JPS5841135Y2 - 振り出し口付容器 - Google Patents

振り出し口付容器

Info

Publication number
JPS5841135Y2
JPS5841135Y2 JP14746478U JP14746478U JPS5841135Y2 JP S5841135 Y2 JPS5841135 Y2 JP S5841135Y2 JP 14746478 U JP14746478 U JP 14746478U JP 14746478 U JP14746478 U JP 14746478U JP S5841135 Y2 JPS5841135 Y2 JP S5841135Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
plate
exterior
wall plate
pattern
board
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired
Application number
JP14746478U
Other languages
English (en)
Other versions
JPS5563820U (ja
Inventor
秀久 時田
Original Assignee
凸版印刷株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 凸版印刷株式会社 filed Critical 凸版印刷株式会社
Priority to JP14746478U priority Critical patent/JPS5841135Y2/ja
Publication of JPS5563820U publication Critical patent/JPS5563820U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPS5841135Y2 publication Critical patent/JPS5841135Y2/ja
Expired legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Cartons (AREA)

Description

【考案の詳細な説明】 本考案は、粒状の菓子等を収納する振り出し口付容器に
関し、その目的とするところは振り出し口を有する箱体
周壁に絵柄を施こし、該周壁板を覆う外装板を切取線に
より複数に分割可能にすると共に外装板にも絵柄を施こ
して、開封時に外装板の一部を切取線により切り開けば
振り出し口が現われると同時に外装体の絵柄の変化した
状態を表わした絵柄があられれるようにしたものである
すなわち、箱体ブランクの一端に、振り出し口を有する
周壁板を覆う切取線により複数に分割可能な外装板、前
記切取線により分割された外装板の各々の端縁に係止片
を切取線により設けた貼着板を順次連設し、貼着板を重
合する周壁板に係止片を差し込む切込を設け、また振り
出し口を有する周壁板に絵柄を施こし、さらに外装板に
該絵柄と切取線で分割された大きさで変換可能な絵柄を
施こしたものである。
次に本考案を一実施例について図面を用いて詳細に説明
する。
第1図はブランクの展開平面図で1は前壁板、2は側壁
板、3は後壁板、4は側壁板であり、各々折目を介して
連設されている。
前壁板1の中央下端寄りには振り出し口19が開設され
、上下端には各々折目を介して天壁板6、差込片9及び
底壁板7、差込片8が連なり、側端には貼着片5が連設
されている。
側壁板2,4の上下端には各々折込片10,11,12
.13が設けられ、側壁板2には3本の切込18が穿設
されている。
さらに側壁板4には、折目を介して2本の切取線16に
より3等分された外装板14が連なり、係止片17を有
する貼着板15を連設している。
係止片17は切取線16により3等分された各区間の中
央に位置するように切取線により3個設けられ、該係止
片17は前記切込18に差込まれるものである。
また係止片の先端は開封時に指をかけやすいように切込
が長く設けられている。
また前壁板1及び外装板14表面に絵柄を施こすのであ
るが、ここで例えば前壁板1に動物が口を大きく開いた
絵柄を施こし、口の部分を振り出し口19と合致させ、
一方外装板14には動物が口を閉じている絵柄を設けて
おけば開封前と開封後とで絵柄の変化を楽しむことがで
きるのである。
上記構成を有する本考案にかかわる振り出し口付容器を
組立てるには、前壁板1、側壁板2、後壁板3、側壁板
4を順次折曲げ、貼着片5を側壁板4に貼り付けて筒体
を形成し、折込片10,11.12.13を筒体内方に
折り、差込片8,9により天壁板6、底壁板7を差込み
係止し箱体を形成する。
次に外装板14を前壁板1上に折り重ね貼着板15の外
縁又は係止片17を除いて側壁板2に貼着する。
使用に際しては係止片17を先端の切込がら切取り、切
取線16から外装板14を3分の1ずつ切取り開封し、
振り出し口より内容物を振り出せばよい。
このとき前壁板1及び外装板14に前述の如き絵柄を施
こしであるため口を閉じた動物が外装板14の開封によ
り口を広く開け、がっその口がら内容物を振り出す如き
一連の変化を楽しむことができるものである。
さらに内容物の必要量を振り出した後は切込18に係止
片17を差し込めば再封が可能である。
本考案は以上の如く、容器に施した絵柄の一連の変化を
楽しむことができ、子供向けの菓子容器等に最適である
【図面の簡単な説明】
図面は本考案の一実施例を示すものであり、第1図はブ
ランクの展開平面図、第2図は組立て後の斜視図、第3
図は開封途中の状態を示す斜視図である。 1・・・・・・前壁板、2,4・・・・・・側壁板、3
・・・・・・後壁板、5・・・・・・貼着片、6・・・
・・・天壁板、7・・・・・・底壁板、8,9・・・・
・・差込片、10,11,12.13・・・・・・折込
片、14・・・・・・外装板、15・・・・・・貼着板
、16・・・・・・切取線、17・・・・・・係止片、
18・・・・・・切込、19・・・・・・振り出し口。

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 箱体周壁を構成するブランクの一端側壁板4に、振り出
    し口19を有する前壁板1を覆う切取線16により複数
    に分割可能な外装板14、さらに前記切取線により分割
    された外装板の各々の端縁に係止片17を切取線により
    設けた貼着板15を順次連設し、該貼着板15を重合す
    る側壁板2に前記係止片17を差し込む切込18を設け
    、また振り出し口を有する前壁板1に絵柄を施し、さら
    に外装板14に該絵柄と切取線16で分割された大きさ
    で変換可能な絵柄を施こし、角筒体の周壁を形成した後
    、前壁板1を外装板14で覆うように重ねて貼着板15
    を係止片17部分を除いて側壁板2に貼着固定したこと
    を特徴とする振り出し口付容器。
JP14746478U 1978-10-26 1978-10-26 振り出し口付容器 Expired JPS5841135Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14746478U JPS5841135Y2 (ja) 1978-10-26 1978-10-26 振り出し口付容器

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14746478U JPS5841135Y2 (ja) 1978-10-26 1978-10-26 振り出し口付容器

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS5563820U JPS5563820U (ja) 1980-05-01
JPS5841135Y2 true JPS5841135Y2 (ja) 1983-09-17

Family

ID=29128946

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14746478U Expired JPS5841135Y2 (ja) 1978-10-26 1978-10-26 振り出し口付容器

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS5841135Y2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006062748A (ja) * 2004-07-27 2006-03-09 Grapac Japan Kk 包装容器
JP2015151169A (ja) * 2014-02-17 2015-08-24 凸版印刷株式会社 紙箱

Also Published As

Publication number Publication date
JPS5563820U (ja) 1980-05-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPS5841135Y2 (ja) 振り出し口付容器
JPH0130140Y2 (ja)
JP2584399Y2 (ja) 振出し容器
JPS6119043Y2 (ja)
JPS5846021Y2 (ja) 振出し口付容器
JPH04109022U (ja) 紙製容器
JP4062762B2 (ja) 把手付箱体
JP3650159B2 (ja) 包装用容器
US3057532A (en) Container closure
JPS62179918U (ja)
JPS6323296Y2 (ja)
JPH0242584Y2 (ja)
JPS5842262Y2 (ja) 開閉振出口付紙箱
JPS621066Y2 (ja)
JPS6140663Y2 (ja)
JPH0672821U (ja) フリップトップ式の角丸柱状の紙箱
JPH0650342Y2 (ja) 取出し口付き縦形カートン
JPH0369614U (ja)
JPH0447062Y2 (ja)
JPS5923701Y2 (ja) 箱体の振り出し口
JP2539482Y2 (ja) 紙製容器
JPS6018336Y2 (ja) 組立紙箱
JPS6040408Y2 (ja) ワンタッチで開閉する折畳み式かまぼこ型紙製容器
JPS6231412Y2 (ja)
US3338502A (en) Dispensing carton