JPS61173786A - アルコ−ル発酵法 - Google Patents

アルコ−ル発酵法

Info

Publication number
JPS61173786A
JPS61173786A JP60013888A JP1388885A JPS61173786A JP S61173786 A JPS61173786 A JP S61173786A JP 60013888 A JP60013888 A JP 60013888A JP 1388885 A JP1388885 A JP 1388885A JP S61173786 A JPS61173786 A JP S61173786A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
yeast
fermentation
carrier
immobilized
reactor
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP60013888A
Other languages
English (en)
Inventor
Nobutaka Hanakata
信孝 花方
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsui Engineering and Shipbuilding Co Ltd
Original Assignee
Mitsui Engineering and Shipbuilding Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsui Engineering and Shipbuilding Co Ltd filed Critical Mitsui Engineering and Shipbuilding Co Ltd
Priority to JP60013888A priority Critical patent/JPS61173786A/ja
Publication of JPS61173786A publication Critical patent/JPS61173786A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E50/00Technologies for the production of fuel of non-fossil origin
    • Y02E50/10Biofuels, e.g. bio-diesel

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明は、アルコール発酵法に関し、さらに詳しくは、
キャラサバ、さつま芋等の固体糖資源を使用するアルコ
ール発酵法に関する。
(従来の技術) 従来のアルコール発酵方法は、原料を前処理によって発
酵しやすい状態にした後、糖化酵素および酵母(または
バクテリヤ)を添加して回分式で発酵を行なうものであ
る。
すなわち、第5図および第6図は、従来のアルコール発
酵法の製造工程を示すもので、第5図のプロセスでは、
原料を洗浄、酸浸漬(例えば0.1%硫酸)後、破砕し
1、この破砕物にペクチナーゼ(植物組織崩壊酵S)お
よびグルコアミラーゼ(糖化酵素)ならびに酵母を加え
、無蒸煮でアルコール発酵(例えばp H4,5,35
℃)を行なうものである。また第6図のプロセス番よ、
原料を洗浄、破砕後、ペクチナーゼを加えてマセレーシ
ッン処理(例えばp H4,5,45℃、3時間撹拌)
を行い、その後昇温して液化処理を行い(例えばpH6
,0,90℃、10分間撹拌)、この液化物にグルコア
ミラーゼと酵母を添加し、アルコール発酵、(例えばp
 H4,5,3゛5℃)を行なうものであった。
(発明が解決しようとする問題点) しかしながら、このような従来方法においては、酵素お
よび酵母の添加工程が複雑で、原料とこれらの混合が不
充分になったり、また発酵槽までの原料等の無菌的な輸
送が困難であり、さらに回分式であるため、1回発酵が
終わるごとに発酵槽から発酵物を抜き出し、槽内を洗浄
して、次の発酵を行なわなければならないという不利が
ある。
本発明の目的は、上記従来技術の欠点をなくし、固形糖
資源から連続的に効率よくアルコール発酵を行なうこと
ができる方法を提供することにある。
(問題点を解決するための手段) 本発明は、固体糖蜜源の洗浄、破砕工程、加水工程、液
化工程、遠心分離工程およびアルコール発酵工程を含み
、かつ該アルコール発酵工程に酵素および(または)酵
母を固定化した担体を充填したリアクターを用いること
を特徴とする。
以下、本発明を図面により詳細に説明する。
第1図は、本発明の連続アルコール発酵法のフローシー
トを示す図である。キャラサバ、さつま芋等の原料は、
常法により洗浄、破砕された後、加水工程で原料に対し
て例えば適当量の水を添加した後、液化工程で液化酵素
であるαアミラゼーの添加下に例えばP H6,0,8
0℃、10分間、液化処理される。液化処理物は、次に
遠心分離工程に移され、ここで水の添加下に固液分離さ
れ、液相部分(上清)が発酵工程に送られ、糖化酵素(
グルコアミラーゼ)と酵母の存在下にアルコール発酵が
行われる。
上述のように本発明においては、液化処理後、処理液を
遠心分離し、その液相部分を発酵工程で発酵処理する点
に特徴を有する0本発明において、液化液を遠心分離す
る工程は、第2図に示すように、2段で行い、1段およ
び2段の上清液を合わせて発酵工程に供給することがで
きる。
本発明における発酵工程は、第3図にモデル的に示すよ
うに、酵素と酵母を同時に、または別々に固定化した担
体を充填したリアクター(固定化カラム)を用いて行わ
れる0図中、1は発酵カラム、2は酵素と酵母を固定化
した担体を示す。このような担体は、例えば、多糖類、
k−カラキーナ、アルギン酸、光架橋性樹脂を含む液に
本発明に用いる酵母および酵素を混合したものを2fi
l[i以上の金属塩(例えばCaCj12)の水溶液中
に注いで前記組成液をゲル化させ、例えば直径zfi前
後のビーズ状のものとして得ることができる。このよう
な担体は、固定化カラム1内に、例えば60%の充填密
度で充填される。°前記遠心分離工程から得られた上清
は、図に示すようにカラムlの下部からカラム内に入り
、酵素および酵母を含む担体と接触してアルコール発酵
を行い、カラム1の上部からアルコールを含む発酵液お
よびCO□が排出される。担体1に固定化する酵素およ
び酵母は、それぞれ別の担体に固定化してもよく、また
酵素と酵母を同−担体内に同時に固定化してもよい、ま
たカラム1を2段に設け、酵素と酵母による処理を2段
階で行ってもよい。
(発明の効果) 本発明によれば、原料を液化処理後、遠心分離した液相
部分を酵素および酵母を固定化した担体を含むリアクタ
ーで処理することにより、原料の輸送をパイプ等により
連続的に行なうことができ、またアルコール発酵も連続
的に効率よく行なうことができる。
(実施例) キャラサバ100重量部(vM濃度82.51量%)を
第1図の工程に従い洗浄、破砕後、水20重量部、α−
アミラゼーを加え、p H6,0,80℃で10分間液
化処理し、これを遠心分離器(使用スクリーン50メツ
シユ)に入れ、遠心加速度500Gで遠心分離し、固形
物35.3重量部および上滑液84.7重量部(糖濃度
25.3重量部)を得た。上記固形物35.3重量部に
水20重量部を添加し、同じ遠心分離器にかけて固形物
29.8重量部および上清液25.5重量部(糖濃度2
.4重量部)を得た。上記雨上清液を合計したものを第
3図に示すようなリアクターに供給し、アルコール発酵
を行った。その結果を第4図に示す、なお比較のために
、第5図および第6図のプロセスで得た結果を図中に従
来法1および2として示した。
図から明らかなように、本発明方法は、従来法よりも発
酵歩合が高く、より高度のアルコール発酵が行なわれる
ことが明らかである。
【図面の簡単な説明】
第1図は、本発明のアルコール発酵法の製造工程を示す
図、第2図は、本発明の遠心分離工程を示す図、第3図
は、本発明における発酵工程に用いるリアクターの説明
図、第4図は、本発明の実施例の結果を従来法と比較し
て示す図、第5図および第6図は、従来のアルコール発
酵法の工程を示す図である。 1・・・リアクター、2・・・酵素と酵母を固定化した
担体。 代理人 弁理士 川 北 武 長 第1図 第2図    第3図 第4図 発酵蛸関(hr) #!5図 許シト

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)固体糖資源の洗浄、破砕工程、加水工程、液化工
    程、遠心分離工程およびアルコール発酵工程を含み、か
    つ該アルコール発酵工程に酵素および(または)酵母を
    固定化した担体を充填したリアクターを用いることを特
    徴とするアルコール発酵法。
JP60013888A 1985-01-28 1985-01-28 アルコ−ル発酵法 Pending JPS61173786A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP60013888A JPS61173786A (ja) 1985-01-28 1985-01-28 アルコ−ル発酵法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP60013888A JPS61173786A (ja) 1985-01-28 1985-01-28 アルコ−ル発酵法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS61173786A true JPS61173786A (ja) 1986-08-05

Family

ID=11845735

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP60013888A Pending JPS61173786A (ja) 1985-01-28 1985-01-28 アルコ−ル発酵法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS61173786A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2009086781A1 (en) * 2008-01-04 2009-07-16 Cofco Limited Method for producing ethanol from root and tuber crops
CN102220222A (zh) * 2010-04-16 2011-10-19 中粮集团有限公司 一种采用木薯原料制备乙醇的系统
CN102220383A (zh) * 2010-04-16 2011-10-19 中粮集团有限公司 一种采用木薯原料制备乙醇的方法
JP2013528400A (ja) * 2010-06-18 2013-07-11 ビュータマックス・アドバンスド・バイオフューエルズ・エルエルシー ブタノールの生成における抽出発酵の前に非溶解固体を除去するための方法およびシステム

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS57152892A (en) * 1981-03-16 1982-09-21 Nippon Kagaku Kikai Seizo Kk Production of alcohol by acid saccharification of starch
JPS5974993A (ja) * 1982-10-21 1984-04-27 Mitsubishi Rayon Co Ltd 固定化微生物を用いる連続発酵法
JPS59196095A (ja) * 1983-04-22 1984-11-07 Hitachi Zosen Corp 発酵によるアルコ−ル製造法

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS57152892A (en) * 1981-03-16 1982-09-21 Nippon Kagaku Kikai Seizo Kk Production of alcohol by acid saccharification of starch
JPS5974993A (ja) * 1982-10-21 1984-04-27 Mitsubishi Rayon Co Ltd 固定化微生物を用いる連続発酵法
JPS59196095A (ja) * 1983-04-22 1984-11-07 Hitachi Zosen Corp 発酵によるアルコ−ル製造法

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2009086781A1 (en) * 2008-01-04 2009-07-16 Cofco Limited Method for producing ethanol from root and tuber crops
CN102220222A (zh) * 2010-04-16 2011-10-19 中粮集团有限公司 一种采用木薯原料制备乙醇的系统
CN102220383A (zh) * 2010-04-16 2011-10-19 中粮集团有限公司 一种采用木薯原料制备乙醇的方法
JP2013528400A (ja) * 2010-06-18 2013-07-11 ビュータマックス・アドバンスド・バイオフューエルズ・エルエルシー ブタノールの生成における抽出発酵の前に非溶解固体を除去するための方法およびシステム

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA2065548C (en) Two-stage dilute acid prehydrolysis of biomass
CA1128884A (en) Method for enzyme reutilization
KR970015740A (ko) 발효에 의한 균주 대사산물의 연속적 제조 방법
Hahn-Hägerdal et al. Extractive bioconversion in aqueous two-phase systems. A model study on the conversion of cellulose to ethanol
JP2010094093A (ja) 柑橘類外皮からエタノールを製造する方法
Amadi et al. Concurrent production of cellulase, xylanase, pectinase and immobilization by combined Cross-linked enzyme aggregate strategy-advancing tri-enzyme biocatalysis
CN104419734B (zh) 一种利用固定化酵母发酵生产乙醇的方法
JPS61173786A (ja) アルコ−ル発酵法
CN106243242A (zh) 一种利用降解增溶技术从红枣枣渣中提取制备红枣果胶的方法
Guiraud et al. Enzymatic hydrolysis of plant extracts containing inulin
AU2002355759B2 (en) Recovery method for immobilized biocatalysts
CN101596013B (zh) 一种发酵-酶解耦联脱除柑橘橘片囊衣的方法
US5814515A (en) Method of dissolution of sausage skins and other cellulosic substances by means of an enzyme solution
AU2002355759A1 (en) Recovery method for immobilized biocatalysts
US4636390A (en) Process for producing protein aliments and various by products from cereals
Mameri et al. Enzymatic saccharification of olive mill solid residue in a membrane reactor
JPH0358715B2 (ja)
De Cabrera et al. EX-FERM ethanol production using chipped sugarcane in packed bed fermenters
JPS62208264A (ja) 米糖液の製造法
CN109111981A (zh) 一种生物复合酶法制备高纯度花生油脂体的方法
CN108175777A (zh) 生物酶法制备杜仲粗胶的工艺
US20230295010A1 (en) Method for Recycling Selenium Source in Selenium-Enriched Yeast Fermentation Process, and Treatment System for Selenium-Containing Wastewater
CN107760726A (zh) 一种多微生物分步发酵高效制备甘露糖酸的方法
Maeda et al. The separation of solids from the liquefied mash of cassava tuber and continuous saccharification by immobilized glucoamylase
JPS6043956B2 (ja) アルコ−ル製造法