JPH0779815A - スライドファスナー用テープおよびスライドファスナー - Google Patents

スライドファスナー用テープおよびスライドファスナー

Info

Publication number
JPH0779815A
JPH0779815A JP22613793A JP22613793A JPH0779815A JP H0779815 A JPH0779815 A JP H0779815A JP 22613793 A JP22613793 A JP 22613793A JP 22613793 A JP22613793 A JP 22613793A JP H0779815 A JPH0779815 A JP H0779815A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
core
tape
articulator
fastener
slide fastener
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP22613793A
Other languages
English (en)
Inventor
Akira Hasegawa
明 長谷川
Original Assignee
Ykk Kk
ワイケイケイ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ykk Kk, ワイケイケイ株式会社 filed Critical Ykk Kk
Priority to JP22613793A priority Critical patent/JPH0779815A/ja
Publication of JPH0779815A publication Critical patent/JPH0779815A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A44HABERDASHERY; JEWELLERY
    • A44BBUTTONS, PINS, BUCKLES, SLIDE FASTENERS, OR THE LIKE
    • A44B19/00Slide fasteners
    • A44B19/24Details
    • A44B19/34Stringer tapes; Flaps secured to stringers for covering the interlocking members
    • A44B19/346Woven stringer tapes
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T24/00Buckles, buttons, clasps, etc.
    • Y10T24/25Zipper or required component thereof
    • Y10T24/2518Zipper or required component thereof having coiled or bent continuous wire interlocking surface
    • Y10T24/2523Zipper or required component thereof having coiled or bent continuous wire interlocking surface with core encircled by coils or bends
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T24/00Buckles, buttons, clasps, etc.
    • Y10T24/25Zipper or required component thereof
    • Y10T24/2518Zipper or required component thereof having coiled or bent continuous wire interlocking surface
    • Y10T24/2525Zipper or required component thereof having coiled or bent continuous wire interlocking surface with mounting portion having structural formations complementary to stitching
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T24/00Buckles, buttons, clasps, etc.
    • Y10T24/25Zipper or required component thereof
    • Y10T24/2539Interlocking surface constructed from plural elements in series

Abstract

(57)【要約】 【目的】 ファスナーテープにおける芯紐部の変形を容
易し、押出タイプのスライドファスナーに柔軟性を持た
せる。 【構成】 ファスナーテープ1の一側縁に袋織部2を形
成し、この袋織部2内に複数本の経糸3と同一の芯糸4
を互いに無拘束な状態で挿通し、この芯紐部5を備えた
ファスナーテープ1に、両端に連結糸9が埋装された形
態の個別の咬合子7を合成樹脂の押出成形により形成
し、この咬合子7の中央部分を折り曲げて前記ファスナ
ーテープ1の芯紐部5に縫糸11によって凹部10を縫
着し、咬合子7を取付けた押出タイプのスライドファス
ナーであり、柔軟性があり、しかも開離嵌挿具付の製品
も簡単に作ることができる。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】この発明は、ファスナーテープの
一側縁に袋織部を形成し、この袋織部内に芯糸を挿通し
た芯紐部を一体的に形成したスライドファスナー用テー
プ、および合成樹脂の押出成形によって連結糸上に咬合
子を成形し、この咬合子を屈曲してファスナーテープの
一側縁の芯紐部に縫着した、いわゆる押出タイプのスラ
イドファスナーに関するものである。

【0002】

【従来の技術】従来、ファスナーテープに形成された芯
紐部は、芯糸が互いに絡み合って拘束された形態の芯紐
をテープの一側縁に縫着、あるいは織込み、または編込
みによって芯紐部を形成することがよく知られている。

【0003】また、芯糸の周囲に複数本の経編糸から形
成される外周編成層を編成するとともに、その経編糸の
ニードルループおよびシンカーループが、芯糸をその外
周から中心に向かって締付ける芯入り編紐をテープ一側
縁の袋織部内に織込み、袋織部の熱収縮によって、編紐
の外周編成層に袋織部の内周部を喰い込ませたスライド
ファスナー用テープ(実公昭59−25215号公報参
照)が知られている。

【0004】さらに、咬合子の脚部端部がジグザグ状に
交互に連結され、かつ脚部間に連結糸が配設される形態
に合成樹脂を押出成形することによって形成し、この咬
合子をU状に屈曲して平坦状のファスナーテープ側縁に
縫着した押出タイプのスライドファスナー(実公昭63
−30245号公報参照)が知られている。

【0005】

【発明が解決しようとする課題】上述の公報に掲載され
たスライドファスナー用テープは、複数本の芯糸の外周
に経編糸を配し締付け、かつファスナーテープの袋織部
が熱収縮する際、この編糸層と袋織糸層とが密着結合す
るように形成されているので、芯紐部が硬直化しファス
ナーテープとしての復元性および柔軟性に欠けており、
しかも咬合子を縫着するファスナーテープとしては縫針
の刺通が困難であり、プレス加工による金属製咬合子の
装着用のファスナーテープとしては用いられるが、咬合
子を縫着する縫着用のファスナーテープとしては使用が
難しいことであった。

【0006】また、従来知られた押出タイプのスライド
ファスナーは、咬合子の脚部間をジクザク状に交互に連
結部が連結する形態に一体成形され、その他に連結糸が
配設されたスライドファスナーであるから咬合子列に柔
軟性がなく硬直したスライドファスナーであること、さ
らに咬合子を縫着するファスナーテープは、側縁に芯紐
部がなく平坦状であるから、咬合子の装着が不安定で変
動し易く、しかも平坦状のテープであるから開離嵌挿具
を備えたスライドファスナーは作製することがきわめて
困難であった。

【0007】この発明は、上述の問題点および従来懸案
となっていた押出タイプのスライドファスナーに関する
難問を解決するため発明されたもので、たとえば従来の
押出タイプのスライドファスナーは、芯紐部を装備して
いるファスナーテープに、押出成形の咬合子をU状に屈
曲して装着させると、製品が分厚くなり、また縫着も難
かしかった。そこで芯紐部のない平坦なファスナーテー
プに押出タイプの咬合子を装着し、製品の薄形化を図っ
ていたが、この場合はスライドファスナーが全て止具付
の製品であって、開離嵌挿具付のスライドファスナーは
実用化できなかった。

【0008】この発明のスライドファスナー用テープ
は、押出成形による咬合子は勿論、金属製また射出成形
による咬合子の装着にも適する芯紐部を備えたファスナ
ーテープで、芯紐部に弾発性および復元性を持たせ、咬
合子の装着を容易にし、かつ柔軟性のあるスライドファ
スナーが得られるスライドファスナー用テープを提供す
ることが目的である。

【0009】また、スライドファスナーは、押出成形の
咬合子を個別に成形し、弾発性および復元性のある芯紐
部を備えたファスナーテープに咬合子を縫着し、柔軟性
のある押出タイプのスライドファスナーを作製し提供す
ること、および従来不可能であった開離嵌挿具付の押出
タイプのスライドファスナーを提供することが目的であ
る。

【0010】

【課題を解決するための手段】前記の目的を達成するた
め、この発明のスライドファスナー用テープは、ファス
ナーテープ1の一側縁に袋織部2を形成し、該袋織部2
内に複数本の経糸3と同一の芯糸4を互いに無拘束状態
で並列状に挿通して芯紐部5を形成したスライドファス
ナー用テープを主な構成としている。

【0011】次にこの発明のスライドファスナーは、フ
ァスナーテープ1の一側縁に袋織部2を形成し、該袋織
部2内に複数本の芯糸4を無拘束状態に挿通して芯紐部
5を形成し、かつ両端に連結糸9を埋装した個別の咬合
子7を合成樹脂の押出成形により形成し、各咬合子7を
中央でU状に屈曲させて芯紐部5に挟持し、咬合子7の
脚部8を芯紐部5に縫着したスライドファスナーを主な
構成とし、さらに個別の咬合子7は脚部8の先端側に連
結糸9を埋装し、その内方外表面に凹部10を設け、該
凹部10を縫糸11によって芯紐部5に縫着して咬合子
を固定したスライドファスナーでもある。

【0012】またこの発明のスライドファスナーは、前
記スライドファスナーにおいて、一方のファスナーテー
プ1の末端側における咬合子7に連接して箱棒14をフ
ァスナーテープ1の芯紐部5に装着することによって箱
体13を装備し、他方のファスナーテープ1の末端側に
おける咬合子7に連接して蝶棒15をファスナーテープ
1の芯紐部5に装着した開離嵌挿具を装備したスライド
ファスナーでもある。

【0013】

【作用】この発明のスライドファスナー用テープおよび
スライドファスナーは、上述のような構成であり、スラ
イドファスナー用テープは、ファスナーテープ1の一側
縁に設けた芯紐部5が、その内部に挿通された複数本の
芯糸4が互いに拘束されていない形態であるから、縫針
の刺通が容易である。

【0014】また、スライドファスナーは、押出成形に
よって個別の咬合子7が、相互に連結糸9によって連結
されているので、咬合子7をファスナーテープ1の芯紐
部5に縫着するのが容易であり、またファスナーチエン
は柔軟性があるから、スライダー17の摺動動作が円滑
である。さらに開離嵌挿具付スライドファスナーは、他
の製品と同様に、スライダー17を箱体13に衝合さ
せ、箱体13に蝶棒15を挿入させた後スライダー17
を引き上げればファスナーチエンを閉鎖させることがで
き、その逆の操作を行えばファスナーチエンを分離開放
させることができる。

【0015】

【実施例】以下、この発明のスライドファスナー用テー
プおよびスライドファスナーの実施例について図面を参
照しながら具体的に説明する。

【0016】この発明のスライドファスナー用テープ
は、図4に示すとおり、ファスナーテープ1の一側縁に
袋織部2を織成し、その内部にファスナーテープ1の経
糸3と同一太さの芯糸4を複数本織込み、芯糸4は互い
に無拘束でほぼ並列状に配列させて織込み、ファスナー
テープ1に芯紐部5を形成したものであり、経糸3、芯
糸4、緯糸6はそれぞれポリエステル繊維糸あるいはポ
リエステル繊維と天然繊維との混紡糸などで、主に熱可
塑性合成繊維糸をもって織成しファスナーテープ1を形
成する。なおファスナーテープ1は織成のみでなく、編
成手段によっても形成することができる。

【0017】次にこの発明のスライドファスナーは、合
成樹脂たとえばポリアミド、ポリプロピレンなどの耐衝
撃性の大きい合成樹脂を用いて、個別的な咬合子7を押
出成形で形成し、その際咬合子7の両端すなわち脚部8
には、ポリエステル繊維糸などの熱可塑性合成繊維糸か
ら形成された連結糸9を埋装し、かつ脚部8における連
結糸9の内方外表面に凹部10を凹設し、この咬合子7
を中央でU状に屈曲させた後、上下脚部8を前述のファ
スナーテープ1の芯紐部5に挟持させ、凹部10を縫糸
11によって芯紐部5に縫着し、咬合子7をファスナー
テープ1に固定してファスナーストリンガを形成する。

【0018】なお、咬合子7の屈曲端には、ファスナー
ストリンガの長手方向に膨出した形態の噛合頭部12を
形成し、また上下脚部8の端部は、ファスナーストリン
ガの長手方向に張出した形態に形成されている。

【0019】また、開離嵌挿具を装備したスライドファ
スナーは、一方のファスナーテープ1の末端側に装着さ
れている咬合子7に連接して、箱体13の箱棒14を芯
紐部5に装着し、さらに他方のファスナーテープ1の末
端側に装着されている咬合子7に連接して、蝶棒15を
芯紐部5に装着し、開離嵌挿具を備えたスライドファス
ナーを構成したものである。

【0020】なお、箱体13、箱棒14、蝶棒15から
形成された開離嵌挿具は合成樹脂製または金属製であれ
ばよい。またファスナーテープ1の末端にはポリエチレ
ンなどの合成樹脂フィルム16が溶着または貼着され、
ファスナーテープ1のほつれを防止するとともにスライ
ダー17に蝶棒15を挿通させるのに便宜を図ってあ
る。

【0021】

【発明の効果】この発明のスライドファスナー用テープ
およびスライドファスナーは上記のとおりの構成であ
り、この構成によって下記の効果を奏する。

【0022】この発明のスライドファスナー用テープ
は、ファスナーテープ1の一端縁に袋織部2を形成し、
この袋織部2内に複数本の芯糸4を無拘束状態に挿通し
て芯紐部5を形成したから、ファスナーテープ1の芯紐
部5は弾発性、復元性および柔軟性が具備されているの
で、いかなる形態の咬合子の装着にも適し、咬合子7の
取付部における芯紐部5は、取付けの際潰れるので、結
果的に厚さの薄いスライドファスナーが得られ、しかも
咬合子7の取付強度も強いファスナーテープ1であり、
かつまたスライダー17の摺動時には相手方の咬合子7
が芯紐部5に当接しても芯紐部5が容易に変形できるの
で、スライダー17の摺動性のよいスライドファスナー
用テープである。

【0023】この発明のスライドファスナーは、ファス
ナーテープ1の一側縁に袋織部2を形成し、この袋織部
2内に複数本の芯糸4を無拘束状態に挿通して芯紐部5
を形成し、かつ両端に連結糸9を埋装した個別の咬合子
7を合成樹脂の押出形成により形成し、各咬合子7を中
央で屈曲させて芯紐部5に挟持し、咬合子7の脚部8を
芯紐部5に縫着したから、従来の硬直した押出タイプの
スライドファスナーと異なり、咬合子7は個別的に形成
され、ファスナーテープ1も弾発性、復元性および柔軟
性を備えているので、きわめて柔軟性のある押出タイプ
のスライドファスナーが得られ、その結果使用範囲の拡
大にもなった押出タイプのスライドファスナーである。

【0024】さらに、個別の咬合子7は脚部8先端側に
連結糸9を埋装し、連結糸9の内方外表面に凹部10を
設け、この凹部10を縫糸11によって芯紐部5に縫着
して咬合子7を固定したから、咬合子7の縫着がきわめ
て容易であるとともに、咬合子7の脚部8に形成した凹
部10に縫糸11が介在し、かつ連結糸9が完全に脚部
8内に埋装されているので、従来品のように連結糸が単
に脚部に付設されたスライドファスナーと異なり、咬合
子の脱落を未然に防ぎ、しかも縫糸の保護を図った強度
のある押出タイプのスライドファスナーであって、長期
の使用に耐える利点がある。

【0025】また、一方のファスナーテープ1の末端側
における咬合子7に連接して箱棒14を芯紐部5に装着
することによって箱体13を装着し、他方のファスナー
テープ1の末端側における咬合子7に連接して蝶棒15
を芯紐部5に装着した開離嵌挿具を装備したスライドフ
ァスナーであるから、従来ほとんど製作が困難であった
開離嵌挿具付の押出タイプのスライドファスナーを、き
わめて簡単に製作することができ、しかも耐久性があり
体裁のよい開離嵌挿具付スライドファスナーが得られる
など、その効果はきわめて顕著である。

【図面の簡単な説明】

【図1】押出タイプのスライドファスナーにおけるファ
スナーチエンの一部を示した平面図である。

【図2】押出タイプのスライドファスナーにおけるファ
スナーストリンガの横断面図である。

【図3】開離嵌挿具付の押出タイプのスライドファスナ
ーの平面図である。

【図4】ファスナーテープの横断面図である。

【符号の説明】

1 ファスナーテープ 2 袋織部 3 経糸 4 芯糸 5 芯紐部 7 咬合子 8 脚部 9 連結糸 10 凹部 11 縫糸 13 箱体 14 箱棒 15 蝶棒

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ファスナーテープ1の一側縁に袋織部2
    を形成し、該袋織部2内に複数本の経糸3と同一の芯糸
    4を互いに無拘束状態に挿通して芯紐部5を形成したこ
    とを特徴とするスライドファスナー用テープ。
  2. 【請求項2】 ファスナーテープ1の一側縁に袋織部2
    を形成し、該袋織部2内に複数本の芯糸4を無拘束状態
    に挿通して芯紐部5を形成し、かつ両端に連結糸9を埋
    装した個別の咬合子7を合成樹脂の押出成形により形成
    し、各咬合子7を中央で屈曲させて芯紐部5に挟持し、
    咬合子7の脚部8を芯紐部5に縫着したことを特徴とす
    るスライドファスナー。
  3. 【請求項3】 個別の咬合子7は脚部8先端側に連結糸
    9を埋装し、その内方外表面に凹部10を設け、該凹部
    10を縫糸11によって芯紐部5に縫着して咬合子7を
    固定した請求項2記載のスライドファスナー。
  4. 【請求項4】 一方のファスナーテープ1の末端側にお
    ける咬合子7に連接して箱棒14を芯紐部5に装着する
    ことによって箱体13を装備し、他方のファスナーテー
    プ1の末端側における咬合子7に連接して蝶棒15を芯
    紐部5に装着した開離嵌挿具を備えた請求項2または3
    記載のスライドファスナー。
JP22613793A 1993-09-10 1993-09-10 スライドファスナー用テープおよびスライドファスナー Pending JPH0779815A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22613793A JPH0779815A (ja) 1993-09-10 1993-09-10 スライドファスナー用テープおよびスライドファスナー

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22613793A JPH0779815A (ja) 1993-09-10 1993-09-10 スライドファスナー用テープおよびスライドファスナー
US08/298,174 US5528801A (en) 1993-09-10 1994-08-30 Stringer tape and slide fastener incorporating the same
FR9410750A FR2709644B1 (fr) 1993-09-10 1994-09-08 Ruban de bande d'accrochage pour fermeture à glissière et fermeture à glissière comportant un tel ruban.
CN 94116210 CN1086932C (zh) 1993-09-10 1994-09-10 线编带和具有线编带的拉链

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0779815A true JPH0779815A (ja) 1995-03-28

Family

ID=16840433

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP22613793A Pending JPH0779815A (ja) 1993-09-10 1993-09-10 スライドファスナー用テープおよびスライドファスナー

Country Status (4)

Country Link
US (1) US5528801A (ja)
JP (1) JPH0779815A (ja)
CN (1) CN1086932C (ja)
FR (1) FR2709644B1 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5913481A (en) * 1996-11-29 1999-06-22 Ykk Corporation Separable slide fastener
US7076846B2 (en) 2003-06-10 2006-07-18 Arai Weaving Ltd. Tape for slide fasteners
JP5127984B2 (ja) * 2009-06-03 2013-01-23 Ykk株式会社 ファスナーストリンガー
JP5403639B2 (ja) * 2009-05-26 2014-01-29 Ykk株式会社 ファスナー
US9091636B2 (en) 2010-03-15 2015-07-28 Humanscan Co., Ltd. Ultrasonic probe using rear-side acoustic matching layer
WO2015189966A1 (ja) * 2014-06-12 2015-12-17 Ykk株式会社 ファスナーテープ及びファスナーストリンガー

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH1146812A (ja) * 1997-07-31 1999-02-23 Ykk Corp スライドファスナー用チェン
JP5043688B2 (ja) 2008-01-08 2012-10-10 Ykk株式会社 スライドファスナー
WO2010137193A1 (ja) * 2009-05-26 2010-12-02 Ykk株式会社 ファスナー
CN102469856B (zh) * 2009-07-07 2016-03-30 Ykk株式会社 拉链
ES2656872T3 (es) 2010-06-30 2018-02-28 Ykk Corporation Cierre de cremallera y procedimiento para fabricar el cierre de cremallera
WO2012020499A1 (ja) * 2010-08-12 2012-02-16 Ykk株式会社 スライドファスナー

Family Cites Families (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US1701555A (en) * 1923-12-21 1929-02-12 Edward H Binns Flexible closure
US1949889A (en) * 1929-10-26 1934-03-06 Hookless Fastener Co Slide fastener
US2061073A (en) * 1935-01-14 1936-11-17 Russell Mfg Co Elastic tape for slide fasteners and the like
GB758533A (en) * 1953-12-02 1956-10-03 Narrow Fabrics Lilleys Ltd Improvements in or relating to tapes for sliding clasp fasteners
US3908242A (en) * 1973-05-10 1975-09-30 Textron Inc Continuous filament slide fastener
DE2431924A1 (de) * 1974-07-03 1976-01-22 Opti Holding Ag Teilbarer reissverschluss
JPS5521605Y2 (ja) * 1974-10-21 1980-05-24
JPS5925215Y2 (ja) * 1978-06-10 1984-07-25
CH642521A5 (fr) * 1981-05-30 1984-04-30 Interbrev Sa Procede de fabrication d'une fermeture a glissiere a elements d'accouplement moules et fermeture obtenue par ce procede.
JPS5925215A (en) * 1982-08-02 1984-02-09 Oki Electric Ind Co Ltd Manufacture of semiconductor device
JPS5921208U (ja) * 1982-08-02 1984-02-09
JPS6330245A (en) * 1986-07-25 1988-02-08 Toray Industries Heat-insulating cloth
JPS63294804A (en) * 1987-05-27 1988-12-01 Yoshida Kogyo Kk Slide fastener having extensibility

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5913481A (en) * 1996-11-29 1999-06-22 Ykk Corporation Separable slide fastener
US7076846B2 (en) 2003-06-10 2006-07-18 Arai Weaving Ltd. Tape for slide fasteners
JP5403639B2 (ja) * 2009-05-26 2014-01-29 Ykk株式会社 ファスナー
JP5127984B2 (ja) * 2009-06-03 2013-01-23 Ykk株式会社 ファスナーストリンガー
US9091636B2 (en) 2010-03-15 2015-07-28 Humanscan Co., Ltd. Ultrasonic probe using rear-side acoustic matching layer
WO2015189966A1 (ja) * 2014-06-12 2015-12-17 Ykk株式会社 ファスナーテープ及びファスナーストリンガー
CN106455768A (zh) * 2014-06-12 2017-02-22 Ykk株式会社 拉链带及拉链牙链
CN106455768B (zh) * 2014-06-12 2019-06-18 Ykk株式会社 拉链带及拉链牙链

Also Published As

Publication number Publication date
CN1106641A (zh) 1995-08-16
FR2709644A1 (fr) 1995-03-17
US5528801A (en) 1996-06-25
FR2709644B1 (fr) 1996-06-07
CN1086932C (zh) 2002-07-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6728998B2 (en) Woven hook and loop fastening
US7305996B2 (en) Elastic band
US2652705A (en) Tape
KR100399517B1 (ko) 면 파스너
US5544387A (en) Curtain attachment connector assembly and curtain attachment connector
DE60312407T2 (de) Verdeckter Reissverschluss mit trennbarem unterem Endanschlag
KR880003641Y1 (ko) 방류 (防流) 슬라이드 파스너 스트링어
EP1886593B1 (en) Fastener stringer and slide fastener
JP4064251B2 (ja) スライドファスナー用テープ
DE112011105602B4 (de) Verschlussband für Reißverschluss und Reißverschluss
US6182338B1 (en) Female-male engaging device with tapes
CA1276434C (en) Water-resistant slide fastener stringer
US20100180911A1 (en) Elastic band
EP1319349B1 (en) Slide fastener
JP3895272B2 (ja) 繊維製面ファスナー
CN100466933C (zh) 针织拉链
EP0111788A2 (en) Water-resistant slide fastener and method of manufacturing the same
EP0682888B1 (en) Surface-type fastener having a thick foundation fabric
TWI226225B (en) Braiding/weaving concealed slide fastener
TW564164B (en) Slide fastener tape
EP1264557B1 (en) Knitted-in slide fastener
CA1268320A (en) Fluid-tight slide fastener
JP4762106B2 (ja) 曲がりスライドファスナー
US4646397A (en) Surface-type fastener
JP4312676B2 (ja) スライドファスナー用ストリンガー