JPH1062189A - 車載ナビゲーションシステム - Google Patents

車載ナビゲーションシステム

Info

Publication number
JPH1062189A
JPH1062189A JP23852796A JP23852796A JPH1062189A JP H1062189 A JPH1062189 A JP H1062189A JP 23852796 A JP23852796 A JP 23852796A JP 23852796 A JP23852796 A JP 23852796A JP H1062189 A JPH1062189 A JP H1062189A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
vehicle
radio
navigation
information
navigation system
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP23852796A
Other languages
English (en)
Inventor
Tsutomu Goseki
関 勉 五
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kenwood KK
Original Assignee
Kenwood KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kenwood KK filed Critical Kenwood KK
Priority to JP23852796A priority Critical patent/JPH1062189A/ja
Publication of JPH1062189A publication Critical patent/JPH1062189A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】それぞれがナビゲーションシステムを搭載した
複数の車両間で、一の車両で変更設定されたコース情報
を簡単に他の車両に送信、再設定可能としている。 【解決手段】GPS衛星からのGPS信号や搭載された
センサー信号に基づいて自車位置を求め、求められた自
車位置を地図情報と一緒に表示するとともに、設定され
た目的地に至るコース情報をも表示する車載ナビゲーシ
ョンシステムにおいて、前記設定されたコース情報の変
更があったとき、その変更内容を無線機を介して電波信
号の形態で送信する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は車載ナビゲーション
システムに関し、特にナビゲーションシステムが搭載さ
れた複数の車両間での動作制御機能を有する車載ナビゲ
ーションシステムに関する。
【0002】
【従来の技術】車両に搭載して目的地までのコース情報
等をドライバーに知らせる車載用ナビゲーションの普及
は近年著しい。この種の車載ナビゲーションシステム
は、GPS衛星からの電波信号を車両に取り付けたGP
Sアンテナで受信し、受信信号に基づいて自車の位置を
得、得られた自車位置を、地図データベースから送出さ
れる地図情報とともに液晶等のディスプレイ上に表示さ
せるものである。また、マップマッチング処理を施すこ
とにより実際の道路位置と地図道路位置との整合を図っ
ている。自車位置は、また車両に設置されたジャイロセ
ンサー等の加速度センサーや車速センサーから得られた
センサー出力をも参照することにより更に高精度に求め
ることができる。かかるシステムは、ハイブリッド航法
と呼ばれている。
【0003】ところで、複数の車両がグループで走行す
るとき、互いの車両位置を相互に確認したい場合や車両
がはぐれてしまった場合等のように他車の位置情報をも
併せてディスプレイに表示したいという要望に応えるた
め、自位置情報のみならず予め定めた特定の車両につい
ても位置情報を得ることができる無線ナビゲーションシ
ステムが特開平4−70999号に開示されている。こ
のシステムは、一の車両がGPS衛星から受信した位置
特定のためのGPS信号に基づいて自らの位置情報を求
め、得られた位置情報を電波信号として送信する送信機
能を有し、他の車両は、上記電波信号を受信し、当該一
の車両の位置情報をディスプレイ上に表示するものであ
る。
【0004】上記において、複数の車両がグループで走
行して同一目的地に向かう場合に、途中でコースを変更
したり、時に目的地を変更する場合もある。このような
場合には、、従来は、特定の車両からその変更情報を無
線機や携帯電話等を使用して送信し、この情報を受信し
た車両側では、受信情報に基づいてナビゲーションシス
テムの変更情報を再設定している。このような状態は、
実用化が開始されたVICSシステムを搭載したナビゲ
ーションシステムにおいて、交通渋滞情報に基づいて与
えられる迂回コースを他の車両に伝達したい場合であ
る。特に、交通渋滞情報に基づいて与えられる迂回コー
スが複数存在する場合には、同一システムを他の車両が
搭載していたとしても、そのうちのどの一つを選択した
かは知ることができず、設定されたコース情報の伝達は
必要不可欠である。
【0005】したがって、従来の車載ナビゲーションシ
ステムでは、一つのグループを構成する複数の車両が同
一ナビゲーション情報を共有するには、基礎ナビゲーシ
ョン情報を設定するマスター車両以外の全ての車両で
は、無線で受信した情報をキー入力により一々設定しな
ければならず、煩雑であるばかりでなく、誤設定の問題
も生ずる。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】ところで、上述の如き
コース情報の変更や休憩の提案があったときには、特定
の車両から変更情報を無線機を介して送信し、これを受
信した車両では、受信情報に対応するコース情報を再設
定している。しかしながら、従来のシステムでは、一旦
特定車両から変更コース情報を手動操作で送信してしま
うと、その送信データが間違えた操作による誤情報とし
て送信した場合の対応ができない。また、複数の車両間
の情報授受は無線機を使用すれば可能であるが、一方の
車両から他車両のナビゲーションシステム動作を制御す
ることはできない。例えば、他車のドライバーに情報送
信の聴覚的または視覚的な確認を促すためにビープ音の
発生や表示形態を変更することは有効であるが、そのよ
うな手段をもっていない。
【0007】そこで、本発明の目的は、それぞれがナビ
ゲーションシステムを搭載した複数の車両間で、一方の
車両から他方の車両に対してナビゲーションシステム動
作の制御を可能とする車載ナビゲーションシステムを提
供することにある。
【0008】
【課題を解決するための手段】前述の課題を解決するた
めに本発明の車載ナビゲーションシステムは、GPS衛
星からのGPS信号や搭載されたセンサー信号に基づい
て自車位置を求め、求められた自車位置を地図情報と一
緒に表示する車載ナビゲーションシステムにおいて、一
の車両から他の車両のナビゲーション動作を制御する制
御コードを無線機を介して電波信号の形態で送信する。
【0009】ここで、前記制御コードは、前記他の車両
に設置された音声発生部から出力される音声を指定した
り、前記他の車両に設置された表示装置に表示される表
示形態を指定するもので、前記他の車両に設置された局
からのメッセージを受信したことを知らせるためのコー
ドを含む。
【0010】
【発明の実施の形態】次に、本発明の実施形態例を図面
を参照しながら説明する。先ず、図1を参照して本発明
による車載ナビゲーションシステムの構成を説明する。
図1に示すように、ナビゲーション部1、GPS通信モ
デム部2及び無線部3から成るシステムが移動体として
の車両に搭載されており、自車位置の算出及び得られた
自車位置情報の送受信が以下のように行なわれる。
【0011】GPS衛星からのGPS電波信号は、GP
S用アンテナ11Aで受信され、GPSシステムを構成
するナビゲーションユニット12に送出される。ナビゲ
ーションユニット12は、受信したGPS信号及び加速
度センサーや車速センサー等の自律航法センサー13か
ら得られたセンサー出力信号に基づいて自車の緯度、経
度情報等の自車位置情報を求める。
【0012】ナビゲーションユニット12は、またCD
−ROM等の記憶媒体15に格納されている地図情報か
ら必要な地域の地図情報を読み取り、ナビゲーションユ
ニット12で得た自車位置情報と、記憶媒体15からの
地図情報を合成して(マップマッチング処理も施して)
表示装置14の画面上に表示する。ユーザーインタフェ
ース16は、本システムの動作を指示するための操作部
で、キーや押ボタン等から成り、例えば、リモコンやタ
ッチパネルである。音声発生ユニット17は、他車両か
らの指示信号に応答してナビゲーションユニット12か
ら出力される制御信号を受け、ビープ音を発生させる。
【0013】ナビゲーションユニット12は、更に、F
M多重アンテナ11B、電波ビーコン受信アンテナ11
Cまたは光ビーコン受信アンテナ11DによりVICS
情報を受信し、受信したVICS情報に基づいて迂回コ
ース等を探索する。
【0014】GPSデータ通信モデム部2は、ナビゲー
ションユニット12で得られた自車位置情報やコース情
報を無線部3の無線機31と無線アンテナ33を介して
電波信号の形態で送出し、他の車両に対して自車位置情
報を送信する。GPSデータ通信モデム部2は、またG
PSデータ通信モデムユニット21と変/復調回路22
から成り、ナビゲーションユニット12からシリアルI
/Fを介して送出される情報を無線部3に送出する。
【0015】無線部3は、無線機ユニット31と、変/
復調回路32及び無線アンテナ33を有し、位置情報や
コース情報を無線信号の形態で送出する。図1の構成
は、受信時には、受信データは、無線部3、GPSデー
タ通信モデム部2を介してナビゲーションユニット12
に送出される。変/復調回路22と32は、パケット通
信線(オーディオデータ)で接続されている。
【0016】さて、上述構成において、例えば、グルー
プ走行中の他の車両に対して目的地に至る途中地点での
休憩を提案する場合について説明する。一の車両から上
記休憩提案等のメッセージを送信するとき、他車両のド
ライバーに対して注意を喚起するため、ビープ音を音声
発生ユニット17から発生させる。
【0017】一の車両からは、ナビゲーション情報の他
に制御コードを付加して送信している。この制御コード
は、メッセージの先頭に付加され、データ処理や表示処
理を制御するもので、例えば、ビープ音の発生または停
止の指示、音声発生ユニットの制御、表示装置での表示
形式(文字色等)の指示が含まれている。
【0018】図2には本発明の実施形態における動作処
理手順がフローチャートで示されている。先ず。メッセ
ージを受信したか否かを判定し(ステップS1)、受信
していれば、メッセージの先頭データを制御コードとし
て格納した後(ステップS2)、ビープ音発生コードで
あるか否かを判定する(ステップS3)。ここで、ビー
プ音発生コードであると判定されると、ビープ音を発生
させ(ステップS4)、メッセージの表示処理を実行し
て(ステップS5)、処理を終了する。ステップS3に
おいて、ビープ音発生コードではないと判定されると、
ステップS7において、ビープ音発生コード以外のその
他の制御コードか否かを判定する(ステップS7)。こ
こで、その他の制御コードでなければ、処理を終了さ
せ、その他の制御コードであれば、当該その他の制御コ
ードの処理を実行させた後に処理を終了する。
【0019】
【発明の効果】以上説明したように、本発明の車載ナビ
ゲーションシステムによれば、他車両のナビゲーション
システムに対して、一の車両から他の車両のナビゲーシ
ョンシステム動作を制御できるので、操作性及び利便性
が格段に改善される。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明による車載ナビゲーションシステムの構
成ブロック図である。
【図2】図1に示す実施形態の動作を説明するためのフ
ローチャートである。
【符号の説明】
1 ナビゲーション部 2 GPS通信モデム部 3 無線部 11A GPS用アンテナ 11B FM多重アンテナ 11C 電波ビーコン受信アンテナ 11D 光ビーコン受信アンテナ 12 ナビゲーションユニット12 13 自律航法センサー 14 表示装置 15 記憶媒体 16 ユーザーインタフェース 17 音声発生ユニット 21 GPSデータ通信モデムユニット 22,32 変/復調回路 31 無線機ユニット 33 無線アンテナ

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】GPS衛星からのGPS信号や搭載された
    センサー信号に基づいて自車位置を求め、求められた自
    車位置を地図情報と一緒に表示する車載ナビゲーション
    システムにおいて、 一の車両から他の車両のナビゲーション動作を制御する
    制御コードを無線機を介して電波信号の形態で送信する
    ことを特徴とする車載ナビゲーションシステム。
  2. 【請求項2】前記制御コードは、前記他の車両に設置さ
    れた音声発生部から出力される音声を指定する請求項1
    に記載の車載ナビゲーションシステム。
  3. 【請求項3】前記制御コードは、前記他の車両に設置さ
    れた表示装置に表示される表示形態を指定する請求項1
    に記載の車載ナビゲーションシステム。
  4. 【請求項4】前記制御コードは、前記他の車両に設置さ
    れた局からのメッセージを受信したことを知らせるため
    のコードを含む請求項1に記載の車載ナビゲーションシ
    ステム。
JP23852796A 1996-08-21 1996-08-21 車載ナビゲーションシステム Pending JPH1062189A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP23852796A JPH1062189A (ja) 1996-08-21 1996-08-21 車載ナビゲーションシステム

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP23852796A JPH1062189A (ja) 1996-08-21 1996-08-21 車載ナビゲーションシステム

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH1062189A true JPH1062189A (ja) 1998-03-06

Family

ID=17031587

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP23852796A Pending JPH1062189A (ja) 1996-08-21 1996-08-21 車載ナビゲーションシステム

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH1062189A (ja)

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6313761B1 (en) Information receiving apparatus, positioning apparatus, navigation apparatus, information receiving method, positioning method and navigating method
JPH0868650A (ja) 車載用ナビゲーション装置
JPH1151667A (ja) 車両間通信方式
JP2005265572A (ja) 車載情報端末の操作方法、車載情報端末、携帯端末用プログラム、携帯電話
JP3171025B2 (ja) 走行位置表示装置
JP3718990B2 (ja) ナビゲーション装置
JPH1096638A (ja) ナビゲーション装置
JP3290491B2 (ja) 車両用ナビゲーション装置
JPH0236039B2 (ja)
JPH1062192A (ja) 車載ナビゲーションシステム
JP2002156239A (ja) 車載用カーナビゲーション装置
JPH1062183A (ja) 車載ナビゲーションシステム
JPH1062184A (ja) 車載ナビゲーションシステム
JPH1062189A (ja) 車載ナビゲーションシステム
JPH10206181A (ja) 車載ナビゲーションシステム
JP3274975B2 (ja) 車載ナビゲーションシステム
JPH10206179A (ja) 車載ナビゲーションシステム
JP2000097716A (ja) 地図情報更新システム
JP2815458B2 (ja) 車両目的地案内システム
JP2000055677A (ja) 車両間通信方式
JP2002340576A (ja) ナビゲーション装置、ナビゲーション装置用サーバー及び携帯用情報端末
JPH11101648A (ja) カーナビゲーションシステム
JP2004343618A (ja) 車載用電子機器およびそれを用いた無線通信方法
JP3020267B2 (ja) 車両経路誘導システム
JPH1062186A (ja) 車載ナビゲーションシステム