JPH0596493A - シート材料支持推進コンベヤ及びそれを含む切断機械 - Google Patents

シート材料支持推進コンベヤ及びそれを含む切断機械

Info

Publication number
JPH0596493A
JPH0596493A JP4082224A JP8222492A JPH0596493A JP H0596493 A JPH0596493 A JP H0596493A JP 4082224 A JP4082224 A JP 4082224A JP 8222492 A JP8222492 A JP 8222492A JP H0596493 A JPH0596493 A JP H0596493A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sheet material
support members
support
split plate
supporting
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP4082224A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0780157B2 (ja
Inventor
Heinz Joseph Gerber
ハインツ・ジヨセフ・ガーバー
Lawrence S Wolfson
ローレンス・エス・ウルフソン
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Gerber Technology LLC
Original Assignee
Gerber Garment Technology Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US681862 priority Critical
Priority to US07/681,862 priority patent/US5189936A/en
Application filed by Gerber Garment Technology Inc filed Critical Gerber Garment Technology Inc
Publication of JPH0596493A publication Critical patent/JPH0596493A/ja
Publication of JPH0780157B2 publication Critical patent/JPH0780157B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B26HAND CUTTING TOOLS; CUTTING; SEVERING
    • B26DCUTTING; DETAILS COMMON TO MACHINES FOR PERFORATING, PUNCHING, CUTTING-OUT, STAMPING-OUT OR SEVERING
    • B26D7/00Details of apparatus for cutting, cutting-out, stamping-out, punching, perforating, or severing by means other than cutting
    • B26D7/20Cutting beds
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B26HAND CUTTING TOOLS; CUTTING; SEVERING
    • B26DCUTTING; DETAILS COMMON TO MACHINES FOR PERFORATING, PUNCHING, CUTTING-OUT, STAMPING-OUT OR SEVERING
    • B26D7/00Details of apparatus for cutting, cutting-out, stamping-out, punching, perforating, or severing by means other than cutting
    • B26D7/01Means for holding or positioning work
    • B26D7/018Holding the work by suction
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B26HAND CUTTING TOOLS; CUTTING; SEVERING
    • B26DCUTTING; DETAILS COMMON TO MACHINES FOR PERFORATING, PUNCHING, CUTTING-OUT, STAMPING-OUT OR SEVERING
    • B26D7/00Details of apparatus for cutting, cutting-out, stamping-out, punching, perforating, or severing by means other than cutting
    • B26D7/06Arrangements for feeding or delivering work of other than sheet, web, or filamentary form
    • B26D7/0625Arrangements for feeding or delivering work of other than sheet, web, or filamentary form by endless conveyors, e.g. belts
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65GTRANSPORT OR STORAGE DEVICES, e.g. CONVEYORS FOR LOADING OR TIPPING, SHOP CONVEYOR SYSTEMS OR PNEUMATIC TUBE CONVEYORS
    • B65G17/00Conveyors having an endless traction element, e.g. a chain, transmitting movement to a continuous or substantially-continuous load-carrying surface or to a series of individual load-carriers; Endless-chain conveyors in which the chains form the load-carrying surface
    • B65G17/30Details; Auxiliary devices
    • B65G17/32Individual load-carriers
    • B65G17/34Individual load-carriers having flat surfaces, e.g. platforms, grids, forks
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65GTRANSPORT OR STORAGE DEVICES, e.g. CONVEYORS FOR LOADING OR TIPPING, SHOP CONVEYOR SYSTEMS OR PNEUMATIC TUBE CONVEYORS
    • B65G21/00Supporting or protective framework or housings for endless load-carriers or traction elements of belt or chain conveyors
    • B65G21/20Means incorporated in, or attached to, framework or housings for guiding load-carriers, traction elements or loads supported on moving surfaces
    • B65G21/2027Suction retaining means
    • B65G21/2036Suction retaining means for retaining the load on the load-carrying surface
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65GTRANSPORT OR STORAGE DEVICES, e.g. CONVEYORS FOR LOADING OR TIPPING, SHOP CONVEYOR SYSTEMS OR PNEUMATIC TUBE CONVEYORS
    • B65G2201/00Indexing codes relating to handling devices, e.g. conveyors, characterised by the type of product or load being conveyed or handled
    • B65G2201/02Articles
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10STECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10S83/00Cutting
    • Y10S83/929Particular nature of work or product
    • Y10S83/936Cloth or leather
    • Y10S83/939Cloth or leather with work support
    • Y10S83/94Cutter moves along bar, bar moves perpendicularly
    • Y10S83/941Work support comprising penetratable bed
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T83/00Cutting
    • Y10T83/202With product handling means
    • Y10T83/2092Means to move, guide, or permit free fall or flight of product
    • Y10T83/2183Product mover including gripper means
    • Y10T83/2185Suction gripper
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T83/00Cutting
    • Y10T83/202With product handling means
    • Y10T83/2092Means to move, guide, or permit free fall or flight of product
    • Y10T83/2192Endless conveyor
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T83/00Cutting
    • Y10T83/647With means to convey work relative to tool station
    • Y10T83/654With work-constraining means on work conveyor [i.e., "work-carrier"]
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T83/00Cutting
    • Y10T83/748With work immobilizer

Abstract

(57)【要約】 【目的】 シート材料支持推進コンベヤ装置において、
シート材料の支持部材がコンベヤ装置の上方走行部に位
置される間に支持部材が相対的に垂直方向に運動するこ
とを防止して円滑で平坦なシート材料支持面を保持する
こと。 【構成】 切断ヘッド(23)により切断されるべき織
物等のシート材料(15)の支持推進装置(13)にお
いて、無端コンベヤベルト(14)がベルトの運動経路
を横断する方向に伸長する長さを有する細長い支持部材
(36)から作られる。支持部材(36)はそれらの長
さに沿って伸長する舌部及び溝のような相互係合部品を
含み、支持部材が上方走行部にあるとき相互係合部品が
係合し、支持部材の垂直方向相対運動を阻止する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、米国特許第4,64
6,911号及び米国特許第4,730,526号に示
される形式、即ち、相互連結した割板等の支持部材から
作られる無端コンベヤベルトが、シート材料を支持しシ
ート材料を切断ステーションへ向けてそして切断ステー
ションから離すように推進するために使用される形式の
シート材料搬送切断装置に関する。より詳しくはコンベ
ヤベルトの材料支持上方走行部に円滑で平坦な材料支持
面を保持させるようにする装置の改良に関する
【0002】
【従来の技術及び解決しようとする課題】本発明のコン
ベヤは、米国特許第4,646,911号及び米国特許
第4,730,526号に示されるような、柔軟な織物
や同様のシート材料の積重ね体又は単一層を自動裁断
し、切断工程の間シート材料を保持し圧縮する真空手段
を有する切断機械の部分を形成することにおいて特定の
用途及び新規性を有する。それ故、本発明のコンベヤ
は、シート材料を支持推進するその他の用途に使用され
ることができ、本願の広い特許請求の範囲により定義さ
れる本発明の範囲は単に切断機械に限定されない。
【0003】シート材料を支持推進するための無端コン
ベヤベルトの使用において、特に切断機械の場合、コン
ベヤベルトが運動されるとき及び運動されないときの両
方において、支持され推進される材料が形状又は位置を
乱されないように、極めて円滑で平坦な支持面により支
持推進されることが、しばしば必要であるか若しくは少
なくとも特に切断機械の場合は極めて望ましい。コンベ
ヤベルトがそのベルトの運動経路を横断して伸長する比
較的長い相互連結される支持部材から成る場合、支持部
材がそれらの自重及び支持されるシート材料の重量によ
り横断方向にたわむ傾向が存在する。そのこと及び支持
部材を相互に枢着する継手における生じ得る弛緩のファ
クターの故に、支持部材がコンベヤベルトの材料支持上
方走行部に位置されるとき、相対的に垂直方向に運動す
るか又は水平方向平面から傾斜し隣接し合う支持部材の
支持面において支持部材の相対的垂直方向の不整合が生
じ、上方走行部の材料支持面全体に不規則性及び不連続
性が生じる。
【0004】本発明の一般的な目的は、それ故シート材
料支持推進コンベヤ装置の無端コンベヤベルトの支持部
材がコンベヤ装置の上方走行部に位置される間相対的に
垂直方向に運動することを阻止し、それにより円滑でほ
ぼ平坦なシート材料支持面を保持する簡単な手段を提供
することである。
【0005】本発明のその他の目的及び利点は、添付の
図面及び特許請求の範囲に関連する好ましい実施例につ
いての次の詳細な説明から明瞭にされるであろう。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明は、無端コンベヤ
ベルトを使用しシート材料を支持推進するコンベヤ装置
に存する。無端コンベヤベルトは相互連結される細長い
支持部材から作られ、支持部材は水平方向且つベルトの
運動経路を横断する方向に伸長し、隣接し合う支持部材
が相互係合部品を有し、隣接し合う支持部材がコンベヤ
ベルトの材料支持上方走行部へ運動されるとき支持部材
の長さ全体にくさび作用により相互に係合し、隣接し合
う支持部材を所望の垂直方向相対関係にし、その相対関
係において支持部材の上向き支持面が共通平面にあり、
支持部材がコンベヤベルトの上方走行部に位置されると
き相互係合部品が相互に係合し、隣接し合う支持部材を
それらの全長にわたり相互に所定の垂直方向相対関係に
保持し、それらの共通平面関係を保持し、支持部材の長
さに沿って支持部材がたわむことに対抗する強度を増加
する。
【0007】本発明は、特に詳しくは、隣接し合う支持
部材の間の相互係合部品が隣接し合う支持部材の一方の
長さに沿って支持部材に形成されるくさび形溝と隣接し
合う支持部材の他方の長さに沿って伸長する支持部材上
の補足的舌部であることに存する。舌部及びくさび形溝
は、隣接し合う支持部材がコンベヤの回転可能なエンド
ユニットいずれか一方を越えて運動するとき相互に係合
を解かれ、隣接し合う支持部材がコンベヤの上方走行部
に沿って運動されるとき相互に係合される。
【0008】本発明は、更に各支持部材が剛固な金属製
割板を含むことに存する。相互係合部品のくさび形溝は
隣接し合う支持部材の一方の割板に形成され、舌部は隣
接し合う支持部材の他方の割板に形成される。
【0009】本発明は、またコンベヤ装置とシート材料
切断機械の他の部品との組み合わせに存する。本発明の
組み合わせはシート材料を切断ステーションへ向けて及
び切断ステーションから離すように正確に移動させるた
めに使用される。切断ステーションにおいてシート材料
はX及びY座標軸方向に可動の切断工具により切断され
る。
【0010】
【実施例】図面に戻り、最初に図1及び図2を参照する
と、それらには、シート材料支持推進コンベヤ装置が、
例えば裁断後に縫合されるかその他の方法で相互に結合
され衣料を形成する型片を作る目的で、布地や同様のシ
ート材料を裁断する自動制御機械の部分として示され
る。図示される機械は、シート材料支持推進コンベヤ装
置13を支持する静止フレーム12を備えるテーブル1
0を含む。コンベヤ13により支持されるシート材料
は、広げられ重ねられた多数のシート材料15の層から
成る積重ね体として示されるが、必要な場合は、コンベ
ヤは、図示される積重ね体の代わりにシート材料15の
1枚の層にも使用され得る。
【0011】コンベヤ13は、無端コンベヤベルト14
を含む。このベルトは、図2において図解的に17及び
18で示される2個の回転可能なエンドユニット上に掛
け渡され、材料を支持推進する上方走行部19及び戻り
若しくは下方走行部20にされる。上方走行部19は、
図2の二重矢印Aにより示される水平経路に沿ってエン
ドユニット17と18の間で可動にされる。エンドユニ
ット17及び18は、フレーム12に対し固定される平
行な水平方向の軸のまわりに回転可能であり、ベルト1
4に係合し案内するための適当なスプロケットを含む。
少なくともエンドユニットの内の一方は適当な電気モー
タ等(図示されない)により駆動され、必要な時にベル
トを運動させる。
【0012】コンベヤ13により支持されるシート材料
を切断するため、テーブル10はそれと協働する切断ヘ
ッド23を有する。切断ヘッド23は、シート材料の上
面に平行な平面内でX及びY座標軸方向に運動するよう
に支持され、図1に示される型片21のような二次元形
状が、フレーム12に対し固定の切断ステーション27
でシート材料から切断されることを可能にする。切断ヘ
ッド23は、好ましくは、垂直方向に往復運動する切断
ナイフを有するものである。切断ナイフは、切断工程に
おいて、シート材料15を通り垂直方向に伸長し、少な
くとも切断ナイフのストロークの一部分が、シート材料
の下面の下方へある程度伸長する。切断ナイフがシート
材料の下面の下方へ伸長することを可能にするため、無
端ベルト14は、上方走行部19により提供される上方
を向く水平方向のシート材料支持面22が切断ナイフに
より容易に貫通されるように作られる。また、以下に詳
しく説明されるように、テーブル10は、切断ヘッド2
3の付近に位置される上向きシート材料支持面22の少
なくとも一部分に真空を供給する真空手段を含むもので
ある。この真空手段に関連し、シート材料15は、好ま
しくは薄い空気不透過性のプラスチックシート24によ
り覆われる。プラスチックシート24は、少なくとも切
断ヘッド23の付近において下方へ引かれてシート材料
15を圧縮し、シート材料15が切断ヘッドにより容易
に切断されるような状態にし、そしてシート材料を支持
面22の所定位置に保持することを助ける。
【0013】図1に示される事例において、切断ヘッド
23は、X座標軸方向に運動するようにXキャリッジ1
34により支持される。Xキャリッジ134は、テーブ
ル10を横切って伸長し、その両端においてテーブル1
0のフレーム12に固定されフレーム12の縦方向に伸
長するガイド145により支持される。Xキャリッジ1
34は、切断ヘッド23を担持するYキャリッジ132
がXキャリッジ134に対しY座標軸方向に運動するよ
うにYキャリッジ132を支持する。切断ヘッドの作
動、シート材料支持推進装置13、及び設備のその他の
構成要素は、協働するコントローラ8により、公知の方
法で制御される。コントローラ8は、図1に示され、コ
ンピュータ化されており、全設備の一部分を構成する。
図1に示されるシート材料支持推進装置13の端部は、
その排出端部であり、排出端部に図示されるように、収
集ホッパ25が配置されることができる。収集ホッパ2
5は、図示される端部を通過し移動された切断された型
片21及び廃棄材料を収集する。勿論、必要に応じ、多
くのその他の異なる手段が、切断された型片及び廃棄材
料を取扱うために、コンベヤ装置13の排出端部と協働
するようにされ得る。
【0014】図2を参照すると、モータ駆動タービン等
の真空源28は、真空供給ダクト32に連通する連結パ
イプ30に真空圧力を供給する。真空供給ダクト32
は、ベルト14の上方走行部19の下方に位置され、上
方走行部19の長さの主要部分に沿って伸長する。多数
の電気ソレノイド弁作動器34が真空供給ダクト32と
協働する。作動器34の動作は、フレーム12に対する
X座標軸方向におけるXキャリッジ134の位置に応答
し制御され、以下の説明において一層明瞭にされるよう
に、ダクト32内の弁を作動し選択的に真空圧力を上向
きシート材料支持面22の異なる区分に加える。
【0015】無端コンベヤベルト14の一般的構造を説
明するために、図2乃至図7が参照される。これらの図
に示されるように、コンベヤベルト14は、多数の支持
部材36から成る。支持部材36は、相互に連結されコ
ンベヤベルト14を形成する。支持部材36の各々は、
図3に示されるように、平面図においてほぼ長方形であ
り、幅の何倍も大きい長さ寸法を有する。長さ寸法は水
平方向にそしてテーブル10の横断方向に、即ちコンベ
ヤベルト14の運動経路Aの横断方向に伸長する。特定
の場合において、例えば、各支持部材は、幅約10.2
cm(4 inches)であり、長さ約203cm(80 inche
s)であることができる。
【0016】各支持部材36は部品の組立体である。こ
れらの部品内の主要な構造的な部品は、細長い剛固な金
属製割板40である。図示される割板40は、好ましく
はアルミニウム又は同様の押し出し可能な金属により押
し出しにより作られる。図4、図5、図6及び図8に見
られるように、各割板40の上面に多数の剛毛四角体4
2が取り付けられる。これらの剛毛四角体42は、米国
特許第4,685,363号に示されるものとほぼ同じ
であってもよい。剛毛四角体42の各々は、成型プラス
チック材料により作られ、ベース部分44及びベース部
分から上方へ伸長すると共にベース部分と一体の多数の
剛毛46を含む。割板40に取り付けられる剛毛四角体
42の全部の剛毛46の上端は、共通の上方平面に端部
を有し、支持部材36のシート材料支持面48を画成す
る。
【0017】図3及び図9において最も良く示されるよ
うに、各剛毛四角体42は、平面において四角形であ
り、そのような四角形の全体が割板40に取り付けられ
るとき、それらは相互に衝合し、それらの剛毛の上方端
部により形成される支持面48がほぼ平滑で連続したも
のになる。図示される事例において、各剛毛四角体42
は、割板40の幅の半分に等しい側面寸法を有し、剛毛
四角体の幅の方向において、各割板40は2列の剛毛四
角体を収容し、剛毛四角体の各列は割板の長手方向に沿
って伸長する。即ち各割板が約10.2cm(4 inche
s)の幅を有する場合、剛毛四角体は約5.1cm(2 in
ches)平方である。しかしながら、各割板の構造は、2
列の小さな剛毛四角体を支持する代わりに、単一の列の
大きな剛毛四角体を支持することもできる。割板が約1
0.2cm(4 inches)の幅を有する場合、大きな剛毛
四角体は、約10.2cm(4 inches)平方のものであ
り、それによって割板の長手方向に沿って伸長する単一
の列の剛毛四角体を形成する。
【0018】剛毛四角体42を割板40に取り付けるた
めに、図8、図9において最もよく示されるように、各
割板40は、底壁50、及び底壁50から上方へ伸長し
割板の全長に続く3個のリブ51、52及び53を含
む。2個のリブ51及び53の各々が、割板の両長手方
向側面に沿って伸長し、その全長に沿って伸長する狭い
開口溝54又は57をそれぞれ有する。中間リブ52
は、図9に最もよく示されるように、その長さに沿って
伸長する2個の狭い開口溝55及び56を有する。各剛
毛四角体42の底に2個の下方へ伸長するラグ58があ
り、ラグ58は、剛毛四角体を割板に取り外し可能に保
持するため、開口溝54及び55又は開口溝56及び5
7のいずれかに受け入れられるような形状及び配置にさ
れる。即ち各剛毛四角体の2個のラグ58は、開口溝の
横断面に対し補足的形状にされる。各剛毛四角体42
は、割板40に対し剛毛四角体を垂直方向に移動して、
ラグ58をスナップアクション(snap action)により
開口溝54及び55又は開口溝56及び57のいずれか
に入れるようにすることによって、割板に取り付けられ
ることができる。また剛毛四角体は、最初に剛毛四角体
を割板の一方の側面に位置させ、ラグ58が開口溝54
及び55又は開口溝56及び57のいずれかにこれらの
開口溝の側面から入るようにし、次に剛毛四角体を割板
の長手方向にその所望の端部位置まで摺動させることに
より、割板と組み合わされることができる。
【0019】大きな剛毛四角体が割板と共に使用される
場合、即ち剛毛四角体の各々が割板の幅寸法と等しい側
面寸法を有する場合、そのような剛毛四角体は、端部の
開口溝54及び57に受け入れられるように配置された
ラグ58を備えることができる。例えば、そのような剛
毛四角体の各々は、開口溝54に受け入れられるように
配置される2個のラグ58と、開口溝57に受け入れら
れるように配置される2個のラグ58を有することがで
きる。
【0020】図8に最もよく示されるように、各割板4
0の底壁50及び直立する3個のリブ51、52及び5
3は、取り付けられる剛毛四角体42のベース部分44
と協働して割板の長さ方向に伸長する2個の空気通路若
しくは空気室60を形成する。これらの室60と剛毛四
角体42の剛毛46の間の空気の連通は、多数の貫通孔
62により提供される。貫通孔62は、各剛毛四角体の
ベース部分44に均一に分布して形成される。
【0021】図4において最も良く示されるように、割
板40の各端部において、割板の空気室60は、エンド
ピース61により閉じられる。エンドピース61は、曲
げ板金により作られ、多数のねじにより割板の端部に固
着される。多数のねじの内の1個が63により指示され
る。各エンドピース61は、また発泡ポリエチレンのよ
うな閉鎖セルプラスチック材料から作られるエンドブロ
ック64を所定位置に保持する。割板40に取り付けら
れる剛毛ブロックの剛毛は、切断ナイフの下方端部を受
け入れるための貫通可能剛毛ベッドを形成する。エンド
ブロック64は、同様に切断ナイフにより貫通可能であ
り、切断ナイフが偶発的に剛毛ベッドの端部を越えて移
動するとき、切断ナイフを損傷することなく切断ナイフ
を受け入れることができる。しかしながら、エンドブロ
ック64は、閉鎖セルプラスチック材料である故に、空
気はそれらを通って失われない。各割板の空気室60か
ら空気が引き出されそこに真空圧力を生じることを可能
にするため、各割板40は、図3に示されるように、2
個の真空開口66を含む。2個の真空開口66は、割板
の底壁を通過し、各々が割板の2個の長手方向に伸長す
る空気室60の各一方に連通される。
【0022】図4及び図5は、真空圧力を連結パイプ3
0からシート材料支持面22へ伝達する手段を更に説明
する。シート材料支持面22は、ベルトの上方走行部に
より提供され、そして個々の支持部材36の個々の支持
面48により作られる。図5に示されるように、真空ダ
クト32は、水平方向分離壁70により下方室72と上
方部分に分けられる。下方室72は、連結パイプ30と
直接的に連通され、ダクト32の全長にわたって伸長す
る。上方部分は横方向に伸長する壁74により多数の真
空小室76に分割される。真空小室76は、ダクト32
の長手方向に沿って相互に隣接して配置される。各真空
小室76は、弁開口78を介しダクト32の下方室72
に連通される。各弁開口78は弁部材80を有する。弁
部材80は、弁作動器34の協働する1個により図5に
図示される開口位置と閉鎖位置の間で運動可能である。
【0023】ダクト32は、水平方向の上方壁82を有
し、真空小室76の各々のためにこの上方壁は、上方壁
を貫通し且つ真空小室76のほぼ全長にわたり伸長する
スロット84を含む。割板40の真空開口66は、割板
40がダクト32の上方壁に沿って摺動するとき、スロ
ット84に整合されるように位置付けられる。図4に示
されるように、ダクト32の上方壁82は、好ましくは
スロット84の両側に位置される支承ストリップ86を
具備する。支承ストリップ86は、低摩擦材料で作ら
れ、割板40の底壁の底面と摺動係合する上向き支承面
を有し、割板40の垂直方向の支持、及び外界空気が支
承ストリップ86と割板40の底壁との間の境界面を通
りダクト32内へ漏洩することを防止する良好な空気シ
ールを提供する。
【0024】図4及び図5から、特定の真空小室76の
弁部材80が、弁開口78に対しその開口位置へ運動さ
れるならば、協働する真空小室76が、連結パイプ30
により供給される真空に連結され、真空小室76内及び
当該真空小室76の上方に横たわる支持部材の剛毛四角
体の剛毛内に真空圧力が発生され、それによりシート材
料支持面22の協働する部分に真空を発生する。フレー
ム12に対するX座標軸方向において切断ヘッドの位置
に応じ弁作動器34を制御することにより、例えば米国
特許第4,768,763号に開示されるように、真空
は、全支持面の単に一部分の上に選択的に発生されるこ
とができ、その一部分は、実際の裁断がそのとき行われ
ている区域を含む。テーブルの両端部において、スロッ
ト84は、ダクト32の最後の約25.4〜30.5c
m(10 to 12 inches)に伸長せず、それによりダクト
32の上部がテーブルの端部で割板40における真空開
口66を密封するようにする。勿論、必要があれば分離
壁70、分割壁74、弁80及び弁作動器34は、全部
省かれても良い。そして単一のスロット84が、ダクト
32に具備され、テーブルの各端部の最後の約25.4
〜30.5cm(10to 12 inches)を除くダクト32の
ほぼ全長に伸長することができ、真空源が作動するとき
の全時間に材料支持面22のほぼ全範囲に真空を適用す
るようにすることができる。テーブル10が比較的短小
である、即ち約3.05m(10 feet)以下の長さを有
する場合においては、単一のスロット84を備えるダク
ト32の構造は、目下好ましい構造である。
【0025】図8に最も良く示されるように、剛毛46
を介しテーブル10の長手方向への空気の流れを阻止
し、そして任意の瞬間に真空にされる支持面の部分以外
の区域からの空気の流れを阻止するため、各支持部材3
6は、その長手方向側面の1つ85に沿って、例えば弾
性ゴムの薄いシートから成る空気不透過性障壁ストリッ
プ83を含む。障壁ストリップ83は、協働する支持部
分の剛毛の側縁に沿って伸長し、そして剛毛の下方へ下
向きにも伸長し、そして割板40の側面85に粘着によ
り固定される。圧縮可能な発泡プラスチック材料等の薄
いストリップ88が、割板40の他方の側面87に粘着
される。薄いストリップ88は、隣接する割板40の間
に空気シールを具備するように作用し、そうでない場合
隣接する割板40の間に生じ得るあらゆるスペースを介
する外界空気の真空ダクト32内への流入を阻止する。
【0026】支持部材36の割板40の隣接するもの
は、割板の長さに沿って離間される点に位置される2個
の接続点で相互に接続され、図示される事例における2
個の接続点は、それぞれ支持部材の2個の端部に位置さ
れ、支持部材を無端ベルトに構成する。この手段は、更
に次のようなものである。即ち、割板40がベルトの運
動経路を横切って伸長する枢軸のまわりに相互に枢着さ
れ、枢軸は、上方走行部の支持部材において、支持部材
の支持面48の下方に位置され、支持部材の隣接するも
のが端部ユニット17及び18のいずれか1つの上を通
過するとき、図2に示されるように、それらの隣接する
側面85及び87が相互に離れて運動するが、隣接する
支持部材が上方走行部19に位置されるときはそれらの
側面は相互に極めて接近して位置される。
【0027】支持部材36をそれらの一方の端部におい
て相互に接続する手段は、図6及び図7に示される。そ
れらをそれらの他方の端部で相互に接続する手段は、図
6及び図7の手段とほぼ同じであり、それ故それは図示
されない。図6及び図7を参照すると、それらに示され
る接続手段は、ベルトの長さ方向に沿って相互に連続的
に交替する第1リンク対B及び第2リンク対Cである。
各リンク対Bはリンク90及び92から成り、各リンク
対Cはリンク94及び96から成る。各リンク対B又は
Cは、支持部材36の各1個と協働する。各リンク対の
1個のリンク92又は96は、協働する割板40の底壁
にねじ102により取り付けられる水平方向フランジ9
8又は100を含む。各リンク対B又はCは、次に隣接
するリンク対に、4個の関係するリンクを通って伸長し
ローラ106を担持する水平方向枢軸104により接続
され、関係する2個の支持部材が相互に水平方向枢動軸
線101のまわりに回転するようにする。水平方向枢軸
101は走行経路Aを横切って伸長する。1つ置きのリ
ンク92は、更に垂直方向軸線112のまわりに回転可
能なローラ110を担持する水平方向のフランジ108
を含む。
【0028】図4に最も良く示されるように、テーブル
10の各側面に沿って上方走行部19に現れる水平方向
ローラ106が細長いガイドレール114の口部に受け
入れられる。ガイドレール114は、フレーム12によ
り支持され、テーブル10の長手方向に伸長し、ほぼC
字形の横断面を有する。各ガイドレール114は、それ
故、協働するローラ106をガイドレール114に対し
両垂直方向の運動に抗し保持するが、テーブル10の長
手方向に運動することを許す。
【0029】同様に、図4に見られるベルトの上方走行
部の左側面に沿って位置される垂直方向ローラ110
は、U字形ガイド部材113の直立腕の間に受け入れら
れる。U字形ガイド部材113は、フレーム12に固定
され、テーブル10の長手方向に伸長し、ベルトをテー
ブルの横方向の運動に抗し保持するが、ベルトがテーブ
ルの長手方向に運動することを許す。類似の垂直方向ガ
イドローラ及びガイドレールは、図4に見られるテーブ
ル10の右側面には必要とされず、それ故右側面にはガ
イドローラもガイドレールも具備されない。
【0030】2本の他の細長いガイド部材116がフレ
ーム12により支持され、割板40の底壁に摺動係合
し、支持部材36の付加的な垂直方向支持を提供する。
【0031】本発明によると、支持部材36は、それら
の長さに沿って伸長する相互係合部品を具備し、それら
は、支持部材が上方走行部19の一部分を形成すると
き、相互に係合し隣接する支持部材の相対垂直変位を阻
止し、隣接する支持部材の支持面48をそれらの長手方
向に沿って相互に垂直方向共通平面に整合させ、それに
より上方走行部の全範囲に伸長する円滑平坦なシート材
料支持面22を保つ。これらの相互係合部品は、関連の
隣接支持部材が上方走行部から移動しコンベヤの回転可
能端部ユニット17及び18のいずれか1つを越えると
き、相互係合部品が相互係合を外れ、そして関連の隣接
支持部材が上方走行部へ向かって移動し上方走行部へ達
するとき、相互係合部品が相互係合へ運動するようにさ
れる。相互係合部品は、補足し合うくさび形であり、隣
接支持部材が上方走行部へ向かって運動するとき、必要
に応じ、それらの相互係合部品の間にくさび作用が起
き、支持部材が相互にそれらの全長にわたり所望の垂直
方向の関係にされ、隣接する支持部材が上方走行部に沿
って運動する間は相互係合部品がそのような垂直方向の
関係を保持する。相互係合部品のこの作用を遂行するた
め、相互係合部品は、支持部材を相互に枢着する軸線1
01と支持部材の支持面48との間に位置される。
【0032】上述の相互係合部品は、本発明の広い特徴
から逸脱することなく種々の形態を取ることができる。
しかしながら、好ましくは、それらは、隣接する支持部
材の割板に形成された補足し合うくさび形舌部と割板に
形成された溝として用意され、舌部と溝は、妨げられる
ことなく各割板の全長にわたり伸長する。特に図6、図
8及び図9を参照すると、図示される相互係合部品は、
各金属製割板40の一側面87に形成される舌部120
と同一割板40の他側面に形成される補足的な溝122
から成る。2個の隣接する支持部材が図2において端部
ユニット17又は18の1つを越えて上方走行部19へ
向かう方向へ運動するとき、それらのそれぞれの舌部と
溝は相互に徐々に係合するように運動し、支持部材又は
支持部材の任意の長手方向部分が相互に適正な垂直方向
関係にない場合、くさび作用が生じ、その2個の支持部
材が上方走行部へ完全に到達するときまでに、それらを
運動させ所望の垂直方向相互関係にする。
【0033】多数の支持部材が図6のように位置されコ
ンベヤの上方走行部を形成するとき、隣接する割板40
の舌部と溝が、割板40の全長に沿って相互に係合し合
い、そして割板40及び支持部材36の残りの部分が相
互に垂直方向に運動することを阻止する。それ故、支持
部材が上方走行部においてそれらの全長にわたり舌部及
び溝により相互の垂直方向運動に対し不動にされるか
ら、個々の支持部材36により形成される個々の支持面
48が、相互に垂直方向共通平面に整合して保持され、
シート材料支持面22を全体としてその全範囲において
円滑連続したものにする。また、上方走行部における
間、各支持部材が相互に係合する舌部と溝により2個の
隣接する支持部材の各々の側面の全長に沿って連結さ
れ、支持部材により支持される負荷に対する反作用によ
りその長さ方向に沿って蛇行することに抗して隣接する
支持部材が強化される。この結果として、上方走行部1
9により積重ね体15が支持され前進されるとき、支持
面22の異なる部分が相互に垂直方向に運動することに
起因して位置及び形状が乱され変化されることがなく、
そして切断ヘッドにより遂行される切断の精度は減少さ
れない。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施例のシート材料支持推進コンベヤ
を使用する自動制御切断機械の幾分図解的な斜視図。
【図2】図1の線2−2に沿う垂直断面図であり、明瞭
にするため切断ヘッドが除かれ、幾分図解的にされた断
面図。
【図3】本発明の実施例の無端ベルトの幾分図解的な拡
大平面図。
【図4】図2の線4ー4に沿う部分的な横断方向垂直断
面図。
【図5】図4の線5ー5に沿う部分的な長手方向垂直断
面図。
【図6】図4の線6ー6に沿う図4の無端ベルトの拡大
された部分的な長手方向垂直断面図。
【図7】図6の線7ー7に沿う水平断面図であって、無
端ベルトコンベヤの支持部材を相互に連結する手段をベ
ルトの一側面に沿って示す図。
【図8】図6に見られる支持部材の1個を示す拡大図。
【図9】図1の切断機械の支持部材の2個の隣接する割
板の部分的な分解斜視図である。
【符号の説明】
8;コントローラ、10;テーブル、12;静止フレー
ム、13;シート材料支持推進装置(コンベヤ)、1
4;無端コンベヤベルト、15;シート材料、17、1
8;エンドユニット、19;上方走行部、20;下方走
行部、22;シート材料支持面、23;切断ヘッド、2
4;プラスチックシート、28;真空源、30;連結パ
イプ、32;真空ダクト、34;弁作動器、36;支持
部材、40;金属製割板、42;剛毛四角体、44;ベ
ース部分、46;剛毛、48;支持面、50;底壁、5
1、52、53;リブ、54、55、56、57;開口
溝、58;ラグ、60;空気室、61;エンドピース、
62;貫通孔、64;エンドブロック、66;真空開
口、70;分離壁、72;下方室、76;真空小室、7
8;弁開口、80;弁部材、83;障壁ストリップ、8
4;スロット、86;支承ストリップ、90、92、9
4、96;リンク、98、100;フランジ、101;
水平方向軸線、106、110;ローラ、108;フラ
ンジ、112;垂直方向軸線、113;ガイド部材、1
14;ガイドレール、120;舌部、122;補足的な
溝、132;Yキャリッジ、134;Xキャリッジ、1
45;ガイド。
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 ローレンス・エス・ウルフソン アメリカ合衆国コネチカツト州06107,ウ エスト・ハートフオード,タンキシス・ロ ード 320

Claims (9)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 シート材料支持推進装置にして、無端コ
    ンベヤベルト及び2個の水平方向に離間される回転可能
    なエンドユニットを含み、エンドユニットのまわりに該
    ベルトが掛け渡されてエンドユニットの間に伸長する上
    方走行部及び下方走行部を備える該ベルトの運動経路が
    画成され、該ベルトは多数の細長い支持部材を含み、支
    持部材の各々は長さ寸法及び幅寸法を有し、支持部材の
    長さ寸法は水平方向且つ運動経路を横断する方向に伸長
    し幅寸法の何倍も長く、支持部材の幅寸法は運動経路に
    平行に伸長し、支持部材は運動経路に沿って連続して配
    置され、該ベルトは支持部材を相互に連続的に連結し支
    持部材を該ベルトに形成する接続手段を含み、支持部材
    の各々は上方走行部に位置されるとき平坦な上向きの水
    平シート材料支持面を有し、接続手段は隣接し合う支持
    部材を支持部材の長さに沿って相互に離間される少なく
    とも2個の連結点で相互に連結し運動経路を横切って伸
    長する水平方向枢着軸線のまわりに相互に運動させる手
    段であり、水平方向枢着軸線は隣接し合う支持部材が上
    方走行部に位置されるとき隣接し合う支持部材の支持面
    の下方に位置され、隣接し合う支持部材がエンドユニッ
    トのいずれか一方を越えて運動するときそれらはそれら
    の支持面と該軸線の間の区域において相互に離間され、
    隣接し合う支持部材が上方走行部に沿って運動すると
    き、それらがエンドユニットのいずれか1個を越えて運
    動する間にあるよりもそれらは相互により接近した間隔
    であり、該軸線(101)とそれらの支持面(48)の
    間の区域における隣接し合う支持部材(36)は相互係
    合部品(120、122)を含み、隣接し合う支持部材
    がエンドユニット(17、18)のいずれか1つを越え
    て上方走行部(19)から離れる方向に運動するとき相
    互係合部品は相互に係合を解き、隣接し合う支持部材が
    エンドユニット(17、18)のいずれか1つを越えて
    上方走行部(19)へ向かう方向へ運動するとき相互係
    合部品は相互に係合し、隣接し合う支持部材が上方走行
    部に沿って運動するとき相互係合部品は相互に係合を保
    持しそして隣接し合う支持部材が相対的に垂直方向に運
    動することを抑制し、相互係合部品は少なくとも該2個
    の連結点(104)の間に伸長する支持部材の部分に沿
    って位置されることを特徴とするシート材料支持推進装
    置。
  2. 【請求項2】 請求項1に記載のシート材料支持推進装
    置にして、隣接し合う支持部材に含まれる相互係合部品
    は、隣接し合う支持部材1個における水平方向に伸長す
    る溝(122)、及び隣接し合う支持部材の他方におけ
    る水平方向に伸長する補足的舌部(120)であること
    を特徴とするシート材料支持推進装置。
  3. 【請求項3】 請求項1に記載のシート材料支持推進装
    置にして、支持部材(36)の各々が剛固な金属製割板
    (40)を含み、隣接し合う支持部材上の相互係合部品
    は、隣接し合う支持部材(36)の1個の割板(40)
    における水平方向に伸長する溝(122)、及び隣接し
    合う支持部材の他方の割板(40)上における水平方向
    に伸長する補足的舌部(120)であることを特徴とす
    るシート材料支持推進装置。
  4. 【請求項4】 請求項3に記載のシート材料支持推進装
    置にして、支持部材(36)の各々の割板(40)は水
    平方向且つ運動経路を横切る方向に伸長する2個の側面
    (85、87)を有し、各割板の一側面(85)は水平
    方向に伸長する溝(122)を有し、該溝は該一側面に
    隣接して配置される支持部材(36)の割板(40)上
    の舌部(120)と協働し、該割板の他側面(87)は
    水平方向且つ運動経路(A)を横断する方向に伸長する
    舌部(120)を有し、該舌部は他側面に隣接し合う支
    持部材(36)の割板(40)における溝(122)と
    協働することを特徴とするシート材料支持推進装置。
  5. 【請求項5】 請求項1に記載のシート材料支持推進装
    置にして、支持部材(36)の各々が水平方向且つ運動
    経路(A)を横断する方向に伸長する剛固な金属製割板
    (40)を含み、隣接し合う支持部材上の相互係合部品
    (120、122)は、隣接し合う支持部材(36)の
    割板(40)上に位置されることを特徴とするシート材
    料支持推進装置。
  6. 【請求項6】 請求項3に記載のシート材料支持推進装
    置にして、各々の割板(40)は支持部材が上方走行部
    に位置されるとき上方を向く上面を有し、支持部材の各
    々は関連する割板(40)により担持される多数の剛毛
    ブロック(42)を含み、剛毛ブロックの各々は割板の
    上面に隣接して位置されるベース部分(44)を有し、
    ベース部分は支持部材が上方走行部にあるとき該ベース
    部分から上方へ伸長する多数の剛毛(46)を有し、割
    板により担持される剛毛ブロックの剛毛は共通平面にお
    いて終わる上方端部を有し支持部材(36)の支持面
    (48)を画成することを特徴とするシート材料支持推
    進装置。
  7. 【請求項7】 請求項6に記載のシート材料支持推進装
    置にして、支持部材の各々の割板の上面はほぼ開放さ
    れ、該割板の残部は該割板(40)により担持される剛
    毛ブロック(42)のベース部分(44)と組み合わさ
    れ該割板により担持される剛毛ブロックのベース部分の
    下方に位置される実質的に閉鎖された室(60)を画成
    し、剛毛ブロックのベース部分はそれを貫通する開口
    (62)を有し、該開口は該室(60)と剛毛の間の空
    気の流れを可能にし、関連の支持部材(36)が上方走
    行部(19)の少なくとも一部分に沿って運動するとき
    連結手段(66、32)が該室を真空源(28)へ連結
    することを特徴とするシート材料支持推進装置。
  8. 【請求項8】 請求項7に記載のシート材料支持推進装
    置にして、該室(60)を真空源(28)へ連結する連
    結手段が真空ダクト(32)を含み、該真空ダクトは真
    空源に連結され上方走行部の少なくとも一部分に沿って
    伸長し上方走行部に位置されこれらの支持部材の割板の
    下方に位置され、該割板の各々は開口(66)を具備す
    る底壁(50)を有し、真空ダクト(32)は開口(8
    4)を具備する上壁(82)を有し、該真空ダクトは、
    該割板が上方走行部(19)に沿って運動するとき該割
    板の底壁が真空ダクトの上壁上を摺動するように配置さ
    れ、該割板の底壁の開口(66)は、それらが該真空ダ
    クトの上壁の開口(84)に整合するように位置され、
    上方走行部に沿う支持部材の運動の少なくとも一部分の
    間において真空ダクトと支持部材の間に空気の流れを用
    意することを特徴とするシート材料支持推進装置。
  9. 【請求項9】 請求項1乃至8のいずれかに記載のシー
    ト材料支持推進装置にして、相互係合部品(120、1
    22)は補足し合うくさび形を有し、それにより隣接し
    合う支持部材(36)が上方走行部(19)上へ運動す
    るとき必要に応じ相互係合部品の間にくさび作用が起
    き、隣接し合う支持部材(36)又はそれらの部分を相
    互に垂直方向に運動させ、それらを所望の垂直方向相対
    関係にすることを特徴とするシート材料支持推進装置。
JP4082224A 1991-04-05 1992-04-03 シート材料支持推進コンベヤ及びそれを含む切断機械 Expired - Fee Related JPH0780157B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US681862 1991-04-05
US07/681,862 US5189936A (en) 1991-04-05 1991-04-05 Conveyor for supporting and advancing sheet material and cutting machine including such conveyor

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0596493A true JPH0596493A (ja) 1993-04-20
JPH0780157B2 JPH0780157B2 (ja) 1995-08-30

Family

ID=24737162

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4082224A Expired - Fee Related JPH0780157B2 (ja) 1991-04-05 1992-04-03 シート材料支持推進コンベヤ及びそれを含む切断機械

Country Status (5)

Country Link
US (1) US5189936A (ja)
EP (1) EP0507327B1 (ja)
JP (1) JPH0780157B2 (ja)
DE (1) DE69205194T2 (ja)
ES (1) ES2080367T3 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0571067A (ja) * 1991-09-06 1993-03-23 Shima Seiki Mfg Ltd 自動裁断機における裁断支持面用ブラシ取付構造
KR101012608B1 (ko) * 2002-07-11 2011-02-10 가부시키가이샤 시마세이키 세이사쿠쇼 재단 테이블의 브러시 설치구조
CN110219161A (zh) * 2019-06-19 2019-09-10 江苏科沃纺织有限公司 一种用于便于生产布条的棉布加工设备

Families Citing this family (25)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5379882A (en) * 1993-09-21 1995-01-10 Gerber Garment Technology, Inc. Jointed barrier strip
US5596917A (en) * 1994-02-18 1997-01-28 Gerber Garment Technology, Inc. Apparatus for conveying and cutting sheet material on a vacuum bed with system for sealing end portions of the bed
US5632915A (en) * 1994-08-29 1997-05-27 Gerber Garment Technology, Inc. Laser material processing apparatus and a work table therefor
US5699707A (en) * 1995-02-01 1997-12-23 Automated Solutions, Llc High speed sheet material cutter and method of using same
US5727433A (en) * 1995-09-08 1998-03-17 Gerber Garment Technology, Inc. Method for cutting sheet material
IT1279409B1 (it) * 1995-11-13 1997-12-10 Fk Systema S R L Blocco modulare per la formazione di piani aspiranti in macchine per il taglio di tessuti con una lama libera a movimento alternativo
US5836224A (en) * 1995-12-27 1998-11-17 Gerber Garment Technology, Inc. Method and apparatus for working on sheet material
IT1286752B1 (it) * 1996-11-08 1998-07-17 Omnitex Srl Procedimento di taglio di un materasso di strati di tessuto per agevolare il prelievo di pacchetti di pezzi tagliati e macchina per
US6175776B1 (en) * 1998-07-15 2001-01-16 Gerber Technology, Inc. Side and edge seal for minimizing vacuum losses from a permeable support surface
US6176370B1 (en) 1999-08-16 2001-01-23 Gerber Technology, Inc. Endless conveyor having quick release slats
US6244490B1 (en) * 1999-09-17 2001-06-12 Avery Dennison Corporation Reactor plate assembly
US6536648B2 (en) * 2001-03-20 2003-03-25 Avery Dennison Corporation System for dispensing plastic fasteners
EP2210836B1 (en) * 2007-11-07 2013-07-17 Shima Seiki Mfg., Ltd Conveyor table of cutting machine
ES2426110B1 (es) * 2012-04-16 2014-09-10 Manufacturas Y Transformados Ab, S. L. Cepillo de cerdas, de plástico, modular y autoengranable
US20150150269A1 (en) * 2012-08-01 2015-06-04 Frito-Lay North America, Inc. Continuous process and apparatus for making a pita chip
CN104097229A (zh) * 2013-04-15 2014-10-15 江苏和鹰机电科技有限公司 自动裁剪机的分区吸附装置
US11173572B2 (en) * 2014-02-26 2021-11-16 Gerber Technology Llc Cutting machinery
CN104088127B (zh) * 2014-06-26 2019-06-18 拓卡奔马机电科技有限公司 连接拉布机和裁床的过窗装置及辅助过程方法
ES2594480B1 (es) * 2015-06-19 2017-09-27 Manufacturas Y Transformados Ab, S.L. Estructura reticular flexible
ES2749686T3 (es) * 2016-06-24 2020-03-23 Zuend Systemtechnik Ag Sistema de corte de material a cortar
GB2567616A (en) * 2017-09-15 2019-04-24 David Handy Keith Treatment method
ES2723748B2 (es) * 2018-02-23 2020-02-28 Open Mind Ventures S L U Estructura reticular flexible
CN112405688A (zh) * 2019-08-20 2021-02-26 宁波经纬数控设备有限公司 一种送纸切割机
CN112405637A (zh) * 2019-08-20 2021-02-26 宁波经纬数控设备有限公司 一种切割机机头及切割机
CN113334470A (zh) * 2021-05-22 2021-09-03 卓耀祖 一种用于服装面料自动裁剪及废料自动排出设备

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS51153988U (ja) * 1975-06-03 1976-12-08
JPS55112794A (en) * 1979-01-31 1980-08-30 Gerber Garment Technology Inc Device for arranging sheet material

Family Cites Families (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US669979A (en) * 1900-04-11 1901-03-19 Ezra T Bucknam Conveyer-chain.
US1136578A (en) * 1909-02-24 1915-04-20 Wallace S Ayres Conveyer.
US1800432A (en) * 1929-01-26 1931-04-14 Hunter James Machine Co Conveyer
US1971553A (en) * 1930-08-29 1934-08-28 Link Belt Co Chain
US2419321A (en) * 1946-02-02 1947-04-22 Manuel A Lopes Chain
US2584134A (en) * 1948-03-08 1952-02-05 Gothard H Knutson Lock link chain
US2593324A (en) * 1949-03-25 1952-04-15 Ekstrom Carlson & Co Conveyer chain
US3672488A (en) * 1970-11-20 1972-06-27 Collins Ltd Bernard Conveyors
DE7320344U (de) * 1973-05-30 1973-09-13 Ima Klessmann Kg Transportkette fur Holzbearbeitungs maschinen
US4685363A (en) * 1985-05-22 1987-08-11 Gerber Scientific, Inc. Apparatus and method for supporting and working on sheet material
US4646911A (en) * 1985-09-05 1987-03-03 Gerber Garment Technology, Inc. Conveyorized vacuum table for feeding sheet material
US4730526A (en) * 1985-09-05 1988-03-15 Gerber Garment Technology Conveyorized vacuum table for feeding sheet material
DE3614559C2 (ja) * 1986-04-29 1988-03-31 Rau Maschinenbau Gmbh, 7014 Kornwestheim, De
US4768763A (en) * 1986-06-06 1988-09-06 Gerber Scientific, Inc. Sheet material cutting table
ES2006729A6 (es) * 1986-12-15 1989-05-16 Investronica Sa Mejoras en una mesa de corte con sujeccion por vario
ES2008120A6 (es) * 1987-04-15 1989-07-16 Investronica Sa Sistema de estanqueizacion del flujo horizontal en una mesa transportadora de material laminar con sujecion por vacio.
US4893709A (en) * 1988-08-18 1990-01-16 Rexnord Corporation Back-flexing article carrying chain

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS51153988U (ja) * 1975-06-03 1976-12-08
JPS55112794A (en) * 1979-01-31 1980-08-30 Gerber Garment Technology Inc Device for arranging sheet material

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0571067A (ja) * 1991-09-06 1993-03-23 Shima Seiki Mfg Ltd 自動裁断機における裁断支持面用ブラシ取付構造
KR101012608B1 (ko) * 2002-07-11 2011-02-10 가부시키가이샤 시마세이키 세이사쿠쇼 재단 테이블의 브러시 설치구조
CN110219161A (zh) * 2019-06-19 2019-09-10 江苏科沃纺织有限公司 一种用于便于生产布条的棉布加工设备

Also Published As

Publication number Publication date
EP0507327B1 (en) 1995-10-04
DE69205194T2 (de) 1996-05-23
ES2080367T3 (es) 1996-02-01
US5189936A (en) 1993-03-02
JPH0780157B2 (ja) 1995-08-30
DE69205194D1 (de) 1995-11-09
EP0507327A1 (en) 1992-10-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH0596493A (ja) シート材料支持推進コンベヤ及びそれを含む切断機械
US4730526A (en) Conveyorized vacuum table for feeding sheet material
US4646911A (en) Conveyorized vacuum table for feeding sheet material
US4494433A (en) Apparatus for working on sheet material and having movable vacuum chamber
US5596917A (en) Apparatus for conveying and cutting sheet material on a vacuum bed with system for sealing end portions of the bed
US4434691A (en) Method and apparatus for sealing cut sheet material
JPH05245797A (ja) コンベヤ式切断ベッドの材料排出斜面設備及びその使用方法
US7299844B2 (en) Device for assembly of insulating glass sheets with an interior filled with a heavy gas
JP2588224B2 (ja) 真空グリップ式切断テーブル
WO2005032773A2 (en) High flow/high pressure cutting table
JPH0755468B2 (ja) 積層物の裁断装置
EP0914285A1 (en) Reduced vacuum hold down system
EP0288815B1 (en) Sealing sytem for a converyor table with vacuum clamping for cutting machines
DE2937932A1 (de) Hochgeschwindigkeitsmaschine zum verpacken und zuklammern der verpackung in einer evakuierungskammer
JP2007021647A (ja) 裁断機コンベアテーブル開口部のカバー装置
EP0876839A1 (en) Endless belt vacuum filter
US5238240A (en) Method and apparatus for quick change-over from either a dual delivery trimmer apparatus to a single delivery trimmer apparatus or vice versa
JP7085935B2 (ja) 搬出装置
US5379882A (en) Jointed barrier strip
CA2049707A1 (en) Apparatus for spreading open flat bags
JPH0696237B2 (ja) シート材裁断装置
JP2019189264A (ja) 搬出装置
JP7016755B2 (ja) 搬出装置
JP3720673B2 (ja) 食品生地の型抜き方法及び装置
USRE29125E (en) Continuous molding conveyor with side clamping and release

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080830

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080830

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090830

Year of fee payment: 14

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100830

Year of fee payment: 15

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110830

Year of fee payment: 16

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees