JPS6145917A - 地盤沈下測定装置 - Google Patents

地盤沈下測定装置

Info

Publication number
JPS6145917A
JPS6145917A JP16562784A JP16562784A JPS6145917A JP S6145917 A JPS6145917 A JP S6145917A JP 16562784 A JP16562784 A JP 16562784A JP 16562784 A JP16562784 A JP 16562784A JP S6145917 A JPS6145917 A JP S6145917A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ground
sensor
sensors
subsidence
measuring device
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP16562784A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0347683B2 (ja
Inventor
Tomoji Kobayashi
小林 友治
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Penta Ocean Construction Co Ltd
Original Assignee
Penta Ocean Construction Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Penta Ocean Construction Co Ltd filed Critical Penta Ocean Construction Co Ltd
Priority to JP16562784A priority Critical patent/JPS6145917A/ja
Publication of JPS6145917A publication Critical patent/JPS6145917A/ja
Publication of JPH0347683B2 publication Critical patent/JPH0347683B2/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
    • E02DFOUNDATIONS; EXCAVATIONS; EMBANKMENTS; UNDERGROUND OR UNDERWATER STRUCTURES
    • E02D1/00Investigation of foundation soil in situ

Landscapes

  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • Life Sciences & Earth Sciences (AREA)
  • Mining & Mineral Resources (AREA)
  • Soil Sciences (AREA)
  • Analytical Chemistry (AREA)
  • General Life Sciences & Earth Sciences (AREA)
  • Chemical & Material Sciences (AREA)
  • Paleontology (AREA)
  • Civil Engineering (AREA)
  • General Engineering & Computer Science (AREA)
  • Structural Engineering (AREA)
  • Investigation Of Foundation Soil And Reinforcement Of Foundation Soil By Compacting Or Drainage (AREA)
  • Force Measurement Appropriate To Specific Purposes (AREA)
  • Length Measuring Devices With Unspecified Measuring Means (AREA)
  • Testing Or Calibration Of Command Recording Devices (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明は、軟弱地盤改良工事において粘土質地盤の圧密
沈下量、地盤中の土圧、間隙水圧等を測定する地盤沈下
測定装置にI!llするものである。
(従来技術) 従来より、粘土質からなる軟弱地盤を改良する目的でベ
ーバードレーン工法やサンドドレーン工法が採用されて
いる。
これらの工法は、地盤中に所定のピッチでドレーン材を
多数打設し、その後地盤の表面に載荷盛土を行い、載荷
重をかけ、粘土中の間隙水を各ドレーン材を介して地表
に排除して地盤の圧密沈下を促進させる工法である。こ
の場合、間隙水の排除に際しては、地盤中の間隙水圧と
、土圧と、ドレーン材の配列状況がその圧密速度と密接
な関連があることが知られている。
このため、従来より第8図に示す方法で、地盤の沈下測
量と、土中の全圧力と、間隙水圧とを定期的に測定して
、有効圧力を計測し、その結果を解析して圧密度を計算
する方法がとられている。
以下、第8図に従って従来の施工管理法を説明する。一
般にドレーン材の打設後に、非圧密地盤1上の軟弱地盤
2の表面に第1の載荷盛土3A及び第2の載荷盛土3B
等を段階的に施し、地表部から載荷重をかけ圧密を促進
させている。この場合、一度に多鱗の載荷盛土を施すと
軟弱地盤が破壊し、その結果盛土側方の地盤に11ふく
れ現象をひき起すので、先ず第1の載荷盛土3Aを行い
、その後一定期間を買いて第1の載荷盛土による圧密度
の進行状態、即ち地盤2の地耐力の増加状態に応じて第
2の載荷盛土3Bが段階的に行われる。
そして所定期間後、第2の載荷盛土による圧密を完了し
たら、全載荷盛土を撤去する等して地盤改良工事が終了
となる。従って、第2の載荷盛土の実施時期と載荷盛土
の撤去時期の決定は、地盤改良工事施工上の重要なポイ
ントとなるため、従来は以下の方法でその計測を行って
いた。
即ち、地盤表面と軟弱地盤2の圧密係数が異なる地層2
A、28.20の境界面に、沈下計4A。
4B、40.4Dを埋設し、さらに間隙水圧計5△、5
8.50と、土圧計6A、6B、60とを層毎に別々に
埋設して、以後定期的に計測し、各地層2A、2B、2
Gの圧密度を計算して載荷時期と載荷^さく載荷量)を
決定していた。この場合、沈下計4A〜4Dは、地表に
突出する長さのロッド7の下端に沈下板8等を取付けた
構造にそれぞれなっている。間隙水圧計5A〜5C及び
土圧計6A〜6Cはケーブル9.10で地上に信号を伝
達する構造になっている。なお、hl、h2は第1及び
第2の載荷盛土の高さ、Hは地盤2の厚さ、H1〜H3
は地層2A〜2Cの厚さである。
これらの沈下板4A〜4Dによって測定された沈下1を
、計算で求めた理論的な沈下計と比較して、圧密度の進
行状況を把握し、第20載荷盛土の時期、および地盤改
良工事の完了時期等を決定していた。
(発明が解決しようとする問題点) しかしながら、前述の如き従来の方法では同一地点下に
複数の沈下板を設置することは不可能であり、従って、
各層毎に沈下板を設置するためには沈下板毎に地点をず
らしてポーリングを行なう必要があるばかりか、各層の
沈下量は、ずれた位置での測定線の差で求めるため、正
確な値を得ることが雌しかった。
また、これら沈下計4B〜4D、間隙水圧計5・A〜5
C1土圧計6A〜6Cは、別途ポーリング機等を使用し
てポーリングを行って防護管11と共に埋設するので、
多額の費用と労力を必要とする欠点があった。
本発明の目的は、各センサーを同一地点下にドレーン材
打設機を利用して容易に設置することができる地盤沈下
測定@置を提供するにある。
(問題点を解決する本発明の手段) 本発明に係る地盤沈下測定装置は、可撓性を有する長尺
なる部材と、前記部材に、その長さ方向に適宜間隔で取
り付けられたセンサーとで構成され、ドレーン材打設機
によって地盤中に打設可能に構成されていることを特徴
とするものである。
(発明の作用) このような地盤沈下測定装置は、可撓性をもつ帯状母材
内にセンサーを組込んだ構造なので、ドレーン材打設機
でドレーン材施工と同様な方法で軟弱地盤中に設置する
ことができ、長さ方向に適宜間隔でセンサーが配置され
ているため、1箇所に打設すだけでよいばかりか同一地
点下にセンサーを配置することとなり、正確な測定位置
を得ることができる。
(実施例) 以下本発明の実施例を図面を参照して詳細に説明する。
第1図は本発明に係る地盤沈下測定装置11の一実施例
を示したものである。この装置11は、可撓性を有する
帯状プラスチックボード等よりなる1対のボード12が
所定間隔で補強材を兼ねたボード連結材13で連結され
てなる可撓性帯状母材14を備えている。この帯状母材
14には間隙水圧センサー15、深度センサー16及び
土庄センサー17が所定の長さく深度)毎にセットとし
てそれぞれ組込まれている。−深度センサー16には地
上から導水管18で水圧がかけられるようになっている
。各センサー15〜17からの信号はケーブル19.2
0.21で地上に伝えられるようになっている。導水管
18及びケーブル19〜21は、可撓性帯状母材14内
の空間22を利用して収容されている。
間隙水圧センサー15は、第2図(A)(B)に示すよ
うに、円筒状水圧容器23を備え、その内部には水圧セ
ンサ一本体24がセンサー保持具25で取付けられ、円
筒状水圧容器23の両端はポーラスなフィルター26に
よって閉塞され、各フィルター26は各ボード12の開
口部に露出され、土粒子に接するようになっている。水
圧容器23は容器取付部材27で可撓性帯状母材14の
両ボード12に取付けられている。これにより、土粒子
中の1llFAi水28は容器23内に浸透し、地盤中
の間隙水圧と均的した被圧水が充填され、この水圧を間
隙水圧センサ一本体24が感知し、ケーブル19で地上
に伝えるようになっている。
深度゛センサー16は、第3図(A>(B)に示すよう
に、耐圧容器29を備え、その内部には深度センサ一本
体30がセンサー保持具31で取付けられ、耐圧容器2
9には導水管18の末端が連通接続され、地上側から水
32が供給され、水圧がかけられるようになっている。
耐圧容器29は容器取付部材33で両ボード12に取付
けられている。深度センサ一本体30からの信号はケー
ブル20で地上に伝えられるようになっている。このよ
うな深度センサー16による深度測定原理は、導水管1
8を通じて地上の自由水面高と容器29との水頭差を、
深度センサ一本体30で水圧を計測してその値を換梓す
ることにより求めるものである。また、この深度センサ
一本体30は、給体圧力を感知するため、大気圧の変動
に影響を受けるため気圧の変動に対する補正も同時に行
ってセンサ一本体30が存在する位置の深度を求める必
要がある。
土庄センサー17は、第4図(A>(B)に示すように
円筒状の土圧センサーカバー34を備え、その中に土庄
センサ一本体35が収容され、カバー34の両端には受
圧板36で閉塞され、各受圧板36は各ボード12の開
口部に露出され、土粒子に接し、地盤中の全圧力が作用
するようになっている。カバー34はカバー取付部材3
7で両ボード12に取付けられている。土庄センサ一本
体35から得られた信号はケーブル21で地上に伝えら
れるようになっている。地盤中の有効圧力は、土庄セン
サ一本体35で得た値から間隙水圧センサー24で得た
間隙水圧値を減することによって求められる。
上述したような本発明の地盤沈下測定装置11は、地盤
中に設置するに際し、ペーパードレーン材の打設に通常
使用される第5図に示す如きドレーン材打設機38を用
いて打設することにより地盤中に打設される。第5図に
おいて、39は打設機本体、40は打設機本体39に垂
直に立設された7ンドレルリーダー、41はマンドレル
リーダー40に取付けられたガイドローラ、42はガイ
ドローラ41に掛は渡された駆動チェーン、43はチェ
ーン42を駆動する油圧モータ、44は打設機本体39
に支持されたリール、11はリール44から繰り出され
る本実施例の地盤沈下測定装置である。
本装置11は、第6図に示すようにマンドレル45に通
し、本装置11の先端には定着部材46を接合部材47
で取付け、マンドレル45の先端に該定着部材46を係
止させ、マンドレル45と共に駆動チェーン42を介し
て地盤中に貫入する。
所定の深度まで貫入した後、マンドレル45を引抜くと
、本装置11は先端の定着部材46のアンカー作用で地
中に残置される。このような設置作業は、通常のドレー
ン材の打設と同様に所要時間は数分〜10数分である。
マンドレル45は、帯状母材14の寸法が一般のドレー
ン材と同じならばそのまま使用できるし、センサー類の
関係で帯状母材14の寸法が一般のドレーン材より厚く
なった場合には専用のマンドレル45を製作すればよい
次に第7図(イ) (口〉により本装置11の作用につ
いて説明する。第7図(イ)に示すように改良前の圧密
性地H2A、2B、2C中に前述したようにしてドレー
ン材打設機で打設された本装置i!11は、図示しない
ドレーン材による排水に伴う圧密の進行につれて第7図
(ロ)のように蛇行状に変形する。変形後も、改良地1
12a〜2c中に設置された各センサー15〜17は正
常に地盤中の間隙水圧、変位、全圧力を感知する。なお
、H’、 H’l−H’aは、H,Ht−Haの改良後
の寸法である。
上記実施例では、可撓性帯状母材14内に間隙水圧セン
サー15、深度センサー16、土圧センサー17をセッ
トとして組込んだが、このようにすると各センサーを個
々に打設する必要がなくなる。また、実施例のように各
センサー15〜17のセットを深度を違えて多段に組込
むと、上記の効果が一層促進され、従来に比べて非常に
能率よく且つ経済的にセンサーの設置が行えて好適であ
る。
また、場合によっては1つの帯状母材に深度センサー等
のセンサーだけを組込んでもよい。
さらに、帯状母材もこれにのみ限定されるものではなく
、可撓性を有する長尺部材であれば代替可能である。
(発明の効果) 以上説明したように本発明に係る地盤沈下測定装置は、
可撓性をもつ帯状母材内に適宜間隔てセンサーを組込ん
だ構造なので、ポーリングして設置するといっためんど
うな方法をとらずに、ドレーン材打設機を用いてドレー
ン材施工と同様な方法で軟弱地盤中に打設することがで
き、従って、従来に比べて非常に能率よく、安価な費用
でセンサーの設置作用を行うことができる。
また、1本の地盤沈下測定装置を打設することによって
、同時に各層の沈下を計測することができ、各層毎にポ
ーリングを行なって沈下板を設置していた従来の測定方
式に比べて経済的となり、設定時間の大幅な短縮が可能
となるばかりか、同−地点下での各層の沈下量が得られ
るため、正確な測定値を得ることができる。
尚、本装置における長尺部材の長さ方向に適宜ピッチで
組み込まれた深度センサー等によって圧密中の改良地盤
の各層の沈下量等が自動的に記録されるので、従来のよ
うに沈下板のロンドの変位を人間が測量器械によって測
定していたのと比較して非常に便利となる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明の@置の一実施例の斜視図、第2図(A
)(B)は本実施例で用いている水圧センサーの一例を
示tW1断面図及び横断面図、第3図(A)(B)は本
実施例で用いている深度センサーの縦断面図及び横断面
図、第4図(A>(B)は本実施例で用いている土圧セ
ンサーの縦断面図及び横断面図、第5図はドレーン材打
設機の一例を示す側面図、第6図はマンドレルと本装置
との先端の関係の一例を示す縦断面図、第7図(イ)(
ロ)は本装置の地盤改良前と改良後の状態を示す説明図
、第8図は従来の各センサーの設置状態の説明図である
。 2・・・・・・軟弱地盤、2A〜2C・・・・・・地層
、3.3A、3B・・・・・・土盛、11・・・・・・
地盤沈下測定装置、12・・・・・・ボード、13・・
・・・・ボード連結材、14・・・・・・可撓性帯状母
材、15・・・・・・間隙水圧センサー,16・・・・
・・深度センサー、17・・・・・・土圧センサー、1
8・・・・・・導水管、19〜21・・・・・・ケーブ
ル、22・・・・・・空間。 第3図 第4図

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)可撓性を有する長尺なる部材と、前記部材に、そ
    の長さ方向に適宜間隔で取り付けられたセンサーとで構
    成され、ドレーン材打設機によって地盤中に打設可能に
    構成されていることを特徴とする地盤沈下測定装置。
  2. (2)前記センサーが深度センサーである特許請求の範
    囲第1項記載の地盤沈下測定装置。
  3. (3)前記センサーとして深度センサー、間隙水圧セン
    サー、土圧センサーとをそれぞれ併設することを特徴と
    した特許請求の範囲第1項記載の地盤沈下測定装置。
JP16562784A 1984-08-09 1984-08-09 地盤沈下測定装置 Granted JPS6145917A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP16562784A JPS6145917A (ja) 1984-08-09 1984-08-09 地盤沈下測定装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP16562784A JPS6145917A (ja) 1984-08-09 1984-08-09 地盤沈下測定装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS6145917A true JPS6145917A (ja) 1986-03-06
JPH0347683B2 JPH0347683B2 (ja) 1991-07-22

Family

ID=15815954

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP16562784A Granted JPS6145917A (ja) 1984-08-09 1984-08-09 地盤沈下測定装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS6145917A (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100422515B1 (ko) * 2001-11-14 2004-03-18 주식회사 동성엔지니어링 연약지반 침하 측정 방법과 그 장치
JP2006144238A (ja) * 2004-11-16 2006-06-08 Toda Constr Co Ltd クレーン構台用基礎とその維持システム
JP2016061050A (ja) * 2014-09-17 2016-04-25 エポコラム機工株式会社 土中圧力計測装置
JP2017025528A (ja) * 2015-07-21 2017-02-02 株式会社不動テトラ 地盤埋設ボード及びその利用方法
WO2018101828A1 (en) * 2016-12-02 2018-06-07 Fugro Technology B.V. Embankment monitoring system
JP2019073941A (ja) * 2017-10-18 2019-05-16 株式会社不動テトラ 地盤改良体の造成管理方法
JP2021195826A (ja) * 2020-06-17 2021-12-27 錦城護謨株式会社 層別沈下計の設置方法
JP2021195825A (ja) * 2020-06-17 2021-12-27 錦城護謨株式会社 間隙水圧測定アセンブリ及びその設置方法

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS53106006U (ja) * 1977-02-01 1978-08-25
JPS5660330A (en) * 1979-10-22 1981-05-25 Oyo Chishitsu Kk Measuring method dependent upon ae for earth pressure in hole
JPS5693917A (en) * 1979-12-26 1981-07-29 Mori Gijutsu Kenkyusho:Goushi Measuring device for strength and deformation characteristic of soil by utilizing wall of boring pit

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS53106006U (ja) * 1977-02-01 1978-08-25
JPS5660330A (en) * 1979-10-22 1981-05-25 Oyo Chishitsu Kk Measuring method dependent upon ae for earth pressure in hole
JPS5693917A (en) * 1979-12-26 1981-07-29 Mori Gijutsu Kenkyusho:Goushi Measuring device for strength and deformation characteristic of soil by utilizing wall of boring pit

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100422515B1 (ko) * 2001-11-14 2004-03-18 주식회사 동성엔지니어링 연약지반 침하 측정 방법과 그 장치
JP2006144238A (ja) * 2004-11-16 2006-06-08 Toda Constr Co Ltd クレーン構台用基礎とその維持システム
JP2016061050A (ja) * 2014-09-17 2016-04-25 エポコラム機工株式会社 土中圧力計測装置
JP2017025528A (ja) * 2015-07-21 2017-02-02 株式会社不動テトラ 地盤埋設ボード及びその利用方法
WO2018101828A1 (en) * 2016-12-02 2018-06-07 Fugro Technology B.V. Embankment monitoring system
NL2017916B1 (en) * 2016-12-02 2018-06-18 Fugro Tech Bv Embankment monitoring system
JP2019073941A (ja) * 2017-10-18 2019-05-16 株式会社不動テトラ 地盤改良体の造成管理方法
JP2021195826A (ja) * 2020-06-17 2021-12-27 錦城護謨株式会社 層別沈下計の設置方法
JP2021195825A (ja) * 2020-06-17 2021-12-27 錦城護謨株式会社 間隙水圧測定アセンブリ及びその設置方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0347683B2 (ja) 1991-07-22

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Finno et al. Observed performance of a deep excavation in clay
CN102011415A (zh) 预应力管桩现场静载试验桩身应变/应力检测方法及装置
CN101430199A (zh) 一种监测软土地基沉降的方法和装置
JPS6145917A (ja) 地盤沈下測定装置
JP2662717B2 (ja) コンクリートの無応力検出装置
KR100878323B1 (ko) 터널 라이닝 공동발생 모니터링 장치
CN109137885A (zh) 一种地下连续墙施工方法
CN107192427A (zh) 一种地基土状况监测装置及其方法
CN105804117B (zh) 山区公路隧道盖挖法土拱胎模板拉杆结构及其施工方法
CN113338358A (zh) 一种欠固结土中测量桩基负摩阻力模型装置及制备方法和试验方法
JP6472927B1 (ja) 地盤沈下量測定方法及び地盤沈下量測定システム
CN217174960U (zh) 一种监测不同深度水平位移的埋入式测量装置
CN209907359U (zh) 一种侧向固定土压力盒的简易装置
CN112197806B (zh) 采煤沉陷区移动变形、水文及应力监测设备装设方法
Sastry et al. Flexible piles in layered soil under eccentric and inclined loads
KR100955532B1 (ko) 간극 수압과 층별 침하의 측정 오차 방지를 위한 일체식 간극 수압 및 층별 침하 측정계
Howse et al. Installation and evaluation of permanent access pits which permit continuity of measurement in cultivated soils
JPH02195210A (ja) 改良地盤の沈下量測定方法
CN217128329U (zh) 一种地连墙成槽沉渣厚度测量装置
Kim et al. Monitoring system and ambient vibration test of Namhae suspension bridge
JPH0234241Y2 (ja)
Gant et al. Measurement of forces produced in piles by settlement of adjacent soil
JPH0326729B2 (ja)
JPH0468569B2 (ja)
KR100717902B1 (ko) 연약지반 안정화를 위하여 타입되는 주름유공관의압입각도 확인방법

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees