JPH03184762A - 磁気研削装置 - Google Patents

磁気研削装置

Info

Publication number
JPH03184762A
JPH03184762A JP32381589A JP32381589A JPH03184762A JP H03184762 A JPH03184762 A JP H03184762A JP 32381589 A JP32381589 A JP 32381589A JP 32381589 A JP32381589 A JP 32381589A JP H03184762 A JPH03184762 A JP H03184762A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
magnetic
disk
abrasive grains
workpiece
outer circumferential
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP32381589A
Other languages
English (en)
Inventor
Toru Daikuhara
大工原 徹
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Isuzu Motors Ltd
Original Assignee
Isuzu Motors Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Isuzu Motors Ltd filed Critical Isuzu Motors Ltd
Priority to JP32381589A priority Critical patent/JPH03184762A/ja
Publication of JPH03184762A publication Critical patent/JPH03184762A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明は、工作物の表面を研削する磁気研削装置に関す
るものである。
(従来の技術) 工作物の鏡面仕上法として磁気研削法が開発されている
。この磁気研削装置の一例を第4図に示す。’)Efd
lllのチャック12に工作¥@Wを取付けて磁極13
間に配設し、ステンレス球にフェライト等の研磨材砥粒
を!着した磁性砥粒M、を磁極13の磁力で工作11R
wと磁極13の間に保持し、主軸11を回転させて工作
物Wの外周面に磁性砥粒M、を押付けて研削するもので
ある。
特開昭59−169759号公報には、このような磁気
研削装置において、磁性砥粒を保持する磁力を強化する
ため、T:作物に対向する磁極面に凹凸を設けたものが
提案されている。また、特開昭63−166354号公
報には、工作物に回転と同時にその軸線方向に振動を付
与して研削能率の向上を図ったものが提案されている。
特開昭61−192468号公報には、直線移動磁界と
回転磁界とにより、管内に入れた研磨材を管内面と衝突
させながら移動させ、管内面を研削するものが提案され
ている。
〔発明が解決しようとする課題〕
従来の磁気研削装置は、第4図(C)に示すように、′
r、作物Wが磁性体Waの堝″合には、磁極13間で工
作物Waが回転するときに、磁極13のN極に対向する
工作物Waの部位にS極が励起され、このN−S極間に
磁力M14が発生し、磁極I3の反対側のS極にも同様
にして磁力線】5か発生し、磁性砥粒Mllはこれらの
磁力線14.15に泊って保持され、工作物Waか回転
したときにその表面か研削される。また、第4図(D)
に示すように、工作物Wが非磁性体wbの場合には、磁
極13のN−S極間に磁力線16か発生し、磁性砥粒M
Bはこの磁力線+6に沿って保持され、工作物wbが回
転したときにその表面が研削される。
したがって、工作物Wが磁性体の場合も、非磁性体の場
合も研削可能であるか、何れの場合も磁性砥粒M8を保
持する磁力線の方向は一定であるため、千作物Wの表面
に接触した磁性砥粒Maは移動できず、その磁性砥粒M
aか摩耗したときに加工能率が低下する。
また、回転等を与えられないような大きな工作物を加工
することかできず、径の小さな工作物では1回転運動に
よる周速を大きくできないので。
加工能率が低くなる。
前記公開公報に記載されたように、加工能率を上げるた
め磁場を強くした場合には、磁性砥粒の移動かより少な
くなる。また、工作物を振動させても磁性砥粒を保持す
る磁力線の方向が一定であるため、磁性砥粒か移動でき
ず、磁性砥粒が摩耗したときに加工能率が低下する。
直線移動磁界と回転磁界とにより、管内に入れた研磨材
を管内面と衝突させながら移動させて管内面を研削する
場合は、管内面の加工しかできない。
本発明は、従来の上記問題点を解決し、工作物の大小を
問わず、複雑な表面を有する工作物も能率良く加工てき
る磁気研削装置を提供することを目的とするものである
(課題を解決するための手段及び作用)本発明は、非導
電材料製の円盤に、該円盤の外周面における隣接する磁
極の極性が交互に変るように多数の電磁石を配設し、該
電磁石を励磁して該円盤の外周面に磁性砥粒を磁力で保
持した状態で該円盤を回転して研削加工を行うようにし
た磁気研削装置である6 円盤を工作機械の主軸に装着して電磁石を励磁すると1
円盤の外周面の円周方向に交互にN極とS極が発生して
それらの間に磁力線が発生し、磁性砥粒をこの部位に供
給すると円盤の周りに磁性砥粒が磁力で保持される。こ
の状態で主軸を回転させると1円盤の外周面上に磁力で
保持された磁性砥粒が円盤と共に回転し、この回転速度
を持った磁性砥粒が工作物に接触してその表面を研削加
工する。
(実施例) 本発明の実施例を以下に説明する。
第R4において、工作機械の−IE4dllに装着する
ホルダー2を設けたナイロン樹脂等の非導電材料製の円
盤3の円周面に多数の電磁石4を放射方向に等間隔で配
設し、円1113の両面にはそれぞれ導電環6を設けて
電磁石4のコイル5に接続し、直流電源9から給電電極
7を介してそれぞれの導電環6に給電する。8は上下給
電電極7の取付台で、 10は電源回路のスイッチであ
る。
多数の電磁石4は、第2図に示すように、隣接する電磁
石4r、4zのそれぞれのコイル5の捲回方向を互いに
逆方向とし、各コイル5の外側を下側の導電環6に、各
コイル5の内側を上側の導電環6に接続しである。した
がって、スイッチ10を閉じて両側の導電環6から各電
磁石4のコイル5に1T!、流か流れると、隣接する電
磁石4..42に発生する磁極は互いに反対方向となり
1円盤3の外周面における多数の電磁石4の磁極は、N
極とS極が交互に発生する。円盤3の外周面に交互にN
極とS極が発生するので、それらの間の円周方向に磁力
線が発生し、スデンレス球にフェライト等の研磨材砥粒
を電着した磁性砥粒M、をこの部位に供給すると1円盤
3の外周面の周りに磁力で保持される。
次に、この磁気研削装置による加工について説明する。
第3図(^)に示すように、円盤3をマシニングセンタ
、フライス盤等の主軸1に装着し、スイ・ンチ10を閉
じてM181石4を磁化し、円WL3の外周面上に磁性
砥粒M、を供給して磁力で保持させてから主軸lを回転
させる。第3図(B)に示すように、円l113の外周
面上に磁力で保持された磁性砥粒M、は円盤3と共に回
転し、この速度を持って移動する磁性砥粒M、が工作物
Wに接触して研m加工を行う。
上記の実施例では、電磁石を放射状に配設し隣接する電
磁石のコイルの捲回方向を変えたものとしたか、これに
限らず、非導電材料製の円盤の外周面において隣接する
磁極の極性か交互に変るように多数の電磁石を配設した
ものとすれば良い。
磁性砥粒M8が円盤3の外周面に磁力で保持されるのて
、工作物Wはその大小及び静止状態、移動状態を問わず
加工てき、加工面は円筒面に限らず、f面や複雑な曲面
の加工も可能である。
また1円lB3の径を大とすることて工作物Wの大きさ
に拘らず、加工点における磁性砥粒M、の速度を大きく
することがてき、加工時間が短縮できる。
〔発明の効果〕
本発明は1円盤の外周面上に磁性砥粒を磁力で保持し、
円盤と共に回転する磁性砥粒で工作物の表面を加工する
ようにしたので、工作物の大小に拘らず、またその加工
面は円筒面に限らず、平面や複雑な曲面の加工も可能と
なり、更に、研削加工か高能率で行われる効果かある。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明の一実施例の斜視図、第2図は第1図の
一部の断面図、第3図(A)、(B)はそれぞれ加工状
態を示す正面図、第4図(A)ないし第4図(D)は従
来の磁気研削装置を説明するそれぞれ断面図である。 1・工作機械の主軸  2:ホルダー 3:非導電材料製円g14:電磁石 5・コイル      6:導電環 7:給電電極 M6:磁性砥粒

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 非導電材料製の円盤に、該円盤の外周面における隣接す
    る磁極の極性が交互に変るように多数の電磁石を配設し
    、該電磁石を励磁して該円盤の外周面に磁性砥粒を磁力
    で保持した状態で該円盤を回転して研削加工を行うよう
    にしたことを特徴とする磁気研削装置。
JP32381589A 1989-12-15 1989-12-15 磁気研削装置 Pending JPH03184762A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32381589A JPH03184762A (ja) 1989-12-15 1989-12-15 磁気研削装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32381589A JPH03184762A (ja) 1989-12-15 1989-12-15 磁気研削装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH03184762A true JPH03184762A (ja) 1991-08-12

Family

ID=18158912

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP32381589A Pending JPH03184762A (ja) 1989-12-15 1989-12-15 磁気研削装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH03184762A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103111918A (zh) * 2013-01-17 2013-05-22 辽宁科技大学 一种用于工件上槽和窄缝光整的方法
JP2019030924A (ja) * 2017-08-07 2019-02-28 国立大学法人宇都宮大学 磁気研磨方法及び磁気研磨装置

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103111918A (zh) * 2013-01-17 2013-05-22 辽宁科技大学 一种用于工件上槽和窄缝光整的方法
JP2019030924A (ja) * 2017-08-07 2019-02-28 国立大学法人宇都宮大学 磁気研磨方法及び磁気研磨装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US2787874A (en) Electro-magnetic chuck
JPH10180611A (ja) 複数の交番磁界生成による磁気研摩方法及び装置
US4599826A (en) Device for magnetoabrasive machining of workpieces
US6146245A (en) Method of and device for machining flat parts
JPS6034264A (ja) 磁気研摩仕上装置
US4170849A (en) Rotary machine for three-dimensional polishing of workpieces shaped as solids of revolution in a magnetic field using ferromagnetic abrasive powders
JPH03184762A (ja) 磁気研削装置
JPS61265261A (ja) 内面磁気研磨加工方法
JPH03202270A (ja) 磁気ラップ盤
JPH03184761A (ja) 磁気研削装置
JP2002192453A (ja) 磁気援用加工方法およびその装置
JP2609190B2 (ja) 内面研磨装置
JPS63221965A (ja) 管材の研磨方法および装置
JPH06143127A (ja) R状溝面の磁気研磨方法と装置及び磁性研磨材
JPH02237764A (ja) 丸い加工片を心出しする研削盤
JPS61192470A (ja) 磁気研摩方法
JP2017001102A (ja) 電磁チャック、及び電磁チャックを備えた複合研削盤
SU561655A1 (ru) Фиксирующее устройство к круглошлифовальному станку
JPH03202267A (ja) 磁気研削装置
Roben Magnetabrasive finishing: a method for the machining of complicated shaped workpieces
SU1349955A1 (ru) Устройство дл очистки круглого электромагнитного стола
JPH06335853A (ja) 研削方法および装置
JPH04210367A (ja) 磁気研磨装置用磁性工具
JPH02292170A (ja) デイスクパツドの研磨装置
JPH06755A (ja) 環状工作物の内外径面研削方法およびその装置