JPH07185701A - ワーク反転装置 - Google Patents

ワーク反転装置

Info

Publication number
JPH07185701A
JPH07185701A JP34795093A JP34795093A JPH07185701A JP H07185701 A JPH07185701 A JP H07185701A JP 34795093 A JP34795093 A JP 34795093A JP 34795093 A JP34795093 A JP 34795093A JP H07185701 A JPH07185701 A JP H07185701A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
work
rotary frame
frame
mold
die
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP34795093A
Other languages
English (en)
Inventor
Akio Goto
明男 後藤
Original Assignee
Kobayashi Hansou Kiki:Kk
株式会社小林搬送機器
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kobayashi Hansou Kiki:Kk, 株式会社小林搬送機器 filed Critical Kobayashi Hansou Kiki:Kk
Priority to JP34795093A priority Critical patent/JPH07185701A/ja
Publication of JPH07185701A publication Critical patent/JPH07185701A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B30PRESSES
    • B30BPRESSES IN GENERAL
    • B30B15/00Details of, or accessories for, presses; Auxiliary measures in connection with pressing
    • B30B15/02Dies; Inserts therefor; Mounting thereof; Moulds
    • B30B15/028Loading or unloading of dies, platens or press rams

Abstract

(57)【要約】 【目的】 金型のように2部材からなるワークを互いに
分離させると共に、その一方を反転させる反転装置に関
し、そのような一連の作業を短時間で安全に行い得るよ
うにする。 【構成】 ワーク5を載置し得る架台4を本体フレーム
1上に所定のガイド手段により水平に移動可能に設ける
と共に、該本体フレーム1上の該架台4を挟む両側外方
に昇降手段を設けることにより一対の軸受部10,10
を昇降可能に支持し、該軸受部10,10に鉛直面内で
回転し得るように回転フレーム13を軸支し、さらに該
回転フレーム13に前記架台4上に載置されたワーク5
を把持し得る止着具19を設けてなる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は例えば金型のように一方
の型部材を他方の型部材から分離しその一方を反転させ
ることでメンテナンスを行い易くする等、2部材からな
るワークを分離して反転させる装置に関するものであ
る。
【0002】
【従来の技術】例えば、射出成形用,プレス成形用等の
金型は開閉可能に合致させた一対の型部材からなるので
その成形面を何らかの必要に応じ修正しようとするに際
しては、一方の型部材を他方の型部材から分離させ一方
の型部材を反転させて加工テーブル上等に置かねばなら
ない。そのために従来では例えばチエンブロックで一方
の型部材を吊り上げその吊上状態にて該型部材を回転さ
せ加工テーブル上等に降ろすようにしていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、チエンブロッ
クによる上記のような分離・反転作業は、ワークを誤っ
て落下させる危険があるので慎重に行なわれねばなら
ず、時間を要していたので作業性が悪い欠点がある。
【0004】また、従来の反転装置は、セットされたワ
ークを単に反転させる機能を持つのみであつたので、上
記金型のような反転する前に分離を必要とするワークに
対しては概してそのまま使用することができないもので
あった。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明のワーク反転装置
は上記課題を解決しようとするもので、ワークを載置し
得る架台を本体フレーム上に所定のガイド手段により水
平に移動可能に設けると共に、該本体フレーム上の該架
台を挟む両側外方に昇降手段を設けることにより一対の
軸受部を昇降可能に支持し、該軸受部に鉛直面内で回転
し得るように回転フレームを軸支し、さらに該回転フレ
ームに前記架台上に載置されたワークを把持し得る止着
具を設けてなることを特徴とする。
【0006】
【作用】ワークを架台に乗せて回転フレームの真下まで
移動し止着具により該ワークを把持した後、昇降手段に
より軸受部,回転フレーム,ワーク等を上昇させ、該回
転フレームを鉛直面内で回転させることにより、ワーク
の反転を簡単,安全に短時間で行い得る。
【0007】
【実施例】次に本発明の一実施例を図面と共に説明す
る。本体フレーム1はその正面に張出部2が一体的に形
成され、該張出部2上から該本体フレーム1上中央部に
わたって水平に2本のレール3,3が平行に敷設されて
いる。3A,3Bは該レール3,3の両端部に設けたス
トッパである。
【0008】4はワーク5を載置し得る架台で、該架台
4の下面に摺動体4A,4Bを設け、該摺動体4A,4
Bを前記レール3,3上にスライドさせることにより該
架台4を該レール3,3に沿って水平に移動可能に設け
ている。図示したワーク5は下半分の型部材5Aと上半
分の型部材5Bとからなる金型である。そして該架台4
の上面には流体シリンダ(図示せず)の作動により出没
動すると同時に90度回転するクランプ状の止着具6が
4個設けられている。また、7は該架台4の前面に突設
された把手である。
【0009】本体フレーム1におけるレール3,3の両
側外方には流体シリンダ8,8をその作動軸9,9を上
向にして垂設してなる昇降手段が設けられている。そし
て該作動軸9,9の上端に軸受部10,10を支持して
いる。11は該軸受部10,10の下面に作動軸9,9
と平行なるように垂下させたガイド軸で、該ガイド軸1
1を前記流体シリンダ8の両サイドに設けたガイド筒1
2中に摺動自在に貫挿している。
【0010】13は方形枠状の回転フレームで、該回転
フレーム13は両側に突設された回転軸14,14を前
記軸受部10,10上に固設した軸受15,15に軸支
することにより鉛直面内で回転自在に支持されている。
また16は一方の軸受部10上に設けられた減速機17
とモータ18とからなる回転装置で、該回転装置16に
より回転軸14を回転動させることにより該回転フレー
ム13を所望角度に回転させ停止し得るようにしてい
る。そして該回転フレーム13の片面には前記止着具6
と同様に4つの止着具19が設けられている。
【0011】このように構成したワーク反転装置におい
て、そのワーク5を下半分の型部材5Aと上半分の型部
材5Bに分離し、一方の型部材5Bを反転する際の手順
を図3〜図6に従い説明する。先ず図1,図2に示した
ようにワーク5を架台4上に載置し、その型部材5Aの
取付板部を止着具6により止着固定し該架台4をレール
3に沿って移動させ図3に示したように回転フレーム1
3の真下に停止させる。そして流体シリンダ8の作動軸
9を収縮させることにより回転フレーム13を下降させ
該回転フレーム13に上半分の型部材5Bの取付板部を
止着具19により止着固定する。
【0012】そして回転フレーム13を上昇させ図5に
示したように下半分の型部材5Aから上半分の型部材5
Bを分離させる。さらに図6に示したように架台4を元
に戻すと共に、回転装置16の駆動により回転フレーム
13を鉛直面内で回転させる。こうして上半分の型部材
5Bを180度反転できたところで流体シリンダ8の作
動軸9を収縮させ回転フレーム13を下降することによ
り、図7に示したように下半分の型部材5Aと上半分の
型部材5Bを夫々その型面を上向にして並置できる。こ
のため型面の修正,組付,点検等が行い得る。なお、必
要な作業を終えたらこの分離・反転と逆の手順により元
のように型部材5Aと型部材5Bとを組合わせることが
できる。
【0013】なお、以上はワークが金型の場合について
説明したが、本発明は金型以外にも、例えばケース本体
とその蓋体のように2部材を組合わせてなるワークを分
離・反転させるのに広く使用できる。またこの実施例で
は架台4上にレール3,3を設けた例を示したが、架台
4を本体フレーム1上で水平に移動可能に設けるために
は本体フレーム1上にローラコンベヤを設ける等、その
他の同等の構成を採ってもよい。
【0014】
【発明の効果】このように本発明のワーク反転装置は、
ワークの分離と反転を一連に行うことができるので、短
時間で効率よく、しかも安全に作業が遂行され、作業性
を向上させる有益な効果がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係るワーク反転装置の側面図。
【図2】本発明に係るワーク反転装置の正面図。
【図3】図1の作動状態図。
【図4】図1の作動状態図。
【図5】図1の作動状態図。
【図6】図1の作動状態図。
【図7】作動状態を示した斜視図。
【符号の説明】
1 本体フレーム 3 レール 4 架台 4A,4B 摺動体 5 ワーク 6 止着具 8 流体シリンダ 10 軸受部 13 回転フレーム 14 回転軸 15 軸受 16 回転装置 19 止着具

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ワークを載置し得る架台を本体フレーム
    上に所定のガイド手段により水平に移動可能に設けると
    共に、該本体フレーム上の該架台を挟む両側外方に昇降
    手段を設けることにより一対の軸受部を昇降可能に支持
    し、該軸受部に鉛直面内で回転し得るように回転フレー
    ムを軸支し、さらに該回転フレームに前記架台上に載置
    されたワークを把持し得る止着具を設けてなることを特
    徴としたワーク反転装置。
JP34795093A 1993-12-24 1993-12-24 ワーク反転装置 Pending JPH07185701A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34795093A JPH07185701A (ja) 1993-12-24 1993-12-24 ワーク反転装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34795093A JPH07185701A (ja) 1993-12-24 1993-12-24 ワーク反転装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07185701A true JPH07185701A (ja) 1995-07-25

Family

ID=18393709

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP34795093A Pending JPH07185701A (ja) 1993-12-24 1993-12-24 ワーク反転装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07185701A (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
ITTO20090348A1 (it) * 2009-04-30 2010-11-01 Antonio Sidari Dispositivo di supporto e ribaltamento per stampi di presse.
JP2012091880A (ja) * 2010-10-25 2012-05-17 Jatco Ltd ワーク反転装置
CN104229440A (zh) * 2014-07-23 2014-12-24 太原风华信息装备股份有限公司 自平衡液晶基板升降翻转机构
CN104444285A (zh) * 2014-11-12 2015-03-25 苏州泓翰成自动化系统设备有限公司 龙门式翻转机构
CN106219222A (zh) * 2016-09-12 2016-12-14 深圳德康威尔科技有限公司 一种用于电路板双面检测的传动设备
EP2408576B2 (fr) 2009-03-20 2017-03-15 Primetals Technologies France SAS Dispositif de retournement d'un equipage de planage, et equipage de planage adapte a cooperer avec ledit dispositif
CN108655239A (zh) * 2018-06-04 2018-10-16 佛山市同鑫智能装备科技有限公司 一种铝材加工用冲压装置及冲压工艺
CN111960073A (zh) * 2020-08-17 2020-11-20 江苏昱博自动化设备有限公司 火车车轮自动翻转机

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2408576B2 (fr) 2009-03-20 2017-03-15 Primetals Technologies France SAS Dispositif de retournement d'un equipage de planage, et equipage de planage adapte a cooperer avec ledit dispositif
ITTO20090348A1 (it) * 2009-04-30 2010-11-01 Antonio Sidari Dispositivo di supporto e ribaltamento per stampi di presse.
JP2012091880A (ja) * 2010-10-25 2012-05-17 Jatco Ltd ワーク反転装置
CN104229440A (zh) * 2014-07-23 2014-12-24 太原风华信息装备股份有限公司 自平衡液晶基板升降翻转机构
CN104444285A (zh) * 2014-11-12 2015-03-25 苏州泓翰成自动化系统设备有限公司 龙门式翻转机构
CN106219222A (zh) * 2016-09-12 2016-12-14 深圳德康威尔科技有限公司 一种用于电路板双面检测的传动设备
CN108655239A (zh) * 2018-06-04 2018-10-16 佛山市同鑫智能装备科技有限公司 一种铝材加工用冲压装置及冲压工艺
CN111960073A (zh) * 2020-08-17 2020-11-20 江苏昱博自动化设备有限公司 火车车轮自动翻转机

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN206671592U (zh) 一种准半球棒镜加工过程中的摆架自动升起装置
CN205576322U (zh) 一种具有垂直抓取装置的汽车配件电泳漆处理设备
JPH07185701A (ja) ワーク反転装置
JP3295227B2 (ja) ワーク反転装置
CN206552768U (zh) 一种木材加工用翻转式夹手
CN111098217A (zh) 一种四方阅读书架生产用面板抛光装置
JPH063539U (ja) 180゜反転機
CN208305034U (zh) 轴承连线抓取装置
CN208913126U (zh) 用于铸造的翻转装置
JP3391556B2 (ja) ワーク反転装置
CN208022277U (zh) 一种多方位搬运设备
CN110205713A (zh) 一种羊毛除杂梳理装置
CN108973363A (zh) 一种全自动盖章机
CN201020795Y (zh) 卸砖机
GB1454685A (en) Equipment for manufacturing double-glazing units
CN210335852U (zh) 一种阀门加工辅助装置
CN214238108U (en) Decorative board banding corner lift bearing roller equipment
CN213195956U (zh) 一种压力管道安装施工用坡口机
CN210878960U (zh) 一种装修用的板料磨边装置
JPH1080890A (ja) 工作物把持装置
CN210763074U (zh) 一种旋转式取件机
CN213439014U (zh) 一种用于支座加工用的抛光机
CN213565158U (zh) 一种学校教学用双层升降式黑板
CN111331465B (zh) 一种超白钢化玻璃加工用侧边磨削装置及方法
CN210834786U (zh) 一种轴类零件超声波探伤快速检测用工装

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20040420