JPH06218643A - 金属パイプ保持具 - Google Patents

金属パイプ保持具

Info

Publication number
JPH06218643A
JPH06218643A JP2738793A JP2738793A JPH06218643A JP H06218643 A JPH06218643 A JP H06218643A JP 2738793 A JP2738793 A JP 2738793A JP 2738793 A JP2738793 A JP 2738793A JP H06218643 A JPH06218643 A JP H06218643A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
metal pipe
elastic tube
holding
tube
holder
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2738793A
Other languages
English (en)
Inventor
Kenji Hayashi
憲二 林
Original Assignee
Masatomi Kogyo Kk
昌富工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Masatomi Kogyo Kk, 昌富工業株式会社 filed Critical Masatomi Kogyo Kk
Priority to JP2738793A priority Critical patent/JPH06218643A/ja
Publication of JPH06218643A publication Critical patent/JPH06218643A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 比較的肉薄である金属パイプを研磨或いは切
断等機械加工するに際して変形させることなく確実に保
持し、高精度な加工を可能にする。 【構成】 剛性なる円筒状の保持部材1の内周にビニル
チューブ等の膨縮自在な弾性チューブ2を螺旋状に取付
し、被加工用の金属パイプ7を該保持部材1の中に挿入
し該弾性チューブ2内に流体を圧送して該弾性チューブ
2を膨脹させることにより該弾性チューブ2を金属パイ
プ7の外周面に密着させるようにした。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、比較的肉薄である金属
パイプを研磨或いは切断等機械加工するに際して変形さ
せることなく確実に保持するための金属パイプ保持具に
関するものである。
【0002】
【従来の技術】例えばロッドレスエアーシリンダを構成
する金属パイプは、厚さ1ミリ程度の肉薄のステンレス
製パイプが使用され、しかも高精度な真円度および真直
性が要求される。またその他にも肉薄なる金属パイプの
用途は極めて多くいずれも高い精度が要求されるように
なって来ている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし従来から研磨
機、或いは切断機等の加工機械に設けられている工作物
の保持具は、例えばバイス,チャック等のように工作物
を強力に挟む構造のものであったので、上記のような肉
薄の金属パイプでは挟むことで変形を生じさせてしまい
高精度な仕上は困難になるという問題があった。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明の金属パイプ保持
具は上記課題を解決しようとするもので、剛性なる円筒
状の保持部材の内周にビニルチューブ等の膨縮自在な弾
性チューブを螺旋状に取付し、被加工用の金属パイプを
該保持部材の中に挿入し該弾性チューブ内に流体を圧送
して該弾性チューブを膨脹させることにより該弾性チュ
ーブを金属パイプの外周面に密着させるようにしたこと
を特徴とするものである。
【0005】
【作用】流体の圧送により膨脹する弾性チューブが金属
パイプの外周面に広い接触面積をもって密着するので該
金属パイプを変形させることなくしかも確実に保持でき
る。従って金属パイプを変形させることなく高精度な機
械加工を可能ならしめる。
【0006】
【実施例】次に本発明に係る金属パイプ保持具の一実施
例を図面と共に説明する。図1に本発明に係る金属パイ
プ保持具を示し、1は円筒状の剛直な金属管からなる保
持部材で、該保持部材1の内周にビニルチューブ等の膨
縮自在な弾性チューブ2を螺旋状に配設し、該弾性チュ
ーブ2を止紐3により移動不能に止着する。そして該弾
性チューブ2の両端部を保持部材1の両端部に夫々開設
した透孔4に通して外方に導出し、その一方の先端は止
金5を設けて閉止すると共に、他方の先端には開閉コッ
ク6を連結し、該開閉コック6をエアコンプレッサ等の
空圧源に連結できるようにしている。なお、弾性チュー
ブ2には市販の散水用ホースを使用することができる。
【0007】図2,図3に上記保持具を使って被加工用
の肉薄なる金属パイプ7を保持した状態を示す。即ち金
属パイプ7を保持するに際しては該保持具中に金属パイ
プ7を挿入し、その状態で開閉コック6を開けて弾性チ
ューブ2内に圧縮空気を導入し、該弾性チューブ2を金
属パイプ7の外周面に強力に密着させるものである。
【0008】このように弾性チューブ2が膨脹すると該
弾性チューブ2は保持部材1の内周に螺旋状に取付られ
たものであるために、金属パイプ7の外周面に広い接触
面積をもって均一に密着し弾性チューブ2内の空気圧力
により金属パイプ7の外周面を均一に押圧することにな
るので、金属パイプ7は変形することなく、しかも確実
に保持される。
【0009】図4にこの金属パイプ保持具を金切り帯鋸
盤に使用した一例を示す。この場合該帯鋸盤に備え付け
られたバイス8に本発明に係る保持具を挟着固定すれば
金属パイプ7は該保持具中に上記のようにして確実に保
持できるので帯鋸から切断時の外力が掛かっても該金属
パイプ7は該保持具中から外れることなく高精度に切断
できる。
【0010】しかも弾性チューブ2が介在することによ
り金属パイプ7は保持具中に弾性的に保持されるので外
力に対しても金属パイプ7の真円度が保たれ変形を生じ
させない。
【0011】なお弾性チューブ2中には空気源より空気
を圧送した後も開閉コック6を閉じれば弾性チューブ2
内の空気は逃げないので、その状態で給気管を空気源か
ら外して加工、或いは放置しておくことができる。そし
て使用後に該開閉コック6を開放すれば該弾性チューブ
2内の空気は外に出て弾性チューブ2は収縮するので、
金属パイプ7を簡単にこの保持具から抜き出すことがで
きる。
【0012】なお、この保持具は上記のように金属パイ
プを切断する場合だけでなく、種々の用途の金属パイプ
の内周或いは外周面を研磨する際や、その他の加工を施
す際に使用できる。
【0013】
【発明の効果】このように本発明の金属パイプ保持具
は、殊に肉薄の金属パイプを機械加工するに際して該金
属パイプを変形させることなくしかも確実に保持できて
高精度な加工を可能にする有益な効果がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例を示した金属パイプ保持具の
斜視図。
【図2】金属パイプ保持具の使用状態を示した縦断面
図。
【図3】図2の横断面図。
【図4】金属パイプ保持具の使用の一例を示した斜視
図。
【符号の説明】
1 保持部材 2 弾性チューブ 6 開閉コック 7 金属パイプ

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 剛性なる円筒状の保持部材の内周にビニ
    ルチューブ等の膨縮自在な弾性チューブを螺旋状に取付
    し、被加工用の金属パイプを該保持部材の中に挿入し該
    弾性チューブ内に流体を圧送して該弾性チューブを膨脹
    させることにより該弾性チューブを金属パイプの外周面
    に密着させるようにしたことを特徴とする金属パイプ保
    持具。
JP2738793A 1993-01-22 1993-01-22 金属パイプ保持具 Pending JPH06218643A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2738793A JPH06218643A (ja) 1993-01-22 1993-01-22 金属パイプ保持具

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2738793A JPH06218643A (ja) 1993-01-22 1993-01-22 金属パイプ保持具

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06218643A true JPH06218643A (ja) 1994-08-09

Family

ID=12219650

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2738793A Pending JPH06218643A (ja) 1993-01-22 1993-01-22 金属パイプ保持具

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06218643A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006136977A (ja) * 2004-11-12 2006-06-01 Fuji Heavy Ind Ltd 固定装置及び固定方法
CN103465054A (zh) * 2013-08-30 2013-12-25 苏州晓炎自动化设备有限公司 一种切割治具

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006136977A (ja) * 2004-11-12 2006-06-01 Fuji Heavy Ind Ltd 固定装置及び固定方法
JP4574331B2 (ja) * 2004-11-12 2010-11-04 富士重工業株式会社 固定装置
CN103465054A (zh) * 2013-08-30 2013-12-25 苏州晓炎自动化设备有限公司 一种切割治具

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2001524198A (ja) 封止装置
US5343798A (en) Apparatus for gripping and sealing a fluid conduit
JPH06218643A (ja) 金属パイプ保持具
CA2029344C (en) Union joint
US4096372A (en) Purge unit
JPH06206108A (ja) 金属パイプ支持具
EP2340150A1 (en) Apparatus and method for processing a stent
CN110936240A (zh) 一种靶材加工用外圆磨夹具
US4106784A (en) Finisher's mandrel
US10144072B2 (en) Plastic tube fitting removal tool
JP2006026831A (ja) 薄肉円筒状被加工物の保持方法とコレット。
JPH06155290A (ja) ホーニング加工用パイプ支持用具
JPH1058256A (ja) 円柱状ワーク保持具
JPWO2016207926A1 (ja) 流体圧式クランプ装置
CN212794697U (zh) 一种波纹管夹持工具
US3463499A (en) I.d. collet chuck
WO2019012758A1 (ja) 把持装置
JPH01222869A (en) Polishing tool
JPH05177178A (ja) 管内清掃用具
ES2131757T3 (es) Un acoplamiento para la conexion rapida de tubos de material plastico.
US20190160637A1 (en) Hose clamp tool gun
JP2021145826A (ja) ダクトホースカッター
US2590860A (en) Removable pipe plug
JP4790136B2 (ja) 薄肉鋼管用のハイドロフォーム用シール装置
JP6317930B2 (ja) 流体管端面防食装置及び流体管端面の防食処理方法