JPH06206108A - 金属パイプ支持具 - Google Patents

金属パイプ支持具

Info

Publication number
JPH06206108A
JPH06206108A JP1817693A JP1817693A JPH06206108A JP H06206108 A JPH06206108 A JP H06206108A JP 1817693 A JP1817693 A JP 1817693A JP 1817693 A JP1817693 A JP 1817693A JP H06206108 A JPH06206108 A JP H06206108A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
metal pipe
elastic tube
tube
supporting
support
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP1817693A
Other languages
English (en)
Inventor
Kenji Hayashi
憲二 林
Original Assignee
Masatomi Kogyo Kk
昌富工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Masatomi Kogyo Kk, 昌富工業株式会社 filed Critical Masatomi Kogyo Kk
Priority to JP1817693A priority Critical patent/JPH06206108A/ja
Publication of JPH06206108A publication Critical patent/JPH06206108A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 比較的肉薄である金属パイプを真直,真円状
に矯正し、或いは研磨或いは切断等機械加工するに際し
て該金属パイプを変形させることなく確実に支持するた
めの金属パイプ支持具を提供する。 【構成】 真直円柱状の剛直な支持芯材1の外周にビニ
ルチューブ等の膨縮自在な弾性チューブ2を螺旋状に巻
付し、これを被加工用の金属パイプ7の中に挿入し該弾
性チューブ2内に流体を圧送して該弾性チューブ2を膨
脹させることにより弾性チューブ2を金属パイプ7の内
周面に密着させるようにした。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、比較的肉薄である金属
パイプを真直,真円状に矯正し、或いは研磨或いは切断
等機械加工するに際して該金属パイプを変形させること
なく確実に支持するための金属パイプ支持具に関するも
のである。
【0002】
【従来の技術】例えばロッドレスエアーシリンダを構成
する金属パイプは、厚さ1ミリ程度の肉薄のステンレス
製パイプが使用され、しかも高精度な真円度および真直
性が要求される。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし従来から研磨
機、或いは切断機等の加工機械に設けられている工作物
の支持具は、例えばバイス,チャック等のように工作物
を強力に挟む構造のものであったので、上記のような肉
薄の金属パイプでは挟むことで変形を生じさせてしまい
高精度に仕上が出来ないという問題があった。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明の金属パイプ支持
具は上記課題を解決しようとするもので、真直円柱状の
剛直な支持芯材の外周にビニルチューブ等の膨縮自在な
弾性チューブを螺旋状に巻付し、これを被加工用の金属
パイプの中に挿入し該弾性チューブ内に流体を圧送して
該弾性チューブを膨脹させることにより該弾性チューブ
を金属パイプの内周面に密着させるようにしたことを特
徴とするものである。
【0005】
【作用】流体の圧送により膨脹する弾性チューブが金属
パイプの内周面に広い接触面積をもって密着し、内周面
を均等に外方に押圧するので該金属パイプを変形させる
ことなくしかも確実に支持できる。従って高精度な機械
加工を可能ならしめる。また、肉薄な金属パイプについ
てはこの支持具に支持させるだけで、変形が矯正され真
円度および真直性等が向上する。
【0006】
【実施例】次に本発明に係る金属パイプ支持具の一実施
例を図面と共に説明する。図1に本発明に係る金属パイ
プ支持具を示し、1は真直円柱状の剛直な金属管からな
る支持芯材で、該支持芯材1の外周にビニルチューブ等
の膨縮自在な弾性チューブ2を螺旋状に巻付し、該弾性
チューブ2の両端部を該支持芯材1の両端部に夫々開設
した透孔3に通して該支持芯材1中に夫々導出し、その
一方の先端には止金4を設けて閉止すると共に、他方の
先端には開閉コック5およびコネクタ6を連接し、該コ
ネクタ6をエアコンプレッサ等の空圧源に連結できるよ
うにしている。なお、弾性チューブ2には市販の散水用
ホースを使用することができる。
【0007】図2,図3に示したように、7は被加工用
の肉薄なる金属パイプを示し、該金属パイプを支持する
に際しては、該金属パイプ7の中に前記支持具を挿入
し、その状態で開閉コック5を開けて弾性チューブ2内
に圧縮空気を導入し、該弾性チューブ2を金属パイプ7
の内周面に強力に密着させるものである。
【0008】このように弾性チューブ2が膨脹すると該
弾性チューブ2は支持芯材1の外周に螺旋状に巻付られ
たものであるために金属パイプ7の内周面に広い接触面
積をもって均一に密着し弾性チューブ2内の空気圧力に
より金属パイプ7を内周面から外方に向けて均一に押圧
することとなるので、金属パイプ7は真円性を保ち支持
芯材1に支持されると共に、金属パイプ7が変形状態に
あるときはこれを真円状に矯正し得る。
【0009】また弾性チューブ2は剛性なる真直円柱状
の支持芯材1に巻付られたものであるので、該弾性チュ
ーブ2が膨脹し金属パイプ7の内周面を押圧すると該金
属パイプ7は支持芯材1の真直性に倣って真直に矯正さ
れ、或いは真直状態を保ち支持芯材1に支持される。
【0010】このため金属パイプ7の外周面に研磨等の
加工を施すに際しては加工機械に支持芯材1を保持せし
むれば金属パイプ7は真円度や真直性を損うことなく金
属パイプ7を高精度に加工することが可能になる。
【0011】なお弾性チューブ2中に空気源より空気を
圧送した後、開閉コック5を閉じれば弾性チューブ2内
の空気は逃げないので、その状態でコネクタ6を空気源
から外して加工、或いは放置しておくことができる。そ
して使用後に該開閉コック5を開放すれば該弾性チュー
ブ2内の空気は外に出て弾性チューブ2は収縮するの
で、金属パイプ7は簡単にこの支持具から外すことがで
きる。
【0012】なお、この金属パイプ支持具は上記のよう
に金属パイプの外周面を研磨するだけでなく、切断,切
欠等その他の機械加工を施す際に該金属パイプ7を支持
するのに使用できることは勿論、このような機械加工を
施す目的を持たず単に金属パイプを矯正し真円度,真直
性を高めるためにのみ使用しても有益である。
【0013】
【発明の効果】このように本発明の金属パイプ支持具
は、殊に肉薄の金属パイプの真円度、真直性を保持する
のに極めて顕著な効果がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例を示した金属パイプ支持具の
斜視図。
【図2】金属パイプ支持具の使用状態を示した縦断面
図。
【図3】図2の横断面図。
【符号の説明】 1 支持芯材 2 弾性チューブ 5 開閉コック 6 コネクタ 7 金属パイプ

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 真直円柱状の剛直な支持芯材の外周にビ
    ニルチューブ等の膨縮自在な弾性チューブを螺旋状に巻
    付し、これを被加工用の金属パイプの中に挿入し該弾性
    チューブ内に流体を圧送して該弾性チューブを膨脹させ
    ることにより該弾性チューブを金属パイプの内周面に密
    着させるようにしたことを特徴とする金属パイプ支持
    具。
JP1817693A 1993-01-08 1993-01-08 金属パイプ支持具 Pending JPH06206108A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1817693A JPH06206108A (ja) 1993-01-08 1993-01-08 金属パイプ支持具

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1817693A JPH06206108A (ja) 1993-01-08 1993-01-08 金属パイプ支持具

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06206108A true JPH06206108A (ja) 1994-07-26

Family

ID=11964313

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1817693A Pending JPH06206108A (ja) 1993-01-08 1993-01-08 金属パイプ支持具

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06206108A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1595638A1 (en) * 2004-05-13 2005-11-16 ROLLS-ROYCE plc Method of manufacturing thin wall isogrid casings
CN111015305A (zh) * 2019-11-14 2020-04-17 南京信息职业技术学院 螺旋管式液压胀缩轴

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1595638A1 (en) * 2004-05-13 2005-11-16 ROLLS-ROYCE plc Method of manufacturing thin wall isogrid casings
CN111015305A (zh) * 2019-11-14 2020-04-17 南京信息职业技术学院 螺旋管式液压胀缩轴

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN204545483U (zh) 薄壁长筒体零件用加工工装
US5765285A (en) Method of bending a rigid thermoplastic pipe
CN104759653A (zh) 用于薄壁筒体类零件的加工工装
JPH06206108A (ja) 金属パイプ支持具
US3225581A (en) Metal forming process for shaping ends of tubes
CA2029344C (en) Union joint
JP2018020377A (ja) パイプジョイント装置及びその製造方法
JPH06218643A (ja) 金属パイプ保持具
JPH06238352A (ja) 金属管を小曲率半径で曲げ加工する方法
JP3738402B2 (ja) パイプの接続端部の成形装置及びパイプの接続端部の成形方法
US10144072B2 (en) Plastic tube fitting removal tool
JP2019051532A (ja) 金属パイプの回転引き曲げ加工方法
US3417437A (en) Spring wire hose clamp and form post for making said clamp
US3449811A (en) Method and apparatus for covering rolls
JP2005046880A (ja) 配管端末成形用金型
JP2005256869A (ja) パイプの端部構造及びパイプの端部加工方法
KR20180017966A (ko) 파이프 조인트 장치 및 그 제조 방법
US4285109A (en) Method of hydrodynamic forming
JP2736936B2 (ja) 金属管ベローズの製造方法
JP2001047127A (ja) 中間絞り管の製造方法
US2350057A (en) Forming tool
CN108927462B (zh) 管件结构、管件加工装置及加工管件的方法
JP3195712B2 (ja) 管継手の製造方法
JP2020104153A (ja) 金属管のフレア加工方法
KR20200101764A (ko) 기밀성 및 내구성이 향상된 공조기용 배관 조립 구조체