as shown in a region surrounded by a broken line
  • the merging portion in the sub flow channel 10 is defined as “injection merging port 12b” (FIG. 2). reference).
  • the flow path switching portion 16 that is a valve member changes the angle (swings) with the lever support portion 13b as a fulcrum so as to close one of the main flow path 9 and the sub flow path 10 by operating the switching lever 13a. In the configuration shown in FIG. 2, the flow path switching unit 16 is in a state where the injection junction 12 b is closed.
  • a stopper that stops the movement of the flow path switching unit 16 at a predetermined position so that the flow path switching unit 16 does not swing to a position beyond the closed state. 11e and 12c are provided.
  • the specific configurations of the air suction / injection device 8 and the suction nozzle 7 according to the present embodiment are not particularly limited, and the main body 11, the injection flow path 12, the lever member 13, the fan 14, the suction chamber 15, and the flow path
  • the switching part 16 etc. should just be able to manufacture using a well-known member, material, shape, etc. in the field
  • the air suction / injection device 8 can be used by being directly attached to the hand operation unit 4 provided at the tip of the suction hose 3. That is, the user removes the suction extension tube 5 from the state where the suction extension tube 5 and the suction port body 6 are attached to the hand operation unit 4 (see FIG. 1), and attaches the air suction / injection device 8 instead.
  • a suction nozzle 7 is attached to the air suction / injection device 8. Also in the following description, the operation of the air suction / injection device 8 will be described based on this state.
  • the switching lever 13a In a state where the air suction / injection device 8 is switched to the vacuum function, the switching lever 13a is in a steady state located on the tip side. For this reason, in the confluence
  • a suction force is generated by the operation of the cleaner body 2
  • the air suction / injection device 8 is switched to the blower function.
  • the air introduction lid member 13c moves to the front end side.
  • the suction air introduction port 15b closed by the air introduction lid member 13c is opened.
  • the passage switching unit 16 moves from a position where the injection joining port 12b is closed to a position where the main body joining port 11d is closed.
  • the injection junction 12b is opened, so that the sub-flow channel 10 is connected to the tip opening 11a, but the main channel 9 is blocked from the tip opening 11a.
  • the suction force generated in the vicinity of the rear end opening 11b sucks the air inside the suction chamber 15 from the internal suction port 15a.
  • the spray fan 14a also rotates as the power fan 14b rotates.
  • the shaft center of the fan rotation shaft 14c differs depending on each product solid depending on the balance state and shaft state of each fan when it is used for the first time.
  • the vibration noise of the fan is increased and a large vibration is transmitted to the outer shell.
  • the lid 19 that holds the bearing b20 and is freely movable automatically brings the fan rotation shaft 14c to an appropriate center axis position. Move to align.
  • the central shaft is fixed at a position where the force required for each fan to operate is the smallest.
  • the fan can be rotated at the maximum number of rotations in each product solid.
  • the lid 19 is pressed by the packing member 22, so that the shaft center of the fan rotation shaft 14c is fixed near the optimum shaft center position. For this reason, the rotational speed of the fan rises smoothly up to the maximum rotational speed. As a result, the air suction / injection device 8 can maintain the performance in the highest state.
  • the centering movement by the lid body 19 can be realized because the lid body 19 is floating in the upper part of the ejection flow path portion 12 with a predetermined gap in the opening peripheral edge 12e of the opening portion 12d of the ejection flow path portion 12. This is because they are arranged freely.
  • This predetermined gap is a gap T1 in the axial direction of the fan rotation shaft 14c and a gap T2 in a direction substantially perpendicular to the axis.
  • the experiment was repeated to optimally set the values of the gaps T1 and T2, and the results as shown in FIG. 7 were obtained.
  • the noise reduction effect due to vibration and the shaft rotation speed UP were used as evaluation items for evaluating the values of the gaps T1 and T2. Evaluation of the values of the gaps T1 and T2 ( ⁇ , ⁇ , ⁇ evaluation) was performed using this evaluation item, and the optimum setting values of the gaps T1 and T2 were derived by comprehensive judgment.
  • the axial gap T1 is in the range of 0.05 mm to 1.4 mm, a certain effect (vibration noise and shaft due to the centering action of the lid 19 and the shaft rotation speed UP) can be achieved. It was confirmed that a ⁇ evaluation was obtained for at least one item of the rotational speed UP. Furthermore, even within that range, it can be confirmed that if the gap T1 is in the range of 0.05 mm to 1 mm, a still higher effect can be obtained (there is an evaluation for at least one item of vibration noise and shaft rotation speed UP). It was.
  • the gap T2 in the direction substantially perpendicular to the shaft is within a range of 0.1 mm to 1.1 mm, a certain effect (vibration anomaly) due to vibration noise due to the centering action of the lid 19 and shaft rotation speed UP. It was confirmed that at least one item of sound and shaft rotation number UP was evaluated). Furthermore, even within the range, if the gap T2 is within the range of 0.1 mm to 0.8 mm, a still higher effect (with at least one item of vibration abnormal noise and shaft rotational speed UP) can be obtained. It could be confirmed.
  • the lid 19 is pressed by the packing member 22, so that the shaft center of the fan rotation shaft 14c is fixed near the optimum shaft center position. For this reason, the rotation speed of the fan rises smoothly up to the maximum rotation speed. As a result, the performance of the air suction / injection device 8 can be maintained at the highest level.
  • the injection fan 14a is provided in the injection flow path section 12, so that an injection air flow is formed in the sub flow path 10, and the injection air flow flows into the suction nozzle 7 from the tip opening portion 11a. Injected from the suction port 23.
  • the switching lever 13a moves from the rear end side to the front end side and returns to the original position. Accordingly, the air introduction lid member 13c closes the suction air introduction port 15b. Further, the flow path switching unit 16 moves from a position where the injection joining port 12b is opened to a position where the main body joining port 11d is opened. Therefore, the auxiliary flow path 10 is blocked from the front end opening 11a, and the main flow path 9 is connected to the front end opening 11a. Therefore, the rotation of the power fan 14b and the injection fan 14a is stopped, and the injection that has been injected from the suction port 23 is performed. Air flow is also stopped. Further, since a suction air flow is formed in the main channel 9, a suction force is generated again at the suction port 23.
  • the present embodiment it is possible to eject the jet air flow from the tip opening portion 11a only by switching the flow path switching unit 16 by operating the switching lever 13a. Therefore, when using the vacuum cleaner 1, it is possible to easily eject the jet air flow from the tip of the suction nozzle 7 without using a complicated configuration. Moreover, the blower function of the vacuum cleaner 1 can be stopped and returned to the vacuum function by simply returning the switching lever 13a. Therefore, not only the operability of the vacuum cleaner 1 is improved, but also the vacuum function and the blower function can be appropriately switched according to the use situation of the vacuum cleaner 1.
  • the rotation speed of the fan unit 14 has the structure that most affects the performance of the blower function.
  • the structure of the blower function can be easily achieved.
  • the shaft center of the fan unit 14 is held in the product by a simple method so that the performance of the fan unit 14 can be maximized in the next use. Thereby, the vacuum cleaner 1 with high reliability of a blower function can be comprised.
  • the canister type vacuum cleaner 1 (see FIG. 1) is exemplified as the vacuum cleaner, but the present invention is not limited to this. Even if it is a canister type, the thing of a structure different from the vacuum cleaner 1 can be used for this invention. Alternatively, the present invention can use an upright type vacuum cleaner, a handy type vacuum cleaner, or the like. Further, the air suction / injection device 8 according to the present embodiment is configured to be detachable from the suction hose 3 (hand operation unit 4), but is not limited thereto. The structure which integrated the suction hose 3 (hand operation part 4) etc. into a part of main body of a suction device may be sufficient.
  • the present invention is suitable for the field of various types of electric vacuum cleaners, whether for home use or business use, and for canister type and upright type, if the blower function is to be used together with the vacuum function. Can be used.

Abstract

 吸引力が作用する吸引室(15)と、空気を噴射する噴射口を有する噴射流路部(12)と、吸引室(15)に配された動力ファン(14b)と、噴射流路部(12)に配された噴射ファン(14a)と、両ファンに共に取り付けるファン回転軸(14c)と、吸引室側に設けられ動力ファン側の軸端部を保持する軸受a(18)と、噴射ファン側の軸端部を保持する軸受b(20)と、軸受b(20)を保持し噴射流路部(12)の外郭の一部を覆う蓋体(19)とを備える。蓋体(19)が、噴射流路部(12)の上部で遊動自在に移動できるよう配置した。これにより、ファン回転軸(14c)の軸中心を自動的に最適な位置に調芯保持することができ、ファン回転時の振動異音やファン回転数の低下を抑制することができる。

Description

空気吸引噴射装置およびそれを用いた電気掃除機
 本発明は、空気を噴射することにより塵埃を吹き飛ばす空気吸引噴射装置およびそれを用いた電気掃除機に関する。
 一般的な電気掃除機は、空気を吸引することによって、空気とともに塵埃を吸引する機能(以下、「バキューム機能」と称する。)を有している。近年では、空気を噴射して塵埃を吹き飛ばす機能(以下、「ブロアー機能」と称する。)を備えている構成も提案されている。電気掃除機がブロアー機能を備えていれば、使用者にとって見え難い位置(据え置かれた家具等の裏側、天面等)あるいは使用者から見て高い位置(前記家具の天面、照明の傘、天井等)の塵埃を掃除することが可能となる。
 具体的な構成として例えば、特許文献1には、吸引力により動作する吸引ファンと、噴射力を発生する噴射ファンと、吸引ファンの動力を噴射ファンへ伝達する動力伝達手段を備えている空気吸引噴射装置が開示されている。動力伝達手段は、吸引ファンと噴射ファンを同一軸に設けて、その両端を外郭に固定された軸受にて回転自在に保持する構成である。この構成によれば、当該空気吸引噴射装置を吸引ホースに接続するだけで、電気掃除機の吸引力により噴射ファンを回転させることができる。それゆえ、排気を利用しないブロアー機能を、電気掃除機の種類を問わず付加的に利用することが可能となる。
 しかしながら、従来の構成では、吸引ファンや噴射ファンを保持する軸受が外郭に一体的に設けられているので、各ファンのバランスが傾いているときには軸の調芯ができない。このため、各ファンが動作すると、ファンの回転数が一万回転以上に到達するためにファンの振れ音が大きくなったり、外郭に大きな振動が伝達したりするという課題を有していた。
特開2000-217746号公報
 本発明の空気吸引噴射装置は、管状の本体部と、噴射流路部と、動力ファンと、噴射ファンと、動力ファンと噴射ファンを共に取り付けるファン回転軸と、吸引室と、流路切換部と、第1の軸受と、第2の軸受と、蓋体と、を備える。本体部は、電気掃除機が備える吸引経路に連通して接続され、一端が吸引経路に接続される後端開口部をなしているとともに他端が先端開口部をなし、その内部が空気の主流路となっている。噴射流路部は、外部から空気を導入する噴射空気導入口および導入した空気を外部へ噴射する噴射口を有し、その内部が噴射空気導入口から噴射口に至る副流路となっている。動力ファンとは、本体部の内部に設けられ、吸引経路を通じた空気の吸引により主流路に形成される吸引空気流によって回転する。噴射ファンは、噴射流路部の内部に設けられ、動力ファンに連動して回転し、副流路に、噴射空気導入口から噴射口に向かう噴射空気流を形成する。吸引室は、本体部における主流路に設けられ、動力ファンを内部に収容し、かつ主流路に面する内部吸引口および外部から空気を導入する吸引空気導入口を有する。流路切換部は、噴射口に対する副流路の接続または遮断を切り換える。第1の軸受は、吸引室側に設けられ、ファン回転軸の動力ファン側の端部を保持する。第2の軸受は、ファン回転軸の噴射ファン側の端部を保持する。蓋体は、噴射空気導入口が形成され、かつ第2の軸受を保持し噴射流路部の外郭の一部を覆う。蓋体が、噴射流路部の上部で遊動自在に移動できるよう配置されている。
 これによって、軸受の一方が遊動自在に動き、回転によって軸を保持する軸受部が自動的に調芯する。このため、軸受保持部品の組み合わせによる軸心ずれや、動力ファンと噴射ファンの回転バランスが傾いているときに発生する、大きな振れ音や、外郭に伝達する大きな振動を抑えることができる。その結果、使用者に不快感を与えることのない使用性を向上した電気掃除機を構成することができる。また、自動調芯した後は、もっともファン効率が良い位置の軸心を保つため、ファンの回転数が最高値になり性能を維持することができる。さらに、ファンの軸が偏芯していないので軸受部の磨耗も少なくなり耐久的に優れる。
図1は本発明の実施の形態における空気吸引噴射装置を備える電気掃除機の一例を示す斜視図である。 図2は本発明の実施の形態における空気吸引噴射装置においてバキューム時(吸引空気流の形成時)の内部構成の一例を側方から示す断面図である。 図3は本発明の実施の形態における空気吸引噴射装置において、ブロアー時(噴射空気流の形成時)の状態の一例を示す側面図である。 図4は本発明の実施の形態における空気吸引噴射装置に吸引ノズルを装着した状態の一例を示す斜視図である。 図5は本発明の実施の形態における空気吸引噴射装置において、噴射流路部と吸引室の部分拡大断面図である。 図6は本発明の実施の形態における空気吸引噴射装置において、ブロアー時(噴射空気流の形成時)の一例を示す側方から示す断面図である。 図7は本発明の実施の形態における空気吸引噴射装置における、蓋体と噴射流路部の開口部周縁との隙間T1、T2を変化させた時の、振動による異音と軸回転数との関係を示した図である。
 以下、本発明の好ましい実施の形態を、図面を参照しながら説明する。なお、以下では全ての図を通じて同一又は相当する要素には同一の参照符号を付して、その重複する説明を省略する。なお、この実施の形態によって本発明は限定されない。
 (実施の形態)
 [電気掃除機の構成例]
 本発明の実施の形態における空気吸引噴射装置を備える電気掃除機の一例について、図1を参照して具体的に説明する。
 図1に示すように、本実施の形態に係る空気吸引噴射装置8は、典型的なキャニスター型電気掃除機1に備えられている。すなわち、キャニスター型電気掃除機1(以下、単に電気掃除機1と略す。)は、掃除機本体2、吸引ホース3、手元操作部4、吸引延長管5、吸込口体6、および吸引ノズル7、並びに空気吸引噴射装置8を備えている。
 掃除機本体2は、電動送風機29、集塵室30、電源コード32を備えている。接続パイプ31を介して吸引ホース3の一方の端が着脱自在に掃除機本体2に接続されている。吸引ホース3の他方の端には、手元操作部4が設けられている。この手元操作部4の先端に対して、吸引延長管5の一方の端が着脱自在に接続されている。さらに、吸引延長管5の他方の端には吸込口体6が着脱自在に取り付けられている。そして、電動送風機29の吸引側に連通するこれら集塵室30、接続パイプ31、吸引ホース3、吸引延長管5、吸込口体6の一連の内部通路によって吸引経路が構成される。
 また、手元操作部4の下方には、吸引ノズル7および空気吸引噴射装置8が着脱自在に取り付けられている。これら吸引ノズル7および空気吸引噴射装置8は、吸引延長管5の代わりに、手元操作部4の先端または吸引延長管5の先端に取り付け可能となっている。
 掃除機本体2は、内部に電動送風機29および集塵室30が設けられている。電動送風機29の動作により吸引力が発生し、吸引ホース3、吸引延長管5を介して吸込口体6の図示しない吸込口に吸引力が発生する。
 電気掃除機1の使用時には、使用者は、手元操作部4を操作して、掃除機本体2の電源を入れる。これにより、電動送風機29の動作によって吸込口体6の吸込口に吸引力が発生する。その結果、床面上の塵埃が吸引され、吸引延長管5、吸引ホース3、接続パイプ31を介して集塵室30に集められる。
 使用者は、手元操作部4を把持して床面上で吸込口体6の位置を移動させることで、掃除する床面の領域を変える。
 また、床面ではなく、部屋の隅、家具等の隙間等の狭い領域を掃除したい場合には、吸引延長管5または吸込口体6を取り外し、掃除を行う。さらに、(1)使用者にとって見え難い位置または高い位置の掃除、(2)被清掃面に付着したり凹凸部の奥に溜まったりした塵埃の掃除、(3)吸引口を近接させると、破損、望ましくない移動、誤操作、誤吸引のおそれがある対象物の掃除等を行いたい場合には、通常の吸引力による掃除(バキューム機能による掃除)だけでなく、ブロアー機能を好適に用いることができる。そこで、吸引延長管5または吸込口体6を取り外し、代わりに空気吸引噴射装置8を取り付け、掃除を行う。
 電気掃除機1における具体的な構成、すなわち、掃除機本体2、吸引ホース3、手元操作部4、吸引延長管5、吸込口体6等は特に限定されず、電気掃除機の分野で公知の各種構成を好適に用いることができる。
 例えば、掃除機本体を手で持って使用するハンディ使用の携帯型掃除機において、空気吸引噴射装置8を掃除機本体の吸引口に着脱自在に接続できるようにし、吸引経路内に空気吸引噴射装置8を配置させることによって、上記キャニスター型電気掃除機1と同様な作用効果が得られる。
 [空気吸引噴射装置の構成]
 次に、本実施の形態に係る空気吸引噴射装置8の具体的な構成について、図2ないし図3を参照して説明する。
 本実施の形態に係る空気吸引噴射装置8は、本体部11、噴射流路部12、レバー部材13、ファン部14、吸引室15および流路切換部16を備えている。また、空気吸引噴射装置8には、先端にブラシを備える吸引ノズル7が装着可能となっている。
 本体部11は、略管状であって、その内部が空気の主流路となっている。本体部11の両端は、それぞれ先端開口部11aおよび後端開口部11bとなっている。先端開口部11aは、吸引ノズル7を装着可能となる開口部として構成されている。後端開口部11bは、手元操作部4に装着可能となる。先端開口部11aおよび後端開口部11bは、好ましくは、テーパ状に形成されている。これにより、先端開口部11aまたは後端開口部11bの外周に吸引ノズル7または手元操作部4を装着したり脱離したりすることが容易となる。
 噴射流路部12は、本体部11の管軸方向に対して傾斜する位置関係で、当該本体部11に一体化するように設けられている。噴射流路部12の内部は空気の副流路となっている。当該副流路は、先端開口部11aにつながるように構成されている。また、噴射流路部12の上部には、噴射空気導入口12aを備えた蓋体19が設けられている。
 空気吸引噴射装置8は、基本的には、噴射流路部12を上方に位置させた状態で、吸引ホース3の先端の手元操作部4に装着される。したがって、以下の説明では、噴射流路部12が位置する側を「上」と称し、反対側を「下」と称する。また、先端開口部11aの位置する側を「先端」と称し、後端開口部11bの位置する側を「後端」と称する。
 噴射流路部12において本体部11から上側に露出している部位は、本体部11の管軸方向に対して傾斜するように延伸している。噴射流路部12の上面には、蓋体19が設けられている。蓋体19には、噴射流路部12の開口部12dの開口部周縁12eと所定の隙間をもたして配置した噴射空気導入口12aが形成されている。この噴射空気導入口12aは、噴射流路部12の内部すなわち副流路に空気を流入させるための開口導入口である。
 また、本体部11における下側、すなわち本体部11を挟んで噴射流路部12の反対側となる位置には、当該本体部11の外周に沿って複数の吸引力調整孔11cが設けられている。この吸引力調整孔11cは、先端開口部11aが、ごみの吸引または吸い付き等により本体部11の主流路が閉塞し、空気の流入が一定以下になって、電気掃除機1への負荷が過剰にならないように、先端開口部11a以外で外気を主流路に取り込むために設けられている。
 レバー部材13は、切換レバー13a、レバー支持部13bおよび空気導入蓋部材13cから構成されている。切換レバー13aおよび空気導入蓋部材13cの間にレバー支持部13bが位置しており、このレバー支持部13bは、本体部11を貫通した状態で回動可能に保持される回動軸となっている。
 また、後述するように、レバー支持部13bには流路切換部16が取り付けられている。切換レバー13aの操作によって流路切換部16の切り換えが可能となっている。
 切換レバー13aは、本体部11の下側を覆うように位置する枠状となっている。空気導入蓋部材13cは、本体部11の側面に設けられている吸引空気導入口15bを開閉可能に閉止する板状材となっている。切換レバー13aは、バネ等の弾性部材によって先端側に付勢されているので、空気導入蓋部材13cは基本的に後端側に位置している。
 そして、後述するように、レバー部材13はレバー支持部13bを中心として回動するので、切換レバー13aを後端側に移動させれば、空気導入蓋部材13cは先端側に移動する。このとき、空気導入蓋部材13cにより閉止されている吸引空気導入口15bは開放される。また、切換レバー13aを後端側に十分に移動させると、本体部11の下側面の一部に当接して止まるので、空気導入蓋部材13cは必要以上に先端側に移動しないように構成されている。
 空気吸引噴射装置8の内部には、図2の縦断面図に示すように、本体部11の内部により構成される主流路9と、噴射流路部12の内部により構成される副流路10と、噴射流路部12の下側において主流路9に面している吸引室15とが、設けられている。噴射流路部12および吸引室15は互いに隣接し、かつ、一体化されている。その内部には、ファン部14が設けられている。言い換えれば、噴射流路部12および吸引室15はファン部収容部であり、吸引室15は動力ファン収容部である。また、吸引室15における主流路9に面する部位には、内部吸引口15aが設けられている。さらに、後述するように、本体部11の外側につながる吸引空気導入口15bも設けられている。
 ファン部14は、噴射流路部12内に位置する噴射ファン14aと、吸引室15内に位置する動力ファン14bと、これらファンを回転可能に支持するファン回転軸14cと、から構成されている。噴射ファン14aは、副流路10に、先端開口部11aに向かって流れる噴射空気流を形成する。動力ファン14bは、噴射ファン14aとともにファン回転軸14cを共有しているので、当該噴射ファン14aと連動して回転する。
 ファン部14はファン回転軸14cの上下を各軸受けにて保持されて回転自在に構成されている。ファン部14の下側である動力ファン14b側のファン回転軸14cは、吸引室15側に固定された軸受a18(第1の軸受)にて保持されている。また、ファン部14の上側である噴射ファン14a側のファン回転軸14cは、蓋体19と、この蓋体19に固定された軸受b20(第2の軸受)とによって保持されている。蓋体19は、ファン回転軸14cの軸方向に対し略垂直方向になるよう噴射流路部12の上部に遊動自在に設けられている。
 この蓋体19は、図4、図5に示すように噴射流路部12の上部に、噴射流路部12の開口部12dの開口部周縁12eと所定の隙間をもたして移動可能に配置されている。この所定の隙間は、ファン回転軸14cの軸方向の隙間T1と、軸に対し略垂直方向の隙間T2である。
 そして、ファン回転軸14cを支持する軸受b20と、噴射流路部12に数箇所設けられた爪係合部12fとによって、上記隙間T1、T2が確保されているとともに、蓋体19がファン回転軸14c方向に外れないように規制されている。
 また、図6に示すように蓋体19と噴射流路部12を覆うように複数の通風孔21bを有した外郭部21が設けられている。そして、外郭部21と蓋体19との間には、複数の通風孔21bからの吸引風を噴射空気導入口12aへ通すように構成されたパッキン部材22が配置されている。なお、ファン部14の具体的な動作に関しては、後述する噴射空気流の形成とともに説明する。
 主流路9および副流路10は、前述したように、それぞれ本体部11および噴射流路部12の内部に構成されている。主流路9の先端側となる位置に、副流路10が合流している。先端開口部11aから見れば、主流路9(本体部11)は略直進する方向に延伸しているが、副流路10は、主流路9の途中で、当該主流路9に対して鋭角を有する方向に分岐している。この状態を、主流路9および副流路10を基準とした表現ではなく、本体部11および噴射流路部12を基準として表現すれば、噴射流路部12は、その内部の副流路10が、本体部11の内部の主流路9と合流するように当該本体部11に設けられていることになる。また、主流路9に副流路10が合流していることから、本体部11における先端開口部11aは、噴射流路部12における噴射口を兼ねている。
 また、主流路9および副流路10が合流する部位には、流路切換部16が設けられている。流路切換部16は、少なくとも先端開口部11aに対する副流路10の接続または遮断を切り換えるように構成されていればよい。本実施の形態の流路切換部16は、先端開口部11aに対して主流路9または副流路10の一方が接続されるように、択一的な切り換えを行う。
 具体的には、流路切換部16は、略板状の弁部材となっており、一端がレバー支持部13bに固定支持されている。したがって、使用者が切換レバー13aを操作することで、流路切換部16は、レバー支持部13bを支点として合流部位の領域内を揺動する。それゆえ、流路切換部16の揺動角度は、切換レバー13aの操作によって自在に変えることができる。
 ここで、主流路9における合流部位を、破線で囲んだ領域に示すように「本体合流口11d」と定義し、副流路10における合流部位を「噴射合流口12b」と定義する(図2参照)。弁部材である流路切換部16は、切換レバー13aの操作によって、主流路9または副流路10の一方を閉止するようにレバー支持部13bを支点として角度を変える(揺動する)。なお、図2に示す構成では、流路切換部16は、噴射合流口12bを閉止している状態にある。
 また、本体合流口11dおよび噴射合流口12bのいずれにおいても、流路切換部16が、閉止状態を超えた位置にまで揺動しないように、流路切換部16の移動を所定位置で止めるストッパ11e、12cが設けられている。
 本実施の形態に係る空気吸引噴射装置8および吸引ノズル7の具体的な構成は特に限定されず、本体部11、噴射流路部12、レバー部材13、ファン部14、吸引室15および流路切換部16等は、電気掃除機の分野あるいは広く家電製品の分野で公知の部材、材料、形状等を用いて製造できるものであればよい。
 [空気吸引噴射装置の動作]
 次に、前述した構成を有する空気吸引噴射装置8の動作、特に、吸引口23から噴射空気流を噴射する機能(ブロアー機能)の詳細、並びに、当該ブロアー機能と通常の吸引を行う機能(バキューム機能)との切り換えについて説明する。
 まず、空気吸引噴射装置8は、吸引ホース3の先端に設けられている手元操作部4に直接取り付けて使用することができる。つまり、使用者は、手元操作部4に吸引延長管5および吸込口体6が取り付けられている状態(図1参照)から吸引延長管5を取り外し、代わりに空気吸引噴射装置8を取り付けた状態として使用する。なお、空気吸引噴射装置8には吸引ノズル7が取り付けられている。以下の説明でも、この状態に基づいて空気吸引噴射装置8の動作を説明する。
 次に、通常のバキューム機能について説明する。空気吸引噴射装置8がバキューム機能に切り換えられた状態では、切換レバー13aが先端側に位置する定常状態にある。このため、主流路9および副流路10の合流部位においては、流路切換部16は、噴射合流口12bを閉止し、本体合流口11dを開放している。そして、掃除機本体2の動作によって吸引力が発生すると、当該吸引力は吸引ホース3を介して主流路9および吸引ノズル7まで達する。それゆえ、図中太線の矢印で示すように吸引口23から外気が吸引され、先端開口部11aから後端開口部11bに向かって、主流路9に吸引空気流が形成される。
 次に、空気吸引噴射装置8をブロアー機能への切り換える場合について説明する。使用者が切換レバー13aを後端側に移動させる操作を行うと、空気導入蓋部材13cは先端側に移動する。その結果、空気導入蓋部材13cにより閉止されている吸引空気導入口15bが開放される。さらに、主流路9および副流路10の合流部位においては、流路切換部16は、噴射合流口12bを閉止している位置から、本体合流口11dを閉止する位置まで移動する。これにより噴射合流口12bは開放されるので、副流路10は先端開口部11aにつながるが、主流路9は先端開口部11aから遮断される。後端開口部11b近傍に生じる吸引力は、内部吸引口15aから吸引室15の内部の空気を吸引する。
 このとき、開放されている吸引空気導入口15bは、吸引室15につながっているので、吸引室15の内部は外気につながっている。それゆえ、吸引空気導入口15b、吸引室15、内部吸引口15aに向かって吸引空気流が形成される。この吸引空気流は、主流路9を介して後端開口部11bから吸引ホース3に向かって流れる。そして、吸引室15の内部には、動力ファン14bが設けられているので、この動力ファン14bは吸引空気流の作用によって回転する。
 さらに動力ファン14bは、噴射ファン14aとともにファン回転軸14cを共有しているので、動力ファン14bの回転に伴って噴射ファン14aも回転する。
 ファン回転軸14cの軸中心は、初めて使用される場合等においては、各ファンのバランス状態および軸の状態により、各製品固体によって異なる。従来の構成では、吸引ファンや噴射ファンを保持する軸受が外郭に一体的に設けられていたため、ファンの振れ音が大きくなったり、外郭に大きな振動が伝達したりしていた。本願発明によれば、ファン回転軸14cの軸中心が異なる状態に応じて、軸受b20を保持し遊動自在に配置された蓋体19が、ファン回転軸14cを適切な中心軸位置に自動的に調芯するように移動する。これにより、各ファンが動作するために必要な力が最も少ない位置で中心軸が固定される。その結果、各製品固体における最大回転数でファンを回転させることができる。
 また、次回動作時には、パッキン部材22により蓋体19が押さえ込まれているので、ファン回転軸14cの軸中心が最適な軸中心位置に近いところで固定される。このために、ファンの回転数は最大回転数までスムーズに立ち上がる。その結果、空気吸引噴射装置8は、性能を最高の状態に保持することができる。
 この蓋体19による調芯移動が実現できるのは、蓋体19が噴射流路部12の上部において、噴射流路部12の開口部12dの開口部周縁12eに所定の隙間を有して遊動自在に配置されているからである。この所定の隙間は、ファン回転軸14cの軸方向の隙間T1と、軸に対し略垂直方向の隙間T2とである。そして、この隙間T1、T2の値を最適設定するにあたり実験を繰り返し、図7に示す様な結果を得ることができた。振動による異音低減効果と、軸の回転数UPを隙間T1、T2の値を評価するための評価項目とした。この評価項目で隙間T1、T2の値の評価(○、△、×評価)を行い、総合的に判断して隙間T1、T2の最適設定値を導いた。
 その結果、軸方向の隙間T1は、0.05mm~1.4mmの範囲内であれば、蓋体19の調芯作用による振動異音と軸回転数UPに一定の効果(振動異音と軸回転数UPの少なくとも1項目で△評価あり)を得られることが確認できた。さらにその範囲の中でも、隙間T1が、0.05mm~1mmの範囲内でれば、なお高い効果(振動異音と軸回転数UPの少なくとも1項目で○評価あり)が得られることが確認できた。
 また、軸に対し略垂直方向の隙間T2は、0.1mm~1.1mmの範囲内であれば、蓋体19の調芯作用による振動異音と軸回転数UPに一定の効果(振動異音と軸回転数UPの少なくとも1項目で△評価あり)が得られることが確認できた。さらにその範囲の中でも、隙間T2が、0.1mm~0.8mmの範囲内でれば、なお高い効果(振動異音と軸回転数UPの少なくとも1項目で○評価あり)が得られることが確認できた。
 そして、さらにこの隙間T1、T2の値を変化させ各々組み合わせた結果、振動異音と軸回転数UPの2つの評価に対し共に○評価が得られた最適設定範囲として、
(隙間T1)0.1mm~0.5mmの範囲
(隙間T2)0.2mm~0.5mmの範囲であることを確認できた。
 このように、隙間T1、T2の値の組み合わせを上記最適設定範囲に設定することにより、軸受保持部品の組み合わせによる軸心ずれや、各ファンのバランス状態および軸の保持状態(ファン回転軸14cの軸中心が各製品固体によって異なる状態)に起因して生ずるバランス量に応じて、ファン回転軸14cを保持する軸受b20を自動的に調芯する作用が生まれる。その結果、各ファンが回転動作するために必要な力が最も少ない位置でファン回転軸14cが固定される。
 これにより、使用者に不快感を与える異音や振動を抑えることにより電気掃除機の使用性を向上することができる。また、ファン回転軸の軸中心を最もファン効率が良い位置に保つことができるため、ファンの回転数が高い値で安定する。その結果、空気吸引噴射装置8は、安定したブロワー性能を維持することができる。
 また、次回動作時には、パッキン部材22により蓋体19が押さえ込まれているので、ファン回転軸14cの軸中心が最適な軸中心位置に近いところで固定される。このため、ファンの回転数は最大回転数までスムーズに立ち上がる。その結果、空気吸引噴射装置8の性能を最高の状態に保持することができる。
 以上の状態で噴射ファン14aは噴射流路部12内に設けられているので、副流路10において噴射空気流が形成され、当該噴射空気流は先端開口部11aから吸引ノズル7の内部に流れ、吸引口23から噴射される。
 なお、使用者が、切換レバー13aを後端側に移動させた状態を解除すれば、切換レバー13aは後端側から先端側に移動して元の位置に戻る。これに伴い、空気導入蓋部材13cは吸引空気導入口15bを閉止する。また、流路切換部16は、噴射合流口12bを開放している位置から、本体合流口11dを開放する位置まで移動する。それゆえ、副流路10が先端開口部11aから遮断され、主流路9が先端開口部11aにつながるので、動力ファン14bおよび噴射ファン14aの回転が停止し、吸引口23から噴射していた噴射空気流も停止する。また、主流路9には、吸引空気流が形成されるので、吸引口23においては再び吸引力が生じる。
 このように、本実施の形態では、切換レバー13aの操作により流路切換部16を切り換えるだけで、先端開口部11aから噴射空気流を噴射させることができる。それゆえ、電気掃除機1の使用時に、複雑な構成を用いることなく、吸引ノズル7の先端から容易に噴射空気流を噴射させることができる。また、切換レバー13aを元に戻すだけで、電気掃除機1のブロアー機能を停止してバキューム機能に戻すことができる。したがって、電気掃除機1の操作性が向上するだけでなく、電気掃除機1の使用状況に応じて、バキューム機能とブロアー機能とを適切に切り換えることができる。
 また、ファン部14の回転数がブロアー機能の性能にもっとも影響与える構造となっている。ファン部14の回転力が最も出るようにファン部14の軸中心を自動的に調整できる機能を有することによりブロアー機能の性能を発揮できやすい構造とした。また、ファン部14の軸中心を簡易な方法で製品に保持させることにより、次回からの使用においてファン部14の性能を最大限引き出せる構造とした。これにより、ブロアー機能の信頼性が高い電気掃除機1を構成できる。
 また、本実施の形態では、電気掃除機として、キャニスター型の電気掃除機1(図1参照)を例示しているが、本発明はこれに限定されない。本発明は、キャニスター型であっても電気掃除機1とは異なる構成のものを用いることができる。あるいは、本発明は、アップライト型の電気掃除機、あるいはハンディ型の電気掃除機等を用いることができる。さらに、本実施の形態に係る空気吸引噴射装置8は、吸引ホース3(手元操作部4)に着脱自在の構成となっているが、これに限定されない。吸引ホース3(手元操作部4)などを吸引装置の本体の一部に一体化した構成であってもよい。
 なお、本発明は前述した各実施の形態の記載に限定されるものではない。本発明は特許請求の範囲に示した範囲内で種々の変更が可能である。異なる実施の形態や複数の変形例にそれぞれ開示された技術的手段を適宜組み合わせて得られる実施の形態についても本発明の技術的範囲に含まれる。
 本発明は、ブロアー機能をバキューム機能とともに使用したい場合であれば、家庭用、業務用を問わず、また、キャニスター型、アップライト型を問わず、さまざまな種類の電気掃除機の分野に好適に用いることができる。
 1  電気掃除機
 3  吸引ホース
 8  空気吸引噴射装置
 9  主流路
 10  副流路
 11  本体部
 11a  先端開口部
 11b  後端開口部
 12  噴射流路部
 12a  噴射空気導入口
 12d  開口部
 12e  開口部周縁
 14a  噴射ファン
 14b  動力ファン
 14c  ファン回転軸
 15  吸引室
 15a  内部吸引口
 15b  吸引空気導入口
 16  流路切換部
 18  軸受a(第1の軸受)
 19  蓋体
 20  軸受b(第2の軸受)
 21  外郭部
 22  パッキン部材

Claims (5)

  1. 電気掃除機が備える吸引経路に連通して接続され、
    一端が前記吸引経路に接続される後端開口部をなしているとともに他端が先端開口部をなし、その内部が空気の主流路となっている管状の本体部と、
    外部から空気を導入する噴射空気導入口および導入した空気を外部へ噴射する噴射口を有し、その内部が前記噴射空気導入口から前記噴射口に至る副流路となっている噴射流路部と、
    前記本体部の内部に設けられ、前記吸引経路を通じた空気の吸引により前記主流路に形成される吸引空気流によって回転する動力ファンと、
    前記噴射流路部の内部に設けられ、前記動力ファンに連動して回転し、前記副流路に、前記噴射空気導入口から前記噴射口に向かう噴射空気流を形成する噴射ファンと、
    前記動力ファンと前記噴射ファンを共に取り付けるファン回転軸と、
    前記本体部における前記主流路に設けられ、前記動力ファンを内部に収容し、かつ前記主流路に面する内部吸引口および外部から空気を導入する吸引空気導入口を有する吸引室と、
    前記噴射口に対する前記副流路の接続または遮断を切り換える流路切換部と、
    前記吸引室側に設けられ、前記ファン回転軸の動力ファン側の端部を保持する第1の軸受と、前記ファン回転軸の前記噴射ファン側の端部を保持する第2の軸受と、
    前記噴射空気導入口が形成され、かつ前記第2の軸受を保持し前記噴射流路部の外郭の一部を覆う蓋体と、を備え、
    前記蓋体が、前記噴射流路部の上部で遊動自在に移動できるよう配置した空気吸引噴射装置。
  2. 前記噴射流路部の上部に開口部を設け、前記開口部の開口部周縁と前記蓋体との間に所定の隙間を設け、前記所定の隙間は、前記ファン回転軸の方向の隙間と、前記ファン回転軸方向に対し略垂直方向の隙間とからなる請求項1に記載の空気吸引噴射装置。
  3. 前記蓋体と前記噴射流路部を覆うように設けた外郭部と、前記外郭部と前記蓋体との間にパッキン部材を設置した請求項1に記載の空気吸引噴射装置。
  4. 請求項1から3のいずれか1項に記載の空気吸引噴射装置と、前記空気吸引噴射装置が設けられている吸引ホースと、を備えている電気掃除機。
  5. 前記空気吸引噴射装置は、前記吸引ホースに対して着脱自在に接続されている請求項4に記載の電気掃除機。
PCT/JP2012/001550 2011-04-14 2012-03-07 空気吸引噴射装置およびそれを用いた電気掃除機 WO2012140825A1 (ja)

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011089867A JP2012217782A (ja) 2011-04-14 2011-04-14 空気吸引噴射装置およびそれを用いた電気掃除機
JP2011-089867 2011-04-14

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2012140825A1 true WO2012140825A1 (ja) 2012-10-18

Family

ID=47009022

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2012/001550 WO2012140825A1 (ja) 2011-04-14 2012-03-07 空気吸引噴射装置およびそれを用いた電気掃除機

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP2012217782A (ja)
WO (1) WO2012140825A1 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9537649B2 (en) 2012-11-05 2017-01-03 Lg Electronics Inc. Method and device for generating synchronization signal in wireless access system supporting ultrahigh frequency band
EP3838090A4 (en) * 2018-10-15 2021-10-13 Gree Electric Appliances, Inc. of Zhuhai AIRFLOW CONVERSION DEVICE AND DUST COLLECTORS WITH IT
US11889794B2 (en) 2020-12-30 2024-02-06 Milwaukee Electric Tool Corporation Handheld blower

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US11291339B2 (en) 2018-06-04 2022-04-05 Milwaukee Electric Tool Corporation Modular vacuum system
CN215777744U (zh) 2018-08-30 2022-02-11 米沃奇电动工具公司 真空吸尘器

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5977961U (ja) * 1982-11-18 1984-05-26 松下電器産業株式会社 電気掃除機用吸込具
JPS60227726A (ja) * 1984-03-21 1985-11-13 カ−ルハインツ マイデル 家庭用または工業用吸込み機器用の送風および吸込みノズル
JPS6318945U (ja) * 1986-07-18 1988-02-08
JP2000217746A (ja) * 1999-02-03 2000-08-08 Matsushita Electric Ind Co Ltd 空気噴射装置及びそれを用いた電気掃除機
JP2001161603A (ja) * 1999-12-09 2001-06-19 Makita Corp 一本の両用ノズルを有する吸引・吐出装置

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5977961U (ja) * 1982-11-18 1984-05-26 松下電器産業株式会社 電気掃除機用吸込具
JPS60227726A (ja) * 1984-03-21 1985-11-13 カ−ルハインツ マイデル 家庭用または工業用吸込み機器用の送風および吸込みノズル
JPS6318945U (ja) * 1986-07-18 1988-02-08
JP2000217746A (ja) * 1999-02-03 2000-08-08 Matsushita Electric Ind Co Ltd 空気噴射装置及びそれを用いた電気掃除機
JP2001161603A (ja) * 1999-12-09 2001-06-19 Makita Corp 一本の両用ノズルを有する吸引・吐出装置

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9537649B2 (en) 2012-11-05 2017-01-03 Lg Electronics Inc. Method and device for generating synchronization signal in wireless access system supporting ultrahigh frequency band
EP3838090A4 (en) * 2018-10-15 2021-10-13 Gree Electric Appliances, Inc. of Zhuhai AIRFLOW CONVERSION DEVICE AND DUST COLLECTORS WITH IT
US11889794B2 (en) 2020-12-30 2024-02-06 Milwaukee Electric Tool Corporation Handheld blower

Also Published As

Publication number Publication date
JP2012217782A (ja) 2012-11-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO2012140825A1 (ja) 空気吸引噴射装置およびそれを用いた電気掃除機
CN102188200B (zh) 真空清洁头
JP4816384B2 (ja) 電気掃除機用吸込具およびそれを用いた電気掃除機
JP4482034B2 (ja) 真空清掃ヘッド
JPWO2006080383A1 (ja) 電気掃除機およびその吸込口体
JP2003144359A (ja) 電気掃除機
JP5079062B2 (ja) 空気吸引噴射装置およびこれを備える電気掃除機
JP2009261431A (ja) 電気掃除機
JP5786122B2 (ja) 空気吸引噴射装置およびこれを備える電気掃除機
JP6623114B2 (ja) 電気掃除機の吸込具及びこれを備える電気掃除機
JP5556253B2 (ja) 空気噴射装置及びそれを用いた電気掃除機
JP2000107094A (ja) 電気掃除機用吸込具及び電気掃除機
JP2013094213A (ja) 空気吸引噴射装置およびこれを備える電気掃除機
JP2008086549A (ja) 電気掃除機用吸込具およびそれを用いた電気掃除機
JP2013183761A (ja) 空気噴射装置及び電気掃除機
EP1712174A2 (en) Turbine brush of vacuum cleaner
JP2017006185A (ja) 電気掃除機の吸込具及びこれを備えた電気掃除機
JP2013052008A (ja) 空気噴射装置及びそれを用いた電気掃除機
KR20100059551A (ko) 흡입노즐 조립체 및 이를 구비하는 진공청소기
WO2012137417A1 (ja) 空気吸引噴射装置およびこれを備える電気掃除機
JP2009297378A (ja) 電気掃除機、及びその吸口体
JP2019187579A (ja) 電気掃除機の吸口体およびこれを備えた電気掃除機
JP2012235860A (ja) 空気噴射装置及びそれを用いた電気掃除機
JP5040470B2 (ja) 電気掃除機
JP2011172739A (ja) 電気掃除機用吸込具

Legal Events

Date Code Title Description
121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application

Ref document number: 12770727

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1

NENP Non-entry into the national phase

Ref country code: DE

122 Ep: pct application non-entry in european phase

Ref document number: 12770727

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1