JPH078516U - 共鳴型サブマフラ - Google Patents

共鳴型サブマフラ

Info

Publication number
JPH078516U
JPH078516U JP3455493U JP3455493U JPH078516U JP H078516 U JPH078516 U JP H078516U JP 3455493 U JP3455493 U JP 3455493U JP 3455493 U JP3455493 U JP 3455493U JP H078516 U JPH078516 U JP H078516U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
resonance
muffler
pipe
sub
exhaust
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP3455493U
Other languages
English (en)
Inventor
純二 東
Original Assignee
三恵工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 三恵工業株式会社 filed Critical 三恵工業株式会社
Priority to JP3455493U priority Critical patent/JPH078516U/ja
Publication of JPH078516U publication Critical patent/JPH078516U/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 サブマフラの消音作用が及ぶ周波数帯域を広
くして汎用性を高める。 【構成】 自動車等の排気系のメインマフラの前方又は
後方の排気管に装着するサブマフラであって、主パイプ
4を分岐して連通する共鳴パイプ2に対して共鳴孔1を
設けてなる。

Description

【考案の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】

本考案は、自動車等の排気系の消音のために設けられるサブマフラの消音作用 が及ぶ周波数帯域を拡大した共鳴型サブマフラに関するものである。

【0002】

【従来の技術】

従来、自動車等の排気系の騒音、特にエンジン5につながる排気管の共鳴音は メインマフラ6により低減させるが、車種による排気系レイアウトの違いでメイ ンマフラ6から後方が長い場合には、排気管による気柱共鳴音が発生して問題に なる場合がある。この場合には、図4のようにサブマフラ7を連結して対応する 方法がある。これは実公昭63-12609号で提案したような構造で、共鳴室10中でメ インマフラ6に連結する主パイプ11に共鳴パイプ8を取付ける(図5〜図7)か、 もしくは主パイプ11に共鳴孔9を設けており(図8)、この共鳴パイプ8あるいは 共鳴孔9が特定周波数で共鳴することで消音作用を持つ。

【0003】

【考案が解決しようとする課題】

この従来のサブマフラは、共鳴周波数が単一で、消音作用の効果が及ぶ周波数 帯域も狭いといった特性を持つ。そのため、エンジンの回転数や排ガス温度の 変化により共鳴音の周波数が変動した場合に対応できない、もとよりある特定 の騒音にしか効果を発揮しない、車種ごとに排気系の騒音の周波数帯域が異な るので、各車相互のサブマフラの互換性がない、などの問題がある。

【0004】 近年にいたり、使用者側からは消音作用の高いサブマフラが望まれ、一方、生 産者側ではコスト低減のために各車装備品の互換性を図ることによる生産の合理 化が望まれている。そこで、サブマフラの消音作用の及ぶ周波数帯域を広くし、 更に汎用性の高いサブマフラの構造について検討することにした。

【0005】

【課題を解決するための手段】 その結果、自動車等の排気系のメインマフラの前方又は後方の排気管に装着す るサブマフラであって、主パイプ4を分岐して連通する共鳴パイプ2に対して共 鳴孔1を設けてなることを特徴とする共鳴型サブマフラを考案した。

【0006】 共鳴パイプの径及び形状や数、共鳴孔の径や数などは、消音作用の及ぶ周波数 帯域の選定及び構造上の制約から決定すればよく、数量的な制限はない。

【0007】

【作用】

共鳴孔1、共鳴パイプ2はそれぞれ異なった共鳴周波数を持ち、複数の周波数 を持つ様々な排気系の騒音に対して消音作用を持つ。また、前記共鳴周波数をピ ークとしたそれぞれの周波数帯域が合成されることで、全体として消音作用の及 ぶ周波数帯域を広くすることができる。

【0008】

【実施例】

本考案の共鳴型サブマフラの実施例について、図を参照しながら説明する。図 1はL字形の共鳴パイプを主パイプに突設した第1実施例の一部破断側面図、図 2は単なる筒状の共鳴パイプを主パイプに突設した第2実施例の一部破断側面図 であり、そして図3は半割状の共鳴パイプを主パイプに被せるように分岐した第 3実施例の一部破断側面図である。

【0009】 第1実施例では、L字形の共鳴パイプ2をサブマフラの共鳴室3中で主パイプ 4に突設し、共鳴パイプ2の円筒側面に共鳴孔1を設けている。それぞれが異な る共鳴周波数と消音作用の及ぶ周波数帯域とを持つために、幅広い消音作用の及 ぶ周波数帯域を確保する。以下に、この第1実施例のサブマフラの特性を測定し たグラフを図9に示す。

【0010】 この図9は、エンジンの回転数に対する共鳴音の音圧レベルを測定したもので ある。メインマフラの後方の排気管が長くなり共鳴音が発生したため、サブマフ ラをメインマフラ後方の排気管に連結した。実線が図1の共鳴型サブマフラを取 付けた場合、一点鎖線が図5の従来のサブマフラを取付けた場合で、破線がサブ マフラなしの場合である。

【0011】 サブマフラなしの場合には、エンジンの回転数が3500rpmで共鳴音のピークが 生じている。従来のサブマフラを取付けたところ、確かにピークでの消音作用は 十分に働いているが、ピークの両側が依然残って二山に分かれたようになってし まっている。しかし、本考案のサブマフラを取付ければ、エンジンの回転数全域 にわたって消音作用が働いていることがわかる。

【0012】 本考案の共鳴型サブマフラは、このほか、図2のような共鳴孔1を設けた共鳴 パイプ2を単に主パイプ4を分岐、突設した構造のものでもよいし、図3のよう に共鳴孔1を設けた共鳴パイプ2を半割状にし、片端を閉じて主パイプ4に覆い 被せ、閉端側を主パイプ4と連通させるような構造のものでもよい。

【0013】

【考案の効果】

本考案の共鳴型サブマフラは、その消音作用の及ぶ周波数帯域が広くできるこ とから、共鳴音の周波数が変動した場合でも十分に対応できる、異なる複数 の騒音の周波数に効果をもつ、などの性能を発揮する。

【0014】 更に、前述の効果により、排気系レイアウトの違いで排気管の共鳴周波数が 異なっても、同型のサブマフラを使用することができる互換性を持つため、大量 生産して製造コストを低く押さえることができるメリットが生じる。この互換性 は、修理などの部品交換における融通性を確保し、サブマフラの保守コストも低 減させる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本考案の第1実施例の一部破断側面図である。

【図2】本考案の第2実施例の一部破断側面図である。

【図3】本考案の第3実施例の一部破断側面図である。

【図4】自動車の排気系におけるサブマフラの配置図で
ある。

【図5】従来例1の一部破断側面図である。

【図6】従来例2の一部破断側面図である。

【図7】従来例3の一部破断側面図である。

【図8】従来例4の一部破断側面図である。

【図9】サブマフラの効果を比較測定した結果を表すグ
ラフである。

【符号の説明】

1 共鳴孔 2 共鳴パイプ 3 共鳴室 4 主パイプ

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 自動車等の排気系のメインマフラの前方
    又は後方の排気管に装着するサブマフラであって、主パ
    イプ4を分岐して連通する共鳴パイプ2に対して共鳴孔
    1を設けてなることを特徴とする共鳴型サブマフラ。
JP3455493U 1993-06-25 1993-06-25 共鳴型サブマフラ Pending JPH078516U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3455493U JPH078516U (ja) 1993-06-25 1993-06-25 共鳴型サブマフラ

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3455493U JPH078516U (ja) 1993-06-25 1993-06-25 共鳴型サブマフラ

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH078516U true JPH078516U (ja) 1995-02-07

Family

ID=12417536

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3455493U Pending JPH078516U (ja) 1993-06-25 1993-06-25 共鳴型サブマフラ

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH078516U (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5317810A (en) * 1976-08-04 1978-02-18 Mitsubishi Motors Corp Diesel engine
JPS5359123A (en) * 1976-11-08 1978-05-27 Nissan Motor Co Ltd Compulsary sweeping internal combustion engine
JPS5532976A (en) * 1978-08-30 1980-03-07 Isuzu Motors Ltd Internal combustion engine with supercharger
JPS5537550A (en) * 1978-09-08 1980-03-15 Isuzu Motors Ltd Supercharged internal combustion engine
JP2007224913A (ja) * 2006-02-23 2007-09-06 J Eberspecher Gmbh & Co Kg 排気システム用マフラー
JP2016156316A (ja) * 2015-02-24 2016-09-01 スズキ株式会社 内燃機関の排気装置
DE102018112963A1 (de) * 2018-05-30 2019-12-05 Faurecia Emissions Control Technologies, Germany Gmbh Schalldämpfer für eine Abgasanlage einer Brennkraftmaschine

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5317810A (en) * 1976-08-04 1978-02-18 Mitsubishi Motors Corp Diesel engine
JPS589251B2 (ja) * 1976-08-04 1983-02-19 Mitsubishi Motors Corp
JPS5359123A (en) * 1976-11-08 1978-05-27 Nissan Motor Co Ltd Compulsary sweeping internal combustion engine
JPS595768B2 (ja) * 1976-11-08 1984-02-07 Nissan Motor
JPS5532976A (en) * 1978-08-30 1980-03-07 Isuzu Motors Ltd Internal combustion engine with supercharger
JPS5537550A (en) * 1978-09-08 1980-03-15 Isuzu Motors Ltd Supercharged internal combustion engine
JPS5925100B2 (ja) * 1978-09-08 1984-06-14 Isuzu Motors Ltd
JP2007224913A (ja) * 2006-02-23 2007-09-06 J Eberspecher Gmbh & Co Kg 排気システム用マフラー
JP2016156316A (ja) * 2015-02-24 2016-09-01 スズキ株式会社 内燃機関の排気装置
DE102018112963A1 (de) * 2018-05-30 2019-12-05 Faurecia Emissions Control Technologies, Germany Gmbh Schalldämpfer für eine Abgasanlage einer Brennkraftmaschine

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6752240B1 (en) Sound attenuator for a supercharged marine propulsion device
US5183976A (en) Adjustable sound attenuating device
US5539164A (en) Power steering attenuation hose construction and method of making the same
JP4392592B2 (ja) 排気消音装置
US4315558A (en) Bellows type exhaust tube
EP1352172B1 (de) Schalldämpfer mit einer mehrzahl an resonanzkammern
CA2069040C (en) Stamp formed muffler with in-line expansion chamber and arcurately formed effective flow tubes
CN100447383C (zh) 缓冲装置
US6385967B1 (en) Exhaust pipe for motor vehicle muffler
US7621370B2 (en) Sound increase apparatus
US6199658B1 (en) Multi-Fold side branch muffler
EP1395743B1 (de) Geräuschdämpfer
US7967106B2 (en) Air induction sound modification system for internal combustion engine
JP2895407B2 (ja) 吸気消音装置
EP0379926B1 (en) Intake system for multiple cylinder engine
JP3214338B2 (ja) 自動車用排気消音装置
US4501341A (en) Low frequency muffler
US7942235B2 (en) Exhaust system for an internal combustion engine
US20050133300A1 (en) Device for establishing noise in a motor vehicle
JP4661694B2 (ja) 吸気増音装置
US4847965A (en) Method of manufacturing stamp formed mufflers
US7556123B2 (en) Muffler duct
US3948349A (en) Wave interference silencer
US3212603A (en) Muffler with tuned silencing chambers
KR100602747B1 (ko) 특히 내연 기관의 흡기구로서 사용되는 흡기 시스템

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 19990330