JPH0595443U - 台所用品収納装置 - Google Patents

台所用品収納装置

Info

Publication number
JPH0595443U
JPH0595443U JP3656092U JP3656092U JPH0595443U JP H0595443 U JPH0595443 U JP H0595443U JP 3656092 U JP3656092 U JP 3656092U JP 3656092 U JP3656092 U JP 3656092U JP H0595443 U JPH0595443 U JP H0595443U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
support member
kitchenware
cover member
member
knife
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP3656092U
Other languages
English (en)
Inventor
伸一 大塚
Original Assignee
五光商事株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 五光商事株式会社 filed Critical 五光商事株式会社
Priority to JP3656092U priority Critical patent/JPH0595443U/ja
Publication of JPH0595443U publication Critical patent/JPH0595443U/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】本考案は、包丁等の台所用品の収納装置の外面
の一部を着脱自在にして、清掃等に便利なようにした。 【構成】開き戸Dの裏面には支持部材2がネジ止され、
この支持部材2の上縁には天板3が折曲形成されて、こ
の天板3の掛止スリット7に包丁H等が挿入係止され
る。支持部材2に対して、カバー部材13及び側板1
4、14が、嵌合縁10及び嵌合突起11によって、着
脱自在となっている。

Description

【考案の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】

本考案は、厨房設備に設けられた台所用品の収納装置に関する。

【0002】

【従来技術】

従来、台所用品、例えば包丁を例にとると、通常包丁は厨房台の流し台の開き 戸の裏面に収納しておくことが多い。この場合、開き戸の裏面に収納箱が固定さ れる。この収納箱は通常ほぼ直方体状で、いちばん大きい面を開き戸の裏面にネ ジ等で固定される。そして、収納箱の上面には、複数のスリットが形成されてお り、このスリットに包丁を上方から差し込んで、包丁の柄を収納箱上面に掛止さ せて、包丁を収納係止させることができる。

【0003】

【考案が解決しようとする課題】

しかしながら、このような従来の収納箱は、流し台の開き戸の裏面に完全に固 定されているため種々の不便なことがあった。例えば、清掃である。包丁は濡れ ているため、包丁より落下した水滴が収納箱の内底に落ち、収納箱に対して包丁 を何回も出し入れしていると、収納箱内面が非常に汚れて、衛生上極めて不都合 なことになる。

【0004】 このような内面の汚れた収納箱を清掃するには、ネジ止されている収納箱を開 き台より取りはずし、分解して清掃しなくてはならなかった。特に、収納箱全体 が分解不可能なときは清掃自体もできないことになる。

【0005】 本考案は、上述した課題を解決するためになされたものであり、本考案の目的 は、清掃等に便利で衛生的にすぐれた台所用品収納装置を提供することにある。

【0006】

【課題を解決するための手段】

上記目的を達成するために、本考案は、厨房設備に取り付けられた支持部材に 対し、カバー部材を着脱可能とし、このカバー部材または上記支持部材に台所用 品を係止するための係止部を設けたものである。

【0007】

【作用】

これにより、支持部材に対しカバー部材を簡単に取りはずすことができ、カバ ー部材を洗うとともに、支持部材を拭くことができ、簡単に清掃を行うことがで きる。

【0008】

【第1実施例】 図1は、第1実施例の収納装置1の全体の分解斜視図を示す。支持部材2は合 成樹脂製の長方形板状であり、支持部材2の上縁と下縁とは、直角に折曲されて 、天板3及び底板4が形成されている。この天板3及び底板4は、支持部材2の 上縁及び下縁に沿って細長い板状の形となっている。

【0009】 上記長方形板状の支持部材2の四隅には、ネジ穴5…が形成されており、この ネジ穴5…に、ネジ6…が挿通されて、開き戸Dの裏面に螺着されることにより 、支持部材2が開き戸Dの裏面にネジ止される。支持部材2の裏面には縦横に複 数の突条(図示せず)が形成されており、この突条が開き戸Dの裏面に密着し、 支持部材2の裏面全体が開き戸Dの裏面全体に密着しないようになって、通気性 が保たれる。

【0010】 上記天板3には、5つの細長い掛止スリット7…が斜め方向に形成されている 。この掛止スリット7…は、手前側から奥側に向って、次第にやや太くなってい る。この掛止スリット7…に、包丁H等が上方より挿入係止される。この掛止ス リット7…は、包丁H等の台所用品を係止するための係止部の役目を果している 。

【0011】 上記天板3の外周部は外方へ一部延出されて細長い係合縁8が形成されている 。また、上記支持部材2の左右両縁はやはり左右外方へ延出されて細長い嵌合縁 10が形成されている。なお、支持部材2の左右両端には縦に延びる補強堤12 、12が設けられ、この補強堤12の上端と下端とは、天板3及び底板4に連結 されている。また、支持部材2と天板3及び支持部材2と底板4の間の折曲部分 には、三角板状の補強堤12…が複数設けられている。

【0012】 カバー部材13は、合成樹脂製の長方形板状であり、このカバー部材13の左 右両縁は、直角に折曲形成されて側板14、14が形成されている。この側板1 4、14は、カバー部材13の左縁及び右縁に沿って細長い板状の形となってい る。

【0013】 このカバー部材13及び側板14、14の上縁は内方へ延出されて細長い係合 縁9が形成されている。この係合縁9は、上記天板3の係合縁8の上に乗るよう にして、係合縁8に係合される。また、側板14、14の端縁は、3つのやや細 長い嵌合突起11…が内側へ突出形成されている。この嵌合突起11…は、上記 支持部材2の嵌合縁10を乗り越えて、嵌合縁10の奥にはいって、嵌合縁10 に嵌合される。この場合の嵌合力は、カバー部材13及び側板14、14の弾性 力である。

【0014】 このような、カバー部材13を支持部材2から取りはずすには、2つの側板1 4、14を両手で押えて引けばよい。そうすると、カバー部材13及び側板14 、14が弾性的に変形し、側板14の嵌合突起11…が支持部材2の嵌合縁10 を乗り越えて、カバー部材13が支持部材2より簡単にはずれる。こうして、支 持部材2の内壁面、天板3の下面及び底板4の上面を拭きとり、カバー部材13 及び側板14、14の内面を拭きとるか、または洗うことができ、収納装置1の 内面を清潔に保つことができる。

【0015】

【第2実施例】 図2は、第2実施例の収納装置1の全体の分解斜視図を示す。支持部材2はフ ック状で細長く、カバー部材13が吊り下げ掛止されるようになっている。カバ ー部材13は半円筒状で、上面には複数の係止棒15…が掛け渡されている。こ の各係止棒15…の間に上記掛止スリット7…が形成されている。上記カバー部 材13の上縁には、細長い掛止フック16が設けられ、上記フック状の支持部材 2に係合掛止されるようになっている。

【0016】 本考案は上記実施例に限定されず、本考案の趣旨を逸脱しない範囲で種々変更 可能である。例えば、側板14は、支持部材2側に連結されていれもよいし、天 板3または底板4はカバー部材13側に連結されていてもよい。また、支持部材 2、カバー部材13、天板3、底板4、側板14、14は、3つ以上に分解でき てもよい。さらに、収納装置1の形状は、直方体以外に、半円柱形、半球形等、 どのような形状でもよいし、支持部材2は、板状、箱状、直方体状、半円柱形状 、棒状等、カバー部材13を着脱できればどのような形状でもよく、カバー部材 13は、やはり板状、箱状、直方体状、半円柱形状、棒状等どのような形状でも よい。

【0017】 このほか、台所用品を係止する係止部は、1本のスリットに複数の台所用品を 係止してもよいし、縞状、網状等、台所用品を係止できればどのような形状でも よい。支持部材2は、厨房設備に対し、着脱自在としてもよいし、この着脱及び 支持部材2に対するカバー部材13に着脱は、嵌合のほか、スライド係止、螺合 、係合穴と係合突起等、着脱できればどのような形式でもよい。

【0018】 さらに、収納装置1を設ける位置は、開き戸Dの裏面以外に、厨房台(調理台 、コンロ台、流し台)の内側、外側、側面、上面等や、厨房台以外の、食器棚、 戸棚、収納庫、カウンター等どこでもよい。また、収納装置1に収納する台所用 品は、包丁Hのほか、ナイフ、フライ返し、しゃくし、フォーク等、収納装置1 に係止して収納できればどのようなものでもよい。

【0019】

【考案の効果】

以上詳述したように、本考案は、厨房設備に取り付けられた支持部材に対し、 カバー部材を着脱可能とし、このカバー部材または上記支持部材に台所用品を係 止するための係止部を設けた。従って、支持部材に対しカバー部材を簡単に取り はずすことができ、カバー部材を洗うとともに、支持部材を拭くことができ、簡 単に清掃を行うことができる等の効果を奏する。

【提出日】平成4年6月1日

【手続補正1】

【補正対象書類名】明細書

【補正対象項目名】0017

【補正方法】変更

【補正内容】

【0017】 このほか、台所用品を係止する係止部は、1本のスリットに複数の台所用品を 係止してもよいし、縞状、網状等、台所用品を係止できればどのような形状でも よい。支持部材2は、厨房設備に対し、着脱自在としてもよいし、この着脱及び 支持部材2に対するカバー部材13に着脱は、嵌合のほか、スライド係止、螺合 、係合穴と係合突起、開閉等、着脱できればどのような形式でもよい。

【図面の簡単な説明】

【図1】第1実施例の収納装置1の全体の分解斜視図で
ある。

【図2】第2実施例の収納装置1の全体の分解斜視図で
ある。

【符号の説明】

1…収納装置、2…支持部材、3…天板、4…底板、7
…掛止スリット、8…係合縁、9…係合縁、10…嵌合
縁、11…嵌合突起、13…カバー部材、14…側板、
15…係止棒、16…掛止フック、D…開き戸、H…包
丁。

Claims (3)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】厨房設備に取り付けられた支持部材と、 この支持部材に対し着脱可能に取り付けられたカバー部
    材と、 このカバー部材または上記支持部材に設けられた、台所
    用品を係止するための係止部とを備えたことを特徴とす
    る台所用品収納装置。
  2. 【請求項2】上記台所用品は包丁等の調理用具であるこ
    とを特徴とする請求項1記載の台所用品収納装置。
  3. 【請求項3】上記支持部材は、厨房台のドアの裏面に固
    定されていることを特徴とする請求項1記載の台所用品
    収納装置。
JP3656092U 1992-05-29 1992-05-29 台所用品収納装置 Pending JPH0595443U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3656092U JPH0595443U (ja) 1992-05-29 1992-05-29 台所用品収納装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3656092U JPH0595443U (ja) 1992-05-29 1992-05-29 台所用品収納装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0595443U true JPH0595443U (ja) 1993-12-27

Family

ID=12473146

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3656092U Pending JPH0595443U (ja) 1992-05-29 1992-05-29 台所用品収納装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0595443U (ja)

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6243549B2 (ja) * 1979-09-07 1987-09-14 Hitachi Ltd
JP3084049B2 (ja) * 1989-07-12 2000-09-04 ヴィディア・ハインライン・ゲゼルシャフト・ミット・ベシュレンクター・ハフトゥンク 回転シェービングカッタ

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6243549B2 (ja) * 1979-09-07 1987-09-14 Hitachi Ltd
JP3084049B2 (ja) * 1989-07-12 2000-09-04 ヴィディア・ハインライン・ゲゼルシャフト・ミット・ベシュレンクター・ハフトゥンク 回転シェービングカッタ

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA2234341C (en) Tool case with butterfly door
US3198377A (en) Mixing bowl with handle
US5655673A (en) Large spice jar rack
US4586762A (en) Door and drawer front having a recessed grasping surface
US4881706A (en) Holder for handle bags
US4120237A (en) Vertical barbecue
ES2415517T3 (es) Rallador múltiple
US4134625A (en) Bathroom cabinet
US5975334A (en) Picnic cooler
US5915553A (en) Storage organizers
US5205413A (en) Lunchbox with reversible cover
US5368380A (en) Cabinet assembly
US3228737A (en) Toilet rack
US3104131A (en) Arm rest and storage receptacle
US2738900A (en) Canister with scoop fastening means
US3127225A (en) Article dispenser
CN1104224C (zh) 可移动的导向组件
EP0780080B1 (en) Food grater
US5964359A (en) Modular storage system
US5184749A (en) Portable drain receptacle
JPH05261028A (ja) シャワーキャディ
US5086916A (en) Combination toothbrush sterilization container and mounting bracket
US4911310A (en) Holder for cooking utensil covers
US2571622A (en) Knockdown wall cabinet
US4613041A (en) Portable storage kit for household cleansers