JPH05213299A - 複数のボルト着脱工具 - Google Patents

複数のボルト着脱工具

Info

Publication number
JPH05213299A
JPH05213299A JP5409392A JP5409392A JPH05213299A JP H05213299 A JPH05213299 A JP H05213299A JP 5409392 A JP5409392 A JP 5409392A JP 5409392 A JP5409392 A JP 5409392A JP H05213299 A JPH05213299 A JP H05213299A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
wrench
handle
bolts
bolt
boxes
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP5409392A
Other languages
English (en)
Inventor
Isao Ohashi
功 大橋
Original Assignee
Mitsubishi Heavy Ind Ltd
三菱重工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Heavy Ind Ltd, 三菱重工業株式会社 filed Critical Mitsubishi Heavy Ind Ltd
Priority to JP5409392A priority Critical patent/JPH05213299A/ja
Publication of JPH05213299A publication Critical patent/JPH05213299A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 規則的に配列した複数のボルトで締結されて
いるコールドプレート等のボルトを着脱する工具で、複
数のボルトに同時に取り付け、一度に着脱できる。また
1箇の本工具で複種類のボルトの着脱ができる。 【構成】 1本のハンドルを回転させてレンチボックス
フレームリングに連結する6本のレンチ構成リンクで構
成される複数のレンチボックスを同時に拡大・縮小さ
せ、別のハンドルにてレンチ回転ギアに固着した6箇の
移動方向拘束機構を介してレンチボックスを回転させて
複数のボルトを同時に着脱させる複数のボルト着脱工
具。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、規則的に配列した複数
のボルトで締結されているコールドプレート等のボルト
を着脱する工具に関するものである。
【0002】
【従来の技術】コールドプレートのボルトの着脱には一
般的なレンチを用いており、専用工具は無かった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】従来より1本のボルト
を取り外すレンチは存在するが、複数のボルトを一度に
着脱することができず、特に宇宙機内の狭い空間でのボ
ルトの着脱作業では、ボルトの回転作業よりも、位置決
め等に時間が掛かる場合があった。また、取外したボル
トが浮遊することが安全上問題となった。
【0004】さらに、コールドプレートの取り付けボル
トの配列は規則的であるが、ボルトサイズは取り付け対
象毎に異なるため、異サイズの工具を複数用意する必要
があった。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明は前記従来の課題
を解決したもので、1本のハンドルを回転させてレンチ
ボックスフレームリングに連結する6本のレンチ構成リ
ンクで構成される複数のレンチボックスを同時に拡大・
縮小させ、別のハンドルにてレンチ回転ギアに固着した
6箇の移動方向拘束機構を介してレンチボックスを回転
させて複数のボルトを同時に着脱させる複数のボルト着
脱工具である。
【0006】即ち、宇宙機用コールドプレートの取付け
ボルトは規則的に配列されているため、その配列に合わ
せた複数のレンチを1箇の回転機構に連結し、1本のハ
ンドルにて全てのレンチボックスフレームリングを回転
させ、レンチ構成リンクを結合するリンク及び運動方向
を拘束するリンク機構を介してレンチボックスにおける
レンチサイズを拡大・縮小させ、別の1本のハンドルに
て全てのレンチボックスを回転させる機構である。
【0007】
【実施例】本発明の一実施例を図1ないし図4について
説明する。1は本発明の着脱工具の本体、2は本体1に
取り付けたボルト・ナット固定ハンドル、3はボルト・
ナット固定ハンドル2により回転する2本のボルト・ナ
ット固定ギア回転伝達のシャフト、4はシャフト3に付
いたラック、5は1つのシャフト3から他のシャフト3
へ回転させるチエン、6はラック4と噛み合う6箇のボ
ルト・ナット固定ギア、7は外側にボルト・ナット固定
ギア6を有するレンチボックスフレームリングである。
【0008】8は本体1に取り付けたレンチ回転ハンド
ル、9はレンチ回転ハンドル8により回転する2箇の回
転伝達ギア、10はハンドル8により回転する2本の回
転伝達のシャフト、11はシャフト10についたラッ
ク、12はラック11に噛み合う6箇のレンチ回転ギ
ア、13はレンチ回転ギア12の内側に設けられた溝
で、溝13内をレンチボックスフレームリング7が摺動
する。
【0009】14は本体1の下側に取り付けられたプレ
ートで、プレート14のレンチ回転ギアの固定支持ピン
15にてレンチ回転ギア12の中心が支持されている。
【0010】16はレンチボックスフレームリング7の
内側に等間隔に設けた6本のブラケット、17は長溝1
8を有しそれぞれのブラケット16の先端に一端17a
が枢着したレンチ機構リンクで、レンチ構成リンク17
の他端17bにL形のレンチ結合リンク19が枢着し、
レンチ結合リンク19が長溝18内を摺動し、レンチ構
成リンク17にてレンチボックスを構成する。レンチ結
合リンク19の下部先端は3角形20になっている。
【0011】21はレンチ回転ギア12に固着した6箇
の移動方向拘束機構で、移動方向拘束機構21内にばね
22により上下方向のみに移動するくさび形ストッパ2
3が挿入され、くさび形ストッパ23により3角形2
0、即ちレンチ結合リンク19の動きを拘束する。
【0012】次に本実施例の作用を説明する。レンチ構
成リンク17にて構成されるレンチボックスを図2(a)
の状態にして締め付けるべきボルト群に合わせておく。
ハンドル2を回転させると、それに連動するボルト・ナ
ット固定ギア回転伝達シャフト3が2本(チエン5によ
る)回転し、ボルト・ナット固定ギア回転伝達シャフト
3のラック4に噛み合うボルト・ナット固定ギア6、即
ちレンチボックスフレームリング7が回転し、ボックス
フレームリング7のブラケット16により、レンチ構成
リンク17が引張られてレンチボックスが縮小し、ボル
トを固定する。即ち、移動方向拘束機構21内のくさび
形ストッパ23にレンチ結合リンク19の3角形20で
拘束されるので、ハンドル2を回転させるのみで実施可
能である。
【0013】次に、ハンドル8を回転させると、回転伝
達ギア9を介して回転伝達シャフト10が回転し、回転
伝達シャフト10のラック11と噛み合っているレンチ
回転ギア12が回転し、レンチ回転ギア12に固着した
移動方向拘束機構21によりレンチ結合リンク19がレ
ンチボックスを回転させ、ボルトを締め付ける。即ち、
ハンドル8の回転のみにて実施し得る。
【0014】ボルト解放は移動方向拘束機構21内のく
さび形ストッパ23をばね22に抗して下方向に移動さ
せると、レンチ結合リンク19の3角形20の拘束が解
放し、レンチ結合リンク19が移動し、リンク構成リン
ク17即ちレンチボックスが拡大するのでボルトが解放
される。
【0015】
【発明の効果】ボルト・ナットで取り付けられているコ
ールドプレートの着脱作業は、ボルト・ナットの回転よ
りもレンチの位置決めに時間が掛かっていた。
【0016】本発明により、 (1) 1回の位置決めにより複数のボルトを1度に着脱可
能となり、作業時間の短縮が可能である。
【0017】(2) レンチボックスのボルト・ナット固定
機構の作用により、作業時のボルト・ナットの離脱を防
止することができる。 (3) レンチサイズが可変のため、1つの工具で複種類の
コールドプレートの着脱に適用可能である。 等の効果を有する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例に係る全体平面図である。
【図2】レンチボックスの構成図で、(a) は拡大の場
合、(b) の縮小の場合である。
【図3】図1の移動方向拘束機構詳細図である。
【図4】図3のA−A断面図である。
【符号の説明】
1 本体 2 ボルト・ナット固定ハンドル 3 ボルト・ナット固定ギア回転伝達のシャフト 4 ラック 5 チエン 6 ボルト・ナット固定ギア 7 レンチボックスフレームリング 8 レンチ回転ハンドル 9 回転伝達ギア 10 回転伝達シャフト 11 ラック 12 レンチ回転ギア 13 溝 14 プレート 15 固定支持ピン 16 ブラケット 17 レンチ構成リンク 18 長溝 19 レンチ結合リンク 20 3角形 21 移動方向拘束機構 22 ばね 23 くさび形ストッパ

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 1本のハンドルを回転させてレンチボッ
    クスフレームリングに連結する6本のレンチ構成リンク
    で構成される複数のレンチボックスを同時に拡大・縮小
    させ、別のハンドルにてレンチ回転ギアに固着した6箇
    の移動方向拘束機構を介して前記レンチボックスを回転
    させて複数のボルトを同時に着脱させることを特徴とす
    る複数のボルト着脱工具。
JP5409392A 1992-02-06 1992-02-06 複数のボルト着脱工具 Withdrawn JPH05213299A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5409392A JPH05213299A (ja) 1992-02-06 1992-02-06 複数のボルト着脱工具

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5409392A JPH05213299A (ja) 1992-02-06 1992-02-06 複数のボルト着脱工具

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH05213299A true JPH05213299A (ja) 1993-08-24

Family

ID=12961013

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5409392A Withdrawn JPH05213299A (ja) 1992-02-06 1992-02-06 複数のボルト着脱工具

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH05213299A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015500159A (ja) * 2011-12-05 2015-01-05 マクドナルド デットワイラー アンド アソシエイツ インコーポレーテッド 推進薬補給中に人工衛星充填/排出バルブにアクセスするためのシステム及びツール

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015500159A (ja) * 2011-12-05 2015-01-05 マクドナルド デットワイラー アンド アソシエイツ インコーポレーテッド 推進薬補給中に人工衛星充填/排出バルブにアクセスするためのシステム及びツール

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH0839448A (ja) ボルト締付機
JPH05213299A (ja) 複数のボルト着脱工具
WO2020244192A1 (zh) 一种电动弧度锁及背架装置
JPH0713978Y2 (ja) 開閉器のボルト締め付け工具
JPH06335710A (ja) 4ロール圧延装置およびロール交換方法
WO2021038322A1 (en) A wrench with six movable jaws and ratcheting mechanism
EP3404221B1 (en) Turbomachine service apparatus and related method
JP2008535670A (ja) 自動化ハンドリング装置に使用するための支持部材を有するアダプタ装置
JPH0756155Y2 (ja) 回転式錠剤機
RU2731857C2 (ru) Барабанная врубонавалочная машина
EP0107439A1 (en) Method and apparatus for securing and releasing a crankshaft pulley
JP2552934B2 (ja) セグメントのボルト締結装置
KR200176943Y1 (ko) 현장용 유체 커플링 탈착장치
KR910001515Y1 (ko) 보조척이 부설된 척
KR200164502Y1 (ko) 손잡이가 설치된 체결수단
US2441178A (en) Rack and gear operated column clamp
KR100387480B1 (ko) 휠 너트 조작 기구
JPH05332484A (ja) 管フランジの締付装置
KR20160118659A (ko) 래칫 렌치용 소켓
KR100959299B1 (ko) 슬릿 다이의 분해 및 조립 장치 및 방법
JP2003340731A (ja) フランジ用スパナ
JPH0688691A (ja) プレート式熱交換器
JP2005121153A (ja) 部品保持装置
KR0137503B1 (ko) 임팩트렌치용 보조지그
JPH08215951A (ja) マニピュレータアーム案内式ボルト自動締緩装置

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 19990518