JPH08206908A - プランジフライス盤及びインサート - Google Patents

プランジフライス盤及びインサート

Info

Publication number
JPH08206908A
JPH08206908A JP7289636A JP28963695A JPH08206908A JP H08206908 A JPH08206908 A JP H08206908A JP 7289636 A JP7289636 A JP 7289636A JP 28963695 A JP28963695 A JP 28963695A JP H08206908 A JPH08206908 A JP H08206908A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
insert
grinding
edge
milling
adjacent
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP7289636A
Other languages
English (en)
Inventor
Brian D Hoefler
ディー ヘーフラー ブライアン
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Ingersoll Cutting Tool Co
Original Assignee
Ingersoll Cutting Tool Co
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ingersoll Cutting Tool Co filed Critical Ingersoll Cutting Tool Co
Publication of JPH08206908A publication Critical patent/JPH08206908A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23CMILLING
    • B23C3/00Milling particular work; Special milling operations; Machines therefor
    • B23C3/02Milling surfaces of revolution
    • B23C3/04Milling surfaces of revolution while revolving the work
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23CMILLING
    • B23C5/00Milling-cutters
    • B23C5/16Milling-cutters characterised by physical features other than shape
    • B23C5/20Milling-cutters characterised by physical features other than shape with removable cutter bits or teeth or cutting inserts
    • B23C5/22Securing arrangements for bits or teeth or cutting inserts
    • B23C5/2204Securing arrangements for bits or teeth or cutting inserts with cutting inserts clamped against the walls of the recess in the cutter body by a clamping member acting upon the wall of a hole in the insert
    • B23C5/2208Securing arrangements for bits or teeth or cutting inserts with cutting inserts clamped against the walls of the recess in the cutter body by a clamping member acting upon the wall of a hole in the insert for plate-like cutting inserts 
    • B23C5/2213Securing arrangements for bits or teeth or cutting inserts with cutting inserts clamped against the walls of the recess in the cutter body by a clamping member acting upon the wall of a hole in the insert for plate-like cutting inserts  having a special shape
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23CMILLING
    • B23C2200/00Details of milling cutting inserts
    • B23C2200/04Overall shape
    • B23C2200/0416Irregular
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23CMILLING
    • B23C2200/00Details of milling cutting inserts
    • B23C2200/04Overall shape
    • B23C2200/0433Parallelogram
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23CMILLING
    • B23C2200/00Details of milling cutting inserts
    • B23C2200/08Rake or top surfaces
    • B23C2200/085Rake or top surfaces discontinuous
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23CMILLING
    • B23C2200/00Details of milling cutting inserts
    • B23C2200/12Side or flank surfaces
    • B23C2200/125Side or flank surfaces discontinuous
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23CMILLING
    • B23C2200/00Details of milling cutting inserts
    • B23C2200/28Angles
    • B23C2200/284Negative clearance angles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23CMILLING
    • B23C2200/00Details of milling cutting inserts
    • B23C2200/36Other features of the milling insert not covered by B23C2200/04 - B23C2200/32
    • B23C2200/367Mounted tangentially, i.e. where the rake face is not the face with largest area
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T407/00Cutters, for shaping
    • Y10T407/19Rotary cutting tool
    • Y10T407/1906Rotary cutting tool including holder [i.e., head] having seat for inserted tool
    • Y10T407/1908Face or end mill
    • Y10T407/192Face or end mill with separate means to fasten tool to holder
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T407/00Cutters, for shaping
    • Y10T407/19Rotary cutting tool
    • Y10T407/1906Rotary cutting tool including holder [i.e., head] having seat for inserted tool
    • Y10T407/1908Face or end mill
    • Y10T407/1924Specified tool shape
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T407/00Cutters, for shaping
    • Y10T407/19Rotary cutting tool
    • Y10T407/1946Face or end mill
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T407/00Cutters, for shaping
    • Y10T407/23Cutters, for shaping including tool having plural alternatively usable cutting edges
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T407/00Cutters, for shaping
    • Y10T407/24Cutters, for shaping with chip breaker, guide or deflector
    • Y10T407/245Cutters, for shaping with chip breaker, guide or deflector comprising concave surface in cutting face of tool

Abstract

(57)【要約】 【課題】 プランジフライス盤及びインサートを提供す
ることである。 【解決手段】 一般に平行パイプ状の形状と両立しない
硬質金属研削インサートのレーキ表面の構成に由来する
正の研削ジオメトリーを有する通常より高密度の研削辺
縁を並べてあるプランジフライス研削具を示す。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は研削具に関し、より特定
すれば耐久性の高いプランジ金属研削用の高密度正面フ
ライス盤と、高密度プランジフライス盤で使用するのに
特に適した位置決め自在な研削インサートに関する。
【0002】本発明の正面フライス盤は内燃機関エンジ
ンのカムシャフトのカム突出部の荒削りのために開発し
たものである。このような作業では、カム突出部の断面
形状を実質形状が似ている鍛造または鋳造物から、また
は予め回転研削またはフライス研削しておき端部と突出
の間のジャーナル部を提供してある円柱状の鉄棒からフ
ライス研削することが出来る。シャフトの突出部位置は
そのまま残しておき研削具をそれぞれの突出部に供給す
ることで、開始時の形状によって異なるが4秒以上カム
シャフトを単一回転させて20%から60%の金属を除
去するプランジによって突出部の形状にフライス研削す
ることができる。研削操作については米国特許第4,5
51,048号および第4,624,610号に図示及
び説明されている。
【0003】本発明の目的は前述の作業において受け入
れ可能な耐久性と研削具寿命でこのような高度の金属除
去率を達成することである。
【0004】研削具の寿命、またはより詳しくは、フラ
イス研削具の回収辺縁の有効寿命の終りは監視している
電力要求と製作された部品または表面の仕上りより研削
具の状態のほうが不正確である。前述の用途において、
本発明のカップ状のフライス装置と位置決め自在な研削
インサートの特性は、突出部一つあたり4秒ないし4.
5秒のフライス周期において、毎分表面研削速度約75
0フィート、最大研削深さでの供給速度毎分85インチ
としたとき実際の研削時間130分ないし170分を提
供し、もっと浅い深さでは、チップ負荷を維持するすな
わち利用可能な主軸出力を利用するように増加するよう
に成してある。研削開始時に突出部へ研削具を前進させ
ておきカムシャフトを回転させて回転する研削具に突出
部をさらに供給しつつ、研削具スライドを数値制御(N
C制御)により部材から適宜前進後退させてカムの突出
部を形成する。
【0005】研削時間130分ないし170分は、突出
部の間でカムシャフトの位置決めに必要な時間と完成し
た作業部材を取外し交換する移動時間を含め、無人自動
製造の最小シフト時間4時間に相当する。専用の設定を
行ってある自動反復製造での研削具の交換時間は、典型
的には、その部材について設定してある許容範囲の規格
に作業部材がいつ適合しなくなるかを決定するための装
置内の作業部材の研削中の計測によって決める。
【0006】フライス装置を別のものと交換してからフ
ライス室へ移動させ研削インサートを位置決めしてそれ
ぞれのインサートの新しい未使用の研削端を使用できる
ようにする、または同じ目的で必要に応じて交換する。
【0007】このような実作業においてこのような時間
間隔にわたる満足なフライス研削は、本発明によれば、
それぞれのインサートがクリアランス表面で次のインサ
ートを研削開始させるためのチップを受け入れる空間を
提供するような態様でほぼ当接した状態で辺縁にある研
削インサートを傾斜させることにより可能になる。望ま
しくない負の研削ジオメトリーにならない連続したイン
サートのほとんど重なり合った関係はインサートの特別
に形成したレーキ表面により可能になる。これにより、
一般に他の四角い平行パイプ状のインサート構成で見ら
れるような負の過剰なレーキなしに一般にブロック状の
フライス研削具のインサートの実質的な傾け(クリアラ
ンス大)が可能になり、さらに主表面が四角い場合に8
つの研削辺縁(インサートの主表面が細長い場合には4
つの研削辺縁)で、隣接する主表面に対して正のレーキ
の全部と、傘歯状の研削具本体に取り付けた場合にほぼ
中立の真のレーキと正の傾斜(有効剪断)のすべてを提
供する。
【0008】本発明の正面フライス盤は高いトルク剛性
の壁が厚くカップ状の本体を有し、カップ状の本体は周
辺部の鋸歯状のアレイに複数の傾斜したインサートポケ
ットを提供するように開放端で研削される。それぞれの
ポケットはブロック状で辺縁に対して位置決め自在な研
削インサートを保持し、周辺方向に隣接するインサート
からわずかな間隔を取り研削辺縁は負の半径方向のレー
キで回転軸に対して直角の平面内に、また外向きで下向
きに傾斜する傘歯状の角度で取り付けられて、主軸に対
して実質的に円錐形の径路で研削具前方で径路の先端に
向うように掃引するように成してある。前述のアレイに
おいて、下向きかつ後ろ向きに傾斜したインサートは作
業部材とそれぞれのインサートのクリアランス面の間に
間隔と後続のインサートのレーキ面を提供し、ここに後
続のインサートの研削辺縁で発生した切り屑を受け入れ
る。
【0009】研削具の回転軸はカムシャフトの回転軸に
対して、円錐形の研削辺縁の径路が2つの回転軸の平面
内でカムシャフトの軸に基本的に平行となるような角度
で交差する。
【0010】本発明の研削具の辺縁に取り付ける研削イ
ンサートの高密度は(直径6インチで18個から22個
の研削辺縁)本発明の研削インサートによる有利な研削
ジオメトリーで可能になる。これは基本的に平坦で四角
い平行パイプ状で、インサートの狭い面がレーキ面を提
供し、インサートの大きい面が側面に位置するまたはク
リアランス面を構成する。狭い面は大きいクリアランス
面に沿ってこれと平行に溝がつけてあり、研削辺縁に沿
ってクリアランス面に研削辺縁の後方の1次クリアラン
スのうねとして用いる浅い面取りを配置することで強化
した正の鋭利な研削辺縁を提供する。狭い面の隣接する
溝から得られる研削具の断面形状のフック状の形状は研
削辺縁の半径方向の負のレーキと組み合せられ、他の方
法では研削具本体にインサートを過剰に負の傾斜で配置
しなければ両立しない正の有効研削ジオメトリーを作成
する。
【0011】本発明はこの後添付の図面を参照しつつ詳
細に説明する。
【0012】
【実施形態】本発明のプランジフライス研削具は外側が
円筒状で、壁が厚く、カップ状の本体20の形状を成
し、これのリムを研削研磨して研削具の正面に複数の連
続したインサート用ポケット22を提供して成り、ポケ
ットのそれぞれは側面とレーキ面を所定の方法で作業部
材に提供するような特定の態様で特定の構成の硬鋼研削
インサート24を保持する。
【0013】カップ状の研削具本体の底部の厚い壁26
は穿孔研削して、迅速交換スピンドル軸のスピンドル抜
き棒のT字状先端またはさらに従来のスピンドルのパイ
ロット軸を受け入れるための中心孔と交差スロット28
を提供する。底部表面は研削し交差スロット28と整列
した半径方向のキー溝30を提供し、スピンドル面の駆
動キーを受け入れる。底面から研削具本体の内側空間に
向って延出する半径方向に対向するピン32は抜き棒の
T字状先端の回転で研削具本体にスピンドル面を軸方向
及び回転方向に挟み込むので係合される。また迅速交換
スピンドル軸で使用するには、研削具本体の底部表面に
正面と周辺部の表面を研磨して該スピンドルの凹んだ正
面と密接嵌合するように研磨してある一体型の座面リン
グ31を設ける。
【0014】研削具本体の側壁34は厚い底面26から
2段階で薄くなり、いちばん上に研削インサート24を
載置するように徐々に狭くなった一体型リングを積み重
ねた基盤と考えることが出来る。
【0015】もとの形状すなわちインサート用ポケット
を研削研磨する前は、研削具本体の上部辺縁の表面36
はインサートを装着する(図10参照)円すい角∝でベ
ベル状に成してあるが、ベベル状の表面はインサート用
ポケット22を加工すると一般に鋸歯状の構造(図8及
び図9参照)になる。
【0016】インサート用ポケットは図8から図10で
もっとも良く図示されている。
【0017】インサート座面を研削した後の研削具本体
の本来のベベル状表面からはインサート用ポケットの後
側座面38(図10参照)の上側辺縁だけが残る。ポケ
ットの底部座面40はインサートの主平面の基盤を提供
するが、前述したベベル角∝で半径方向に外向きに下向
きに傾斜した平坦な表面で、研削用インサート24のレ
ーキ角との兼ね合いで選択した傾斜角で後ろ向きに下向
きに傾斜し、有効研削ジオメトリーを提供しまた研削辺
縁によって作業部材から反り返った切り屑を受け入れる
レーキ面の正面に空間を造ることが出来る。図示した例
では、ベベル角∝は15度に設定してあるがカムフライ
ス盤の設計によって決定され、一方で底面の座面の傾斜
角は16度である。
【0018】インサート用ポケットの後側座面表面38
は底部座面40と直交し半径方向の平面に対して角度を
つけた平坦な表面で所望の傾斜角でインサートの平行な
研削辺縁を呈示するように成してある。
【0019】インサート用ポケットの両方の座面の同時
研削と研磨を容易にするためには、対角線方向の切り溝
42を交点に研削して研磨ホイルの半径方向の通過供給
で両方の表面を仕上げられるようにしてあり、またこれ
らの表面が鋭利な角にあたる場合には他の方法では発生
してしまうストレスの集中を防止する。擦過研磨仕上げ
技術は研削辺縁の逃げ許容範囲の見地から望ましいの
で、研削辺縁の逃げを0.0005インチに保持でき、
個別に装着してあり直立した位置決めピン44により半
径方向に内側の座面が決まりインサートの3軸基準が提
供される。
【0020】恐らく図10でもっとも良く図示されてい
るが、研削具本体20のいちばん上のリング状の部材は
内側に延出する円環状の梁を提供するように研削してあ
ることが明らかになろう。それぞれのインサート用ポケ
ットのそばに孔を穿孔し、ポケットの主座面平面40の
面に直交する軸で梁を通してリーマーで拡大し、駆動嵌
合において硬いドエルピンであるピン44を受け入れ
る。梁46の座刳りはドエルピン44の長さの半分より
軸方向にわずかに深くするのが望ましく、研削具の障害
時に硬化したドエルピンが梁の上部表面で剪断される。
座刳りはピンを傾斜させることでピンの残留物を排除す
ることが出来る。
【0021】図4から図7に詳細に図示してあるインサ
ート24はたとえば焼結タングステンカーバイド等の硬
い金属のブロックで、一般に正方形の平行パイプ状の構
成を成す。これの相互に直交する表面の内の3つがポケ
ットの3つの位置決め基準と係合することでポケット内
に配置される、すなわち底部の座面40がインサートの
主座面48に係合し、ポケットの直立する後部座面表面
38が選択した研削辺縁に平行なインサートの低い辺縁
表面50と係合し、直立する位置決めピン44が選択し
た研削辺縁に直角にインサートの別の辺縁表面50と係
合する。インサート24はインサートの主平面48の中
心に開けてあり2重皿孔加工した貫通孔52を通る単一
の皿孔保持装置3つの基準面すべてと係合して強固に固
定される。保持装置は3つの位置決め基準に対してイン
サート24をバイアスするようにエルクフリッツ(Erkf
ritz)の米国特許第3,662,444号の「ベントね
じ」の原理にしたがって適切な方向を向けたポケットの
底部座面表面40に多少なりとも中央にタップした孔5
4に受け入れられる機械ねじとするか、または従来技術
で公知の他の形状を取ることも出来る。
【0022】カムシャフトの突出部の間のクリアランス
が最小の場合、位置決めピン44を省く必要があるかも
知れないが、この場合、保持装置からかかる力の方向
は、ピン44を使用する場合のようなインサートの対角
線方向にではなく、インサート用ポケットの後側の位置
決め表面38に向う方向にかかる横方向の座面の力を提
供するように変化する。
【0023】それぞれのインサート用ポケット22の底
部の座面40はその前縁にインサートのレーキ面と平行
に、切り屑の発生のためのさらなる空間を提供するため
の溝が設けてあることにさらに注意すべきである。
【0024】すでに述べたように、一般にインサート2
4の全体の構造は平行パイプ状の構造になっている。図
4から図12までに図示した態様において、平面図では
正方形で2つの同一の平坦な平行の主表面48がそれぞ
れ、8つのりよう可能な研削辺縁のどれが研削作業に用
いられるかによって底部の座面と上部のクリアランス表
面として供用される。
【0025】インサートの4つの低い辺縁表面50のそ
れぞれは、インサートの2つの主平面48のひとつとの
接点のそれぞれにひとつづつの2つの研削辺縁56を提
供する。これらの辺縁は直角の断面からインサートのこ
れに隣接する主表面48に平行なそれぞれの辺縁表面5
0での円形の断面の2つの辺縁状の溝58によって変更
される。それぞれの溝58は有利にも正であっても16
度の傾斜角をつけた場合にインサートにかかる研削力に
耐えるほど強くない尖頭でインサートの隣接する延出し
た主表面48と交差する。研削辺縁56はしたがって図
4から図7に図示してあるように9度の角度で主インサ
ート面の辺縁を面取りすることで強化され、インサート
を研削具本体に取り付けた時に実質クリアランス角7度
で配置される1次クリアランス空間60を構成する。主
表面48の面取りで溝58の断面に沿って研削表面が下
がるので、所望なら1次クリアランス空間60に対して
70度から90度の角度で接触研磨することにより0.
007インチまでの幅で(図6及び図7では誇張して図
示してある)鈍化させて辺縁を強化することの出来る尖
頭で溝と交差する。
【0026】図7に図示した寸法は図4及び図5のイン
サートを比例的に図示してある全体が5/8インチ平方
の平面寸法を成し、他の寸法に変化させることが出来
る。
【0027】研削辺縁56を尖らせるためにインサート
の4つの辺縁表面50の溝つけで研削辺縁56がインサ
ートの内側に移動し、辺縁表面50の初期平面から後退
し、辺縁はインサートの角と合致する中央部の盛り上っ
た帯として残り、ここでインサートのプレスまたは研磨
によって作成できる小さな面取りにより浮き上がる。
【0028】1次空間60の表面と溝58の交点での尖
頭の鈍化を行ったならそのの度合によって、上部辺縁に
おける溝との正接はインサートの辺縁表面50の隣接す
る中央部の帯と15度から20度の角を成すようにする
のが望ましい。研削具本体に装着した時のインサートは
16度の角度で傾斜するので、研削辺縁56におけるイ
ンサートの溝になったレーキ面58はわずかに正からわ
ずかに負の真のレーキの範囲を取ることが出来るが、作
業部材に提供されるのは正の実効剪断となる、即ち研削
具の回転軸が図11に図示したように研削具のベベル角
∝だけカムシャフトの軸との直交から離れた角度をと
り、突出部62を通る研削径路の掃引は研削具とカムシ
ャフトの軸の共通の平面内でカムシャフト軸に呼びで平
行となる。
【0029】しかし、レーキ面58が正の傾斜で中立の
真のレーキに近く配置されるので、研削面を通って対角
線方向に入り動くことになる、すなわち、斜め移動と剪
断移動を行い、剪断動作単独と比較して全体的なジオメ
トリーを有効に改善している。
【0030】これは、研削具を作業部材にプランジした
時カムシャフト軸に対して基本的に平行なベベル状の研
削径路を提供するのに必要な量だけカムシャフト軸に対
して直交から角度的にオフセットした研削具の軸を示し
ている図11と図12からも明らかであろう。図11に
おいてカム突出部62の実線の部分輪郭で示してあるよ
うに、研削具はもっとも短い研削径路に沿って最大の金
属除去の突出象限に食い込んでいる。カム材は図11に
図示してあるように時計回りの回転で研削具に供給さ
れ、研削具は(軸の後側から見た時)右手に回転する。
突出部の部材は研削具の下向きの掃引に対して「山を乗
り越えて」供給されるので、行われる研削は上り研削即
ち最初の時点で切り屑がもっとも厚く、研削終了時にも
っとも薄くなる。
【0031】それぞれの研削インサートは最初に作業部
材と最大の研削深さで当接するので、研削部への入り込
みは衝突の衝撃を伴い、研削具本体20を強固にしてス
ピンドル軸と作業部材を強固に取り付けることが必要で
ある。操作には実質的な騒音が伴うが、これは6インチ
直径で21個(1インチあたり3.5個)の研削辺縁5
6の高密度により本発明の研削具では低くなり、結果と
してもっとも大きな研削(図11参照)では常にひとつ
のインサートが切断面に存在することになる。これは作
業部材の弾性によるはね返りをトルクと可撓性の両方で
大幅に減少させ、研削操作における騒音レベルを減少し
ている。
【0032】必要なプランジフライス研削において利用
可能なスピンドル軸出力に比例しての高密度の研削辺縁
の経済的な達成は空間と機能の矛盾する要求の機械工学
的解決方法に関係し、本発明の位置決め自在な辺縁上の
研削インサート24で実現される。
【0033】基本的に正方形のブロックとして、インサ
ートはこれの代償表面の交点で8つの研削辺縁を提供す
る。所定の研削具直径に取り付けることの出来るこのよ
うなインサートの最大の個数は、所望の研削ジオメトリ
ーでそれぞれの研削部から取り出される切り屑の幅によ
って変化する。図12に図示してあるように、中心線の
すぐ上にあるインサートは中心のインサートが出る時に
切断部に入り、研削辺縁の長さは研削方向の投影面で奥
行が短縮し、研削方向自体が研削面で変化する。要する
に、所定のカム表面の幅に対して、カム突出部を突出部
部材の1回のプランジ供給回転で研削しようとする場合
には研削辺縁はカム表面の幅より長くする必要がある。
【0034】必要な研削辺縁の長さは正方形のインサー
トの外周の最小寸法も決めることになり、所定の研削具
直径で取り付けることの出来るインサートの最大個数が
決まる。
【0035】湾曲した切り屑を受け入れるための作業部
材からのクリアランスも同様に鋼材およびその他の延性
金属の高密度研削における主要な設計の眼目である。基
本的には、唯一利用可能な空間は研削面におけるインサ
ートの辺縁表面と、研削面で穿孔しているインサートの
主クリアランス面と、作業部材の表面(図11参照)で
形成される三角形の空間である。この空間はインサート
の後縁を傾斜角またはクリアランス角16度まで減少す
ることによって作られるもので、従来の四角いブロック
上のインサートにおいては実質的に負の研削ジオメトリ
ーを発生させてしまう。
【0036】受け入れられない破壊的かつ動力を消費す
るこのジオメトリーの影響は複数の溝をつけた辺縁表面
がそれ自体のなかに正の研削ジオメトリーを提供し過剰
に傾斜させた時には切断面へ斜めに入るように正の傾斜
角で回転的に位置することで作業部材に対してさらに正
の方向になる本発明のインサートにより克服される。
【0037】正の傾斜角の実現は場合によっては「実効
剪断」とも呼ばれ、ベベル状の正面フライス盤において
は負の見かけ上の半径方向のレーキを用いることでそれ
自体が機械工作の教科書たとえばクローネンベルグ著、
機械工作の科学と応用、ペルガモン出版社1966年、
第5章85〜86ページ、および本発明の譲受人に関連
した企業に譲受された早期のチャールズ・E・クラウス
(Charles E. Kraus)の米国特許第2,186,417
号などに説明されている現象を理解したことになる。見
かけの半径方向のレーキに対する真のレーキの関係、お
よび実効剪断または傾斜角の見かけ剪断または軸方向の
レーキに対する関係、は前述の参考書から引用した次の
公式で与えられる。
【0038】
【数1】 tangent(真のレーキ)=[tan(真のレーキ)×cos(ベベル角)]+ [tan (半径方向のレーキ)×sin(ベベル角)] tangent(実効剪断)=[tan(軸方向のレーキ)×sin(ベベル角)]− [tan (半径方向のレーキ)×sin(ベベル角)]
【0039】これらの数学的関連は図16のチャートで
15度のベベル角について図示してあり、これの対応す
る部分はベベル角30度(図13)とベベル角45度
(図14)で前述の米国特許第2,186,417号に
見られる前述の米国特許第2,186,417号に見ら
れる。
【0040】本明細書の図16において、真のレーキと
実効剪断(傾斜角)は、インサートの溝をつけたレーキ
表面が見かけの軸方向のレーキ(見かけ剪断)−1度と
見かけの半径方向のレーキ−10度を有するようにイン
サートの研削辺縁を傾斜してある本発明の研削具の好適
実施例について図示してある。これらの値を15度傾け
た座標軸に投影し得られた値の極性をつけると、真のレ
ーキが実際には−4度であることが分かり、一方で実効
剪断角(傾斜角)が9度余分な値で正になることが分か
【0041】得られた好ましいジオメトリーと実現可能
な研削辺縁密度は、前述の作業において非常に高い金属
除去率には耐えられない研削具の比較的静かな操作のほ
とんどの原因と思われる。
【0042】本発明のフライス研削具は従来技術の正面
フライス盤のジオメトリーの術語で定義してあるが、作
業部材即ち図示した例のカムシャフトに対する研削具の
供給方向は従来の正面フライス盤の供給とは異なること
が認識される。つまり、ベベル角がついていてもついて
いなくても、正面フライス盤ではスピンドル軸に直角の
方向に供給されるが、図示した研削具の供給方向は研削
具が研削深さにプランジするのでベベル角に最初は直交
し、この後作業部材が軸に沿って回転するためベベル角
に対して基本的に接線方向になる。
【0043】以上で、インサート24の好適な態様、言
い換えれば、8つの位置決め自在な研削辺縁から実現さ
れる経済性に好適な正方形のブロック状の形状、に関連
して本発明を図示し説明したが、必要な研削辺縁の長さ
による正方形のインサートの所定の直径における密度制
限の前述の議論から幅の広いカム突出部の面に対してイ
ンサートの研削辺縁の長さの何らかの必要な増加は図1
3に図示したように正方形ではなく長方形のインサート
64によって同一密度で取り付けることが出来るが、そ
のため8つではなく4つだけの研削辺縁に位置決めし得
ることが理解されよう。前述したのと同じ研削面のジオ
メトリーをインサート64に適用し、このように取り付
けた研削具はインサートレーキ面の2重溝構造と切断面
への斜め進入のための正の傾斜角を有する研削具本体に
おけるインサートの方向によって研削ジオメトリーの拡
張を等しく提供する。
【0044】しかしインサート64の長方形の形状にお
いて研削辺縁4つの損失は研削辺縁の幅に対するインサ
ートの前後方向に狭い寸法により可能になったいくらか
大きなインサート密度において有益なひきかえを有する
ことが出来る。切り屑クリアランス空間とインサート強
度の実際的な考察においては、やはりインサートを狭め
ることの出来る度合が制限される。6インチの研削具に
おいて5%の密度増加(21個に対して22個)は、本
発明による4辺縁の位置決め自在なインサートの研削辺
縁の長さを8辺縁の正方形インサートの5/8インチか
ら4辺縁の長方形で7/8インチに延長すると実現する
ことが出来る。
【0045】本発明のフライス研削具のさらなる適用を
図14と図15に図示してある。研削具本体66はこれ
がカップ状またはボウル状に成してあるという意味にお
いては前述した研削具本体20と同様であるが、それぞ
れのポケットに2個の細長いインサート64を隣り合せ
に取り付けるためと同一の研削速度及び供給量で得られ
るもっと大きな研削負荷を取り扱うための大きな側壁を
有しており、このような研削具は大出力のディーゼルエ
ンジンのカムシャフトの突出部のフライス研削のために
設計される。
【0046】図示したように2つの細長いインサートを
隣り合せに使用する場合、連続したポケットのインサー
トは互いに半径方向にオフセットをつけて同一のポケッ
トの2つの隣り合った研削辺縁の合致した角で研削空間
が発生すべきでない場合に作業部材のうねが残らないよ
うにするのが望ましい。
【0047】本発明のインサートは「辺縁上の」または
切線方向のインサート形状を用いることでこれまで実現
されなかった高密度研削辺縁のプランジフライス研削具
を提供することが出来、インサートポケットへの好適な
単純なねじによる取り付けにより、半径方向に取り付け
るブレード型インサートに付随するウェッジ状のブロッ
クとねじによる周辺部の空間の必要性を排除するのと同
時に半径方向に向けたブレード状のインサートで必要な
深く切込んだポケットを排除することによる研削具本体
の強度とねじり剛性を保持している。この高密度研削辺
縁即ち周辺方向に非常に接近したインサートによる実現
は延性金属の湾曲した切り屑のための切り屑空間を提供
するように大きな傾斜角を要求し、これは本発明のイン
サートのレーキ面ジオメトリーがないと通常では負の大
きな研削ジオメトリーに成る。
【0048】つまり、本発明のジオメトリーはこれ以外
では密度に付随する不利な負の研削ジオメトリーを中和
し過剰な出力の消費なしにスムーズな金属排出が得られ
る。さらに、好適な研削ジオメトリーのためと、研削サ
イクルの大半を通してつねに研削面にひとつの研削辺縁
があるため、研削操作にはこの作業に要求される高い金
属除去率に付随していたよりもはるかに小さな衝撃と騒
音しか伴わない。騒音レベルの減少は作業担当者にとっ
て明らかな利点を有しており、衝撃の減少はフライス盤
の有効寿命を大幅に追加し得るものである。
【0049】インサートの即ち正方形の主平面を有する
インサートの好適な態様において、特定された研削の利
点がすべてのインサートの8つの研削辺縁の経済性で達
成される。しかし、広い研削径路が要求されるところで
は、たとえばかなり大きなディーゼルエンジンのカム突
出部のフライス研削等において、同じ研削具直径ではイ
ンサートにより占有される周辺部空間が大きくなるため
大きな正方形のインサートを研削辺縁密度を減らしてし
か取り付けることが出来ない。これは、金属除去率即ち
製造率を減少させることになる。
【0050】好適な研削辺縁の密度が正方形のインサー
トでは維持できない場合、好適な研削辺縁密度を提供し
つつ図示したように単独でまたは2つづつ取り付けて広
い研削径路の掃引を行うことにより細長い形状がそれの
真価を発揮する。これによって同等の研削幅の正方形の
インサートと比較した時、両方の要因のため製造率が向
上するので、4つの研削辺縁の損失は均衡するかまたは
高い製造率が上回る。これらの要因のそれぞれにはそれ
自体のコストまたは値が関係するため、インサートの最
適な寸法及び形状は他の要因が等しいとすればあらゆる
用途に対して決定することが出来る。
【0051】特許し得ると信じられる本発明のプランジ
フライス研削具及びインサートの改良の特徴は添付の請
求の範囲に記載してある。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の研削具の平面図である。
【図2】本発明の研削具の側面図である。
【図3】本発明の研削具の底面図である。
【図4】図1のフライス研削具の複数の辺縁研削インサ
ートの代表的な一つの平面図である。
【図5】図4のインサートの側面図である。
【図6】レーキ面の詳細を提供する図5の部分拡大図で
ある。
【図7】図4の線7〜7に沿って見た部分断面図で、さ
らなる構成の詳細を示す。
【図8】多数のインサートを取り除いてインサート座面
を示したフライス盤の平面図である。
【図9】インサート座面のさらなる図を提供する研削具
本体の部分立面図である。
【図10】インサート位置決めピンの軸に沿って見た研
削具本体の部分断面図である。
【図11】端面立面図に示される部分的にフライス加工
したカムシャフトの突出部に作用する研削具の傾斜方向
立面図である。
【図12】図11から90度回転した斜面立面図、即ち
カムシャフト作業部材を横断して研削具の研削辺縁に関
連して最小の突出量でカム突出部の輪郭を破線で図示し
てある。
【図13】平面において正方形ではなく矩形の本発明に
よる別の形状のインサートの斜面図である。
【図14】高出力エンジン用のカムシャフトの広い突出
面を研削するのに適した本発明によるフライス盤の平面
図である。
【図15】図14のフライス盤の側面図である。
【図16】15度のベベル角の研削具の見かけのレーキ
と剪断に対して得られる有効レーキ及び剪断の関連を示
す略図である。
【符号の説明】
20 本体 22 インサート用ポケット 24 正方形のインサート 26 底面 28 スロット 30 キー溝 31 座面リング 32 ピン 34 側壁 36 上部表面 38 後部座面 40 底部座面 42 切り溝 44 ドエルピン 46 梁 48 主座面 50 辺縁表面 52 貫通孔 54 孔 56 研削辺縁 58 溝 60 クリアランス 62 カム突出部 64 長方形のインサート 66 研削具本体

Claims (13)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 フライス盤の辺縁上で位置決め自在な研
    削インサートであって、 前記インサートの主座面およびクリアランス面としてそ
    れぞれが交換自在に用い得る2つの平行な主平面表面を
    有する一般に平行パイプ状の形状の硬質研削材料のブロ
    ックと、 前記主表面に直交し前記インサートの研削面及び辺縁座
    面表面としてそれぞれに交換自在に用い得る一対の対向
    した平坦で平行の小さい辺縁表面と、 前記主表面の間
    で前記インサートを貫通しそれぞれから皿孔にして頭部
    が皿状の保持装置を受け入れ前記インサートを前記研削
    具の本体に固定するための孔と、 前記小さい辺縁の表面はそれぞれが前記主表面と平行に
    これと隣接して前記小さい辺縁表面の全幅で延在する一
    対の溝をそれぞれに有して前記一対の溝の間の前記辺縁
    表面の中央部分が平坦に成してあることと、 前記小さ
    い平坦な表面は前記小さい辺縁表面のそれぞれに隣接し
    て前記大きな平坦な表面の平面との間に鋭角な外角を成
    し鋭角で前記隣接する小さい辺縁表面の前記隣接する溝
    と交差してこれとの間に前記大きな平坦な表面のそれぞ
    れの少なくとも2つの側面に沿って平行な研削辺縁を形
    成する狭い部分を有すること を含むことを特徴とする
    研削インサート。
  2. 【請求項2】 前記研削辺縁のそれぞれは前記隣接する
    狭い部分に対して70度から90度の角度で配置した平
    面において1000分の7インチまでの幅に鈍化してあ
    ることを特徴とする請求項1に記載のインサート。
  3. 【請求項3】 前記研削辺縁は前記小さい辺縁表面の前
    記平坦な中央部分と平行でここから後退することを特徴
    とする請求項1に記載のインサート。
  4. 【請求項4】 前記大きな平坦な表面は長方形であり研
    削面及びその辺縁座面表面として交換自在に用いられる
    前記対向する小さな辺縁表面は前記インサートの長いほ
    うの辺縁表面であることを特徴とする請求項1に記載の
    インサート。
  5. 【請求項5】 前記大きく平坦な表面は正方形で4つの
    小さい辺縁表面すべてが同一であることを特徴とする請
    求項1に記載のインサート。
  6. 【請求項6】 カムシャフト及び同等のもののフライス
    研削のための高密度プランジフライス研削具であって、 駆動的係合において駆動スピンドルに取り付け自在な肉
    厚でカップ状の本体と、 前記カップの周辺部には、それぞれがブロック状で位置
    決め自在な研削インサートを有する複数の傾斜した座が
    設けてあり、研削辺縁は前記研削具の前方の先端におい
    て円錐形の研削径路を掃引するように配置し前記研削辺
    縁は研削の方向に平行な半径の前方に配置して前記円す
    い状の研削径路に対して接線方向の研削面に対角線方向
    に移動するように成し、それぞれのインサートのクリア
    ランス表面は後ろ向きのピッチをつけて前記円すい状の
    研削径路から次のインサートのレーキ面の底部に向って
    後退するようにして前記次のインサートのための切り屑
    の間隔を提供することと、 それぞれのインサートのレーキ面は前記研削面において
    正の実効剪断を有することを含むことを特徴とするプラ
    ンジフライス研削具。
  7. 【請求項7】 請求項6の研削インサートのそれぞれが
    請求項1に記載のインサートであって、それぞれのイン
    サートの座は後方に下向きにまた半径方向外側の方向に
    ピッチがつけてあり前記インサートの大きな平坦な表面
    を支持する主座面表面と、 前記主座面表面に直交して前記インサートの前記小さな
    辺縁座面表面と係合して前記研削径路に前記研削面の研
    削辺縁を配置するための辺縁座面表面と、 それぞれの
    インサートの孔から前記研削具本体に貫通しており両方
    の座面表面との係合において前記インサートを固定する
    ための頭部が皿状の保持装置と を含むことを特徴とす
    る請求項6に記載のフライス研削具。
  8. 【請求項8】 前記研削具本体において半径方向に内側
    の辺縁に隣接し前記主座面表面と直角で前記インサート
    の前記大きなクリアランス表面の高さより低い前記主座
    面表面以上の高さに突出するピンによってそれぞれのイ
    ンサートに第3の座面基準が設けてあり、前記保持装置
    は前記ピンと前記座面表面とが係合するように前記イン
    サートを締めつけることを特徴とする請求項7に記載の
    フライス研削具。
  9. 【請求項9】 カムシャフト及び類似のもののフライス
    研削のための高密度プランジフライス研削具であって、 駆動的係合において駆動スピンドルに取り付け自在な肉
    厚でカップ状の本体と、 前記カップの周辺部には、前記カップ状の本体の基部に
    向って半径方向に外向きに傾斜し回転研削方向に対向す
    る周辺方向において前記基部に向って傾斜した平坦な座
    面表面をそれぞれが含む複数の傾斜したインサート用ポ
    ケットが設けてあることと、 前記座面表面からこれの辺縁において持ちあがっており
    前記研削方向に対して後ろ向きのインサート当接表面
    と、 前記基部から遠い前記当接表面の辺縁が次のインサート
    用ポケットの座面表面の前方の辺縁に隣接することと、 前記複数のポケット内において前記ポケットの前記座面
    及び当接表面に対して前記インサートを挟み込むように
    前記インサートの皿状の孔から前記研削具本体に貫通す
    る頭部が皿状の保持装置により固定されて、前記インサ
    ートから前記研削具本体へ前記ポケットの前記当接表面
    において研削力を伝達できるようにするための同一の形
    状で辺縁に設けたインサートと、 それぞれの研削インサートに付随する切り屑を受け入れ
    る空間が基本的に前記研削方向に面した前記インサート
    の前記辺縁表面と、直前のインサートのクリアランス表
    面と、研削しようとする作業部材の表面とで形成される
    ことと、 前記研削方向に面した前記辺縁表面が前記イ
    ンサートの前記研削辺縁に隣接して正の実効剪断力を提
    供する部分を少なくとも有すること を含むことを特徴
    とする高密度プランジフライス研削具。
  10. 【請求項10】 それぞれのインサート用ポケットの前
    記座面及び当接表面は互いに直交し全体的な形状におい
    てそれぞれのインサートは基本的に前記ポケットのひと
    つの前記座面及び当接表面との表面対表面の当接で平行
    のパイプ状に係合することを特徴とする請求項9に記載
    のフライス研削具。
  11. 【請求項11】 前記それぞれの前記インサートは請求
    項1に記載のインサートであることを特徴とする請求項
    10に記載のフライス研削具。
  12. 【請求項12】 前記インサート用ポケットは両方の半
    径方向に開いて前記座面及び当接表面を作成する研削部
    材が貫通しうるように成してあることを特徴とする請求
    項9に記載のフライス研削具。
  13. 【請求項13】 それぞれのインサート用ポケットは前
    記座面表面に直交する前記研削具本体に取り付けた直立
    するピンにより内部側面に位置し、前記ピンは前記イン
    サートのための半径方向に内側の位置決め手段として用
    いられ、前記保持装置は前記座面及び当接表面ならびに
    前記ピンに対して前記インサートを挟み込むために用い
    られることを特徴とする請求項12に記載のフライス研
    削具。
JP7289636A 1994-11-08 1995-11-08 プランジフライス盤及びインサート Pending JPH08206908A (ja)

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US08/335,658 US5639189A (en) 1994-11-08 1994-11-08 Plunge milling insert
US08/335658 1994-11-08

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08206908A true JPH08206908A (ja) 1996-08-13

Family

ID=23312732

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7289636A Pending JPH08206908A (ja) 1994-11-08 1995-11-08 プランジフライス盤及びインサート

Country Status (4)

Country Link
US (2) US5639189A (ja)
JP (1) JPH08206908A (ja)
BR (1) BR9505104A (ja)
CA (1) CA2156694A1 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007098506A (ja) * 2005-10-04 2007-04-19 Tungaloy Corp スローアウェイチップ及びスローアウェイ式エンドミル

Families Citing this family (35)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
IL119557A0 (en) * 1996-11-04 1997-02-18 Iscar Ltd Cutting insert and cutting tool assembly
DE19736379A1 (de) * 1997-02-10 1999-02-25 Widia Gmbh Schneideinsatz und Fräswerkzeug
US5924825A (en) * 1998-07-06 1999-07-20 Caterpillar Inc. Thread cutting insert
DE19927342A1 (de) * 1999-06-16 2000-12-21 Gustav Werthwein Fräswerkzeug
US6802676B2 (en) * 2001-03-02 2004-10-12 Valenite Llc Milling insert
SE523682C2 (sv) * 2001-12-07 2004-05-11 Seco Tools Ab Fräsverktyg anordnat att bearbeta i verktygets axiella riktning
US6935817B2 (en) * 2002-08-14 2005-08-30 Pratt & Whitney Canada Corp. Airfoil machining using cup tool
US6726413B1 (en) * 2002-12-16 2004-04-27 Goodrich Corporation Contour plunge milling
ITMI20022700A1 (it) * 2002-12-20 2004-06-21 St Microelectronics Srl Dispositivo integrato con diodo schottky e transitor mos
US7357603B2 (en) * 2002-12-24 2008-04-15 Kennametal Inc. Toolholder and cutting insert used therein
US6722823B1 (en) 2002-12-24 2004-04-20 Kennametal Inc. Milling cutter
AU2003228296A1 (en) * 2003-03-06 2004-09-30 Alcoa Inc. Apparatus and method for cutting sheet material
IL155288A (en) * 2003-04-08 2007-09-20 Amir Satran Tangential cutting insert and milling cutter
IL160223A (en) * 2004-02-04 2008-11-26 Carol Smilovici Double-sided cutting insert and milling cutter
CA2568404C (en) * 2005-11-16 2012-05-22 Prenbec Equipment Inc. Reversible cutting tooth
US7634897B2 (en) * 2005-11-16 2009-12-22 Les Equipments Prenbec Inc. Rotary cutting machine with replaceable cutting teeth
US8641334B2 (en) * 2006-06-05 2014-02-04 Mitsubishi Materials Corporation Insert
JP4816496B2 (ja) * 2006-06-05 2011-11-16 三菱マテリアル株式会社 穴加工工具
US7357604B2 (en) * 2006-06-20 2008-04-15 Kennametal Inc. Indexable cutting insert with positive axial rake angle and multiple cutting edges
SE530289C2 (sv) * 2006-10-13 2008-04-22 Seco Tools Ab Negativt svarvskär med en fas mellan skäregg och släppningssida
DE102007022536A1 (de) * 2007-05-14 2008-11-20 Kennametal Inc. Achtschneidiger Schneideinsatz sowie Werkzeughalter hierfür
DE102007022535A1 (de) * 2007-05-14 2008-11-20 Kennametal Inc. Achtschneidiger Schneideinsatz sowie Werkzeughalter hierfür
US8454277B2 (en) 2008-12-18 2013-06-04 Kennametal Inc. Toolholder and toolholder assembly with elongated seating pads
US7922427B2 (en) * 2008-12-18 2011-04-12 Kennametal Inc. Toolholder and toolholder assembly with elongated seating pads
DE202010002303U1 (de) * 2010-02-11 2011-06-09 KENNAMETAL INC., Pa. Wendeplatte
DE102011107789B4 (de) * 2011-07-18 2015-05-28 Kennametal Inc. Zahnradfräser-Schneideinsatz und Zahnradfräser mit einem solchen Zahnradfräser-Schneideinsatz
US9079251B2 (en) * 2011-10-25 2015-07-14 Kennametal Inc. Cutting inserts having discontiguous clearance faces
US9168599B2 (en) 2011-11-17 2015-10-27 Les Equipements Prenbec Inc. Saw disk with improved chip discharge
US8790049B2 (en) * 2012-02-07 2014-07-29 Iscar, Ltd. Indexable double-negative cutting insert having protruding side abutment surfaces and cutting tool
US9636758B2 (en) * 2014-12-23 2017-05-02 Iscar, Ltd. Ramping insert and high-feed milling tool assembly
US9901992B2 (en) * 2014-12-23 2018-02-27 Iscar, Ltd. Ramping insert and high-feed milling tool assembly
US20170120351A1 (en) * 2015-11-03 2017-05-04 Kennametal Inc. Double-sided cutting inserts with positive clearance face geometry
KR101901755B1 (ko) * 2017-03-30 2018-09-28 한국야금 주식회사 고이송 편면형 절삭 인서트 및 이를 장착한 절삭 공구
KR101941973B1 (ko) * 2017-04-11 2019-01-24 한국야금 주식회사 고이송 절삭 인서트 및 이를 장착한 절삭 공구
KR102540681B1 (ko) * 2018-10-23 2023-06-08 교세라 가부시키가이샤 절삭 인서트, 절삭 공구 및 절삭 가공물의 제조 방법

Family Cites Families (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2186417A (en) * 1938-12-19 1940-01-09 Ingersoll Milling Machine Co Cutter
DE876940C (de) * 1951-01-10 1953-05-21 Fritz Werner Ag Messerkopf fuer Werkzeugmaschinen, insbesondere Fraes- und Bohrmaschinen
US3421196A (en) * 1966-09-12 1969-01-14 Gen Electric Cutting tool insert
US3434190A (en) * 1966-11-23 1969-03-25 Ingersoll Milling Machine Co Indexable cutter blade
US3762005A (en) * 1970-08-28 1973-10-02 Ingersoll Milling Machine Co Indexable cutting insert
US3694876A (en) * 1970-08-28 1972-10-03 Ingersoll Milling Machine Co Indexable cutting insert and holder therefor
SE437228B (sv) * 1982-05-17 1985-02-18 Santrade Ltd Sker for spanskerande bearbetning
AU1875583A (en) * 1982-09-29 1984-04-05 Kennametal Inc. Milling cutter and indexable cutting insert
US4551048A (en) * 1983-06-27 1985-11-05 J. D. Phillips Corporation Milling machine
US4531863A (en) * 1984-01-31 1985-07-30 The Ingersoll Cutting Tool Company Thread-cutting apparatus
US4597695A (en) * 1985-03-11 1986-07-01 Ingersoll Cutting Tool Company Face milling apparatus with eight-edged insert
US4712949A (en) * 1986-03-21 1987-12-15 Ingersoll Cutting Tool Company On-edge end-milling insert
US4790693A (en) * 1987-02-06 1988-12-13 Ingersoll Cutting Tool Company Interfitting on-edge inserts for milling cutters
US5209611A (en) * 1991-09-20 1993-05-11 Duramet Corporation Cutting insert having dual cutting edges on one surface and holding body for insert

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007098506A (ja) * 2005-10-04 2007-04-19 Tungaloy Corp スローアウェイチップ及びスローアウェイ式エンドミル

Also Published As

Publication number Publication date
BR9505104A (pt) 1997-09-09
US5820308A (en) 1998-10-13
CA2156694A1 (en) 1996-05-09
US5639189A (en) 1997-06-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH08206908A (ja) プランジフライス盤及びインサート
JP3754454B2 (ja) フライス削り用インサート
US4618296A (en) Cutting tool and insert therefor
EP0008159B1 (en) Cutting tool and insert for same
EP1119430B1 (en) Milling cutter
JPH01274915A (ja) 粗仕上げ及び仕上げ用の割出し自在インサート
US20080118313A1 (en) Milling insert and a milling insert tool for chip removing machining
JP2002301603A (ja) スローアウェイ切削チップ、切削チップホルダ及びスローアウェイ切削チップの位置決め方法
US6796751B2 (en) Serrated ball nose end mill insert
JP2013202767A (ja) 切削工具
JP2006192553A (ja) ガンドリル用インサート、ガンドリル用ホルダ及びインサート式ガンドリル
US20010031181A1 (en) Indexable drill and cutting inserts therefor
JPH064205B2 (ja) 穴明け加工方法
JP4330709B2 (ja) スローアウェイ式カッタ
GB2146276A (en) A cutting tool and an indexable insert therefor
JPH0197571A (ja) ダイヤモンド工具
JPH11254222A (ja) 切削工具
JP2606415Y2 (ja) 溝加工用サイドカッタ
JP3540153B2 (ja) 穴明け工具および穴明け加工方法
JP2019166620A (ja) 粗面化加工用工具、該粗面化加工用工具を用いた粗面化加工方法、および粗面化加工製品
CA2386906A1 (en) Plunge milling cutter
JPH0212015Y2 (ja)
JPS6365450B2 (ja)
JPH078136Y2 (ja) ダイヤモンド工具
JP2021164983A (ja) 刃先交換式切削工具